Billboard JAPAN


Daily News

【ビルボード】若林暢の追悼アルバム、5週連続でクラシックチャートにトップ5入り

  • 若林暢「【ビルボード】若林暢の追悼アルバム、5週連続でクラシックチャートにトップ5入り」1枚目/1

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、若林暢の追悼アルバム2枚の同時チャートイン。両作ともに、これで5週連続のトップ5入りとなった。CDリリース記念追悼リサイタル全国ツアーが6月末にファイナルを迎えた後も、引き続き各メディアにて注目を集め上位をキープ。どこまで記録を伸ばしてくれるのか楽しみだ。

 続く3位と4位には第156回直木賞と2017年本屋大賞のダブル受賞となり、大きな話題となっている小説『蜜蜂と遠雷』のコンピアルバムが、こちらも2枚同時に上位チャートイン。6月にリリースされた『蜜蜂と遠雷 ピアノ全集[完全盤]』が上位だが、5月発売の『蜜蜂と遠雷 音楽集』は9週連続でのチャートイン記録を更新し、衰えぬ人気ぶりを示している。

 また第5位にはエリアフ・インバル、東京都交響楽団によるショスタコーヴィチ・シリーズ第5弾『ショスタコーヴィチ:交響曲 第8番』のSACDハイブリッド盤がチャートイン。同コンビによるショスタコーヴィチは、交響曲第4番で第50回レコード・アカデミー賞交響曲部門賞を受賞するなど高い評価を得ており、ファンの期待が見えるチャートとなった。text:yokano

◎【Billboard JAPAN Top Classical Albums】トップ10
1位『ヴァイオリン愛奏曲集』若林暢
2位『ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集』若林暢
3位『蜜蜂と遠雷ピアノ全集[完全盤] 』
4位『蜜蜂と遠雷音楽集』
5位『ショスタコーヴィチ:交響曲第8番』エリアフ・インバル東京都交響楽団
6位『0歳からの育脳クラシック』
7位『月の光~リサイタル・ピース第1集』反田恭平
8位『ツィゴイネルワイゼン~名曲コレクション』三浦文彰
9位『チャイコフスキー&メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲』三浦文彰
10位『J.S.Bach:Solo Works for Marimba』加藤訓子

Special Contentsmore

s**t kingz インタビュー ―10th anniversary―
s**t kingz インタビュー ―10th anniversary―
結成10周年を迎えたs**t kingzの現在までの経緯、アニバーサリー・ライブへの意気込みを語る。
FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 音楽評論家・渋谷陽一をゲストに迎えた番組トークvol.4を公開
FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 音楽評論家・渋谷陽一をゲストに迎えた番組トークvol.4を公開
「桑田さんは“普通であること”を常に意識しているんです」
シェネル インタビュー
シェネル インタビュー
J-POPと世界をつなぐ歌姫が見据える未来とは?
【Live Hackasong 参加企業インタビュー】レコチョク
【Live Hackasong 参加企業インタビュー】レコチョク
昨年に続いての参加となったハッカソンに期待することや、テクノロジーと音楽の関係についてインタビュー
FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集!
FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集!
小林克也をゲストに迎えた番組トークvol.3を公開
【Live Hackasong 参加企業インタビュー】ネストビジュアル
【Live Hackasong 参加企業インタビュー】ネストビジュアル
360VR、体験型インタラクティブ、MRデバイスであるHoloLensなどの企画制作を行うネストビジュアル。MRの可能性、そしてハッカソンに期待することについてインタビュー。
ジャクソン・ブラウン 来日直前インタビュー
ジャクソン・ブラウン 来日直前インタビュー
デビュー45周年を迎え、"ドリーム・バンド"と称するメンバーでのジャパン・ツアーを前に、音楽評論家の天辰保文がインタビューを敢行
ソウライヴ来日記念特集
ソウライヴ来日記念特集
ジャム・バンド・シーンを牽引する名バンドのヒストリーに辿る

Chartsmore