Billboard JAPAN


Special Contents

蟲ふるう夜に『スターシーカー』インタビュー

蟲ふるう夜に 『スターシーカー』 インタビュー

 ロックシーンで命懸けの歌を届ける蟲ふるう夜に。昨年末にフィッシャー症候群に罹患した慎乃介(g)が順調に回復し、見事完成させてみせたアルバム『スターシーカー』には、サウンドプロデューサーとして松隈ケンタ(BiS、私立恵比寿中学、でんぱ組inc.ほか)を招聘。表題曲「スターシーカー」はamazarashi全曲を手がける出羽良彰のアレンジ。アルバムの最後を飾る「同じ空を見上げてた featuring GOMESS」はGOMESSをフィーチャリングと、豪華ミュージシャンが多数参加している。

 そんな話題作の本質を探るべく、蟻(vo)の本音や本性を引き出すべく、今回は特別にお花見インタビューを敢行。お酒の影響か、若干このバンドのイメージを覆してしまうかもしれない部分もあるが、これもまた今の彼女であり、蟲ふるう夜にということで、温かい目でご覧頂きたい。

飛影&冨樫義博への愛語る~薬みたいな音楽に対する違和感、苛立ち

--本日はお花見インタビューということで、まずは乾杯しましょうか。

蟲ふるう夜に『スターシーカー』インタビュー

:かんぱーい!

--かんぱーい!

:花見っていいなー。花見しながらインタビューって最高ですね。

--酔っ払ってイメージをぶち壊さないようにしないとね(笑)。

:でも、蟻はニコ生で大体呑んでましたから。

--まずは花見っぽく世間話でもしましょうか。サザンの10年ぶりのニューアルバム『葡萄』がリリースされましたね。

:10年ぶり?

--今、蟲ふるう夜にが活動休止したら10年後にアルバム出せる?

:忘れ去られてますよ(笑)。でもそういうことやってみたいですね。私、冨樫義博のファンで『HUNTER×HUNTER』が好きなんですよ。『HUNTER×HUNTER』はもはやしょっちゅう出てほしくないというか、むしろ休んでこそ冨樫先生。『HUNTER×HUNTER』を早く書けとか言ってる奴は、本当浅い人間だなと思ってますよ。「おまえはまだ冨樫先生の良さが分かってない」って。

--『てんで性悪キューピッド』から読み直せと。

:ハハハハ! 懐かしい(笑)。

--『幽遊白書』も好きなんですよね。飛影ファンだったっけ?

蟲ふるう夜に『スターシーカー』インタビュー

:最初、飛影は格好悪かったんですけど、中1では何とも思ってなかったのに中3になったらめっちゃ可愛く見えてくる感じで好きになって(笑)、19巻ではもう愛おしくてしょうがなかった。躯と一緒にいるんですよ。躯を酷い目にあわせた父親がいるんですけど、その父親をずっと刺し殺しても死なないような植物にして、それを「ハッピーバースデー」みたいな感じでプレゼントするんです。あれはシビれたー。私、躯も好きなんですよ! あ、これ、ちゃんと載せてもらっていいですか? 富樫先生に届くように! 私、富樫先生が好き過ぎて『ONE PIECE』も『NARUTO』も読むのやめたんですよ。浮気だなと思って。やっぱり『HUNTER×HUNTER』が終わるまでは……

--桜の木の下で飛影&冨樫義博への愛を語っている一方で、気付いたら周りはリア充大学生ばかりですよ。いかがですか?

:私は学生時代にこんな陽の当たる場所にはいなかった。公園にはいましたけど、桜の木の下で花見なんてしてなかったし、必死に衣食住を探してました。生きるのに精一杯で、雑草か私かみたいなところありましたから。

--(笑)。まぁでも今は人に心を開くようになって……ここからちゃんとインタビューしますけど、それは前作『わたしが愛すべきわたしへ』から作品にも如実に反映されるようになりました。

※わたしが愛すべきわたしへ / 蟲ふるう夜に (Mushifuru)
※わたしが愛すべきわたしへ / 蟲ふるう夜に (Mushifuru)

:『わたしが愛すべきわたしへ』は……この作品の前までは処方箋みたいな曲を書いてたなと思って。薬なんですよね。根本を治さない薬なんですよ。そういうものを作り出してんじゃないかと思って。その薬をいくら飲ませたところで根本が断ち切れないのに、自分はそんなことをずっと続けていきたいのかな?と思って。

--でも大概の大衆音楽はそういうものですよね。

:そうですよね。その中でもとあるアーティストがすごく嫌いで、ムカついたんですよ。「こんな薬みたいな曲出しやがって!」と思って。聴いた瞬間はラクになるけど、またすぐにツラくなる。でも実際にその曲を聴くことによってラクにはなるから、そこに群がる人たちがいるんだけど、そのラクになった人たちの行き着く場所はどこなんだよ? みたいな。アンタたちがその行き場を指し示してくれるの? それっておかしいんじゃないの? って思ったときがあって。それで私は『わたしが愛すべきわたしへ』を書こうと思ったんです。で、まず最初に自分のことを好きにならないと、結局同じじゃんと思って。

--誰かの為になんて程遠いわと。

蟲ふるう夜に『スターシーカー』インタビュー

:そう。だからまず自分の為に出来ることを考え出して。で、未完成でも、不安定でも、そんな自分のことを好きになっていいよ、っていうメッセージは本当にみんなに向けたもので。多分、薬出されている人ってみんな自分のことが嫌いだと思うんですよね。嫌いで、それで落ち込んで、欝になって。でもラクになりたいから薬を飲む、そんな自分がまた嫌になる。その連鎖を断ち切りたいんですよね。で、その第一歩が『わたしが愛すべきわたしへ』。「フリーダム!」っていう収録曲なんて何の飾り気もないんですよ。サビで「どうしようもない!」って叫んでますから(笑)。

--なんでそういう曲になったの?

:今まで持っていた自分の武器が使えないって思った瞬間から裸になっちゃって、「どうやって戦うんだろう? 私はこれから」って思って。それで「どうしようもない!」って叫んだら、それがオッケーになった(笑)。

--『わたしが愛すべきわたしへ』を出せたことで何か変わった?

:変わりましたね。表題曲の「わたしが愛すべきわたしへ」をライブの一番最後にやるようになったし。でもそれを一番最後にやってるってことは、その次を見せなきゃいけないんですよ。その曲の次の自分を見せなきゃいけなくて、その自分ってどんな自分だろうなって思ったんですよね。で、今作『スターシーカー』を作り始めて、「それでも鳴らす」と「二十歳の朝」って曲が最初に出来て。それらの曲では、まず過去の自分を浄化しようと思って。「それでも鳴らす」は、高校生の自分が一人きりになったときに、でも音楽は救ってくれて、「一人ぼっちでも掻き鳴らすんだ、この音を」っていう想いを書いたんですけど、そのタイミングで慎ちゃん(慎乃介/g)が病気になって。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 慎乃介(g)フィッシャー症候群の波紋~私は宇宙に行きたいんです
  3. Next >
慎乃介(g)フィッシャー症候群の波紋~私は宇宙に行きたいんです

--フィッシャー症候群ですね。

:それで「慎ちゃんに宛てる曲へ変えよう」って切り替えて。「それでも鳴らす このメロディーを 遠くまで それでも鳴らす このメロディーが 居場所だから」っていう歌詞を慎ちゃんの居場所にしようって思ったんです。元々自分に向けて書いた歌詞だったんですけど、意味合いが変わった。

--慎乃介がフィッシャー症候群になったと聞いたときは、どんな心境だったの?

蟲ふるう夜に『スターシーカー』インタビュー

:「え、慎乃介が!?」って感じですよ。いつもは年に一度も風邪ひかないようなバカなんで(笑)、「そんな人が?」って。それでメンバーも「どうする?どうする?」ってなっちゃったから、私が軸にならないといけないなって強く思って、周りが揺れてる中で真ん中に芯がなかったらこのままポキって折れちゃうから、その芯に私はなろうと思いました。

--それだけ危機的状況だったと。

:時期が時期だったんで。11月26日には様子がおかしくて、28日には入院したんで、12月4日の結成七周年記念の自主企画イベントには出れない。そんなこと一度もなかったですからね。誰かが病気になるとか、欠けるとか、一度もなかったんで……焦った。

--その中で開催した自主企画イベント(SuG、BACK-ON、Maison book girl、西村ひよこちゃん、GOMESSを招聘したイベント【MUSHIFEST2014】)にはどんな気持ちで臨んだんですか?

:始まる前は手が震えて……

--自分の中では、慎乃介不在でステージに立つって例えるならどれぐらい有り得ない状況なの?

:うーん……相当ヤバイ状況ですよ。スカート穿かずに学校通う感じです。

--それはヤバイね(笑)。というか、その例えで大丈夫?

:ハハハハ!

--要するに【MUSHIFEST2014】へはパンツ丸出しでステージに上がったと?

蟲ふるう夜に『スターシーカー』インタビュー

:でもお客さんが助けてくれた部分は大きかったですけどね。パンツ穿いてないけど……あ、パンツは穿いてるんだ! でもそれぐらい重要だった(笑)。あと、いざライブを始めてしまえば、ちゃんと曲の中の主人公になれましたね。「それでも鳴らす」から始まり、アンコールの最後を「二十歳の朝」で締めて、どちらも新曲だったから不安もあったけど、それしか思いつかなくて。セットリストが。慎ちゃんが居なくても「それでも鳴らす このメロディーが 居場所だから」って始まらないと、多分何をしていいか分からなくなっちゃう。誰も知らない曲を1曲目にやるのって怖いんですけど、だからこそそこに持ってくる意味もあると思うし、手書きの歌詞をお客さんに配ったんですけど。……とりあえず大変でした。

--初めてのことだらけだったし。

:でもピアノで歌うのも楽しくて、そこは藤澤有沙(key)ちゃんに救われました。あと、SuGの武瑠くんがMCで「ここで最高のライブして、ドキドキして、「楽しかった」って言葉、慎乃介さんに届けようぜ!」って言ってくれたり、そういうことによって救われた部分は大きかったです。

--あの日のライブがあっての『スターシーカー』だし、そう考えると慎乃介の一件がなければ作れなかったアルバムでもある訳ですよね。

:全然違う形になっていたと思います。

--1曲目「君という光、僕の走る道」なんて、慎乃介自身が病気になって感じた想いを作詞作曲したものですし。

蟲ふるう夜に『スターシーカー』インタビュー

:そうそう。1曲目は最初に聴いたときすごく感動して。慎ちゃんからある日送られてきたんですよ、慎ちゃんの仮歌入りで。そんなこと初めてで。それをあのタイミングでしたことには私は絶対意味があると思ってるけど、彼的には「たまたま」とか言うし、歌詞も「何も考えてない」とか言ってて(笑)。でも絶対に必然だったなって私は思ってるし、この曲で私が感動したその気持ちも絶対に嘘じゃないっていうか。

--作詞作曲:慎乃介の1曲目「君という光、僕の走る道」は「暗い道を走る僕」が主人公で、2曲目「スターシーカー」は作詞作曲:蟻だけど「ずっと走ってた君を 僕は見てたよ」になっている。これは全くの偶然だったらしいですね。

:そうなんですよ。おそらく「こういう曲にするからね」っていう打ち合わせなしでも、私がアルバム『蟲の声』から感じてきたこと、そこから『わたしが愛すべきわたしへ』を作っていく流れとか、頭じゃなく空気でいろいろ感じていたんだろうなって思います。

--メンバー4人別々の人間ではあるけど、4人で蟲ふるう夜にという一つの生き物になった証拠でしょうね。

:そうですね。

--2曲目「スターシーカー」はどんな経緯があって生まれた曲なの?

※スターシーカー / 蟲ふるう夜に (Mushifuru)
※スターシーカー / 蟲ふるう夜に (Mushifuru)

:昔から宇宙に憧れがあって。若くして死にたいっていう人があんまり好きじゃないんですけど、私は120歳まで生きるにはどうしたらいいかずっと考えてるんですよ(笑)。だって、60年前は日本でも戦争が起きていて、みんなひもじくて、でもどんどんどんどん進化していって、60年前からしたら想像もつかなかった今の状況がある訳ですよね。ということは、今の私が想像つかない未来が60年後に広がってるんだなと思って。それで私は宇宙に行きたいんですよ。最近、いきなり宇宙モードになってて、テレビをつけたら宇宙飛行士の人が出てたりとか、たまたま見た映画のモチーフが宇宙だったりとか、amazarashiさんの「スターライト」って曲を聴いてたりとか、そういうことが重なっていって、そしたら【MUSHIFEST】の日にファンの女の子から「蟲ふるう夜に」っていう名前の付いた星をプレゼントしてもらって。もし地球が終わっちゃったら、その星にみんなを住ませてあげたらいいんじゃないかなと思って、それが「スターシーカー」の元になってるんです。

--「蟲ふるう夜に」と名付けられた星はどんな星なの?

:とかげ座なんですよ。とかげ座のしっぽの下から2番目なんですけど、ちょっと赤くて。多分、赤い花が咲いてるんじゃないかって思ってるんです。彼岸花(ヒガンバナ)みたいな花が咲き乱れてて、そこでは生きるとか死ぬとかなくて、すべてがふわぁ~っとしているのを想像してるんですけど(笑)。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. GOMESSくんの力を借りたかった~新アルバムは薬じゃなく……
  3. Next >
GOMESSくんの力を借りたかった~新アルバムは薬じゃなく……

--そこでみんなで暮らそうと。

蟲ふるう夜に『スターシーカー』インタビュー

:そう。そこでみんなと……キャンプしようと思って。

--60年後に(笑)?

:そう。ちょっと邪魔な花は切って。

--それ、地球と同じことの繰り返しにならない(笑)?

:あー、繰り返しちゃいますね(笑)。

--今の話で何故か思い出したんですけど、先日、THE BACK HORNの山田将司(vo)とツイッターで絡んでましたよね?

:私、THE BACK HORNさんと出身校が一緒だったんですけど、この間、偶然初めてお会いしたんですよ。それで挨拶させて頂いたら、めちゃくちゃ良い人で。平賀さんのことも話しましたよ。将司さんが「あの人はアツいんだよ。まっすぐで。良いよね」って。

--本当に? もう今日のインタビューのとれ高OKです。満足。

:ちょっと!

--では、もうひとつ大事な曲の話を。GOMESSをフィーチャーした「同じ空を見上げてた featuring GOMESS」。

※【MV】GOMESS - LIFE
※【MV】GOMESS - LIFE

:GOMESSくんのことは前から知ってて、初めてフリースタイルを聴いたときに衝撃的で。そのイベントの主催者をディスってたんですよ、ひたすら(笑)。それですごく面白いなと思って、「【MUSHIFEST】に出てください」ってオファーして出てもらったんですけど、そのときにGOMESSくんが「今日初めてお姉ちゃんが観に来るんだ。俺のステージを初めて観てくれる」って言ってて、自分が引き篭もっていたときにそのお姉ちゃんは影で支えてくれていたみたいなんですね。その話が私と被って。私の弟が引き篭もっていたときに想う気持ちだとか、引きずり出した時期とか、そういうのをふわぁ~って思い出して。私の人生の中ですごく大きな出来事だったんで、いつかそれは歌にしなきゃとずっと思っていて、でも浄化されないと歌に出来ないじゃないですか。苦しすぎて。でも今なら歌に出来るかもしれないと思って、そこでGOMESSくんの力を借りたかったんですよね。ひとりじゃピースは足りない気がしてて。

--で、実際にふたりでやってみてどうだったんでしょう?

:私はずっと弟のことを考えていたつもりだったけど、弟目線の気持ちって知らなかったし、語ってもくれないし。でもGOMESSくんによって気付かされた部分もあって、この曲も大事に曲になりましたね。

--そんな濃厚な5曲を収録したアルバム『スターシーカー』、どんな作品に仕上がったなと感じていますか?

蟲ふるう夜に『スターシーカー』インタビュー

:うーん……やっぱりもう薬じゃないんですよね。

--では、何なんでしょう?

:何なんだろうなぁ? 玄米みたいなもんですかね(笑)?

--もうちょっと説明してみてもらってもいいですか?

:やっぱりステップがあるんですよ、健康になる為には。健康になりたいんだったら、まずはタバコをやめましょう。お酒もやめましょう。

--今、呑んでるけどね(笑)。

:その後は、白米をやめるんです。

--太るから?

:あれは砂糖ですから、全部。

--極端すぎるよ(笑)。

:炊飯器に入った砂糖ですから。で、行き着く場所は玄米。

--…………。

:これ、カットしてもらっていいですか?

一同:(笑)

--一番大事なところなのに!

蟲ふるう夜に『スターシーカー』インタビュー

:ここで良いインタビューになるかどうかの瀬戸際だっていうのは分かってるんです! なんですかねー。薬じゃなくて、何かなぁ? ……玄米超えるインパクトのあるものが思いつかない!

--じゃあ、玄米ってことで(笑)。

:薬ではないんです。薬ではない何か……その答えは皆さんで探してください。また来週(笑)!

--蟲ふるう夜にのインタビューがこんなに軽く終わっていいのかな?

:いいんじゃないですか? メリハリがあって良いと思う! かんぱーい!

一同:(笑)

Interviewer:平賀哲雄
Photo:Jumpei Yamada

Music Video

蟲ふるう夜に「スターシーカー」

スターシーカー

2015/04/01 RELEASE
SFCD-10006 ¥ 1,000(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.君という光、僕の走る道
  2. 02.スターシーカー
  3. 03.それでも鳴らす
  4. 04.二十歳の朝
  5. 05.(未定) featuring GOMESS

関連キーワード

TAG

関連商品

この世界に花束を
キミノオルフェ「この世界に花束を」

2019/02/06

[CD]

¥1,296(税込)

スターシーカー
蟲ふるう夜に「スターシーカー」

2015/04/01

[CD]

¥1,000(税込)

スターシーカー
蟲ふるう夜に「スターシーカー」

2015/04/01

[CD]

¥1,000(税込)

わたしが愛すべきわたしへ
蟲ふるう夜に「わたしが愛すべきわたしへ」

2014/06/04

[CD]

¥1,000(税込)

蟲の音
蟲ふるう夜に「蟲の音」

2012/08/22

[CD]

¥1,543(税込)

この世界に花束を
キミノオルフェ「この世界に花束を」

2019/02/06

[CD]

¥1,296(税込)

スターシーカー
蟲ふるう夜に「スターシーカー」

2015/04/01

[CD]

¥1,000(税込)

スターシーカー
蟲ふるう夜に「スターシーカー」

2015/04/01

[CD]

¥1,000(税込)

わたしが愛すべきわたしへ
蟲ふるう夜に「わたしが愛すべきわたしへ」

2014/06/04

[CD]

¥1,000(税込)

蟲の音
蟲ふるう夜に「蟲の音」

2012/08/22

[CD]

¥1,543(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    玉置浩二 オーケストラ公演の特別番組が9/16放送、安全地帯の甲子園球場ライブ&ソロアンコール公演情報も

  2. 2

    まだまだロングセールスを狙える?! miwa「リブート」の動き【Chart insight of insight】

  3. 3

    高橋優による野外音楽フェス1日目、ベリーグッドマン、クリープハイプ、ゴスペラーズら登場

  4. 4

    Perfume、東急田園都市線・東横線をジャック&本人出演CMスポット公開

  5. 5

    高橋優による野外音楽フェス2日目、柳葉敏郎、KANA-BOON、阿部真央、スカパラら登場

HOT IMAGES

注目の画像