Billboard JAPAN


Special Contents

蟲ふるう夜に ラストワンマンライブ【pupation】インタビュー



蟲ふるう夜に   インタビュー

「蟲ふるう夜に、終了」の真相=解散。
覚悟を決めた先に見えた世界。

 思い通りにいかない現実に翻弄されながらも、まるでドでかい光の塊のような音楽を必死に叩きつけてくるロックバンド 蟲ふるう夜に。バンドとしての活動を終了し、プロジェクトへと移行するというニュースが結成8周年を迎えた2015年11月28日に発表され、その理由や経緯がトークイベントで語られた。が、メンバー4人はプロジェクト以降後も共に音楽を奏で続けるのか、mushifuru projectでは一体どんな活動をしていくのか。ファンが最も気にしていたであろう終了と移行の真相は明言されず。

 このまま我々は2/6ラストワンマンライブ【pupation】を迎えていいのか。心の底から来るべきmushifuru project始動を受け入れることが出来るのか。その疑問を明確にするべく、いつでも剥き出しでバカ正直に活動してきた蟲ふるう夜のフロントマン・蟻(vo)に全てを語ってもらうことにした。覚悟を決めて解き放ってくれた言葉たち、覚悟を決めて受け止めてほしい。

「大切なものを守る為に捨てる」っていうこともあるんだな

--蟲ふるう夜にとしての活動を終了し、mushifuru projectへと移行するというニュースが結成8周年を迎えた2015年11月28日に発表されました。その理由を先日のトークイベントで語っていましたが、きっかけは慎乃介(g)の発言だったみたいで。

※私たちは今、命の上を歩いている / 蟲ふるう夜に (mushifuru)
※私たちは今、命の上を歩いている / 蟲ふるう夜に (mushifuru)

:期間を決めて、その期間内にどうにもならなかったら辞めようっていう。ただ、その流れを汲むのは「良くないな」って私は思っていて。例えば、1年後に大きな会場を押さえちゃって、そこに向けて「頑張ろう!」「そこまでやってダメだったら解散しよう」みたいなバンドをたくさん見てきたんですけど、それで成功した例を見たことがなかったんですよ。だから「あ、これは絶対に失敗するパターンだ」って思って。

--なんで慎乃介はそんなことを言い出したんだと思いますか?

:まず自分のお尻を叩きたかったんだと思う。

--外から見てると、慎乃介(g)が難病フィッシャー症候群から復活し、蟻のインフルエンザで一度は延期になったものの、渋谷CLUB QUATTROワンマンを成功させて、あそこから一気に飛躍していくムードを感じていたんだけど、バンドからすると「このままじゃダメだ」って思う状況だったの?

蟲ふるう夜に インタビュー

:私からすると渋谷CLUB QUATTROワンマンはそんなに大きな意味を持たなかったんですよ。本当に意味があることってすごく拡散していくと思うんです。クモの巣みたいにバァ~って。数百人が騒ぐことによって数百万人に届くぐらいの事態になると思うんですけど、そうはならなかったなって。「昨日、蟲ふるう夜にのライブ行ったんだけど、すごく良かったよ」って言ってくれるかもしれないけど、それで終わるものだったなって。多分、それは蟲ふるう夜にの描いたストーリーが観てくれた人にとってのストーリーにはならなかったから。病気やインフルエンザを超えて実現したっていうドラマはあったけど、観てる側からすると「良かったよ」で終わっちゃった。私の歌を自分の歌のように感じて拡散してくれるレベルにはならなかったなって。

--うーん……あれぐらいのレベルのライブを何回もやることでそこに辿り着くんじゃないの? ようやくあれだけのライブを出来るようになった、そのスタート地点だとこちら的には受け取っていましたけど。

:そうですか。

--ただ、半年後に渋谷CLUB QUATTROワンマンをもう1回やろうと思って出来る状況にはならなかったんだよね?

※フェスティバル / 蟲ふるう夜に (mushifuru)
※フェスティバル / 蟲ふるう夜に (mushifuru)

:そうなんですよ。あの感動はもう生まれないだろうし、それこそ今度は誰がぶっ倒れるか?みたいな話になってくるから(笑)。あと、あの日のワンマンは映像で見返したときに恥ずかしかったんですよね。その場にいた人にしか伝わらない感動だなって。第三者が観て「あ、この歌はすごく響くね。これ、友達に教えたい」ってなる歌かと言ったらそうじゃない。もう涙でボロボロになってるし、声も震えてるし、そういう歌だったんで近い人には届いたと思うんですけど。

--その場に居合わせた人の胸には深く刺さるかもしれないけど、蟲ふるう夜にの状況やストーリーを知らない人が観たら「なんで泣いてんの? この人」で終わっちゃうんじゃないかってことですよね?

:「引くわ~」みたいな。

--その渋谷CLUB QUATTROワンマンを終えてから「蟲ふるう夜に活動終了」を発表するまでは、どんなモードで過ごしていたの?

:「今年は一番最悪だな」ってずっと言ってました。「2015年はバンドをやってきた中で一番不幸だ」って。病気もあったし、いろんなことで迷惑かけたし、メンバーの気持ちが変わって「バンドをやってるだけで幸せ」ではなくなってしまったことは、私にとっては不幸だったんです。それによって私はすごく悩んだし、ストレス抱えたし、でも2015年の終わりにようやく「一番成長できた年だったな」って思えた。自分がメンバーに依存していたこととか、本当は「売れなくてもいい」って思っていたこととか、この場所が居心地が良いゆえに「在り続けてくれればいい」っていう気持ちだったんだろうなってことに気付けた。それでメンバーを悩ませてしまっていたことにも。

--なるほど。

:居心地が良くて、何百人かのファンの前でたまに歌えて、ときには老人ホームで歌ったりとか、そういう施設でボランティアでもいいから歌っていって、自分がそれで幸せなんだったら、それを一生続けたって良い訳じゃないですか。別に「売れることを目指して」って頼まれてる訳でもないし、自分が決めていく道だから。でも「それを一生続けていきたいのか?」って自分に聞いたときに「違うな」って。やっぱり挑戦していきたいし、メンバーを路頭に迷わせるようなことはしたくないし。

--それでバンドを解散……解散って言っていいんですよね?

:「終了」とは言ってますけど。

--それを決めたときはどんな気分だったの?

※それでも鳴らす (2015.5.8 Rehearsal) / 蟲ふるう夜に (mushifuru)
※それでも鳴らす (2015.5.8 Rehearsal) / 蟲ふるう夜に (mushifuru)

:最初はそれが現実味を帯びてなくて「どうせ続いていくんだろう」って思っていたんですよ。でもなんか……「続いていく」というのを選ぶという事は、私が変わらない居心地の良さを選ぶという事だなって思って。そのときですね、さっき話したことをすごく考えたのは。……もっと大きい場所で歌いたいとか、たくさんの人に届く歌をうたっていきたいとか、そういう風に思うと「蟲ふるう夜に」っていう過去に捕われた名前からは外れないといけないし、そうでないと私はずっと過去に捕われるし、「蟲」や「夜」っていう言葉が持つ力に私は縛られておそらく過去の歌をずっとうたわなきゃいけなくなる。ということを考えて、捨てることも大事な選択なのかなって思った。今まで私には「守る」しか選択肢がなかったんですよ。自分の大切なものは守るって。

--その為に戦ってきた訳ですからね。

:でも「大切なものを守る為に捨てる」っていうこともあるんだなって。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. モンスターペアレントみたいになっちゃったので(笑)
  3. Next >
インタビュー写真
蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー

モンスターペアレントみたいになっちゃったので(笑)

--具体的に言うと?

蟲ふるう夜に インタビュー

:メンバーを守る為に「蟲ふるう夜に」を捨てるってことですよね。私が売れるというか……ツラい過去を持っていない人にも届く歌。会社でイヤなことがあったとか、些細なことからも救える歌を書くことによって、より多くの人に届くようにする。それで自分の生活を支え、メンバーの生活を支える。まぁでもメンバーもプロのミュージシャンとしての力量を付けてもらわないといけないし、その力量がないとどっちにしろ潰れてしまうので。やっぱりバンドって甘いと思うんですよ。音楽大学を出ているクラシックの人とかに比べたら練習量が全然違うんですね。あの人たちは1日8時間とか練習できるけど、バンドマンはスタジオには8時間入れても個人練習はそこまでやらない。そういう人が多くて、ウチのメンバーもそうだったんで、やっぱり音楽で飯を食ってく為の力をつけなきゃいけない。それこそお尻を叩く感じですね。

--2/6(土)恵比寿 ザ・ガーデンルームでのラストワンマンライブ【pupation】にて蟲ふるう夜にの活動は終了する訳ですけど、その先のmushifuru projectに向けては「こっちの方向に向かって進んでいくべきなんだ!」って信じられてるの? それとも「もうそうするしかないから、そっちへ向かうんだ」っていう感じなのか、メンバーのみんなはどっちなんだろう?

:私の気持ちは……すごく物作りが楽しくなった。そもそも何かを作ったり、詞を書いたり、音楽を生み出すのが大好きだったけど、それがより自由になって楽しくなった。もっと自分の可能性を広げることに時間を使えるようになった。メンバーのことを極力考えないようにしてるんですよ。何か良いことがあったらメンバーに教えるとか、そういうことをずっとしていたけど、それってお節介だったなと思って。

--ずっとメンバーを家族だと思っていたからそうしてたんでしょ?

蟲ふるう夜に インタビュー

:そう。でもひとりひとりプロミュージシャンとして考えたら、私は自分のこともままならないのにメンバーに説教してきたけど、その前に自分のインプットを増やす、勉強をする、練習をする、そういう時間をたっぷり持つ。それが大事だと思ったし、今は楽しくなってきた。だから前向きには進めてる。メンバーに関しては不安とかおそらくあると思うんですよね。「蟲ふるう夜にが消滅するんじゃないか?」っていう不安が。でもそのメンバーの気持ちを汲み取ろうとすると私はまた欝になるんで。「どうやったらメンバーの気持ちをポジティブにしてあげられるんだろうか」とか「どうやったらメンバーが頑張れるんだろうか」とか……それをやってきたのが蟲ふるう夜にだったんですけど、私は今は自分のことだけを考えて、良い曲を書いて、それをメンバーに反映すればいいって思うようにしてるから、あんまりメンバーの相談に乗ったりとかしなくなって。

--先日のトークイベントもテーマは「独立」だったと受け止めているんですけど、各メンバーが馴れ合いじゃなくて、独立した1人1人として向き合う。だから蟻の後ろでも演奏するけど、1人のミュージシャンとして外でも活動していく。その意識はみんな一致してるの?

:そこは目指していきます。それは全員にある。やっぱり私が過保護過ぎたので……モンスターペアレントみたいになっちゃったので(笑)。

--的確な表現だね(笑)。もうみんな大人になってるのに子供のように愛でてきてしまった。

:10代で出逢ってバンド組んで、気付いたらみんながもう大人になってて。今後、家族を作ったりもしていくんだろうなってぼんやり思ったときに、「お父さん、バンドやってるからあんまりお金がないんだ」とか「土日はライブだから遊んであげられないんだ」とか、まぁそれが本職だったらいいんですけど、もしそれで生活できないんだとしたらツラいじゃないですか。やっぱり家族の為に時間が持てたほうが良いし、「格好良いお父さんでいてほしいな」とも思うし、その為に何を選択すべきなんだろう?っていう。

--それで今はモンスターペアレントから卒業して、ちゃんと距離感を持って「良い男になれよ、立派なミュージシャンになれよ」って見守ってる感覚になれてるの?

:そうですね。だから今は彼らが何を考えてるのか聞かないから分からなかったりするんですけど、でもそれって自分が寂しくなるだけなんですよね。おそらく彼らは普通に生活しているんだけど、私がただ寂しいみたいな(笑)。

--でも急にそういう関係値になると、息子側も「母ちゃん、大丈夫かな?」ってなったりしないの?

蟲ふるう夜に インタビュー

:そこは本人たちに聞いてみないと分からないですけど、意外と何とも思っていないであろうメンバーが約2名(笑)。

--でも1人だけ母親想いの子がいるんだ? 末っ子(笑)?

:大体末っ子パターンですよね。お母さんにずっとついていく(笑)。

--ただ、良い距離感が保てるようになって、蟻自身も表現者として独り立ちできた感覚はあるんですよね?

:そうですね。気持ち的にはすごく前向きです。今まで曲が作れなかったらどこまでも落ちて半年ぐらい帰って来れなかったんですけど、今はそんなことないし、自由になった感じがする。

--自分自身もモンスターペアレントの呪縛から解き放たれたんだ?

:そうそう(笑)。

--では、ここから本題です。「蟲ふるう夜に」は「mushifuru project」になって具体的に何がどう変わるの? 何がそこで行われていくの?

※青の中の一つ / 蟲ふるう夜に (mushifuru)
※青の中の一つ / 蟲ふるう夜に (mushifuru)

:まず音楽的な話で言うと、蟲ふるう夜にの「私たちは今、命の上を歩いている」っていうラストシングルでポエトリーリーディングをやっていて、他にも「青の中の一つ」とかそういう曲はいくつか作ってきたんですけど、私がやりたいことはこれだなと思っていて。なので、ポエトリーリーディングの色はこれまで以上に強くなってくると思います。詞の書き方がメロディーに捕われないのでもっと自由になる。あと、バンドって荒さや一体感でOKになることって多いと思うんですけど、例えばカッティングの曲があったとして、バンドの場合はそのメンバーが弾く事に意味があるじゃないですか。でもmushifuru projectは曲に重点が置かれるから、例えば慎ちゃんがカッティングが苦手なんだとしたら、他のカッティングが巧いギタリストを入れることになる。

--楽曲至上主義になり、その為にベストな音やプレイヤーを起用するようになるってことですね。

:おそらくそうなります。あと、今、案として出ているのは、私の言葉=ポエトリーと戦うようなピアノ。ジャズピアニストが私の言葉を受けてその場でピアノを叩き付けてくる。その音を受けて私も次の言葉を叩き付ける。そういう楽器vs私の言葉みたいなことが出来ないかなって。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 音楽で飯を食えていない。だから解散するしかなかったんだよ
  3. Next >
インタビュー写真
蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー

音楽で飯を食えていない。だから解散するしかなかったんだよ

蟲ふるう夜に インタビュー

--では、慎乃介、郁己(dr)、春輝(b)はプロジェクトメンバーとして名を連ねてはいますが、作品やライブの方向性によって参加したりしなかったりするってことですよね?

:曲次第になるので、その曲が何を求めるかによってですね。

--ということは、やっぱり解散なんですよね?

:うーん……そうですね。

--そこがずっとモヤっとしていたんですよね。「結局4人でやっていくんでしょ?」っていう印象によるなんとなくの安心感があって、だから誰も涙を流さないし、悲しい気持ちにはならないんだけど、そこの説明をハッキリさせないままで「mushifuru projectの今回の曲に3人は参加しません」みたいなことになったら、なんとなく裏切られた気持ちになるファンもいるだろうなっていう。


※同じ空を見上げてた featuring GOMESS / 蟲ふるう夜に (mushifuru)
※同じ空を見上げてた featuring GOMESS / 蟲ふるう夜に (mushifuru)

:mushifuru projectになるって最初決めたときは、どんどん増えていくイメージだったんですよ。GOMESSくんも「勝手ながらmushifuru projectのメンバーだと思ってるよ」って言ってくれて嬉しかったし、心の支えになったし。かと言って毎回GOMESSくんとデュエットする訳じゃなくて、曲によって参加するメンバーが変わっていくイメージ。

--蟲ふるう夜にのメンバーも同様?

:蟲ふるう夜にの4人で何かするにしても曲次第、曲が出来ないことには何も示せないし……まぁでも私はファンの悲しむ顔が見たくなくて、ファンが悲しまずに済むように話すようにしちゃってて。でも今回のインタビューは先日のトークイベントの「裏」って聞いているので、私は去年が今までの人生で一番不幸だと思ったことも伝えたかったし、メンバーが今後関わる可能性は100%と言い切れないことも伝えなきゃいけないと思って。プロジェクトに変わって続いていくと言ってるけど、結局は解散なんだよって。その理由は全員がバンドで飯を食っていけなかったからなんだよって。お店にCDも並んでるし、ワンマンも成功したみたいだし、良い雰囲気っぽいし、「いつメジャーなの?」って聞かれることも増えてきたけど、私たちは音楽で飯を食えていない。だから解散するしかなかったんだよって。そこは今日伝えようと思っていたポイントです。

--ゆえに新たなチャンスを生み出す為にmushifuru projectへ移行する。

:アーティストと言えど私もひとりの人間なので、やっぱり心変わりもするし、昨日言ったことが今日には違っていたりもするし、その心変わりした結果がmushifuru projectだったんでしょうね。今までは意地だったり、大事な人を守る、裏切らないっていうことが自分のやり方だったんで……

--生き様だよね。

:生き様。まぁでも結局そこに戻るんですけどね。だから突き放すっていう。結局、相手の幸せを考えている。……伝わってますか?

--伝わってますよ。というか、そこまで悩んで考えて導いた答えがmushifuru projectで、そこにあらゆる音楽的な可能性が広がっているんだとしたら、誰しもが振り返るような音楽活動をしちゃってくださいよ。蟲ふるう夜にの8年間も引き連れて。

※わたしが愛すべきわたしへ / 蟲ふるう夜に (mushifuru)
※わたしが愛すべきわたしへ / 蟲ふるう夜に (mushifuru)

:私もそうしたいと思ってます。私の過去に作ってきた曲でターニングポイントになってたなって思う曲がいくつかあって、それは「青の中の一つ」「わたしが愛すべきわたしへ」「スターシーカー」。この3つは自分自身が変わるきっかけになった曲でもあるので、歌詞とメロに忠実なままリメイクしたいなとか思ってますし……蟲ふるう夜にを無くすっていうのは無理なんですよ。そこを経た自分がどんな作品をこれから作っていくのか?っていうのが今から楽しみだし、ファンもそれを楽しみにしてくれていると信じて進んでいくしかないなって。

--では、最後に。バンドを解散させて始動させるmushifuru projectで成し遂げたいことは何ですか?

:とある有線の方が「私たちは今、命の上を歩いている」を聴いて「これ、有線で流したいですね」って言ってくれたんですよ。日本のヒップホップが流行る前に有線で流れたソレは「なんだこれは?」っていうものだった。その衝撃はポエトリーリーディングでも与えられるんじゃないか?っていう可能性の話をしてくれて、すごく嬉しかったんです。そうなれたらいいなって思って。それがひとつの目標。美輪明宏さんがほぼ詩の朗読で紅白のステージに立ったのは衝撃的だったし、私もそういう風になりたいっていうのはひとつの夢。あと、感情的な面で言うと、何か大事なものを捨てることによって、それ以上に大事なものを手にすることも有り得る。っていうことを実証できたら、いろんな人に力を与えられるんじゃないかなと思って。何かを捨てれなくて動けなかったり、自分の夢を目指せない人はすごく多いと思うんですけど、「蟻ちゃんはバンドを捨てることによって本当の夢を掴んだんだよ。本当の自分を掴んだんだよ」って、それが誰かの力になったら本望だなって思います。

--そうなってほしいです。

蟲ふるう夜に インタビュー

:リスクを取らないと掴めないものがある。それでワクワクするほうに行ったら後悔することなんてないと思ってるんで、「蟲ふるう夜にを続けていればよかったな」って思うことは二度とない。それは言い切れるから、あとはこっちを選んでよかったってことを証明していくだけです。

Interviewer:平賀哲雄
Photo:Jumpei Yamada

◎ラストワンマンライブ【pupation】
2016年02月06日(土)恵比寿 ザ・ガーデンルーム
OPEN 15:30 / START 16:00
プレミアムチケット \6,400
一般チケット \3,500
※規定枚数になり次第終了致します。

◎プレミアムチケット内容
01.ピクチャーチケット(優先入場)
02.「私たちは今、命の上を歩いている」蟻手書き歌詞Tシャツ(限定品)

※蟲ふるう夜にOFFICIAL ONLINE STOREで数量限定販売(http://bit.ly/1YfLpkC)。
※通常チケットは全席自由で販売中。詳細はこちらのURLにて。(http://www.mushifuru.com/live/pupation/)。

・セットリスト全曲MP3&歌詞無料ダウンロードURL
http://firestorage.jp/download/ad14ba678981d3522b86b2c7185a73c32257f9ac
※2016.2.5 9:00頃まで有効

インタビュー写真
蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー 蟲ふるう夜に インタビュー

蟲ふるう夜に「スターシーカー」

スターシーカー

2015/04/01 RELEASE
SFCD-10006 ¥ 1,000(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.君という光、僕の走る道
  2. 02.スターシーカー
  3. 03.それでも鳴らす
  4. 04.二十歳の朝
  5. 05.(未定) featuring GOMESS

関連キーワード

TAG

スターシーカー
蟲ふるう夜に「スターシーカー」
2015/04/01
[CD]
¥1,000(税込)
購入画面へ
スターシーカー
蟲ふるう夜に「スターシーカー」
2015/04/01
[CD]
¥1,000(税込)
購入画面へ
わたしが愛すべきわたしへ
蟲ふるう夜に「わたしが愛すべきわたしへ」
2014/06/04
[CD]
¥1,000(税込)
購入画面へ
蟲の音
蟲ふるう夜に「蟲の音」
2012/08/22
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ

Chartsmore