Billboard JAPAN


Special Contents

ビーチ・ボーイズ来日記念 ジェフリー・フォスケット プレイリスト

top

 名盤『ペット・サウンズ』、全米 NO.1シングル「グッド・ヴァイブレーション」から50周年の今年、再びビルボードライブに登場するマイク・ラヴ率いるビーチ・ボーイズ。公演を直前に控えるメンバーの中から、ビーチ・ボーイズでの活動はもちろん、ソロとしても活躍するジェフリー・フォスケットに、感銘の受けた曲や、お気に入りの曲についてインタビューを敢行。「グッド・ヴァイブレーション」を含む珠玉の13曲は、エヴァー・グリーン・ミュージックの入門編とも言えるプレイリストになっているので、ファンならずとも是非チェックしていただきたい。

01. Glen Campbell - Wichita Lineman

“Along with Adios, this song is one of Jimmy Webb's best pieces of music. Al DeLory's Brilliant Production (along with the Wrecking Crew's stellar performance) and Glen's Masterfully, Plaintive Vocal put this song into a league of its own. A beautifully sung, brilliantly arranged and performed Jimmy Webb Classic!”

 「アディオス」に加え、この曲もジミー・ウェッブの最高傑作のひとつだね。アル・デローリーの見事なプロデュース(あと、ザ・レッキング・クルーの美しい演奏も)に、グレンの哀愁漂う素晴らしい歌声が一つになって、他の作品とは比べ物にならない素晴らしい作品に仕上がっている。歌もアレンジも演奏も全てが見事なジミー・ウェッブの最高傑作だ!

02. Marvin Gaye - What's Goin' On

“Although some songs written and recorded in this unique frame of history could be considered "time capsules of the Vietnam protest era", this record transcends that stigma because of Marvin's brilliant production and performance. This song is as relevant today as it was when recorded in summer 1970. I don't think there is a better groove on any song to this day!”

 歴史事実に触発されて制作された曲がこれまでいくつも書かれ、それらが「ベトナム反戦運動時代を表現したタイム・カプセル」と表現されることもあるが、この曲はこの歴史上の汚点をはるかに超える存在になっている。マーヴィンの楽曲作りに長けた才能とパフォーマンス力によるものだね。この曲は1970年の夏に作られたものだが、現在起こっている状況に、とても関連性がある。現今、この曲以上に素晴らしいグルーヴが存在するとは考えられないね。

03. The Beatles - Here Comes The Sun

“There is no question that George was overshadowed by Lennon and McCartney as a songwriter until the Abbey Road Album was released. I read that two of the top five most performed Beatle songs are GH penned songs, and this is one of them. Fantastic arrangement and production by George Martin and outstanding performance by all four Beatles. A rarity at that time in their career. Bravo Geroge's!”

 『アビィ・ロード』は発表されるまで、ジョージのソングライターとしての才能が脚光を浴びることが無かったのはジョンとポールのせいだということは、言うまでもないね。過去もっとも演奏されたビートルズの楽曲トップ5の内、2曲はジョージ作詞によるものだという記事を読んだことがあるが、この曲がその内の1曲になる。ジョージ・マーティンによる目覚ましい編曲とプロデュースに加え、メンバー4人の傑出した演奏。当時のビートルズとしては珍しいことだ。ブラボー、ジョージの作品に拍手を!

04. The Beach Boys - Good Vibrations

“Brian and Michael wrote perhaps the most advanced single ever to be recorded. Months in the making, recoding, performing, producing and editing, Good Vibrations stands alone in its ethos. This single is the Gold Standard to which all other records must be compared. You think I'm being superlative, go ahead and try recreating it, even with all of today's technology. Good Luck!”

 ブライアンとマイクが作り上げたこの曲は、歴史上、最もずば抜けた曲だろうね。レコーディングやら、編集やら、プロダクションに何か月も費やしたおかげで、この曲はモノ作り精神において他に比を見ないものだ。言い過ぎだと思ってる?そう思うならどうぞお好きに。なんなら現代の最新テクノロジーを駆使して再現してみなよ。まあ、頑張って!

05. The Righteous Brothers - Soul and Inspiration

“Bill Medley told me that when The Righteous Brothers split from producer Phil Spector, Bill phoned Barry Mann and asked him about the song that he and his wife Cynthia Weil had written as the "follow up to You've Lost That Lovin' Feeling. This was Bill Medley's first credit as a record producer. Although this song didn't achieve the stature of Lovin' Feeling, it still went to #1 and that's quite for a freshman at his craft!”

 元ボーカルのビル・メドレーから聞いた話なんだが、ライチャス・ブラザーズがプロデューサーのフィル・スペクターと決裂をした時に、ビルが作曲家のバリー・マンに電話をして、バリーと奥さんのシンシア・ワイルが“「ふられた気持」の続編”として書いたこの曲について聞いたらしい。この曲はビルがレコード・プロデューサーとして初めてクレジットされた作品となったんだ。「ふられた気持」ほど評価されなかったけれど、全米でナンバーワンを取ったし、初めてにしてはとてもいい出来じゃないか!

06. Henry Mancini - The Pink Panther

“Silky Smooth in it's performance and production, Henry Mancini wrote a masterpiece. Albeit the movie was brilliantly funny, I truly believe that a big part of the movie's success was this astounding theme song. The Academy thought so too and awarded Henry the Oscar for Best Original Song in a Movie. Along with Mancini's incredible writing and production, credit must be given to the extremely talented Plas Johnson for his performance on Tenor Sax. Plas' performance on this song inspired many people to take notice of the Saxophone and want to play one in their High School Band.”

 この曲には絹のような、なめらかさが表現され、ヘンリーはまた一つ傑作を作った。映画『ピンクの豹』は滑稽で、この映画が成功したのはこの素晴らしいテーマ曲のおかげだと私は思っている。アカデミー会員もそう思ったんだろうね。彼はこの曲で優秀作曲賞にノミネートされたんだ。彼の並外れた作曲技能に加え、テナー・サックスを披露している才能豊かなプラス・ジョンソンにも称賛を送るよ。彼の演奏がきっかけで、サックスが幅広く知られ、誰もが高校のブラスバンドでサックス担当になりたいと思ったものだ。

07. Chuck Berry - No Particular Place To Go

“A more clever rhyming lyricist does not exist. Couple that with his completely innovative guitar playing style and you have the genesis of Rock and Roll. Chuck's gift to the world was his masterful guitar playing and rollicking lyrics that mostly told stories of teenage yearning and angst. This song is a classic example.”

 彼以上に優れたライミングの才能のある作詞家はいないよ。それに加え、革新的なギタープレイも具えた彼がロックンロールを誕生させたんだ。チャックに与えられた才能は卓越したギタープレイと、若者のあこがれや切望、不安を見事に表現した荒々しい歌詞に表れている。この曲はまさに最高傑作の一例と言える。

08. Garth Brooks - To Make You Feel My Love

“Is there a better wordsmith in the 20th Century than Bob Dylan? When I first heard that Garth was going to cut this song for the movie Hope Floats, I thought to myself "What an odd pairing" (especially with Don Was producing). Upon listening to the mastered record I applauded the brilliance... So much so that it inspired me recently to cut a version for someone very special.”

 ガース・ブルックス以上に言葉を巧みに操る人が、ボブ・ディラン以外に、20世紀に存在するかな? 彼が映画『微笑みをもう一度』(1998年)の楽曲を担当すると聞いたときは、「変な組み合わせだな?」と思ったんだ(プロデューサーがドン・ウォズだったからね)。でもマスターを聴いて、その素晴らしさに称賛したんだ。その素晴らしさと言ったら、個人的に、特別な誰かのためにこの歌をカバーしたいと強く思わせるくらいにね。

09. Neil Young - Long May You Run

“Neil wrote an updated "car song". Not unlike The Ballad of Ole' Betsy written and performed by The Beach Boys in 1963, Neil penned an ode to one of his favorite cars 13 years later. He even gives a nod to The Beach Boys by name in the last verse of his lyrics.”

 ニールが書いたこの曲は、1963年にビーチ・ボーイズが書いた「バラード・オブ・オール・ベッツィ」とは一味違った「車に捧げる」愛の歌だ。「バラード~」から13年後に書かれたこの曲は、彼の愛車コレクションの内の一台について歌った頌歌。私たちに賛同するかのように、曲中ではビーチ・ボーイズの名前が出てくるんだよ。

10. Mamas and the Papas - California Dreamin'

“Written in the middle of the night in New York City in 1963 by John and Michelle Phillips, this is one of California's State Theme songs (along with California Girls). Almost every band that I have performed in from my High School Bands to America and The Beach Boys have recorded versions and perform this song live. It's truly a Standard by anyones measure.”

 1963年、ニューヨークのとある深夜に、ジョンとミシェルのフィリップス夫妻が書き上げたこの曲は、カリフォルニアを象徴する歌の一つと言える(「カリフォルニア・ガールズ」もそうだね)。高校時代、僕が所属していたバンドを含む全米中の高校バンドが、この曲をカバーしたんだ。ビーチ・ボーイズもライブで演奏したり、レコーディングしたこともあるこの曲は、誰もがみな演奏した定番中の定番曲だ。

11. The Everly Brothers - Bowling Green

“I have loved the Everly Brothers since I first started listening to music. I think it was their totally unique harmony blend that first captured my ears. All of their songs feature that beautiful two part harmony. I first heard Bowling Green when I was at University. It was a fairly new song then and I was glad that The Everly's were still recording music. It's not as well known as most of their hits but every bit as beautiful and captivating.”

 私が音楽を聴き始めて以来、ずっとこのバンドが大好きだ。私が心奪われたのは、2パート組み合わさった彼らのユニークなハーモニーの融合だろう。「ボウリング・グリーン」を初めて聴いたのは大学時代。当時でもかなり最先端の音楽で、エヴァリー・ブラザーズがまだ活躍していることが嬉しかったな。数多くのヒット曲が存在しているだけじゃなく、それらの曲一つ一つが美しく、人の心を掴んで離さないことも魅力だね。

12. The Raspberries - I Wanna Be With You

“I saw The Raspberries in 1974 and I knew at that point that it was the closest I would ever get to seeing The Beatles perform live (or on Ed Sullivan). Great music, real Rock Stars, girls screaming ... It only perpetuated my desire to be a professional musician. In my opinion, I Wanna Be With You is their penultimate Rock Anthem. 3:05 seconds of Pure Power Pop with Eric Carmen's wailing lead vocal! D E L U X E !!!”

 1974年にラズベリーズを初めて見たとき、ビートルズ(もしくはエド・サリヴァン)のライブに一番近い存在だなって思ったんだ。音楽性もよくて、本物のロックスターで、女子が熱狂して…。プロになるという私の欲望を維持させてくれたバンドさ。この曲は彼らのロック・アンセム的な曲で、パワー・ポップとエリック・カルメンの迫力のある歌声が詰まった3分5秒のこの曲は豪華な一曲だ!

13. Eagles - My Man

“Definitely a sleeper in the Eagle's catalog, this is one of the few songs to feature Bernie Leadon on lead vocals. Bernie wrote the song about his friend and former band mate Graham Parsons. It's a beautiful melody with touching lyrics and most people don't even know it exists. Give this song a spin and you'll be happy that you did!”

 イーグルスの楽曲の中でもダーク・ホース的な存在といえるこの曲は、バーニー・レドンがリード・ボーカルを務める数少ない曲の内の一つだ。彼の友人であり、かつて一緒にバンド活動していたグラム・パーソンズに捧げたこの曲は、メロディがとても美しくて歌詞もジーンとくる。あまり多くの人に知られていなんじゃないかな。一回聴いてみてくれ、聴いてよかったって絶対思うはずだから!

Billboard JAPANのApple Musicプレイリストはこちらから>>>

ビーチ・ボーイズ「ペット・サウンズ(モノ&ステレオ) +1」

ペット・サウンズ(モノ&ステレオ) +1

2016/04/06 RELEASE
UICY-25595 ¥ 1,851(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.素敵じゃないか (MONO)
  2. 02.僕を信じて (MONO)
  3. 03.ザッツ・ノット・ミー (MONO)
  4. 04.ドント・トーク (MONO)
  5. 05.待ったこの日 (MONO)
  6. 06.少しの間 (MONO)
  7. 07.スループ・ジョン・B (MONO)
  8. 08.神のみぞ知る (MONO)
  9. 09.救いの道 (MONO)
  10. 10.ヒア・トゥデイ (MONO)
  11. 11.駄目な僕 (MONO)
  12. 12.ペット・サウンズ (MONO)
  13. 13.キャロライン・ノー (MONO)
  14. 14.ハング・オン・トゥ・ユア・エゴ (MONO) <ボーナス・トラック>
  15. 15.素敵じゃないか
  16. 16.僕を信じて
  17. 17.ザッツ・ノット・ミー
  18. 18.ドント・トーク
  19. 19.待ったこの日
  20. 20.少しの間
  21. 21.スループ・ジョン・B
  22. 22.神のみぞ知る
  23. 23.救いの道
  24. 24.ヒア・トゥデイ
  25. 25.駄目な僕
  26. 26.ペット・サウンズ
  27. 27.キャロライン・ノー

関連キーワード

TAG

関連商品

15ビッグ・ワンズ
ビーチ・ボーイズ「15ビッグ・ワンズ」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

オランダ
ビーチ・ボーイズ「オランダ」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

サーフズ・アップ
ビーチ・ボーイズ「サーフズ・アップ」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

サンフラワー
ビーチ・ボーイズ「サンフラワー」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

20/20 +2
ビーチ・ボーイズ「20/20 +2」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

フレンズ +3
ビーチ・ボーイズ「フレンズ +3」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

ワイルド・ハニー +1
ビーチ・ボーイズ「ワイルド・ハニー +1」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

スマイリー・スマイル +5
ビーチ・ボーイズ「スマイリー・スマイル +5」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

サマー・デイズ +3
ビーチ・ボーイズ「サマー・デイズ +3」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

トゥデイ +2
ビーチ・ボーイズ「トゥデイ +2」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

オール・サマー・ロング +3
ビーチ・ボーイズ「オール・サマー・ロング +3」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

リトル・デュース・クーペ +1
ビーチ・ボーイズ「リトル・デュース・クーペ +1」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

サーファー・ガール +2
ビーチ・ボーイズ「サーファー・ガール +2」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

サーフィン・U.S.A. +1
ビーチ・ボーイズ「サーフィン・U.S.A. +1」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

ノー・ピア・プレッシャー
ブライアン・ウィルソン「ノー・ピア・プレッシャー」

2015/04/08

[CD]

¥2,700(税込)

スマイリー・スマイル
ビーチ・ボーイズ「スマイリー・スマイル」

2014/12/03

[スーパーオーディオCD]

¥4,223(税込)

ペット・サウンズ
ビーチ・ボーイズ「ペット・サウンズ」

2014/12/03

[スーパーオーディオCD]

¥4,223(税込)

サマー・デイズ
ビーチ・ボーイズ「サマー・デイズ」

2014/12/03

[スーパーオーディオCD]

¥4,223(税込)

トゥデイ
ビーチ・ボーイズ「トゥデイ」

2014/12/03

[スーパーオーディオCD]

¥4,223(税込)

オール・サマー・ロング
ビーチ・ボーイズ「オール・サマー・ロング」

2014/12/03

[スーパーオーディオCD]

¥4,223(税込)

シャット・ダウン VOL.2
ビーチ・ボーイズ「シャット・ダウン VOL.2」

2014/12/03

[スーパーオーディオCD]

¥4,223(税込)

スマイリー・スマイル
ビーチ・ボーイズ「スマイリー・スマイル」

2014/12/03

[CD]

¥2,880(税込)

ペット・サウンズ
ビーチ・ボーイズ「ペット・サウンズ」

2014/12/03

[CD]

¥2,880(税込)

サマー・デイズ
ビーチ・ボーイズ「サマー・デイズ」

2014/12/03

[CD]

¥2,880(税込)

トゥデイ
ビーチ・ボーイズ「トゥデイ」

2014/12/03

[CD]

¥2,880(税込)

オール・サマー・ロング
ビーチ・ボーイズ「オール・サマー・ロング」

2014/12/03

[CD]

¥2,880(税込)

シャット・ダウン VOL.2
ビーチ・ボーイズ「シャット・ダウン VOL.2」

2014/12/03

[CD]

¥2,880(税込)

スマイリー・スマイル
ビーチ・ボーイズ「スマイリー・スマイル」

2014/12/03

[CD]

¥3,510(税込)

ペット・サウンズ
ビーチ・ボーイズ「ペット・サウンズ」

2014/12/03

[CD]

¥3,510(税込)

サマー・デイズ
ビーチ・ボーイズ「サマー・デイズ」

2014/12/03

[CD]

¥3,510(税込)

サーフィン・ミュージッック
(V.A.) ベンチャーズ ビーチ・ボーイズ ジャン&ディーン マーケッツ スーパー・ストックス サーファリス ファンタスティック・バギーズ「サーフィン・ミュージッック」

2014/06/25

[CD]

¥2,057(税込)

オールディーズ (ポップ編)
(V.A.) ビーチ・ボーイズ ジャン&ディーン ベンチャーズ ホンデルズ コニー・フランシス ポールとポーラ プラターズ「オールディーズ (ポップ編)」

2014/06/25

[CD]

¥2,057(税込)

NOW TV 2014
(V.A.) ビーチ・ボーイズ ビル・ヘイリーと彼のコメッツ カルチャー・クラブ アバ KISS エルトン・ジョン スウィング・アウト・シスター「NOW TV 2014」

2014/02/26

[CD]

¥2,376(税込)

幸せになるムービー・ソングス
(V.A.) シェネル ビーチ・ボーイズ サラ・ブライトマン KTタンストール プリシラ・アーン ホク エルヴィス・コステロ「幸せになるムービー・ソングス」

2013/10/16

[CD]

¥2,376(税込)

シー・ユー・ゼア
グレン・キャンベル「シー・ユー・ゼア」

2013/09/18

[CD]

¥2,916(税込)

カリフォルニアの夢
ビーチ・ボーイズ「カリフォルニアの夢」

2013/08/28

[CD]

¥17,280(税込)

カリフォルニアの夢
ビーチ・ボーイズ「カリフォルニアの夢」

2013/08/28

[CD]

¥17,280(税込)

素敵じゃないか
ビーチ・ボーイズ「素敵じゃないか」

2013/08/07

[CD]

¥1,028(税込)

素敵じゃないか
ビーチ・ボーイズ「素敵じゃないか」

2013/08/07

[CD]

¥1,028(税込)

“TODAY” Sessions
ザ・ビーチ・ボーイズ「“TODAY” Sessions」

2019/01/30

[CD]

¥2,484(税込)

グレイテスト・ヒッツ
ビーチ・ボーイズ「グレイテスト・ヒッツ」

2018/12/05

[CD]

¥1,500(税込)

イン・ザ・キー・オブ・ディズニー
ブライアン・ウィルソン「イン・ザ・キー・オブ・ディズニー」

2018/11/14

[CD]

¥2,700(税込)

アイク|ワン
アイク「アイク|ワン」

2017/01/25

[CD]

¥2,500(税込)

ペット・サウンズ・ストーリー
ビーチ・ボーイズ「ペット・サウンズ・ストーリー」

2016/10/26

[Blu-ray Disc]

¥5,292(税込)

ペット・サウンズ・ストーリー
ビーチ・ボーイズ「ペット・サウンズ・ストーリー」

2016/10/26

[DVD]

¥4,212(税込)

ウィチタ・ラインマン
グレン・キャンベル「ウィチタ・ラインマン」

2016/08/24

[CD]

¥1,944(税込)

恋はフェニックス
グレン・キャンベル「恋はフェニックス」

2016/08/24

[CD]

¥1,944(税込)

ジェントル・オン・マイ・マインド
グレン・キャンベル「ジェントル・オン・マイ・マインド」

2016/08/24

[CD]

¥1,944(税込)

15ビッグ・ワンズ
ビーチ・ボーイズ「15ビッグ・ワンズ」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

オランダ
ビーチ・ボーイズ「オランダ」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

サーフズ・アップ
ビーチ・ボーイズ「サーフズ・アップ」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

サンフラワー
ビーチ・ボーイズ「サンフラワー」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

20/20 +2
ビーチ・ボーイズ「20/20 +2」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

フレンズ +3
ビーチ・ボーイズ「フレンズ +3」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

ワイルド・ハニー +1
ビーチ・ボーイズ「ワイルド・ハニー +1」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

スマイリー・スマイル +5
ビーチ・ボーイズ「スマイリー・スマイル +5」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

サマー・デイズ +3
ビーチ・ボーイズ「サマー・デイズ +3」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

トゥデイ +2
ビーチ・ボーイズ「トゥデイ +2」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

オール・サマー・ロング +3
ビーチ・ボーイズ「オール・サマー・ロング +3」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

リトル・デュース・クーペ +1
ビーチ・ボーイズ「リトル・デュース・クーペ +1」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

サーファー・ガール +2
ビーチ・ボーイズ「サーファー・ガール +2」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

サーフィン・U.S.A. +1
ビーチ・ボーイズ「サーフィン・U.S.A. +1」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

サーフィン・サファリ +2
ビーチ・ボーイズ「サーフィン・サファリ +2」

2016/04/06

[CD]

¥1,851(税込)

イマジネーション
ブライアン・ウィルソン「イマジネーション」

2016/04/06

[CD]

¥1,400(税込)

ブライアン・ウィルソン
ブライアン・ウィルソン「ブライアン・ウィルソン」

2016/04/06

[CD]

¥1,400(税込)

エンドレス・ハーモニー
ビーチ・ボーイズ「エンドレス・ハーモニー」

2015/08/26

[DVD]

¥2,052(税込)

スマイリー・スマイル
ビーチ・ボーイズ「スマイリー・スマイル」

2014/12/03

[スーパーオーディオCD]

¥4,223(税込)

ペット・サウンズ
ビーチ・ボーイズ「ペット・サウンズ」

2014/12/03

[スーパーオーディオCD]

¥4,223(税込)

サマー・デイズ
ビーチ・ボーイズ「サマー・デイズ」

2014/12/03

[スーパーオーディオCD]

¥4,223(税込)

トゥデイ
ビーチ・ボーイズ「トゥデイ」

2014/12/03

[スーパーオーディオCD]

¥4,223(税込)

オール・サマー・ロング
ビーチ・ボーイズ「オール・サマー・ロング」

2014/12/03

[スーパーオーディオCD]

¥4,223(税込)

シャット・ダウン VOL.2
ビーチ・ボーイズ「シャット・ダウン VOL.2」

2014/12/03

[スーパーオーディオCD]

¥4,223(税込)

スマイリー・スマイル
ビーチ・ボーイズ「スマイリー・スマイル」

2014/12/03

[CD]

¥2,880(税込)

ペット・サウンズ
ビーチ・ボーイズ「ペット・サウンズ」

2014/12/03

[CD]

¥2,880(税込)

サマー・デイズ
ビーチ・ボーイズ「サマー・デイズ」

2014/12/03

[CD]

¥2,880(税込)

トゥデイ
ビーチ・ボーイズ「トゥデイ」

2014/12/03

[CD]

¥2,880(税込)

オール・サマー・ロング
ビーチ・ボーイズ「オール・サマー・ロング」

2014/12/03

[CD]

¥2,880(税込)

シャット・ダウン VOL.2
ビーチ・ボーイズ「シャット・ダウン VOL.2」

2014/12/03

[CD]

¥2,880(税込)

スマイリー・スマイル
ビーチ・ボーイズ「スマイリー・スマイル」

2014/12/03

[CD]

¥3,510(税込)

ペット・サウンズ
ビーチ・ボーイズ「ペット・サウンズ」

2014/12/03

[CD]

¥3,510(税込)

サマー・デイズ
ビーチ・ボーイズ「サマー・デイズ」

2014/12/03

[CD]

¥3,510(税込)

トゥデイ
ビーチ・ボーイズ「トゥデイ」

2014/12/03

[CD]

¥3,510(税込)

オール・サマー・ロング
ビーチ・ボーイズ「オール・サマー・ロング」

2014/12/03

[CD]

¥3,510(税込)

シャット・ダウン VOL.2
ビーチ・ボーイズ「シャット・ダウン VOL.2」

2014/12/03

[CD]

¥3,510(税込)

サーフィン・ミュージッック
(V.A.) ベンチャーズ ビーチ・ボーイズ ジャン&ディーン マーケッツ スーパー・ストックス サーファリス ファンタスティック・バギーズ「サーフィン・ミュージッック」

2014/06/25

[CD]

¥2,057(税込)

オールディーズ (ポップ編)
(V.A.) ビーチ・ボーイズ ジャン&ディーン ベンチャーズ ホンデルズ コニー・フランシス ポールとポーラ プラターズ「オールディーズ (ポップ編)」

2014/06/25

[CD]

¥2,057(税込)

NOW TV 2014
(V.A.) ビーチ・ボーイズ ビル・ヘイリーと彼のコメッツ カルチャー・クラブ アバ KISS エルトン・ジョン スウィング・アウト・シスター「NOW TV 2014」

2014/02/26

[CD]

¥2,376(税込)

幸せになるムービー・ソングス
(V.A.) シェネル ビーチ・ボーイズ サラ・ブライトマン KTタンストール プリシラ・アーン ホク エルヴィス・コステロ「幸せになるムービー・ソングス」

2013/10/16

[CD]

¥2,376(税込)

シー・ユー・ゼア
グレン・キャンベル「シー・ユー・ゼア」

2013/09/18

[CD]

¥2,916(税込)

カリフォルニアの夢
ビーチ・ボーイズ「カリフォルニアの夢」

2013/08/28

[CD]

¥17,280(税込)

カリフォルニアの夢
ビーチ・ボーイズ「カリフォルニアの夢」

2013/08/28

[CD]

¥17,280(税込)

素敵じゃないか
ビーチ・ボーイズ「素敵じゃないか」

2013/08/07

[CD]

¥1,028(税込)

素敵じゃないか
ビーチ・ボーイズ「素敵じゃないか」

2013/08/07

[CD]

¥1,028(税込)

50周年コンサート
ザ・ビーチ・ボーイズ「50周年コンサート」

2012/12/12

[DVD]

¥4,937(税込)

サーフズ・アップ<ステレオ>
ザ・ビーチ・ボーイズ「サーフズ・アップ<ステレオ>」

2012/07/25

[CD]

¥2,674(税込)

サンフラワー<ステレオ>
ザ・ビーチ・ボーイズ「サンフラワー<ステレオ>」

2012/07/25

[CD]

¥2,674(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    齋藤飛鳥(乃木坂46)、花の妖精に扮してファッション絵本『LARME』表紙

  2. 2

    【ビルボード】米津玄師「Lemon」、前週に引き続き計5冠で3週連続で総合首位獲得

  3. 3

    【先ヨミ】Little Glee Monster『FLAVA』が3.1万枚でセールス現在首位 2位のLIP×LIPと3位のKing Gnuは僅差

  4. 4

    【先ヨミ】V6の節目を飾る50枚目シングルが7万枚超でセールス首位独走

  5. 5

    【SUMMER SONIC 2019】ヘッドライナー1組目はレッド・ホット・チリ・ペッパーズ

HOT IMAGES

注目の画像