Billboard JAPAN


Daily News

【ビルボード】ブルーノ・マーズが洋楽チャート11週目のNo.1、話題のCMソングが急上昇

  • ブルーノ・マーズ「【ビルボード】ブルーノ・マーズが洋楽チャート11週目のNo.1、話題のCMソングが急上昇」1枚目/1

 ブルーノ・マーズの「24K・マジック」が、11週目の首位をマークした、2017年1月16日付のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”。

 今週、Twitter指標のみで洋楽勢TOPとなったものの、全指標でバランスよくポイント積み上げて、1位をキープした「24K・マジック」。遂に11週目の1位となったことで、洋楽チャート首位最長記録更新も目前となっている。今のところ、記録を保持しているのは、13週にわたり1位を記録したテイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」。とはいえ、2位との差は100ポイントあまりで、今後エド・シーランの新曲やブルーノよりも長くチャートインしているにも関わらず勢いが衰えない、今週3位の「クローサー feat.ホールジー」ザ・チェインスモーカーズと首位交代も十分あり得る展開なので、次週の順位が鍵になってくるだろう。

 CMに起用されている楽曲たちもランクを上げてきており、先週15位に初エントリーを果たしたスウィートボックス「ライフ・イズ・クール」は5位、ゼッド「ビューティフル・ナウ feat.ジョン・ベリオン」は6位に初登場、さらにはマーク・ロンソン「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」も先週から順位を上げ、7位にランクイン。いずれもCMで流れたことがきっかけで、デジタル・セールスを軸に、動画再生回数とストリーミングでポイントを稼いでいる。

 今週8位のジェイムス・アーサー「セイ・ユー・ウォント・レット・ゴー~最愛の君へ」と9位のザ・エックス・エックス「オン・ホールド」は、今月リリースされる新作のプロモーションを兼ねたエアプレイが好調で、今週初のTOP10入りを果たした。


◎【Hot Overseas】トップ10
1位「24K・マジック」ブルーノ・マーズ
2位「恋人たちのクリスマス」マイケル・ブーブレ
3位「クローサー feat.ホールジー」ザ・チェインスモーカーズ
4位「モスト・ワンダフル・タイム・オブ・ザ・イヤー」ブライアン・セッツァー・オーケストラ
5位「ライフ・イズ・クール」スウィートボックス
6位「ビューティフル・ナウ feat.ジョン・ベリオン」ゼッド
7位「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」マーク・ロンソン
8位「スターボーイ feat.ダフト・パンク」ザ・ウィークエンド
9位「セイ・ユー・ウォント・レット・ゴー~最愛の君へ」ジェイムス・アーサー
10位「オン・ホールド」ザ・エックス・エックス

Special Contentsmore

Anly 1stアルバム『anly one』インタビュー
Anly 1stアルバム『anly one』インタビュー
伊江島出身の20歳は、初めてのアルバムで何を歌いたかったのか
甲斐よしひろ インタビュー
甲斐よしひろ インタビュー
「エド・シーランもそうですけど、 いま本当にシンガーソングライターが要求されている感じがします」
NGT48『青春時計』インタビュー
NGT48『青春時計』インタビュー
NGT48、いよいよメジャーデビュー。
少女たちの熱くてピュアな想い―――解禁。
A Closer Look at Spotify Live
A Closer Look at Spotify Live
注目のアーティストのライブセッションを世界へ発信する人気プログラム“Spotify Live”の第一弾国内アーティストの配信がスタート。一体どんなプログラムなのか?一つずつ紐解いていきましょう。
桑田佳祐 ソロ活動30周年イヤースタート。
桑田佳祐 ソロ活動30周年イヤースタート。
今年、ソロデビュ-30周年を迎える桑田佳祐から目が離せない!
スコット&リバース最新作『ニマイメ』発売記念特集
スコット&リバース最新作『ニマイメ』発売記念特集
約4年ぶりの2枚目!新作の魅力を豪華なゲスト・ラインアップの紹介とともに紐解く
大塚 愛『LOVE HONEY』インタビュー
大塚 愛『LOVE HONEY』インタビュー
歌うことの楽しさも取り戻した大塚 愛による、待望の新アルバム『LOVE HONEY』完成。
 サバイバル化が進む音楽シーンにおける彼女の生き方。そして本音と夢。
スプーン 来日インタビュー
スプーン 来日インタビュー
ブリットが語る最新作『ホット・ソーツ』、プリンス&ボウイの魅力、フクロウカフェ。

Chartsmore