Billboard JAPAN


Special Contents

J-POPと世界をつなぐ歌姫が見据える未来とは?―シェネル インタビュー



シェネル インタビュー

 2011年に「ベイビーアイラブユー」で大ブレイクし、その後も「ビリーヴ」をはじめとする映画・TVなど数々の大型タイアップ・シングルを立て続けにヒットさせてきた、マレーシアとオーストラリアの血を引く、米在住のシンガー・ソングライター、シェネル。今年デビュー10周年を迎える彼女が、『デスティニー』と全編英語アルバム『メタモルフォーゼ』の2枚の作品を届けてくれた。11月にはアルバムを引っさげた来日ツアーを、かわさきジャズ、ビルボードライブ大阪、そして名古屋ブルーノートで行う彼女が、最新作はもちろん、来日ツアー、“ヒット”とは何か、今後の活動など多岐にわたって話を聞かせてくれた。

自分のことをきちんと表現していて、真摯なメッセージが詰まっている作品

――今年5月にシングル「Destiny」で再始動する前に2年ほどオフを取っていましたが、その理由は?

シェネル:自分がより繋がりを感じることができる音楽を探求する時期だと思っていて、そのサウンドがどんなものかを理解するために必要な時間だった。そこから出来上がった作品が、日本のレーベルからリリースされるかすらわからなかった。これまでも何度か新しいサウンドを見つけたい、と言ったことがあるけれど、誰も興味を持ってくれなかったから。

『シェネル・ワールド』をリリースした後、もうこの路線ばかりは止めたいと分かっていて、みんなに本当のシェネルに会って欲しかった。曲が独り歩きして、自分自身よりもビッグになっている、と感じていたのね。たとえば、インタビュー映像を通じてだったり、ライブに足を運んでくれれば、私の性格や個性について知ってもらえるけれど、そういう姿はあまりメディアに登場していない。それが悪いことは言わない。8年前、この路線でいく、と決めたのは自分だから。それを変える時期だと感じ、すべてオープンにしたかったの。



▲ 「Destiny」


――特に、『メタモルフォーゼ』のオープニング曲「Home」と「Space and Time」からは、オフを取ったことの直接的な影響が伺えます。

シェネル:そう、アルバムのトラックリストは、熟考したし、曲順にも意味がある。私は様々なスタイルの音楽に影響を受けているから、懸念していたのは曲ごとのサウンドがバラバラすぎて、一貫性のある作品に仕上がらないのでは、ということ。でも、アルバムに収録したい曲を聴いたら、そんなことはないと強く思った。自分のことをきちんと表現していて、真摯なメッセージが詰まっている作品だと思う。私の声と音楽は、生々しいという特性があって、収録曲はどれもそれをハイライトするものになっている。

――中でも「Scared of Heights」は、ミニマルなプロダクションとクラシカルなR&Bの雰囲気がシェネルの生々しいヴォーカルを際立てる、これまでとは異なるタイプの楽曲です。

シェネル:そう、それが理由でこういう曲がやってみたかったの。自分のストーリーを語って、想いをシェアできることができる、チルな曲をね。

――音源を持ちよったり、アイディアを投げ合ってゼロから作り上げていくなど、どのようにプロデューサーとともに曲を構築していくのですか?

シェネル:特に決めていないんだけれど、アルバムに収録されている曲のほとんど…「Home」、「Space and Time」、「Kiss」、「Shadow」などは、ゼロからプロデューサーと作り上げていったもの。彼らが何らかのパートを演奏して、そこからアイディアが生まれたり…そういうやり方が好き。でも、「Remember My Name」のように相手が持ち込んだインストゥルメンタルやトラックから作ったものある。

――その「Remember My Name」では、ギタリストのMIYAVIとコラボしてますが、どんな経緯で実現したのですか?

シェネル:彼は本当に素晴らしいギタリスト。「Remember My Name」を聴いた時、曲作りのパートナーのCJにこの曲には絶対イケてるギタリストに参加してもらわないと言ったのを覚えてる。実は以前も、自分の作品に参加してもらいたくてオファーしたけれど、スケジュールが合わなかった。だからまたオファーしてみたら、実現することになった。彼が参加してくれて本当にクールな曲に仕上がったと思う。

――他にもKonshensなどが参加していますが、コラボレーターには何を求めますか?

シェネル:私は元々レゲエやダンスホールが好きで、彼のシングル「Bruk Off Yuh Back」も大好き。彼とは、とあるLAのパーティーで会って意気投合して、「私の曲に参加しない?」って聞いたら、「もちろん」って言ってくれた。ものすごいスピードで進んだのよ!本当はスタジオに来てくれるはずで、ずっと来るのを待ってたんだけど、一向に来なくて…そしたら「行けなくてゴメン!でもヴァ―スを作ったよ」ってメールが来たの(笑)。内容も良かったから、そのまま採用したわ。

――全編英語のアルバムを制作したのは久しぶりだと思うのですが、今作の制作を通じて自分自身について学んだことはありましたか?

シェネル:多分10年ぶりぐらいだと思う。私はとてもオープンで…チャンスが巡ってきたら自分のものにするし、実験することにも意欲的。けれど、すぐに自分が楽な居場所を見つけ、そこから動きたくなくなる一面もあるから、その状況を打破しなければいけなかったことが、今作の制作を経て学んだこと。毎日、何か新しいことに挑戦するように自分を駆り立てている。

――『メタモルフォーゼ』は、シェネルにとって大きな転機となる作品となりましたが、自身のキャリアにおいて位置づけるとしたら?

シェネル:とてもクリアな出発地点にある。自分が何を求めているのかがはっきりと分かる場所にやっと到達することができて、何にも屈せず堂々と振舞えるようになった。これが自分のやりたいことで…それを認めることができる。好きなものを得ることに問題はないし、そうすることに値する。この感情が、今最も私を駆り立てている。

――今までその感情に歯止めをかけていたのは、何だったのですか?

シェネル:私が何か行動を起こすのに時間がかかるのは、恐れや…ほとんどの場合、恐れが一番大きいわね。みんなに何と思われるか、間違っているのではないのか、などよくある人間的な理由。よく女友達にも言われるわ。たまに少しでも弱みを吐いたりすると、「本当?あなたってとても強く見えるのに」なんてビックリされるんだけど、仕事の環境上、自分を強く見せなければならない。殻は堅いかもしれないけれど、中身は傷つきやすいんだ。



▲ 『メタモルフォーゼ』ダイジェスト映像


NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 音楽はとてもパワフルなもので、間違いなく人を動かす力がある
  3. Next >

音楽はとてもパワフルなもので、間違いなく人を動かす力がある

――11月には、かわさきジャズやビルボードライブでの公演は控えていますが、どのような内容になりますか?

シェネル:今回はバンドが一緒だから、それだけですでにエキサイティングなものになる!彼らのエネルギーには触発されるし、私の曲を上手く表現してくれるから、フィーリングがきちんと伝わると思う。とても楽しみにしてるわ。

――プロダクションやセットリストに関して、構想は始めていますか?

シェネル:もちろん!今年アルバムを2枚リリースしたから、新曲をたくさんパフォーマンスするつもり。プロダクションに関しては、アイディアを練っている段階だけれど、とにかく観客にとって思い出深いライブにしたいと思ってる。私の夫がクリエイティブ・ディレクターなので、彼が手伝ってくれている。

――その2枚のアルバムでは、新しいサウンドにもトライしているので、それがライブでどのように表現されるかも楽しみです。

シェネル:アメイジングで、エキサイティングなものになるから、観客が心躍らせてくれると思う。新曲にはややダークな面もあって、ある種の感情を呼び起こすから、みんながドキドキさせることができれば嬉しいわね。

――今年デビュー10周年となりますが、自身がパフォーマーとしてどのように進化していっていると感じますか?

シェネル:初めてのツアーは本当にクレイジーだった。ツアー経験もなかったし、緊張から1曲、1曲を全身全霊で歌っていた。自分の声をどのようにコントロールし、ケアしたらいいのかわからなくて、徐々に声が出なくなり、とてもハードだった。日本語が全く話せないのに詞がすべて日本語で、歌だけではなく振り付けも覚えなければならなかった。私にとって果敢な挑戦だった。その当時から変わっていないのは、私のステージへの愛。自分のことをより知ってもらえる場でもあり、月日が経つにつれ、自信がついてきた。最近は、ステージ上でジョークを飛ばすほどになったのよ。みんなが元気か声をかけたり、知ってるニホンゴも多少披露してる。ちなみに、私のニホンゴは、チョーヘタよ(笑)。

――まだオーストラリアで活動している時に、カニエ・ウェストのオープニング・アクトを務めたそうですが、当時のことを教えてもらえますか?

シェネル:あれは、ちょうど彼が『グラデュエーション』がリリースをした時のツアーだった。初めて会ったのは暗がりで、全くカニエと気づかない中「ハーイ!カニエ」っていう感じで(笑)。当時、彼はまだ駆け出しで、今会ったら全然違う印象を受けると思うけれど、私は誰かのツアーに帯同できるだけで、とても舞い上がっていた。自分が安心できる地元で、彼のようなスターのオープニング・アクトを務めることができたのはとても光栄で、私にとって大きなチャンスとなった。とても楽しいツアーだったわ。

――かわさきジャズのテーマの一つは、“ジャズ/音楽は橋を架ける”なのですが、シェネルは音楽の力を信じていますか?

シェネル:もちろん!音楽には大きな力があると感じる。その力は、様々な方法で人々を癒すことができる。詞がなくても構わない-インストの音楽に心を動かされることもあるから。メッセージを伝えること、感情を喚起させることもできる。とある曲を聴いていたら、理由もわからず突然涙がこぼれてきたり、時にはエキサイトして無性に体を動かしたくなったり…きっとみんな経験したことがあるはず。音楽はとてもパワフルなもので、間違いなく人を動かす力があると感じるわ。

――ここ最近の不安定な世界情勢を受け、音楽の価値がさらに高まっているような気がしますしね。

シェネル:多分、世界中の人が繋がりを感じることができる唯一のものは音楽。今の世の中で起こっていることを見ると、もっと人々が一つにならなければならないと思う。音楽以外にも、そのパワーがあるものがあればいいと感じるのは確かね。

――そしてシェネル自身、J-Popと洋楽の間に橋を架ける存在として活動を続けていますが、個人的にその融合が最もうまくいったと感じた楽曲や瞬間はありましたか?

シェネル:J-Popアルバムをリリースしている時から、楽曲が英語と日本語半々で、自分が新しいものを作り出したと感じていた。実際同じことをやっている日本人のアーティストは他にいないと言われていたから、その時点でトレンドを生んでいた気がする。そして、アルバム『デスティニー』で、真の意味で両方をクロスオーヴァーする作品が作れた。それ以前の作品は、『デスティニー』を作るために必要だったウォームアップ。音楽的な実験をしてみようという試みから、曲が誕生した瞬間に両者がゆっくりと調和していった、という感じかしら。

――ではシェネルにとってJ-Popの特性やユニークさというのは?

シェネル:日本は文化に溢れている。日本の人々がどのように音楽から影響を受け、その影響を自国の文化と融合していくプロセスは興味深い。それって、他のどこの国でにないもの。大体の場合、J-Popを聴いていると、90年代のヴァイブがする。音楽において日本は他の国に比べ、5年遅れていると言われているけど、そういうとこはあると思う。何か曲を聴いても、このスタイルに似ているとか、参照にしたものがすぐに分かる。日本人は存在しているものを、よりいいものにすることに長けている。それは音楽でも同じ。そういったプロセスを経て、独自性を生んでいくの。

――逆に、日本の音楽業界ならではの息苦しさはありますか?

シェネル:どこの国にいても、リスクを冒すことは嫌煙されるけれど、日本は特にそうだと思う。それが理由で苛立ちを感じることもある。探求したり、創造する自由がないの。多くの場合、行き詰っていると感じるものの、自分が慣れ親しんだ、安心できる場所から動きたくない。その考え方を打破し、新しいこと経験し始めると、次第に慣れ、楽しめるようになってくる。

――そのような状況にストリーミングなどのデジタル・プラットフォームは有益だと感じますか?

シェネル:ストリーミングは、すでに大きな助けになっている。特に自分にとってはすごく有益。新作をリリースしたばかりで、より多くの人々に聴いてもらいたいから。Spotifyは海外では8年ほど前にサービスがスタートしたけれど、日本ではまだローンチしたばかりよね。

ただ言いたいのは、音楽をリリースできるということだけで幸運だということ。ハードルは多いけど、臨機応変に対応し、自分の音楽のために戦えばいいだけのこと。自分の意見を聞いてもらうの。ある人と話していた時に、彼が「人生の意義は、ノーをイエスに変えていくこと」と言っていたんだけれど、まさにその通りで、気に入ってる格言よ。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 真実味があって、リアルでオーセンティックな音楽を提供し続けたい
  3. Next >

真実味があって、リアルでオーセンティックな音楽を提供し続けたい

――自分が“ヒットした”と感じたのはいつですか?

シェネル:今の世の中だと、数百万回動画が再生されたり、曲やアルバムの売上から自分の曲が知られているかどうか分かると思う。私にとって日本で最も聴かれたシングルは「ベイビーアイラヴユー」で、あの曲は“大爆発”した。私が思うにヒットは、キャッチーであったり、人に印象を残すものであったり、懐かしさがあるもの…どんなに革新的で、新しいスタイルの曲でも、どこかで聴いたことがある感じがかすかにするじゃない?もちろんミキシング、プロダクションとか、そういう要素も重要ね。



▲ 「ベイビー・アイラブユー」


――曲作りする際に、“ヒット”を作るということに意識的ですか?

シェネル:今年リリースしたアルバム2作を作っていたこの2年間は、“ヒット”ということは考えていなかった。それよりもサウンドにフォーカスしていた。でも“ヒット曲”が欲しくない人なんていないわよね。世の中には、自分とってオーセンティックであって、同時にヒットでもある曲を作れるアーティスト、誰か他の人が書いた曲で、歌う自分は曲をそこまで好きではないけれどヒットになることは明らかだから割り切っているアーティスト、そしてヒットにはならないけれど、自分が好きな音楽を作っているアーティストがいる。私がなりたいのはオーセンティックでありながらも、ヒット曲を作れるアーティスト。それが私のゴールよ。これからの人生をその目的のために費やす。音楽が常に変わり、広がっていくものだから、それに合わせて成長することはいくらでも可能。自分を見失わないようにしながら。とてもハードなことだけど。

レーベルのトップの人たちと話すと、曲の構造がどうでこうでと言うし、アーティストに話すと曲の色彩や質感がどうって言う…ヒットに方式はないし、様々な方法で生まれる。人は本能的に音楽が好き。聴いてくれる人たちのために、真実味があって、リアルでオーセンティックな音楽を提供し続けたい。「自分がやりたいことだけをやる」というスタンスのアーティストもいるけれど、私はきちんと聴いてくれる人たちのことも考えてる。少し攻めた楽曲だと「気に入ってもらえるかな」と思うこともあるけれど、やがて好きになってくれると信じている。リーダーになるには、まず何か行動を起こさなければならない。でないと変化は訪れないし、その内すべて似たり寄ったりになってしまう。

――確かに、即座に何百万もの曲にアクセスすることが可能な時代なので、どのように自分の音楽に個性を持たせるかがこれまで以上に大切になってきます。

シェネル:そう、そのためには人と違うことをしなければならない。流行を追いかけ、流行の曲ばかりを聴いていると、すべてが同じに聴こえてくる。そんな状況の中で人々をハッと言わせる曲を作ることが大切…アデルがいい例よね。

――では最後に、シェネルにとって次のチャレンジは何でしょう?

シェネル:新しいアルバムを日本のみならず、世界の人々に聴いてもらうこと。だから、アメリカでコネクション作りを行ったり、アジアでの展開について考えている。中国、韓国、東南アジアなどのファンたちの元に行って、ツアーをして、活動の幅を広げていきたい。それが私の目標。時間がかかるだろうから、この先数年間の課題になるんじゃないかな。


シェネル「メタモルフォーゼ」

メタモルフォーゼ

2017/09/06 RELEASE
UICV-1087 ¥ 2,376(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.ホーム
  2. 02.リカー・ストーリー
  3. 03.ラブ・ユー・ライク・ミー feat.コンシェンス (アルバム『Destiny』収録曲の英語詞ヴァージョン)
  4. 04.ライ・トゥ・ミー
  5. 05.スペース・アンド・タイム
  6. 06.アフターライフ
  7. 07.シャドー
  8. 08.スケアード・オブ・ハイツ
  9. 09.ハンド・イット・オーヴァー
  10. 10.キス
  11. 11.F.U.N.
  12. 12.リメンバー・マイ・ネーム feat.MIYAVI (アルバム『Destiny』収録曲の英語詞ヴァージョン)
  13. 13.ミラクル (アルバム『Destiny』収録曲の英語詞ヴァージョン) [Japan Only Bonus Tracks]
  14. 14.ラブ・シック (アルバム『Destiny』収録曲の英語詞ヴァージョン) [Japan Only Bonus Tracks]
  15. 15.ハートバーン (アルバム『Destiny』収録曲の英語詞ヴァージョン) [Japan Only Bonus Tracks]
  16. 16.アウタ・ラブ (アルバム『Destiny』収録曲の英語詞ヴァージョン) [Japan Only Bonus Tracks]
  17. 17.ライク・ア・ラブ・ソング (アルバム『Destiny』収録曲の英語詞ヴァージョン) [Japan Only Bonus Tracks]

関連キーワード

TAG

Destiny
シェネル「Destiny」
2017/05/10
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
L アイをこめて贈るうた
(V.A.) 木村カエラ シェネル クリス・ハート BENI 河口恭吾 一青窈 山崎まさよし「L アイをこめて贈るうた」
2016/03/02
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
想いを伝える15のラブソング
(V.A.) シェネル FUNKY MONKEY BABYS 清水翔太 May J. GReeeeN Juliet mihimaru GT「想いを伝える15のラブソング」
2016/01/27
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
アイシテル
シェネル「アイシテル」
2013/08/07
[CD]
¥2,037(税込)
購入画面へ
アイシテル
シェネル「アイシテル」
2013/08/07
[CD]
¥3,065(税込)
購入画面へ
アイシテル
シェネル「アイシテル」
2013/08/07
[CD]
¥2,037(税込)
購入画面へ
ダンスホール・ラヴァーズ J-カヴァーズ
(V.A.) シェネル ボイスメール メロニー コフィー アイシャ・デイヴィス ワード21 シェリエッタ・ルイス「ダンスホール・ラヴァーズ J-カヴァーズ」
2012/04/25
[CD]
¥2,345(税込)
購入画面へ
ベスト・ウーマン 2012
(V.A.) ブロンディ シェネル エヴァネッセンス マイア・ヒラサワ ケイティ・ペリー リリー・アレン KTタンストール「ベスト・ウーマン 2012」
2012/04/25
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
ストーリー
シェネル「ストーリー」
2012/04/04
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
ストーリー
シェネル「ストーリー」
2012/04/04
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ
ストーリー
シェネル「ストーリー」
2012/04/04
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
ストーリー
シェネル「ストーリー」
2012/04/04
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ
シャネル
シャネル「シャネル」
2007/08/22
[CD]
¥2,037(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
ヒップホップ / ラップを世界に知らしめた伝説的ユニットが遂に来日!
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
モータウン黄金期を築いた世界一ソウルフルなギタリストからの返答は読みごたえあり
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。

Chartsmore