Billboard JAPAN


Special Contents

『CHEERZ HOUSE』結城みゆ(蜂蜜☆皇帝)得田あいり(なめんなよ原宿)山田如凜(DOPING BERRY)共同インタビュー



『CHEERZ HOUSE』結城みゆ(蜂蜜☆皇帝)得田あいり(なめんなよ原宿)山田如凜(DOPING BERRY)共同インタビュー

 グループもキャラも全く違うアイドル3人の共同インタビューハウス『CHEERZ HOUSE』。今回集まってくれた3人は、お父さんに反対されながらも夢を追い続ける女の子、アイドル活動の為に北海道から送り出してくれたお母さんをワンマンライブに呼ぶのが目標の女の子、りなはむ(BPM15Q/ex.BiS)によってアイドルの道へ誘われた女の子。

 ひとつ屋根の下でアイドルとしての喜びや苦しみ、そして未来への希望を語り合い、自分の生き方や歩む道を再認識していく、台本なしのアイドルドキュメンタリー。ぜひ覗いてみてください。

参加メンバー:
結城みゆ(蜂蜜☆皇帝)
得田あいり(なめんなよ原宿)
山田如凜(りんぷもら)(DOPING BERRY)

Episode 01.Story until the idle(アイドルになるまでの物語)

--今からここ『CHEERZ HOUSE』で共同インタビューを受けるということで、まずはそれぞれ自己紹介をお願いします。

結城みゆ:岐阜・名古屋を中心に活動している蜂蜜☆皇帝(ハチミツエンペラー)の働き蜂担当、リーダーの結城みゆです。蜂蜜☆皇帝は5人グループなんですけど、1人が女王蜂で、あとはみんな働き蜂。あと、メルヘンロックアイドルがコンセプトで、私はメルヘン担当でもあります。

『CHEERZ HOUSE』結城みゆ(蜂蜜☆皇帝)得田あいり(なめんなよ原宿)山田如凜(DOPING BERRY)共同インタビュー
左から:得田あいり/結城みゆ
/山田如凜

得田あいり:なめんなよ原宿の得田あいりです。北海道から3ヶ月前に上京してきました。なめんなよ原宿は5人組のなめ猫公式アイドルグループです。

山田如凜:DOPING BERRYのりんぷもらこと山田如凜です。BERRYが苺りなはむ(BPM15Q/ex.BiS)のことで、りなはむをDOPINGアイテムにして大きくなろうとしているグループです(笑)。私はセンターを任せてもらっています。

--みんなそれぞれなんでアイドルになろうと思ったんですか?

結城みゆ:アイドルになっている皆さんは「アイドルが好き」という方が多いと思うんですけど、私は小中学生の頃はメガネかけてショートヘアでアイドルとは無縁な感じで。でも友達がしょこたん(中川翔子)の本を読んでたり、それでアイドルの存在を知って、元モーニング娘。の久住小春さんを好きになって、そこからいろんなアイドルを知っていって、気付いたら普通にアイドルオタクになってたんです(笑)。今も好きなアイドルさんと共演するときは、普通にチェキを撮りに行くんですよ。それぐらいアイドルは好きで、自分もアイドルになりました。憧れだったアイドルさんとどんどん同じステージに立つのが夢です。あと、なんだかんだ5.6年ぐらいアイドルをやってるんですけど、蜂蜜☆皇帝が私にとって最後のチャンスだと思って頑張ってます。

得田あいり:私もアイドルが好きで、アイドルになりたくて、海を越えてやって来ました。私はAKB48の前田敦子さんを一番最初に好きになったんです。笑顔が可愛いし、絶対的センターだったし、あっちゃんが居ないと物足りないなと思わせる存在感が凄いと思っていて、私もなめんなよ原宿でそういう存在になりたいと思ってます。

山田如凜:私は中学1年生のときから自分の好きなものを誰かに見てほしくて、ずっとブログをやってたんですよ。そのブログにりなはむから連絡が来たのがきっかけでアイドルをやりはじめました。そこから某アイドルグループで高校3年まで活動してて。で、一般人になりたくて一回辞めて、地元の富山で1年間暮らしてたんですけど、またりなはむから声がかかってストロベリー症候群というガールズバンドで活動しはじめました。そのときににりなはむが開催していたアイドルグループのオーディションを受けて今はDOPING BERRYで活動しています。

--アイドルになるまではどんな女の子だったの?

『CHEERZ HOUSE』結城みゆ(蜂蜜☆皇帝)得田あいり(なめんなよ原宿)山田如凜(DOPING BERRY)共同インタビュー
▲結城みゆ

結城みゆ:地味でしたね。赤いメガネをかけていたので、先輩に「アラレちゃん」って呼ばれてました。でもアイドルを好きになってから性格が変わって、友達とかも結構増えて、元々すごく人見知りなんですけど、アイドルのおかげで自分からちょっとだけ話しかけられるようになって、コミュニケーションが取れるようになったんです。それまでは目が合っても喋らなかったりして、蜂蜜☆皇帝の女王蜂とは5年ぐらいの付き合いになるんですけど、初めて会ったときはチラッと目が合っても私はすぐ下を向いたりしてて、「あの頃は絶対に仲良くなれないと思ってた」って言われました(笑)。

得田あいり:私はバスケ部やバレー部に入ってて、ずっとスポーツ少女でした。体育も毎回全力。命懸けてました。ドッヂボールとかでも男子には負けないし、リレーの選手にも選ばれていて。髪の毛もバッサリ、剛力彩芽さんみたいな。ボーイッシュだったからスカートもあんまり穿かない感じだったんですけど、アイドルに憧れてからはスカートも穿くようになりました。部活ではキャプテンもやっていたので、当時の部員が今の私を見たら「キャ、キャプテン?」ってなると思います(笑)。

山田如凜:私は小学生の頃から学校に全然行ってなかったんですけど、習い事はたくさんしていて。その頃からやりたいことだけをやりたい子で、勉強は別にやりたくなかったから小学校も中学校も全く行ってなくて、そしたらこうなってました(笑)。私は踊ることが大好きだったので、よさこいとかチアリーディングとか……

--よさこいとかチアリーディングとか……ってめちゃくちゃ幅広いですね!

『CHEERZ HOUSE』結城みゆ(蜂蜜☆皇帝)得田あいり(なめんなよ原宿)山田如凜(DOPING BERRY)共同インタビュー
▲山田如凜

山田如凜:新体操やヒップホップもやってました。で、中学生になったらファッションが大好きになって、その頃ギャルが流行っていたんで、もうずっと家でギャルメイクの練習したり、ギャルの友達と遊んだり。

--いわゆるギャルサー?

山田如凜:みたいなのを富山でやってました(笑)。小学生の頃から髪の毛染めたりしてたので、たまに学校行ってもみんなに嫌われていたので、ミクシィで知り合った他校の子と遊んでましたね。

--今、アイドルをやっていることを友達は知っていたりするの?

結城みゆ:知ってます。私は25歳なんですけど、周りはもう結婚していたり、子供もいたりするので「まだやってるんだ?」って言われます。家族はもう半ば諦めてくれていて「やりたいことやればいいんじゃない?」って感じなんですけど、友達には「まだやってるの? 大丈夫?」って(笑)。でもたまにライブに来てくれる友達は「思っていたより凄いね」って言ってくれますね。

得田あいり:私は親友には言ってるんですけど、最初は「アイドルになる為に上京する」って言ったらビックリしてました。でも今は応援してくれてます。

山田如凜:私がアイドルやってることはみんな知ってます。ワンマンライブとかあると絶対に来てくれる。

--家族も応援はしてくれているんですか?

山田如凜:めっちゃ応援してくれてます。グッズとか出たら毎回買ってくれて、チェキ会とかも来ます。家族が十数人連れてやってきて、それで長蛇の列みたいな(笑)。横断幕とかも作ってくれて、田舎の運動会っぽいんですけど、いつも来てくれるから嬉しいです。あと、私のママにオタクが土下座して「結婚してください」って言ってたりします。

『CHEERZ HOUSE』結城みゆ(蜂蜜☆皇帝)得田あいり(なめんなよ原宿)山田如凜(DOPING BERRY)共同インタビュー
▲得田あいり

一同:(笑)

得田あいり:私も応援してもらってます。アイドル活動の為に北海道から送り出してくれたお母さんをワンマンライブに呼ぶのが目標です。私、北海道の北見市っていう札幌までバスで5時間かかる田舎に住んでたから、絶対東京になんて行けないと思っていたんですけど、今回こうしてチャンスを頂いたから東京まで来れたし、応援してくれてるお母さんの為にも頑張りたいです。

結城みゆ:ウチはお父さんには認めてもらってないです。蜂蜜☆皇帝に入るときに「まだやるのか? 俺には分からん!」ってすごく怒られて、でも「私はやりたいからやる!」って今やってるんですけど、ライブに誘っても「行かない」みたいな。お母さんはライブにも全然来てくれて、チェキ撮りにも来るし、「なんでお母さんと撮るんだろう?」って思うんですけど(笑)、嬉しいですね。あとはお父さんに認めてもらえれば……でももう売れるしかないなって。それで「自分の娘がこんなに凄くなったのか」って思ってもらう。今はその為にも突き進んでいくしかないなって思ってます。

NEXT PAGE
  1. Episode 02.Become a longing of idle(憧れのアイドルになってみて)
  2. Next >

Episode 02.Become a longing of idle(憧れのアイドルになってみて)

--実際にアイドルになってみてどうですか?

結城みゆ:今が一番楽しいです。蜂蜜☆皇帝に入って約1年経つんですけど、今のメンバーと出逢えてすごく良かったなって。今のメンバーじゃなかったら続けられてないと思うぐらい。あと、アイドルってキラキラした存在じゃないですか。みんなそれに憧れて「アイドルになりたい!」ってなると思うんですけど、いろんな人が支えてくれて、ファンのみんなが応援してくれなければ、実際にそういう存在にはなれない。みんなのおかげでステージに立てているんだって最近すごく実感します。ライブするのがすごく好きで、でもライブはひとりじゃ出来ないから、最近はその幸せを噛み締めてステージに立ってますね。だから楽しいです!

得田あいり:まだ私はアイドルになったばかりなんですけど、本当に最初の頃はダメダメでした。でも今は全力過ぎて、ライブ終わった後もずっと汗が引かなくて、前髪とかも固まってるぐらいの感じなんですけど(笑)、すごく楽しいです。自分のメンバーカラーのサイリウムとか持ってくれている景色とか見ると、その景色ってずっと田舎のテレビで観てて憧れていたものだったので、すごく感動しますし、もっと大きい会場でその景色が見られるように頑張りたいなって思います。

山田如凜:前のグループを辞めるときは「もうアイドル自体辞めよう。一般人になりたい」と思っていたんですけど…

『CHEERZ HOUSE』結城みゆ(蜂蜜☆皇帝)得田あいり(なめんなよ原宿)山田如凜(DOPING BERRY)共同インタビュー
▲左から:結城みゆ/得田あいり
/山田如凜

--そもそもなんで辞めようと思ったんですか?

山田如凜:新メンバーが入ってくるのがイヤで(笑)。

--分かりやすい(笑)。

山田如凜:3年間、初期から同じメンバーで作り上げてきたグループだったから「今のメンバーでやれないんだったら辞めたい」と思って。それと、ファッションの道に集中したいなとも思っていたんですよ。でもアイドル辞めてもステージに立っていたときの感触が忘れられなくて、途方に暮れてて(笑)。そんなときにりなはむからまたチャンスをもらって、まだDOPING BERRYとしては短い期間しか活動してないんですけど、今応援してくれている人たちがいることも嬉しいし、私たちだけじゃなくオタクのみんなとライブを作り上げている感じが好きで、毎回どんどん良くなっていくから「もうステージから降りたくないな」って今は思ってますし、ラストチャンスだと思って今の活動に懸けてます。

--アイドルをやっていてどんなことが大変だったりしますか?

得田あいり:私はまだ駆け出しだから「お客さんをどう集めよう?」とか「どう宣伝しよう?」って悩んだりします。ツイッター用の画像作ったりするのも結構大変だなって。でも楽しいです! 楽しい気持ちのほうが強いです。

『CHEERZ HOUSE』結城みゆ(蜂蜜☆皇帝)得田あいり(なめんなよ原宿)山田如凜(DOPING BERRY)共同インタビュー
▲左から:結城みゆ/得田あいり
/山田如凜

結城みゆ:ライブで自分たちのお客さんはもちろん、他の界隈の人たちも盛り上がってくれたりもするんですけど、その他の界隈の人たちはどうしたら蜂蜜☆皇帝のファンになってくれるのかな?好きになってくれるのかな?みたいなことを凄い考えちゃって、そこが一番難しいなって。例えばライブ中にレスを送るじゃないですか。でも誰も自分のことを見てくれてないときがあるんですよ。指差しても違うところ見てるんですよ! 空気に指差ししてる。

--切ないですね(笑)。

結城みゆ:それが最近の悩みです。「見て!」って思うんですけど……でもそれは自分にオーラがないからだと思って、今はいろいろ模索してます。

山田如凜:大変なことですよね? ……オタクとの距離感(笑)。私、アイドル像というものが無くて、ありのままの自分過ぎるので、言いたいことをめっちゃ言っちゃって、それで泣いちゃう人とかもいて。「好き、好き」って言われると、「え、何?」って言っちゃうんですよ。「なんでそんなに好きなの?」って引いちゃうんです。

--それは泣きますよ。

一同:(笑)

山田如凜:私、ライブをしているところを好きになってほしくて、顔から入られたりとか、そういう人ってすぐ居なくなっちゃうから、難しいなって思います。距離感にいつも悩まされてます。

--では、アイドルになって一番良かったこと、嬉しかったこと。

結城みゆ:今年【SEKIGAHARA IDOLWARS 2016. -関ヶ原唄姫合戦-】というイベントに予選を全国2位で勝ち抜いて出させて頂いたんですけど、大きいステージから小さいステージまで4種類ぐらいあって、その全部のステージに立たせて頂けたのは嬉しかったです。

『CHEERZ HOUSE』結城みゆ(蜂蜜☆皇帝)得田あいり(なめんなよ原宿)山田如凜(DOPING BERRY)共同インタビュー
▲左から:結城みゆ/得田あいり

得田あいり:私は全部嬉しいです。ステージに立てることはすごく嬉しいし、こうやってビルボードジャパンさんにインタビューして頂けることも嬉しいし、CHEERZに参加できていることも嬉しいし……北海道から東京に出てきて、景色とかも違うし、生活が一変していること自体も嬉しいです。

山田如凜:今ライブできてることが嬉しいです。観てくれている人がいる、それが本当に嬉しくて、ライブって本当に楽しいなって最近思います。

--自分が所属してるアイドルグループはどんなグループだなと思いますか?

結城みゆ:蜂蜜☆皇帝は、岐阜発のメルヘンロックアイドルなんですけど、東京に遠征に来ると岐阜を知らない人が結構いて。だからまず岐阜を知ってもらいたいんです。なぜグループ名が蜂蜜☆皇帝かと言うと、岐阜には養蜂所がいっぱいあるからなんですよ。メルヘンロックアイドルは、女王蜂がロックロックしたやつが良いって言ってたんですけど、私ともうひとりがロックになりきれなくて「じゃあ、メルヘンロックにしよう」って(笑)。そういうアイドルが岐阜にいるということを全国に知らしめたくて頑張ってます。

山田如凜:DOPING BERRYは、りなはむが言ってる「ゆめかわいい」と日本の和。それを混合させた感じで、女の子からも「かわいい」って言ってもらえるような、いろんな人に観てもらえるような新しいジャンル感はあって。ライブも音楽もアイドルアイドルした王道ではないし、新しいものをこれからも作っていきたいなと思ってます。

得田あいり:なめんなよ原宿は、なめ猫公式アイドルグループだから衣装が学ランなんですよ。題名が「ざけんなよ」っていう曲もあって、それは一切笑わないで格好良く歌うんです。あと、ハチマキを着けてライブするんですよ。でも全力過ぎてほぼみんな取れてます(笑)。物販で売ってるTシャツも派手で全面なめ猫なんです。原宿のACDC RAGさんとのコラボ商品なんですけど……

--今日は写真も撮ってるんで、せっかくだからハチマキもTシャツも着用しましょうよ。

『CHEERZ HOUSE』結城みゆ(蜂蜜☆皇帝)得田あいり(なめんなよ原宿)山田如凜(DOPING BERRY)共同インタビュー
▲左から:結城みゆ/得田あいり

得田あいり:本当ですか?(バッグから取り出す)

一同:かわいい!

得田あいり:これ、外人さんのお客さんも喜んで着てくれてるんですよ!

--各グループで叶えたい目標とか夢があったら教えてください。

山田如凜:CD出したいです。遠征もしたいです。

結城みゆ:蜂蜜☆皇帝は、岐阜や名古屋ではもちろんなんですけど、全国的に「はちペラ」って覚えてもらいたいです。……「夢は武道館」とか言ったほうが良いですかね?

--思ってないなら言わなくていいですよ(笑)。

結城みゆ:こういうのってどう言っていいのか分かんないんですけど……でもみんなが笑っていたらそれでいいです。

『CHEERZ HOUSE』結城みゆ(蜂蜜☆皇帝)得田あいり(なめんなよ原宿)山田如凜(DOPING BERRY)共同インタビュー
▲得田あいり

一同:(笑)

得田あいり:なめんなよ原宿はまだ目標とか掲げられてないんですけど、私の目標はまずワンマンライブをやること。それに向けて全力で、なめんなよ!って感じで(笑)頑張ります。

--各グループの一番の武器、魅力って何だと思います?

山田如凜:かわいさ。

--普通、なかなか自分から言えないですよね(笑)。

山田如凜:ハハハ! でも顔ラン(顔のランク)は高いと思います。りなはむが厳選したメンバーなんで。

得田あいり:なめんなよ原宿は、衣装とかにも注目してもらいたいと思っていて、よく「なんで名前に原宿って入ってるの?」って聞かれるんですけど、原宿のファッションを取り入れたいからで、今再びなめ猫ブームが来ているので、なめんなよ原宿ブームも起こしたいと思ってます。

結城みゆ:ウチは全力さですかね。1時間ノンストップライブとかもやっていて、全力さは負けたくないです。なので、蜂蜜☆皇帝のライブは絶対観てほしいです。「働き蜂アンセム」っていう曲があるんですけど、女王蜂が真ん中で歌って、働き蜂が後からラップをするんですけど(笑)それもぜひ観てほしいです!

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. Episode 03.Closing~Go back to the members(メンバーのもとへ)
  3. Next >

Episode 03.Closing~Go back to the members(メンバーのもとへ)

--では、ここからはフリートークにしたいと思うんですが、それぞれ自分以外のアイドルに聞いてみたいことがあったらお願いします。

山田如凜:私たち、昨日、初めてケンカして……

--リアルな相談ですね。

一同:(笑)

山田如凜:ウチも5人組なんですけど、移動中とか2、2、1に分かれることが多くて、1人の子が「私、1なんだけど」みたいな。それでケンカしちゃったんですよ。どうすればいいですかね?

『CHEERZ HOUSE』結城みゆ(蜂蜜☆皇帝)得田あいり(なめんなよ原宿)山田如凜(DOPING BERRY)共同インタビュー
▲左から:得田あいり/山田如凜

結城みゆ:性格の問題じゃないですかね(笑)。

山田如凜:自然とそうなっちゃうんですよ。

結城みゆ:その1の子がどっちかに行ければいいですよね。

山田如凜:でもケンカしちゃったんですよ。

--寂しかったんじゃないですか。

山田如凜:だから「ごめんね」ってなって、みんな泣いてました。というか、グループ内でケンカすることってあります?

得田あいり:ないですけど、ライブ終わった後に注意し合うことはあります。

結城みゆ:言い合いはあります。思ったこと言って「でもあなただってこうじゃない?」みたいな。でも「じゃあ、直す」で終わります(笑)。

『CHEERZ HOUSE』結城みゆ(蜂蜜☆皇帝)得田あいり(なめんなよ原宿)山田如凜(DOPING BERRY)共同インタビュー
▲左から:結城みゆ/得田あいり
/山田如凜

--解決しました?

山田如凜:…………うん。

--してないよね(笑)。

山田如凜:あ、でも、私たちも言いたいことは言い合おうと思いました!

--得田さんからも質問ありますか?

得田あいり:(山田如凜を見て)髪の色が気になって……

一同:(笑)

得田あいり:他のメンバーさんもカラフルなんですか?

山田如凜:紫の子がひとりいます。髪の色とか厳しいですか?

結城みゆ:ウチは厳しくはないですけど、宣材写真とか撮るじゃないですか。そのときに撮った写真のままで行けとは言われます。ウチの女王蜂は髪が赤いんですけど、だからずっと赤。黒髪ロングの子も、ツインテールの子も、みんな浸透するまではそのまま変えないようにしてますね。ずっとその色なんですか?

山田如凜:私、今日からピンクなんですよ! 昨日まで茶色で、その前が金髪で……飽き性なんです(笑)。

--結城さんからも何か質問ありますか?

結城みゆ:すごくリアルな質問なんですけど、私はMCが苦手なんですよ。MCどうされていますか?

『CHEERZ HOUSE』結城みゆ(蜂蜜☆皇帝)得田あいり(なめんなよ原宿)山田如凜(DOPING BERRY)共同インタビュー
▲結城みゆ

山田如凜:私、MC担当なんですよ。

結城みゆ:アドバイスしてほしい!

山田如凜:ライブ中にフリートークの時間ってあるじゃないですか。そのトークテーマをいつも事前にみんなで決めてます。そのテーマで私が話を振っていって、最後にまとめる。

得田あいり:じゃあ、上手いんですね。

山田如凜:いや、みんなによく「無理やりだね」って言われます(笑)。

結城みゆ:私がMC作ると「つまらん」って言われるんですよ。言われ過ぎてすごい悩んでるんですよ! また「つまらん」って言われるんじゃないかと思うと怖くなっちゃって(笑)。それでマジメなMCとかやってみたんですけど、ちょっとネタ入れると「それ、つまんない」って。あと、MC中に「謎かけやろう!」って思ったんですけど……

--ハイレベル過ぎますよ(笑)。

結城みゆ:そうなんです! 全然思いつかなくて! でもひとつだけ思いついてメンバーに言ったら、ビックリするぐらいシーンとしちゃって。

--なんて言ったんですか?

結城みゆ:「10月」とかけまして「結城みゆ」と解きます。

『CHEERZ HOUSE』結城みゆ(蜂蜜☆皇帝)得田あいり(なめんなよ原宿)山田如凜(DOPING BERRY)共同インタビュー
▲左から:結城みゆ/得田あいり
/山田如凜

--その心は?

結城みゆ:どちらも「あき」を感じるでしょう。

一同:…………。

結城みゆ:って言ったらシーンとなっちゃって。

--まさに今の感じですよね(笑)。

結城みゆ:「つまんない」って言われました。

--なんでそれ言おうと思ったんですか?

結城みゆ:ウケると思ったんですよ! ファンの方に「勇気出して! 結城だけに!」って言ったときもシーンとしちゃって……

『CHEERZ HOUSE』結城みゆ(蜂蜜☆皇帝)得田あいり(なめんなよ原宿)山田如凜(DOPING BERRY)共同インタビュー
▲山田如凜

山田如凜:みんなで考えたほうがいいですよ。

一同:(笑)

--連帯責任にしちゃえばいいんですよね。そうすれば1人だけ「つまんない」とは言われずに済むという。

山田如凜:そうなんですよ!「みんなで考えた結果でしょ?」って(笑)。でも本当にみんなで考えたほうがいいと思う。じゃないと不安。

--そろそろ『CHEERZ HOUSE』から退出して頂かなければいけないのですが、今日こうして自分と別々のグループのアイドルさんと話してみていかがでした?

山田如凜:アイドルの方と喋る機会が本当にないので、新鮮でした。

結城みゆ:私は岐阜や名古屋で普段は活動しているんで、東京のアイドルさんとこんな風にお話する機会がないので、すごく刺激を受けました。なめんなよ原宿さんもDOPING BERRYさんもまだ対バンしたことがないので、ぜひこの3グループで対バンしてみたいです! 今日をきっかけに仲良くなりたいなって思います。

『CHEERZ HOUSE』結城みゆ(蜂蜜☆皇帝)得田あいり(なめんなよ原宿)山田如凜(DOPING BERRY)共同インタビュー
▲得田あいり

得田あいり:みんな私よりアイドル活動期間が長い先輩だから、すごく勉強になりました。私もいつか2人みたいにもっと語れるぐらい頑張りたいと思いました!

--では、最後に、これから先も夢を叶える為に共に戦っていく、自身が所属するアイドルグループのメンバーたちへメッセージをお願いします。

結城みゆ:まだまだ私たちは頑張っていかなきゃいけないと思うし、足りないところもあるので、もっとみんなで力を合わせて上へ行きましょう! リーダーでした。

得田あいり:みんなが活動していたところに私は加入したばかりなので、まだまだなところがあると思うんですけど、もっともっとガンガンやっていろんな目標をみんなと一緒に叶えていきたいし、あとは……いつもありがとう。じゃなく、なめんなよ(笑)!

『CHEERZ HOUSE』結城みゆ(蜂蜜☆皇帝)得田あいり(なめんなよ原宿)山田如凜(DOPING BERRY)共同インタビュー
▲結城みゆ

一同:(笑)

得田あいり:これからもよろしくお願いします!

山田如凜:まだ始まったばっかりのDOPING BERRYだけど、みんな「我が!我が!」で頑固過ぎるところもあるけど、逆にそれが良いところだと思うので、みんなで絶対売れようね。

『CHEERZ HOUSE』結城みゆ(蜂蜜☆皇帝)得田あいり(なめんなよ原宿)山田如凜(DOPING BERRY)共同インタビュー

Interviewer:平賀哲雄
Photo:Jumpei Yamada

関連キーワード

TAG

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    Billboard Japan Hot 100

  2. 2

    【先ヨミ】AAAの15周年ベストが104,289枚を売り上げアルバム首位独走中 BLACKNAZARENE/King Gnuが続く

  3. 3

    <ライブレポート>クリス・デイヴ、深化の一端を垣間見ることができる変則的で刺激的なビートに包まれた夜

  4. 4

    星野源「私」のMV公開、全編フィルムで撮影

  5. 5

    【先ヨミ】日向坂46『ソンナコトナイヨ』が492,160枚を売り上げシングル首位走行中 Lead/スタァライト九九組が続く

SPECIAL

インタビュー・タイムマシン

more

more

HOT IMAGES

注目の画像