Billboard JAPAN


Special Contents

アル・マッケイ・オールスターズ来日記念 ~アル・マッケイが選ぶ「ディスコソング10曲」プレイリスト公開

top

 アース・ウィンド&ファイアーのギタリストとして名だたる名曲を生み出してきたアル・マッケイの来日公演を間近に控え、「アル・マッケイ本人がオススメするEW&Fのディスコソング10曲 」を本人のコメントつきで公開!EW&Fの黄金期を支えたアルと、モーリス・ホワイトの制作秘話も語ってくれました。プレイリストには、前述の10曲に加え、Billboard JAPAN編集部がおススメするアル・マッケイが手掛けた名曲を3曲追加。このプレイリストを聴くだけでもテンションがアガリますが、アル・マッケイ・オールスターズによる、ヒット曲満載の熱いライブを是非会場で体感して頂きたい。

アル・マッケイが選ぶ「ディスコソング10曲」

01. In the Stone- Earth Wind & Fire

この曲のグルーヴとイントロが大好きだよ。この曲のアレンジを初めて聴いた瞬間、この曲は他の曲とは違う特別な何かを感じたんだ。モーリスが歌う歌詞の本当の意味を知らないファンもいるんじゃないかな(笑)。(注釈:「ヨハネの黙示録」を基にしていると言われている。)


02. Fantasy - Earth Wind & Fire

心の奥に秘めた前世の記憶や転生について歌った曲だ(もしそういうことに興味があれば…。)レコーディング初日のことは今でも覚えているよ。この曲にぴったりハマるリズムを見つけるのに1分もかからなかった。いったんそれに決めたあとは、この曲はいつもの私達のサウンドとは違うものになると分かっていたし、今でもこのメロディーを気に入っているよ。


03. Boogie Wonderland - Earth Wind & Fire

私達にとって初めてとなるディスコ・ヒットだね。この曲は、当時私がプロデュースしていたモーリスのバンド、カーティス・ブラザーズ用の曲として、アリー・ウィリスとジョン・リンドが持ち込んだ曲なんだ。結局実現しなかったんだが、モーリスと私でEW&Fとエモーションズの曲としてプロデュースしたんだよ。そしたら、【グラミー賞】を受賞(「最優秀R&Bインストゥルメンタル・パフォーマンス賞」)して、ゴールドディスクにも認定されたんだ。


04. September - Earth Wind & Fire

自分のスタジオで色々といじっていた時に出来た曲で、何とかモノにしようと試行錯誤したんだ。やっと完成した曲をモーリスに聴かせて、彼にプレイしてもらったら、大きな笑顔で「もう一回やろう」って言ったんだ。その時、彼が口にした最初のフレーズが“Do you remember?”だったんだよ。その後完成したこの曲が、今ではレジェンドってわけだ。


05. Shining Star - Earth Wind & Fire

ラリー・ダンが作曲し、モーリスとフィリップ・ベイリーが作詞を手掛けた。車で走っている時に、アイデアが急にパッと頭の中に浮かぶこともあるよね。EW&Fが初めてポップチャートとR&Bチャートでナンバーワンを獲得した楽曲だ(ギターパートの構成と演奏は、僕が手掛けたよ…。)


06. Getaway - Earth Wind & Fire

当時は革新的な曲だったけど、今でもこの曲をプレイするのが大好きなんだ。B・テイラーが作曲したこの曲をヴァーダイン・ホワイトが私に紹介してくれたんだ。レコーディングの方法もいつもとすごく違ったね。原曲はもっとイエスっぽいサウンドで、世に出ている私たちの曲とは全く違うサウンドだ。モーリスが持ち帰って自分流にアレンジしたんだよ。


07. After the Love Has Gone - Earth Wind & Fire

ジョージ・デュークに初めてこの曲を披露した時のことを覚えている。彼はすぐに気に入ってくれて、私も一瞬でこの曲が好きになった。この失恋ソングに合わせて、男性客も女性の観客と混ざって涙を流しているのをステージからよく見かけるよ。


08. Reasons - Earth Wind & Fire

みんな大好きな曲で、たくさんのファンから「この曲が大好きで結婚式で使ったよ」ってよく言われたよ。この曲は一夜限りの恋の事を歌っているんだが…。どうして結婚式なんかで流すんだろうね?


09. Heed the Message - The Al McKay Allstars

この曲は私が率いるアル・マッケイ・オールスターズの新曲で、自分自身を信じること、感情や直感に従うことを歌った曲だ。ネガティブ思考に自分が抑え込まれちゃダメだよ。そんなものは全て自分に正直に、前向き思考に変えるんだ。人生とは自分を塗り替えていくことさ。


10. Let's Groove - Earth Wind & Fire

この曲もグルーヴが気に入っている。オーディエンスが自然と立ち上がって踊ってくれるんだ。この曲は決まって、ショーのクローズナンバーだよ。



Billboard JAPANのApple Musicプレイリストはこちらから>>>

関連キーワード

TAG

マジック・ウィンドウズ
ハービー・ハンコック レイ・パーカーJr. アル・マッケイ マイケル・ブレッカー フレディ・ワシントン ポリーニョ・ダ・コスタ ギャヴィン・クリストファー「マジック・ウィンドウズ」
2016/04/27
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
シャウト・イット・アウト
パトリース・ラッシェン トム・スコット アル・マッケイ チャールス・ミークス ジェームス・ギャドソン ビル・サマーズ ジョシー・ジェームス ロイ・キャロウェイ「シャウト・イット・アウト」
2014/09/24
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
ラヴ・アイランド
デオダート ラリー・カールトン アル・マッケイ ジョン・トロペイ レイ・ゴメス ジョージ・ベンソン ロバート・ポップウェル ハーヴィー・メイソン「ラヴ・アイランド」
2014/06/25
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
One Night Gig
高中正義 アル・マッケイ ウォーネル・ジョーンズ キャット・グレイ TAKASHI NUMAZAWA カール・ペラッゾ マクシーン・ルイス「One Night Gig」
2014/06/18
[CD]
¥2,041(税込)
購入画面へ
カミン・スルー
エディ・ヘンダーソン フィリップ・ベイリー アル・マッケイ リー・リトナー パトリース・ラッシェン ムトゥーメ ダイアン・リーヴス ジョージ・ケイブルス「カミン・スルー」
2011/12/21
[CD]
¥1,027(税込)
購入画面へ
カミン・スルー
エディ・ヘンダーソン フィリップ・ベイリー アル・マッケイ リー・リトナー パトリース・ラッシェン ムトゥーメ ダイアン・リーヴス ジョージ・ケイブルス「カミン・スルー」
2011/12/21
[CD]
¥1,027(税込)
購入画面へ
太陽の刻印~新世紀伝説
アル・マッケイ・オールスターズ アル・マッケイ アリ・ウッドソン ベン・ダウリング ラムリー・デイビス トニー・コールマン ハッサン・ジフリー マイケル・ハリス「太陽の刻印~新世紀伝説」
2001/05/23
[CD]
¥2,935(税込)
購入画面へ
トーン・タントラム
ジーン・ハリス アル・マッケイ ジョン・ロウィン ジェリー・ピータース ロバート・ポップウェル アンソニー・ジャクソン ヴァーディン・ホワイト チャック・レイニー 他「トーン・タントラム」
2001/05/23
[CD]
¥1,851(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

ハリー・スタイルズ ソロ・デビュー・アルバム『ハリー・スタイルズ』発売記念特集
ハリー・スタイルズ ソロ・デビュー・アルバム『ハリー・スタイルズ』発売記念特集
全英&全米チャートで初登場1位!表現者としての歩を進める意志と興奮に満ちたアルバムの内容に迫る。
アメリカン・フットボール 来日直前インタビュー 「繰り返しプレイしてきたことで、バンドとして、とてつもなく成長したんじゃないかな」
アメリカン・フットボール 来日直前インタビュー 「繰り返しプレイしてきたことで、バンドとして、とてつもなく成長したんじゃないかな」
ジャパン・ツアーを前にマイク・キンセラが語る、最新作/toe/気になる次作について
Billboard JAPAN×SUMMER SONIC 2017 Billboard JAPAN Party!
Billboard JAPAN×SUMMER SONIC 2017 Billboard JAPAN Party!
Billboard Live10周年のアニバーサリーイヤーとなる今年は、「次の10年を支えていくネクスト・アーティスト」たちが集結。
bonobos インタビュー
bonobos インタビュー
「すごくいいタイミングでバンドが新しく生まれ変わりました」
JY 1stアルバム『Many Faces -多面性-』インタビュー
JY 1stアルバム『Many Faces -多面性-』インタビュー
「音楽でここまで自分のことを語ったのは初めて」
日本×台湾イベント【TOKYO MUSIC LINER】リレーコラム(第1回:Nulbarich)
日本×台湾イベント【TOKYO MUSIC LINER】リレーコラム(第1回:Nulbarich)
【ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017】ライブ・レポート
【ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017】ライブ・レポート
 5月4日から6日まで開催された【ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017】。ビルボードジャパン編集部がピックアップした公演をレポート。
OKAZAKI LOOPS【node_vol.1】開催記念インタビュー - Aimerが伝統の街・京都から世界に向けて発信する普遍的な魅力
OKAZAKI LOOPS【node_vol.1】開催記念インタビュー - Aimerが伝統の街・京都から世界に向けて発信する普遍的な魅力
武道館のその先の可能性を感じてほしい

Chartsmore