Billboard JAPAN


Daily News

【ビルボード】夭逝のヴァイオリニスト若林暢のデビュー作が首位に返り咲き

  • 若林暢「【ビルボード】夭逝のヴァイオリニスト若林暢のデビュー作が首位に返り咲き」1枚目/1

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、若林暢の「ヴァイオリン愛奏曲集」が前週より、ポイントを約4倍伸ばし首位に返り咲いた。

 若林暢は2016年6月に58歳の若さで亡くなったヴァイオリニスト。カーネギーホールでのデビューリサイタルはニューヨーク・タイムズでも絶賛されるなど世界では高い評価を受けていたが、日本ではあまりその名が知られることはなく、本作がデビュー作となっている。そして2位も若林暢の「ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集」が前週より、2ランクアップしチャートイン。7月15日からベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ヴィオラ奏者のワルター・ケスナーによる第二弾チャリティコンサートが開催されているため、来週以降もチャートを賑わせそうだ。

 そして、今週も恩田陸の「蜜蜂と遠雷」コンピレーションアルバムが3位と5位にチャートイン。いずれも、ほぼ同じポイントでセールスを積み上げている。また、イ・ムジチ合奏団による「ヴィヴァルディ:四季」が6位にチャートイン。イ・ムジチ合奏団は、7月14日まで全国7カ所8公演の日本ツアーを開催し、全公演で後半にヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲「四季」を取り上げている。

◎【Billboard JAPAN Top Classical Albums】トップ10
1位『ヴァイオリン愛奏曲集』若林暢
2位『ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集』若林暢
3位『蜜蜂と遠雷ピアノ全集[完全盤]』
4位『モーツァルト:ピアノ・ソナタ集』グレン・グールド
5位『蜜蜂と遠雷音楽集』
6位『ヴィヴァルディ:四季』I Musici
7位『0歳からの育脳クラシック』
8位『月の光~リサイタル・ピース第1集』反田恭平
9位『ドラマティック・ブラームス』千住真理子
10位『ディズニー・オン・クラシック~まほうの夜の音楽会 15周年記念ライブ・ベスト』

Special Contentsmore

NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
来年デビュー55年目を迎えるストーンズが、今なぜ最初期のライヴを発表したのか。原点回帰しながらも未来を見据える彼らの姿勢とは。
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
数々のダンス・クラシックを生んだスーパー・グループの軌跡。

Chartsmore