Billboard JAPAN


Special Contents

ビルボードジャパン年間チャート発表!三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、DREAMS COME TRUE、カーリー・レイ・ジェプセン インタビュー&メッセージ

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE(今市隆二&登坂広臣)インタビュー

 Billboard JAPAN総合チャートHot 100の2015年の年間1位は、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「R.Y.U.S.E.I.」が獲得。2014年にリリースされた作品が2015年も多方面から大きな支持を集め、超ロングヒットとなり年間1位となった。今回は、これを記念してヴォーカルの今市隆二と登坂広臣にインタビューを敢行。年間1位を獲得した感想やドームツアーなど2015年を振り返ってもらった。

多くの人が「R.Y.U.S.E.I.」を愛してくれたことに対しても感謝の気持ちでいっぱい

R.Y.U.S.E.I.
▲ 「R.Y.U.S.E.I.」 MV

−−2015年の総合チャート Hot100の年間1位に輝いたのは、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「R.Y.U.S.E.I.」でした。おめでとうございます!

今市隆二&登坂広臣:ありがとうございます。

−−まず年間1位を獲得した今の率直な感想を聞かせて頂けますでしょうか?

今市隆二:単純に嬉しいです。Billboard JAPANチャートのHot100年間1位というのはなかなか獲れるものではないですし、それだけ多くの人が「R.Y.U.S.E.I.」を愛してくれたことに対しても感謝の気持ちでいっぱいです。

−−しかも「R.Y.U.S.E.I.」は、昨年も日本レコード大賞に輝くほどの大ヒットを記録しています。2年連続でトップに輝くことって近年なかなかない現象だと思うのですが。

登坂広臣:そうですね。リリースしたのが仰って頂いたように昨年だったので、2014年は「R.Y.U.S.E.I.」にとっても僕ら自身にとっても「良い年だったね」という形で締め括ることが出来たんですけど、今年も「R.Y.U.S.E.I.」が名誉ある形で1位を頂けたということで、自分たちとしても「代表曲になったんだな」と実感することができます。

−−Billboard JAPANでは、6月以降、YouTubeの日本国内再生回数の計測を始めているのですが、「R.Y.U.S.E.I.」は半年間で約3200万回再生という数字を叩き出していまして、それが再度セールスに繋がり、ダウンロードやストリーミングに繋がっていった結果、年間1位を獲得。まさに今の時代に合った愛され方をしていますよね。この流れにはどんなことを感じますか?

今市隆二:昨年、日本レコード大賞を頂いて、そこからまたいろんな人に知って頂いたと思うんですけど、振り付けのランニングマンも皆さんに踊って頂いたりして、そういう部分でも人から人へと広まっていったんだろうなと感じています。

−−ちなみに「R.Y.U.S.E.I.」が世の中に広がってきているなと最初に感じたのは、どんな瞬間だったか覚えてます?

今市隆二:知り合いのお子さんがいるんですけど、そのお子さんの体育の授業でも流れてるよって聞いたときは、「マジで!?」って驚きましたね。まさかそういうところで使われるとは思っていなかったので、その話を聞いたときは「本当に浸透してるんだなぁ」って思いました。

登坂広臣:学園祭だったり運動会だったりで使ってもらっているというのは、僕もよく聞いてて。それも嬉しい事でしたけど、同時にクラブとかのイベントでもよく流れていて、そこでもみんなが盛り上がってくれている。その振り幅が凄いなと思って。クラブで盛り上がる曲を小中学生が体育祭で踊っているって、なかなか今の時代にはないことだと思うので、そういうことを聞いたり、自分で感じたりすると、「自分たちの曲がちゃんと皆さんの手に渡って、広がっていったんだな」って思いますね。

−−また、2015年はドームツアーを開催した年でもありました。実際に廻ってみていかがでしたか?

今市隆二:ドームツアーは大きな夢のひとつでもあったので、それが実際に今年実現することが出来て、無事に成功という形で終わったので、本当に「夢を叶えさせてもらったなぁ」って感じましたし、同時に本当に多くの方が三代目 J Soul Brothersを愛してくれてるんだなってすごく感じましたね。

登坂広臣:夢が叶った瞬間を実感できたというか。今までもたくさんの夢を叶えさせて頂きましたけど、またひとつ新たに夢が叶った瞬間をドームに立った瞬間に感じられたのは嬉しかったですね。しかもライブビューイングを含めると120万人っていう凄い規模の方々が観てくれていたので、これからもっと頑張っていかなきゃいけない責任感も感じつつ、新たな夢への一歩を踏み出せた充実感も同時に感じる事が出来ました。

−−その120万人や約3200万回再生という数字を叩き出している状況に対して、実感というものは湧いているんでしょうか?

登坂広臣:自分たちでもビックリしてます。でもドームツアーを廻ってみて「これだけの多くの方々が応援してくれてるんだ」って、ファンの皆さんの数を目の当たりにすると感じることができて。アルバムがミリオンセラーになったんですけど、それはやっぱり全国で応援して下さってる方々、待ってくださってる方々がちゃんとそこにいるからなんだなって、実感することが出来ましたね。有り難いことですけど、同時に身が引き締まる思いです。

STORM RIDERS feat.SLASH
▲ 「STORM RIDERS feat.SLASH」 MV

−−また、ビックリしたと言えば、豪華アーティストとのコラボレーション。特にスラッシュとのコラボのニュースが届いたときは「何が起きてるんだ?」と思いました。

今市隆二:スラッシュと言えば、マイケル・ジャクソンの曲でギターを弾いていますし、あのガンズ・アンド・ローゼズのメンバーだった人なので、僕らからしたら夢みたいな存在なんですよ。レジェンド。そういう方とコラボできるっていうのは、自分たちでも「何が起こってるんだ?」って思うぐらいのことで(笑)。実際に「STORM RIDERS feat.SLASH」でコラボさせてもらったらギターのプレイも凄く格好良かったし、音も格好良かったし、そういう方々とコラボさせてもらえるのは本当に嬉しいし、こういうことをどんどんやっていきたいって、良い意味で欲に繋がったので、高みを目指すきっかけにもなったと思います。

−−いろいろ大きな出来事があった2015年、お二人の中ではどんな1年だったなと感じていますか?

登坂広臣:2014年も年末に「人生で最高の1年だった」って言いながら終わっていったんですけど、2015年もこの時期になって「最高の1年だった」ってまた思えていて。「もうこんな最高な年は今後ないんじゃないかな」って昨年思っていたけど、今年それを超えたという。それはすごく有難いです。なので、また今年より内容の詰まった、新しいことにチャレンジできる最高の年に2016年がなったらなと思ってます。

今市隆二:今年はやっぱりドームツアーを実現できたことが大きくて。お客さんの愛を感じさせてもらったりとか、それによって「もっともっと頑張らなきゃいけない」って気持ちも芽生えましたし、責任感も出てきて、それと同時に「ここはもっとこう出来たらな」っていう反省点も出てきたので、そこはクリアーしていって、来年は個人的な夢もそうですし、グループの夢もどんどんどんどんリアルに達成できるように頑張っていきたいです。

Billboard JAPAN年間チャートはこちらから>>>>

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. “Billboard JAPAN HOT ALBUMS”年間1位!
    DREAMS COME TRUEの2人からスペシャル・コメント
  3. Next >

DREAMS COME TRUE

 今年6月からスタートした複合アルバムチャート“Billboard JAPAN HOT ALBUMS”。年間1位は、DREAMS COME TRUEの『DREAMS COME TRUE THE BEST ! 私のドリカム』が獲得した。1位を記念し、DREAMS COME TRUEの2人からコメントが到着!  

 HOT ALBUMS 2015の年間1位は、1989年発表のデビュー曲「あなたに会いたくて」から2014年発表の最新シングル「AGAIN」までの代表曲50曲を収めたDREAMS COME TRUE初のコンプリート・ベストアルバム『DREAMS COME TRUE THE BEST ! 私のドリカム』が獲得した。

 昨年、25周年のアニバーサリーを迎えたDREAMS COME TRUE。2015年も、吉田美和の50歳を祝したハワイでのスペシャルライブや、九州新幹線、映画タイアップなど話題が続いた。7月7日に本アルバムをリリース以降も、7月19日には大阪万博公演にてアルバムリリース記念ライブを開催。11月には吉田美和、初の本格歌詞集第三弾『TEARS』を発売。さらに4年に1度のグレイテストヒッツライブ【史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015】を開催するなど、2015年も引き続き“ドリカム・イヤー”と言える活躍をみせた。結果、本作は7月20日付けチャートで初登場1位を獲得。セールスのみならず、ダウンロードとルックアップでも18週以上にわたって上位をキープし続け、見事年間 1位を獲得した。


今回の1位獲得を受け、DREAMS COME TRUEの2人からコメントが到着!

 「ドリカムワンダーランドイヤー」である2015年に、「私のドリカム」が、BillboardJAPAN年間チャートHot Albumsで1位を獲得したことは、とても大きな意味のあることです。ベストアルバムといえども、大切に大切に作り上げた「CDアルバム」という作品。その作品に対してみなさまから評価を頂けるということほど、音楽家として嬉しいことはありません。これからも「私のドリカム」と言って頂けるような楽曲を一曲でも多く生み出せるよう全力で頑張ろうと、スタッフ共々、決意を新たにしています。重ね重ね、このアルバムを手に取って頂いたみなさまに感謝いたします。

DREAMS COME TRUE 中村正人 吉田美和

Billboard JAPAN年間チャートはこちらから>>>>

DREAMS COME TRUE THE BEST!私のドリカム/スペシャルダイジェストムービー
NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. “Billboard JAPAN HOT OVERSEAS”年間1位!
    カーリー・レイ・ジェプセンのスペシャル・インタビュー&ビデオ・メッセージ
  3. Next >

カーリー・レイ・ジェプセン 来日インタビュー

 今年ファン待望の3rdアルバム『エモーション』をリリースし、アルバムからのリード・トラック「アイ・リアリー・ライク・ユー」でBillboard JAPAN“Hot Overseas”洋楽年間チャートで見事1位を記録したカーリー・レイ・ジェプセン。ソールドアウトとなったジャパン・ツアーのために、今年4度目の来日を果たしたカーリーに2015年を振り返るとともに、“ヒット曲”、そして音楽チャートの必要性について語ってもらった。さらには、日本のファンへキュートなビデオ・メッセージも!

私が曲を誇りに思ったり、曲に対してエキサイトするのは、
聴き手と“繋がり”を築くことができた時

I Really Like You
▲ 「I Really Like You」 MV

−−まず、2015年がカーリーとってどんな年だったかを伺いたいのですが、今年を一言で表すとしたら?

カーリー・レイ・ジェプセン:“Empowering=力を与える、力づける”。

−−それはなぜですか?

カーリー:前作からニュー・アルバムが出来上がるまで、とてつもない道のりで、自分について多くのことを学んだ。それは自分らしくあることが一番だと気づいたことから生まれた自信ゆえのことだったと思う。誰かの真似事をするんじゃなくて。そのフィーリングが私に力を与えてくれたの。

−−この1年間で、意外だったこと、驚かさせられたことはありますか?

カーリー:私がリスペクトするライターや音楽コミュニティからのアルバムに対する評価にはとても驚いた。アルバムを制作している時は、どんな風に受け止められるか、見当もつかなかった。考えないようにはしていたんだけどね。そういったことに振り回されたり、関係のないことに集中したくなかったから。こんなにもポジティヴな反響があったのは予想外で、私にとってとても意味のあることだった。

−−今年は4度来日していて、【SUMMER SONIC】や日本の音楽番組などへの出演など、日本の音楽シーンに触れる機会が何度かあったと思いますが、カーリーの目には、日本のポップ・ミュージック・シーンはどのように映っていますか?

カーリー:私が気に入っているのは、何もかも次のレヴェルに昇華させる自由が感じられるところ。ステージ・パフォーマンスから、自分をどれだけカラフルで派手に演出できるのか、とかに至るまで。私にとって、日本はまさに理想の場所だと思う。その上、ファンの子たちもとってもフレンドリーで、愛に溢れていて、日本でステージに上がるとさらに自信が湧くわ。みんなの愛に包まれてるって感じがするから。

−−ソングライターでもあるカーリーから見て、2015年のポップ・ミュージック・シーンにおけるトレンドはどんなものだったでしょう?アーティスト名などまったくわかないエイリアンに説明するとして…。

カーリー:そうね(笑)…みんなの代弁はできないけれど、私自身のポップ・ミュージック界においての体験から話せば、ポップは年々自由になり、可能性が広がっていってる。どんどん境界線がなくなっていっているの。例えば、ポップ・ミーツ・カントリーとかポップ・ミーツ・R&Bとか。そのゆえ“ポップ”自体の解釈も難しくなってきているのは確かね。でも、どんな道を進むことも可能だから、アーティストにとってはエキサイティングな時代でもある。

 プロダクションの面においてもそう。新作で、“インディー”プロデューサーと仕事ができたのはとても興味深かった。いわゆるヒット曲を書くポップ・プロデューサーと仕事のやり方が違うから。その2つの世界を融合させることは、私にとって最高に刺激的だった。だから、今はポップ・ミュージック史において、非常にエキサイティングな時だと思うわ、エイリアンさん(笑)。

Run Away With Me
▲ 「Run Away With Me」 MV

−−今年流行った曲、またはアーティストで、特に気に入ってるものがあれば教えてください。

カーリーChristine and the Queensね。LAにいる時に、共通の友人から彼女のことはちょっと聞いていたんだけど、プロモーションのために1週間ほどパリに行った時にラジオでずっとかかってて、ハマったの。英語とフランス語、両方で歌うんだけど、彼女にはすごくインスパイアされる。サウンドやプロダクションはもちろんだけど、とてもユニークな歌声の持ち主で、そういうヴォーカリストに出会うと、すごく興奮する。

−−では、カーリーにとって“ヒット曲”とは?セールス、ファンからの支持、どれだけ世間にインパクトを与えたかなど、様々な解釈があると思いますが。

カーリー:いい質問ね。一般的に“ヒット曲”と言われるのは、誰もが知ってる“あの曲”よね。私が曲を誇りに思ったり、曲に対してエキサイトするのは、聴き手と“繋がり”を築くことができた時。例えば、観客が曲の歌詞を覚えて、シングアロングしてくれたりすると、この曲には特別な何かがあるんだ、って感じるわね。

−−現代には音楽を楽しんだり、購入したりするプラットフォームが沢山ありますが、それらのデータを分かりやすくするという意味で、音楽チャートの必要性についてどう思いますか?

カーリー:私自身は、そこまで関心がないけど…アーティストとして、それが唯一のモチヴェーションであるんだったら、それはちょっと筋違いなんじゃないかな。自分が作った作品へのパッションとそれを人々と分かち合いたいという想いが第一で、それを他のアーティストの功績と比較し始めたらキリがないし、落ち込むだけだから、私はそういうことは考えないようにしてる。純粋に自分の好きな音楽をリリースして、作品に対して人々からポジティヴな反応があれば、それはおまけでしかないわ。

−−わかりました。因みに、カーリーは普段どんな風に音楽と接していますか?

カーリー:まるで“ブック・クラブ”のような感じで、ミュージシャン仲間とか音楽好きの友人におススメしてくれたものを聴いてる。私が好きそうなアーティストを見つけたら、みんなすかさず教えてくれるの。それに私“オールディーズ”が大好きなの。

−−ラジオで流れてる“懐メロ”的な?

カーリー:ううん、違うわ。40年代とか、もっと古~いやつ。普段はポップや80年代ぽい曲を書いてるから、自分が携わってないジャンルとかスタイルのものを聴くことが多いの。曲を作ってない時は、自分を浄化する必要があって、料理してる時とか家でくつろいでる時とかは、そういう音楽を聴いてる。自分でも憶えてないぐらい小さい頃からジャズも大好きだったから、私の“オールディーズ”熱には年々拍車がかかっていってるとも言えるわ(笑)。

−−では最後に、2016年の予定について明かせることがあれば教えてください。

カーリー:新作を作る過程が2年以上にも及んだということもあって、自分がどんなアーティストで、どんな風に音楽を作るのかというアイディアにすごく磨きがかったと感じる。だから制作過程の終盤では、1曲書いて、その曲がすぐに気に入るという感じで、それまでの18曲書いてやっと気に入った1曲に辿り着くということがなくなっていた。いい言葉が浮かばないんだけど…今ソングライティングにおいてすごく実りが多い時期で、曲を書くのが止められないの。全部がいい曲ってわけではないけど(笑)。直感に従って曲を書き続ける予定だから、次回作はこんなにも長い間待たせないつもりよ。みんなに聴いてもらえる作品を近々リリース出来ると思うから楽しみにしててね!

Billboard JAPAN年間チャートはこちらから>>>>

カーリーから日本のファンへビデオ・メッセージ

PLANET SEVEN
三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE「PLANET SEVEN」
2015/01/28
[CD]
¥6,696(税込)
購入画面へ
PLANET SEVEN
三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE「PLANET SEVEN」
2015/01/28
[CD]
¥5,616(税込)
購入画面へ
O.R.I.O.N.
三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE「O.R.I.O.N.」
2014/12/10
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
AGAIN
DREAMS COME TRUE「AGAIN」
2014/03/26
[CD]
¥1,188(税込)
購入画面へ
AGAIN
DREAMS COME TRUE「AGAIN」
2014/03/26
[CD]
¥1,728(税込)
購入画面へ
S.A.K.U.R.A.
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「S.A.K.U.R.A.」
2014/03/26
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
MIRACLE
三代目 J Soul Brothers「MIRACLE」
2013/01/01
[CD]
¥4,093(税込)
購入画面へ
MIRACLE
三代目 J Soul Brothers「MIRACLE」
2013/01/01
[CD]
¥6,151(税込)
購入画面へ
WOMAN 11
(V.A.) カーリー・レイ・ジェプセン レディー・ガガ ニッキー・ミナージュ feat.リアーナ ケリー・ヒルソン エリカ・バドゥ ナタリア・キルズ インディア.アリー「WOMAN 11」
2012/12/05
[CD]
¥3,292(税込)
購入画面へ
キス~デラックス・エディション
カーリー・レイ・ジェプセン「キス~デラックス・エディション」
2012/09/19
[CD]
¥3,065(税込)
購入画面へ
キス
カーリー・レイ・ジェプセン「キス」
2012/09/19
[CD]
¥2,365(税込)
購入画面へ
キス
カーリー・レイ・ジェプセン「キス」
2012/09/19
[CD]
¥2,037(税込)
購入画面へ
KISS(DLX)
カーリー・レイ・ジェプセン「KISS(DLX)」
2012/09/17
[CD]
¥1,950(税込)
購入画面へ
クライマックス ラヴストーリー~第2章~
(V.A.) 浜崎あゆみ DREAMS COME TRUE 今井美樹 大滝詠一 CHAGE and ASKA Every Little Thing the brilliant green「クライマックス ラヴストーリー~第2章~」
2012/08/22
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
0~ZERO~
三代目 J Soul Brothers「0~ZERO~」
2012/08/08
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
0~ZERO~
三代目 J Soul Brothers「0~ZERO~」
2012/08/08
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
0~ZERO~
三代目 J Soul Brothers「0~ZERO~」
2012/08/08
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
0~ZERO~
三代目 J Soul Brothers「0~ZERO~」
2012/08/08
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
0~ZERO~
三代目 J Soul Brothers「0~ZERO~」
2012/08/08
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
0~ZERO~
三代目 J Soul Brothers「0~ZERO~」
2012/08/08
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
0~ZERO~
三代目 J Soul Brothers「0~ZERO~」
2012/08/08
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
0~ZERO~
三代目 J Soul Brothers「0~ZERO~」
2012/08/08
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
0~ZERO~
三代目 J Soul Brothers「0~ZERO~」
2012/08/08
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
0~ZERO~
三代目 J Soul Brothers「0~ZERO~」
2012/08/08
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ

Chartsmore