Billboard JAPAN


Special Contents

HIROインタビュー「感動や熱狂が積み重なってこそマスに訴えることができる」



CHART insightインタビュー

 EXILEのパフォーマーとして、そしてプロデューサーとして数多くのヒットを世に送り出し、ムーブメントを発信し続けてきたHIRO。2017年からはLDH WORLDのチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任したHIROが考える、今の時代におけるヒットとは?音楽の聴き方の変化とともに変化してきたヒットの定義、そしてヒットを生みだすために重要なことについてインタビューを行った。

過去のCHART insightについてのインタビューはこちらから>>>

ヒットの定義が難しい時代になってきましたよね

−−日本版ビルボードチャートは、2008年からラジオとCDのセールス数の複合チャートからスタートし、現在はダウンロード、ストリーミング、Twitter、YouTubeなど8種類のデータを合算してチャートを制作しています。HIROさんが、子供の頃から現在に至るまで音楽の聴き方は大きく変わりましたが、昔はどのように音楽を聴いてらっしゃったのでしょうか。

HIRO:小学生の頃から洋楽が好きだったので、テレビ神奈川の『Billboard TOP 40』は、欠かさず見ていました。テレビで気に入った曲があればレコードを買って聴いていましたね。

−−小学生の時に、自分で洋楽のレコードを買ってらっしゃったんですか?

HIRO:そうですね。マセた子どもだったので(笑)。学校でも『Billboard TOP 40』がすごく流行っていて、中学校の頃は友達と一緒に、カルチャー・クラブや、シンディ・ローパーとかデュラン・デュラン、マイケル・ジャクソンなどBillboardのチャートを賑わすアーティストにハマっていましたね。それからミュージック・ビデオが流行りだして、ディスコに通うようになり、ターンテーブルを買って友達とアナログレコードを集めるようになって…。ビジネスの面でも音楽の聴き方の変化はとても感じていますが、僕個人としても時代の流れにあわせて、音楽の聴き方は変化してきているなと実感しています。

−−今は、新しい曲をどのように知ることが多いですか?

HIRO:今は、昔のようにゆっくり音楽を聴く時間が減ってしまったので、仕事絡みで新しい音楽などは知ることが多いかもしれません。仕事柄、新しい楽曲は必ずチェックします。ビルボードライブの会場も大好きです。たまに遊びに行かせていただきますが、昔を思い出して懐かしい気持ちになります。

−−ありがとうございます。音楽の購入方法がレコードからCD、そしてダウンロードへと変化し、今は10代を中心に、YouTubeなどの無料のメディアで聴く人が多くなりました。

HIRO:正直なところ、YouTubeが日本で流行し始めたころは、違和感を覚えていました。自分たちが作った曲が、こんなにも手軽に無料で聴けてしまうのだなって。でも、今はYouTubeで音楽を聴くことは主流ですし、音楽や映像を広めるための良いプロモーションツールになったと思っています。それに、僕たちの活動の中心はライブです。ライブは最も自分らしく表現できる場所ですし、年々動員数も増えています。なので、CDを多く売るために何をするかということよりも、ライブを中心に置きながら、CDの売り方や配信方法を考えています。例えば、「どんなCDであればファンの方たちが集めたくなるのか」とかですね。昔は、CDの売上げでヒットを達成にするにはどうすれば良いかというのが一番のテーマでした。でも、今は様々な場所に音楽が流れるようになったのでCDの売上げだけを考えていては、広がりません。なので、時代にあわせて僕らも様々な聴き方を提案し、そのアーティストを好きになってもらって、ライブに来てもらえればと思っています。そしてライブを見ていただければ、絶対に楽しんでもらえる自信がありますし、よりアーティストとファンの方の距離が近くなって、一層好きになってもらえると信じていますから。なので、ライブに来てもらうために、とにかくまずは楽曲を聴いてもらう機会を増やすことが重要だと思っています。

−−音楽の聴き方の変化によってヒットの仕方が、すごく変わったなと感じたきっかけの1つが三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「R.Y.U.S.E.I.」ではないでしょうか。2014年6月にリリースされた後、メディア露出のたびに動画とTwitterを中心に話題となり、幅広い世代に楽曲が浸透しました。そして、その結果さらにCDの売上げを押し上げ、2015年の年間チャートで首位を獲得しました。前年にリリースした曲が、年間で1位を獲得するというのは、ビルボードジャパンチャート史上初めてのことで新たなヒット曲の生まれ方を実感した曲となりました。




HIRO:ありがとうございます。楽曲を知ったきっかけがYouTubeだったとしても、本当に好きになってもらえれば、CDを買ったり、ダウンロードしたり、ライブに来てくれたりと、繋がっていくのかなと。今は、音楽の聴き方が増えたことで、ヒットの定義が難しい時代になってきましたよね。でも、ダウンロードやストリーミングなど、様々な聴き方でのヒットを反映しているビルボードのチャートは、とても面白いですし、アーティストにとっても、この結果は大きな励みになっています。

−−聴き方が変化してきたように、ヒットの定義もこの数年間で大きく変化しました。ちなみにHIROさんが、パフォーマーとしてデビューされて「ヒットしたな」と感じられた瞬間は、いつだったのでしょうか?

HIRO:何か大きなきっかけがあったというより、武道館ライブ、アリーナツアー、紅白歌合戦、ミリオン達成という様々な積み重ねによって、少しずつ実感していった…という感じですね。常に「やっと認めてもらえるようになった」と思うことの連続でした。今と違って僕たちが活動し始めた頃は、音楽の聴き方はCDが主流でミリオン達成というのは、僕らにとってとても大きな目標でした。なので、ミリオンを達成した瞬間は、とても嬉しかったことを覚えています。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. チャートは重要ですがチャートに振り回されてはいけないと思っています
  3. Next >

チャートは重要ですがチャートに振り回されてはいけないと思っています

−−今、ヒットさせるために必要なことは何でしょうか?

HIRO:昔は、1曲で一気にヒットして多くの人に知ってもらうことが重要だと思っていました。でも、今はエンタテインメントや情報が溢れているので、一気に多くの人に伝えるだけではなく、ヒットの目指し方を細分化し、この曲をどんな人達に聴いてほしいのか、どうやって聴いてほしいのかを絞って戦略を立てるようになりました。例えば、E-girlsのベストアルバム『E.G.CRAZY』は、『E.G. POP』と『E.G. COOL』の2枚組になっています。その中には、より多くの人に支持されるようなポップな曲と、支持されそうな曲の両方が含まれています。なので、テレビやSNSなども使いながら色々な場所に話題を生み、そこで生まれた感動や熱狂が積み重なってこそ、マスに訴えることができるのかなと……。CDも1つの表現方法にすぎませんし、逆にYouTubeでも無料だからといってミュージック・ビデオのクオリティーも妥協はしないので、ものすごく予算をかけて作ることもあります。

−−三代目 J Soul Brothersの「HAPPY」は非常に華やかなミュージック・ビデオとして話題になりましたね。




HIRO:世界観を伝えるために必要なことであれば、できるだけ投資しますし、そういうことの積み重ねによって、アーティストの世界観を皆さんに伝えることができると思っています。

−−例えば、2017年3月20日付チャートを見ていただきたいのですが、三代目J soul Brothers「HAPPY」が1位を獲得しています。シングルセールスチャートでは3位ですが、ダウンロード、ストリーミング、ルックアップ(パソコンにCDを取り込んだ数)で1位を獲得、またラジオ5位、Twitter3位、動画再生数9位と、総合的にポイントを獲得し総合1首位になりました。このチャートを見ると、ダウンロードしたり、CDをパソコンに取り込んだりと、様々な方法で聴かれていることが分かります。

HIRO:1つずつのデータを見ていくと面白いですね。

−−他のアーティストを見てみると、星野源「恋」は、いまだに動画再生数が最も多く総合4位、他にはこの時期ならではの動きとしてレミオロメン「3月9日」がTwitterやラジオ、ダウンロードが伸びたことで総合7位に再浮上するなど、新譜以外も数多くトップ10に入るのがビルボードの特徴です。

HIRO:星野源さんの「恋」は、すごいですね。今は逆に、ロングヒットが生まれやすい時代になってきているのかもしれないですね。このチャートを見ていると、1つの曲が少しずつ浸透して広がっていく様子が、よく分かります。

−−あとは、ダウンロードやラジオ、SNSの動きを拾うことで、リリース前の曲やシングルカットされていない曲のヒットも知ることができます。例えば、(2017年3月20日付チャートで)三代目J Soul Brothers 「J.S.B.LOVE」はTwitterのスコアが急激に伸び、総合28位に入りました。この曲は「HAPPY」のカップリング曲ですよね。

HIRO:そうです。この曲は、リリース前にライブで先行公開しました。なので、ファンの皆さんの間で既に浸透していたので、カップリング曲としてSNSで話題になったのだと思います。三代目J Soul Brothersはライブで新曲を披露することが、よくあるんです。特に「J.S.B. LOVE」は「J.S.B. Dream」という曲のシリーズ第2弾としてライブで発表したので、ファンの方には「あのシリーズの第2弾が聴けるんだ」と喜んでいただくことができ、より浸透しました。新曲の発表の仕方はライブだけではなく毎回、様々ですが、リリース時に盛り上がるようなストーリーは常に用意するようにしています。

−−その盛り上がりが、そのままチャートにも表れていますね。そもそも音楽チャートは必要だと思いますか?

HIRO:僕はヒットチャートを聴いて育ってきているので、チャートがない時代というのは想像できません。僕が子供の頃と比べて、チャートの種類やチャートに対する世の中のイメージは大きく変化しましたが、アーティストにとってチャートインすることは今も昔も嬉しいことですし、評価されたことへの喜びというのは必ずあると思います。

−−1位を獲得できるのは、もちろん素晴らしいことですが、私達は上位だけに注目するのではなく、チャートが新しい音楽との出会いの場所になればと思っています。なので、是非チャートインした100曲すべてに注目していただいて、知らない曲を知るきっかけにしていただきたいです。

HIRO:その通りですね。アーティストにとってチャートは大きなプロモーションツールの1つです。新人のアーティストであればなおさら、チャートで1位を取ったことの説得力はすごく大きいです。チャートの結果によって、今後のメディア露出や取り上げられ方が変わりますから。でも、だからと言って順位ばかりに固執するのも良くありません。音楽は勝ち負けではありませんし、チャートは重要ですがチャートに振り回されてはいけないと思っています。なので、これからは1位の曲だけが注目されるのではなく、新しい曲100曲を毎週知るためのチャートという存在になってもらいたいですね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 今回の新体制にはもう1つ大きな意味がある
  3. Next >

今回の新体制にはもう1つ大きな意味がある

−−今後の展開についてもお伺いしたいのですが、昨年LDH WORLDを立ち上げられました。きっかけは何だったのでしょうか?

HIRO:Afrojackとコラボレーションしたりニューヨークや台北にダンススクールを立ち上げたりするなど、海外とのコミュニケーションは、数年前から行っていました。そうやって色んな方と仕事をしていくうちに、LDHの「LOVE DREAM HAPPINESS」というポリシーと、アーティストマネジメント、アパレル、レストランなどという多角的な事業展開に共感してくださる方が増えてきたんです。なので、新たに何かを始めるということよりは、今まで積み重ねてきた海外展開を整理し、組織化したのが、この新体制です。

−−各国の展開について教えていただけますか?

HIRO:LDH EUROPEのCEOはAfrojackが担当します。Afrojackとは2年ほど前から楽曲のプロデュースをお願いするなど一緒に仕事をしてきました。その結果、僕らの考え方にすごく共感してくれて「オランダでLDHのような会社を立ち上げようと思う」と言ったので、それであればLDH EUROPEを手伝ってもらおうということになりました。

−−Afrojackが自ら、このプロジェクトに興味を持って参加したいと言ってくれたんですね。

HIRO:そうなんです。AfrojackはDJや音楽プロデューサーとしての仕事以外にも、アーティストの育成などLDHの事業形態にとても興味を持っていて。Afrojackの作る曲は素晴らしいですし、彼は天才です。そんな彼と一緒に仕事ができるのは、とても心強いですね。

−−LDH USAは、どんなプロジェクトになりそうですか?

HIRO:2014年9月にニューヨーク立ち上げたダンススクール”EXILE PROFESSIONAL GYM(以下:EXPG)”があり、今年の夏にはLDH USAのオフィスがあるロサンゼルスにもEXPGが開校しますので、ニューヨーク、ロサンゼルスに拠点ができることになります。今まで一緒に仕事をしてきた世界的なコレオグラファーのShaun Evaristoやアパレルや音楽のマーケティングで活躍しているDr.Romanelliらアメリカの仲間が新しくLDHに加わりましたので、LDH USAでは彼らとともに今まで取り組んできたことをより膨らませていきたいと考えています。またLDH ASIAでは2009年に開校したEXPG台北校がありますが、2018年には上海にも開校する予定で、EXPGをフックに中国での展開を拡大していきたいと考えています。ヨーロッパで生まれたコンテンツを日本やアジアで広げたり、アジアで生まれたコンテンツをアメリカに持って行ったりするなど、いろんな可能性が考えられるので、各国の特性に合わせてLDHのエンタテインメントを広げていくつもりです。

−−今後、日本での展開はどのように考えてらっしゃいますか?

HIRO:日本のファンの皆さんに支えられてこそ今のLDHがあるので、もちろん日本でも今まで以上に面白いエンタテインメントを作っていきます。こうやって海外にも拠点を作り、AfrojackやNE-YO、Omarionなど昔では考えられなかったような世界的に活躍するミュージシャンたちと一緒に仕事ができるということは、メンバーのモチベーションにも大きく影響します。メンバーのモチベーションが上がるということは、より面白いものを生み出す力に繋がります。なのでLDH JAPANを中心としながら、ヨーロッパ、アメリカ、アジアの素晴らしい才能と繋がることで、より一層面白いエンタテインメントを発信していくつもりです。あと、今回の新体制にはもう1つ大きな意味があるんです。

−−と言いますと?

HIRO:僕は今、47歳ですが、パフォーマーはだいたい40歳を過ぎると、今後の人生を見つめ直す一つの転機を迎えます。ミュージシャンはある程度の年齢になっても活躍し続けられると思いますが、パフォーマーはダンスがメインで活躍し続けられる年齢に限りがあります。なので、今までパフォーマーとして活躍してきたキャリアを活かして、別の道でも活躍できるような場所をメンバーにも用意したいと思いました。メンバーはチームメイトであり、同志ですから。会社にとっての財産です。演技を勉強して俳優を目指したり、ダンスを教えたりという生き方もありますが、それ以外にもっと色んな可能性があるのがLDHだと思いました。なのでLDH ASIAは橘ケンチ(EXILE/EXILE THE SECOND)、LDH USAは小林直己(EXILE/三代目 J Soul Brothers)にも加わってもらう他、LDHapparelはEXILE NAOTO、LDHkitchenはEXILE TETSUYA、EXPGはEXILE AKIRAそして株式会社dance earthのCEOはEXILE ÜSAに担当してもらいます。

−−パフォーマーが、LDHの事業に直接携わっていくんですね。

HIRO:信頼しているメンバーが事業の中核にいてくれることで、より良いものを作ることができるということも1つの理由ですが、メンバーの将来も考えて新体制を作りました。彼らが、表舞台だけではないところでも活躍する姿というのは、次に続く若いメンバーにとっても良い刺激になります。「LDHでは、こんな活躍の仕方もあるんだ」と思うでしょうし、彼らを目指すメンバーも生まれてくるでしょう。なので、今回はそれぞれのメンバーのキャリアや可能性の幅を広げるという意味もこめて、約1年がかりで新体制を考えました。

−−HIROさんが所属されているLDH WORLDは、どんな役割なのでしょうか。

HIRO:LDH WORLDは僕の他に、VERBAL、Dr. Romanelli、NIGO®さんの4人が所属しています。LDH WORLDは、LDH全体の理念を作る場所です。VERBALの言葉を借りると、“ジャンルを越えて様々なクリエイターが集まる基地”のようなイメージです。LDHのブランドイメージや今後展開していきたいコンテンツを作り、LDH WORLDから各国の拠点へ発信していこうと思っています。

−−HIROさんは、そこでどんなことをされるのでしょうか?

HIRO:本質はあまり変わりませんが、よりクリエイティブに集中していきたいと思っています。LDHの立ち上げから、社長とパフォーマーの両方を担っていましたが、今の規模では全て自分でやるのは難しくなってきました。会社が小さいころは、すごくやりやすかったんです。パフォーマーでもあり社長でもあることで、よりメンバーやスタッフを引っ張っていくことができましたし、物事の判断も早くすることができました。でもこれだけ会社が大きいと1人に責任が集中することはリスクの原因にもなりますし、後継者も育てていく必要があると思いました。5年後、10年後、そして僕がいなくなった後でも会社が大きくなっていけるように、働いているみんなが会社に未来を感じられるように、それぞれの事業を子会社化して、メンバーにも事業に携わってもらうという体制を作りました。特に海外展開については、最初の段階から積極的に海外のプロデューサーとメンバーを会わせたり、メンバーにも関わってもらうようにしています。そうすることで今後のビジョンも共有することができますし、若いメンバーからアイディアを聞くこともできます。

−−今後の目標は、何ですか?

HIRO:まだまだ事業化できていないプランやアイディアもたくさんあるので、色んな可能性があると思っています。今はどのマーケットに対して何を展開していくかを考えるために、各国の市場調査とコンテンツ作りをしています。それらができあがった段階で、より良い相乗効果を生めるような組み合わせを考えたいと思います。僕の役割は、各国の素晴らしい才能を繋げる通訳になることです。うまく組み合わさった結果生まれるのが、フェスなのか、アニメなのか、舞台なのか、アーティストなのかは楽しみにしていてください。そして、次のステップは新たに作ったコンテンツやブランドを世界中に浸透させていくことです。大きな核となるコンテンツを作り、各国にあわせてアレンジしながら展開し、さらにアパレルやキッチンなど少しずつ事業を加えていきながら、発信していきます。

−−各国のCEOには、既にその国に地盤がある人達ばかりというのも心強いですね。

HIRO:日本のようなアーティストと所属事務所の関係や規模は、他の国から見ると非常に特殊だそうです。NE-YOやOmarionは自分たちで直接弁護士を雇い、数人で動いているので、LDHを見て驚いていました。なのでLDHの事業展開のノウハウやシステムも海外に発信していきたいと考えています。そのために海外で発掘したアーティストやクリエイターにLDH JAPANに来てもらって育成するのも面白そうですよね。もしくは、Afrojackに日本に滞在してもらって僕らのやり方を見てもらうとか。とにかく、今はアイディアがたくさん生まれてきているので、僕はそれらの点と点を繋げる役割を担っていきたいと思っています。

関連キーワード

TAG

19 -Road to AMAZING WORLD-
EXILE「19 -Road to AMAZING WORLD-」
2015/03/25
[CD]
¥6,458(税込)
購入画面へ
情熱の花
EXILE「情熱の花」
2015/03/04
[CD]
¥864(税込)
購入画面へ
情熱の花
EXILE「情熱の花」
2015/03/04
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
NEW HORIZON
EXILE「NEW HORIZON」
2014/07/23
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
NEW HORIZON
EXILE「NEW HORIZON」
2014/07/23
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
NEW HORIZON
EXILE「NEW HORIZON」
2014/07/23
[CD]
¥4,104(税込)
購入画面へ
もっと強く
EXILE「もっと強く」
2010/09/15
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
もっと強く
EXILE「もっと強く」
2010/09/15
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
Summer Breeze -one surfer’s day-
(オムニバス) m-flo loves MONKEY MAJIK EXILE 東方神起 Rickie-G Caravan ロスコー ボブ・サンクラー「Summer Breeze -one surfer’s day-」
2010/07/14
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
ジャパネイション
DJ KAYA EXILE May J. m-flo loves MINMI 倖田來未 東方神起 BoA globe「ジャパネイション」
2010/07/07
[CD]
¥2,469(税込)
購入画面へ
FANTASY
EXILE「FANTASY」
2010/06/09
[CD]
¥2,037(税込)
購入画面へ
FANTASY
EXILE「FANTASY」
2010/06/09
[CD]
¥3,065(税込)
購入画面へ
奉祝曲 組曲 「太陽の国」
(オムニバス) 東京都交響楽団 EXILE「奉祝曲 組曲 「太陽の国」」
2010/05/19
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
愛すべき未来へ
EXILE「愛すべき未来へ」
2009/12/02
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
愛すべき未来へ
EXILE「愛すべき未来へ」
2009/12/02
[CD]
¥5,184(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
キーボードの片山敦夫と、ギターの斎藤誠が『がらくた』の中から好きな曲をピックアップし制作秘話などを語る―。
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
曲作りやプロデュースのときでも、脳裏に浮かぶ映像がヒントになる
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
ワン・トゥー・テン・ホールディングス
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
「今この瞬間をどう生きるか」
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
「今までとは違った表現や歌詞の内容も違うメッセージの楽曲を作っていきたい」
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
シーンへの本格的な復帰を果たした21世紀最高のロック・バンドの魅力に迫る
フェニックス 来日インタビュー
フェニックス 来日インタビュー
トマ&クリスチャンが語るライブ体験と尽きないチャレンジ精神。
新世代ジャズとテラス・マーティン ~来日直前インタビュー&プレイリスト
新世代ジャズとテラス・マーティン ~来日直前インタビュー&プレイリスト
なぜいまテラス・マーティンに注目すべきなのか

Chartsmore