Billboard JAPAN


Special Contents

倖田來未『WINTER of LOVE』インタビュー



倖田來未 『WINTER of LOVE』 インタビュー

どんなバラードを歌うにしても変わらずあるもの
今書きたいと思っているのが“家族への愛”

 全力で駆け抜けた15周年イヤー、親愛なるスタッフやファンへの想い、バラードシングルを出すのが簡単ではなかった時代~バラードで世界中のリスナーを涙させるまでになった倖田來未バラードの歴史。さらには、47都道府県ツアーへの想い、2016年の活動についても語ってくれた。

倖田來未に人格も変えてもらったし、助けてもらいました

--15周年イヤーを全力で駆け抜けたこの1年は、倖田來未にとってどんな1年になりましたか?

※倖田來未 / 「WALK OF MY LIFE」MUSIC VIDEO
※倖田來未 / 「WALK OF MY LIFE」MUSIC VIDEO

倖田來未:15周年イヤーを迎える前は「15周年」と言われても全然ピンと来てなかったんですけど、新木場STUDIO COASTでのライブで幕を開けて、アリーナツアーをやって、最後に【KODA KUMI 15th Anniversary LIVE The Artist】で締め括ったときに、達成感が凄くて。この1年間は改めて倖田來未のプロフィールを紹介しながら、自分を肯定していくようなライブばかりだったんです。15年経った今、改めて自分自身がどんなアーティストなのか、どんなアーティストでありたいのか確認できたのは良かったですね。

--具体的には、どんなアーティストでありたいと思ったんですか?

倖田來未:美空ひばりさんの「歌は我が命」を改めて【KODA KUMI 15th Anniversary LIVE The Artist】で歌わせてもらったんですけど、こういう名曲を20年先、30年先まで歌っていきたいなって思いましたし、どんどん踊りが激しくなっているライブの映像を客観的に観たとき「やっぱりこれもやり続けたいな」とも思いました。バンドがいて、ブラスバンドも入って、シーケンス出しじゃない生音のライブもやっていきたいし……そういう倖田來未のひとつひとつを振り返れた1年でもあったなって。なので、今までにない、10周年のとき以上の達成感が15周年にはあったんですよ。最初の5年ぐらいは子供だったし、音楽のことをよく分からない中で活動していて、ファンに求められるようになったのはここ10年。ツアーが出来るようになってからも10年なので、そういう意味では10周年より集大成感が強くありました。

--それもあってか、15周年イヤーの集大成となった【KODA KUMI 15th Anniversary LIVE The Artist】では泣きっぱなし。ファンやスタッフからの愛あるサプライズに毎回泣いていた姿が印象的でした。

※倖田來未 / On And On (Audio)
※倖田來未 / On And On (Audio)

倖田來未:本当にみんな全力で泣かしにかかってきて「MCしづらいわ!」みたいな(笑)。でもね、今回の新曲「On And On」にも書いているように“絆”を感じました。この15年、上がったり下がったりいろいろあって、自分が沈んでるときにも支えてくれたスタッフやファンの方との絆を深めながら活動を続けていくことができた。だから本当にひとりじゃないんですよ。それを【KODA KUMI 15th Anniversary LIVE The Artist】では改めて感じましたね。人は支え合って生きているんだなって。それを本当に実感できました。

--あの日、倖田來未にとってファンやスタッフはどんな存在だと思いましたか?

倖田來未:家族には絶対に揺るぎない愛というものがあると思うんですけど、それとおんなじぐらいの存在。本当に家族みたい。「On And On」を書いてスタッフに提出したときに「これって息子さんのことを書いてるんですか?」って言われたんですよ。実際にはファンのことを想いながら書いたのに。でもそれで「あ、ファンって家族なんだ」って思ったんですよね。それぐらい絆が強くて深い。そうじゃなかったらペンライトの光で会場が埋め尽くされる景色とか生まれないと思いますし、私も今こうして堂々とステージに立てていないと思うんです。私は元々マイナス思考というか、意外に人見知りだったりするので、自分のことを「好き」って言ってくれる人にしかなかなか心が開けない。そんな私が堂々と歌って踊れているのは、やっぱり倖田來未だったから。倖田來未をみんなが好きになってくれたからで。

--倖田來未としてデビューしてなかったら人に心を開けなかったかもしれない?

倖田來未:ステージから降りた普通の私のままだったら人付き合いとかどうなっていたんだろう?って思いますよ。倖田來未という人に自分の人格も変えてもらったし、助けてもらいました。例えば体調が悪くてもライブが始まればすごく元気になったり、そういうパワーをもらうことができました。その倖田來未を誰が支えているかと言ったらファンであり、スタッフであり、仲間。そこはこの15年間で悟りましたね。

--そんな15年間を駆け抜けた倖田來未ですが、まだまだ休むことなく突き進んでいきます。1月20日に冬のバラードコレクションアルバム『WINTER of LOVE』をリリース。名バラードの数々、こうしてひとつの作品にまとめてみてどんなことを感じましたか?

※倖田來未 / 「WINTER of LOVE」Trailer
※倖田來未 / 「WINTER of LOVE」Trailer

倖田來未:最初はアルバムに入ってる隠れた名バラードも入れたいなって思っていたんですが、でもやっぱり今回の『WINTER of LOVE』に入っている子(楽曲)たちって揺るぎないんですよね、愛されっぷりが。だったら、その愛されている曲を詰め込みたいなって最終的には思って。シングルベストみたいな形にはなったんですけど、倖田來未の代表的なバラードを集めたらこうなったっていう感じなんです。あと、今回過去のバラードを振り返ってみて思ったのは、やっぱりバラードって良いなって。なので、これからも良いバラードは作っていきたいなって思います。

--今でこそエモーショナルに歌い上げるラブバラードは、倖田來未のアイデンティティのひとつになっていますが、今作にも収録されている「奇跡」「hands」をリリースするまでは、バラードをシングルで切るのは簡単じゃなかったんですよね?

倖田來未:そうなんですよ! 当時は“セクシーに踊って歌う”っていう方向性が決まって、そこで倖田來未というものをしっかり知ってもらうことが先決だったんですよね。バラードを出すのはそれからでも遅くないだろうってことで。今でこそ、そのブランディングで間違ってなかったと思いますけど、当時は葛藤してましたね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「踊ってほしい」「じゃあ、バラードで踊ります」みたいな(笑)
  3. Next >

「踊ってほしい」「じゃあ、バラードで踊ります」みたいな(笑)

--スタッフ側的に「キューティーハニー」「real Emotion」みたいに「踊ってほしい」というリクエストがあり、それに対して「じゃあ、バラードで踊ります」と周囲を納得させたエピソードは忘れられません。

※倖田來未 / 「hands」(from New Alubum「WINTER of LOVE」)
※倖田來未 / 「hands」(from New Alubum「WINTER of LOVE」)

倖田來未:それで「hands」ね!

--「じゃあ、バラードで踊ります」っていう発想が見事でした。

倖田來未:そんなこともありましたね~。当初「hands」はユーロビートみたいな曲で出そうとしていたんですよ。それで「これは違うでしょ?」「いや、踊ってほしい」「じゃあ、バラードで踊ります」みたいな(笑)。

--今思うとあの頃から戦ってましたよね、自分の想いを実現化する為に。

倖田來未:そうですね。でも勇気が要るんですよ、自分の意思を通すっていうのは。特に当時は実績もないから発言力もなかったし、何が正解かどうか音楽って分からないじゃないですか。だからバラードでシングルを切るというのはすごい難しかったんですけど、でもそこで勇気を出して発言したことによって「hands」は今でも愛されている曲になりましたし、4つ打ちの曲のまま出さなくてよかったなって。そういう意味では、あの頃に戦う勇気を持てるようになってよかったと思います。

--その甲斐もあって、倖田來未はバラードヒットを連発。「Promise」では、好きな人を亡くしてしまった女性の心情を歌い上げ、倖田來未がバラードに対してどれだけ真剣であるかを証明してみせました。今聴くとどんな印象を持たれますか?

※倖田來未 / 「Promise」(from New Alubum「WINTER of LOVE」)
※倖田來未 / 「Promise」(from New Alubum「WINTER of LOVE」)

倖田來未:この曲は難しい! 優しく、だけど力強く歌わなきゃいけない曲だから。メロディーがすごくキレイですし、天使が飛び交っているようなイメージだったり、それで歌詞はちょっとドープな感じだったりもして、かなり歌い甲斐のある曲ですね。当時、たしかファンレターの中で「Promise」のベースになるような内容の手紙があったんです。それでこういう歌詞を書いたんですけど、その物語の主人公に成り切ることでこの曲の持つ力を向上させようと思ってレコーディングしたことを憶えてます。


--このあたりから曲の世界観に憑依するかのように、すごくエモーショナルにバラードを歌い上げるスタイルが確立されていきましたよね。そして「you」で自身初のオリコン初登場1位。倖田來未のバラードへの想いが大きな結果を生むまでに至りました。これはガッツポーズだったんじゃないですか?

※倖田來未 / 「you」(from New Alubum「WINTER of LOVE」)
※倖田來未 / 「you」(from New Alubum「WINTER of LOVE」)

倖田來未:そうですね。12週連続シングルリリースプロジェクトの第一弾だったんですけど、実は候補曲はいっぱいあったんですよ。でも12曲の中で一番好きな曲だったから「第一弾は「you」でお願いします!」って言ったら、「分かった。これでいこう」ってなって。それでテレビに出る時は『銀河鉄道999』のメーテルみたいな帽子をかぶって出演したんですよ。インパクトが欲しくて!

--初めて聴いた時点で「これは絶対に愛される曲になる」とリスナーからしても確信できた曲でした。自身の中ではどんな曲に育ってるんですか?

倖田來未:「you」は、ファンのみんなもイントロを聴いただけで歓声を上げてくれる曲ですし、自分に自信をくれた曲ですね。私、とにかく自信がない人だから(笑)。この曲で初のオリコン1位も頂けて、ようやく自信を持たせてもらえた。そういう意味では私を安心させてくれた曲でもありますね。自分がやっと認められた1曲というか。

--これで倖田來未はバラードを歌うべき……というか、歌わなきゃいけないアーティストになりましたよね。

倖田來未:そうなんです。冬場になると必ずバラードを出すようになったぐらい、バラードは倖田來未にとって欠かせないものになりました。年末が近づくと制作チームは必ずバラードを持ってきます(笑)。

--ただ、バラードって変化を見せるのが難しいですし、昔みたいにヒットしやすいジャンルでもないじゃないですか。それでも「you」以降も「夢のうた」「愛のうた」「Moon Crying」等々、代表曲となるバラードを次々と生んでいけたのは何でだと思います?

※倖田來未 / 「夢のうた」(from New Alubum「WINTER of LOVE」)
※倖田來未 / 「夢のうた」(from New Alubum「WINTER of LOVE」)

倖田來未:バラードはたしかに難しくて。しかも倖田來未のバラードは「歌詞が良い」って毎回言われるので、そのプレッシャーもあるんですよね。ただ、昔は「なんだ? この歌詞は!」ってよく批判されていたので(笑)、そんな私の歌詞が受け入れてもらえるようになったのは嬉しかったです。あと、バラードは「似たような曲を作らない」っていうのはすごく意識してきました。同じバラードというカテゴリーの中でどう変化をつけていこうかって。でもどんなバラードを歌うにしても変わらずあるのは、愛情を込めて歌うこと。その世界観に入りきることです。


--ゆえに倖田來未のバラードは評価され続けてきたんだと思います。曲の力や歌唱テクニックもあると思うんですけど、やはり倖田來未のバラードはエモーション。時として自身も泣き出しそうになりながら歌う、あの想いが溢れ返りそうになる瞬間が涙を誘うというか……

※倖田來未 / 「Moon Crying」(from New Alubum「WINTER of LOVE」)
※倖田來未 / 「Moon Crying」(from New Alubum「WINTER of LOVE」)

倖田來未:だから「Moon Crying」なんて歌えない(笑)。

--いや、歌ってきてるじゃないですか(笑)。

倖田來未:泣いちゃうんですよ。いろんな経緯があって生まれた曲だから。でもファンのみんなは「歌ってほしい」って言うんですよね。

--そりゃ言いますよ、良い曲ですもん(笑)。

倖田來未:でも感情が溢れ返っちゃうのは「Moon Crying」に限らないですね。そんなバラードばっかり歌ってます(笑)。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 私はまだ息子に向けて歌詞を書いたことがないんですよ
  3. Next >

私はまだ息子に向けて歌詞を書いたことがないんですよ

--自然と感情が溢れ返っちゃうの?

倖田來未:溢れ返っちゃうの! 私、プライベートではほとんど泣かないんですよ。だけど、ライブでバラードを歌うと必要以上に感情が昂ぶっちゃって泣いちゃう。歌の世界観に入り込むとぶわぁ~って気持ちが溢れてくるんですよね。新曲「NO ME WITHOUT YOU」を歌ったときも涙が止まらなくなっちゃって。しかもあの曲はファンのみんなに「いつまでもアンコールを聞かせて」っていうメッセージを込めていて、私はいつかアンコールを言ってもらえなくなる、いつかライブが出来なくなる、人が集まらなくなるんじゃないか?っていう危機感が常にあるんです。売れる前は「早く売れたい!」ってがむしゃらだけど、売れた後って「いつまで続けられるんだろう?」っていう危機感を抱き続ける。怖いんです。だから「NO ME WITHOUT YOU」は「やっぱり求めてほしい」「私のことを好きって言ってほしい」って想いを込めていて、だから歌うと涙が溢れてきちゃう。

--「NO ME WITHOUT YOU」は、たしかに今の倖田來未にしか歌えない曲ですよね。

※倖田來未 / 「あなただけが」(from New Alubum「WINTER of LOVE」)
※倖田來未 / 「あなただけが」(from New Alubum「WINTER of LOVE」)

倖田來未:そのミュージックビデオがすごくキレイなんですよ。今回は「恋のつぼみ」とか「あなただけが」のセキ☆リュウジ監督に撮ってもらったんですけど、自分の15年を振り返ったときに「よく知ってる人、自分のことをよく理解している人に撮ってもらいたいな」って思ったんです。最近は「On And On」のミュージックビデオみたいに新しい監督と組んでも良いものを作れるようになっているんですけど、「NO ME WITHOUT YOU」に関しては新しいことにチャレンジというよりは、テッパンでキレイなものに仕上げたくて。それでセキ☆リュウジ監督に頼んだら「やっぱりキレイ! 天才!」みたいな。ぜひ観てほしいです。


--そして「On And On」ではチャレンジを。縦型のスマートフォン型ミュージックビデオは見事なアイデアだと思いましたし、もっと言うと倖田來未やそのファンの世界観とも合っているなって。

※倖田來未 / 「On And On」 (for mobile) - short ver. -
※倖田來未 / 「On And On」 (for mobile) - short ver. -

倖田來未:最初、自撮りのシーンはあくまで自撮り風だったんですよ。プロのビデオカメラで撮っていたので、スマートフォンで撮った映像を使うつもりはなくて。でも仕上がりを観たときにキレイ過ぎてリアリティがなかったんです。「On And On」はファンの子たちが「自分に向かって歌ってくれてる」って思えるようなミュージックビデオにしたかったんですよね。それで「ちなみになんですけど、スマートフォンで撮った映像って使えますか?」って見せてもらったら「ええやん」みたいな。そっちのほうが手ブレ感とかがすっごいリアルで良かったんですよね。それで「こっちを使いたい」と言って監督を困らせたりもしたんですが(笑)、すごく良いミュージックビデオになったと思います。

--倖田來未がこの先もバラードを発信し続けるとして、どんなバラードを歌ってみたいと思いますか?

※倖田來未 / You're So Beautiful
※倖田來未 / You're So Beautiful

倖田來未:私、人生のバラードがずっと書けなくて、恋愛のバラードしか書けなかったんです。家庭環境も良かったし、デビューしてからも良い環境を作ってもらえて、本当に愛されて育ったから。でも人の痛みというものを知ることが出来てからやっと「You're So Beautiful」とか「WALK OF MY LIFE」みたいな人生の歌を書けるようになって、歌詞の世界観がすごく広がったんです。それで今書きたいと思っているのが“家族への愛”。でも、息子がもう3才になるんですけど、私はまだ息子に向けて歌詞を書いたことがないんですよ。プライベートの押し売りみたいな気がして書いてこなかったんです。でも実際に子供がいらっしゃるファンの方も物凄く増えてきている中で、そういう曲も書きたいなって思ったんですよね。きっと共感してもらえるだろうなって。


--倖田來未にとってずばりバラードとは?

※倖田來未 / 「愛のうた」(from New Alubum「WINTER of LOVE」)
※倖田來未 / 「愛のうた」(from New Alubum「WINTER of LOVE」)

倖田來未:自分の中ではバラードが一番テンション上がるんですよ。私は高橋真梨子さんや山口百恵さんや中森明菜さんや鈴木聖美さんや……もう本当にいろんな先輩方のバラードで育ったので、やっぱりバラードを歌うと気分も上がるし、自分自身の内面を表現できる。バラードだったら自分の弱さも歌えるじゃないですか。倖田來未として「みんなついてきて!」って勢いよく言いながら、内心は「本当についてきてくれるかな?」っていう気持ちでいっぱいだったりします。そこを歌えるのがバラードだと思っているので、本当に大好きです。エンターテインメント、ダンス、バラード、どれが一番好きかって言ったらバラードな気がするぐらい。

--その3つの中でバラードとの付き合いが一番長いですからね。エンターテインメントやダンスとの付き合いは15年だと思いますけど、バラードはそれこそ子供の頃から親しんできている訳で。

倖田來未:たしかに! 子供の頃は、ダンスって言ったらあまり観たことなかったし、エンターテインメントなんてデビューしてからですからね。そういう意味ではバラードが軸なのかもしれない。

--そんなバラードの数々も聴かせてくれるであろう47都道府県ツアーの開催が決定。どんなツアーにしたいと思っていますか?

※倖田來未 / 恋のつぼみ
※倖田來未 / 恋のつぼみ

倖田來未:今回は今まで行ったことがない場所へも行くので、今までやったことがないシングルコレクション的なツアーにしようと思っています。初めて行く場所で「恋のつぼみ」とかね、誰もが「知ってる!」ってなる曲を歌ったら喜んでくれるかな?って純粋に思ったんですよね。みんなが口ずさめるような、そういう意味での一体感が生まれるライブが出来たらいいなって思ってます。

--今回は地元・京都での公演もありますね。

倖田來未:そうなんですよ! 最近リニューアルした会場で昨日初めて行ったんですけど、、私の地元に出来た新しい会館で歌えるのも楽しみにしてます。もしかしたら親戚だらけになるかもしれないですけど(笑)。

--2016年以降の倖田來未はどうなっていくんでしょう?

倖田來未:そこは自分の中で大きい課題で、15周年イヤーで倖田來未というものを表明したけど、世間からはどう見られているのか分からないところもあって。なので、自分に求められているものは何なのか? そこをもうちょっと追求していけたらいいなって思ってます。作品に関しては、1曲1曲大切に創っていって、そこで良いものが出来たら発表していきたいなって。思い立ったら書いてみる、歌ってみる。そういう意識で創ってみたいなって。あとは、11月13日まで続くロングツアーをとにかく完走するっていうのが一番のテーマ。1年間、風邪ひいちゃいけないっていう(笑)。今回のツアーも1/47じゃなく1/1の感覚でひとつずつの公演をお届けしたいと思っているので、体調管理も含めて頑張ります。

Interviewer:平賀哲雄

Music Video

KODA KUMI「WINTER of LOVE」

WINTER of LOVE

2016/01/20 RELEASE
RZCD-86047 ¥ 3,780(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.On And On
  2. 02.奇跡
  3. 03.hands
  4. 04.Promise
  5. 05.you
  6. 06.夢のうた
  7. 07.運命
  8. 08.愛証
  9. 09.愛のうた
  10. 10.Moon Crying
  11. 11.stay with me
  12. 12.好きで、好きで、好きで。
  13. 13.あなただけが
  14. 14.愛を止めないで
  15. 15.恋しくて
  16. 16.Dance In The Rain
  17. 17.NO ME WITHOUT YOU
Disc02
  1. 01.奇跡
  2. 02.hands
  3. 03.Promise
  4. 04.you
  5. 05.夢のうた
  6. 06.運命
  7. 07.愛証
  8. 08.愛のうた
  9. 09.Moon Crying
  10. 10.stay with me
  11. 11.好きで、好きで、好きで。
  12. 12.あなただけが
  13. 13.愛を止めないで
  14. 14.恋しくて
  15. 15.Dance In The Rain
  16. 16.On And On
  17. 17.NO ME WITHOUT YOU
  18. 18.The Making of On And On [Bonus Movie]
  19. 19.The Making of NO ME WITHOUT YOU [Bonus Movie]

関連キーワード

TAG

HOTEL
Koda Kumi「HOTEL」
2014/08/06
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
HOTEL
Koda Kumi「HOTEL」
2014/08/06
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
Koda Kumi Driving Hit’s 6
Koda Kumi「Koda Kumi Driving Hit’s 6」
2014/03/19
[CD]
¥2,268(税込)
購入画面へ
JAPONESQUE
KODA KUMI「JAPONESQUE」
2012/01/25
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
JAPONESQUE
KODA KUMI「JAPONESQUE」
2012/01/25
[CD]
¥4,536(税込)
購入画面へ
JAPONESQUE
KODA KUMI「JAPONESQUE」
2012/01/25
[CD]
¥5,616(税込)
購入画面へ
JAPONESQUE
KODA KUMI「JAPONESQUE」
2012/01/25
[CD]
¥5,616(税込)
購入画面へ
JAPONESQUE
KODA KUMI「JAPONESQUE」
2012/01/25
[CD]
¥8,640(税込)
購入画面へ
Love Me Back
倖田來未「Love Me Back」
2011/11/30
[CD]
¥2,808(税込)
購入画面へ
Love Me Back
倖田來未「Love Me Back」
2011/11/30
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
Love Me Back
倖田來未「Love Me Back」
2011/11/30
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
愛を止めないで
倖田來未「愛を止めないで」
2011/09/21
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
愛を止めないで
倖田來未「愛を止めないで」
2011/09/21
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
愛を止めないで
倖田來未「愛を止めないで」
2011/09/21
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
4 TIMES
KODA KUMI「4 TIMES」
2011/08/17
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
4 TIMES
KODA KUMI「4 TIMES」
2011/08/17
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
4 TIMES
KODA KUMI「4 TIMES」
2011/08/17
[CD]
¥2,160(税込)
購入画面へ
恋のうた ~あいたくて~
(V.A.) 倖田來未 ICONIQ Lily. BENI mihimaru GT TEE SoulJa「恋のうた ~あいたくて~」
2011/06/22
[CD]
¥2,365(税込)
購入画面へ
3 SPLASH
倖田來未「3 SPLASH」
2009/07/08
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
3 SPLASH
倖田來未「3 SPLASH」
2009/07/08
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
3 SPLASH
倖田來未「3 SPLASH」
2009/07/08
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ

Chartsmore