Billboard JAPAN


Special Contents

ONE OK ROCK 『Deeper Deeper / Nothing Helps』特集

ONE OK ROCK 『Deeper Deeper / Nothing Helps』

世界を見据えるONE OK ROCKの2013年はここから始まる「2012年は世界51か国での配信に海外初ワンマンも」

ONE OK ROCK『Deeper Deeper / Nothing Helps』
8thシングル
『Deeper Deeper / Nothing Helps』 詳細・購入はこちらから

アルバム『残響リファレンス』レコ発ツアーのファイナル公演として開催した横浜アリーナ2DAYSで幕を開けたONE OK ROCKの2012年。新作CDのリリースは映画『るろうに剣心』主題歌に抜擢されたシングル『The Beginning』1枚に留まった(※1)が、その間にiTunesにて全世界51か国への楽曲配信スタートや、台湾での海外初ワンマンを皮切りに韓国、シンガポールと続いた他国でのライブなどなど。世界を視野に入れた動きも見せ始めていた。

一方、春から夏にかけては【PUNKSPRING 2012】や【SUMMER SONIC 2012】、【RISING SUN ROCK FESTIVAL 2012 in EZO】といった大型フェスに出演。秋からは3か月にも及んだ大規模ツアーと、1年を通して国内での精力的なライブ活動も続いていただけに、新曲を心待ちにしていたファンは多かっただろう。

海外プロデューサーを起用「Deeper Deeper」に予感する新たな幕開け

そんな中、まるで今年の活動を示唆するかのように、年明け早々にリリースされたニューシングル『Deeper Deeper / Nothing Helps』。タイトル曲の一つ「Deeper Deeper」は、先んじてYouTubeの公式チャンネルでショートバージョンの映像がアップされ、たった2日で35万再生超え。英語でのコメントも相次ぐなど、既に大きな話題を呼んでいた。

Ryota(B)とTomoya(Dr)の作曲したナンバーがシングル曲になるのは今回が初めてだが、ミックスエンジニアにはジョン・フェルドマンを起用。かつてポップでエモなパンクバンドのフロントマンとして活躍し、2000年代中期にザ・ユーズドを世界的な大ブレイクに導いた敏腕プロデューサーとしても知られる彼だ。ダンサブルなイントロのアレンジやグルーヴィンなギターリフ、Aメロのボーカルメロディに呼応するように表情を変えるトラックメイクなど。エレクトロの要素もエッセンスに、シンプルなのに展開性のある絶妙のサウンドを完成させている。

また、何より重要なのがONE OK ROCKの大きな武器である勢い、攻撃力の高い疾走感がまったく損なわれていない点だ。特にサビメロではTaka(Vo)が伸びやかな歌声を響かせており、それまでのリズミカルな展開との対比でより強烈なエネルギーを生み出している。英語詞と日本語詞を織り交ぜながら、“誰かの記憶に残るような人生をお薦めします”と聴き手を鼓舞させる歌詞も含め、新たな幕開けを予感させる痛快な1曲に仕上がった。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. ゴリゴリと押し込んでくる力技が潔い「Nothing Helps」
  3. Next >
Music Video

ゴリゴリと押し込んでくる力技が潔い「Nothing Helps」

もう一つのタイトル曲「Nothing Helps」は、PS3/Xbox 360用ゲームソフト『DmC Devil May Cry』のイメージソングに起用。こちらの作曲クレジットはONE OK ROCK名義となり、全英語詞のシリアスなアップナンバーになる。誰も助けちゃくれねえぞ、と己が道を見つけて行くことを叫ぶ歌詞は、ある意味「Deeper Deeper」と同じことを訴えかけているとも言える。よりストレートな爆発力に満ちたサウンドとの相性も抜群で、トピックの多い前曲に対してゴリゴリと押し込んでくる力技っぷりが潔い。

そしてカップリングには、Taka作詞作曲によるパワフルなミディアムバラード「カサブタ」を収録。“傷の舐め愛の関係?”だと自覚しつつも、重なりを求めてしまう不器用さを切なく綴っていく1曲だ。

冒頭に紹介した横浜アリーナ2DAYSでは即日ソールドアウトの約24,000人を動員と、国内のロックバンドとしては既に飛び抜けた人気を誇る彼らが今、何を求め何を見据えているのか。今年の幕開けを飾るシングル『Deeper Deeper / Nothing Helps』を聴いていると、安住ではなく貪欲に進化を求める4人の逞しい姿が浮かんでくるようで嬉しくなってくる。

ONE OK ROCK『Deeper Deeper / Nothing Helps』

Deeper Deeper / Nothing Helps

2013/01/09 RELEASE
AZCS-2024 ¥1,260(tax in.) ONE OK ROCK『Deeper Deeper / Nothing Helps』を購入する

収録曲:
01.Deeper Deeper
02.Nothing Helps
03.カサブタ

Music Video

ONE OK ROCK「Deeper Deeper/Nothing Helps」

Deeper Deeper/Nothing Helps

2013/01/09 RELEASE
AZCS-2024 ¥ 1,296(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.Deeper Deeper
  2. 02.Nothing Helps
  3. 03.カサブタ

関連キーワード

TAG

完全感覚Dreamer
ONE OK ROCK「完全感覚Dreamer」
2010/02/03
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
感情エフェクト
ONE OK ROCK「感情エフェクト」
2008/11/12
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
感情エフェクト
ONE OK ROCK「感情エフェクト」
2008/11/12
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
BEAM OF LIGHT
ONE OK ROCK「BEAM OF LIGHT」
2008/05/28
[CD]
¥1,851(税込)
購入画面へ
LIVE DVD“世の中シュレッダー”
ONE OK ROCK「LIVE DVD“世の中シュレッダー”」
2008/03/19
[DVD]
¥3,086(税込)
購入画面へ
ゼイタクビョウ
ONE OK ROCK「ゼイタクビョウ」
2008/01/01
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
ゼイタクビョウ
ONE OK ROCK「ゼイタクビョウ」
2007/11/21
[CD]
¥2,057(税込)
購入画面へ
エトセトラ
ONE OK ROCK「エトセトラ」
2007/10/24
[CD]
¥823(税込)
購入画面へ
努努-ゆめゆめ-
ONE OK ROCK「努努-ゆめゆめ-」
2007/07/25
[CD]
¥823(税込)
購入画面へ
内秘心書
ONE OK ROCK「内秘心書」
2007/04/25
[CD]
¥823(税込)
購入画面へ
Keep it real
ONE OK ROCK「Keep it real」
2006/12/16
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
ONE OK ROCK(ワンオクロック)
ONE OK ROCK「ONE OK ROCK(ワンオクロック)」
2006/07/26
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

Nao Yoshioka インタビュー
Nao Yoshioka インタビュー
10年ぶりの来日を果たすエリック・ロバーソンとの初共演ライブに向けて
FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
キーボードの片山敦夫と、ギターの斎藤誠が『がらくた』の中から好きな曲をピックアップし制作秘話などを語る―。
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
曲作りやプロデュースのときでも、脳裏に浮かぶ映像がヒントになる
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
ワン・トゥー・テン・ホールディングス
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
「今この瞬間をどう生きるか」
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
「今までとは違った表現や歌詞の内容も違うメッセージの楽曲を作っていきたい」
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
シーンへの本格的な復帰を果たした21世紀最高のロック・バンドの魅力に迫る
フェニックス 来日インタビュー
フェニックス 来日インタビュー
トマ&クリスチャンが語るライブ体験と尽きないチャレンジ精神。

Chartsmore