Billboard JAPAN


Special Contents

【Billboard JAPAN Party X SUMMER SONIC Extra】~日本のヒップホップ・シーンからも熱い注目を浴びるパーティーを大解剖!

Billboard JAPAN Party X SUMMER SONIC Extra

 8月16日にビルボード・ジャパンと【SUMMER SONIC 2014】のコラボによるビーチ・パーティー『Billboard JAPAN Party』に出演するデ・ラ・ソウル、ピート・ロック&CLスムース、ザ・ファー サイドの3組が【Billboard JAPAN Party X SUMMER SONIC Extra】としてビルボードライブで単独公演を行う。90年代ヒップホップを牽引したこの3組が立て続けに登場するとあって、日本のヒップホップ・シーンからも熱い注目を浴びている中、サイゾー編集部/ライターの佐藤公郎氏の解説と、日本ヒップホップシーンを賑わすアーティスト達から続々とコメントが到着!

写真
写真
Photo: Masanori Naruse

 デ・ラ・ソウルが1989年に発表したデビュー・アルバム『3・フィート・ハイ&ライジング』から20周年を迎えたタイミングでの来日公演となった『20 Years High And Rising』@ビルボードライブ。日本で非常に根強い人気を誇るトリオの20周年を祝うべく、会場は隙間がないほどの満員御礼。「ザ・マジック・ナンバー」や「ミー・マイセルフ&アイ」「バディ」「セイ・ノー・ゴー」といった『3・フィート~』の収録曲をはじめ、「ア・ローラー・スケーティング・ジャム・ネームド“サタデイズ”」や「リング・リング・リング(ハ・ハ・ヘイ)」など、『デ・ラ・ソウル・イズ・デッド』(1991年)に収録されたヒット・シングル、「ステイクス・イズ・ハイ」(1996年)、「ウー」(2000年)など、日本国内でもなじみの深いクラシックを矢継ぎ早に披露。改めて、「デ・ラ・ソウルはヒット曲に恵まれたグループだなあ」と実感したオーディエンスは多かったことだろう。

 ジャンルを横断するサウンドもデ・ラ・ソウルの大きな魅力。一昨年にはデイヴとポスの2人によるオリジナル・アルバム『ファースト・サーヴ』が話題となり、今年はかねてから噂されていた、『ザ・グラインド・デイト』から実に10年ぶりとなるデ・ラ・ソウル名義の新作『ユーアー・ウェルカム』のリリースが予定されているなど、真夏のビーチは予習に復習にせわしない空間と変わるだろう!

写真

「Me, Myself And I」
▲ 「Me, Myself And I」MV

「Buddy」
▲ 「Buddy」MV


写真
写真
Photo: cherry chill will

 「僕の青春は『メッカ&ザ・ソウル・ブラザー』!」「私を育ててくれたのは『ザ・メイン・イングリーディエント』!」と、90年代のヒップホップの名盤を語る上で、決して外すことのできない二作を残している、泣く子も黙るピート・ロック&CL・スムースが再結成を果たし、ビルボードライブにやってきたのは一昨年。「ピート・ロックは性格が悪いけど、CL・スムースはいいヤツらしい」「CL・スムースは男気に溢れているけど、ピート・ロックは常に冷めている」などといった噂が常に出回っていたが、そんな風説を一気に払拭したのが、その来日公演であった。若干、CL・スムースの加齢による動きの鈍さが露わになってしまったものの、そこはクラシック連発でご愛敬。終始、オーディエンスと会話を交わすかのように動きまくったCLに対し、ひたすら寡黙にターンテーブルを操り、訥々とパフォーマンスするピート・ロックだったが、むしろそれがピート・ロックの男気(CLは開演から終演までにこやかに振る舞うも、ピート・ロックがオーディエンスに向けた笑顔は、たったの一回限りという事実)。

 今年はセカンド・アルバム『ザ・メイン・イングリーディエント』(1994年)のリリースから20周年。あの頃の思いを馳せながら、ビーチで熱狂する観客の姿が目に浮かびあがる!

写真

「They Reminisce Over You (T.R.O.Y.) 」
▲ 「They Reminisce Over You (T.R.O.Y.) 」MV

「Lots of Loving」
▲ 「Lots of Loving」MV


写真
写真
Photo: Masanori Naruse

 「ランニン」や「パッシン・ミー・バイ」、「ドロップ」などのヒットで知られるファーサイドがビルボードライブに登場したのは2012年。生「ランニン」を聴きたい! 生「ドロップ」を見たい!(全編逆再生で制作されたミュージックビデオは当時話題となった)といったフリークで埋め尽くされた来日公演。イマーニとブーティー・ブラウンの2人のみのパフォーマンスだったが、“2MC+1DJ”の形ではなく、ライブバンド構成で行われた公演は、予想を遙かに超えるクオリティでオーディエンスを確実にロック。イマーニの冴え渡る顔芸、ブーティー・ブラウンの映えるフロウ、非の打ち所のないライブはあっという間に終了した。

 ファーサイドといえば、イマーニとブーティー・ブラウンの他に、ファットリップとスリムキッド・トレ(現在はトレ・ハードサン名義で活動)のメンバーも在籍した4人組グループとして知られているが、いまは前者2人での活動がメインとなっている。しかし、イマーニとブーティー・ブラウンの圧巻のステージ・パフォーマンスは、すでにビルボードライブで実証済み。ビルボードライブのステージで、いつしかファーサイド(far side)からニアサイド(near side)で熱狂の渦に巻き込まれるのは約束されたようなもの!

写真

「Passin' Me By」
▲ 「Passin' Me By」MV

「Runnin' 」
▲ 「Runnin' 」MV

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 日本ヒップホップ・シーンからも
    プッシュ・コメント続々到着!
  3. Next >

写真

写真

これほどのメンバーのライブを数日間で全て見れるなんて凄い。
クラシックを残したレジェンド達の今を体験出来るって素晴らしいですね!
あの曲も、あの曲もやるんだろうな…。個人的には未体験のPete Rock & C.L.Smoothが特に見たいです!

DJ Mitsu the Beats (Jazzy Sport / gagle)


写真

まさに青春ですよ。pete rockの部屋をどれだけ真似した事か。the pharcydeのおかげでjay deeとも出会えたしダンスとラップも見事に繋がった。今なお健在のチームワーク、音楽的にもDE LA SOULは常に一歩先を行くグループだな、って大人になって分かった。どこを切り取ってもクラシックのオンパレード!

Masaya Fantasista
(Jazzy Sport / breakthrough / Tettory BLK / physical sound sport / M&M )


写真

Hip Hop黄金期と言っても過言ではない90年代。現在のHip Hopも彼らの存在無しではないですよね。今聞いても色褪せしないのは、きっと本当に彼らの音楽は素晴らしいからだと思います。De La Soul,The Pharcyde,Pete Rock & CL Smoothの単独公演がBillbord Liveで生で観れるなんて行くしかないでしょ!We Love Hip Hop!

DJ KANGO


写真

贅沢過ぎるラインナップ?
連日見逃せないアーティスト
ばかりで、今から興奮しまくってます!!! 

DJ MURO


写真

何を隠そう、俺がHIP HOPにハマったキッカケは中学生の時にDe La Soulの1st Album "3 Feet High and Rising" を聴いてから。その後、Pete Rock & CL SmoothのEP "All Souled Out"で彼等のセンスにヤラレ、The Pharcydeの"Bizarre Ride II The Pharcyde"からのシングルは今まで何回プレイしたか数えきれず。
俺の歴史も刻んでくれた彼等のライブが連続で観れるなんて夢のよう!!

DJ HAZIME

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. K DUB SHINE、DJ JINなどからもコメントが到着!
  3. Next >

写真

写真

ファーサイドは僕がヒップホップにハマりだした90年代を代表するアーティストです!思い出話しになりますが、、2002年に彼等を地元の京都に呼ぶ事に成功したんですが、その日は、なんとっ・・大学の卒業式だったんですよ。。が、、しかし、嬉しすぎて卒業式をほっぽり出して彼等を迎えに行ったのを覚えていますw。ヒップホップ愛にあふれた遊び心満載の彼等のLiveはいつ見ても本当に心が躍ります! 今回の来日も楽しみにしています!!

DJ LEAD (Hot97 / Heavyhitters)


写真


90年代ヒップホップ。豊潤で多面的な音楽性とその可能性を全世界に示したゴールデン・エラのひとつ。これからも輝きを失うことのないサウンドにこそヒントがある。

DJ JIN / RHYMESTER, breakthrough


写真


バイブ、ファン、パーティ、メッセージ。まがいものじゃない個性。時代を超えて感じてください。

高木完


写真

ヒップホップファンなら絶対一度は見ておいた方がいいデラソウルのライブパフォーマンスが、また今年見られるのは凄く嬉しいぜ!数々のヒッツをどうすれば音源より味が出せるか、研究し尽くして魅せるステージでは、3人の息の合うチームワークが、25年続くグループならではの美しい化学反応を生み出す。職人たち巧みの技の極みだ。
同じくその頃よく聴いてたピートロック&CLスムースは、久しぶりの活動再開なのだろうか、もう二度と見る事がないのかとすっかり諦めていた。90s前半にクラシックを2枚を出したっきり、ほとんど別々に活動してた2人が、いまこのタイミングで揃ってツアーしてるなんて、これはファンとして観に行かない訳にはいかないぞ!懐かしさに浸りたい。

K DUB SHINE


写真

デラのArt Official Intelligence: Mosaic Thumpのジャケを担当させてもらった時に来日した彼らと六本木でめしを食ったことがある。それから10余年後L.Aで行われたHIPHOP最大の祭りRock The Bellsの楽屋にいきなり押し掛けた時彼らが覚えていてくれていて嬉しかった。今のHIPHOPも嫌いじゃないけどやっぱり90'sを愛している。

井上三太

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. ピート・ロック&CLスムースの「T.R.O.Y.」の衝撃とともに、
    私のNY生活は始まりました。-DJ KAORI
  3. Next >

写真

写真

Back in '92
ピート・ロック&CLスムースの「They Reminisce Over You (T.R.O.Y.)」の衝撃とともに、私のNY生活は始まりました。WBLS(NYのラジオ局で当時キッド・カプリが看板DJだった)から流れるこの曲を聴いた瞬間、レコ屋に走ったのを今でも昨日のことのように思い出します(笑)。
90年代のNYは、今でも本当にBEST ERAだったな、とつくづく思う。純粋に音楽でみんながひとつになった。パーティ・シーンも今のように、VIPでいくらお金を使うかとか、モデルのようなホットな女だとかそんなの関係なく、リアルにダウンしてるかどうかが求められた。そして毎晩のように、いい音楽をかけるいいDJのところにみんなが自然と集まった。この曲はそんな時代の象徴のような曲。何年経っても色褪せない名曲。ビルボードライブであの時代のヴァイブが感じられる日もそう遠くない……!

DJ KAORI


写真


デラソウルはある意味ハードコア とは何かを教えてもらったグループでまさに異次元から来た高校生 ニューカマー。今ではオールドスクールだが当時はニュースクールのはしりで、PLUG TUNIN で殺され、新しいのがでる度にやられてました。いつもフレッシュでまさに最前線という感じでした。ファーサイドもピートロック&CLスムースも然り。最初聞いた時の衝撃はすごかったな。言っちゃいけないんだろうけどあの時代はよかったな。みんなILLな事に飢えてて。

CQ(キエるマキュウ)


写真

豪華なメンツです!DEF!押忍超絶!GETせよフレッシュ/
高めなチンタチンカのルービーをグビグビしながら
ビルボード御自慢の夜景を背景に
御三家激烈御家芸古典芸能祭典遊脳洗波韻音楽脳温泉洗浄NO戦争
全員白髪のオジさんのスタミナを見て見なっ
フードを喰ってる暇は無し!
元気貰って来な!
そして確認するんだz

あぁHIPHOPってスゲエ。。
HIOHOP好きで良かった って
HIPHOPに出逢えて良かった って

peace!

YTR★a.k.a.DJ ナイトフライト


写真

ヒップホップのショウが、ビルボードライブのような往年のレジェンドが多数出演するような箱で観ることができるとは、80年代後半から90年代初めにヒップホップに夢中で、流行り廃りが毎月変わる勢いだった時を知っている身には想像すらできなかったことだ。
新しさこそがすべてだったシーンで、人気グループは解散し、スターは消えていき、現在のように円熟を見せるまでキャリアが長く続くというようなことも考えもしなかった。
紆余曲折はあっても、未だにオリジナルメンバーで来日して変わらずショウを見せてくれる彼らの存在は有難いことだし、ただリスペクトする他ない。。と思う。

BentheAce


写真

僕がDJやトラック制作に興味を持ったPete Rock & CL Smoothの作品は衝撃でしたし、De La SoulやPrince Paulの卓越した音のサンプリング、当時Dr.DRE等に代表させるG-FUNKが主流だったウェストコーストから新しい風を吹き込んだThe Pharcyde。こんなアーティストを1週間ですべて観れるなんて夢のようです。この機会を見逃す理由が見当たらないですよ、本当に。

Mr.BEATS a.k.a. DJ CELORY

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 青春です。この距離感は最高だね。-Zeebra
  3. Next >

写真

写真


青春です。この距離感は最高だね。

Zeebra


写真

DE LA SOUL,PHARCYDE, PETE ROCK & CL SMOOTH!が東京に集合?! あの90年代HIPHOP黄金時代が直にBILLBOARDで体感出来るって凄い事だよ。 この3グループがシーンに残した数々のヒット曲は数知れない。やっぱり良い曲と言うのは時代を超えて語り継がれて行くから今聞いてもFRESHだね。 今からこのLIVEが待ちどうしい!!まさにHIPHOPの青春時代IS BACK!

DJ MASTERKEY


写真


ヒップホップ、ダンスホールレゲエ共に黄金期とも言える90年代。そんな時代を代表するメンツを日本で体感出来るなんて素晴らしい!!! まずはDon't Think, Feeeel.

COJIE(Mighty Crown)


写真

このラインナップがビルボードで見れちゃうなんて贅沢だなぁー!HIP HOPのゴリゴリな曲も好きだけど、彼らに共通して言えるどこかオシャレな透明感がある感じは、やっぱり凄~く好きだし、影響も凄~く受けてるなぁ~。そして何より彼らのライブパフォーマンスは本当に素晴らしい。あまりHIP HOPに詳しくない人も絶対に楽しめちゃう感じを体感すべし!ですね ♪

MACKA-CHIN


写真

僕等1975年生まれのHIP HOPジャンキーにとって90年代というのはいつまで経っても色褪せない黄金の時代です。
そして時代は巡り2010年代、遂に90年代を振り返りつつ新しい感覚として次の世代に提案するチャプターに入りました。 このタイミングで伝説のHIP HOPグループのLIVEを体験出来る事は本当に素晴らしい事です。
リアルに90年代の現場を知るヘッズも、新しい感覚として当時の楽曲を聴くヘッズも皆で一緒にフロアーで楽しみましょう。

DJ DARUMA


写真


お?De La Soul
ん? The Pharcyde
え? Pete Rock & CL Smooth
What More Can I Say ???

DJ SOULJAH


写真


自分も90年代をコンセプトにしたパーティーをビルボードライブ東京で行っていますが、このメンツのライブをここの雰囲気の中で観れるのはホント贅沢。ズルイ! ちなみに自分、デラとファーサイドはビルボードライブ東京で体験済ですが、これ、絶対観とかないと後悔します。全部観たい!!

DJ HASEBE a.k.a. OLD NICK

デ・ラ・ソウル「スリー・フィート・ハイ・アンド・ライジング +14」

スリー・フィート・ハイ・アンド・ライジング +14

2009/07/22 RELEASE
WPCR-75483/4 ¥ 2,096(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.イントロ
  2. 02.マジック・ナンバー
  3. 03.チェンジ・イン・スピーク
  4. 04.クール・ブリーズ・オン・ザ・ロックス
  5. 05.キャン・ユー・キープ・ア・シークレット
  6. 06.ジェニファ・トート・ミー (ダーヴィンズ・リヴェンジ)
  7. 07.ゲットー・サング
  8. 08.トランスミッティング・ライヴ・フロム・マーズ
  9. 09.アイ・ノウ
  10. 10.テイク・イット・オフ
  11. 11.ア・リトル・ビット・オブ・ソープ
  12. 12.トレッド・ウォーター
  13. 13.ポットホールズ・イン・マイ・ローン
  14. 14.セイ・ノー・ゴー
  15. 15.ドゥー・アズ・デ・ラ・ダズ
  16. 16.プラグ・チューニン(ラスト・チャンス・トゥ・コンプリヘンド)
  17. 17.デ・ラ・オージー
  18. 18.バディ
  19. 19.ディスクリプション
  20. 20.ミー・マイセルフ・アンド・アイ
  21. 21.ディス・イズ・ア・レコーディング・フォー・リヴィング・イン・ア・フルタイム(L.I.F.E.)
  22. 22.アイ・キャン・ドゥー・エニシング(デラクラティック)
  23. 23.D.A.I.S.Y.エイジ
  24. 24.プラグ・チューニン (オリジナル・12インチ・ヴァージョン)

関連商品

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    Spotifyが2019年の日本・世界の音楽シーンを振り返るランキングを発表

  2. 2

    Official髭男dism、スキマスイッチとの対談&スペシャルライブを収めた特別番組が全国オンエア決定

  3. 3

    【ビルボード 2019年間 シングルセールス】AKB48がTOP3独占、乃木坂46、BTSが続く

  4. 4

    【ビルボード 2019年間 アルバムセールス】嵐『5×20 All the BEST!! 1999-2019』が首位獲得、キンプリ・乃木坂が続く

  5. 5

    【ビルボード 2019年間 TOP Artists】上半期に続きあいみょんが米津玄師を抑え総合1位に

SPECIAL

インタビュー・タイムマシン

more

more

HOT IMAGES

注目の画像