Billboard JAPAN


Special Contents

【#BJMA】2014年ビルボードジャパン・チャート解析/兼田弘子

【BJMA】特集


チャートで遊んでみた


 今回公開された体験型イヤーエンドチャートを拝見しますと、音楽の楽しみ方が変化してきている中で、チャートも進化している事を体感する事ができました。
この楽曲はオンエアが強かった!この楽曲はパッケージとルックアップの動きがほぼ一致している!などとチャートを動かすたびに発見があって面白いですね。
特に興味深いのがツィート指標で、リリース前からツィートでの盛り上がりが高いアーティスト傾向が見えたり、アーティストの動きとツィートの動きがリンクしていたりと「2014年のチャートで遊んでみる」の文言通り時間を忘れて遊んでしまいました。

 チャートの中で注目したい楽曲は、映画『STAND BY ME ドラえもん』の主題歌だった秦 基博さんの「ひまわりの約束」ですね。
映画の大ヒットで劇場だけでなくTVやラジオなどでも耳にする機会も多かったように思いますが、8月のリリースから12月まで全ての指標でランクインし続けているチャートの動きを見ると、映画やラジオで楽曲の良さを知り、口コミで広がり、CDや配信で聴いたり(もちろんドワンゴジェイピーのダウンロードも好調です!)、レンタルして聴いたりと幅広いユーザーに支持された楽曲であったのではないかと感じました。まだまだチャートの勢いが止まっていないので、この全指標ランクインの記録がどれだけ伸びるのかが楽しみです。

 今年の「Artist of the Year」は投票とカラオケで決まるそうです。ファンの熱いパワーでランキングがいくらでも変動しそうでまさに予測不能。みなさんと一緒に2015年1月16日のランキング発表を楽しみに待ちたいと思います。

BJMA2014


兼田弘子 株式会社ドワンゴ ドワンゴジェイピープロデューサー。株式会社ドワンゴ モバイル事業本部にて「いろメロミックス」時代から音楽配信サービスを担当し、現「dwango.jp(ドワンゴジェイピー)」サイトプロデューサー。

関連キーワード

TAG

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【先ヨミ】Kis-My-Ft2『Luv Bias』16.9万枚で現在シングル1位

  2. 2

    BTS、『MTV Unplugged』でコールドプレイのカヴァーを含む計5曲を披露「出演できて光栄」

  3. 3

    【ビルボード】Mr.Children 『SOUNDTRACKS』がチャートイン2週目でDLアルバム首位を獲得

  4. 4

    宮本浩次の単行本『宮本浩次』本人の直筆タイトル入り表紙が公開

  5. 5

    ダフト・パンク、解散発表後に全米でのストリーミングが急増 最も再生された楽曲は?

HOT IMAGES

注目の画像