Billboard JAPAN


Special Contents

でんぱ組.inc 古川未鈴『WWDBEST ~電波良好!~』リリース単独インタビュー



 でんぱ組.inc、初のベストアルバム『WWDBEST ~電波良好!~』が12月21日にリリースされる。2011年12月25日の初のワンマンライブ、つまり6人体制のお披露目となった日から、ちょうど丸5年という、アニバーサリーなタイミングでのリリースとなる。

 その内容も、グループへの愛が存分に詰まったものだ。まずベスト盤にして3枚組というボリュームからして濃い。彼女たちのプロダクトらしく、デザインにも趣向が凝らされ、ファン必携の超豪華盤には、特製法被まで付嘱するという念の入り様だ。 今回、ビルボードジャパンでは、本作の発売を記念してグループのセンター、古川未鈴の単独インタビューを行った。5周年というタイミングで過去を振り返り、古川は何を思うのか。そして「秋葉原カルチャーの落とし子にして、オタク」という強烈なアイデンティティを持つグループの未来は? 表現者としての芯を感じる言葉が印象に残った。

「ファンのみなさんに夢や勇気を与えたいとか一切思ってなかった」

――初のワンマン、そして6人体制になってからちょうど5周年というタイミングでのベスト盤ですが、“5年”と言われて、率直にどうですか?

古川:よく「すごい売れて、環境も変わったでしょ?」とか言われるんですけど、私自身は「変わったのかなー?」って感じで、あんまり分かってないです。ケータリングとか、タクシーを使わせてもらえるとかは変わったんですけど、私はいまでもゲームセンターにひとりで行くし、相変わらず家ではずっとゲームをしているし。思い描いていた芸能人みたいな生活ではないですね。

――どんな生活を思い描いていたんですか?

古川:芸能人の集まり飲み会に行くみたいな(笑) 私の思い描いていた芸能界像って、お金で全部動いているみたいな感じだったんです。でも、実際は意外と人の気持ちで動いているんだな~と今回の作品で強く思いました。やりたいことやっていいんだなと。

――作品、というのは新曲の「WWDBEST」のこと?

古川:そうですね。私は「愛」とか「愛情」とかいう言葉があんまり好きじゃないんですけど、それを使わざるを得ないくらい、愛情を感じました。「WWDBEST」は、いままで関わってくれたみなさんが一気に集結して作ってくれて、歌詞も沢山の方に書いてもらったんですけど、みなさんとにかく“でんぱ”っていう言葉を入れてくれるんです。制作の指揮を執っていた人が「ちょっと“でんぱ”が多すぎるので削らせてください…」って言うくらいで。曲やMVも、みなさんが応援してくれている気持ちが伝わってきて、何かしら期待をしてくれているんだなというのをすごく感じました。その人たちのためにも、頑張らないといかんなって。人のために頑張るっていう気持ちになったのも、この5年の成長かもしれません。


▲でんぱ組.inc - WWDBEST(MV)

古川:私がアイドルになったきっかけは「とにかくいじめてきたやつらを見返してやる!」みたいなところから始まっていて、正直、ついて来てくれるファンのみなさんに夢や勇気を与えたいとか一切思ってなかったんです。よくメンバーにも「未鈴はほんとに最初は人の心を持たない人間だった」って言われて(笑) 昔はみんなを“メンバー”って呼ぶのも、熱い感じで恥ずかしくて、“ユニットの人”って呼んでいました(笑) だから、メンバーと呼べるようになったのも個人的には大きな一歩かなと思います。

――その「見返してやる」っていう気持ちは解消したんですか?

古川:いやー…「もう見返したでしょ?」って言われるけど、私はまだTVにもそんなに出ていないし、少しは有名になったけど、おじいちゃんおばあちゃんがみんな知っているか?と言ったらそうじゃない。まだまだニッチな存在だと思います。SPEEDさんとかモーニング娘。さんみたいな人たちに憧れがあったので、いまでも、やりたいことはいっぱいあります。

――先ほど、スタッフの方のでんぱ組への愛っていう話がありましたが、古川さん自身のでんぱ組っていうグループへの捉え方はどうですか?

古川:元々「私にはアイドルしかないんだ!」と思って突き進んできたタイプなので、自分の居場所になったんだなってすごく思います。いまでも、ひとりで何か活動する時は自信がなくて、「上手く出来るかな?」ってすごく不安なんです。でも、6人でライブをする時は自信しかない。好き嫌いはあるだろうけど、観てくれる人を暇させない、目を釘付けにすることは出来ると思う。それって6人でいるからこその自信だし、私の自信を増やしてくれるグループなんです。

――支えて貰っている、という感じですか?

古川:団体戦を覚えたって感じですね。私、アイドルは団体戦だと思うんですよ。「みなさん、(グループの中で)私を推してください!」みたいなことを表立って言う人がいるのって、私はダメだと思っていて。もし、私がファンだったら「そうじゃないだろ!」って思ってしまう。でんぱ組のファンのみなさんも、それぞれの推しがいると思います。でも、そんなみなさんも、いわいる“箱推し”というか、でんぱ組そのものも好きでいてくれていると思う。私は、でんぱ組を好きでいてくれていれば誰の推しでも嬉しい。自分を売るのではなく、でんぱ組を売るというか、グループの中で一人ひとり役割を持って活動して団体戦でいければ、良いんじゃないかなと思っています。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「W.W.D」は「みんなに共感してもらえる曲」
  3. Next >

「W.W.D」は「みんなに共感してもらえる曲」

――そう考えるようになったきっかけは?

古川:昔、初めて6人で出た【アイドル横丁杯!!】っていう賞レースがあって、そこで自分自身、初めて青春みたいなことをしたんです。振付の先生の家で合宿をして、毎日6人でいて、筋肉痛になりながら、あーでもないこーでもないってレッスンを積み上げて。でんぱ組って、いままでどんなことでも1位をとったことがなかった。そもそも勝負とか恥ずかしかったし。でも【アイドル横丁杯!!】のときは「勝つぞ!」って、実際にやってはないけど、肩組んで「オー!」みたいな雰囲気で、「みんなで同じ方向を向くってこんな感じなんだな」って強く思いました。その甲斐があって結果的に1位を取れて。その時、とにかくファンのみなさんが喜んでくれたんです。いままでは、ライブが終わっても拍手がもらえないグループというか、拍手をする文化がなくて…

――拍手をする文化がない?

古川:そうです。秋葉原ディアステージ特有の文化だと思うんですけど。だから、私たちは「どうやったら拍手がもらえるんだろう?」っていう会議から始まっているんです。「秋葉原ディアステージから来ました」っていうと、アキバ系だと思われて引かれちゃうからっていうことで名前を言わなかったりとか。そんな中で、初めて勝負に挑んだ感じでした。でも、私たちが本気になったら、ファンのみなさんも本気になってくれて、熱を持つと人を感動させられることを学びました。終わった後、結果をディアステージに電話で報告したら、みんな喜んでくれて。「あれ?ちょっと期待されているのかな」って思ったり。あのライブが有ったのと無かったのでは、いま多少違うんじゃないかなと思います。

――他に5年間活動してきた中で、ターニングポイントだったなと思う活動や曲はありますか?


▲「W.W.D/冬へと走りだすお!」

古川:やっぱり「W.W.D」の発売が大きかったと思います。すごく面白いのが、「W.W.D」の初披露は恵比寿リキッドルームだったんですけど、その時の反応が忘れられなくて。いまでこそ、みんな真面目に聴いてくれるけど、あの時は笑われたんですよ。「二人は敵同士だった」って歌詞の時に「ハハハッ」って。だから、そんな曲がいま人の心に刺さって貰えているのがすごく嬉しいんです。

 「W.W.D」が人気になったのは、リキッドの後のZeppツアーで、通称“独白”っていうコーナーを設けたこともあったと思います。全国6公演のツアーがあって、その公演毎に、一人ひとりが自分の話したいこととか、自分に言い聞かせたいことを10分くらいずつ、とんでもない雰囲気になりながら喋るっていうコーナーだったんです。淡々と真っ暗な中で、「私は昔○○で、本当にダメだと思っていて」みたいなことを、ボロボロ泣きながら話すっていう。正直、アイドルは絶対にそんなことやっちゃいけないんです。でも、それをやって、考えがまとまった後に「W.W.D」を歌って。それ以前と以降では「W.W.D」の聴こえ方が全然違ったんじゃないかなと思います。


▲でんぱ組.inc - WWD(MV)

――“独白”をやろうとなったのはどうして?

古川:でんぱ組の振付をずっとしてくれているYumiko先生という方が「この曲をちゃんと歌うなら、まずは自分自身が消化しなくちゃいけないんじゃない?」と提案してくれたんです。「W.W.D」って実は自己紹介ソングなんですよ。こんな暗い自己紹介があっていいものか?っていう自己紹介ソング。正直、自分の暗い部分なんて歌うものじゃないんです。私は最初、自分の弱さを売って「私はいじめられていたので、みなさん応援してください…」みたいに聴こえてしまうんじゃないか?と思ってすごく嫌でした。ただ、先生は「“独白”っていうコーナーは、お客さんに伝えるんじゃなくて、自分のためにあるものだと思いなさい。自分に言い聞かせるためのメモリアルなものにしてください」ということを言っていて、少し納得した自分もいました。

 私はZeep Tokyoで“独白”をやらせてもらって、「熱を持たないと人を感動させることはできない」とか「私の居場所はここにありました」みたいなことを、パソコン片手に延々と読んで、そのあと泣きながら「W.W.D」を歌うっていう、伝説的なライブをやって。そこからはファンレターでも共感する声をたくさん頂くようなりました。そう考えると「W.W.D」って実は、イジメとか引きこもりとか、一見すると突飛なことを歌っているようで、形は違うけど、みんなが通る道なんだなと。だから、すごくたくさんある恋愛ソングみたいに、みんなに共感してもらえる曲なんだなと思うようになりました。この曲と、“独白”っていうイベントは、でんぱ組の歴史には外せないんじゃないかなと思います。

――外側から見ていても「W.W.D」の前と後で、すごくグループのイメージが変わった記憶があります。

古川:それまでのでんぱ組って、もふくちゃんがおしゃれな方だから、ブランドとかとのコラボをよくしていて。そういう、ちょっとおしゃれなところからストーリーを上乗せして、見てくれる人が更に増えたのかなと思います。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. ベスト盤は「ねむさんのお母さんが作ってくれる松茸おにぎり」
  3. Next >

ベスト盤は「ねむさんのお母さんが作ってくれる松茸おにぎり」

――楽曲の物語で言うと、「W.W.D」が過去を含めた自己紹介ソングだったとしたら、「W.W.D Ⅱ」は、現在進行形のアイドル・グループとしての、つまずきや悩みを描いたドキュメンタリーのような曲でしたよね。


▲「W.W.D II」

古川:私は「W.W.D」に関しては、曲調も盛り上がるし、すごく前向きな曲だからエンタメにできると思ったんです。一人ひとりの過去は語っているけど、結果は「6人でやっていこう!」っていう曲なので。だけど、「W.W.D Ⅱ」は、これは歌っちゃいかん!って本当に思いました。

 でも、当時のヒャダインさんのブログを拝見して「1分1秒でも彼女たちに歌ってもらわないといけない曲。歌うことによる解決」ということが書いてあって、これはもう歌うしかない!と(笑) 初めて歌った時は、みんなボロボロ泣きながら、全然歌えてなくて。その時に、女の子6人が集まる難しさが分かりました。

――実際、大変な時期だったんですか?

古川:表立って喧嘩とかはしてないんですけど、やっぱりみんな我が強い女の子6人なので、納得出来ない、妥協できない部分がたくさんあって。私自身は、アイドル同士って仲が良いだけではないと思うし、先代のアイドルさんだって、みんなそうだったと思います。でも、でんぱ組は、そもそも人間関係の底辺から始まったような人が多いので、喧嘩もしたことがない子が多くて、私もしたことないし、声を荒げて「ワー!!」なんて言ったこともない。だから、その喧嘩ができないことがまずダメっていう曲なんです。途中で「みんなちゃんと話し合って泣けばいいじゃん」みたいな歌詞があるくらい。でも、やっぱりみんなそういうのは嫌。だったら、歌うしかない!(笑) 歌ったら無理やり言えるから。

――いまは平気になったんですか?

古川:いまでもあの曲歌うとは気まずいですよ(笑) でも、私は、他の若いアイドルさんに比べたら、でんぱ組って大人だと思うから、いろいろあるけど折り合いをつけてやっていくこともあるかなって。結局、その後も私は直接喧嘩はしてなくて、いまでも気まずい曲ではあるかなと…

――でも、気まずい状態だということがお互いに分かっている方が、分かってないよりはマシですよね。

古川:吹っ切れる感じはありますね。もう歌っちゃっているんだから、みんなわかってくれよ、みたいな。なんか不思議なお薬みたいな曲ですね。


▲でんぱ組.inc - W.W.D Ⅱ(MV)

――なるほど。では、このシリーズの最新曲という意味だと、新曲「WWDBEST」はどうですか?

古川:「W.W.D」が過去、「W.W.D Ⅱ」が現在だとしたら、「WWDBEST」は何なんだろう?って思います。未来のこともあるけど、明るい未来が待っている、という曲ではない。

――そうですよね。

古川:それで考えた結果、「WWDBEST」は“あらすじ”かなと。いままででんぱ組がやってきたことが詰まっているんです。よく(夢眠)ねむさんが「良い」って言ってくれるのが、「打ち上げ花火に振り向いた/駆け抜けた場所に仕掛けた夢」っていう、私の歌い出しの部分。「未鈴が歩いてきた後ろに、自分でも気づかないけど花火が仕込んであったんだよ」「駆け抜けてきた足あとにどんどん花火が上がっているんだよ」って泣きながら言ってくれて。私はあんまり気付いてなかったんですけど、歩いてきた道に、みんなが喜んでくれるような花火を上げられていたのかな、って思うと、やっぱり曲を書いてくれたみなさんの愛を感じます。

――そもそも、5周年のベスト盤で3枚組っていうのも、かなりのボリュームですよね。

古川:私がこのアルバムにキャッチコピーをつけるとしたら“採算度外視!”ってつけます。このアルバムを見ると、ねむさんのお母さんが作ってくれる松茸おにぎりが思い浮かぶんです。そのおにぎりって、商売で出しているわけではないので松茸が規格外に、「そんなに入れたら赤字だろ!」っていうくらい入っていて、それと似ているなと。

――分かりやすいですね。選曲はメンバーも関わっているんですか?

古川:選曲は絶対的な信頼を置いているトイズファクトリーの山岸さんという方にお任せしました。「山岸さんに任せておけば間違いない」というのと、6人が口を出すと、みんな我が強くて、まとまんなくなっちゃうので。

――なるほど(笑) メンバー間の好きな曲も結構違うんですか?

古川:みんなバラバラですね。“でんぱサウンド”と謳いつつ、なんだかんだ曲調は色々あって。私なんかはやっぱりライブのことを考えてしまうので「NEO JAPONISM」とか、「ちゅるりちゅるりら」とか「破!to the Future」あたりの、パッと聴いて、でんぱって分かるような曲が好きです。そういう意味で言うと、私は「でんぱーりーナイト」がすごく好きで。あの曲は他のアイドルさんは歌えないと思うんですよ。ライブでバンバンやる曲ではないんですけど、あの大団円感は、でんぱの6人だからこそ歌える曲なのかなと思います。


▲でんぱ組.inc - でんぱーりーナイト(MV)

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「ハードルを下げてはいけない」
  3. Next >

「ハードルを下げてはいけない」

――実際にベスト盤の選曲リストが出てきた時は、どう感じました?

古川:自分たちやってきたことが全部つめ込まれているラインナップだし、「WWDBEST」やMVも全部入っていて、お値段も実は安いらしい…。私たちのことを思って作ってくれた、『未鈴ちゃんたちのためのメモリアルなCD』みたいな感じがします。

――ここまで色々と振り返って頂きましたが、来年以降はどういう風になって行きたいですか?

古川:まずはアリーナ、武道館公演があるので、それをきっちりやりたいです。あと、今年は6人だけじゃなくて、1人で出来ることもやらなきゃいけない、そういう年だったんです。映画に出る子がいたり、美術をやる子がいたり、ブランドをやる子がいたり、そういう一人ひとりが集めてきたパワーをバーンッて集めて大きくするというのを、今年は多分掲げていたんです。多分、来年もそれが拡大するんじゃないかな。みんなそれぞれに大きな仕事が出来るように。

 私、SMAPさんみたいになりたくて。SMAPさんって一人ひとりがすごくて、それが5人集まった時の破壊力ってものすごいじゃないですか? 一人ひとりに役割があるようなグループになりたい。一人ひとりが100の力だったら、合わせて600になる。だから、よりそういうのが強くなる年になるんじゃないかなと思います。

――個々人がより力を伸ばして、グループに還元していくということを続けていくと。来年の活動も楽しみにしています。しかし、今回のベスト盤を聴いて、改めてでんぱ組の楽曲の情報量のすごさに圧倒されました。

古川:そうですよね。今回ベストということで、全部合わせて、「油っこくないかな?」とも思うんですよ。でも、私、でんぱってハードルを下げてはいけないと思っていて。例えば「破!to the Future」とかって難解じゃないですか? 速いし、よく分かんないし。聴いたら良い曲なんですけど。でも、そのハードルの高さっていうのを忘れちゃいけないと思うんです。よくアイドルさんって「(一緒に)手を振って~♪」みたいな曲あるじゃないですか? いや、でんぱにもあるんですよ、そういう曲も。でも、私はそういうのは極力少なくした方が良い、と思っているタイプです(笑)

――それはなぜ?

古川:秋葉原ディアステージという場所が、元々ハードルが高い場所だからです。ディアステージの扉って、みんな最初は怖くて開けられないと思うんですよ。でも、入ってさえしまえば、病み付きになる。だから、私はでんぱにも、あまり大衆向きな感じは出しちゃいけないんじゃないかなと思っていて。ハードルの高さが、でんぱの良さなんじゃないかなと。ちょっと難しいけど、「あ、そういうことか」って分かって貰えるようなグループになれたら唯一無二感が出るんじゃないかなと。

――ハードルを下げて、入りやすくするのではなく?

古川:もちろん、そういうのもアリなんですよ。そういう曲もあると思うし。ただ、基本的には、ライブは嵐のように去って行って「何だったんだいまのは? もう一回観に行こう!」みたいな。優しくないって言ったら変ですけど、私の個人的なスタンスは、みんなで一緒に楽しいことしたいっていうことではなくて、付いて来られる人は付いて来てほしいっていう感じなので。まあ、これは私の考えですけど、私はアイドルはそうあるべきなんじゃないかなと思います。

――客観的に、情報量の多さが壁になっているんじゃないか?とも思うのですが…

古川:もちろん良いところ悪いところあるんですよ、絶対。でも、基本的なスタンスは崩さない。私達はオタクなので、分かって貰える人にだけ分かって貰いたいとも思うんです。

――なるほど。でもハードルが高いからこそ届くリスナーというのも確実にいますしね。

古川:100人いたら3人分かってくれれば良い。…って本当はそれじゃいけないとも思うし、バランスは難しいんですけどね。

――それはメンバーの共通認識?

古川:いや、バラバラだと思います。もっと分かりやすくした方が良いという人もいるだろうし。

――でも、外から見た時に、そうやって色んな方向性を目指す人たちが互いに影響しあっていることで、グループとしてのエネルギーが炸裂しているのかな、とも思います。

古川:そうなんですよ。正直、同じ方向性を持つことも出来るけど、でんぱ組ってそうじゃないなって。この食い違っている感じが、モノを生み出せる力になっているんじゃないかなって思う私もいて、そういう部分に関しては、同じ方向性を保つ必要は無いと思っています。多分、インタビューもバラバラなんですよ、みんな。私と180度違うことを言っている人もいると思うんですけど、でんぱはそれぞれの個性を潰しちゃいけないと思います。

関連キーワード

TAG

最Ψ最好調!
でんぱ組.inc「最Ψ最好調!」
2016/11/02
[CD]
¥1,300(税込)
購入画面へ
最Ψ最好調!
でんぱ組.inc「最Ψ最好調!」
2016/11/02
[CD]
¥2,500(税込)
購入画面へ
最Ψ最好調!
でんぱ組.inc「最Ψ最好調!」
2016/11/02
[CD]
¥1,700(税込)
購入画面へ
おつかれサマー!
でんぱ組.inc「おつかれサマー!」
2015/06/17
[CD]
¥1,500(税込)
購入画面へ
おつかれサマー!
でんぱ組.inc「おつかれサマー!」
2015/06/17
[CD]
¥1,500(税込)
購入画面へ
でんぱーりーナイト de パーリー in 国立代々木第一体育館
でんぱ組.inc「でんぱーりーナイト de パーリー in 国立代々木第一体育館」
2015/05/13
[Blu-ray Disc]
¥5,940(税込)
購入画面へ
WWDD
でんぱ組.inc「WWDD」
2015/02/18
[CD]
¥3,000(税込)
購入画面へ
WWDD
でんぱ組.inc「WWDD」
2015/02/18
[CD]
¥3,900(税込)
購入画面へ
でんぱーりーナイト
でんぱ組.inc「でんぱーりーナイト」
2014/11/26
[CD]
¥1,000(税込)
購入画面へ
でんぱーりーナイト
でんぱ組.inc「でんぱーりーナイト」
2014/11/26
[CD]
¥1,500(税込)
購入画面へ
でんぱーりーナイト
でんぱ組.inc「でんぱーりーナイト」
2014/11/26
[CD]
¥1,500(税込)
購入画面へ
でんぱーりーナイト
でんぱ組.inc「でんぱーりーナイト」
2014/11/26
[CD]
¥1,500(税込)
購入画面へ
サクラあっぱれーしょん
でんぱ組.inc「サクラあっぱれーしょん」
2014/03/12
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
サクラあっぱれーしょん
でんぱ組.inc「サクラあっぱれーしょん」
2014/03/12
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
サクラあっぱれーしょん
でんぱ組.inc「サクラあっぱれーしょん」
2014/03/12
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
W.W.D Ⅱ
でんぱ組.inc「W.W.D Ⅱ」
2013/10/02
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
W.W.D Ⅱ
でんぱ組.inc「W.W.D Ⅱ」
2013/10/02
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
W.W.D Ⅱ
でんぱ組.inc「W.W.D Ⅱ」
2013/10/02
[CD]
¥1,234(税込)
購入画面へ
W.W.D Ⅱ
でんぱ組.inc「W.W.D Ⅱ」
2013/10/02
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ
W.W.D Ⅱ
でんぱ組.inc「W.W.D Ⅱ」
2013/10/02
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ
でんでんぱっしょん
でんぱ組.inc「でんでんぱっしょん」
2013/05/29
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
でんでんぱっしょん
でんぱ組.inc「でんでんぱっしょん」
2013/05/29
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
でんでんぱっしょん
でんぱ組.inc「でんでんぱっしょん」
2013/05/29
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
でんでんぱっしょん
でんぱ組.inc「でんでんぱっしょん」
2013/05/29
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
でんでんぱっしょん
でんぱ組.inc「でんでんぱっしょん」
2013/05/29
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
でんでんぱっしょん
でんぱ組.inc「でんでんぱっしょん」
2013/05/29
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
でんでんぱっしょん
でんぱ組.inc「でんでんぱっしょん」
2013/05/29
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
でんでんぱっしょん
でんぱ組.inc「でんでんぱっしょん」
2013/05/29
[CD]
¥1,234(税込)
購入画面へ
でんでんぱっしょん
でんぱ組.inc「でんでんぱっしょん」
2013/05/29
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ
W.W.D/冬へと走りだすお!
でんぱ組.inc「W.W.D/冬へと走りだすお!」
2013/01/16
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ

Chartsmore