Billboard JAPAN


Special Contents

シベリアンスカンク 『DRAGON BOY』インタビュー

シベリアンスカンク 『DRAGON BOY』 インタビュー

 音楽の目覚めは、母が聴いていた宇多田ヒカル!? 今年高校を卒業したばかりの若き沖縄の新星ロックバンド シベリアンスカンク(通称シベスカ)。今回の初インタビューでは彼らの生い立ちや性格、理想の恋愛像なども聴きながら、大人ぶった同世代ロックバンドとは一線を画す、若さを全面に打ち出したポップチューンに拘る理由。そして2年以内に武道館に立つという、らしい目標についても訊いた。

シベリアンスカンク『DRAGON BOY』Billboard JAPAN購入者特典も

リーダー独裁「本当、コイツのこと大っ嫌いでした!」

インタビュー写真
ユウイチ、マーサー、チカラ、ジュンタ(左から)

--シベスカは中学校で出会った4人で結成されたバンドですが、それ以前の話を最初に聞かせて下さい。音楽に目覚めたきっかけと、どんな音楽を聴いて育ったのか。まずチカラさんからお願いします。

チカラ(vo):最初は、宇多田ヒカルさんとかKREVAさんとか、お母さんが日本のR&Bやヒップホップを好きで、車の中で自分もよく聴いていたんです。小学校のときにORANGE RANGEさんを聴いてから、バンドっぽいサウンドも聴くようになるんですけど、本格的にロックを聴くようになったのはバンドを始めてからで。それからは何でも聴くようになり、アニソンとかも聴いてます。

ジュンタ(g):小学校のときに吹奏楽部へ入ったんですけど、当時はそんなに音楽を聴いてはいなくて。小6のときに叔父さんからアコギをもらって、幼馴染みだったマーサーを「卒業式、何か歌わないか?俺がギター弾くから」と誘ったのが、シベリアンスカンクの始まりです。その頃にはボン・ジョヴィとかMr.Childrenとか聴いていたんですけど、卒業式では小学生ながらにオリジナルを作ったんです。酷い出来でしたけど(笑)。

インタビュー写真
マーサー

マーサー(b):自分は、お兄ちゃんがレゲエとかヒップホップが好きで、それを聴いているうちにだんだん音楽が好きになって。でもバンドをやりたい欲求はなかったんですよ。目立ちたかったので「将来、有名になりたいな」とは思っていたんですけど。そしたらジュンタに誘われて、流行りの曲しか知らないのに、2人で音楽をやるようになって。

ユウイチ(dr):でもこの4人で一番音楽を聴いてなかったのは自分だと思います。ずっと遊んでばっかりで。お姉ちゃんの影響で倖田來未とかEXILEとかmihimaru GTとかは聴いていたんですけど、バンドものは全然聴かなかったんです。高校になってジュンタがいろいろ聴かせてくれて、ようやく格好良いバンドの存在を知ったので。それからは「自分もバンドで頑張ってやろう」と思うようになりました。

--その頃はどんなバンドの曲を聴いていたんですか?

ユウイチ:ONE OK ROCKとかリンキン・パークはみんな聴いてました。個人的にはUVERworldに一番影響受けています。

--そんな4人がバンドを組む訳ですけど、具体的な経緯を教えてもらえますか?

ジュンタ:楽器隊は元々幼馴染みで、中学に上がったときにマーサーとチカラが同じクラスになったんですよ。

チカラ:で、マーサーにバンド誘われて「楽しそうだからやりたい」って言ったら、リーダーに会わせてやるという話になり、実際に会ってみたらジュンタがリーダーで。俺、コイツのこと嫌いだったんですよ(笑)。

インタビュー写真
チカラ、ジュンタ(左から)

ジュンタ:相当仲が悪かった。

チカラ:俺がからかう系男子だったもんで、バンド誘われる前の話なんですけど、ギター持ってるジュンタに「おまえ、何やってんだよ~?」って絡んだら、「ん? 別に……」みたいな感じでスカしてたから嫌いで。そしたらまさかのリーダーだったんで、「あ、この面接は落ちるな」と思ったんですけど(笑)マーサーが推してくれて。「じゃあ、仕方ないからパーカッションでもやる?」みたいな。

--やったの?

チカラ:パーカッションが何なのか知らなくて「パーカッションって名前カッコイイな! やるよ!」って言ったら、「カスタネットとか叩いて」と言われ……本当、コイツのこと大っ嫌いでした!

--(笑)

インタビュー写真
チカラ、ジュンタ(左から)

チカラ:でもだんだん仲が良くなって、俺たちの友情が成長すると共に、俺のポジションも良くなり、最終的にボーカルになったという。

--カスタネットから始まり。

チカラ:いや、カスタネットは一度も手にすることなくパーカッションの位置は終わって、次にベースというものを渡されて。それもそれで地味で楽しくないなと思って。まぁでもパーカッションよりはいいかと思って弾いてたんですけど、気付けばボーカルまでトントン拍子で。

--それまでマーサーさんがボーカルだったんですよね。正直、面白くないと思いませんでした?

マーサー:自分は歌が好きというか、目立つのが好きで。バンドはボーカルが一番輝くと思っていたんですけど、正直言って練習の時間も何していいか分からないし、ヒマだったんですよ。それで音楽室でゴロゴロしていたら、ベースがあったので暇つぶしに弾いてて。そしたらジュンタが「おまえ、ベースやれよ」って言ってきて。こっちからしたら「え!?」ですよね。一気にバンドが楽しくないものになりました……。ベース弾くことになってからも「ベース弾きながらボーカルもやれ」とか、コイツ(ジュンタ)要求しまくるんですよ!

チカラ:リーダーの独裁でしたから!

インタビュー写真
マーサー、チカラ、ジュンタ(左から)

ジュンタ:指折れてるのに「弾け!」って言ったことあります(笑)。

チカラ:俺、ベースやってるときに指折れたんです。ハンドボール部で。それなのに「ベース弾け」って言うんですよ。「いやいや、弾けねぇよ!」っていう。そしたら「弦をこうして押したら音は鳴るんだよ。ハンマリングって言うんだけど、それでやれ」って。で、必死に弦押して。「俺、何やってんだろ。筋トレやってんのかな?」みたいな。

--リーダー的には、各メンバーに様々なパートを試させたかったんですか?

ジュンタ:いや、そんなに考えも計画もなくて。ボーカルが変わったのもマーサーの声変わりが理由だし、ベースもマーサーが練習していたらチカラより上手くなっていたんで。ただ単に出来る人が出来ることをやってもらった。よく言えば、それぞれ自分の役割に導かれていったのかな、みたいな。

チカラ:今の言い方だと、俺が何も出来なかった子みたいじゃん。たしかにギター任せられたときも逆から弦押さえて新奏法を生み出したりしましたけど(笑)昔の映像とか観てても俺がメンバーで歌一番上手いもん。メンバーの中ではね!

インタビュー写真
ユウイチ

--ユウイチさんはドラムで安定していたんですか。

ユウイチ:最初はギターです。「バンドと言えばギターでしょ」と思って。

--みんな、最初は自分のことしか考えてなかったんだね(笑)。

ユウイチ:でも自分は音楽室にあったギターを思いっきり弾いたら、錆びてて弦がプチって切れて、指も切れちゃったんですよ。「あ、もうやらない。ギター怖い」って。で、余っていたドラムセットを見て「あれでいいよ」みたいな。

--投げやりな始め方だったんですね(笑)。そんな素人同然のバンドで活動していて「この4人なら」と確信できたのはいつ頃なんですか?

ジュンタ:高校に入るときですね。高校受験するときに、学校バラバラになるとバンド活動しづらくなるので、4人とも同じ高校を受けたんですよ。そこからは自ずと気合いが入って。

チカラ:昔から有名になれる気はしていたんですけどね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 俺はホットミルクみたいな恋がしたいんですよ!
  3. Next >
シベリアンスカンク『DRAGON BOY』Billboard JAPAN購入者特典

Billboard JAPANにて『DRAGON BOY』を購入頂いた方の中から抽選で5名様に特典として「メンバー全員サイン入りポスター」をプレゼントさせて頂きます。

当選者の発表は発送をもって替えさせていただきます。
なお、特典は商品とは別送になりますのでご了承ください。

<シベリアンスカンク『DRAGON BOY』ご購入はこちらから>

俺はホットミルクみたいな恋がしたいんですよ!

--そもそもバンド組んだ理由はそれなんでしょうね。有名になる為というか、女にモテる為というか。

インタビュー写真
ユウイチ、マーサー(左から)

マーサー:ジュンタに誘われたとき、実は1回断ったんですよ。仲良しだったんですけど、コイツ、小6なのに老けてて、オッサン面だったから「こんな奴と組めるか!」みたいな。でも2回目誘われたときに「バンド組んだら女にモテるよ」って言われて、「……そうなんだぁ。じゃあ、ボーカルやるよ」って。

--で、実際、モテたんですか?

マーサー:全然モテない。

一同:(笑)

チカラ:ただジュンタに転がされていただけ。逆に男ばっかり寄ってくる。

--でもチカラさんは、沖縄では「ブルーシール」のCMにイケメンのお客さん役で出演したりもして。街歩いててワーキャー言われたりするんじゃないですか?

チカラ:そのときは髪型が特徴的で、スーパーアシメ(アシンメトリー)みたいな感じだったので、それで憶えてくれている人が「あの前髪の人だ」って声かけてくれたり。あとは「アイスの人」。従業員じゃないんですけど、みたいな。でもあのCMのおかげで5才ぐらいの女の子が憶えてくれたり、お母さん世代も知ってくれて。あのCMは本当に大きいタイアップでした。

--ちなみに4人はどんな女の子がタイプなの?

インタビュー写真
マーサー、チカラ、ジュンタ(左から)

チカラ:俺はホットミルクみたいな恋がしたいんですよ!燃え上がりたいとか、チューしたいとか、もうないんですよ。「ただいま」って言ったら本読んでていいです。今はギャルギャルしい女の子より、お淑やかに「おかえりなさい」って言ってくれるような。そういう人なら側にいてくれるだけで満足。清純派、あまり着飾らない人が好きですかね。

ジュンタ:自分はピッタリ来る感じの人がいたらいいな。ライフスタイルに沿ってくれる人がいいですね。

チカラ:俺、変な人も好きです!

--このくだり、食い込んできますね。

マーサー:チカラはアニメが好きなんです。

チカラ:それ言うと、二次元に恋してるみたいになるよ! 全然立体的で大丈夫です、俺。3D可です。

マーサー:自分は髪の長い人が好きです。あとは、喋ってくれる人。こっちがあんまりプライベートでは喋らないので、女の子の方から喋ってもらった方が嬉しいですね。気遣わず、気軽に接することができる人。

チカラ:なるほどね。俺、そこらへんは変幻自在だから!

ジュンタ:誰にアピールしてんだよ(笑)?

インタビュー写真
ユウイチ

--ユウイチさんは?

ユウイチ:自分がB型で本当にマイペースなので、しっかりしている人がいい。

--みんな18,9才ですよね? 30過ぎのおっさんですよ、答えが。

一同:(笑)

チカラ:ホットミルク求めてますからね。

マーサー:側にいてほしいです。

チカラ:遠くにいても安心して離れていられる。何ヶ月帰ってこなくても……

マーサー:やめて!もうやめて!次の質問をお願いします。

--了解です(笑)。今年の3月18日、沖縄ミュージックタウン音市場にて高校卒業記念ライブを敢行し、メジャーデビューすることを発表。そして、ファンに向けて「あなたたちが支えてくれたおかげですよ。ずっと昔から夢だったんです」と仰っていましたが、夢を掴んだ気分はいかがでした?

インタビュー写真
チカラ

チカラ:達成感がありました。中学生からやってきた音楽で大きいステージに立てていること、高校入ってからCDを出してそのレコ発ライブが出来ていること、夢の卒業記念ライブを実現できたこと、メジャーデビューを発表できたこと、そのすべてが嬉しかったです。

--あの日は自分も含め、様々なメディアの方がシベスカを観に来ていましたよね。各地から大人が集まってきて、メジャーデビューする実感を分かり易く味わったと思うんですけど、実際はどんな気分でした?

ジュンタ:ただただ嬉しかったですね。高校を卒業して晴れ晴れとした気持ちもありましたし、バンドに全力で打ち込んでいけるんだなという実感も出てきたので、「ここからが勝負でしょ」ってメンバーと話し合ったのはすごく憶えています。

--個人的には、その大人たちと打ち上げでカチャーシーを踊っている姿が印象的でした。みんな笑ってるんだけど、メジャーに登って大人たちと渡り合っていく為の儀式みたいにも映って(笑)。どんなことを感じました?

チカラ:あのときは何も考えてなかった!

ジュンタ:普通に楽しかった(笑)。

ユウイチ:沖縄の人はとりあえず何かあったらカチャーシーなので(笑)。

マーサー:俺は「マジかー」と思いながら踊ってました。

--(笑)。それからメジャーデビューに向け、様々な準備を進めていく中で、東京のイベントでも何度かライブしてましたよね。沖縄の現場と比べてどう?

ジュンタ:ライブの雰囲気は違うような気がします。沖縄は結構緩い感じもあるんですけど、東京は洗練されているというか、音楽をちゃんと楽しみに来てる。バンドの皆さんも俺らとはタイプが違うし。

マーサー:でも全然アウェー感はなくて。沖縄でもいろんなジャンルのバンドとは対バンしてきているので、怖いというより楽しかったです。逆に「楽しませてやろう」と思ってました。

チカラ:アウェーが大好物なんで。東京のライブで会う人たちにとっては初めて観るバンドですけど、俺たちにとっても初めてのお客さんなので、そこでいかにシベリアンスカンクの面白さを見せつけるかってなると、当然ながらいつも以上に気合いは入りますし、そういうところでこれからもライブできるのは嬉しい。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 武道館、唯一無二のバンド……夢叶える為の試練
  3. Next >
シベリアンスカンク『DRAGON BOY』Billboard JAPAN購入者特典

Billboard JAPANにて『DRAGON BOY』を購入頂いた方の中から抽選で5名様に特典として「メンバー全員サイン入りポスター」をプレゼントさせて頂きます。

当選者の発表は発送をもって替えさせていただきます。
なお、特典は商品とは別送になりますのでご了承ください。

<シベリアンスカンク『DRAGON BOY』ご購入はこちらから>

武道館、唯一無二のバンド……夢叶える為の試練

--自分が渋谷duoで観たライブでは、当然ながらまだシベスカを知らない人たちがほとんどで。それでも臆さず「こっち来い!」みたいな感じで、ひとりひとりステージに近付けていく姿に「やるなぁ」と感心しました。

インタビュー写真
チカラ

チカラ:来るまでやらないと負けた気分じゃないですか。「来い来い来い来い、おまえだよ、おまえ」みたいな。アーティストとしてステージの上から歌ってはいるんですけど、共感してほしいから歌っている訳で、結局はマンツーマンだと思うんですよ。何百人いようが、何万人いようが、ボーカルとしてはマンツーマンで歌っていきたいので、そこにいるひとりひとりに「一緒に楽しもうぜ」「聴いて下さい」っていう気持ちは届けていきたい。というところから、個人攻撃でしつこく「こっち来い!」って言っちゃうのかもしれない(笑)。

--そういうマイクパフォーマンスも含めて、シベスカっていわゆるロックバンドという一面だけじゃなく、タレント性みたいなものも感じるんです。エンターテイナーという言葉に置き換えてもいいんですが、そういう見られ方をされるのってどう?

チカラ:そこは僕もエンターテイナーなんで。これからステージを大きくしていく中で、ライブはエンターテインメントにしていきたくて。非日常的空間を創れるようなアーティストになりたいと思うんですよ。だからここからどんどんエンターテイナーになっていきたい。エンターテイナー。エンターテイヌァー。

--その発音の良さ、テキストだと表現しづらいです。ジュンタさんはシベスカをどんな集団にしたいの?

インタビュー写真
チカラ、ジュンタ(左から)

ジュンタ:音楽のジャンルにしても、活動の範囲にしても、限界は決めないでいいかなって思うし、できること、させてもらえることを一所懸命やっていれば、次の扉が開くと思うんで。

--高校卒業して間もないぐらいのバンドだと、クールで大人っぽくてヒリヒリしたロックバンドであろうとするじゃないですか。で、シベスカにもそういう側面はあると思うんだけど、ポップでキャッチーであることだったり、ライブでも若さを爆発させて笑顔を生んだりすることを大事にしてる。そういう印象なんですけど、意識的にはどうなんでしょう?

チカラ:昔はヒリヒリというか、大人じみたことをやろうとしていたんですよ。でも今の俺たちの年齢、今からメジャーデビューするという状況は希望に溢れている感じじゃないですか。だからこそ今歌いたいのはプラスのメッセージだし、自分たちの元気が伝わるものだし。前は難しいことを歌っているのが格好良いと思っていたんですけど、今はひとつひとつの感情を伝えていきたいので、ポップというものを大事にしたいんですよね。

--だから「Crazy」とかは、楽曲としてはすごくエッジィだし、いわゆるロキノンユーザーが好むヒリヒリした音なんだけど、PVはめちゃくちゃふざけてるじゃないですか。裸のおじさんがずっと変な動きしてるっていう。それがシベスカなんだろうなって。どう?

チカラ:分かって頂けて光栄です。

ジュンタ:同年代にたくさんいるバンドと同じことをやっても意味ないし、「そっちはそっちに任せていいや。俺らは俺らの道を行く」という感覚ではいます。

--そんなシベスカがシングル『DRAGON BOY』でメジャーデビューを果たします。シライシ紗トリさんとの共作ですが、自分たちでは仕上がりにどんな印象や感想を持たれていますか?

インタビュー写真
ユウイチ、マーサー、チカラ、ジュンタ(左から)

ジュンタ:一言で言うと、メジャい。メジャーアーティストっぽい印象はある。でもシベスカっぽさはしっかりと残っていて、しっくり来る感じでした。

チカラ:この曲は“メジャーへの挑戦状”というか“下克上”みたいな勢いで作ろうと思って。メジャーデビューへの意気込み、向上心みたいなものをすべて詰め込んで、プラス、プラス、とにかく攻め、攻めの曲にしたかったんですよね。結果、俺たちの「頑張るぞ!」「ここから行くんだぜ。昇ってやるぜ」という決意表明であり、これから頑張りたい人、元気がない人の背中を押せる応援歌にもなっていると思います。

--さて、ここから始まるシベスカストーリー~メジャー編~。どんなストーリーを作っていきたいと思っていますか?

ジュンタ:二十歳の間に武道館で成人式ライブをやってみたいと思います。あと、2年弱ぐらいなんですけど。

チカラ:ドカン!と一発やりたいですね。通過点として。

ジュンタ:あと、シベスカってどこのジャンルへも行けそうな気がするんですよ。なので、そこをすごく活かしたい。自分たちが本来持ち合わせているものは忘れないようにしつつ、いろんなジャンルを取り入れて自由にやっていこうかなって。

チカラ:何かを超えるバンドというよりは、何かを創るバンドになりたいです。シベスカしかいない、代わりのいないバンドになりたいです。

--ただ、武道館にしても、代わりのいないバンドにしても、そこに辿り着く為にはいろんなハードルを超えていかなきゃいけません。現時点で「プロの世界、やべぇな」的な驚き、プレッシャーとかってないんですか?

インタビュー写真
マーサー、チカラ(左から)

チカラ:ORANGE RANGEさん、FLOWさん、キマグレンさんとライブさせて頂いたんですけど、やっぱり違うんですよね。俺たちが満足していたステージングとは何かが違う。そこにはオーラという言葉では済ませられない差があるんですよね。パフォーマンス、お客さんとの距離の縮め方、すべてがお手本になるんですよ。だから俺たちはメジャーデビューしたらメジャーアーティストだと思っていたんですけど、いろんな意味で巧くないとメジャーアーティストとは言えないんだなって。

--マーサーさんはLM.Cのライブを観て「ベーシストって、俺はまだ胸はって言えないなぁ…。プロって、こういう事なのね。ってライブ見ながら思ってた。」とブログに書かれていましたが。

マーサー:LM.Cさんのサポートをやっているベーシスト mACKAz(ex.HIGH and MIGHTY COLOR)さんは、自分がずっと憧れている人なんです。で、自分はずっと「目立てばいいや」と思ってバンドを続けてきたんですけど、最近になってベースが本当に好きになって。そしたら、今までどんなバンドの曲でも歌しか聴いてなかったんですけど、ベースやドラムも気になるようになって、だんだんバンドが分かってきたんです。それでLM.Cさんのライブを観たら、なんて言うんだろう? 俺はまだベーシストじゃなかった。俺はただバンドをやってるだけだった。だから口だけじゃなく、ひたすら頑張らなきゃなって。胸張って「ベーシスト」って言えるようになりたい。

--そして4人は武道館に立つと。

チカラ:これは立たないとダサいぜ!

ジュンタ:もう結構公言しちゃってますからね。

チカラ:ただ、「武道館、武道館」と言ってはいるんですけど、まだ一度も実物を見たことがないので、とりあえず今月中に武道館を見ます!

--まずは見ることから始めましょう(笑)。

ユウイチ:でも目標って口に出さないと絶対叶わない……。中3のときから卒業文集とかに「メジャーデビューする」って書いたり、それを口にしたりもしていたんですよ。そしたら本当にメジャーデビューが決まったから。だから武道館もきっと叶うと思います。

シベリアンスカンク『DRAGON BOY』Billboard JAPAN購入者特典

Billboard JAPANにて『DRAGON BOY』を購入頂いた方の中から抽選で5名様に特典として「メンバー全員サイン入りポスター」をプレゼントさせて頂きます。

当選者の発表は発送をもって替えさせていただきます。
なお、特典は商品とは別送になりますのでご了承ください。

<シベリアンスカンク『DRAGON BOY』ご購入はこちらから>

シベリアンスカンク「ドラゴンボーイ」

ドラゴンボーイ

2012/08/22 RELEASE
PCCA-3664 ¥ 1,028(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.DRAGON BOY
  2. 02.青空PUNK
  3. 03.らびゅん
  4. 04.DRAGON BOY (Original Karaoke)

関連商品

ReSTART
Civilian Skunk「ReSTART」

2016/04/20

[CD]

¥1,080(税込)

That’s ON
Civilian Skunk「That’s ON」

2015/01/21

[CD]

-

ハレンチ学&祭
シベリアンスカンク「ハレンチ学&祭」

2013/10/23

[CD]

¥1,028(税込)

ひまわり
シベリアンスカンク「ひまわり」

2013/03/20

[CD]

¥1,028(税込)

ドラゴンボーイ
シベリアンスカンク「ドラゴンボーイ」

2012/08/22

[CD]

¥1,028(税込)

Civilian Skunk「0」

2012/06/27

[CD]

-

Civilian Skunk「0」

2012/06/27

[CD]

¥2,160(税込)

ReSTART
Civilian Skunk「ReSTART」

2016/04/20

[CD]

¥1,080(税込)

That’s ON
Civilian Skunk「That’s ON」

2015/01/21

[CD]

-

ハレンチ学&祭
シベリアンスカンク「ハレンチ学&祭」

2013/10/23

[CD]

¥1,028(税込)

ひまわり
シベリアンスカンク「ひまわり」

2013/03/20

[CD]

¥1,028(税込)

ドラゴンボーイ
シベリアンスカンク「ドラゴンボーイ」

2012/08/22

[CD]

¥1,028(税込)

Civilian Skunk「0」

2012/06/27

[CD]

-

Civilian Skunk「0」

2012/06/27

[CD]

¥2,160(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ライブレポ】スカパラ×ミスチル桜井、サマソニのステージで共演

  2. 2

    IZ*ONE、新ビジュアルを公開

  3. 3

    【ビルボード】ENDRECHERI『NARALIEN』が6.3万枚を売り上げてALセールス首位獲得 back number『MAGIC』は累計30万枚を突破

  4. 4

    堂本剛のENDRECHERI、昨年行ったライブツアーを映像化

  5. 5

    東方神起、10/16に日本デビュー15周年記念アルバム『XV』をリリース

HOT IMAGES

注目の画像