Billboard JAPAN


Special Contents

10cc 来日記念特集

top

 全英1位、全米2位を記録した世紀の名曲「アイム・ノット・イン・ラブ」を筆頭に、数々のヒット曲を生み出してきた10cc。1970年代のデビューから個性豊かな作品を発表し、ブリティッシュ・ロックの歴史にその名を刻むグループとなった彼ら。2015年1月に、【ビルボードライブ】にてファン待望の来日公演を行う10ccの輝かしい歴史を振り返る。

10代の頃から音楽活動を開始、“ホットレッグス”結成への経緯

「A Groovy Kind Of Love」
▲ 「A Groovy Kind Of Love」 / The Mindbenders

 ブリティッシュ・ロックの歴史にその名を刻むグループ、10cc。曲名を知らなくても、「アイム・ノット・イン・ラブ」の切ないメロディとハーモニーは、誰もが一度は耳にしたことがあるだろう。70年代を代表するUKロックのグループであるが、彼らのことを的確に説明するのは難しい。レノン=マッカトニーやブライアン・ウィルソンに匹敵するソングライティング能力を持ったチームであり、トッド・ラングレンやスティーリー・ダンと並べても違和感のない高度で偏執狂的なサウンドを構築するバンドであることは確かだが、プログレッシヴ・ロックのようなコンセプチュアルな世界観を持っていたり、シニカルでユーラスな雰囲気で笑わせてくれるなど、一断面だけでは評価しきれない。逆にいえば、唯一無二のスタイルを持ったグループといってもいいだろう。

 10ccのオリジナル・メンバーは、グレアム・グールドマン、エリック・スチュワート、ロル・クレーム、ケヴィン・ゴドレイの4人。いずれも1940年代半ば生まれの同世代だ。しかも、クレームとゴドレイは少年時代から面識があり、グールドマンとゴドレイは同じ中学校に通っており、いずれも10代の頃から音楽活動を始めている。

 1963年にスチュワートはビート・グループのウェイン・フォンタナ&ザ・マインドベンダーズにギタリストとして参加。1965年には「Game Of Love」がヒットしたが、フォンタナが脱退したためスチュワートがメイン・ヴォーカルとなる。続く「A Groovy Kind Of Love」も、英米ともにチャートで2位を記録する大ヒット。ハーマンズ・ハーミッツのUSツアーに同行するなど、1968年に解散するまで精力的に活動を続けた。

「Baby Not Like You」
▲ 「Baby Not Like You」 / The Whirlwinds

 一方、グールドマンはザ・ホワールウィンズとして1964年にデビュー。その時、クレームの書いた「Baby Not Like You」を録音している。また、クレームとゴドレイはザ・セイバーズというバンドに在籍していたが、グールドマンが新たにザ・モッキンバーズを結成する際に、ゴドレイを引き抜いた。ちなみに、グールドマンがザ・モッキンバーズ用に書いた「For Your Love」は、後にザ・ヤードバーズがレコーディングし、彼らの代表曲となっている。しかし、ザ・モッキンバーズは成功せず、あっけなく解散。その後、グールドマンはソングライターとして様々なアーティストに楽曲提供している。そのうちのひとつが、ザ・マインドベンダーズであり、スチュワートと意気投合したことで、バンド解散後は一緒にストロベリー・スタジオを運営することになる。そして、スタジオ・ミュージシャンとして呼び寄せたのが、ゴドレイとクレームの2人だった。

 スチュワート、ゴドレイ、クレームの3人は、グールドマンが仕事で渡米中に、お遊びでレコーディング・セッションを行った。その時に作った「Neanderthal Man」という楽曲がレコード会社の耳にとまり、1970年にホットレッグス名義でリリースすると意外にも大ヒット。急遽アルバムも制作。ムーディー・ブルースとツアーを組むことになり、そこに合流したのがグールドマンである。こうして、10ccの4人がついに揃うことになるが、しばらくはスタジオ・ミュージシャンとしての活動が続いた。

10ccとしてのデビュー・シングル「ドナ / Donna」が全英2位に

「Donna」
▲ 「Donna (Live)」

 1972年に、彼らは一念発起。新たなレコード会社「UKレコード」が設立されたことを聞きつけ、契約を結ぶに至った。そのレーベル・オーナーであり、スチュワートの古くからの友人だったジョナサン・キングが、夢で見たというバンド名が「10cc」であり、彼ら4人組にその名を与えたという。そして、その年の8月にシングル「ドナ / Donna」でついにデビューを果たし、英国では2位を記録する大ヒット。翌1973年には「ラバー・ブレッツ / Rubber Bullets」が全英1位を獲得し、続くファースト・アルバム『10cc』も絶賛された。デビュー曲を聴けばわかるとおり、ビートルズを始めとするパロディと思われる楽曲が多く、ホットレッグスからの流れもあって、当時はコミック・バンドとして受け止められることも多かった。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 米国でのブレイク、世紀の名曲の誕生
  3. Next >
米国でのブレイク、世紀の名曲の誕生

「Silly Love」
▲ 「Silly Love (Live)」

 1974年にはセカンド・アルバム『シート・ミュージック / Sheet Music』を発表。前作に比べるとパロディ色は控えめになり、メンバーそれぞれのソングライティング能力の高さと、凝ったサウンド・プロダクションが魅力的な傑作に仕上がった。その後の作品にも関わっていくヒプノシスが手がけたアートワークも見どころといっていいだろう。本作からは「ウォール・ストリート・シャッフル / The Wall Street Shuffle」や「シリー・ラブ / Silly Love」といったシングル・ヒットを生んだ。英国だけでなく米国でもセールスを伸ばしたこともあり、初の全米ツアーも敢行している。

「I'm Not In Love」
▲ 「I'm Not In Love (Live)」

 さらに米国での成功を狙った彼らは、1975年にマーキュリーへ移籍。最高傑作とされる3作目の『オリジナル・サウンドトラック / The Original Soundtrack』を発表する。架空のサウンドトラックというコンセプチュアルな作風と、緻密なレコーディングによって構築されたポップ・チューンの数々はどこを切り取っても見事だが、なんといっても代表曲「アイム・ノット・イン・ラブ / I'm Not In Love」が収録されていることがポイントだ。この曲の幻想的なコーラス部分は、ダビングにダビングを重ね、なんと624声によるハーモニーだと言われている。シングル・カットされて世界中で大ヒットし、全英1位、全米でも2位という記録を残した。また、先行シングル「人生は野菜スープ / Life Is A Minestrone」のように彼ららしいコミカルなパワー・ポップも収録されており、10ccの持ち味が目一杯詰め込まれた名盤である。

メンバー間での対立、ゴドレイとクレームの脱退

「Art For Art's Sake」
▲ 「Art For Art's Sake (Live)」

 1976年には4作目のアルバム『びっくり電話 / How Dare You!』をリリース。本作からは「芸術こそ我が命 / Art For Art's Sake」や「アイム・マンディ / I'm Mandy, Fly Me」がヒット。ユニークながらハイレベルの音楽をクリエイトするバンドとして、確固たる地位を築いた。しかし、この頃からメンバー間で意見が衝突。ツアーを精力的に行いたいというスチュワートとグールドマンに対し、レコーディングに専念することを希望していたゴドレイとクレームは脱退を表明。彼らはゴドレイ&クレーム名義で音楽活動をすると同時に、ギター・アタッチメント「ギズモ」の開発に向かう。そして、80年代以降は映像クリエイターとしてデュラン・デュラン、ポリス、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドなどのプロモーション・ビデオを手がけている。

「Dreadlock Holiday」
▲ 「Dreadlock Holiday (Live)」

 残されたスチュワートとグールドマンは、サポート・メンバーだったドラマーのポール・バージェスをメンバーに迎えて10ccを継続。1977年に5作目のアルバム『愛ゆえに / Deceptive Bends』を発表した。危ぶまれていたとはいえ、本作からは「愛ゆえに / The Things We Do For Love」が大ヒット。その後、リック・フェン、スチュアート・トッシュ、トニー・オマーリーといったツアー・ミュージシャンを正式メンバーに加えて6人編成となり、初のライヴ・アルバム『イン・コンサート / Live And Let Live』もリリースした。翌1978年には個々のメンバーによる楽曲も含むヴァラエティ豊かな6作目『ブラディ・ツーリスト / Bloody Tourists』を発表。本作からはレゲエのリズムを取り入れた「トロピカル・ラヴ / Dreadlock Holiday」が全英1位を記録したが、1979年初頭にスチュワートが交通事故を起こし活動停止を余儀なくされる。

 しばしの沈黙と、80年代の波を受けて、10ccのサウンドは徐々に過去のものへとなっていく。1980年には7作目『ルック・ヒア / Look Hear?』、1981年には再びスチュワートとグールドマンの2人組に戻しての『ミステリー・ホテル / Ten Out Of 10』とリリースを続けるがセールスは不振に終わり、1983年に発表した『都市探検 / Windows In The Jungle』を最後に、10年あまりに及ぶバンドの歴史の幕を閉じた。スチュワートとグールドマンはそれぞれソロやユニットなどの活動を行い、独自の道を歩んでいく。

90年代に入り再結成、2012年には結成40周年ツアーを敢行

「Woman in Love」
▲ 「Woman in Love (Live)」

 90年代に入ると、10ccは突如活動再開。スチュワートとグールドマンの2人組であることに変わりはないが、デビューから20年を迎えた1992年に発表した再結成第一弾アルバム『ミーンホワイル / ...Meanwhile」には、ゴドレイとクレームもゲスト参加。久々に4人が顔を合わせる作品となった。1995年にはポール・マッカートニーも参加した『ミラー・ミラー / Mirror Mirror』を発表。本作が現時点での最新作となっている。

 その後は再び沈黙期間にはいるが、2002年には結成30周年を記念してツアーを敢行。オリジナル・メンバーはグールドマンのみだが、6人編成時代の盟友ポール・バージェスとリック・フェン、そして新たにマイク・スティーヴンスとミック・ウィルソンを加えた5人となった。このメンバーでは、さらに10年後の2012年に40周年ツアーも行った。そして、2015年には、ついに来日公演も決定。70年代のレジェンドが生み出した楽曲が、今なお新鮮に感じられるのは間違いない。ロック史における唯一無二の極上ポップ・ワールドを、目の前で確認してみてはいかがだろうか。

10cc「ベスト・オブ・10cc~ヒストリカル・ヴァージョン」

ベスト・オブ・10cc~ヒストリカル・ヴァージョン

2014/06/11 RELEASE
UICY-76233 ¥ 1,019(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.ドナ
  2. 02.ラバー・ブレッツ
  3. 03.ディーン・アンド・アイ
  4. 04.ウォール・ストリート・シャッフル
  5. 05.シリー・ラヴ
  6. 06.人生は野菜スープ
  7. 07.パリの一夜
  8. 08.アイム・ノット・イン・ラヴ
  9. 09.芸術こそ我が命
  10. 10.アイム・マンディ
  11. 11.愛ゆえに
  12. 12.グッド・モーニング・ジャッジ
  13. 13.トロピカル・ラヴ
  14. 14.恋人たちのこと
  15. 15.アンダー・ユア・サム
  16. 16.ウェディング・ベルズ
  17. 17.クライ
  18. 18.ネアンデルタール・マン

関連キーワード

TAG

関連商品

キンツギ
ダンカン・マッケイ「キンツギ」

2019/02/25

[CD]

¥3,457(税込)

スコアー
ダンカン・マッケイ「スコアー」

2019/02/25

[CD]

¥3,457(税込)

キメラ
ダンカン・マッケイ「キメラ」

2019/02/25

[CD]

¥3,457(税込)

キンツギ
ダンカン・マッケイ「キンツギ」

2019/02/25

[CD]

¥3,457(税込)

スコアー
ダンカン・マッケイ「スコアー」

2019/02/25

[CD]

¥3,457(税込)

キメラ
ダンカン・マッケイ「キメラ」

2019/02/25

[CD]

¥3,457(税込)

10CC
10CC「10CC」

2017/09/27

[CD]

¥2,640(税込)

ア・ピクチャー・オヴ・サウンド
ダンカン・マッケイ「ア・ピクチャー・オヴ・サウンド」

2017/09/25

[CD]

¥3,457(税込)

ア・ピクチャー・オヴ・サウンド
ダンカン・マッケイ「ア・ピクチャー・オヴ・サウンド」

2017/09/25

[CD]

¥3,457(税込)

アンソロジー
エリック・スチュワート「アンソロジー」

2017/08/12

[CD]

¥2,618(税込)

グレイテスト・ヒッツ
10cc ゴドレイ&クレーム「グレイテスト・ヒッツ」

2017/03/08

[DVD]

¥2,178(税込)

スコアー
ダンカン・マッケイ「スコアー」

2016/12/20

[CD]

¥2,970(税込)

キメラ
ダンカン・マッケイ「キメラ」

2016/12/20

[CD]

¥2,970(税込)

ライヴ・イン・コンサート
10cc「ライヴ・イン・コンサート」

2016/09/23

[CD]

¥3,520(税込)

オリジナル・サウンドトラック
10cc「オリジナル・サウンドトラック」

2014/11/26

[スーパーオーディオCD]

¥3,850(税込)

愛ゆえに +3
10cc「愛ゆえに +3」

2014/07/30

[スーパーオーディオCD]

¥4,715(税込)

愛ゆえに +3
10cc「愛ゆえに +3」

2014/07/30

[CD]

¥2,934(税込)

愛ゆえに +3
10cc「愛ゆえに +3」

2014/07/30

[CD]

¥3,981(税込)

シート・ミュージック
10CC「シート・ミュージック」

2013/11/20

[CD]

¥2,037(税込)

10CC
10CC「10CC」

2013/11/20

[CD]

¥2,037(税込)

愛ゆえに +3
10cc「愛ゆえに +3」

2013/02/20

[CD]

¥1,885(税込)

びっくり電話 +3
10cc「びっくり電話 +3」

2013/02/20

[CD]

¥1,885(税込)

グレアム・グールドマン・シング
グレアム・グールドマン「グレアム・グールドマン・シング」

2012/12/28

[CD]

¥2,777(税込)

ベスト・ヒット100 TVヒッツ
(オムニバス) 10cc アクア C.J.ルイス KISS MXPX アーロン・ネヴィル マルーン5「ベスト・ヒット100 TVヒッツ」

2010/04/07

[CD]

¥4,169(税込)

シート・ミュージック
10cc「シート・ミュージック」

2010/02/17

[CD]

¥2,551(税込)

10cc
10cc「10cc」

2010/02/17

[CD]

¥2,551(税込)

キメラ
ダンカン・マッケイ「キメラ」

2009/09/25

[CD]

¥3,143(税込)

ミステリー・ホテル +7
10cc「ミステリー・ホテル +7」

2008/11/26

[CD]

¥2,880(税込)

ルック! ヒア!! +2
10cc「ルック! ヒア!! +2」

2008/11/26

[CD]

¥2,880(税込)

イン・コンサート
10cc「イン・コンサート」

2008/11/26

[CD]

¥3,909(税込)

ブラディ・ツーリスト +3
10cc「ブラディ・ツーリスト +3」

2008/11/26

[CD]

¥2,880(税込)

愛ゆえに +3
10cc「愛ゆえに +3」

2008/11/26

[CD]

¥2,880(税込)

びっくり電話 +3
10cc「びっくり電話 +3」

2008/11/26

[CD]

¥2,880(税込)

シート・ミュージック
10cc「シート・ミュージック」

2008/08/27

[CD]

¥2,880(税込)

10CC
10cc「10CC」

2008/08/27

[CD]

¥2,880(税込)

グレイテスト・ヒッツ
10cc「グレイテスト・ヒッツ」

2008/05/28

[CD]

¥3,666(税込)

オリジナル・サウンドトラック+2
10cc「オリジナル・サウンドトラック+2」

2008/01/23

[CD]

¥2,880(税込)

ブラディ・ツーリスト +1
10cc「ブラディ・ツーリスト +1」

2007/06/13

[CD]

¥2,202(税込)

愛ゆえに +3
10cc「愛ゆえに +3」

2007/06/13

[CD]

¥2,202(税込)

びっくり電話 +1
10cc「びっくり電話 +1」

2007/06/13

[CD]

¥2,202(税込)

グレイテスト・ヒッツ
10CC&ゴドレイ&クレーム「グレイテスト・ヒッツ」

2007/06/06

[DVD]

¥3,981(税込)

都市探検+7
10cc「都市探検+7」

2007/03/14

[CD]

¥2,202(税込)

ミステリー・ホテル+7
10cc「ミステリー・ホテル+7」

2007/03/14

[CD]

¥2,202(税込)

ルック! ヒア!!+2
10cc「ルック! ヒア!!+2」

2007/03/14

[CD]

¥2,202(税込)

イン・コンサート
10cc「イン・コンサート」

2007/03/14

[CD]

¥3,565(税込)

オリジナル・サウンドトラック+2
10cc「オリジナル・サウンドトラック+2」

2007/03/07

[CD]

¥1,760(税込)

びっくり電話+1
10cc「びっくり電話+1」

2006/11/22

[CD]

¥1,728(税込)

シンクス:スクール・スティンクス
ホットレッグス「シンクス:スクール・スティンクス」

2006/06/28

[CD]

¥2,202(税込)

YAKEI~夜景の時間
丸々もとお 10cc クリスティーナ・ミリアン スウィング・アウト・シスター リタ・クーリッジ エルトン・ジョン ダイアナ・ロス ライオネル・リッチー「YAKEI~夜景の時間」

2005/12/21

[CD]

¥2,674(税込)

オリジナル・サウンドトラック+2
10cc「オリジナル・サウンドトラック+2」

2005/09/21

[CD]

¥1,512(税込)

オリジナル・サウンドトラック+2
10cc「オリジナル・サウンドトラック+2」

2005/07/21

[CD]

¥2,365(税込)

シート・ミュージック
10cc「シート・ミュージック」

2004/05/26

[CD]

¥2,365(税込)

10CC
10cc「10CC」

2004/05/26

[CD]

¥2,365(税込)

NO.1 ヒッツ
(オムニバス) 10cc ティアーズ・フォー・フィアーズ ザ・ビー・ジーズ ザ・コモドアーズ グローリア・ゲイナー ドナ・サマー ヴィレッジ・ピープル「NO.1 ヒッツ」

1999/06/23

[CD]

¥2,621(税込)

ブラディ・ツ-リスト
10cc「ブラディ・ツ-リスト」

1998/02/18

[CD]

¥1,800(税込)

愛ゆえに
10cc「愛ゆえに」

1998/02/18

[CD]

¥1,800(税込)

びっくり電話
10cc「びっくり電話」

1998/02/18

[CD]

¥1,800(税込)

オリジナル・サウンドトラック
10cc「オリジナル・サウンドトラック」

1998/02/18

[CD]

¥1,834(税込)

愛ゆえに
10cc「愛ゆえに」

1997/09/26

[CD]

¥1,296(税込)

愛ゆえに~10ccベスト
10cc「愛ゆえに~10ccベスト」

1996/12/21

[CD]

¥1,888(税込)

10CCイン・コンサート
10cc「10CCイン・コンサート」

1995/04/05

[CD]

¥3,356(税込)

びっくり電話:ハウ・デア・ユー
10cc「びっくり電話:ハウ・デア・ユー」

1994/11/06

[CD]

¥1,888(税込)

オリジナル・サントラ
10cc「オリジナル・サントラ」

1994/11/06

[CD]

¥1,888(税込)

チェンジング・フェイセズ
10cc ゴドレイ&クレーム「チェンジング・フェイセズ」

1993/03/21

[CD]

¥2,307(税込)

キンツギ
ダンカン・マッケイ「キンツギ」

2019/02/25

[CD]

¥3,457(税込)

スコアー
ダンカン・マッケイ「スコアー」

2019/02/25

[CD]

¥3,457(税込)

キメラ
ダンカン・マッケイ「キメラ」

2019/02/25

[CD]

¥3,457(税込)

キンツギ
ダンカン・マッケイ「キンツギ」

2019/02/25

[CD]

¥3,457(税込)

スコアー
ダンカン・マッケイ「スコアー」

2019/02/25

[CD]

¥3,457(税込)

キメラ
ダンカン・マッケイ「キメラ」

2019/02/25

[CD]

¥3,457(税込)

SHEET MUSIC
10cc「SHEET MUSIC」

2018/01/31

[CD]

¥2,640(税込)

LOOK HEAR?
10CC「LOOK HEAR?」

2018/01/31

[CD]

¥2,640(税込)

10CC
10CC「10CC」

2017/09/27

[CD]

¥2,640(税込)

ア・ピクチャー・オヴ・サウンド
ダンカン・マッケイ「ア・ピクチャー・オヴ・サウンド」

2017/09/25

[CD]

¥3,457(税込)

ア・ピクチャー・オヴ・サウンド
ダンカン・マッケイ「ア・ピクチャー・オヴ・サウンド」

2017/09/25

[CD]

¥3,457(税込)

アンソロジー
エリック・スチュワート「アンソロジー」

2017/08/12

[CD]

¥2,618(税込)

グレイテスト・ヒッツ
10cc ゴドレイ&クレーム「グレイテスト・ヒッツ」

2017/03/08

[DVD]

¥2,178(税込)

スコアー
ダンカン・マッケイ「スコアー」

2016/12/20

[CD]

¥2,970(税込)

キメラ
ダンカン・マッケイ「キメラ」

2016/12/20

[CD]

¥2,970(税込)

ライヴ・イン・コンサート
10cc「ライヴ・イン・コンサート」

2016/09/23

[CD]

¥3,520(税込)

オリジナル・サウンドトラック
10cc「オリジナル・サウンドトラック」

2014/11/26

[スーパーオーディオCD]

¥3,850(税込)

愛ゆえに +3
10cc「愛ゆえに +3」

2014/07/30

[スーパーオーディオCD]

¥4,715(税込)

愛ゆえに +3
10cc「愛ゆえに +3」

2014/07/30

[CD]

¥2,934(税込)

愛ゆえに +3
10cc「愛ゆえに +3」

2014/07/30

[CD]

¥3,981(税込)

シート・ミュージック
10CC「シート・ミュージック」

2013/11/20

[CD]

¥2,037(税込)

10CC
10CC「10CC」

2013/11/20

[CD]

¥2,037(税込)

愛ゆえに +3
10cc「愛ゆえに +3」

2013/02/20

[CD]

¥1,885(税込)

オリジナル・サウンドトラック
10cc「オリジナル・サウンドトラック」

2010/08/25

[スーパーオーディオCD]

¥4,715(税込)

ベスト・ヒット100 TVヒッツ
(オムニバス) 10cc アクア C.J.ルイス KISS MXPX アーロン・ネヴィル マルーン5「ベスト・ヒット100 TVヒッツ」

2010/04/07

[CD]

¥4,169(税込)

シート・ミュージック
10cc「シート・ミュージック」

2010/02/17

[CD]

¥2,551(税込)

10cc
10cc「10cc」

2010/02/17

[CD]

¥2,551(税込)

キメラ
ダンカン・マッケイ「キメラ」

2009/09/25

[CD]

¥3,143(税込)

ベスト・ヒット100 70’s
(オムニバス) エルトン・ジョン 10cc プレイヤー アレッシー オーリアンズ ジノ・ヴァネリ パブロ・クルーズ「ベスト・ヒット100 70’s」

2009/02/25

[CD]

¥4,169(税込)

ミーンホワイル +6
10cc「ミーンホワイル +6」

2008/11/26

[CD]

¥2,880(税込)

都市探検 +7
10cc「都市探検 +7」

2008/11/26

[CD]

¥2,880(税込)

ミステリー・ホテル +7
10cc「ミステリー・ホテル +7」

2008/11/26

[CD]

¥2,880(税込)

ルック! ヒア!! +2
10cc「ルック! ヒア!! +2」

2008/11/26

[CD]

¥2,880(税込)

イン・コンサート
10cc「イン・コンサート」

2008/11/26

[CD]

¥3,909(税込)

ブラディ・ツーリスト +3
10cc「ブラディ・ツーリスト +3」

2008/11/26

[CD]

¥2,880(税込)

愛ゆえに +3
10cc「愛ゆえに +3」

2008/11/26

[CD]

¥2,880(税込)

びっくり電話 +3
10cc「びっくり電話 +3」

2008/11/26

[CD]

¥2,880(税込)

シート・ミュージック
10cc「シート・ミュージック」

2008/08/27

[CD]

¥2,880(税込)

10CC
10cc「10CC」

2008/08/27

[CD]

¥2,880(税込)

グレイテスト・ヒッツ
10cc「グレイテスト・ヒッツ」

2008/05/28

[CD]

¥3,666(税込)

オリジナル・サウンドトラック+2
10cc「オリジナル・サウンドトラック+2」

2008/01/23

[CD]

¥2,880(税込)

ブラディ・ツーリスト +1
10cc「ブラディ・ツーリスト +1」

2007/06/13

[CD]

¥2,202(税込)

愛ゆえに +3
10cc「愛ゆえに +3」

2007/06/13

[CD]

¥2,202(税込)

びっくり電話 +1
10cc「びっくり電話 +1」

2007/06/13

[CD]

¥2,202(税込)

グレイテスト・ヒッツ
10CC&ゴドレイ&クレーム「グレイテスト・ヒッツ」

2007/06/06

[DVD]

¥3,981(税込)

都市探検+7
10cc「都市探検+7」

2007/03/14

[CD]

¥2,202(税込)

ミステリー・ホテル+7
10cc「ミステリー・ホテル+7」

2007/03/14

[CD]

¥2,202(税込)

ルック! ヒア!!+2
10cc「ルック! ヒア!!+2」

2007/03/14

[CD]

¥2,202(税込)

イン・コンサート
10cc「イン・コンサート」

2007/03/14

[CD]

¥3,565(税込)

オリジナル・サウンドトラック+2
10cc「オリジナル・サウンドトラック+2」

2007/03/07

[CD]

¥1,760(税込)

びっくり電話+1
10cc「びっくり電話+1」

2006/11/22

[CD]

¥1,728(税込)

シンクス:スクール・スティンクス
ホットレッグス「シンクス:スクール・スティンクス」

2006/06/28

[CD]

¥2,202(税込)

YAKEI~夜景の時間
丸々もとお 10cc クリスティーナ・ミリアン スウィング・アウト・シスター リタ・クーリッジ エルトン・ジョン ダイアナ・ロス ライオネル・リッチー「YAKEI~夜景の時間」

2005/12/21

[CD]

¥2,674(税込)

オリジナル・サウンドトラック+2
10cc「オリジナル・サウンドトラック+2」

2005/09/21

[CD]

¥1,512(税込)

オリジナル・サウンドトラック+2
10cc「オリジナル・サウンドトラック+2」

2005/07/21

[CD]

¥2,365(税込)

シート・ミュージック
10cc「シート・ミュージック」

2004/05/26

[CD]

¥2,365(税込)

10CC
10cc「10CC」

2004/05/26

[CD]

¥2,365(税込)

ブラディ・ツ-リスト
10cc「ブラディ・ツ-リスト」

1998/02/18

[CD]

¥1,800(税込)

愛ゆえに
10cc「愛ゆえに」

1998/02/18

[CD]

¥1,800(税込)

びっくり電話
10cc「びっくり電話」

1998/02/18

[CD]

¥1,800(税込)

オリジナル・サウンドトラック
10cc「オリジナル・サウンドトラック」

1998/02/18

[CD]

¥1,834(税込)

愛ゆえに
10cc「愛ゆえに」

1997/09/26

[CD]

¥1,296(税込)

愛ゆえに~10ccベスト
10cc「愛ゆえに~10ccベスト」

1996/12/21

[CD]

¥1,888(税込)

10CCイン・コンサート
10cc「10CCイン・コンサート」

1995/04/05

[CD]

¥3,356(税込)

びっくり電話:ハウ・デア・ユー
10cc「びっくり電話:ハウ・デア・ユー」

1994/11/06

[CD]

¥1,888(税込)

オリジナル・サントラ
10cc「オリジナル・サントラ」

1994/11/06

[CD]

¥1,888(税込)

チェンジング・フェイセズ
10cc ゴドレイ&クレーム「チェンジング・フェイセズ」

1993/03/21

[CD]

¥2,307(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード 2019年間 HOT 100】米津玄師「Lemon」計5冠で日米ビルボード HOT 100史上初の2年連続制覇達成<12/6修正>

  2. 2

    【ビルボード 2019年間 シングルセールス】AKB48がTOP3独占、乃木坂46、BTSが続く

  3. 3

    Spotifyが2019年の日本・世界の音楽シーンを振り返るランキングを発表

  4. 4

    『BOURGEOIS MAGAZINE』カバーモデルにSixTONESのジェシー、イ・ハイ、 片寄涼太

  5. 5

    【ビルボード 2019年間 TOP Artists】上半期に続きあいみょんが米津玄師を抑え総合1位に

SPECIAL

インタビュー・タイムマシン

more

more

HOT IMAGES

注目の画像