Billboard JAPAN


Special Contents

ストレイテナー(ホリエアツシ)インタビュー

ストレイテナー(ホリエアツシ)インタビュー

 ホリエアツシ(vo,g,key)が語るバンドの変遷や各メンバー評、デビュー当時から今日に至るまでの音楽/ロックシーンの流れ、「他の何者でもない存在」になろうと戦ってきた仲間たち、満足していない現状と辿り着きたい未来、そして初めてのビルボードライブ(1月24日(日)Billboard Live TOKYO)公演について等。ストレイテナーのファンはもちろん、全音楽リスナー必読のインタビュー、ここに公開。

01.ストレイテナーの変遷/ホリエアツシによる4人のメンバー評

−−ストレイテナーのことは、2002年11月8日 下北沢シェルターでの初ワンマンライブから定期的に観させて頂いているんですが、その間にメンバーも増え、あらゆる音楽的手法を試み、けれども基本的な姿勢は変わらぬまま大きなバンドになっていった印象を受けています。自身では、このバンドのストーリーにどんな印象を抱いたりしていますか?

ホリエアツシ:自分では……自然な成り行きとしか言えない(笑)。

−−(笑)

ホリエアツシ:でも「どうなっちゃうんだろう?」ってなったり、浮ついちゃうようなことも全然なくって、自分たち的には地に足をつけてやってこれた結果が今なのかな。だから振り返ってみれば結構なところまで来たと思うし、年月を重ねたんだなと思うんですけど、振り返らなかったらそれには気付かないというか。

−−とは言え、2人(ホリエアツシ(vo,g,key)+ナカヤマシンペイ(dr))が3人(+日向秀和(b))、3人が4人(+大山純(g))へと増えていく流れも、軽音部レベルではよくある話ですけど、メジャーデビュー後のバンドの流れとしてはアクロバティックでしたよね。それでも「地に足をつけてやってこれた」のは何でなんですかね?

ホリエアツシ:そのこと自体が僕らからすると自然な成り行きだった。2人から3人になるときも、周りの人たちからは「これまで2人であることがインパクトだったのに、勿体ない」って言われたりもしたんですけど、自分たちからすると初めから2ピースでずっとやって行こうとは思ってなかったし、良くなることは明らかだったというか、結果、3ピースとしてライブバンドとしての完成形を見せられた手応えはあったし、かなり実力を評価された。そこからさらに4人になったのは、4枚目のアルバムで3人の形には縛られない楽曲を作りはじめて、ライブで僕がピアノを弾く曲が増えたり、再現力に悩んだりしていたときで、「4ピースになるとして、入るとしたら誰なんだろう?」って考えたときに「純がいるな」と思って(笑)。その時もマイナスになるイメージは全く出来なくて、単純に前を向いてやってきた結果、気付いたら2人から3人になって、3人から4人になっていたっていう。

−−さらに増やす構想はあったんですか?

ホリエアツシ:それはなかったですね(笑)。

−−今「もう一度、ナカヤマシンペイと2人でやれ」って言われたら出来ますか?

ホリエアツシ:10周年のときの武道館公演で2人で2人時代の曲を演奏する演出があったんですけど、音スッカスカで(笑)。あくまで演出としてやったので、2人でもやれるじゃなくて、むしろ2人じゃ無理だよねっていう証明でしたね(笑)。

『Behind The Tokyo』Disc-1ダイジェスト 三吉ツカサ(Showcase)
編
▲ 『Behind The Tokyo』Disc-1ダイジェスト 三吉ツカサ(Showcase)編

−−ちなみに、この13年間でナカヤマさんはどんなミュージシャンになっていったと感じていますか?

ホリエアツシ:周りの、仲間のバンドたちから羨ましがられるドラマー。あと、シンペイが自分で最近よく言ってるんですけど、昔は音楽としての協調とか自分の音の位置とか何も考えず叩いていて、でも今ではストレイテナーの音楽を届けるイメージを持ってドラムを叩いているって。それが実際にバンド感にすごく伝わるようになってきて、昔みたいにパフォーマンスで煽らなくても、バンドにおける存在感が良い形で増していると言われます。アンサンブルのまとまりも広がりも彼のドラムに懸かってると思います。

−−では、日向さんはいかがでしょう?

ホリエアツシ:ひなっちはもう加入当初からバンドを引っ張ってくれていたんですけど、初めは外から見ていた分、ストレイテナーの良さとか個性を客観的に捉えることが出来ていて、バンドの方向性とかについても最初から意見していて。言いづらい部分もあったかもしれないんですけど、それでもバンドを引っ張ってくれようとしていた。演奏面でもそうで、もしかしたら何の特徴もない曲でも彼がベースを弾けば全く違うものになるし、それは次第にこのバンドの個性になっていった。「ストレイテナーの音はこうだな」と思わせる上で中心的な存在です。

−−大山さんは?

ホリエアツシ:冬眠していたところを起こしたんですけど(笑)、元々僕が好きなギターを弾く人で。ギタリストを入れる上で適当に声をかけた訳じゃなくて、あのギターがストレイテナーに足されたら、僕がイメージしているロックに近づけるし、強くなる。僕が求めているロックのアンサンブルになるっていう自信があって誘ったんです。その期待に最初から応えてくれて、さらに2作目あたりでOJ(大山純)ならではのフレーズから作る曲も出てきて、それを彼は「ストレイテナーがこんな曲やったらどうなるか?っていう遊び心だ」と言っていたんですけど、それはとてもバンドらしいし、変化球的な位置付けではなくバンドのあるべき姿だと思って。僕もそれに触発されて応えるような曲を作れたりもして。

−−では、ホリエさん自身はどんなミュージシャンになってると思いますか?

ホリエアツシ:元々バンドというものに対する強い意識があったんですけど、ある時期からバンドで鳴らすべき音楽とそうじゃない音楽があるなと思い始めて、さらにひとりひとりがプレイヤーだったりミュージシャンとして立っていくべきだなと思って。僕は趣味として普段聴くようなベッドルーム的な音楽も作りたくて、それでソロ作品も2枚出して、バンドじゃなく自分ひとりの頭の中で音楽を作る実験も経た今、バンドは本当に安心できる場所というか、落ち着ける場所になっていて、拠り所にしている部分もあるんですけど、甘えるんじゃなくて、予想を上回ってメンバーがビックリするような曲を作りたいし、ライブでもメンバーの興奮を引き出せるような歌をうたえるようになりたいと思います。

−−リスナーの前にメンバーがどんな反応をするか、そこが重要になっている?

ホリエアツシ:そうですね。そこで素直に「良いね」っていう反応がないと自信も持てないので。もちろんファンの反応を聴いてその曲の良さを改めて知ることも多々あるんですけど、まずはプレイしていて楽しいっていうのが一番なので。「こういうドラムを叩かなきゃ」「こういうベースを弾かなきゃ」みたいな、役に縛られるようなところではやりたくないというか、自由に楽しんで出来るのが一番良い。だから驚かせたいし、興奮させたいと思う。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 02.今まで俺たちが信じてきたものはどうなっちゃったんだ?
  3. Next >
02.今まで俺たちが信じてきたものはどうなっちゃったんだ?

NO ~命の跡に咲いた花~
▲ 「NO ~命の跡に咲いた花~」MV

−−「楽しんで出来るのが一番良い」その考え方ゆえだと思うんですけど、ストレイテナーって“挫折”とか“解散の危機”みたいなものが全く見えてこない。これって実際はどうだったんでしょうか?

ホリエアツシ:実際そうでした(笑)。作るのも楽しいし、ライブやるのも楽しいし、僕自身は良い意味でマイペースというか、あんまり周りに流されないというか、外の声やざわつきとかに自分の心が侵食されないように鍛えてきたところもあるので。それこそ十数年前、自分たちがまだ何者でもないときは、誰かひとりの評価に脅かされることもあって、神経がすごく過敏になっていたり、頑固になっていたりしたんですけど、今は柔軟性も持ち合わせているし、それがバンドにも出てる。

−−では、ストレイテナーというひとつの塊としてはどんなバンドに育ったと感じます?

ホリエアツシ:絶対かっこいいバンドだと思います。でも「まだまだやんなきゃ」って思います。それは「続けなきゃ」とかそういうことじゃなくて、もっと広めていきたいし、評価もされたいし、音楽ってリスナーの中ではジャンルに縛られてしまいがちで、「こういう感じね」と取捨選択されてしまうものかもしれないけど、そうじゃなくてもっと普遍的なものとして聴いてもらいたいし。

−−その壁をまだ壊せていない感覚がある?

ホリエアツシ:ありますね。フジロックに出たときとか、洋楽好きの、興味を持ってくれる人の少なさみたいなものを感じて。ファンは大事で、ファンの愛はすごく感じているんですけど、それ以外の人は全く知らないか、名前は知ってるけど音楽には無関心みたいな。新しいバンドでもないから、それは当然と言えば当然なんですけど、それだけで判断されないものを創りたいし、そこで挫けるんじゃなくてもっといろんなところに出ていきたい。

−−ストレイテナーはここ10年の日本のロックシーンを作ってきたバンドのひとつだと思うんですけど、それゆえに他のシーンや新たなリスナーを振り向かせる難しさを感じる局面もある。その状況を打破する為の戦略は何か考えていたりするんですか?

ホリエアツシ:いや、そういう明確なものはないんですけど、やっぱり出れるところには出ていきたいし、世代を超えていきたい。良いものっていうのは世代を超えてるなと思っていて、BUMP OF CHICKENなんて俺らの世代ですけど、当初のファンが今は親になっていて、子供も一緒になって聴いている訳じゃないですか。いろんなきっかけはあるんだろうけど、大人から中高生までライブを観に来るバンドになってる。それが「同じ下北沢とか渋谷から始まったインディーズのバンドだったんだよな」って思うと、凄いことだなって。

−−では、ストレイテナーの現状には満足していない?

ホリエアツシ:そうですね。満足なんてしたことないです。

DAY TO DAY
▲ 「DAY TO DAY」MV

−−最新シングル『DAY TO DAY』は「「Melodic Storm」を超える名曲」と評されていますが、ここにも「広げよう」という意思は強く反映されている?

ホリエアツシ:広げようというか、普遍性を意識したところはありますね。詞も「Melodic Storm」とリンクする部分もある普遍的な言葉で書いていて。自分だけの自分だけが見える世界を描くんじゃなくて、いろんな人がいろんな角度から見てハッとするような風景を描きたいと思ったんですよね。ただ、誰かの想いを代弁したりとか、万人の共感を得るような歌を作るとか、そういうことは出来ないなと思って。それがこの曲のテーマにもなっていて、「歌われることのない想い、歌にはできない想いというものがあるんだよ」っていう。普段だって一緒にいる相手の本当の気持ちを知ることはできない。だからすべてを言葉や歌で伝える事はできないけど、自分の中で持っている気持ちを自分の形で鳴らしていく。

−−それを今発信したいと思ったのは?

ホリエアツシ:その発想がどこから出てきたのかは分からないですね。ただ、ありふれたものにはすぐ飽きちゃうタイプなんで、そのひとつというか。

−−その「ありふれたもの」に対するひとつのアンチ感が出ている曲ですもんね。

ホリエアツシ:ずっとアンチ感(笑)。アンチ感はもうずっと。

−−ストレイテナーは基本がアンチ感。

ホリエアツシ:そのわりには結構良い曲つくってる(笑)。

−−アンチだけど「世の中に広がってほしい」という想いもある、複雑な構造になっている。でもそれがストレイテナーでホリエさんがやっていきたいことなんでしょうね。

ホリエアツシ:そうですね。やっぱり他の人がやらないことをやりたい、自分にしかない発想を持ちたいというのはずっとあるし、それがなくなったらやる意味もなくなる。形になったときは分からないかもしれないけど、根っこにある創作意欲だったりインスピレーションっていうのは、自分にしかないところから持ち出す。「この曲の核にあるのはこれだ」っていう自分しか知らないものっていうのは、誰のマネもしていない。それでやり続けているバンドなので。

−−その逆に位置するものが売れやすかったり、大衆に愛されたりするケースって多いじゃないですか。そうした音楽は音楽で在っていいとは思う?

ホリエアツシ:そうですね。分かりやすけりゃ良いってものでもないし、難解なものが格好良いかと言ったらそういうことでもないし、万人受けを狙って作った曲かもしれないけど、それが人の心を掴むんだとしたら優れた音楽だと思うし、僕もそういうものに掴まれてきていると思うし、良い曲は良いって評価できるようにしたい。それが若い頃、二十歳ぐらいの頃は出来なかったんですけど、穿った目で見てしまって。でも、その音楽に価値がどれだけあるかっていうのは、作る人がどこまで想い入れを持てているかによると思うので。作った人が感動できなかったら、その時点で価値はないと思いますけどね。

−−そんなホリエさんから見て、現在の音楽シーンはどう映っていたりしますか? ストレイテナーがデビューした当時からはかなり変わってると思うんですが。

ホリエアツシ:2周ぐらいしちゃったような気がしますね。今は僕が面白いと思えるものはなかなか評価される土俵に上がってこない時代だなって思います。僕の好きなものばかりが評価されても、それはそれで気持ち悪いだろうなと思うんですけど、ロックで言ったら「反動、反動」みたいな感じで、90年代のロックってどんどんどんどん進化していたので「ロックって進化するものなんだな」と思っていたんです。でもその流れが00年代でいきなりピタっと止まって、思いっきり古いもの、リバイバルブームになって、その時点で「あれ? 今まで俺たちが信じてきたものはどうなっちゃったんだ?」っていう。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 03.ビルボードライブ公演は「大御所がやるディナーショー」?
  3. Next >
03.ビルボードライブ公演は「大御所がやるディナーショー」?

『Behind The Tokyo』Disc-2ダイジェスト 橋本塁(SOUND SHOOTER)
編
▲ 『Behind The Tokyo』Disc-2ダイジェスト 橋本塁(SOUND SHOOTER)編

−−戸惑うことになったと。

ホリエアツシ:でも逆に日本ではちょっと上から僕らぐらいの世代の人たちが新しい価値観というか、他の人がやらないことをやって個性としていく。その観たことのないものにビックリしてお客さんがついてくるという、分かりやすい現象が起きていって。でもそれも飽和しちゃって、今度は音楽性よりも先に情報的なインパクトで人の関心をを集める……元々それはショービジネスとか商品的なものとしては当たり前の戦略ですけど、それが音楽にまで伸びてきて、今がある。もちろんそういうアイデアを持ってる人は作品にも拘っていたりするので、音楽自体を面白くしていくケースもあるなって。ただ、僕は拒否反応を示しがちですけど(笑)、それが間違っているかと言ったらそうじゃない。

−−その流れの中でホリエさんやストレイテナーが足掻いてきた感覚はあるんですか? それとも、それはそれとして自分たちの道を進んできたのか。

ホリエアツシ:足掻きはしないですけど、知ろうとはしたいなというか。良くないところだけ目に付いてしまいがちだけど、良さも見極めないといけないと思うし、そこには学ぶべきものがあるかもしれないし。そう思えるようになったのは成長したところというか、一番成長したところかもしれない。インディーズの頃は「青春パンク」と聴いただけで耳塞いでましたから(笑)。

−−そういう新しい流れに関心を持つようになった中で、2015年現在で注目しているトピックって何かあったりしますか?

ホリエアツシ:本人たちもこんな風になるとは想像していなかったと思うんですけど、ゲスの極み乙女。とか完全にバンド名だと思うんですよね。名前だけ聞いたときは「凄いキワモノが出てきたのかな?」と思っていたら、音楽的にはむしろあまり世代性とかもなくスタンダードで、すごくテクニカルで巧みなことをやっていて。これはいい意味でなんですけど、もしゲスが横文字のオシャレなバンド名でやってたらあそこまで売れてないと思う(笑)。好む人が好む、そういうバンドとして評価されていたでしょうね。

−−最近、ホリエさんがACIDMANの作品に参加したり、ストレイテナーとTHE BACK HORNのツーマンライブがあったり、同世代のバンドとの共演がここに来てまた目立っていますけど、彼らとの盟友感ってどこから生まれたものなんでしょう?

ホリエアツシ:音楽的にも共感する部分があるし、しかも似たようなことをやっていたら生き残れないところで戦ってきたライバルでもあるので、それで今お互いそれぞれに確立した存在感を世の中に示していることに対するリスペクトもあるし、お互いが「他の奴らには絶対作れないものを作ってるよね」って評価し合っている。で、お酒の飲み方とかも、一緒にいて楽しいし、安心できるっていうか(笑)。あの時代、90年代にバンドを始めて、00年代を戦ってきたバンドならではの価値観みたいなものはありますよね。

−−そんなホリエさんから見て、後輩の中で気になるバンドっていたりしますか?

ホリエアツシ:「若手」って言ってても若手じゃなくなってきたバンドもいるのでアレなんですけど……9mm Parabellum Bulletとかthe telephonesとかTHE BAWDIESあたりまでの、一世代下のバンドには強く共感できる要素があって、やっぱりアイデンティティーっていうか、意地みたいなものが伝わってきていたんですけど、その下の世代になるともう中高時代からストレイテナーを聴いてくれてたり、コピーバンドをしてたなんていう奴らもいたりして。20代前半ぐらいで、それが今どんなバンドやってるんだろうと思って聴いてみたら、似ても似つかない! ストレイテナーの面影が全くない(笑)。

−−「なんでこうなったんだろう?」と(笑)。

ホリエアツシ:そうそう。真似しようとしても出来ないとも思うし。僕はデビューした頃から、いろんな場所で「ストレイテナーの音楽を聴いてくれるのは嬉しいけど、もっといろんな音楽があるよ。音楽はもっと面白いよ」っていう、ストレイテナーを通してもっと広く、新しい音楽に出会ってほしいことということを伝えたいなと思ってやってきたんで、それが、僕らの影響を受けた世代のバンドが、僕らとはまったく違った音楽を鳴らしているという結果として実ったっていう風に解釈したらそれも嬉しい。

−−それは良い例だと思うんですが、昨今のロックシーンはそれこそ「他の奴らには絶対作れないものを作ってるよね」という気概を感じさせる、新しいバンドがあまり表に出てこなくなった印象も受けます。「あれっぽい」が多すぎるというか。

ホリエアツシ:1個の技が異様に流行っちゃうみたいな(笑)。何か一つ売れたらそれに似たものだらけになってしまうやつですね。でもここまで来るとそういうことの繰り返しなのかなっていう気がしますね。僕らがいた頃のインディーシーンにはtoeとかthe band apartみたいなある種パイオニア的なバンドがいて、そこから派生してフォロワーというかポストロックとかテクニカルなミクスチャー系がライブハウスにひしめいていた時期があって、単体で聴くと格好良いのかもしれないけど、個性が見えてこなくなる。それは仕方ないのかなって思いますけど、引き上げる側の責任もやっぱりありますよ。「あ、これが売れるんだったら、こっちも売れるだろう」みたいな、発想がその逆に絶対行かないというか。より先を見ている人が少ないんで、どうしてもそうなる。その引き上げる人がミュージシャンじゃないからなんですけどね。ミュージシャンだったら同じようなものはチョイスしないと思うんですけど、レーベルを作るなら同じジャンルを集めたほうが分かりやすいだろうし。

−−そういった流れもある中で、ホリエさん自身はどんなアーティストでありたいなと思っていますか?

ホリエアツシ:僕自身が音楽のリスナーとして新しいものとか、新しくなくても良いものと出逢って生まれるその感覚、感性を常に求めていたいなと思うので、それをさらに自分たちの音楽に取り入れていって、更新していく。これからより一層。バンドとしてという感覚だけじゃなく、もう本当に音楽として取り組んで「もっとやんなきゃ」っていう風に思っています。

−−そんなストレイテナーが初めてビルボードライブで公演を行います。どんなライブにしたいですか?

ホリエアツシ:大御所の人たちがやるディナーショーってあるじゃないですか。行ったことはないんですけど、きっとすごく楽しいんだろうなって思っていて(笑)。それをストレイテナーでやってみたいなと思って。普段のライブにはない驚きを取り入れたいし、ここ最近はワンマンだとMCもよくするのでトークも出来るし、アコースティックということで楽曲への印象も変わってくると思うし、それを楽しんでもらえたらいいなって思っています。

−−では、最後に、2016年1月24日(日)Billboard Live TOKYOに来てくれる皆さんへメッセージをお願いします。

ホリエアツシ:食事しながらライブを観ることってなかなかないと思うんですけど、お食事する方達は食事メインでもいいので(笑)ぜひ来てください。なかなかない機会なので、普段出来ないライブの楽しみ方をしてもらえたらなって。序盤に話した、自分たちの決まりきった場所じゃないところに出ていく、そのひとつでもあるから、ここからまた可能性が広がるかもしれないし、僕らも楽しみにしています。

ストレイテナー「Behind The Tokyo」

Behind The Tokyo

2015/08/05 RELEASE
TYCT-69085/6 ¥ 3,780(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.KILLER TUNE
  2. 02.Super Magical Illusion
  3. 03.VANISH
  4. 04.TODAY
  5. 05.泳ぐ鳥
  6. 06.TRAIN
  7. 07.TRAVELING GARGOYLE
  8. 08.SCARLET STARLET
  9. 09.シンデレラソング
  10. 10.THE REMAINS
  11. 11.DONKEY BOOGIE DODO
  12. 12.Yeti
  13. 13.Wonderfornia
  14. 14.Breaking Ground
  15. 15.瞬きをしない猫
  16. 16.Lightning
  17. 17.シンクロ
  18. 18.放物線
  19. 19.彩雲

関連キーワード

TAG

関連商品

COLD DISC
STRAIGHTENER「COLD DISC」

2016/05/18

[CD]

¥3,024(税込)

COLD DISC
STRAIGHTENER「COLD DISC」

2016/05/18

[CD]

¥3,888(税込)

シーグラス
STRAIGHTENER「シーグラス」

2016/04/20

[CD]

¥1,836(税込)

DAY TO DAY
STRAIGHTENER「DAY TO DAY」

2015/11/11

[CD]

¥1,944(税込)

Behind The Tokyo
ストレイテナー「Behind The Tokyo」

2015/08/05

[CD]

¥3,780(税込)

NO ~命の跡に咲いた花~
ストレイテナー「NO ~命の跡に咲いた花~」

2015/07/15

[CD]

¥1,080(税込)

SOFT
STRAIGHTENER「SOFT」

2012/06/13

[CD]

¥2,880(税込)

SOFT
STRAIGHTENER「SOFT」

2012/06/13

[CD]

¥2,880(税込)

スタウト
ストレイテナー「スタウト」

2011/01/12

[CD]

¥2,037(税込)

スタウト
ストレイテナー「スタウト」

2011/01/12

[CD]

¥2,571(税込)

スタウト
ストレイテナー「スタウト」

2011/01/12

[CD]

¥2,037(税込)

スタウト
ストレイテナー「スタウト」

2011/01/12

[CD]

¥2,571(税込)

CREATURES
ストレイテナー「CREATURES」

2010/03/03

[CD]

¥2,880(税込)

CREATURES
ストレイテナー「CREATURES」

2010/03/03

[CD]

¥2,880(税込)

NEXUS TOUR FINAL
STRAIGHTENER「NEXUS TOUR FINAL」

2009/08/05

[DVD]

¥4,629(税込)

NEXUS TOUR FINAL
STRAIGHTENER「NEXUS TOUR FINAL」

2009/08/05

[DVD]

¥4,629(税込)

ネクサス
STRAIGHTENER「ネクサス」

2009/02/11

[CD]

¥2,571(税込)

ネクサス
STRAIGHTENER「ネクサス」

2009/02/11

[CD]

¥2,571(税込)

Lightning
STRAIGHTENER「Lightning」

2009/01/14

[CD]

¥1,028(税込)

Lightning
STRAIGHTENER「Lightning」

2009/01/14

[CD]

¥1,028(税込)

Immortal
STRAIGHTENER「Immortal」

2007/11/21

[CD]

¥1,543(税込)

Immortal
STRAIGHTENER「Immortal」

2007/11/21

[CD]

¥1,543(税込)

リニア
STRAIGHTENER「リニア」

2007/03/07

[CD]

¥2,571(税込)

リニア
STRAIGHTENER「リニア」

2007/03/07

[CD]

¥2,571(税込)

トレイン
STRAIGHTENER「トレイン」

2007/02/14

[CD]

¥823(税込)

トレイン
STRAIGHTENER「トレイン」

2007/02/14

[CD]

¥823(税込)

シックスデイワンダー
STRAIGHTENER「シックスデイワンダー」

2007/01/10

[CD]

¥823(税込)

シックスデイワンダー
STRAIGHTENER「シックスデイワンダー」

2007/01/10

[CD]

¥823(税込)

バーサーカーチューン
STRAIGHTENER「バーサーカーチューン」

2006/10/25

[CD]

¥823(税込)

バーサーカーチューン
STRAIGHTENER「バーサーカーチューン」

2006/10/25

[CD]

¥823(税込)

ディア デッドマン
STRAIGHTENER「ディア デッドマン」

2006/03/08

[CD]

¥2,571(税込)

ディア デッドマン
STRAIGHTENER「ディア デッドマン」

2006/03/08

[CD]

¥2,571(税込)

Melodic Storm
STRAIGHTENER「Melodic Storm」

2006/01/18

[CD]

¥823(税込)

Melodic Storm
STRAIGHTENER「Melodic Storm」

2006/01/18

[CD]

¥823(税込)

THE REMAINS
STRAIGHTENER「THE REMAINS」

2005/06/15

[CD]

¥1,080(税込)

THE REMAINS
STRAIGHTENER「THE REMAINS」

2005/06/15

[CD]

¥1,080(税込)

アーリーイヤーズ
STRAIGHTENER「アーリーイヤーズ」

2005/04/13

[CD]

¥2,592(税込)

TITLE
STRAIGHTENER「TITLE」

2005/01/26

[CD]

¥2,571(税込)

ROCK END ROLL
STRAIGHTENER「ROCK END ROLL」

2004/06/23

[CD]

¥1,620(税込)

ROCK END ROLL
STRAIGHTENER「ROCK END ROLL」

2004/06/23

[CD]

¥1,620(税込)

TENDER
STRAIGHTENER「TENDER」

2004/02/18

[CD]

¥1,132(税込)

TENDER
STRAIGHTENER「TENDER」

2004/02/18

[CD]

¥1,132(税込)

ロスト ワールズ アンソロジー
STRAIGHTENER「ロスト ワールズ アンソロジー」

2004/01/21

[CD]

¥2,571(税込)

ロスト ワールズ アンソロジー
STRAIGHTENER「ロスト ワールズ アンソロジー」

2004/01/21

[CD]

¥2,571(税込)

COLD DISC
STRAIGHTENER「COLD DISC」

2016/05/18

[CD]

¥3,024(税込)

COLD DISC
STRAIGHTENER「COLD DISC」

2016/05/18

[CD]

¥3,888(税込)

シーグラス
STRAIGHTENER「シーグラス」

2016/04/20

[CD]

¥1,836(税込)

DAY TO DAY
STRAIGHTENER「DAY TO DAY」

2015/11/11

[CD]

¥1,944(税込)

Behind The Tokyo
ストレイテナー「Behind The Tokyo」

2015/08/05

[CD]

¥3,780(税込)

NO ~命の跡に咲いた花~
ストレイテナー「NO ~命の跡に咲いた花~」

2015/07/15

[CD]

¥1,080(税込)

Resplendent
Straightener「Resplendent」

2013/09/11

[CD]

¥1,646(税込)

Resplendent
Straightener「Resplendent」

2013/09/11

[CD]

¥2,551(税込)

SOFT
STRAIGHTENER「SOFT」

2012/06/13

[CD]

¥2,880(税込)

SOFT
STRAIGHTENER「SOFT」

2012/06/13

[CD]

¥2,880(税込)

スタウト
ストレイテナー「スタウト」

2011/01/12

[CD]

¥2,037(税込)

スタウト
ストレイテナー「スタウト」

2011/01/12

[CD]

¥2,571(税込)

スタウト
ストレイテナー「スタウト」

2011/01/12

[CD]

¥2,037(税込)

CREATURES
ストレイテナー「CREATURES」

2010/03/03

[CD]

¥2,880(税込)

CREATURES
ストレイテナー「CREATURES」

2010/03/03

[CD]

¥2,880(税込)

ネクサス
STRAIGHTENER「ネクサス」

2009/02/11

[CD]

¥2,571(税込)

ネクサス
STRAIGHTENER「ネクサス」

2009/02/11

[CD]

¥2,571(税込)

Lightning
STRAIGHTENER「Lightning」

2009/01/14

[CD]

¥1,028(税込)

Lightning
STRAIGHTENER「Lightning」

2009/01/14

[CD]

¥1,028(税込)

Immortal
STRAIGHTENER「Immortal」

2007/11/21

[CD]

¥1,543(税込)

Immortal
STRAIGHTENER「Immortal」

2007/11/21

[CD]

¥1,543(税込)

リニア
STRAIGHTENER「リニア」

2007/03/07

[CD]

¥2,571(税込)

リニア
STRAIGHTENER「リニア」

2007/03/07

[CD]

¥2,571(税込)

トレイン
STRAIGHTENER「トレイン」

2007/02/14

[CD]

¥823(税込)

トレイン
STRAIGHTENER「トレイン」

2007/02/14

[CD]

¥823(税込)

シックスデイワンダー
STRAIGHTENER「シックスデイワンダー」

2007/01/10

[CD]

¥823(税込)

シックスデイワンダー
STRAIGHTENER「シックスデイワンダー」

2007/01/10

[CD]

¥823(税込)

バーサーカーチューン
STRAIGHTENER「バーサーカーチューン」

2006/10/25

[CD]

¥823(税込)

ディア デッドマン
STRAIGHTENER「ディア デッドマン」

2006/03/08

[CD]

¥2,571(税込)

Melodic Storm
STRAIGHTENER「Melodic Storm」

2006/01/18

[CD]

¥823(税込)

Melodic Storm
STRAIGHTENER「Melodic Storm」

2006/01/18

[CD]

¥823(税込)

THE REMAINS
STRAIGHTENER「THE REMAINS」

2005/06/15

[CD]

¥1,080(税込)

THE REMAINS
STRAIGHTENER「THE REMAINS」

2005/06/15

[CD]

¥1,080(税込)

アーリーイヤーズ
STRAIGHTENER「アーリーイヤーズ」

2005/04/13

[CD]

¥2,592(税込)

TITLE
STRAIGHTENER「TITLE」

2005/01/26

[CD]

¥2,571(税込)

ROCK END ROLL
STRAIGHTENER「ROCK END ROLL」

2004/06/23

[CD]

¥1,620(税込)

ROCK END ROLL
STRAIGHTENER「ROCK END ROLL」

2004/06/23

[CD]

¥1,620(税込)

TENDER
STRAIGHTENER「TENDER」

2004/02/18

[CD]

¥1,132(税込)

TENDER
STRAIGHTENER「TENDER」

2004/02/18

[CD]

¥1,132(税込)

ロスト ワールズ アンソロジー
STRAIGHTENER「ロスト ワールズ アンソロジー」

2004/01/21

[CD]

¥2,571(税込)

ロスト ワールズ アンソロジー
STRAIGHTENER「ロスト ワールズ アンソロジー」

2004/01/21

[CD]

¥2,571(税込)

DRAGORUM
the PeteBest ストレイテナー「DRAGORUM」

2001/08/25

[CD]

-

ERROR
STRAIGHTENER「ERROR」

2001/01/10

[CD]

-

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    TM NETWORK、Zeppで全曲ノーカット『TMN final live LAST GROOVE 1994』ライブハウス上映

  2. 2

    back number、アリーナツアー【back number NO MAGIC TOUR 2019】開幕

  3. 3

    【深ヨミ】HKT48『意志』指原莉乃ラストシングルの地域別販売動向は?

  4. 4

    DA PUMP、フリーライブで「U.S.A.」振り付けを「カズダンス」にアレンジ

  5. 5

    筋肉少女帯、聖地・中野ブロードウェイで【筋肉少女帯展】開催

HOT IMAGES

注目の画像