Billboard JAPAN


Special Contents

鈴木茂×猪野秀史 Billboard Live スペシャル・インタビュー

鈴木猪野スペシャル

 2012年10月にビルボードライブ5周年記念公演として行われた鈴木茂×猪野秀史のスペシャル・ユニット・ライブが2015年4月、ビルボードライブに帰ってくる。しかも、今回はドラムに林立夫、ベースにハマ・オカモトという鈴木・猪野両名の盟友も参加し、前回以上にパワーアップしたライブが期待できる豪華布陣での公演だ。

 前回のビルボードライブでの共演以来、お互いがお互いの作品やライブに参加するなど、密なコミュニケーションをとってきた鈴木・猪野両名。前回以上に息のあったコンビネーションにも期待が高まる。今回は世代を超えて響きあう両氏に、ビルボードジャパンとしては約2年半ぶりのインタビューを行った。短い時間ながら、音作りやセッションの極意から、林×ハマというゲスト陣の印象や思い出に至るまで幅広い質問に、両者とも真摯に応えてくれた。

~音作りの秘訣~
「イメージを変えたのはやっぱりジミヘン」「自分のところで音像を作る」

――早速ですが、いま改めて振り返って、前回のライブはいかがでしたか?

鈴木:僕は初めてここで演奏したんですよね。こういうオシャレなお店で演奏するのも初体験だったので全てが珍しかったです。演奏の最後の方に、ステージの後ろのカーテンが開くと夜景が見えて、それもとても綺麗でした。演奏もほどよい緊張感を持って楽しめて、上手く行ったかなと思います。

猪野:それまでもビルボードライブでは毎年ライブさせて頂いてたんですけど、茂さんと演奏させて頂いたのは前回が初めてだったので緊張しましたね。

――それはやはり鈴木さんと演奏するという緊張ですか?

猪野:そうですね。リハの時に茂さんの弾く赤いストラトのギターの音が「キュイーン」と鳴った瞬間、鳥肌が立つくらい感動しました。あと、リハの間、立てかけてあったストラトが何かの拍子で倒れたんですけど、その時も「キュイーン」って鳴って、その音もカッコよくて感動しました(笑)。

――椅子から倒れた音もカッコいい(笑)。鈴木さんと言ったらストラトのイメージがありますが、やはり思い入れはありますか?

鈴木:思い入れですか。うーん、そうですねえ。とっても弾きやすいってことかな。ストラトってバッキングには最適なギターなんですね。パワーがあんまりないから、アルペジオにしてもリズムのカッティングにしても程よい音量で出てきて。ギブソンのハムバッキングとか、テレキャスだとパワーがあり過ぎて、歌っていて疲れちゃうことがあるんです。

猪野:茂さんのギターはものすごく小さい音でも抜けが心地いいんですよ。ご自分でエフェクターを作ったりされている方なので、やっぱり足元に色々な仕掛けがあるのかなとは思うんですけどね。

――昨年リリースされたDVD(『鈴木茂 ギター・プレイ・オブ・バンドワゴン』)でも、ものすごく細かく足元のセットを公開されていましたね。

鈴木:やっぱりストラトって頼りない音がするんですよね。それを、パワーのあるアンプとかエフェクターを使ってしっかりした音にするんです。昔はストラトって2番手、3番手のイメージで、僕がギターを弾き始めていた当時は、フェンダーだったらジャズ・マスターとかジャガーとかの方のウケが良かったんですよ。
 そのイメージを変えたのはやっぱりジミ・ヘンドリックスで、彼がマーシャルのパワーのあるアンプでストラトを弾いてみんな初めて「ああ、こんな音になるのか」ってなった。ストラトと、例えばフェンダーのツイン・リヴァーブみたいな、それほどパワーのないアンプの組み合わせだと、シャキッとしてバッキングには良いんだけど、ロックよりカントリーとかのイメージに近い音になり易い。だから、やっぱりパワーのある音を出すには、マーシャルみたいなアンプを使うか、その間にいくつかエフェクターを入れて音を作り直す必要があるんです。
 でも、僕の場合、エフェクト・ボードに色々置いているのはライブのためで、レコーディングではそんなに使ってないんですよね。ライブの時は色んな曲をやるでしょ? だから一個踏んで音を選べるようなセッティングにすると、どうしてもいくつかエフェクターが必要になりますね。特にソロとか、パワフルな音が必要なフレーズを弾くときは、歪み始めるくらいの音じゃないと様にならなかったりするんですよね。

――猪野さんも鍵盤で弾き語りをされますけど、やはり足元のセッティングなどには気を使いますか?

猪野:そうですね。僕の場合、トレモロとかビブラート系、エコーとかのエフェクターはリバーブも含めて結構通してますね。できるだけPAさんじゃなくて自分のところで音像を作るっていうことは、どの会場でも意識してます。

 

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 『ギター・プレイ・オブ・バンドワゴン』について
  3. Next >
~『ギター・プレイ・オブ・バンドワゴン』~
「やっぱり音に対して徹底的にこだわる方」「完成したものに近づける作業」

――先ほども話に出ましたが、昨年リリースした鈴木さんのDVD『鈴木茂 ギター・プレイ・オブ・バンドワゴン』でもお二人は共演されていますよね。

猪野:あれは大変だったんですよ。朝から晩まで茂さんにしごかれて…っていうのは冗談ですけど(笑)。やっぱり音に対して徹底的にこだわる方で、そこにすごくシビレました。一曲に対して何回弾いたか忘れるくらい「もう一回、もう一回」っていう感じで。でも、お陰様で僕のスキルもすごく上がったし、他のリズム隊の方もそうだと思います。すごく実りのある一日になりましたね。

――そのセッションで、全体的にご自身のプレイに求められていたものって何だったと思いますか?

猪野:『バンドワゴン』っていうアルバムを再現する趣旨だったので、そこに忠実なプレイが求められているのかなとは思ってました。茂さんは基本的に、具体的な指示を下さるタイプの方ではないので、行間を読むというか「こうすれば良いんじゃないか」とか「こうじゃなかったんだな」とかを繰り返して、だんだん分かっていく感じでした。それは僕に限らず、バンド全体で合わせる時にも同じで。その中で1番完成度の高いものを茂さんは選ばれていたんだろうと思います。ですよね?

鈴木:そうだね。

――では、鈴木さんはどういう意図を持って指示を出されていましたか?

鈴木:やっぱり再現ということですよね。ミュージシャンが違えば当然演奏も違うんですけど、あまりにも違うと、色んな問題が起こる可能性があるので。基本的には自由に演奏してもらって一番良い演奏を選びました。僕らがやっている音楽って基本的に譜面に書かれる部分がすごく少ないんですよね。昔は“ヘッド・アレンジ”っていう言い方をよくしたけど、どうしても弾いて欲しいメロディやフレーズを音符で書くことはあるけど、基本的にはコード譜だけ。あとはその人の感覚に任せつつ、一緒に音を出す中で、もうちょっとこういう風にして欲しいっていう感じでリズムや雰囲気を伝えるとか、そういうやり方をするんですよね。

――『バンドワゴン』はアメリカでレコーディングされたアルバムですが、当時のことを思い出しつつ作業する感じでしたか?

鈴木:アメリカでレコーディングした当時は、僕のコード・カッティングとメロディを仮歌で入れたものを、ドラムとベースの人に聴かせて雰囲気を掴んで貰ってセッションしたんですけど、今回は既に出来上がっている作品の再現だから、むしろレコーディングで完成したものに近づける作業が大きかったですね。

――なるほど。『バンドワゴン』の曲は今回のライブでも演奏する予定ですか?

鈴木:まだ演奏曲については話し合いの段階なんですけど、そういうアイデアも出ていますね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 林立夫の参加について
  3. Next >
~林立夫について~
「一つ夢が叶う」「一番安心してやれるドラマー」

――前回は猪野さんのバンドに鈴木さんが加わる形でしたが、今回はドラムに林立夫さん、ベースにハマ・オカモトさんを迎えてのプレイということで、お二人からもコメントを頂きました。林さんから猪野さんへは「詞が浮かんでくるようなプレイ」と有りますが、この感想はいかがですか?

林立夫コメント

 詞(ことば)が浮かんでくるような猪野さんのプレイ、長年の友人で阿吽の呼吸の鈴木茂、そしてエネルギッシュなハマ・オカモトさんと4人がどんな化学反応を起こすか楽しみ。

 

猪野:ありがたいお言葉ですね。林立夫とクレジットの書いてあるレコードがあったら迷わず買う、という感じでしたから、すごい信頼です。いつか同じステージにと願っていたミュージシャンのお一人ですから、今回ご一緒させて頂くことで、一つ夢が叶うという感じですね。嬉しさと共にプレッシャーもすごいですが。実はまだちゃんとお会いしたことはないんですけど、どんな方なんですか?おっかないですか?

鈴木:いやいや全然(笑)。社交的で面白い人間だよ。

猪野:良かったです(笑)。

――鈴木さんはお付き合いも長いと思うのですが、林さんと今回共演されるということで、どういった感想をお持ちですか?

鈴木:やっぱり一番安心してやれるドラマーですよね。演奏の色んなところで説明があんまり必要ないのがとっても楽というか、やり易いですよね。

――お互いの音楽観が形成される時期に影響を与え合って来たという面もあるかと思います。

鈴木:それもありますし、あとさっきも言ったヘッド・アレンジという意味では、彼はとってもアイデアが豊富なので。林くんは僕が思いつかなかったようなドラムのフレーズを考えてくれる人なので、それがすごく刺激になるんですよね。

猪野:お二人は同級生ですか?

鈴木:うん。たまたま年齢は同じで、学校とかは違うんだけど、当時アマチュア・バンドばっかりを集めるサークルがあって、そこで知り合ったんだよね。

猪野:それがスカイになったんですね。

鈴木:知り合った時は、林くんは学校の友だちと作ったムーバーズっていうバンドをやっていて、僕は僕で地元の友達とバンドをやっていたんです。その時にお互いに「すごい」って思ってたんですかね。きっと。それぞれバンドが解散した後に連絡を取って、じゃあ一緒にやろうっていうことになって。まず細野さんと僕と林くんの三人で、ボーカルはその度に変わっちゃうんだけど、何回かやって。その後、細野さんはエイプリル・フールってグループに誘われて、その後に林君と僕と小原(礼)で結成したのがスカイだったんですよね。

――かれこれ50年近い付き合いということになりますね。

猪野:喧嘩した時とかないですか?

鈴木:喧嘩はないけど、意見が違うときはよくあったね。でも、それはその場その場で処理して。意見の違いも音楽的な部分よりもむしろ、レコード会社をどうするとか事務所をどうするとか、そういう方が大きかったかも知れない。音楽的な部分はそれぞれ認め合ってるから、案外ぶつかることは無かったんですよね。
 あと、ルールって程じゃないけど「作品を作った人に従う」っていうのもあって、作品を作った人がプロデューサー的な役割も担う。もちろん専任のプロデューサーがいれば話は別なんだけど、僕達は自分たちで作ってるケースが多かったから。僕が作った曲で、例えば、林くんが「こういう方がいいんじゃない?」って思ったら言ってもらって。それを僕が気に入ればそうするし、気に入らなければ「やっぱりこっちが良いんだ」っていう。
 でも、そういう話し合い無しでいきなり音を出した方が早いケースも多いんだけどね。ロック・バンドだから特にだろうけど、ひどい時はチラシの裏とかハガキの裏にコードだけ書いた程度でレコーディングとか音作りをはじめることも多かったですからね。

猪野:割り箸の袋にコード譜とか(笑)。

鈴木:曲が複雑になるとそういう訳にもいかない時もあるけど、簡単な曲ならそういう形で、リズムも口で伝えてやれますよね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. ハマ・オカモトの参加について
  3. Next >
~ハマ・オカモトについて~
「情熱と技術も兼ね備えたプレイヤー」「世代が違うのが今回の面白いところ」

ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)コメント

 猪野さんとは藤原ヒロシさんのサポートミュージシャンとして、気がつけば3年ほどご一緒しています。
いつも愛の鞭、ありがとうございます。
 猪野さんの演奏中の手の動きがとても好きで、いつもアイコンタクトではなく手ばかり見てしまって、目が合いません。ごめんなさい。(猪野さんに"全然目が合わない!"とよく怒られる理由はこれでした。)
 鈴木茂さんと林立夫さんはまだご一緒した事がないので(鈴木さんには猪野さんのライヴ後に挨拶をさせて頂いた事があります)ずっとレコードで演奏を聴いている、 大好きなミュージシャンのお二人とご一緒できることをとても光栄に思っています。
 緊張はもちろんありますが、緊張だけしていても仕方がないので、目一杯楽しめるように、全力で向かっていきたいと思います!
 御三方、どうぞよろしくお願いします!

 

――ハマさんについてはいかがですか?すごく音楽に対して造詣が深くて、情熱的な音楽家というイメージがあります。

猪野:年齢不詳…。

――(笑)。

猪野:いや、すごいしっかりしてるし、ソツがない。見習いたいですね(笑)。あと仰った通り、音楽に対して情熱的なものを持ってるし、熱だけじゃなく技術もちゃんとあるから、今回も大丈夫だろうと確信して声を掛けました。どちらも兼ね備えたプレイヤーってなかなかいないですよね。

――ファンクやソウルなど黒人音楽的なバックボーンが強い方という印象もあります。

猪野:そうみたいですね。あと、ロックとかも好きみたいだし。ツアーとかでも「あれ、いない?」と思ったらレコード屋に行ってレコード買って来たりしてましたね。

――セットリストは林さんやハマさんとも相談して決めるんですか?

猪野:いえ。次の公演のセットリストは基本的に茂さんと僕で検討中です。笑いあり、涙ありの…コントでもやりますか?オレオレ詐欺コント。

――コントですか(笑)。

猪野:茂さんとハマくんってちょうど40歳違っていて。僕と茂さんたちもちょうど20歳違ってちょうど20歳ずつ世代が違うので、ちょっとボケてきたおじいちゃん役を茂さんにやってもらって、僕が詐欺師役で、ハマ君が孫役、そして林さんが警察役で…。林さんは警察服が似合いそう…。

――ぴったり役者が揃いましたね(笑)。どういうライブになるのかますます楽しみです。

猪野:いえいえ冗談ですけどね…(笑)。前回は猪野バンドに茂さんが入って頂く形だったので、今回は全く新しいメンバーということで僕もすごく楽しみですね。

鈴木:そうだね。世代が違うのが今回のライブの面白いところかも知れないね。やってみないと分からないけど、楽しみだね。

鈴木茂 ギター・プレイ・オブ・バンドワゴン
鈴木茂「鈴木茂 ギター・プレイ・オブ・バンドワゴン」
2014/01/27
[DVD]
¥5,184(税込)
購入画面へ
パシフィック
細野晴臣 鈴木茂 山下達郎「パシフィック」
2013/07/24
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
サマー・ナーヴス
坂本龍一&カクトウギ・セッション「サマー・ナーヴス」
2013/07/24
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
NEW MORNING - 新しい夜明け -
INO hidefumi「NEW MORNING - 新しい夜明け -」
2013/05/30
[CD]
¥3,024(税込)
購入画面へ
三浦光紀の仕事
(V.A.) はっぴいえんど 細野晴臣 大瀧詠一 はちみつぱい あがた森魚 矢野顕子 小室等「三浦光紀の仕事」
2012/12/05
[CD]
¥6,171(税込)
購入画面へ
三浦光紀の仕事
(V.A.) はっぴいえんど 細野晴臣 大瀧詠一 はちみつぱい あがた森魚 矢野顕子 小室等「三浦光紀の仕事」
2012/12/05
[CD]
¥6,171(税込)
購入画面へ
ティン・パン・アレー 2
ティン・パン・アレー「ティン・パン・アレー 2」
2011/01/12
[CD]
¥2,160(税込)
購入画面へ
キャラメル・ママ
ティン・パン・アレー「キャラメル・ママ」
2011/01/12
[CD]
¥2,160(税込)
購入画面へ
Kaleidoscopic
INO hidefumi「Kaleidoscopic」
2010/10/15
[CD]
¥2,700(税込)
購入画面へ
サマー・ナーヴス
坂本龍一&カクトウギセッション 坂本龍一「サマー・ナーヴス」
2005/03/24
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
東京シティ・ポップ 70’S
(オムニバス) はっぴいえんど 大滝詠一 吉田美奈子 南佳孝 はちみつぱい 大貫妙子 小坂忠「東京シティ・ポップ 70’S」
2004/09/22
[CD]
¥3,497(税込)
購入画面へ
Gentle Snow
彩恵津子/鈴木茂/小原礼 浜口茂外也 国吉良一 長谷部徹 徳永英明「Gentle Snow」
2004/04/21
[CD]
¥2,160(税込)
購入画面へ
Gentle Water
彩恵津子/鈴木茂 寺谷誠一 高水健司 斉藤豊 村田和人 難波正司「Gentle Water」
2004/04/21
[CD]
¥2,160(税込)
購入画面へ
鈴木 茂 セレクション
鈴木茂「鈴木 茂 セレクション」
2003/05/01
[CD]
¥2,057(税込)
購入画面へ
ティン・パン・アレー セレクション
ティン・パン・アレー「ティン・パン・アレー セレクション」
2003/05/01
[CD]
¥2,057(税込)
購入画面へ
キャラメルママ
ティン・パン・アレー「キャラメルママ」
2000/12/16
[CD]
¥1,851(税込)
購入画面へ
シングルスはっぴいえんど
はっぴいえんど 細野晴臣 大瀧詠一 松本隆 鈴木茂「シングルスはっぴいえんど」
2000/02/04
[CD]
¥1,800(税込)
購入画面へ
ライヴ!!はっぴいえんど
はっぴいえんど 細野晴臣 大瀧詠一 松本隆 鈴木茂「ライヴ!!はっぴいえんど」
2000/02/04
[CD]
¥1,800(税込)
購入画面へ
CITY
はっぴいえんど 細野晴臣 大瀧詠一 松本隆 鈴木茂「CITY」
2000/02/04
[CD]
¥1,851(税込)
購入画面へ
HAPPY END
はっぴいえんど 細野晴臣 大瀧詠一 松本隆 鈴木茂「HAPPY END」
2000/02/04
[CD]
¥1,851(税込)
購入画面へ
COSMOS’51
鈴木茂「COSMOS’51」
1997/10/22
[CD]
¥1,572(税込)
購入画面へ
TELESCOPE
鈴木茂「TELESCOPE」
1997/10/22
[CD]
¥1,572(税込)
購入画面へ
SHIGERU SUZUKI&HUCKLEBACK
鈴木茂&ハックルバック「SHIGERU SUZUKI&HUCKLEBACK」
1996/05/22
[CD]
¥2,097(税込)
購入画面へ
LAGOON
鈴木茂「LAGOON」
1996/05/22
[CD]
¥1,572(税込)
購入画面へ
バンド・ワゴン
鈴木茂「バンド・ワゴン」
1995/05/21
[CD]
¥1,572(税込)
購入画面へ
TIN PAN ALLEY 2
ティン・パン・アレー「TIN PAN ALLEY 2」
1995/05/21
[CD]
¥1,572(税込)
購入画面へ
キャラメル・ママ
ティン・パン・アレー「キャラメル・ママ」
1995/05/21
[CD]
¥1,572(税込)
購入画面へ
鈴木茂ベスト15
鈴木茂「鈴木茂ベスト15」
1992/09/23
[CD]
¥2,097(税込)
購入画面へ
ティン・パン・アレ- ベスト 15
ティン・パン・アレー「ティン・パン・アレ- ベスト 15」
1992/08/21
[CD]
¥2,097(税込)
購入画面へ

Chartsmore