Billboard JAPAN


Special

自身初の全米TOP20入りした新星ヘイリー・スタインフェルド 来日インタビュー



ヘイリー・スタインフェルド 来日インタビュー

 2010年公開のコーエン兄弟監督作『トゥルー・グリット』に出演し、14歳という若さで【アカデミー賞】助演女優賞にノミネートされた演技派女優、モデル、そしてシンガー、ヘイリー・スタインフェルド。『はじまりのうた』、『ピッチ・パーフェクト2』らの音楽映画への出演を経て、2015年8月にはシンガーとして本格的に始動。デビュー・シングル「ラヴ・マイセルフ」は、米ビルボード・ソング・チャート30位をマーク、同年11月にはEP『ヘイズ』をリリース。今年に入ると精力的にライブ活動も行いながら、DNCEとコラボした「Rock Bottom」を発表、ZEDDをフィーチャーした最新シングル「Starving」では自身最高位となる米ビルボード・ソング・チャート14位を記録した。10月には、今年3度目の来日を果たしたヘイリーに、「Starving」の制作秘話や初となったツアー生活について話を訊いた。

TOP Photo: Getty Images Entertainment

何に対しても110%で挑みたいタイプなの

−−今年3度目の来日ですね。何か楽しみにしていることはありますか?

ヘイリー・スタインフェルド:日本でパフォーマンスをするのは、いつも楽しみにしている。でも、一番楽しみなのは、やっぱりファンのみんなに会うことね。

−−これまで日本のフェスには何度か出演していますが、まだ単独公演は行っていないので、そちらも楽しみです。

ヘイリー:うん、次回はぜひ自分のソロ・ショーで来日できたらいいな、と思ってる。

−−先日まで、メーガン・トレーナーのUSツアーのオープニング・アクトを務めていましたね。ヘイリーにとって初のツアーだったと思いますが、感想は?

ヘイリー:そう、初めてのツアーで、とってもアメイジングだった!それもメーガンと一緒にツアーができるなんて。彼女は【グラミー賞】受賞経験も持っていて、大好きなアーティスト、ソングライターの一人だから、「一緒にツアーをしない?」って聞かれたとき、「これって現実!?」ってめちゃめちゃパニクっちゃった(笑)。毎晩、違う都市に向かい、ソールドアウトとなった会場で何千人もの観客の前でパフォーマンスして、素晴らしい経験になったわ。彼女のファンが、私のパフォーマンスを観て、ファンになってくれるのもすごく嬉しかった。同様に、私のファンでメーガンのファンになる子もいたし。メーガンと私は性格が似ていて、ヴァイブも似ていると思うんだ。そういうのを、目の当たりにできて、アメイジングだった。




−−ツアー中の日々のスケジュールは、どんな感じだったのですか?

ヘイリー:ショーは一日おきにあったんだけど、会場に着いたら取材を受けて、サウンドチェックとミート&グリートをやって、ご飯を食べて、ヴォーカルとダンスのウォームアップをして、ステージに上がるって、感じかな。

−−もちろん移動は、ツアーバスですよね。

ヘイリー:そう(笑)。これも人生初の経験だった。私はすごく興奮してたんだけど、みんなには「2週間ツアーバス生活を送れば、絶対飽きるから。」って言われてて。でも、個人的にはすごく気に入ったわ!ハードな面も当然あるけど。だって、それがライフスタイルになるわけだから。寝るのも、バスの中のベッドだったし。そういう状況になってみないと、自分のベッドで寝ることができるのが、どんなに幸せなことがわからないじゃない?私は、小さい頃から映画の撮影で1週間とか家を空けていたから、慣れているけど。でも、それが何か月間も続いたら、やっぱりキツイと思う。夜寝ていても、道がちょっとでもデコボコだと起きちゃうし、決して快適ではなかった。体が痛くなったりもするし。けれど、自分のツアーバスで移動したり、そういう生活ができたのはクールで、まったく不満はないわ。

−−今回のツアーを経て学んだ、やるべきこと、やってはNGなことは何かありましたか?

ヘイリー:やるべきことは、キャンドルを持っていくこと。第一に…同じバスにライブ後の人間がたくさんいると…言いたことわかるよね(笑)?

−−汗の匂いとか、気になりますよね…。

ヘイリー:あと、食べ物を調理すると、バス中がその匂いになっちゃうでしょ。お家に置いているキャンドルと同じ香りのものを、いつも持ち歩いているの。どこにいても、そのキャンドルを灯すとお家の匂いがして落ち着くから。NGなことは…。

−−あまりハメを外しすぎないとか?

ヘイリー:私、パーティーとか全然興味ないから、その点は大丈夫よ!

−−バスの中で、みんなでよく聴いていた曲や音楽は?

ヘイリー:Spotifyの「Today's Top Hits」と「New Music Friday」のプレイリストがメインかな。それか誰かがハマってる曲があれば、それをずっと繰り返し、来る日も来る日も聴いてた。

−−たとえば?

ヘイリー:マーティン・ギャリックスとベベ・レクサの「In The Name Of Love」。あの曲は死ぬほど聴いた。それと「Cold Water」。あともう1曲あったんだけど…思い出せないな。




−−ツアー中に、曲作りを行うことはありましたか?

ヘイリー:そうね~、半々って感じかな。時間はあるけど…何に対しても110%で挑みたいタイプなの。今回は、初めてのツアーだったから、そっちにエネルギーを費やして、要領を覚えようと必死だった。移動日やオフの日も、ずっと仕事をしていたし。音楽を作るときは腰を据えて、作業に集中したい。インスピレーションが降りてきて、友達に「いいアイディアが浮かんだから、それを元にデモを作ってほしい。」ってことはあったけど。曲作りに近いことを行ったのは、それぐらいかな。

−−では、人前で歌ったり、パフォーマンスする上で、どのように自信をつけていったのですか?やはり、レコーディング・スタジオやセットで歌うのとは違いますよね。

ヘイリー:大抵のアーティストにとって、最初はスタジオでしか歌ったことがない期間があるわよね。その時はレコーディングに集中しているから、それらの曲をその後ライブやTVで生で披露するなんて…ましてその場所だって、小さなインティメイトなものから巨大なライブ会場まで様々。そういったことは、まったく考えていなかった。ある日パフォーマンスする日が来るんだろうな、それってクレイジーだな、とかふんわり思っていたけど、その程度に留まっていた。ツアー、NYでの『レイト・ショー』の番組収録、日本の音楽フェスとか、具体的なイメージは湧いていなかった。

 大切なのは、繰り返し、何度もやってみることね。その点、今回のツアーでの経験はとても役に立った。ルチーン化して体を慣れさせることで、自信をつけることができた。正直な話、【Untouchableツアー】初日と最終日のパフォーマンスではまるで別人のようだった。自信がついて、満足がいくパフォーマンスができるようになったし、そのおかげで楽しむことができるようになって、ライブをすることに抵抗がなくなり、愛着がわいたの。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 日常に音楽が溢れてるのって、当たり前のようだけど本当はそうじゃない
  3. Next >

日常に音楽が溢れてるのって、当たり前のようだけど本当はそうじゃない

−−デビューEP『HAIZ』のリリースからもうすぐ1年が経ちます。アーティストとして新たなスタートを切って経験したことで、一番驚いたのは何でしょう?

ヘイリー:映画の場合は、撮影に入る時に大体クランクアップの時期がわかってる。たとえば、撮影が3か月間だとしたら、2か月半経った頃には、この日に撮影が終わって帰るんだ、ってプロジェクトのタイムラインが見えてる。でも、音楽の場合はそれがない。世界中の都市を巡っていて、その先々でプロモーション・ツアーがさらに延長された、って連絡きて、まるで終わりが見えないカオスよ!こんなこと、まったく予想していなかったから、本当にクレイジー。映画はスケジュールがきっちり決まっているけど、音楽の場合は次から次へ、って感じね。

−−そして、最新シングル「Starving」が、米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”でTOP20位圏内まで上昇し、ヘイリーにとってチャートイン最高位の曲となりました。

ヘイリー:本当にクレイジーよ!1年前にデビュー・シングルをリリースした時、セールスとかチャートについて色々な話を訊いたんだけど、誰もがチャートインしたい音楽チャートが“Hot 100”なんだ、って言われた。私は、常に色々な国を飛び回っていて、チャートやセールスを頻繁にチェックできないから、ファンの子たちからのツイートや友達からのメッセージから、今週何位にチャートインしたか知ることが多いけど、“Hot 100”にランクインしたと聞いたときは本当に驚いた。この曲が、ほぼ2ndシングルだから余計に。

−−TOP20というのは、一つの節目ですしね。

ヘイリー:本当にそう。オーマイガッド!光栄だわ。




−−それに、ラジオや公共の場で自分の曲が流れると嬉しいものですよね。

ヘイリー:うん!移動中の車中では、必ず音楽を流している。自分にも当てはまることなんだけど…日常に音楽が溢れてるのって、当たり前のようだけど本当はそうじゃない。渋滞にはまってイライラしていても、車のスピーカーからグレイトな音楽が流れてきたら、気分がアガルじゃない?その場限りかもしれないけど、その瞬間にその曲が流れたことで少しでもハッピーになれたということが重要。些細かもしれないけど、その人の記憶に残ったわけだから。音楽と記憶って、とても強いつながりを持っていて、曲を聴いた時の匂いまで喚起させる場合もある。私は小さい頃から色々なオーディションに出向いていたから、車で過ごす時間が多かった。それは今も変わらなくて、打ち合わせ、撮影スタジオ、レコード会社…そういった場所を絶え間なく行き来している。そんな時に、自分の曲がスピーカーから流れてくると、これまで努力してきた甲斐があったんだ、ってすごく嬉しい。

−−メロウで大人っぽいサウンドに仕上がっていますが、どのように形になっていったのですか?

ヘイリー:ある日ZEDDから、「新曲があるんだけど、素晴らしいから是非聴いてもらいたい。」ってメッセージをもらったから、「じゃあ、送ってくれる?」って答えたら、「直接会って聴いてほしい。」って言われた。返事をする前に、そう返信してくるんじゃないかな、と半分思ってたら、その通りだった(笑)。自分が同じ立場だったら、「来てほしい。」って絶対言ってたから。そこで、その日の仕事が終わってから、彼がいたスタジオに向かったの。曲は案の定最高だったから、聴いた翌日からすぐに作業に取り掛かった。その時にZEDDがグレイを紹介してくれて、1日で仕上げたわ。アコースティックのデモから、あの曲になるまでのプロセスはアメイジングだった。聴くたびに、何か発見があるの。ZEDDと一緒にスタジオで完成したトラックを聴いた時、そのディテールに感激したのも憶えてる。彼らのような仕事をする人たちには、尊敬しかない―どのような過程を経て、どのように曲が具現化されるか。そして、その創造力。サウンド的に、自分にピタリとハマるものが完成したと思っているし、この曲を歌えてとっても嬉しいわ。




−−それでは、気になるデビュー・アルバムについて話せることがあれば教えてください。

ヘイリー:作業は進んでいる。初めてのプロセスであるとともに、デビュー・アルバムは自分を印象付けるとても重要なもの。だからハードなの。アーティスト、人として、そして音楽的に常に成長していて、それがストップすることはない。だから、どこで区切ったらいいか、分からなくて(笑)。どんどん才能を伸ばしていきたいの。けれど、それだと埒が明かないから、近々リリースするのは間違いない。発売されたら、アルバムを引っさげたツアーをするのが待ちきれない。その時は、日本にも絶対戻ってきたい!

−−収録曲のテーマに関しては、どのようなことを探求していますか?

ヘイリー:19歳であること…「Love Myself」では、世の中において自分の居場所を探すのには、自信を持つことが大切だ、と歌った。あとは人間関係や友情について―大学に行く友達がいたり、人と音信不通になったり、19歳で経験する感情が詰まっている。行く先々の都市で、常に得ているインスピレーション、そして家族や友人。とにかく色々あるわ。むしろ多すぎるぐらいだから、カットしなきゃいけない部分もあるわね。

−−ミュージシャンとしての道が開かれたことで、演技へのアプローチに変化はありましたか?

ヘイリー:役作りのプロセスと準備に、音楽はずっと欠かせないものだったから、むしろ反対のような気がする。スタジオに入った時、前日起こった出来事が何かあれば、それについて歌えるけど、何もひらめかず時間ばかり過ぎていくような時に、過去に演じた役を思い出してみて、その役として経験したことや感じたことを活かせるのは有益ね。個人的にすごく共感できた役も演じてきた、まぁ、そこが役を受ける、または役に選ばれたポイントでもあるけど。お互い実際に歩んできた人生は全く違うけど、共感できる。そういう様々な視点から曲を作り上げていくのは、すごくアメイジングで、エキサイティングよ。




−−そういえば『Pitch Perfect 3』にも出演するんですよね?

ヘイリー:そうよ。まだ撮影も始まってないし、脚本ももらってないけど。多分、まだ誰も脚本を見ていないんじゃないかな。来年初頭に撮影に入れたら、って感じかな。

−−俳優、シンガー、モデルと、様々な顔を持っていますが、ロール・モデルはいますか?

ヘイリー:華麗にやり遂げていて、尊敬する人は、たくさんいるわ!ジェニファー・ハドソン、ジャスティン・ティンバーレイク、ジェイミー・フォックス。ビヨンセだってそうよ。演技と音楽は、れっきとしたアートフォームで、それらを通じて自分を表現することができるのはアメイジングで、クリエイティヴ面において満たされる。だから、両方やり続けることができたらいいな、と思ってる。

関連キーワード

TAG

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    BTS、ベストアルバム全7形態のジャケット写真&ニュービジュアルを公開

  2. 2

    BTS、マクドナルドとのコラボを発表

  3. 3

    <ライブレポート>斉藤由貴にしか生み出せない独創性と時代を超えた普遍性を持つ楽曲の魅力を表現した贅沢なステージ

  4. 4

    SEVENTEEN、新曲「ひとりじゃない」MV公開

  5. 5

    <ライブレポート>Official髭男dism、ファンとメンバーが選んだ名曲揃いのFCライブ開催

HOT IMAGES

注目の画像