Billboard JAPAN


Special Contents

しなまゆ 『ストロベリーフィールズ』インタビュー

しなまゆ 『ストロベリーフィールズ』 インタビュー

 哀川翔、小西真奈美、安倍なつみらといった面々と熱演した舞台『あの頃僕らはペニーレインで』でヒロイン級の役を演じ、その存在感ある歌唱力で観衆の度肝を抜いたモリユイ(vo)。そんな彼女がフロントマンを務めるバンド しなまゆが劇中歌「ストロベリーフィールズ」でメジャーデビューするということで、ビルボードジャパン.comではタクマ(g)、ウエノハラ(b)との3人揃い踏みでインタビューを敢行した。立川生まれの素人同然だったバンド(本人たちいわくズッコケ3人組)が如何にして今の状況を手に入れたのだろうか。

舞台『あの頃僕らはペニーレインで』抜擢
~安倍なつみとの交流

しなまゆ『ストロベリーフィールズ』Short Ver.
▲しなまゆ『ストロベリーフィールズ』Short Ver.

--僕がしなまゆの音楽に初めて触れたのは最近で、モリユイさんが哀川翔、小西真奈美、安倍なつみらといった面々と熱演した舞台『あの頃僕らはペニーレインで』だったんですが、まずあの舞台に立ってみてどんなことを感じていましたか?

モリユイ:皆さん、やっぱり良いものを作ろうとしているので、その足を引っ張っちゃいけないし、自分もより良いものを率先して作る気持ちにならなくちゃと思っていました。もちろん緊張しましたけど、一番はそれです。

--演劇のステージに立つのは初めてだったんですか?

モリユイ:小学生の頃に学芸会で台本開いて以来、初めて台本を見ました。

--その当時は何役を?

モリユイ:村娘B。セリフは「背中のあかちゃんが泣いてしまうわ」だけ。

一同:(笑)

--村娘Bの次の役がヒロイン扱い。大出世じゃないですか。

モリユイ:だからビックリしましたよ!

しなまゆ 『ストロベリーフィールズ』インタビュー
▲しなまゆ

--タクマさんとウエノハラさんもご覧になられたと思うんですが、バンドメンバーがお芝居してるのってどんな気分だったの?

タクマ:スタッフとして全部観させて頂いたんですけど、最初はもう心配でしょうがなくて「ミスったりするんじゃないかなー?」って。でもしなまゆの曲を歌ってもらう場面のときは、初めて外からウチのボーカルが歌ってる姿を観れたので、「あ、こんな顔して歌うんだなー」と思いながら(笑)新鮮な発見がいくつかありました。

--近くで見ていて、本番を迎えるまでのモリユイさんはどんな感じだったんですか?

タクマ:それはもう半端なく情緒不安定でしたよ!

一同:(笑)

タクマ:気遣いまくりました。

--受験前の子供がいる家みたいな?

モリユイ:本当にそんな感じでした!

タクマ:「何、悩んでんだ?」みたいな。「飯、食ってるか?」とか。

しなまゆ 『ストロベリーフィールズ』インタビュー
▲タクマ

--もうほとんど親ですね(笑)。

ウエノハラ:それでこっちまで緊張しちゃって「どうしよう?」みたいな。でもステージの裏では意外と普通の顔してて、「あーよかった」って。本当にお母さんみたいな気持ちでしたね。それで初日は大号泣しちゃって。舞台のストーリーにも感動するけど、それ以上にユイがやりきったことに大号泣みたいな。

--最後の命懸けで「ストロベリーフィールズ」を歌うシーンには、身内とは言えいろいろ感じる部分もあったと思うんですけど、いかがでした?

タクマ:しなまゆで「ストロベリーフィールズ」を合わせられたことがないまんま、舞台で、違う構成で出来上がったものを聴くっていう形だったんで、いろんな発見がありました。そこで昇華できた感じがしたので、しなまゆにいざ持ってかえってライブで披露するときも違和感なく出来た感じがして、すごく気持ち良かったです。

--あのシーン、実際に歌ってる本人はどんな感覚だったんでしょう?

モリユイ:私、後半しばらく出てこないじゃないですか。で、久々に出てきたと思ったらバタバタバタ!って話が展開していって「歌えー!!」って言われて歌い出す。だからもう緊張もしたんですけど、演技は初めてでも歌は続けてきていたことだから「やっと歌来たぞ!」みたいな感じで。で、そのとき初めてお客さんの顔を見ることが出来るんですよ。それまでは演技の中に集中したいからなるべく見ないんですけど、そのシーンで初めて私だけが唯一お客さんと繋がれるんです。

--ライブシーンですからね。

モリユイ:だからそのときは嬉しいというか……歓喜! やっぱり気持ちよかったです。

--ちなみに共演者の皆さんはモリユイさんをどう評価してくれてました?

しなまゆ 『ストロベリーフィールズ』インタビュー
▲ウエノハラ、モリユイ

モリユイ:皆さん、誰も私のことを知らないじゃないですか。だから本読みの段階からド素人で上手くも何ともないし「こいつはなんだ!?」と、多分思われていたと思うんですけど(笑)、でも安倍なつみさんのことは「なっちゃん、なっちゃん」って呼ばせてもらって、楽屋で一緒にお弁当食べたりとか、アドバイスもいっぱいもらったりして。「ユイちゃん!」って和気藹々と仲良くしてもらいつつも「ここは気持ちが先行して動けないとダメなんじゃない?」とか「ちゃんとやんなくちゃダメじゃん」って言って下さったりもするから、すごく心強くて。なっちゃんだけじゃなく、皆さん、そうやって支えてくれてましたね。

--ちょっと気になったんですけど、先輩である安倍なつみをいつ「なっちゃん」って初めて呼んだんでしょう?

モリユイ:ハハハ! 最初に「みんなってあだ名とかつけて呼んでないの?」ってなっちゃんが言い出したんですよ。その流れでみんなそれぞれ何て呼ぶか話し合ったんですけど、特に決まらなくて。でも忘れ物をなっちゃんがしちゃったときに、私、声掛けたかったんですけど、「安倍さん?なっち?どう呼ぼう?」って思ったときに「なっちゃん!」しか出てこなくって。そこからなっちゃん(笑)。

--最後の歌唱シーンは、大人から当たり障りのない曲をテレビで歌わされそうになって、でも命懸けのステージでそんなことをさせたくないと仲間たちが「ストロベリーフィールズ」を歌わせる為に奔走する。その結果として辿りつく訳ですが、あのストーリーを経て歌い出すのってかなりプレッシャーですよね。間違っても中途半端な歌は聴かせられない訳じゃないですか。

モリユイ:そうなんですよ。だからそれなりに覚悟はしていたつもりだったんですけど、2日目の公演。1日目がやっと終わって緊張の糸が解けちゃって、自分にとっては不甲斐ない演技というか、演奏をしてしまって。で、そのことを共演者の柏原収史さんに「全然ダメだったんですよね」みたいな風にお話したら、「いや、でもユイは舞台に立つことが決まってて、お客さんも待ってて、もう場所が用意されちゃってるんだからやるしかないんだよ。もうプロなんだもん」って言われて、そのときに恥ずかしくなっちゃって! それで「やるしかない。腹据えるしかない!」ってなって、その日からはどんな状態でも「やりきるぞ!」ってなりましたね。

--その経験はしなまゆのライブにも影響してる?

モリユイ:めちゃめちゃしてます。前までは「どこまでやっていいんだろう?」ってわりと考えながらやってしまうタイプだったんですけど、「いや、もうやるしかない」ってなってからは、例えばどんなに喉のコンディションが悪くなってしまってイベントに出たとしても、「やるぞ!」ってなると意外とついてきてくれるんですよ。振り切れたほうがいい。だから前よりずっと自由になれたし、そうすることでメンバーもついてきてくれる気がする。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. しなまゆメンバーは全員強制加入!?~拠点・立川HeartBeat
  3. Next >
しなまゆメンバーは全員強制加入!?~拠点・立川HeartBeat

しなまゆ 『ストロベリーフィールズ』インタビュー
▲タクマ

タクマ:舞台のあとは肝が完璧に座った感じになって。ライブハウスに出て初めてのお客さんを前にしたときの立ち振る舞い方が、もう結構別人ぐらいに変わった。それこそ「いくぞー!」ってなったときに、こっちも一緒になって「ヤバイ! 今、楽しいかも?」って引っ張られちゃって。彼女のモチベーションで僕らも変わっちゃうぐらい、かなり肝は座って帰ってきましたね。バンド自体も変身できた。

--舞台では大人たちが歌わせようとしなかった「ストロベリーフィールズ」ですが、現実世界ではその曲でメジャーデビューするって痛快ですよね。どう思います?

モリユイ:たしかに痛快!

ウエノハラ:元々は「舞台の為に作らなきゃ!」って必死だったんで、シングルのA面になるなんて思ってなかったんです。だから「デビューシングル、この曲なんだ!?」っていう衝撃があって。でもどんどん自分たちのライブで披露したり、練習したりしているうちに「めっちゃ良い曲じゃーん!」っていう。

モリユイ:チャラい(笑)。

ウエノハラ:今はライブで「ストロベリーフィールズ」やると、お客さんが「来た!」みたいな反応をしてくれるんですよ。「舞台の曲だ!」って泣いてくれる人もいたりして。気付いたらすごく大事な曲になってましたね。

しなまゆ 『ストロベリーフィールズ』インタビュー
▲モリユイ

--その「ストロベリーフィールズ」でのメジャーデビューに至るまでのお話も伺っていきたいんですが、そもそもしなまゆって何者なんでしょう?

モリユイ:あんまりバンドっていう自覚はない気がします。3人集まって、楽器持って歌うたったらこうなってた!ぐらいの感じだったと思うんですよ。3人ともすごく素直というか、何にも知らない純粋な状態で音楽やってたら、いつの間にかこうなってた感じがすごくあって。だからどういう風に見られているか、どういう風になっているのか分かんない(笑)。

タクマ:バンドではあるけど、バンドマンじゃない感じ。

モリユイ:なんだろうね? ズッコケ3人組みたいな!

一同:(笑)

--ズッコケ3人組が気付いたらステージ立ってて、気付いたらメジャーデビューしてて、今こうしてインタビューを受けている?

モリユイ:そんな感じ!

--マンガみたいだね(笑)。

モリユイ:ほんと、自分たちが一番「マンガっぽいな」って思ってます。

しなまゆ 『ストロベリーフィールズ』インタビュー
▲モリユイ、タクマ

--どういう経緯で結成されたんでしょう?

モリユイ:私とタクマが同じ高校だったんですけど、2人とも軽音部に入っていて。でも最初は別に仲良くなくて、別々のバンドを組んでいた。で、タクマは当時からみんなよりちょっとギターが上手く弾ける感じだったんでチヤホヤされていて、いくつもバンドやってて。

タクマ:チヤホヤされてたっけ? 一匹狼感出してたでしょ。

モリユイ:あ、そうそう! すごく気取ってたんです!

タクマ:めっちゃV系みたいな感じで(笑)。

モリユイ:で、自分は女子たちだけでバンド組んだんですけど、新入部員が50人ぐらい入ったんですよ。なんですけど、そのうち残ったのが12人ぐらいだったんです。だから私が組んでたバンドもどんどん人がいなくなっちゃって、でもバンドやりたいと思ってたら、たまたま帰りの最寄り駅にタクマがいて。「あ、いつも気取ってる人だ」と思って、「タクマ! 一緒にバンドやろうよ!」って言ったら「……うん」とか言って(笑)。

--その瞬間はどういう気持ちだったんですか?

タクマ:僕、喋ったことないのに、駅で声かけられる前に初めてコンタクト取ったときから「タクマ!」って呼び捨てされたんですよ。結構、最初はキラ……ムカついてた。

一同:(笑)

モリユイ:本当に嫌われてたんですよ!

タクマ:なんで急に「タクマ!」なんやと思って。で、バンドに誘われたときも本当に急だったんですよ。急に誘ってきて、なんかもう威圧感が凄かった。やりたい気持ちが出すぎちゃってて、これは「忙しいからムリ」とか言えないと思って「……うん」みたいな(笑)。

--半ば脅迫感があったんですね。

タクマ:ちょっとありましたよ。オーラ出まくってましたもん!「おまえ、いいえって言わせねーぞ!」みたいな。それでやるしかないぞと思ってついていった次第ですね。

モリユイ:そのあと4人でバンドを組んだんですけど、ベースの男の子が1コ上で卒業してから疎遠になっちゃったので、新しくベースを入れようと思ったときに、転校したドラムの女の子が「転校先にかっちょいい女の子のベーシストがいるから紹介する」って言ってくれたんですけど、山梨県に住んでて超引きこもりだったんですよ。だからなかなか出てこなくて。それでも何とか初めて一緒にスタジオに入ったとき「次、ライブ決まってるから」って伝えて、無理やり入れたのがウエノハラです(笑)。初対面なのにいきなり「それまでに練習してきてね」って。

しなまゆ 『ストロベリーフィールズ』インタビュー
▲ウエノハラ

--どんな心境だったんですか?

ウエノハラ:訳がわからなくて(笑)。もうひとりベース候補がいて、私が入るのは確実じゃないって聞いていたのに「5月にライブやるからよろしく!」って。

モリユイ:本当に強引なんだね!

--全員強制的に加入させてる。

モリユイ:ハハハ!

--その当時はどんな音楽をやってたの?

モリユイ:わりと暗い感じ。アングラが自分たちの周りで流行っていたのもあったんですけど、刺激的だし格好良いと思って。でもきっと素質がなかったんだね、アングラの。

タクマ:作ってきた曲聴いたら「全然ポップスじゃん!」みたいな感じで。だからめっちゃアングラな曲の次にはめっちゃ明るい曲をやるから、すごく情緒不安定なライブになっちゃって(笑)。

--立川HeartBeatを拠点にしようと思ったのは?

モリユイ:同級生のバンドがそこに出てて「ライブやるから一緒に出てみない?」って誘われたんですよ。それから……まぁそこぐらいしかライブハウスを知らなかったんですけど。

タクマ:人生で初めてステージに立ったライブハウス。

--3人にとって立川ってどんな街なんだろう?

モリユイ:どんな街? うーん……

タクマ:え、大都会でしょ!

一同:(笑)

ウエノハラ:私も大都会のイメージ。

タクマ:でも今は……

モリユイ:今は帰ってくると安心します。立川HeartBeatで「ただいま」って言うと「おかえり」って返ってくるんで。ホーム感がありますね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 赤い公園の存在~やりたいんだったらやるっきゃない
  3. Next >
赤い公園の存在~やりたいんだったらやるっきゃない

しなまゆ 『ストロベリーフィールズ』インタビュー
▲しなまゆ

--音楽的な部分では、赤い公園を輩出した街という印象なんですけど、立川でバンドやってる人からすると彼女たちってどんな存在なんでしょう?

モリユイ:ギターの津野米咲さんが中学校の部活の先輩なんですよ。それだけで自分の中では注目度が高かったですし、一度だけ大会で対バンさせてもらったことがあって、何よりも力の差みたいなものを見せ付けられて「うわぁー!」ってなったんですよね。「悔しい、でも格好良いんだよな!」って。だから大好きだけど、負けたくない……けど、勝ち目があるのかな?って(笑)。やっぱりずば抜けていたなって思います、立川の中でも。

--それこそかつて自分たちが目指していた音楽性で成功しているバンドというか。

モリユイ:そうです! 赤い公園を追っかけてそっちに行こうとしていたときもあったんで。

タクマ:大会でリハ観に行ったらその時点で圧巻の凄さで、本番でも完璧に負かされて。初めて大会で負けて「悔しい」と思い、ずっと勝手にライバルじゃないですけど、この人たちを超さないとダメだ!って思っていた時期はあって。いろいろ学んだところもあったり、ずっと憧れの先輩ではあります。

--しなまゆはずっとプロになろうとは思っていたの?

モリユイ:自分は飽き性なので何かを続けられたことがなかったんですよ。でもバンドを始めてライブ出たりしているうちに「あれ?こんなに辞めたいって思わないで続いてるの、バンドだけかも」って気付いて。じゃあ、ずっとバンド続けたいと思って、高校卒業するときに「バンドやるためにはお金稼がなきゃいけないし、時間もほしいから大学や専門学校なんて行ってる場合じゃない……あ、プロになればいいんだ!」って。それで「プロ、目指したくない?」ってメンバーを口説いたんですよ。

しなまゆ 『ストロベリーフィールズ』インタビュー
▲ウエノハラ、モリユイ

タクマ:元々、全然熱くなかったのに。

モリユイ:熱いものが大嫌いだったんで。今は大好きだけど、「“夢”とか言う奴、本当にムリ! 恥ずかしい!」って思っていたから。

タクマ:そんな奴がめっちゃ熱い目で訴えてきたから「……わかった。俺も専門学校行かねぇ」って。本当に急遽「これはもうバンドで行くしかない」ってなったんですよね。僕ももう腹括るしかないだろうという感じで「ついていくわ。プロ目指す」となった次第です。

ウエノハラ:私は通信の学校だったんですけど、先生がプロのアーティストだったり、元プロだったりして、その先生たちには「音楽で食っていくのは大変だからやめておけ」ってずっと言われていて。だから「じゃあ、音楽じゃなくていいです」って保育園の先生を目指してたんですよ。でも周りにメジャーデビューしてる噂のある先輩がいたり、プロっぽい人がいっぱいいたので、あんまり敷居が……「結構プロっているんだな」って感じだったんです。

モリユイ:ナメてるわ(笑)。

ウエノハラ:だから「そんなに本気だったらやるわ」っていう感じでした。やらないなら保育士になるし、やるなら本気出すよ?みたいな。

しなまゆ 『ストロベリーフィールズ』インタビュー
▲モリユイ

--で、実際にメジャーデビューした訳ですが、今の時代、メジャーで音楽を続けていくって超サバイバルじゃないですか。そこで戦っていかなきゃいけないことについてはどんなことを思ったりしますか?

モリユイ:うーん…………それこそ柏原収史さんの教えじゃないですけど、もう決まってることですからやるっきゃないし、元から自分が望んで飛び込んだ世界だからやるっきゃないと思っているし、自分がどこまで行けるかとか、どんなことが出来るかとかは全然未知数だけど、やりたいんだったらやるっきゃないでしょって思うから。

--ちなみにしなまゆってライバル視している存在とかっているんですか?

モリユイ:赤い公園かな? でも悔しいからあんまり言いたくないんですよ。

--「悔しいからあんまり言いたくないんですよ」まで書くから大丈夫です。

一同:(笑)

モリユイ:やっぱり比べられがちだったんで。でも私、今まで赤い公園を物凄く意識してたんですけど、初めて舞台をやった後から「私たちは私たちできっと出来ることがあるだろう」と思ったし、純粋に“私たちなりの格好良い”がまた別にあって、そこを磨いていけばいいんだと思えて。

--自分たちの道がちょっと見えたんでしょうね。

モリユイ:そうなんですよ! ただ、赤い公園のちぃちゃん(佐藤千明/vo)とは仲が良くて、一緒にご飯食べに行ったり、ライブ観に行ったり、カラオケ行ったりとかしてる中で、やっぱり「一緒に頑張りたい!」とは思います。

しなまゆ 『ストロベリーフィールズ』インタビュー
▲しなまゆ

--彼女たちと違う音楽で違う道筋を歩いていく中で、同格になったときにツーマンとかやれたら美しいですよね。

モリユイ:そうですね! そういうの、憧れます!

--そんなに遠い未来じゃないかもしれませんよ。「ストロベリーフィールズ」を聴いたらしなまゆに興味を持つ人はいっぱいいると思うので。そこは自分たちでも自信あるんじゃないですか?

モリユイ:自分たちにとって「ストロベリーフィールズ」ってすごく初挑戦の曲で、何かに合わせて書くこと自体が初めてだったし、こんなに曲で悩んだことも初めてだったし、歌詞も自分としてはシンプルに書くことに挑戦したし、実験的な部分もすごく多くて。だから最初はどんな反応が返ってくるか分からなかったんですけど、ライブでやっていくうちに自分たちだけじゃなくお客さんも一緒に育ててくれた感じがあったんですよ。それで「この曲は誰にでも聴いてもらえる」と思ったんですよね。「青春ってダメダメでもキラキラしてるんだよね」っていうことを詰め込んだんですけど、それは誰にでも分かるから。じゃあ、誰にでも聴いてもらえるって思えたんですよ。だんだんだんだん青春に返っていける曲なので。

--どんな風に世に響いてほしいなって思いますか?

モリユイ:いつの間にか口ずさんじゃう感じ。スゥーって体の中に染み込んでいってもらえたらいいかなって。

--では、最後にしなまゆが目指すもの、夢を教えてください。

ウエノハラ:まだまだ立川規模なので、もっといろんな人にしなまゆっていう名前だけでも知ってもらうことが夢かもしれないです。どんな形でもいいのでみんなが知ってる存在になれたらなって。

タクマ:サザンオールスターズは何やってもサザンだし、ミスチルは何やってもミスチルみたいな感じで、しなまゆも何やってもしなまゆだよね、みたいな。そういうでっかい存在になりたい。

モリユイ:やっぱりこの3人でいることが今すごく多いし、私は好きなので、自分が一番しなまゆを楽しみにしてると思う。だからしなまゆがどう進化していくのか。曲がどうなっていくか、ライブがどうなっていくか、場所がどうなっていくか、そういうのも全部含めて進化を見続けたい。見ていたい。

--しなまゆが好きなんですね。

モリユイ:大好き! 大好きだからどんどん進化させていきたいです。

しなまゆ「ストロベリーフィールズ」

ストロベリーフィールズ

2014/07/09 RELEASE
FLCF-4463 ¥ 1,200(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.ストロベリーフィールズ
  2. 02.リリカ
  3. 03.ミスト

関連キーワード

TAG

関連商品

クランク・イン!
しなまゆ「クランク・イン!」

2017/07/26

[CD]

¥2,700(税込)

ヘンシン
しなまゆ「ヘンシン」

2016/03/09

[CD]

¥1,800(税込)

まえならえ
しなまゆ「まえならえ」

2014/12/17

[CD]

¥2,700(税込)

ストロベリーフィールズ
しなまゆ「ストロベリーフィールズ」

2014/07/09

[CD]

¥1,200(税込)

クランク・イン!
しなまゆ「クランク・イン!」

2017/07/26

[CD]

¥2,700(税込)

ヘンシン
しなまゆ「ヘンシン」

2016/03/09

[CD]

¥1,800(税込)

まえならえ
しなまゆ「まえならえ」

2014/12/17

[CD]

¥2,700(税込)

ストロベリーフィールズ
しなまゆ「ストロベリーフィールズ」

2014/07/09

[CD]

¥1,200(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【先ヨミ】ジャニーズWEST『アメノチハレ』が130,182枚を売り上げ現在首位 =LOVE新作が続く

  2. 2

    【先ヨミ】Kis-My-Ft2『FREE HUGS!』が164,044枚を売り上げ現在首位 ヒプマイ初フルALが続く

  3. 3

    玉置浩二×オーケストラ、6月からの新シリーズ開催が決定 明日4/26からチケット先行販売も開始

  4. 4

    aiko作詞・作曲、FM802春のCPソング「メロンソーダ」MV公開

  5. 5

    齋藤飛鳥、23rdシングルについて「世界中でブームが起きたらいいな」 新機軸の新曲「Sing Out!」音源&MV視聴会にて

HOT IMAGES

注目の画像