Billboard JAPAN


Special

THE ALFEE『The 2nd Life -第二の選択-』インタビュー



THE ALFEE『The 2nd Life -第二の選択-』インタビュー

 春の全国ツアー【Best Hit Alfee 2021 春の夢のつづき】に夏の横浜アリーナ公演【THE ALFEE 2021 Summer Baby, Come Back!】がまたもやコロナ禍で中止……苦しい現実に追い詰められながらも希望を捨てず戦う3人の想い。その生き様が反映された70枚目のシングル『The 2nd Life -第二の選択-』についてはもちろん、約2年間会えていないファンや話題沸騰中の配信番組『Come on! ALFEE !! ~LIVE & チャット & 生トーク~』等についても語ってもらった。ぜひご覧頂きたい。

相次ぐコンサート中止「それでも準備だけは常にし続ける」

--昨年末のインタビューで「音楽やライブが不要不急」と言われることに対しての音楽人の想いを語って頂いて、さらに「希望を持って、春を待ちましょう!」というメッセージに胸打たれた読者の皆さんも多かったのですが、2021年はどんなモードで音楽と対峙されていますか?

高見沢俊彦:「希望を持つしかないな」という気持ちは今も変わらないですね。

坂崎幸之助:「ツアーをやろう、ライブをやろう」と言っては中止になっているわけですけど、これの繰り返しの先に「やれるようになっていくんだろうな」と信じてはいます。

高見沢俊彦:僕らは準備はずっとし続けているんですよ。

坂崎幸之助:それで様子を見ては……

高見沢俊彦:「やっぱりダメか」を繰り返している。でも世の中の状況を把握しながら進めていかないと出来ないですからね。コロナ禍が続いているこの状況下で「やる」となったら大変なことになりますから。

--全国ツアー【Best Hit Alfee 2021 春の夢のつづき】全公演中止が決まったときはどんな心境になりましたか?

高見沢俊彦:もう「残念! でも、仕方ないな」ですよ! しょうがない! それだけです。そうやって気持ちをしずめるしかないですからね。

桜井賢:自分たちだけじゃなくて、世界中がそうなっていますからね。だから日本がどんなに良い方向に向かったとしてもね、国民の皆さんが心のどこかで「パンデミックになっている」と感じているうちはライブなんて出来ないし、これは地球全体の問題じゃないですか。そういう意味では「時間はかかるんだろうな」と思いますが、でもそういう状況下でのやり方とかはちゃんとあると思うんで、それに則って出来る時代がすぐ近くにやってくるとは思っています。インフルエンザと同じように毎年予防接種するような形になっていくとは思うんですけど、でもそうなればコンサートツアーも出来るだろうし。ただ、今は時期が早いかなということで、春のツアーだけじゃなく夏の横浜アリーナ公演【THE ALFEE 2021 Summer Baby, Come Back!】も諦めるしかなかったんです。

坂崎幸之助:今は「あっちはライブやっているけど、こっちはやっていない」みたいな状況になっていて、いろいろバランスは難しいなと思うんですけど、でも結局は自分たちで決断するしかないですからね。で、僕らの場合は「まだこの状況では早いかな」と判断しただけで。「あっちはやってんじゃないか」と思う方もいらっしゃると思うんですけど、それぞれのやり方や対策があるので、そこは一概に何が正しいとは言えない。

--そうですね。規模や感覚の違いはそれぞれありますし。

坂崎幸之助:やっぱり僕らは僕らで「どうなったらやれるか。その為にどんな準備をしておくか。いつからライブを再開するか」ともうずっと考え続けているし、その予定通りに進められない状況に繰り返し陥っているだけで。この夏の状況は3月の時点では分からなかったからね。ただ、それでも準備だけは常にし続けて、いつでもツアーができる状況にしておかないと。「ツアーできそうな雰囲気になりました。じゃあ、来週からやりましょう!」というわけにはいかないからね(笑)。だからいつでもやれる準備だけはしておく。結果的に中止になったとしても、そうやってまたライブが出来る時期を待つしかないし、その繰り返しの先に「いつかまた通常通りのライブができる」と希望を持って進んでいくしかないですよね。

THE ALFEE『The 2nd Life -第二の選択-』インタビュー

--中止になった公演が多いということは、それだけ準備し続けているということですもんね。

坂崎幸之助:リハーサルもやってるし、ゲネプロもやってるからね。

--コロナ禍における音楽家の在り方、戦い方。高見沢さんはどんな風に考えていますか?

高見沢俊彦:アーティストやバンドによってそれぞれ違うし、正解はひとつではないと思う。そのバンドの成り立ちとか在り方によって変わりますからね。ただ、僕らの場合のやり方という形はあります。THE ALFEEは通常より多くリリースしていて、この1年で3枚もシングルを出していますから、これまでのローテーションより頻度が高いんですよね。それは「やっぱり新曲を作り続けることが未来に繋がる」と思っているからで。ライブが出来る未来、次のステージを待ち続ける為に新曲をリリースしていく。それが僕が思うミュージシャンとしての在るべき形だと思っています。

--音楽を作り続けていくことだけは止めてはいけないと。

高見沢俊彦:もうひとつは「このコロナ禍においてコンサートの代わりに何ができるか」という考えから生まれた配信番組『Come on! ALFEE !! ~LIVE & チャット & 生トーク~』ですね。「あ、こういうことが出来るんだ」と気付けたのは大きい。コンサートのMCみたいなことを番組でやっているだけなんですけど、あれによってファンとのコミュニケーションを成立させることが出来たというのは、ひとつ光明ではありました。なので、この先にコンサートツアーが実現できる状況になったとしても、あの番組は続けていこうと思っています。今の時代だからこそ出来ることだと思うし、世界中で観られるわけですから。ま、言葉の壁はあるかもしれないですけど……

坂崎幸之助:いや、でも言葉の壁があっても喜んでくれている海外のファンもいるんですよ。外国の幼いお子さんが「ALFEE KITCHEN」を観て喜んでいたみたいで。3人でカツ丼を作っていたんですけど、高見沢がたまねぎを切らずに丸ごとカツ丼用の鍋に入れちゃって、それを観てゲラゲラ笑っていたらしい。

桜井賢:言葉いらないじゃん。あれは世界共通で笑えるんだよ(笑)。

高見沢俊彦:日本語を勉強するのにTHE ALFEEの動画をずっと観ていたらしいんだけど、そんなのばっかり観ていたから、ある日「え、この人たち、音楽家だったんだ!」って気付いたらしくて。

一同:(爆笑)

高見沢俊彦:3人とも芸人さんだと思っていたみたい(笑)。でもそれって今の時代ならではだよね。昔だったら考えられないことだった。なので、コンサートが出来ない分、そうやって配信にシフトしていくのは新しいやり方なのかなって。

NEXT PAGE
  1. 配信番組「元気な3人の姿を見せることができる「よかったな」」
  2. Next >

配信番組「元気な3人の姿を見せることができる「よかったな」」

--あの番組は、トークやお笑いでお客さんの気を引く下積み時代もあったTHE ALFEEだからこそ出来ることですよね。

高見沢俊彦:それは曲を聴かせる為にやっていたことだけどね。笑わせる為にやっていたわけではなくて(笑)。でもたしかに当時からコントとかやっていましたからね。『Come on! ALFEE !! ~LIVE & チャット & 生トーク~』の生配信で28分のコントをやったんですけど、あれはすごい自信になりましたよ。

桜井賢:やめないんだもん(笑)。

坂崎幸之助:元々は15分ぐらいの予定だったんですよ。

高見沢俊彦:アドリブで気付いたら28分経っていた(笑)。でもそっちのほうが面白いじゃないですか。配信番組は僕らのことを好きな人しか観ていないわけですから、その辺は自由にやっちゃったほうがいいかなと思って。

--今、ファンへの想いはどのように膨らんでいたりしますか?

高見沢俊彦:とにかく僕らが元気でいること。これがファンの為にいちばん大切なことだなと思っています。とにかく3人揃って元気でいれば何とかなると思ってますから。

坂崎幸之助:本当にその通りで。僕らも「このバンドが終わることはない」と信じていますし、やっぱりファンのみんなに対しては「再会するときにはお互いに元気でいましょう」と思っているので。今、コロナ禍がいつまでも収束しない状態に誰もがモヤモヤしているじゃないですか。ファンの人たちもそれはいっしょで、僕らにライブをしてほしい人もいれば「いや、まだやらないでください」と思っている人もいるだろうし、分断されている可能性があるんですよ。そういう状況がモヤモヤの原因になっていると思うんです。

桜井賢:無観客ライブがいいのか、有観客ライブがいいのか。

坂崎幸之助:そうそう。そういう分断されちゃっている状態を少しでも早く取り除いて、みんなが同じ気持ちでライブができる日を待ち望んでいるので、それまでは絶対に元気でいなきゃいけないなって思いますし、ファンのみんなにも元気でいてほしいと思いますよね。

THE ALFEE『The 2nd Life -第二の選択-』インタビュー

--だからこその「中止」という決断をしているわけですもんね。ステージも客席も100%満足できるライブをする為には「まだ今は出来ない」という決断。

坂崎幸之助:モヤモヤした状況では出来ませんからね。

高見沢俊彦:緊急事態宣言が発令されている状況下では、地方からこっちに出てきたりするのも大変ですから。

坂崎幸之助:県跨ぎになっちゃうからね。

高見沢俊彦:そういうことも考えちゃうと「まだ難しいよな」って。

坂崎幸之助:地方の方は、地元で東京ナンバーの車を見ると「来ないでくれ」と思うような状況ですからね。そうなるとなかなか難しい。

--桜井さんはファンに対してどんな想いを抱かれていますか?

桜井賢:今は配信番組があるので、そこで元気な3人の姿を見せることができるじゃないですか。それ以前は、私の場合はあんまり世の中に顔を出さないもんですから「あいつは元気なのか?」っていう状況で(笑)。2人はラジオとかテレビとか出る機会も多いんですけど、俺は何にもなかったんで、取材があるときは写真を撮ってSNSに上げてもらったりしていたんですけど、たぶんファンの皆さんも心配していたと思うんですよね。でも配信番組を始めてからは元気な姿をお見せできているので、それは「よかったな」と思っています。それがきっとファンの人にとっては嬉しいことだと思うので。

坂崎幸之助:あと、ツアーが出来ていた時期もやっぱり「地元から出られないから行けない」という方々はいらっしゃって。そういう人たちが月に何回か生配信で3人の姿が観られる状況になったのも良いですよね。番組内で最新のライブ映像をお届けしたりもしているので、それは嬉しいんじゃないかな。コントもそうですけど(笑)。

THE ALFEE『The 2nd Life -第二の選択-』インタビュー

--そういう意味では、先日の『第9回明石家紅白!』への出演もファンにとっては嬉しいニュースだったでしょうね。

坂崎幸之助:こういう時期だからこそ、ああいう番組に出て行けるのは僕らも嬉しかったですね。さんまちゃんは本当に古くからの付き合いで、彼が『ヤングおー!おー!』(1969年から1982年まで放送されたバラエティ番組)に出ていた頃から絡んでいて、高見沢が「真っ赤なウソ」という楽曲を提供したりもしているので、何かあるとすぐに呼んでくれるんですよ。そういう関係が良いですよね。こっちのキャラも分かってくれているので、すごく動きやすいんですよ。あと、あの番組には若いアーティストもたくさん出演していて(花澤香菜、Kis-My-Ft2、Creepy Nutsなどなど)。僕らが『ザ・ベストテン』や『ザ・トップテン』によく出ていた時期を知らない人たちがほとんどですよね。そこで演奏できたことも嬉しかったし、出演者の人たちも喜んでくれたし。

--視聴者も含めて、そこで新しくTHE ALFEEを知っていく人たちがいるのは面白いですよね。

坂崎幸之助:皆さんが生まれたときにはもう活動していて、だから名前や存在は知ってくれているんですけど、実際に演奏する姿を初めて観る人たちがいるというのも、そこでいろんな感想が聞けたことも面白かったですね。

--デビュー47周年を迎えても、どれだけ大御所になっても、常に新しいリスナーに会いに行く。これもTHE ALFEEならではの活動スタイルですよね。

高見沢俊彦:そうですね。やっていることはそんなに変わっていないんですよ、デビュー当時から。特に何十周年を目指してとかじゃなくて「自分たちがやりたい音楽を続ける為には何が必要なのか」それだけを考えてきたんで。その為には「ヒット曲が必要なんだな」とかね。それで悩んだ時期もありましたけど、今やりたいことを常にやってきたし、それを聴いてもらってきただけで。そしたら独自の存在になったっていう。ブームというモノが自分たちの場合はあったのか分からないし、まだこれから来るかもしれないし(笑)。でもどんなときも自分たちの発信したい音楽を作っていく。音楽は時代時代に流行りがあるけど、それに迎合してきたわけではないし。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. アフターコロナが題材の新曲「次の新しい人生をどう生きるか」
  3. Next >

アフターコロナが題材の新曲「次の新しい人生をどう生きるか」

--いつの時代も独自路線を走ってきましたよね。

高見沢俊彦:ただ、アコースティックなモノからハードなモノまでいろんなスタイルの音楽をやってきたので、音楽的にはかなり多岐に渡っている幅広いバンドだとは思います。だから何でも出来るんじゃないですかね。ここでアコギを持って歌うこともできるし、もちろんバンドでもできるし、楽器を置いて喋ることもできる(笑)。それが配信番組にも繋がっているわけですから、これはなかなか稀有だと思いますけどね。あと、人は何に食いつくか分からないじゃないですか。僕らはミュージシャンなので、もちろん音楽がいちばんなんですけど、CDが売れないとか音楽業界が苦しいとか言われている今の時代は特に持ってるパワー、いわゆるアーティストパワーが必要ですよね。で、僕らの場合はそのパワーを音楽以外にお笑いでも少し持っているのかなって(笑)。

--そんなTHE ALFEEのあらゆるパワーが詰め込まれたニューシングル『The 2nd Life -第二の選択-』がリリースされます。どんな想いやイメージから制作された楽曲なんでしょうか?

高見沢俊彦:今のこの時期の想いを反映させているんですけど、いちばんはアフターコロナ。コロナ禍が終わったあとにみんなどう生きていくのか。そこから新しい生活になるじゃないですか。いろんな面で随分やり方が変わると思うんですよ。コンサートの形態も変わるだろうし、あらゆる業種も働き方も変わるだろうし、そんなアフターコロナにおける「希望の歌」を作りたいなと思ったんです。セカンドライフと聞くと「リタイヤしたあとの人生」みたいなイメージだけど、そうじゃなくて「次の新しい人生をどう生きるか」という想いを込めている。そういう意味では、自分たちに向けてのメッセージソングでもあります。あとは、今の僕らがいちばん表現したいこと=「THE ALFEEがここにいるぞ」というメッセージを届ける為の楽曲でもありますね。

桜井賢:歌詞にも出てくるんですけど、あたりまえのことがあたりまえにできない時代じゃないですか。でも、ただ我慢しているだけって無理じゃないですか。そこに希望がないと人間は我慢できない。そういう意味では、少しでも「希望を感じてもらえたらな」と思って歌っています。これは僕らがここまで来たから歌える曲ではあるんだけど、同世代から若い人たちまで共感できる内容だと思うので、広い世代の心に届いたらいいなって思いますね。

坂崎幸之助:俺は最初に『The 2nd Life -第二の選択-』というタイトルだけ見たときに「いよいよ高見沢も隠居かな」と思って。

一同:(爆笑)

坂崎幸之助:「隠居して釣りでも行くのかな」って。

高見沢俊彦:釣り、やんないし(笑)!

坂崎幸之助:でも歌詞を読んだらそういう意味じゃなくて、次の新しい時代へ向けての希望の歌になっていて。コロナ禍が明けたときには、隠居どころか、これまでの鬱憤が爆発して、経済も良くなって、みんなアクティヴになっていくと思うので……それが何年先かは分からないですけど、それを信じて、希望に向かって生きていく為のメッセージソングですよね。

高見沢俊彦:でも、最近の渋谷とか見ていると「もうコロナ禍から明けたんじゃないか」と錯覚するよね。「これ、緊急事態宣言中なんだよね?」みたいな状況になってるじゃない?

坂崎幸之助:みんな、もう我慢できなくなっているんだよ。

THE ALFEE『The 2nd Life -第二の選択-』インタビュー

--多くの居酒屋さんが要請無視せざるを得ない状態になって、そこに若者の行列ができていたりしますもんね。

高見沢俊彦:誰かに任せられなくなっちゃったから、もう自分のことは自分で守るしかないし、自分の生活は自分で決める。そういう感覚になっちゃったんだろうね。

坂崎幸之助:去年はみんな言うこと聞いて自粛していたけど、この夏でダブルスタンダードが顕著になってきちゃって。だから「なんだよ!」という反発がそういう状況を招いているんだろうね。そういう意味では、それぞれがそれぞれに自分たちの未来を決めなきゃいけなくなっている。誰かが「はい、今日でコロナ禍が終わりました!」と決めるわけじゃないし。だから自分のセカンドライフは自分で判断してスタートしていくしかない。

桜井賢:でも、アレだよね。コロナ禍になってから風邪ひかなくなったよね?

--常にマスクしているんで、風邪知らずにはなりましたね。

桜井賢:我々は職業柄マスクはよくしていましたけど、手洗いとうがいとマスクをちゃんとしていれば、風邪はひかないんだということをみんな知った。風邪薬が売れなくなっているらしいですから。そうやって生活様式って変わっていくんですよね。

高見沢俊彦:新しい時代ですよね。そういう状況下だからこそ『The 2nd Life -第二の選択-』という新曲も生まれたわけで。

坂崎幸之助:コロナ禍の前にこのタイトルでリリースしていたら本当に……

高見沢俊彦:年齢的に「とうとうTHE ALFEEも隠居か」って思われる(笑)。

坂崎幸之助:山口百恵さんのマイクみたいにギター置いてな(笑)。

高見沢俊彦:まぁでも夏のコンサートも中止になって大変だからな。もう完全に火の車なんで、皆さん、ニューシングル『The 2nd Life -第二の選択-』をぜひお買い求めください。火の車というか、もう車がない状態なんで(笑)。

桜井賢:スペアタイヤが1本あるだけ。

一同:(爆笑)

桜井賢:タイヤだけあっても意味がないっていう(笑)。

坂崎幸之助:みんなで『The 2nd Life -第二の選択-』を聴きましょう!

THE ALFEE『The 2nd Life -第二の選択-』インタビュー

Interviewer:平賀哲雄

関連キーワード

TAG

関連商品

Joker -眠らない街-
THE ALFEE「Joker -眠らない街-」

2020/12/09

[CD]

¥1,100(税込)

Joker -眠らない街-
THE ALFEE「Joker -眠らない街-」

2020/12/09

[CD]

¥1,100(税込)

友よ人生を語る前に
THE ALFEE「友よ人生を語る前に」

2020/09/02

[CD]

¥1,100(税込)

友よ人生を語る前に
THE ALFEE「友よ人生を語る前に」

2020/09/02

[CD]

¥1,100(税込)

友よ人生を語る前に
THE ALFEE「友よ人生を語る前に」

2020/09/02

[CD]

¥1,100(税込)

友よ人生を語る前に
THE ALFEE「友よ人生を語る前に」

2020/09/02

[CD]

¥1,100(税込)

あなたに贈る愛の歌
THE ALFEE meets The KanLeKeeZ「あなたに贈る愛の歌」

2017/05/24

[CD]

¥1,100(税込)

あなたに贈る愛の歌
THE ALFEE meets The KanLeKeeZ「あなたに贈る愛の歌」

2017/05/24

[CD]

¥1,100(税込)

あなたに贈る愛の歌
THE ALFEE meets The KanLeKeeZ「あなたに贈る愛の歌」

2017/05/24

[CD]

¥1,100(税込)

あなたに贈る愛の歌
THE ALFEE meets The KanLeKeeZ「あなたに贈る愛の歌」

2017/05/24

[CD]

¥1,100(税込)

今日のつづきが未来になる
THE ALFEE「今日のつづきが未来になる」

2016/05/25

[CD]

¥1,100(税込)

Going My Way
THE ALFEE「Going My Way」

2014/08/06

[CD]

¥3,056(税込)

GLINT BEAT
THE ALFEE「GLINT BEAT」

2014/08/06

[CD]

¥3,056(税込)

orb
THE ALFEE「orb」

2014/08/06

[CD]

¥3,056(税込)

Nouvelle Vague
THE ALFEE「Nouvelle Vague」

2014/08/06

[CD]

¥3,056(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,047(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,047(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,047(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,047(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,047(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,047(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,047(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,047(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,047(税込)

Joker -眠らない街-
THE ALFEE「Joker -眠らない街-」

2020/12/09

[CD]

¥1,100(税込)

Joker -眠らない街-
THE ALFEE「Joker -眠らない街-」

2020/12/09

[CD]

¥1,100(税込)

Joker -眠らない街-
THE ALFEE「Joker -眠らない街-」

2020/12/09

[CD]

¥1,100(税込)

Joker -眠らない街-
THE ALFEE「Joker -眠らない街-」

2020/12/09

[CD]

¥1,100(税込)

友よ人生を語る前に
THE ALFEE「友よ人生を語る前に」

2020/09/02

[CD]

¥1,100(税込)

友よ人生を語る前に
THE ALFEE「友よ人生を語る前に」

2020/09/02

[CD]

¥1,100(税込)

友よ人生を語る前に
THE ALFEE「友よ人生を語る前に」

2020/09/02

[CD]

¥1,100(税込)

友よ人生を語る前に
THE ALFEE「友よ人生を語る前に」

2020/09/02

[CD]

¥1,100(税込)

人間だから悲しいんだ
THE ALFEE「人間だから悲しいんだ」

2017/12/20

[CD]

¥1,100(税込)

人間だから悲しいんだ
THE ALFEE「人間だから悲しいんだ」

2017/12/20

[CD]

¥1,100(税込)

人間だから悲しいんだ
THE ALFEE「人間だから悲しいんだ」

2017/12/20

[CD]

¥1,100(税込)

あなたに贈る愛の歌
THE ALFEE meets The KanLeKeeZ「あなたに贈る愛の歌」

2017/05/24

[CD]

¥1,100(税込)

あなたに贈る愛の歌
THE ALFEE meets The KanLeKeeZ「あなたに贈る愛の歌」

2017/05/24

[CD]

¥1,100(税込)

あなたに贈る愛の歌
THE ALFEE meets The KanLeKeeZ「あなたに贈る愛の歌」

2017/05/24

[CD]

¥1,100(税込)

あなたに贈る愛の歌
THE ALFEE meets The KanLeKeeZ「あなたに贈る愛の歌」

2017/05/24

[CD]

¥1,100(税込)

今日のつづきが未来になる
THE ALFEE「今日のつづきが未来になる」

2016/05/25

[CD]

¥1,100(税込)

今日のつづきが未来になる
THE ALFEE「今日のつづきが未来になる」

2016/05/25

[CD]

¥1,100(税込)

今日のつづきが未来になる
THE ALFEE「今日のつづきが未来になる」

2016/05/25

[CD]

¥1,100(税込)

今日のつづきが未来になる
THE ALFEE「今日のつづきが未来になる」

2016/05/25

[CD]

¥1,100(税込)

三位一体
THE ALFEE「三位一体」

2015/12/23

[CD]

¥3,996(税込)

三位一体
THE ALFEE「三位一体」

2015/12/23

[CD]

¥3,300(税込)

三位一体
THE ALFEE「三位一体」

2015/12/23

[CD]

¥4,070(税込)

英雄の詩
THE ALFEE「英雄の詩」

2014/08/26

[CD]

¥1,100(税込)

英雄の詩
THE ALFEE「英雄の詩」

2014/08/26

[CD]

¥1,100(税込)

Going My Way
THE ALFEE「Going My Way」

2014/08/06

[CD]

¥3,056(税込)

GLINT BEAT
THE ALFEE「GLINT BEAT」

2014/08/06

[CD]

¥3,056(税込)

orb
THE ALFEE「orb」

2014/08/06

[CD]

¥3,056(税込)

Nouvelle Vague
THE ALFEE「Nouvelle Vague」

2014/08/06

[CD]

¥3,056(税込)

GLORIOUS
THE ALFEE「GLORIOUS」

2013/11/13

[CD]

¥1,047(税込)

GLORIOUS
THE ALFEE「GLORIOUS」

2013/11/13

[CD]

¥1,047(税込)

GLORIOUS
THE ALFEE「GLORIOUS」

2013/11/13

[CD]

¥1,047(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,047(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,047(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,047(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,047(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,047(税込)

生きよう
The Alfee「生きよう」

2012/03/14

[CD]

¥1,047(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,047(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,047(税込)

Let It Go
THE ALFEE「Let It Go」

2011/05/03

[CD]

¥1,047(税込)