Billboard JAPAN


Shoping

残響リファレンス

ONE OK ROCK

ONE OK ROCK「 残響リファレンス」

  • 定価:¥ 2,880(税込)
  • 品種:CD
  • 商品番号:AZCS-1016
  • 発売日:2011/10/05
  • 発売元:(株)A-Sketch
  • JAN:4562256120667
  • ※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。
  • 販売価格:¥ 2,880(税込)
  • 加算ポイント:576pt
  • 在庫情報:在庫あり

ウィッシュリストウィッシュリストに入れる

レコチョクでダウンロード

2005年の結成からライヴを中心に活動しエモ、メタルなどを採り入れたサウンドと、アグレッシヴなパフォーマンスが若い世代に支持されている4人組ロック・バンド、ONE OK ROCK。勢いに乗る彼らが充実のシングル曲「アンサイズニア」「NO SCARED」を含む、5枚目のアルバムをリリースしました!! (C)RS

Tracklist
Disc01
01.Coda
02.LOST AND FOUND
03.アンサイズニア
04.NO SCARED
05.C.h.a.o.s.m.y.t.h.
06.Mr.現代Speaker
07.世間知らずの宇宙飛行士
08.Re:make
09.Pierce
10.Let’s take it someday
11.キミシダイ列車
Nicheシンドローム
ONE OK ROCK「Nicheシンドローム」
2010/06/09
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
完全感覚Dreamer
ONE OK ROCK「完全感覚Dreamer」
2010/02/03
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
完全感覚Dreamer
ONE OK ROCK「完全感覚Dreamer」
2010/02/03
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
感情エフェクト
ONE OK ROCK「感情エフェクト」
2008/11/12
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
感情エフェクト
ONE OK ROCK「感情エフェクト」
2008/11/12
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
BEAM OF LIGHT
ONE OK ROCK「BEAM OF LIGHT」
2008/05/28
[CD]
¥1,851(税込)
購入画面へ
LIVE DVD“世の中シュレッダー”
ONE OK ROCK「LIVE DVD“世の中シュレッダー”」
2008/03/19
[DVD]
¥3,086(税込)
購入画面へ
ゼイタクビョウ
ONE OK ROCK「ゼイタクビョウ」
2008/01/01
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
ゼイタクビョウ
ONE OK ROCK「ゼイタクビョウ」
2007/11/21
[CD]
¥2,057(税込)
購入画面へ
エトセトラ
ONE OK ROCK「エトセトラ」
2007/10/24
[CD]
¥823(税込)
購入画面へ
努努-ゆめゆめ-
ONE OK ROCK「努努-ゆめゆめ-」
2007/07/25
[CD]
¥823(税込)
購入画面へ
内秘心書
ONE OK ROCK「内秘心書」
2007/04/25
[CD]
¥823(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
ソロ・デビュー30周年となる桑田佳祐の代表曲が“今と同じリスニング環境”であると仮定したチャート分析。
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
「様々な制圧に自分の詩や音楽で立ち向かっていきたい」
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
彼らにしかなし得ない音楽を追求し続けるOAUに迫る。
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
「ハードロックと同じくらい私にとっては大切なんだ。」
LIVE HACKASONG
LIVE HACKASONG
“エンタテインメント体験の拡張”をテーマにしたロングランハッカソン。観覧席予約受付中
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
アーティストとしての活動する上での信念や思い描くビジョンを語る。
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
「どういうスタイルや姿勢で僕らが本を作っているのか、もっと知ってもらう必要がある」
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。

Chartsmore