Billboard JAPAN


Special Contents

THE BAWDIES “Fashion with Music” Billboard Liveインタビュー

 ファッションがあるところに音楽が鳴る、音楽があるところにファッションが付いてくる。両者は常に密接な関係のなかで時代の先端を映し出してきた。そして2017年、ここ日本でまた新たなムーブメントを起こすべくひとつのパーティがスタートする。UK発のブランドALLSAINTSとビルボードライブがタッグを組んだ、その名もずばり【Fashion with Music】。第一回目は2月9日にビルボードライブ東京にて開催される。ゲストにはTHE BAWDIESの出演が決定。1950年代や1960年代のロックンロール・R&Bなどの音楽をルーツに持ち、ブリティッシュ・インベージョンやモッズ・カルチャーの情熱を受け継ぐ、タイトなスーツにチェルシーブーツでばっちりきめたこだわりの衣装がお馴染みの彼らこそ、まさにはまり役と言えるだろう。そして当日は約2年振りとなるアルバム『NEW』のリリース直後。さらにゲストミュージシャンとして、SOIL& "PIMP" SESSIONSよりタブゾンビ(Trumpet)と丈青(Piano)、Mountain Mocha KilimanjaroとCENTRALのメンバーである栗原健(Tenor Saxphone)、SCOOBIE DOよりナガイケジョー(Bass)も参加する、スペシャル尽くしな一夜に向けて、メンバー全員に集まってもらい話を聞いた。(写真は全てALLSAINTSでのフィッティングにて撮影。)

音楽とファッションは常に近いところにある

--いよいよALLSAINTSとビルボードライブによる【Fashion with Music】の開催が迫ってきました。まずTHE BAWDIESの皆さんは、ミュージシャンとしてファッションをどう捉えられているのでしょうか?

ROY:僕らの場合はまず“1960年代”という明確な音楽的ルーツがあります。また音楽だけでなく、全般的なカルチャーも含めて大好きなんで、その辺りの“時代”に対して、リスペクトを表したい気持ちは常に持っているんです。例えばスーツを着て演奏しているのは、当時のビートバンドたちのスタイルを継承して、あの時代のエネルギーを現代の人たちに伝えたいという思いから。音楽とファッションは常に近いところにあって、時代と共に移り変わってきたもの。若者のアンテナの最前線にあるんだと思います。

--スーツへのこだわりを、もう少し聞かせていただけますか?

ROY:キャリアを重ねるごとに変化はしているんですけど、最初はいわゆる典型的な“モッズ・スーツ”ですね。身幅が狭くて3つボタンで。でも激しく動くんで機能性も考えるようになって、ストレッチを入れたり破れにくくなるように考えたり。同じ店で仕立てているんですけど、毎回いろいろ話し合って、しっかりルーツを感じさせるモッズスタイルでありながら、自分たちの感覚をちゃんと入れて、THE BAWDIESらしくしています。

--そして1960年代の香りがするお揃いのセンターシームのブーツ。これがありそうでなかなかないじゃないですか。

ROY:そうですよね。これは特注なんですよ。いいのがあったとしても揃いで手に入れることが難しかったから、作ってもらえるようになって、本当に有難いです。

--シルエットも丸みも革の質感もばっちり。

TAXMAN:さらにこれ、メンバーそれぞれ細かいところは微妙に違うんです。ソールの高さとか、インソールの色も。

--そうなんですね。ビートルズのような素敵な話。

ROY:めちゃくちゃ気に入ってます。

--普段ステージに立つときは皆さん揃いの衣装ですが、今回はビルボードとALLSAINTSによるパーティ。同ブランドの作品から、それぞれが好みに合うアイテムを選ばれるということで、それだけでスペシャルですよね。先ほど衣装合わせが終わりましたが、セレクトのポイントは?

ROY:今日はもう早い者勝ち(笑)。

TAXMAN:ゲストの方もいるんで、人数が多いですし(笑)。

ROY:デビューからいつも揃いでやってるから、こういうチャンスでもないと、それぞれ別々の服は着られないですし。とはいえ、4人で共に活動しているんで感覚的に重なるところや共有できている部分はあるんです。だから自分勝手に選んでも、バンドとしてそんなに変な見え方はしないだろうとは思っていました。ALLSAINTSはブランドとして芯の強いイメージはありつつ、メンバーそれぞれのカラーが出せるような服がたくさんあったので、土台がちゃんとあるうえで、自然と好みが分かれていった感じでよかったです。

--特に4人全員での見え方を強く意識したわけではないんですね。

ROY:それよりも、みんな一番気にしたのは汗をかくタイプかそうでないか(笑)。せっかくかっこいい服がいっぱいあるわけですから、たくさん着たいんですけど、着込むとパフォーマンスが難しくなる。僕がそうで。メンバーの中にも、汗でびしょ濡れになっちゃう奴と、同じように動いていてもそうでもない奴がいるんですよ。

--一般的にバンドで汗をよくかくのはフロントマンとドラム、ROYさんとMARCYさんというイメージですが。

ROY:そうなんですけど、特にJIMと僕が汗かきなんですよ。

JIM:僕は本当に汗かきですね。シャワーもしょっちゅう浴びます(笑)。

ROY:2人共髪型が原型を留めないくらいライブ中は大変ですから。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. ビルボード公演は豪華編成で、ルーツがいつも以上に伝わるライブに
  3. Next >
ビルボード公演は豪華編成で、ルーツがいつも以上に伝わるライブに

--そんなに汗をかかないのはどなたですか?

ROY:TAXMANだよね。代謝が悪いのか(笑)。

TAXMAN:いや、スポーツをやってる時はめっちゃ汗かくんですよ。

--スポーツは何を?

TAXMAN:バスケットボールとフットサルです。ライブでは割とクールというか、そんなに激しく動かないんで。

ROY:涼しいとこ探して弾いてるよね。うろうろして一番空調が当たる場所の前で。

--ステージは熱いですし気持ちも高ぶっているから、誰でも大汗かきそうなイメージですけど。

ROY:本来はそうなんですけどね。だから僕も不思議で。

TAXMAN:涼しさの中で、内から燃えているんです(笑)。

JIM:意味が分からない(笑)。

--ドラムは逃げられないですもんね。

MARCY:箱や照明によっては、例えば首なんかの体の一部分にずっと熱が当たってることもあります。座ってるとお尻も熱いですし、けっこうきついですよ。

--そしてファッションもですが編成もまた、この日だけのスペシャルライブです。

ROY:まず分かりやすく、目に見えて変化がありますからね。そのなかでTHE BAWDIESのルーツがいつも以上に伝わればいいなと思います。もちろんTHE BAWDIESの音楽ではあるんですけど、普段4人で演奏している時よりも「ルーツにこういうものがあるんだ」って見えやすくなると思うんです。例えばベースにジョーさんが入ったときは、僕はベースを置いてハンドマイクで歌います。そこにホーンもピアノも入ってきて、完全なるソウルバンドというわけではないですけど、ソウル色が強い流れからTHE BAWDIESを楽しめる。そこでまた新しい音楽の世界に興味を持ってもらえたら嬉しいです。

--以前AIさんとコラボされていた「LOVE YOU NEED YOU」にもニュアンス的に近いのかなと思いました。アウトプットは異なっても互いのルーツで繋がる部分があって、それが新しい化学反応を生むような。


▲THE BAWDIES - LOVE YOU NEED YOU feat. AI(MV)

ROY:そうですね。皆さんそれぞれ色濃いルーツが前面に出ていて、そこには共通する部分もある。いろんな要素が混ざったときにどうなるか、ただのソウルバンドではないと思うんで。楽しみですよね。

TAXMAN:普段聴く音楽やルーツとしては、ソウルの割合はかなり大きいんです。でも4人だとどうしてもロックバンドというカテゴリーになっちゃうところもあって、だから今回そこをそのままやれるっていうのは楽しみだし、何よりメンバーのラインナップが凄い。僕らがメインで引っ張るというより、引っ張ってくれるくらいの人たちと一緒に演奏できることは本当に幸せです。

--MARCYさん、若干表情が固くなられていますが、いかがですか?

MARCY:僕は、そうですね。考えただけで緊張します。

TAXMAN:ドラムだからね。

MARCY:リズム隊が代わることってあまりないじゃないですか。ドラマーはベーシストが持つ雰囲気や癖とのコンビネーションが大切なんで、ROYがベースを置くこと自体にまず緊張してしまう。ハマ(ハマ・オカモト)と最初にやった時もそうで、彼とは回数を重ねて息が合ってきました。ジョーさんと絡むのは今回が初めて。本当に素晴らしいベーシストで、そういうことも分かってくれてるから「お互い緊張しますね」って、声をかけて場をほぐしてくれて嬉しかったです。ホーンもピアノもあるし、バンド全体をまとめて引っ張っていくうえで、普段のTHE BAWDIESとは全然違う。カウント出しひとつ取っても、妙に気負いしちゃうところがあります。当日までに完璧にしないといけませんね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. ベテランの余裕なんて出してちゃ全然だめ
  3. Next >
ベテランの余裕なんて出してちゃ全然だめ

--ビルボードは2ステージ制。これについてはどうお考えですか?

TAXMAN:前に出演させてもらった時は、1回目は緊張していて、それがいい感じで張りつめた空気を醸し出してたんです。2回目はそこがくだけてきてリラックスムードで。それぞれ特徴のあるいいライブができました。

ROY:そうだったね。その経験があったから、自分がビルボードに遊びに行くときは、アーティストによって1回目がいいか2回目がいいか考えるようになりましたね。

--ニューアルバム『NEW』の発売日翌日のステージでもあります。前作『Boys!』は、古き良きソウルやR&B、ロックンロールを血肉にせんと鍛え抜いた力があったうえで、様々な音楽的アプローチを試みてきたTHE BAWDIESが、ひとつの大きな極みに達した瞬間だったと思うんです。じゃあ次はどんな作品になるのか。とても楽しみでもあり、「THE BAWDIES、次はどうするんだ。弾はあるのか?」という気持ちもあったんですが、見事に塗り替えてきたと感じました。

ROY:そうですね。確かに前作の『Boys!』は自分たちのやれることを全部やったと思えた作品でした。だから「この先どうしよう」って頭の中が空っぽになった瞬間は正直あったんですけど、時間が経つに連れ、次への創作意欲が湧いてきたんです。それは自分たちがお客さんのために何を作ろうか考えるのではなく、音楽ファンとして日々刺激を求めていろんな音楽を漁っていることで、たくさんの発見があったから。常に音楽を愛していることが次の意欲に繋がることを強く実感しながら完成していった作品でした。だから『NEW』が生まれて、今は次作に関しては何も考えられない空っぽの状態なんですけど、先のことに不安は無くて、しばらくしたらまた新作を作りたくなってくるんだろうなって、そういう自信は生まれました。

--THE BAWDIESは技術的にも精神的にも成長しながら、バンドとして一番無邪気で楽しい時期を更新し続けていると思います。要は今が最高に楽しいということがこれまでの作品以上に、ダイレクトに伝わってきたんです。

ROY:音楽が好きで湧いてくる創作意欲が、初期衝動的なワクワクしたものになる。人のために作ろうとすると、ワクワクする感情も無ければキラキラした輝きも生まれない。そういう意味で、自然体で楽しみながらできた、嘘がないピュアなロックンロールアルバムになったんじゃないかと思います。

--そしてギラギラした強さも感じます。

ROY:今回は特にちゃんと伝えなければいけないという気持ちも強かったから。今の日本の音楽シーンは、凄く流れが激しくて、特に若者の間においてそうですよね。フェス文化が発達するに連れて、若い世代による音楽を若い人たちが楽しむという形が確立されてきました。そこでは、僕らも若手の頃は思っていることを伝えやすかったんですけど、今はもう若手じゃないですから。波の中ではなく波の外の存在。今まで通りだとその先にいる人には伝わらない。今まで以上に波を切り裂いていくだけの切れ味が必要だと思っているんです。ベテランの余裕なんて出してちゃ全然だめで、デビュー期よりももっと鋭く尖った、もっと力強い、ルーツは感じさせながらも現代的な作品を作らなきゃいけない。そういう思いも軸になっています。


▲THE BAWDIES - THE EDGE(MV)

--なるほど。となると先のライブが俄然楽しみになってくるわけですが、ビルボードでのセットリストはもう固まっているんですか?

ROY:新曲もやるんですけど、『NEW』のツアーはまたそのあとにあるんで、この日だけのスペシャルな演奏にしたいと思っています。カバーも何曲かやりたいですね。

JIM:衣装もセットリストもメンバーも全てがスペシャルなんで、自分もプレイヤーでありながら、いち音楽ファンとして楽しみにしています。

TAXMAN:2年ぶりのアルバム、ここにきて最高傑作ができたと思っています。その直後にビルボードにも出られるし、久々の33本という長いツアーもあります。そこで受ける刺激がまた自分たちを大きくしてくれると思うんで、頑張って駆け抜けたいと思います。

THE BAWDIES「NEW」

NEW

2017/02/08 RELEASE
VICL-64705 ¥ 3,024(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.THE EDGE
  2. 02.HELLO
  3. 03.45s
  4. 04.DANCING SHOES [“NEW” Version]
  5. 05.RAINY DAY
  6. 06.SUNSHINE
  7. 07.POPULAR GIRL
  8. 08.MAKE IT SNOW [“NEW” Version]
  9. 09.MY EVERYTHING
  10. 10.SHAKE, SHOUT & SOUL
  11. 11.HOT NIGHT, MOON LIGHT
  12. 12.NEW LIGHTS
NEW
THE BAWDIES「NEW」
2017/02/08
[CD]
¥3,024(税込)
購入画面へ
NEW
THE BAWDIES「NEW」
2017/02/08
[CD]
¥3,672(税込)
購入画面へ
THE EDGE
THE BAWDIES「THE EDGE」
2016/11/30
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
THE EDGE
THE BAWDIES「THE EDGE」
2016/11/30
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
Rockin’ Zombies
THE BAWDIES × go!go!vanillas「Rockin’ Zombies」
2016/07/20
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
Rockin’ Zombies
THE BAWDIES × go!go!vanillas「Rockin’ Zombies」
2016/07/20
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
LIVE AT AX 20101011
THE BAWDIES「LIVE AT AX 20101011」
2013/11/20
[Blu-ray Disc]
¥4,104(税込)
購入画面へ
THE SEVEN SEAS
THE BAWDIES「THE SEVEN SEAS」
2013/11/20
[CD]
¥1,234(税込)
購入画面へ
THE SEVEN SEAS
THE BAWDIES「THE SEVEN SEAS」
2013/11/20
[CD]
¥1,728(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
ヒップホップ / ラップを世界に知らしめた伝説的ユニットが遂に来日!
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
モータウン黄金期を築いた世界一ソウルフルなギタリストからの返答は読みごたえあり
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。

Chartsmore