Billboard JAPAN


Special

DJプレミア 来日記念特集(再掲)

DJ Premier

 プリモの愛称で親しまれるヒップホップ界のカリスマDJ、そして超一流プロデューサーであるDJプレミアが自身初となるライブバンドセットを1月末に披露する。DJとしての来日公演は数あれど、バンドセットのライブは初めて。その場所がここ日本というのは嬉しい限りである。DJプレミアの功績は挙げればキリがないが、このヒップホップ史に爪痕を残しそうな「DJプレミア with LIVE BAND plays HIPHOP CLASSICS」と題された今回の公演に先立って、GANGSTARRの名曲をはじめDJプレミアの生み出したCLASSICSの一部を紹介していこう。さらに、DJ YUTAKA、DJ MUROら日本を代表するトップDJ達からもコメントも公開!

GURUとの出会い、そして覚醒

live
▲Gang Starr「Words I Manifest」

 ヒップホップの歴史を語る上で外すことの出来ない偉大なユニットGang Starr。DJプレミアとMCのGURUの出会いは一本のデモテープから始まる。当時Waxmaster Cと名乗りInner City Posseというグループで活動していたDJプレミアが一旗揚げるべくニューヨークにあるレコード会社Wild Pitchにデモテープを送った。その頃既にGang Starrとして活動し、Wild Pitchに所属していたGURU。「普段ならデモテープなど聴かない」と語っていた彼がこのデモテープに即座に反応し、すぐさまDJプレミアを呼び寄せる。Inner City Posseが解散し、DJプレミアはそのままGang Starrの正式メンバーに採用され1989年に『No More Mr. Nice Guy』でデビューを果たすことになった。

live
▲Gang Starr「Jazz Thing」

 このアルバムで、DJプレミアのサンプリングセンスと高度なターンテーブル捌き、GURUの唯一無二のフローが爆発的な化学反応を起こし「Words I Manifest」や「Positivity」といった傑作が生みだされた。ヒップホップシーンを揺るがしたこのアルバムを引き金に、翌年公開されたスパイク・リー監督の映画『モ'・ベター・ブルース』の挿入歌として「Jazz Thing」を提供。Gang Starrの名を、そしてDJプレミアの名を世界に知らした。

ヒップホップに革命をもたらしたDJプレミアの“技”

live
▲Gang Starr「Code Of The Streets」

 デビュー以降も意欲的に作品を発表し、その年その年を象徴する傑作を生み出し続けたGang Starr。90年代初頭はア・トライブ・コールド・クエスト(A tribe Called Quest)などもジャズをサンプリングした画期的なトラックでシーンを賑やかしていたが、それらと一線を画していたのが、DJプレミアの真骨頂とも言えるそのトラックメイキングにある。元ネタのセンスももちろんだが、サンプリングした元ネタをさらに細かく切り刻み、組み替え、再構築する「チョップ / フリップ」を多用し、シンプルに構成されたトラックと、サビにあたる「フック」をスクラッチで聴かせるテクニック。これがDJプレミアのスタイルであり、「Mass Appeal」、「Code Of The Streets」、「You Know My Steez」、「Dwyck」などなどその後のヒップホップシーンに大きな影響を与える数々のCLASSICSを作り上げ、プレミア大先生と崇められる才能である。

live
▲Gang Starr「Full Clip」

 1998年にリリースした『Moment of Truth』はゴールドディスクを獲得し、翌年には結成10周年を記念したベストアルバム『Full Clip: Decade of Gang Starr』をリリース。Gang Starrの魅力のすべてが詰まっているこのアルバムは、これからDJを始める人の入門編にもってこいの作品だ。ちなみ、過去のインタビューでは「一番気に入っているのはFull Clipだ」と語っている。1989年から2006年まで、6枚のオリジナルアルバムと2枚のベストアルバムを発表、新作に取り掛かった矢先の2010年、MCのGURUが癌のため48歳という若さでこの世を去ってしまう。DJプレミアが「生前からグールーには常々、ギャング・スターの栄光が覆ることはないと強く言ってきたし、俺たちは今なおギャング・スターだ。この名前は永遠に遺すつもりだ」と語る通り、Gang Starrの残した名曲の数々は語り、聴き継がれ、ヒップホップの歴史の中でいまなお燦然と輝きを放っている。

ヒップホップシーンを牽引しつづけるプロデュース・ワーク

live
▲Nas「N.Y. State of Mind」

 DJプレミアはGang Starrの活動のみならず、他のグループにも数々の名曲を提供している名プロデューサーとしての顔も持つ。1994年にリリースされたNasのデビュー作にして超名盤『イルマティック』に収録されている「N.Y. State of Mind」や、Jay-Z「A Million and One Questions」、Notorius B.I.G「Unbelievable」、Nasとも評価を二分したJeru The Damajaの「Come Clean」、R&Bシーンでは先日15年ぶりに新作を発表したディアンジェロの名曲「Devil's Pie」などなど枚挙にいとまがない。これまでプロデュースを手掛けたアーティストの数が、個性派MCたちのラップを見事にまとめ上げる彼のプロデュース力高さと人望の厚さを伺わせる。

live
▲DJ Premier「Classic (Better Than I've Ever Been)」

 また、ソロとしての活動も2007年に発表したNas、Kanye West、KRS-One、Rakimをフィーチャーした、その名も「Classic」はグラミー賞ベスト・ラップ・コラボレーションにもノミネートされた。 なお、2010年に行われたピート・ロックとのインタビューでは、「NASとはもう1枚ILLMATICみたいなのを作らなきゃ。俺たちは待ってるぜ。未だにホットなビートをつくってるんだからな。」語り、いまなおNasの高いラップスキルを評価している。





live
▲PRhyme「U Looz」

 2014年には、ロイス・ダ・ファイブ・ナインとともにGang Starr以来初めて正式なユニット、PRhyme(プライム)を結成。デビュー・アルバム『PRhyme』をリリース。デビューから25年を経たいまでもなお、尽きぬアイデアと衰えぬテクニックを投下しヒップホップシーンを牽引し続けている。



NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 世界が注目するキャリア初のバンドセット
    日本のトップDJからのコメントも到着
  3. Next >
世界が注目するキャリア初のバンドセット

live

 今回DJプレミアをバックアップするバンドメンバーには、昨年日本人として初めてUSブルーノートと契約を果たした気鋭のトランぺッター黒田卓也、トロンボーンにホセ・ジェイムズのバンドにも参加しているコリー・キング、ベースにはタリブ・クウェリをはじめ数々のラッパーの作品に携わってきたブレディ・ワットも加わった強力な布陣が揃っている。DJプレミア本人はターンテーブルとドラムマシーンを使用するとのこと。「DJプレミア with LIVE BAND plays HIPHOP CLASSICS」と題された、DJプレミアの歴史に新たな1ページを刻む今回の来日公演で、どのCLASSICSが披露されるのか、日本のみならず世界のヒップホップファンの注目を集めている。

Comments from DJs

写真

DJプレミアといえば、GANG STARRやNASをはじめNYでたくさんの大型ラッパーを生み出した、90年代を代表するDJであり、プロデューサーである。どれだけの日本のHIP HOP DJたちが感銘を受けたであろう。それによって、日本のHIP HOPカルチャーが成長したきっかけを作った人物であると言っても大げさではないだろう。プレミアを知らないやつは、HIP HOPを知らないのと一緒だ。
R.I.P. GURU

DJ YUTAKA
http://djyutaka.jp/


写真

BAND SETは見逃し厳禁の一夜になること間違いナシ!!

DJ MURO
Official Twitter: https://twitter.com/djmuro

 

 

 


写真

ヒップホップのホール・オブ・フェイマーにして、抜群の信頼感/安定感、そして人柄もナイスなプレミア大先生。バンドと共にライヴということで、内容&アレンジともに一体何が起きるのかドキがムネムネしますな。



DJ JIN / RHYMESTER, breakthrough
http://www.rhymester.jp/


写真

DJ プレミアと言えば、90年代メジャーからアンダーグラウンドまで様々なラッパーをプロデュースし、現在も活躍する最高のDJの一人。
90年代は今のDJ Mustard を凌ぐペースでヒット曲を量産し、プレミアプロデュースのレコードがなければパーティーが成り立たないほどでした。
跳ねた極太のビートにフックをスクラッチで構成し一時代を築いたプロデューサーとしての一面が強いですが、Clubの現場でもその存在感は計り知れないものがあります。
僕は2度ほどDJ プレミアと共演させてもらった事がありますが、DJとしても他を圧巻する素晴らしいパフォーマンスでした。今回のBillboard Liveでのプレイはクラブとはまた違った一面も観れそうで非常に楽しみです!

DJ LEAD (Hot97 / The Heavy Hitters)
http://www.djlead.com/


写真

オールドスクール後期、ニュースクール黎明期からヒップホップ?シーンの頂点に君臨し続けるトラックメーカー/DJ。

サンプリング?ソースを切り刻み再構築する「チョップ(Chop)」や「フリップ(Flip)」という技術を元に、ほぼ「ワン?ループ」のみでトラックを構成するスタイルで、これまでにGANG STARRやJERU THE DAMAJA、KRS ONEなど数多くのアーティスト達に楽曲を提供。 その殆どがリスナーに「これぞクラシックだ」と言わせしめるのほど、不屈のHIPHOP CLASSICSを量産し続けている。またもう一つの特徴と言われる、独自のネタ選びと再現不可能と称されるあのプリモならではの「フック(Hook)」を構成するスクラッチも秀逸で聴き逃し厳禁。今回のbillboard Liveでのバンドセットはもちろん、SOUND MUSEUM VISIONの看板パーティー『CLASSICS』でのDJプレイなど、彼の一挙手一投足から目を離さず、その目と耳で“集中”してDJ Premierワールドを体感すべき。

DJ Premier in deep concentration !

DJ REN
Twitter: https://twitter.com/djren1981
Facebook: https://www.facebook.com/renpei.yamamoto
instagram: http://instagram.com/djren1981

Video Message from DJ Premier
NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. リハ映像&黒田卓也コメントが到着!
  3. Next >
リハ映像&黒田卓也コメントが到着!
レジェンド プリモとの初sessionもいい感じでした。

びっくりするくらい いい人で、終始“ああしよう、こうしてみよう”と皆で音楽を作っていく感じが最高でした。
彼自身、バンドとのsessionでライブするのは ほぼ初めてに近いらしく、すごくエキサイトしているのが伝わりました! 顔合わせということもあり、リハーサル後はみんなでご飯にいって、プリモの昔の話とかいろいろ聞かせてもらい大変もりあがりました。

明日もリハーサルがんばりまっす

黒田卓也

DJ Premier with LIVE BAND plays HIPHOP CLASSICS
-Rehearsal Day1-
DJ Premier DJ Premier DJ Premier

ギャング・スター「フル・クリップ」

フル・クリップ

2009/03/11 RELEASE
TOCP-53656/7 ¥ 2,828(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.INTRO
  2. 02.FULL CLIP
  3. 03.DISCIPLINE(feat.Total)
  4. 04.WORDS I MANIFEST(Remix)
  5. 05.EX GIRL TO NEXT GIRL
  6. 06.I’M THE MAN(feat.Jeru The Damaja and Lil Dap)
  7. 07.MASS APPEAL
  8. 08.JAZZ THING(Video Mix)
  9. 09.THE MILITIA(feat.Big Shug and Freddie Foxxx)
  10. 10.TONZ ‘O’ GUNZ
  11. 11.ROYALTY(feat.K-Ci & JoJo)
  12. 12.WHO’S GONNA TAKE THE WEIGHT
  13. 13.YOU KNOW MY STEEZ
  14. 14.ABOVE THE CLOUDS(feat.Inspectah Deck)
  15. 15.JUST TO GET A REP
  16. 16.DWYCK(faet.Nice & Smooth)

関連キーワード

TAG

関連商品

BLUE NOTE VOYAGE
(V.A.) 黒田卓也 西口明宏 井上銘 宮川純 桑原あい 角田隆太 石若駿「BLUE NOTE VOYAGE」

2019/10/23

[CD]

¥3,300(税込)

J-Squad Ⅱ
J-Squad 黒田卓也 中村恭士 小川慶太 大林武司 馬場智章「J-Squad Ⅱ」

2018/10/17

[CD]

¥3,300(税込)

夜物語
チャイナ・モーゼス 黒田卓也 テオ・クロッカー「夜物語」

2017/04/19

[CD]

¥2,750(税込)

フル・スロットル
メガプテラス 黒田卓也 西口明宏 宮川純 中林薫平 柴田亮 カミラ・メザ「フル・スロットル」

2017/02/15

[CD]

¥3,080(税込)

J-Squad
J-Squad 黒田卓也 中村恭士 小川慶太 大林武司 馬場智章「J-Squad」

2016/11/16

[CD]

¥3,300(税込)

ミラージュ
海野俊輔 西口明宏 黒田卓也 宮川純「ミラージュ」

2016/11/09

[CD]

¥3,080(税込)

ミラージュ
海野俊輔 西口明宏 黒田卓也 宮川純「ミラージュ」

2016/11/09

[CD]

¥3,080(税込)

ジグザガー
黒田卓也 コーリー・キング 大林武司 ラシャーン・カーター アダム・ジャクソン 小川慶太 アンティバラス cero「ジグザガー」

2016/09/02

[CD]

¥2,750(税込)

ハード・トゥ・アーン
ギャング・スター「ハード・トゥ・アーン」

2014/11/19

[CD]

¥1,100(税込)

デイリー・オペレーション
ギャング・スター「デイリー・オペレーション」

2014/11/19

[CD]

¥1,100(税込)

THE?REMAINZ
ギャング・スター「THE?REMAINZ」

1998/10/07

[CD]

¥2,096(税込)

HARD TO EARN
ギャング・スター「HARD TO EARN」

1998/07/29

[CD]

¥1,869(税込)

ステップ・イン・ジ・アリーナ
ギャング・スター「ステップ・イン・ジ・アリーナ」

1998/07/29

[CD]

¥1,835(税込)

HARD TO EARN
ギャング・スター「HARD TO EARN」

1998/07/29

[CD]

¥1,869(税込)

ステップ・イン・ジ・アリーナ
ギャング・スター「ステップ・イン・ジ・アリーナ」

1998/07/29

[CD]

¥1,835(税込)

モメント・オブ・トゥルース
ギャング・スター「モメント・オブ・トゥルース」

1998/04/08

[CD]

¥2,670(税込)

モメント・オブ・トゥルース
ギャング・スター「モメント・オブ・トゥルース」

1998/04/08

[CD]

¥2,670(税込)

BLUE NOTE VOYAGE
(V.A.) 黒田卓也 西口明宏 井上銘 宮川純 桑原あい 角田隆太 石若駿「BLUE NOTE VOYAGE」

2019/10/23

[CD]

¥3,300(税込)

J-Squad Ⅱ
J-Squad 黒田卓也 中村恭士 小川慶太 大林武司 馬場智章「J-Squad Ⅱ」

2018/10/17

[CD]

¥3,300(税込)

夜物語
チャイナ・モーゼス 黒田卓也 テオ・クロッカー「夜物語」

2017/04/19

[CD]

¥2,750(税込)

フル・スロットル
メガプテラス 黒田卓也 西口明宏 宮川純 中林薫平 柴田亮 カミラ・メザ「フル・スロットル」

2017/02/15

[CD]

¥3,080(税込)

J-Squad
J-Squad 黒田卓也 中村恭士 小川慶太 大林武司 馬場智章「J-Squad」

2016/11/16

[CD]

¥3,300(税込)

ミラージュ
海野俊輔 西口明宏 黒田卓也 宮川純「ミラージュ」

2016/11/09

[CD]

¥3,080(税込)

ミラージュ
海野俊輔 西口明宏 黒田卓也 宮川純「ミラージュ」

2016/11/09

[CD]

¥3,080(税込)

ジグザガー
黒田卓也 コーリー・キング 大林武司 ラシャーン・カーター アダム・ジャクソン 小川慶太 アンティバラス cero「ジグザガー」

2016/09/02

[CD]

¥2,750(税込)

ハード・トゥ・アーン
ギャング・スター「ハード・トゥ・アーン」

2014/11/19

[CD]

¥1,100(税込)

デイリー・オペレーション
ギャング・スター「デイリー・オペレーション」

2014/11/19

[CD]

¥1,100(税込)

フル・クリップ
ギャング・スター「フル・クリップ」

2009/03/11

[CD]

¥2,828(税込)

フル・クリップ
ギャング・スター「フル・クリップ」

2009/03/11

[CD]

¥2,828(税込)

フル・クリップ
ギャング・スター「フル・クリップ」

1999/07/28

[CD]

¥3,845(税込)

フル・クリップ
ギャング・スター「フル・クリップ」

1999/07/28

[CD]

¥3,845(税込)

THE?REMAINZ
ギャング・スター「THE?REMAINZ」

1998/10/07

[CD]

¥2,096(税込)

THE?REMAINZ
ギャング・スター「THE?REMAINZ」

1998/10/07

[CD]

¥2,096(税込)

HARD TO EARN
ギャング・スター「HARD TO EARN」

1998/07/29

[CD]

¥1,869(税込)

ステップ・イン・ジ・アリーナ
ギャング・スター「ステップ・イン・ジ・アリーナ」

1998/07/29

[CD]

¥1,835(税込)

HARD TO EARN
ギャング・スター「HARD TO EARN」

1998/07/29

[CD]

¥1,869(税込)

ステップ・イン・ジ・アリーナ
ギャング・スター「ステップ・イン・ジ・アリーナ」

1998/07/29

[CD]

¥1,835(税込)

モメント・オブ・トゥルース
ギャング・スター「モメント・オブ・トゥルース」

1998/04/08

[CD]

¥2,670(税込)

モメント・オブ・トゥルース
ギャング・スター「モメント・オブ・トゥルース」

1998/04/08

[CD]

¥2,670(税込)