Billboard JAPAN


Special Contents

スコット&リバース来日インタビュー スーパー“J-POP”ユニットが新章スタート!

 先月8月20~21日に行われた【SUMMER SONIC 2016】。その舞台に米人気バンド、ウィーザーが登場した裏で、とある“スーパー・グループ”もまた2年ぶりの日本ライブを実現した。スコット&リバース(通称:スコリバ)。ウィーザーのフロントマン、リバース・クオモとアリスターやMONOEYESで活躍するスコット・マーフィーによる “J-POP”ユニットだ。スコリバはサマソニ後の8月24日、渋谷・WWWにて公演。中尾憲太郎(ベース)、山口美代子(ドラム)等の強力バックアップに加え、ウィーザーのブライアン・ベル(ギター)も登場した公演には、彼らの帰還を待ち望んでいた大勢のファンも詰めかけた。

 そんな久々の日本ライブの前の8月10日、スコリバはMONGOL 800のキヨサクを招いた「Doo Wop」、そしてRIP SLYMEのPESを招いた「FUN IN THE SUN」の二曲をデジタル・リリース。日本語で歌うことにこだわり、J-POPの自由さに惹かれたというスコリバの方針はそのままに、さらに自らの発想と音楽性を拡げたその二曲は、バンドの新章到来の合図でもある。今回は、そんなスコットとリバースの二人に多忙の合間を縫ってインタビュー。新曲はもちろん、日米それぞれを拠点に活動する二人が見たそれぞれの地の音楽シーンの現在、そして、来るべきセカンド・アルバムについて話を聞いた。

日本に住むスコットとロスに住むリバース

――先日のライヴ、すごく楽しかったです。で、そのときにひとつ気になったんですが、ライヴの終盤でちいさな女の子ふたりがキーボードを演奏していましたよね。あの子達は何者?

リバース:私の娘と、友達です。

スコット:そうそう。僕とリバースの娘(笑)。

――いつの間にか、お子さんまで(笑)。

リバース:あははは(笑)。私は、日本人の妻と結婚してます。だから、私は日本の音楽を作りたかった。

――なるほど。では、こうしてスコリバの楽曲をつくるとき、お二人はどんなところにいちばん気を使いますか。

リバース:I think…やっぱり歌詞です。日本語。

スコット:うん、歌詞だよね。僕らにとって、日本語は母国語じゃないから、自然にでてこないんです。だから、いっぱい考えないといけない。僕の日本語も、完璧じゃないから。

リバース:スコット、まだ完璧じゃないですか?

スコット:まだだよ(笑)。だから、言葉のチョイスにはすごく時間がかかりますね。

リバース:でも、スコットの歌詞はすごくいいです。妻がそう言ってました。

――リバースさんの奥様も、スコリバの歌詞をチェックされてるんですね。

リバース:はい、いつもチェックしてます。

スコット:まだ一回もダメだとは言われてないよね。「いつ言われるんだろう?」って思ってるんだけど(笑)。

写真
2016.08.24 スコット&リバース @ 渋谷WWW

left left left 

――じゃあ、曲づくりの工程なんかは、他のバンドをやるときとそれほど変わらない?

スコット:いや、ぜんぜん違います。いちばん他と違うのは、レコーディングのやり方。いま僕は東京に住んでて、リバースはロスにいるから、それはすごく大変。

――そういえば、いまスコットさんは渋谷近辺にお住まいなんだとか。なぜ渋谷を選んだんですか。

スコット:もともと僕はシカゴに住んでいたので、ビッグ・シティがよかった。だから、最初は新宿に住んでいたんだけど、新宿はちょっと合わなくて…。ごめん、新宿。

――(笑)。

スコット:なんか、新宿は働くひとの街って感じがしたんだ。もちろん、歌舞伎町とかは別だけど。でも、渋谷はなんでもあるよね。夜遅くまで開いてるバーもあるから、それが便利です。

リバース:東京に住んでいると、何が不便ですか?

スコット:うーん、車が運転できないことかな。

リバース:え、なんで車がないですか?

スコット:だって、スペースがないから。それに、道が超せまいでしょ?

リバース:うん、狭い。すごく怖いね。

スコット:そう、怖い。それに僕はお酒も呑むからね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 目指すは渋谷タワレコの1階
  3. Next >
目指すは渋谷タワレコの1階

――リバースさんはロスを拠点とされていますが、リバースさんは以前から「今のアメリカの音楽はあまりおもしろくない」とおっしゃってましたよね。そうした実感は、今でも変わらないんでしょうか。

リバース:はい。日本のシーンのほうが、私に自由をくれます。日本の音楽は、もっとコンプレックス(複雑)でおもしろい。でも、たとえばスコット&リバースの新曲予定曲「変わらぬ想い」は、多分アメリカでは無理だと思います。観客が、よくわかりません。

スコット:ついていけないってことだよね?

――曲の構成や展開がコンプレックス(複雑)すぎるってこと?

リバース:イエス。

――なるほど。一方で、「日本の音楽は海外のマーケットに向けられていない。すごく内向きな音楽ばかりでつまらない」と考えるひともいると思うんですが。そうした考え方については、どう思いますか。

リバース:I think…もし日本の人がもっと英語で歌えたら、多分たくさんの若いアメリカ人は、日本の音楽がもっと好きになると思います。


スコット:そうだね。なんでアメリカで流行らないかっていうと、それは日本語がわからないからで。

リバース:アメリカ人は英語で聴きたいから。あ、でも、コリアのPSYもいました…。

――ああ、「江南(カンナム)スタイル」ですね。たしかにあの曲は韓国語でした。

リバース:うん。あれ、不思議です。

スコット:でも、あれはMVの力だったんじゃない?

――では、お二人がいま興味深いと感じている日本の音楽をいくつか教えていただけますか。

スコット:the HIATUS。すごくメロディがよいロック。

リバース:the HIATUSとELLEGARDEN、どっちがいい?


スコット:どっちも好きだよ(笑)。

――じゃあ、リバースさんは?

リバース:「ヒロイン」。

――ヒロイン?

スコット:back numberでしょ?

リバース:イエス(笑)。あとは、BABYMETAL、チャットモンチー、ユーミン、BoA、Perfume。どれも、いいメロディです。キャッチー。すごく感動する。

――なるほど。では、今回のシングルでコラボレーションされたキヨサクさん(MONGOL800)とPESさん(RIP SLYME)には、それぞれどんな印象をもたれていますか。

スコット:「FUN IN THE SUN」は、ラップを入れてみたらおもしろくなるかなと思って。日本のヒップホップ・バンドをリストアップしたんです。それで、もしRIP SLYMEとやれたらいいなって。


リバース:RIP SLYME、大好きです。ちょうどいい。

――MONGOL800のキヨサクさんについては?

リバース:モンパチ! とてもクールな声。

スコット:低くて、印象的な声だよね。


▲Scott & Rivers 「Doo Wop feat.キヨサク(MONGOL800)」


――では、いま制作中だというセカンド・アルバムでは、その他にもゲストを呼んでいたりするんですか。

リバース:女性アーティストにも参加してもらいたいと思います。ロマンチック・バラードを私と彼女が歌う。

スコット:ねえ、僕もそこに入れてよ(笑)。

リバース:うーん。ちょっと混んでいます。だから無理(笑)。

――(笑)。では、最後に。スコリバの目下の目標を教えてください。それこそ先日のライヴでは、【COUNTDOWN JAPAN】や『紅白歌合戦』に出たいとおっしゃっていましたが。

リバース:渋谷タワー・レコーズの1階! でも、今は5階…。

スコット:邦楽セクションに置いてほしいってことだよね。

――なるほど。前作を出したときは洋楽扱いだったってことか。

スコット:うん。前回もがんばって日本語でつくったのに、洋楽セクションに置かれてて、それはすごくがっかりしたよね…。

リバース:イエス。だから、今度は1階!

スコット&リバースのサイン入りポラロイド写真を抽選で2名様にプレゼント!

写真

応募〆切:2016年9月14日(水)正午までに、Billboard JAPANの公式twitterアカウント(@Billboard_JAPAN)と洋楽専用アカウント(@BillboardJP_INT)を両方フォロー&ハッシュタグ#ScottRivers_PolaJPでツイートした読者の中から抽選で2名様に取材時に撮影したサイン入りポラロイド写真をプレゼント!下記注意事項を必ず確認の上、ふるってご応募下さい!

・写真は選べません。予めご了承ください。
・応募締め切りは、2016年9月14日(水)正午となります。
・当選者の方には、@Billboard_JAPANよりDMを送ります。当選時に@Billboard_JAPAN@BillboardJP_INTをフォローされていない場合、当選は無効となります。
・当選は発送をもって代えさせて頂きます。

関連キーワード

TAG

ニマイメ
Scott & Rivers「ニマイメ」
2017/04/12
[CD]
¥4,320(税込)
購入画面へ
ニマイメ
Scott & Rivers「ニマイメ」
2017/04/12
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
スコット と リバース
Scott & Rivers「スコット と リバース」
2013/03/20
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ

Chartsmore