Billboard JAPAN


Daily News

“ライブ体験の拡張”を目指すハッカソン、ビルボードライブ東京にて最終審査が開催

 <ライブ体験の拡張>をテーマとし、ビルボードジャパンとCiP協議会の共催のもと行われた【LIVE MUSIC HACKASONG】。2016年11月にスタートした同ハッカソンの最終審査および表彰式が、2017年1月26日にビルボードライブ東京にて行われた。

 3か月という期間が設けられたロングラン開催となったこのハッカソン。“ライブ”と“テクノロジー”を組み合わせることで新たなライブ体験を生み出すべく、Dentsu Lab Tokyo、TOSHIBA、napster、レコチョクの4社から技術提供を受けた参加者たちが、全10チームに分かれて技術開発の成果を発表し競い合った。

 テーマがライブ(生)ということもあり、いくつかのチームの発表では、実際に音楽ライブでの実演が行われた。Jazztronik・野崎良太による新しい音楽カルチャープロジェクトMusilogue、そして、現役大学生シンガーソングライターSETAとその音楽プロデュースを手掛けるギタリスト佐橋佳幸の2組が、実際に開発された技術のデモを使用しながら、会場に集まった観客の前でパフォーマンスを披露した。

 審査には各審査員に加え、一般の来場者も投票で参加。モデレーターはお笑いコンビ・カラテカの入江慎也が務め、緊張感に包まれた会場を和ませるMCでイベントを進行した。そして、最優秀賞を受賞したのはメンバー全員が入江と同世代だというチーム<ライブアース>。Napster APIからアクセスできる膨大な楽曲情報データを用い、ライブ撮影のカメラスイッチングを自動化する装置『LiveCJ』を開発した。また、優秀賞には、チーム<Software Defined Media (SDM)>の開発した、3次元の任意視聴点から自由にライブ映像・音声を再生することができるシステムが選ばれた。

 その他に各審査員賞も発表。Jazztronik・野崎良太賞を、チーム<team-kite>の誰でもドローンパフォーマンスが可能となるアプリケーションが、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社賞を、チーム<SETA>の可視化したアーティスト生体データをライブ演出に加える装置が、東急不動産次世代技術センター賞を、チーム<R.T.D.>によるアーティストの“投げキッス”に反応してうちわを光らせるシステムがそれぞれ受賞した。株式会社クリエイティブマンプロダクション賞は、最優秀賞を受賞したチーム<ライブアース>に贈られ、同チームが2冠を達成する形となった。<ライブアース>の開発した『LiveCJ』は、ビルボードライブ東京エントランスにて1か月間展示されることが決定している。

 また、当日はLINE LIVEでの生中継も実施。現在、その放送のアーカイブ映像が、ビルボードジャパンLINEアカウントにて視聴することができる。


◎アーカイブ放送
『Live Music Hackasong 最終発表&表彰式』
https://live.line.me/channels/432

◎イベント情報
【Live Music Hackasong 最終発表&表彰式】
日程:2017年1月26日(木)
会場:ビルボードライブ東京
<参加企業>
Dentsu Lab Tokyo / 東芝  / Napster / レコチョク
<出演>
Musilogue Band / SETA with Guitar:佐橋佳幸
<審査員>
中村 伊知哉(審査員長) / 岡崎卓(審査員) / 佐々木渉(審査員) / 平山善成(審査員) / 入江 慎也(モデレーター) / 佐藤千尋(モデレーター) / 野崎良太(Jazztronik)

BB1
ジャズトロニック「BB1」
2017/12/20
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
GOODPEOPLE
野崎良太 with GOODPEOPLE 野崎良太「GOODPEOPLE」
2017/06/14
[CD]
¥2,160(税込)
購入画面へ
Private Edits
Jazztronik「Private Edits」
2016/10/19
[CD]
¥2,160(税込)
購入画面へ
ビューティフル・マジック
寺地美穂 増崎孝司 佐橋佳幸 田中義人 クリヤ・マコト 金子隆博 種子田健 納浩一「ビューティフル・マジック」
2016/07/20
[CD]
¥3,024(税込)
購入画面へ
Keystone
Jazztronik「Keystone」
2016/06/08
[CD]
¥3,000(税込)
購入画面へ
バモ・ラ・ブラジル
ジャズトロニック リリアナ・チャチアン Ryota Nozaki Taroma Koshida Tomohisa Himeno Masanori Amakura Ichiro Fujiya Takeshi Kurihara「バモ・ラ・ブラジル」
2014/06/25
[CD]
¥2,808(税込)
購入画面へ
ブルーノート・ストリート
(オムニバス) Jazztronik SOIL&“PIMP”SESSIONS MURO Kyoto Jazz Massive DJ KAORI Toshio Matsuura Group Sunaga t experience「ブルーノート・ストリート」
2007/11/21
[CD]
¥2,880(税込)
購入画面へ
BEAUTIFUL HOUSE
(オムニバス) Fantastic Plastic Machine Jazztronik STUDIO APARTMENT DAISHI DANCE MAKAI アナンダ・プロジェクト GTS「BEAUTIFUL HOUSE」
2007/11/21
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
ブルーノート・ストリート
(オムニバス) Jazztronik SOIL&“PIMP”SESSIONS MURO Kyoto Jazz Massive DJ KAORI Toshio Matsuura Group Sunaga t experience「ブルーノート・ストリート」
2007/11/21
[CD]
¥2,880(税込)
購入画面へ
the REMIXES PART:Ⅰ
Jazztronik「the REMIXES PART:Ⅰ」
2006/03/29
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
TOKYO Jz TRIPPIN’
青木カレン 須永辰緒 野崎良太 12フィンガーズ シカニア・ソウル ソウル・クオリティ・カルテット 高宮永徹 西嶋徹「TOKYO Jz TRIPPIN’」
2006/01/11
[CD]
¥3,086(税込)
購入画面へ
en:Code
Jazztronik「en:Code」
2005/12/07
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
CANNIBAL ROCK
Jazztronik「CANNIBAL ROCK」
2005/08/31
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
Nu Balance
Jazztronik「Nu Balance」
2005/02/23
[CD]
¥2,786(税込)
購入画面へ
JAZZTRONICA!!
Jazztronik「JAZZTRONICA!!」
2005/02/09
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
ヒップホップ / ラップを世界に知らしめた伝説的ユニットが遂に来日!
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
モータウン黄金期を築いた世界一ソウルフルなギタリストからの返答は読みごたえあり
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。

Chartsmore