Billboard JAPAN


Special

<インタビュー>ONE N' ONLYの旅はまだまだ続く! 最新作『Departure』メンバーの推し曲は?



インタビューバナー

 今年デビュー5周年を迎えたONE N' ONLYが、2ndアルバム『Departure』を5月17日にリリースした。同作は1月からスタートした5か月連続リリースの集大成となる作品で、「Get That(PT-BR ver.)」「We'll rise again」といった連続リリースの楽曲はもちろん、ポップ、ロック、ヒップホップ、EDM、ラテンetc. あらゆるジャンルを横断した新曲10曲を収録。グループの意欲的な姿勢を感じさせる、全16曲の大ボリューム作となっている。
 今回のインタビューでは、メンバーがそれぞれアルバムの推し曲をチョイス。活動を重ねてきた今だからこそできる表現について語ってくれた。(Interview:吉田可奈/Photo:Yuma Totsuka)

多忙なスケジュールの中でのアルバム制作
スキルアップした今だからこそできる曲

――5周年を迎え、連続リリースが続きましたが、ついに集大成となるアルバム『Departure』が発売されます。収録曲数もかなり多い、盛りだくさんのアルバムとなりましたね。

HAYATO:5か月連続リリースの曲ももちろん収録されていますし、新曲の量も多いんですよ。なので、“これまでの曲をただ入れただけじゃないよ!”という心意気がめちゃくちゃ詰まっている、スペシャルな1枚になっているんです。

――となると、この制作期間は相当大変だったと思うのですが……。

一同:大変でした!(笑)。

HAYATO:リリースイベントもずっとあったし、レコーディングもずっとしていた印象だったので、すごく忙しかったですね。

TETTA:ワンエン史上一番忙しかったんじゃない……?

EIKU:SWAGにもたくさん会えたよね。

TETTA:映画『バトルキング(!!‐We’ll rise again‐』の舞台挨拶もあったしね。すごく充実していました。さらにラテンアメリカツアーもあって、EBiDAN THE PARADE、ワンマンツアーもありますし、その先に成長している自分たちがいると信じてやるしかないと思っていたんです。


Photo:Yuma Totsuka

――すべてのことが同時進行だったんですね。

REI:二刀流ですよ!二刀流!

一同:二刀流!?(笑)違くない!?

REI:違う!?(笑) 

KENSHIN:いまの発言、ちゃんと書いておいてくださいね(笑)。

――わかりました(笑)。楽曲もジャンルレスでカラフルですが、それぞれの推し曲を教えてください。

REI:僕は「Call me」が一番好きですね。中毒性もありますし、TikTokでもバズりやすい要素をもっているなって思っていて。サウンドもレゲエ調なので、ボイストレーニングの先生と相談したときに、リズムを後ろに置くことがこんなにも大事なんだなって気づいたんです。この南米での活動でいろいろ得た僕たちだからこそ発信できる歌詞でもあるので、いろんな方に聴いてもらいたいですね。

――難しい曲ですよね。

REI:そうなんですよね。ちょっとライブが怖いです(笑)。なので、安心できるまでもっとちゃんと仕上げたいですね。


Photo:Yuma Totsuka

――この曲を制作した方はONE N’ ONLYとは初めてのお仕事ですよね。

HAYATO:そうなんです。なので、すごく新鮮なんですよ。今回は新しくいろんな方に楽曲をお願いしたので、レコーディングも今までの感じとまったく違ったんです。この曲はデモを頂いて、そこからは自分たちでいろいろやらせていただいてからレコーディングをしたんです。さらにいつもの音楽プロデューサーであるJUNEさんの曲とはまた違うアプローチで歌っていたので、経験値がすごく上がった気がします。

――ちなみにHAYATOさんのおすすめの曲は何ですか?

HAYATO:僕は1曲目の「CIRCLE」が好きですね。実は、この曲は2年前にJUNEさんに作っていただいて、温めていた曲なんです。その当時からすごく好きで、今回お願いしてアルバムに入れてもらったんです。この曲は初めてのラップチームだけの曲になるので、かなり思い入れが強いんです。

――もし2年前に歌っていたら、きっと今とはまた違う仕上がりになっていたかもしれないですね。

HAYATO:そう思います。みんなのスキルも上がっているし、ラッパーとして表現力も良くなっているからこそ、歌えた曲になっているんです。ただ、この曲に描かれている僕たちが伝えたいメッセージは、ずっと変わっていないんです。変わっていないだけでなく、より深くなっている気がします。そこも伝わったら嬉しいですね。


Photo:Yuma Totsuka

――ラップチームのKENSHINさん、NAOYAさんはいかがでしたか?

KENSHIN:この曲は歌っていてすごく難しかったですね。ラップはテクニカルで、技術面でやらなくちゃいけないことが詰まっていたので、1個1個解析しながらやっていました。

HAYATO:本当に難しいんだよね。

KENSHIN:うん。この曲自体は、いまHAYATOが言ったように2年前からあったんですが、その時は自分の中にうまく落とし込めなかったんです。その難しいイメージのまま、今回アルバムに収録するときに、“どうしたらちゃんと歌えるのかな”ってすごく悩んだんです。でもこの2年間に経験したことや、勉強などがちゃんと形になっていたようで、歌えたことが嬉しかったですし、特別な曲になったなと思います。それに、これまでボーカル3人の曲はあったんですが、僕たちラップチームの曲があってもいいんじゃないかなと思っていたので、実現してすごく嬉しかったですね。そういう意味では、すごく大事な曲ですし、メッセージ性も強いので、たくさんの方に聴いてもらいたいです。

NAOYA:もともとこのラップチームで歌いたいねというのはずっと話していたので、やっと叶った特別な曲になりました。さらに、この曲が1曲目に来ること自体、いい意味でみんながビックリするんじゃないかなと思うんです。この曲には内に秘めた強さがあるんですよ。サウンドがすごく強いわけじゃないし、フックも落ち着いているんだけど、新しい何かがアクセントになったらいいなと思いながら歌いました。たぶん、このフックは2年前だったら歌えなかったと思うんです。本当に、いまだからこそ歌える曲になりました。


Photo:Yuma Totsuka

――この曲はライブでのパフォーマンスがどうなるのか、すごく楽しみですね。

HAYATO:かなり攻撃的になりそうですよね。レコーディングをし終わる前に、楽曲を順番に並べたことがあったんですよ。そしたら、この曲がやっぱり気合が入るよねって話していて。すごくいい1曲目になったと思います。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. KENSHIN/NAOYA/TETTA/EIKUの“推し曲”は?
  3. Next >


KENSHIN/NAOYA/TETTA/EIKUの“推し曲”は?

KENSHIN:あと、僕は「Set a Fire」が好きですね。

HAYATO:いいよね~!

KENSHIN:今回のアルバムには、攻撃的な曲や妖艶な曲が多いんですが、この曲はいい意味でパーティー感のある、ライトな曲なんですよね。こういう個性的な曲はSWAGのみんなも大好きだと思いますし、ライブでこういう曲をやると、みんなが大騒ぎしてくれると思うので、絶対に化けると思うんです。ONE N’ ONLYのライブがどうやったらもっとよくなるのかなって考えたときに、もっとみんなが参加できて、“ワンエンのライブって楽しいよね”という武器があと一つあれば、もっと強くなるって思っていたんです。この曲はそういうスパイスになると思うので、楽しんでもらいたいですね。


Photo:Yuma Totsuka

TETTA:南米でも盛り上がりそうだよね。野外でやっても良さそう!

KENSHIN:うん!すごく盛り上がりそう!

NAOYA:僕はブラジルとの距離をタイトルにした「10,000miles」が好きです。個人的にすごく好きなサウンドですし、この曲はブラジルでライブをしている僕たちだからこそ歌える曲だって思うんです。距離はすごく離れているけど、いつでも南米のSWAGのことも思っているし、離れていても一緒だよという気持ちを表現しました。

「10,000miles」MV

――こうやって数字にすると、本当に遠いですよね。

NAOYA:そうなんですよ。それにもかかわらず、こうやって支持してくれる方がいるというのは本当にありがたいですね。歌詞もすごく素敵なので訳してみてもらいたいですね。

TETTA:僕も「10,000miles」が好きですね。作詞した「Reflection」は思い入れが強くて好きなんですが、前回のインタビューでたっぷり話したので……(笑)(<インタビュー>ONE N' ONLY、セルフプロデュースの新曲「Reflection」で描いたグループの今と未来)。「10,000miles」は、SWAGのことを第一に考えている本当の気持ちを描いているんです。今までの僕たちの楽曲の中で、一番洋楽に近い気がします。

REI:そうだね。英語の歌詞だし。

TETTA:僕が普段よく聴くような洋楽のサウンドに近いですし、なにより強すぎないんです。優しいけどしっかりと心に届くサウンドがすごく好きなのですごくオススメです。


Photo:Yuma Totsuka

――JK-POPと洋楽らしさが詰まった、本当に濃い曲が並びますね。

EIKU:濃いですよね。僕も制作に関わった「Reflection」もいいですが、通常版のみに収録される「Be Alright」が好きですね。今回、ギターのレコーディングもさせていただいたんですが、メロディもめちゃくちゃいいですし、歌詞もすごく素敵なんです。日々頑張っていても、気持ちが崩れてしまう時ってあると思うんですよね。そういう時は、何かエールをというよりかは、寄り添うように “つらい時は一人じゃないよ”“大丈夫だよ”“僕たちがいるよ”って伝えたいと思いながら歌ったんです。

――ライブで聴いたら泣いてしまいそうですね。

EIKU:歌う方も泣いちゃいますね(笑)。そういう曲になるんじゃないかなって思います。


Photo:Yuma Totsuka

――本当にぎゅっと詰まったアルバムを楽しみにしている人たちにメッセージをお願いします。

HAYATO:今回、5周年プロジェクトの中で、毎日本当に充実した日々を過ごしていますが、このアルバムがその連続リリースの集大成となります。タイトルにも出発という意味の『Departure』を掲げて、加速させていきたいなという思いがありますし、この春ツアーを大成功させたら、次につながるし、しっかり着実に新しい進化したワンエンを見せていきたいですね。5周年のスペシャル感、とめどない感情を一緒に感じてもらえたらなと思います。それに、一緒に感じてもらえたらいいなと思っています。

KENSHIN:ライブは絶対に楽しいので、遊びに来てください!

サイン入りチェキをプレゼント!

サイン入りチェキを抽選で1名様にプレゼント!

Billboard JAPANの公式Twitterアカウント(@Billboard_JAPAN)をフォロー&ハッシュタグ「#ワンエン_BBJ」をつけて、ツイートしたら応募完了です。下記注意事項をご確認の上、ふるってご応募ください!
・応募締め切り:2023年5月31日(水)23:59
・当選者の方には、@Billboard_JAPANよりDMをお送りします。当選時に@Billboard_JAPANをフォローされていない場合、当選は無効となります。

ONE N’ ONLY「Departure」

Departure

2023/05/17 RELEASE
ZXRC-2098 ¥ 3,300(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.CIRCLE
  2. 02.OPEN
  3. 03.We’ll rise again
  4. 04.Step Up
  5. 05.Set a Fire
  6. 06.Departure
  7. 07.Hunt
  8. 08.Get That (PR-BR ver.)
  9. 09.Reflection
  10. 10.LUCKY
  11. 11.Good Day
  12. 12.YOU???
  13. 13.Last Forever
  14. 14.Call me
  15. 15.10,000miles
  16. 16.Be Alright

関連キーワード

TAG

関連商品

You are/Hook Up
ONE N’ ONLY「You are/Hook Up」

2023/12/06

[CD]

¥2,750(税込)

You are/Hook Up
ONE N’ ONLY「You are/Hook Up」

2023/12/06

[CD]

¥8,250(税込)

Departure
ONE N’ ONLY「Departure」

2023/05/17

[CD]

¥3,300(税込)

Departure
ONE N’ ONLY「Departure」

2023/05/17

[CD]

¥8,250(税込)

We’ll rise again
ONE N’ ONLY「We’ll rise again」

2023/03/08

[CD]

¥1,100(税込)

We’ll rise again
ONE N’ ONLY「We’ll rise again」

2023/03/08

[CD]

¥1,100(税込)

YOUNG BLOOD
ONE N’ ONLY「YOUNG BLOOD」

2022/02/16

[CD]

¥2,530(税込)

YOUNG BLOOD
ONE N’ ONLY「YOUNG BLOOD」

2022/02/16

[CD]

¥2,530(税込)

YOUNG BLOOD
ONE N’ ONLY「YOUNG BLOOD」

2022/02/16

[CD]

¥8,250(税込)

ON’O
ONE N’ ONLY「ON’O」

2020/04/15

[CD]

¥4,000(税込)

ON’O
ONE N’ ONLY「ON’O」

2020/04/15

[CD]

¥3,000(税込)

ON’O
ONE N’ ONLY「ON’O」

2020/04/15

[CD]

¥2,500(税込)

Category/My Love
ONE N’ ONLY「Category/My Love」

2019/10/16

[CD]

¥1,200(税込)

Category/My Love
ONE N’ ONLY「Category/My Love」

2019/10/16

[CD]

¥1,200(税込)

Category/My Love
ONE N’ ONLY「Category/My Love」

2019/10/16

[CD]

¥1,200(税込)

Dark Knight
ONE N’ ONLY「Dark Knight」

2019/05/08

[CD]

¥1,019(税込)

Dark Knight
ONE N’ ONLY「Dark Knight」

2019/05/08

[CD]

¥1,019(税込)

Dark Knight
ONE N’ ONLY「Dark Knight」

2019/05/08

[CD]

¥1,019(税込)

I’M SWAG
ONE N’ ONLY「I’M SWAG」

2018/11/21

[CD]

¥1,019(税込)

I’M SWAG
ONE N’ ONLY「I’M SWAG」

2018/11/21

[CD]

¥1,019(税込)

I’M SWAG
ONE N’ ONLY「I’M SWAG」

2018/11/21

[CD]

¥1,019(税込)

You are/Hook Up
ONE N’ ONLY「You are/Hook Up」

2023/12/06

[CD]

¥2,750(税込)

You are/Hook Up
ONE N’ ONLY「You are/Hook Up」

2023/12/06

[CD]

¥8,250(税込)

Departure
ONE N’ ONLY「Departure」

2023/05/17

[CD]

¥3,300(税込)

Departure
ONE N’ ONLY「Departure」

2023/05/17

[CD]

¥8,250(税込)

We’ll rise again
ONE N’ ONLY「We’ll rise again」

2023/03/08

[CD]

¥1,100(税込)

We’ll rise again
ONE N’ ONLY「We’ll rise again」

2023/03/08

[CD]

¥1,100(税込)

YOUNG BLOOD
ONE N’ ONLY「YOUNG BLOOD」

2022/02/16

[CD]

¥2,530(税込)

YOUNG BLOOD
ONE N’ ONLY「YOUNG BLOOD」

2022/02/16

[CD]

¥2,530(税込)

YOUNG BLOOD
ONE N’ ONLY「YOUNG BLOOD」

2022/02/16

[CD]

¥8,250(税込)

ON’O
ONE N’ ONLY「ON’O」

2020/04/15

[CD]

¥4,000(税込)

ON’O
ONE N’ ONLY「ON’O」

2020/04/15

[CD]

¥3,000(税込)

ON’O
ONE N’ ONLY「ON’O」

2020/04/15

[CD]

¥2,500(税込)

Dark Knight
ONE N’ ONLY「Dark Knight」

2019/05/08

[CD]

¥1,019(税込)

Dark Knight
ONE N’ ONLY「Dark Knight」

2019/05/08

[CD]

¥1,019(税込)

Dark Knight
ONE N’ ONLY「Dark Knight」

2019/05/08

[CD]

¥1,019(税込)

I’M SWAG
ONE N’ ONLY「I’M SWAG」

2018/11/21

[CD]

¥1,019(税込)

I’M SWAG
ONE N’ ONLY「I’M SWAG」

2018/11/21

[CD]

¥1,019(税込)

I’M SWAG
ONE N’ ONLY「I’M SWAG」

2018/11/21

[CD]

¥1,019(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    BE:FIRSTが新しい自己表現に挑戦、ユニリーバ・ジャパンのアニバーサリーキャンペーン

  2. 2

    【ビルボード】ENHYPEN『ROMANCE : UNTOLD』、30万枚超を売り上げアルバム・セールス首位獲得 TWICE/JIMINが続く

  3. 3

    <コラム>Da-iCEのSNSアイコンが突如“氷結状態”に――『FAIRY TAIL』主人公・ナツが鍵を握る? “氷結”の真相を解き明かす

  4. 4

    <インタビュー>29年ぶりの来日を控えるテイク・ザットが語る、新たな章の始まり『ディス・ライフ』を引っさげた“キャリア最高のツアー”

  5. 5

    【深ヨミ】『GONG/ここに帰ってきて』で13作連続のSGセールス首位を記録 SixTONESのシングル販売動向を調査

HOT IMAGES

注目の画像