Billboard JAPAN


Special Contents

2014年上半期ビルボードジャパンチャート

2014上半期チャート

 2014年も上半期のビルボードジャパンチャートを公開。年間チャートの行方を占うだけでなく、AKBの選抜総選挙投票シングルと嵐のリリースラッシュに加え、社会現象となった『アナと雪の女王』関連曲たちがどのような動きを見せたのか要チェック!(集計期間:2013年11月25日~2014年6月1日)

hot100

嵐V奪還、『アナ雪』チャート席巻

 AKB48のトップを4年ぶりに嵐が奪還、3曲をトップ10に送り込んだ。5指標のそれぞれのトップは、エアプレイがファレル・ウィリアムス「ハッピー」、シングル・セールスが嵐「Bittersweet」、ダウンロードが松たか子「レット・イット・ゴー~ありのままで~」、ルックアップが嵐「Bittersweet」、ツイートが嵐「GUTS!」という結果となっている。

 第4次バンドブームとされる今年、SEKAI NO OWARIが筆頭で上半期をターンした。これは、セールス以上にルックアップで高ポイントを積み上げたためで、レンタルを中心とした一般顧客層への浸透が類推できる展開となっている。このバンドブーム以上に台風の目となったのが『アナ雪』関連楽曲だ。映画と音楽の新しい楽しみ方を提供、予想を超えた訴求を見せており、ダウンロード指標が引っ張る形でまだまだポイントを積み上げる可能性が高い。

新指標を合算することで、より“ヒット曲”が見えやすくなったJAPAN Hot100。10位以下には、AKB48「恋するフォーチュンクッキー」、SPICY CHOCOLATE「ずっと feat.HAN-KUN & TEE」、Rihwa「春風」が並び、これらも『アナ雪』が無ければ、、と思わせる結果となっているものの、今年上半期の音楽マーケットを賑わせた“ヒット曲”であることに間違いは無い。

1位 GUTS!

GUTS!


¥1,234(税込)
JACA-5404
2014/04/30 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 Bittersweet

Bittersweet


¥ 1,296(税込)
JACA-5401
2014/02/12 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 ラブラドール・レトリバー

ラブラドール・レトリバー

AKB48
¥1,600(税込)
KIZM-283/4
2014/05/21 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

4位:誰も知らない 嵐
5位:レット・イット・ゴー~ありのままで~ 松たか子
6位:ストーリー・オブ・マイ・ライフ ワン・ダイレクション
7位:キングオブ男! 関ジャニ∞
8位:前しか向かねえ AKB48
9位:ハッピー ファレル・ウィリアムス
10位:スノーマジックファンタジー SEKAI NO OWARI
11位:恋するフォーチュンクッキー AKB48
12位:シャレオツ SMAP
13位:鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの AKB48
14位:ずっと feat.HAN-KUN & TEE SPICY CHOCOLATE
15位:春風 Rihwa
16位:ひびき 関ジャニ∞
17位:ええじゃないか ジャニーズWEST
18位:炎と森のカーニバル SEKAI NO OWARI
19位:TSUKI 安室奈美恵
20位:ココロ空モヨウ 関ジャニ∞


top albums

日本の音楽市場も“アナ雪”が活性化!人気アーティストのオリジナルALも好調

 ベスト盤のリリースラッシュも落ち着いてきた現在の音楽シーン。どんなアーティストでもパッケージのリリースが伸び悩む中、市場を活性化するようなモンスター作品が登場。音楽でも高い評価を受ける『アナと雪の女王』だ。3月にリリースされたサウンドトラックのヒットに続き、日本語版声優たちによる歌唱を加えたデラックス・エディションが上半期のアルバムセールスチャートを制した。松たか子の「レット・イット・ゴー」はもちろん、神田沙也加とのデュエット曲「生まれてはじめて」などが収録。

 2位の福山雅治『HUMAN』や3位 BUMP OF CHICKEN『RAY』、5位 ゆず『新世界』と人気アーティストたちがオリジナル・アルバムをリリース。BUMP OF CHICKENは初音ミクとの共演曲や、ゆずは高視聴率をマークしたNHK朝ドラ『ごちそうさん』の主題歌など収録作が話題となってヒットを後押し。洋楽シーンではワン・ダイレクションの『ミッドナイト・メモリーズ』がAKB48や、EXILE ATSUSHIといった強豪を抑えて6位にチャートイン。

1位 アナと雪の女王DX

アナと雪の女王オリジナル・サウンドトラック-デラックス・エディション

V.A.
¥3,780(税込)
AVCW-63028/9
2014/05/03 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 HUMAN

HUMAN

福山雅治
¥ 4,968(税込)
UUCH-9051
2014/04/02 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 RAY

RAY

BUMP OF CHICKEN
¥3,146(税込)
TFCC-86457
2014/03/12 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

4位:HIT! HIT! HIT! Kis-My-Ft2
5位:新世界 ゆず
6位:ミッドナイト・メモリーズ ワン・ダイレクション
7位:次の足跡 AKB48
8位:Music EXILE ATSUSHI
9位:THE BEST/BLUE IMPACT 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
10位:アナと雪の女王オリジナル・サウンドトラック V.A.
11位:Heartful Song Covers May J.
12位:楔-kusabi- KAT-TUN
13位:COLORFUL POP E-Girls
14位:One Song From Two Hearts コブクロ
15位:L album KinKi Kids
16位:×と○と罪と RADWIMPS
17位:TREE 東方神起
18位:Tales of Purefly MAN WITH A MISSION
19位:Sexy Second Sexy Zone
20位:PORNOGRAFFITTI 15th Anniversary"ALL TIME SINGLES" ポルノグラフィティ


Hot Animation

アニメチャートTop3を“雪の女王”たちが独占、下期もこのまま逃げ切り?

 世界中で大ヒットを記録している映画『アナと雪の女王』。映画の興行収入も200億円を突破し、観客動員数も日本歴代3位というまさに今年を代表する作品となったが、上半期のアニメソングチャートも席巻してくれた。上位3曲すべてが「レット・イット・ゴー」で独占するという凄まじい記録を達成。首位の松たか子に至っては総合チャートでもダウンロードのポイント獲得数が凄まじく、あたまひとつ飛び出した。続くMay J.はダウンロードの他、自身のカヴァー・アルバムや、バラエティ番組へ出演した影響もあり、ツイッターでも活躍。イディナ・メンゼルは映画の公開タイミングに楽曲の高評価がエアプレイに繋がりヒットを記録。

 注目はSEKAI NO OWARIが昨年リリースにも関わらず、「RPG」が5位にチャートイン。こちらは『クレヨンしんちゃん』の映画公開の影響と、グループ自体が世間に大きく注目されたことからと思われる。また、SPYAIRによる『ハイキュー!!』テーマ曲「イマジネーション」もツイートポイントが本アニメチャート内首位を記録。こちらはボーカルIKEがツイッターでバンド脱退宣言して波紋を呼んだことも要因だろう。

1位 アナと雪の女王DX

レット・イット・ゴー~ありのままで~

松たか子
¥3,780(税込)
AVCW-63028/9
2014/05/03 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 アナと雪の女王DX

Let It Go~ありのままで~

May J.
¥3,780(税込)
AVCW-63028/9
2014/05/03 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 アナと雪の女王DX

レット・イット・ゴー

イディナ・メンゼル
¥3,780(税込)
AVCW-63028/9
2014/05/03 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>


4位:光のシグナル Kis-My-Ft2
5位:RPG SEKAI NO OWARI
6位:表裏一体 ゆず
7位:イマジネーション SPYAIR
8位:生まれてはじめて 神田沙也加,松たか子
9位:それは僕たちの奇跡 μ's
10位:Rising Hope LiSA
11位:ファミリーパーティー きゃりーぱみゅぱみゅ
12位:紅蓮の弓矢 Linked Horizon
13位:タカラモノズ μ's
14位:CLICK ClariS
15位:どんなときもずっと μ's
16位:ゲラゲラポーのうた キング・クリームソーダ
17位:you can do it! Suzu
18位:地獄の沙汰も君次第 地獄の沙汰オールスターズ
19位:black bullet fripSide
20位:雪だるまつくろう 神田沙也加,稲葉菜月,諸星すみれ


Hot Overseas

1D ドコモCM曲でが上半期をトップで折り返し、ファレル「ハッピー」追いつくか?

 国内の洋楽シーンでは様々なジャンルからのヒット曲がチャートイン。上半期ではワン・ダイレクションの「ストーリー・ブ・マイ・ライフ」が首位に。こちらは昨年11月にリリースした最新アルバムからの楽曲で、ドコモのCMで耳にした方も多いはず。2日間にわたって開催された幕張メッセでの来日公演もソールドアウトさせ、その人気は国内でもダントツ。2位のファレル「ハッピー」はシングルで昨年リリースとなるが、当初火は着かず。ダフトパンク、ロビン・シックなどコラボ曲の大ヒット曲を送り出した後、満を持してのアルバムリリースのタイミングできっちり全米首位に。国内外のファンが作成したビデオもYouTubeなどで話題に。

 驚きは7位のテイラー・スウィフト「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない」だろう。リリースは2012年10月ながら日本では人気番組『テラスハウス』で主題歌として継続使用されダウンロード、エアプレイで根強い人気を誇る。また、6月1日の来日公演前後でポイントを積み重ねた。

1位 ストーリー・オブ・マイ・ライフ

ストーリー・オブ・マイ・ライフ

ワン・ダイレクション
¥2,376(税込)
SICP-3933
2013/11/27 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 ハッピー

ハッピー

ファレル・ウィリアムス
¥ 2,376(税込)
SICP-4129
2014/04/30 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 レット・イット・ゴー

レット・イット・ゴー

イディナ・メンゼル
¥3,780(税込)
AVCW-63028/9
2014/05/03 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

4位:ベイビー・アイ アリアナ・グランデ
5位:ウェイク・ミー・アップ! アヴィーチー
6位:ロイヤルズ ロード
7位:私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない テイラー・スウィフト
8位:イントゥ・ザ・ブルー カイリー・ミノーグ
9位:ティンバー feat.ケシャ ピットブル
10位:ゲット・ラッキー feat.ファレル・ウィリアムス ダフト・パンク
11位:リヴ・フォー・ザ・ナイト クルーウェラ
12位:キング・アンド・クロス アウスゲイル
13位:XO ビヨンセ
14位:ヒット・ミー ダーティ・ループス
15位:ラザー・ビー feat.ジェス・グリン クリーン・バンディット
16位:ザ・バラッド・オブ・ミスター・ステーキ キシバシ
17位:ラヴ・ネヴァー・フェルト・ソー・グッド マイケル・ジャクソン
18位:ザ・モンスター feat.リアーナ エミネム
19位:アプローズ レディー・ガガ
20位:スキニー・ラヴ バーディー


Hot Top Airplay

洋楽堅調、J-POPは大きくトレンドが変化

 トップ3を洋楽が占拠、特に1位ファレル・ウィリアムス「ハッピー」は2位に大きくポイント差を付けており、単なる洋楽ファンを超えた別格の拡がりがよく分かる結果となった。また、NTTドコモCMによりファン層を拡大したワン・ダイレクション「ストーリー・オブ・マイ・ライフ」を押さえて、アリアナ・グランデ「ベイビー・アイ」が2位を奪取した。

 J-POPでトップとなったのは4位の家入レオ「チョコレート」。新人のUSAGI「イマジン」がそれに続き、エアプレイされやすい楽曲の傾向がよく分かる結果となっている。ここでもSEKAI NO OWARI「スノーマジックファンタジー」が9位を獲得、昨年のJ-POPでトップだったサカナクション「ミュージック」同様、2014年を代表するバンドと言える。

1位 ハッピー

ハッピー

ファレル・ウィリアムス
¥ 2,376(税込)
SICP-4129
2014/04/30 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 ベイビー・アイ

ベイビー・アイ

アリアナ・グランデ
¥ 3,065(税込)
UICU-9075
2014/02/05 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 ストーリー・オブ・マイ・ライフ

ストーリー・オブ・マイ・ライフ

ワン・ダイレクション
¥2,376(税込)
SICP-3933
2013/11/27 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

4位:チョコレート 家入レオ
5位:イマジン USAGI
6位:ロイヤルズ ロード
7位:シャレオツ SMAP
8位:イントゥ・ザ・ブルー カイリー・ミノーグ
9位:スノーマジックファンタジー SEKAI NO OWARI
10位:東京 wacci
11位:ゆめのはじまりんりん きゃりーぱみゅぱみゅ
12位:ウェイク・ミー・アップ! アヴィーチー
13位:ヒット・ミー ダーティ・ループス
14位:キング・アンド・クロス アウスゲイル
15位:君の隣 aiko
16位:ゲット・ラッキー feat.ファレル・ウィリアムス ダフト・パンク
17位:ray BUMP OF CHICKEN
18位:Hot Stuff JUJU
19位:結晶星 KANA-BOON
20位:リヴ・フォー・ザ・ナイト クルーウェラ


top Singles

嵐V奪還、ジャニーズ勢が上位を占有

 昨年度上半期ではトップ10でAKB勢が4曲、ジャニーズ勢が6曲だったが、今年度上半期では嵐がトップを4年ぶりに奪還し、ジャニーズ勢が7曲、AKB勢が3曲と、シングル・セールス上位の占有バランスが大きく変動した。

 12月より3カ月リリースを敢行した関ジャニ∞[エイト]は、3曲ともトップ10に送り込む躍進をみせ、トップ10が1曲に留まった昨年上半期とは大きく異なる結果を上げた。他ジャニーズ勢楽曲はジャニーズWEST、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2らが続き、ポスト嵐の座を巡る激しいセールス競争では、関ジャニが一歩抜けた感がある。とはいえ、下半期の展開ではまだまだ巻き返しが予想でき、今後のシングル・セールスに注目だ。

 20位まででジャニーズ勢かAKBグループ以外にランクインできたのはSEKAI NO OWARIのみ。昨年のゴールデンボンバーや福山雅治、T.M.Revolution×水樹奈々、ももいろクローバーZの楽曲は無く、音楽ジャンルの多様化というよりも寡占アーティストによる楽曲の多様化と言える結果となった。

1位 Bittersweet

Bittersweet


¥ 1,296(税込)
JACA-5401
2014/02/12 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 ラブラドール・レトリバー

ラブラドール・レトリバー

AKB48
¥1,600(税込)
KIZM-283/4
2014/05/21 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 GUTS!

GUTS!


¥1,234(税込)
JACA-5404
2014/04/30 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

4位:誰も知らない 嵐
5位:キングオブ男! 関ジャニ∞
6位:前しか向かねえ AKB48
7位:ひびき 関ジャニ∞
8位:ココロ空モヨウ 関ジャニ∞

9位:鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの AKB48
10位:ええじゃないか ジャニーズWEST
11位:AinoArika/愛すればもっとハッピーライフ Hey!Say!JUMP
12位:光のシグナル Kis-My-Ft2
13位:Ride With Me Hey!Say!JUMP
14位:シャレオツ/ハロー SMAP
15位:気づいたら片想い 乃木坂46
16位:未来とは? SKE48
17位:スノーマジックファンタジー SEKAI NO OWARI
18位:棚からぼたもち 舞祭組
19位:バレッタ 乃木坂46
20位:King & Queen & Joker Sexy Zone


Adult contemporary

洋楽堅調、ここでも『アナ雪』が急伸

 エルダー層向けのラジオ番組のみをピック・アップして、そのエアプレイ数を集計する本チャート。上半期は別格のファレル「ハッピー」が制し、全世代のエアプレイ・チャートと異なり、ワン・ダイレクションが2位を獲得した。また、『アナ雪』関連曲が多くチャート・インしているのも、アダルト・コンテンポラリー・エアプレイならではの結果と言える。ここでは20位の松たか子を押さえ、イディナ・メンゼル「レット・イット・ゴー」が5位と躍進、エルダー世代を巻き込んだ『アナ雪』ブームを象徴するサンプルとなった。

1位 ハッピー

ハッピー

ファレル・ウィリアムス
¥ 2,376(税込)
SICP-4129
2014/04/30 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 ストーリー・オブ・マイ・ライフ

ストーリー・オブ・マイ・ライフ

ワン・ダイレクション
¥2,376(税込)
SICP-3933
2013/11/27 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 イントゥ・ザ・ブルー

イントゥ・ザ・ブルー

カイリー・ミノーグ
¥2,654(税込)
WPCR-15559
2014/03/19 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

4位:ベイビー・アイ アリアナ・グランデ
5位:レット・イット・ゴー イディナ・メンゼル
6位:ウェイク・ミー・アップ! アヴィーチー
7位:チョコレート 家入レオ
8位:ゲット・ラッキー feat.ファレル・ウィリアムス ダフト・パンク
9位:ヒット・ミー ダーティ・ループス
10位:Hot Stuff JUJU
11位:ロイヤルズ ロード
12位:クリスマス・イブ 山下達郎
13位:ラザー・ビー feat.ジェス・グリン クリーン・バンディット
14位:キャント・リメンバー・トゥ・フォーゲット・ユー feat.リアーナ シャキーラ
15位:ラヴ・ネヴァー・フェルト・ソー・グッド マイケル・ジャクソン
16位:炎と森のカーニバル SEKAI NO OWARI
17位:エア・バルーン リリー・アレン
18位:ゆめのはじまりんりん きゃりーぱみゅぱみゅ
19位:スノーマジックファンタジー SEKAI NO OWARI
20位:レット・イット・ゴー~ありのままで~ 松たか子


Top Classic

福岡県の現役女子高校生が首位獲得

 精華女子高校の現役吹奏楽部による『熱血! ブラバン少女』が、2位を大きく引き離し上半期首位を獲得した。全日本吹奏楽コンクールでは、これまで17回出場のうち金賞8回銀賞9賞を受賞するなど圧倒的な実力を誇り、定期演奏会ではチケットが即完売という人気ぶり。本作のリリース時には、地元福岡で記念握手会が開催されるなど、大きな盛り上がりを見せた。続く2位は、2013年のクラシック年間チャートでも2位を獲得した三宅由佳莉の『祈り~未来への歌声』。2014年も番組出演や国立競技場ファイナルイベントでの国家独唱など活躍が続き、安定したポイントを積み上げた。また、2月にゴーストライター事件が発覚した佐村河内守関連作品は、現在は販売が停止されているものの、前半のポイントの高さから20位以内に残る結果に。その他、ソチオリンピックで日本中に感動を呼び起こしたフィギアスケート関連作、1月に死去し世界を悲しみに包んだクラウディオ・アバドとアルゲリッチによるモーツァルト、五嶋みどりのグラミー賞作らがチャートインした。

1位 熱血!ブラバン少女

熱血!ブラバン少女

精華女子高等学校吹奏楽部
¥2,571(税込)
SECL-1464
2014/02/12 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 祈り~未来への歌声

祈り~未来への歌声

海上自衛隊東京音楽隊,三宅由佳莉
¥ 3,240(税込)
UCCY-1032
2013/08/28 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 英雄ポロネーズ、ラ・カンパネラ

英雄ポロネーズ、ラ・カンパネラ~日本ツアー《ショパン&リスト》

辻井伸行
¥3,086(税込)
AVCL-25817br />2013/12/04 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

4位:ブラバンももいろクローバーZ!~BRASS AND ROMANCE~ シエナウインドオーケストラ
5位:浅田真央スケーティング・ミュージック2013-14 V.A.
6位:決定盤!フィギュアスケート・ミュージック・ベスト V.A.
7位:佐村河内守作曲:交響曲第1番《HIROSHIMA》 大友直人,東京交響楽団
8位:0歳からの育脳クラシック V.A.
9位:VOCALO CLASSIC 石川綾子
10位:ニュー・サウンズ・イン・ブラス2014 ニュー・サウンズ・イン・ブラス2014
11位:村治佳織ベスト~4 COMPOSERS 村治佳織
12位:モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番&第25番 マルタ・アルゲリッチ
13位:BEST ALBUM 秋川雅史
14位:佐村河内守:鎮魂のソナタ 佐村河内守
15位:DEBUT IL DEVU
16位:氷上のクラシック~Classical Music on Ice V.A.
17位:ムラヴィンスキー&レニングラード・フィルウィーン・ライヴ1978年 エフゲニー・ムラヴィンスキー,レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団
18位:パウル・ヒンデミット:作品集 五嶋みどり,NDR北ドイツ放送交響楽団,クリストフ・エッシェンバッハ
19位:スギテツ・アカデミカ -10th Anniversary Premium Best Album- with 東京フィルハーモニー交響楽団- スギテツ
20位:センチメンタル・ワルツ 千住真理子


Top Jazz Album

上原ひろみが圧倒、わずか2週で上半期首位

 現在進行形のグラミー・アーティストである上原ひろみと、世界最高峰のリズム・プレイヤーのアンソニー・ジャクソン、サイモン・フィリップスによる“ザ・トリオ・プロジェクト”。その待望の3作目となる『ALIVE』は、リリース時のメディア大量露出を追い風に5月21日リリース後わずか2週で他タイトルを抜き去り、ダントツで上半期を首位でターンした。

 こちらも世界最高峰のベーシスト、ネイザン・イーストのキャリア40年目にして初のソロ・アルバムは2位。エリック・クラプトン、スティービー・ワンダー、マイケル・マクドナルドら多くの豪華ゲストも参加した本作は傑作の呼び声も高く、息の長いセールスが予想される。

1位 ALIVE

ALIVE

上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト
¥ 3,456(税込)
UCCT-9029
2014/05/21 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 ネイザン・イースト

ネイザン・イースト

ネイザン・イースト
¥ 2,700(税込)
YCCW-10217
2014/03/19 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 ヴェリー・クール

寺井尚子

ワン・ダイレクション
¥3,024(税込)
TYCJ-80006
2014/03/19 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

4位:TA・MA・TE・BOX CASIOPEA 3rd
5位:戦前と戦後 菊地成孔とぺぺ・トルメント・アスカラール
6位:ヒストリー T-SQUARE plus
7位:ブリッジ フォックス・キャプチャー・プラン
8位:イントゥ・ザ・ブルー T-SQUARE
9位:ライヴ・フロム・ザ・ショーボート フィル・ウッズ・シックス
10位:エニシング・ゴーズ デイヴ・ブルーベック
11位:Milestone indigo jam unit
12位:EVERGREEN Fried Pride
13位:JAZZ BAR 2013 V.A.
14位:アランフェス協奏曲 ジム・ホール
15位:男が女を愛する時 ルイス・ヴァン・ダイク
16位:My Favorite Songs quasimode
17位:スピニング・グローブ 渡辺香津美
18位:コーヒー・ブレイク・クリスマス-プレミアムブレンド V.A.
19位:スピリット 小林香織
20位:Crossover The World 神保彰


Indies

『ラブライブ!』をはじめランティス楽曲でアニメチャートの様相

 インディーズの上半期チャートなのか、アニメ上半期チャートなのか、上位4曲を『ラブライブ!』からμ'sの楽曲が独占。1位「タカラモノズ」、2位「それは僕たちの奇跡」には限定覚醒済みSRカード3枚が入手できるシリアルコードが付属することもあり、インディーズチャート内で圧倒的なポイントを獲得。アーティストとしても、楽曲だけでの評価も高い。これまでも魅力的な特典でセールスを伸ばしてきたが、それ以外のファンを獲得していることがうかがえる。

 そして、今回発表したTop 20内に前述の『ラブライブ!』関連曲を含め、ランティス関連の楽曲が13曲もチャートイン。アニメチャートでも上位常連組であるOLDCODEXの3枚目となるオリジナル・アルバム『A Silent, within The Roar』は9位に。こちらは人気アニメ『Free!』や『黒子のバスケ』のタイアップ曲が収録。昨年のインディーズ年間チャートを席巻していたゴールデンボンバーの「101回目の呪い」は13位に留まった。

1位 タカラモノズ

タカラモノズ

μ's
¥ 1,234(税込)
LACM-14181
2014/01/29 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 それは僕たちの奇跡

それは僕たちの奇跡

μ's
¥ 2,160(税込)
LACM-14220
2014/04/23 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 どんなときもずっと

どんなときもずっと

μ's
¥1,296(税込)
LACM-14230
2014/05/08 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

4位:Music S.T.A.R.T!! μ's
5位:THE BEST 2008-2014 MONUMENT flumpool
6位:ユメノトビラ μ's
7位:妄想日記 アリス十番×スチームガールズ
8位:光のなかに立っていてね 銀杏BOYZ

9位:A Silent, within The Roar OLDCODEX
10位:WITNESS FACT
11位:『ラブライブ!』μ'sベストアルバム μ's
12位:black bullet fripSide
13位:101回目の呪い ゴールデンボンバー
14位:STAND PROUD 橋本仁
15位:BEACH 銀杏BOYZ
16位:SAKEROCKの季節 BEST 2000-2013 SAKEROCK
17位:回レ!雪月花 歌組雪月花(原田ひとみ,茅野愛衣,小倉唯)
18位:THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 12 萩原雪歩(浅倉杏美),周防桃子(渡部恵子),二階堂千鶴(野村香菜子),ロコ(中村温姫)
19位:変幻自在のマジカルスター GRANRODEO
20位:『アイカツ!』ベストアルバム「Calendar Girls」 STAR☆ANIS


OS Soundtrack

『アナ雪』がきっと今年のサントラ年間チャートを制覇、もしかして来年も?

 もちろんサントラチャートでも『アナと雪の女王』が単独トップで上半期を終了。首位のデラックス・エディションは通常盤のセールスポイントにトリプルスコアに迫るセールスを記録中。

 1万枚でヒットと呼ばれるサウンドトラックの市場で、これまでに『レ・ミゼラブル』、『イケメンですね』など異例のヒットを記録してきた。しかし、今回の『アナと雪の女王』はちょっと別格。今年の年間チャート制覇も当然と予想されるが、勢いは落としてもこのままロングセールスを続ければ、来年の年間チャート制覇も夢ではない数字だ(笑)。果たして今年サントラチャートで“雪の女王”にストップをかけるダークホースは現れるのだろうか?

1位 アナと雪の女王DX

アナと雪の女王オリジナル・サウンドトラック-デラックス・エディション

V.A.
¥3,780(税込)
AVCW-63028/9
2014/05/03 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 アナと雪の女王

アナと雪の女王オリジナル・サウンドトラック

V.A.
¥2,700(税込)
AVCW-63011
2014/03/12 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 ワイルド・スピード EURO MISSION

ワイルド・スピード EURO MISSION オリジナル・サウンドトラック

V.A.
¥ 2,621(税込)
UICD-6204
2013/06/19 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

4位:トンイオリジナル・サウンドトラック V.A.
5位:ビクトリアス:サウンドトラック ビクトリアス・キャスト
6位:東京ディズニーリゾート 30thアニバーサリー・ミュージック・アルバム "ザ・ハピネス・イヤー" V.A.
7位:ディズニー・ベスト 英語版(2013) V.A.
8位:「LIFE!」オリジナル・サウンドトラック V.A.
9位:『パシフィック・リム』オリジナル・サウンドトラック V.A.
10位:ディズニー・ベスト 日本語版(2013) V.A.
11位:塔の上のラプンツェルオリジナル・サウンドトラック V.A.
12位:シークレット・ガーデンOST V.A.
13位:東京ディズニーランドディズニー・イースター V.A.
14位:レ・ミゼラブル~サウンドトラック<デラックス・エディション> V.A.
15位:「ワイルド・スピード MEGA MAX」オリジナル・サウンドトラック V.A.
16位:『愛の言葉』オリジナル・サウンドトラック V.A.
17位:東京ディズニーランドクリスマス・ファンタジー 2013 V.A.
18位:東京ディズニーリゾートアニバーサリー・テーマソングス V.A.
19位:サウンド・オブ・ミュージック V.A.
20位:ディズニープリンセス・ベスト V.A.

Special Contentsmore

KAI TAKAHASHI(LUCKY TAPES)×KENTO(WONK) Billboard Live対談インタビュー
KAI TAKAHASHI(LUCKY TAPES)×KENTO(WONK) Billboard Live対談インタビュー
3月に初共演を果たす新世代2バンドのフロントマンが対談
映画『ラ・ラ・ランド』に出演、楽曲提供、エグゼクティブ・プロデューサーも務めるジョン・レジェンドの魅力に迫る
映画『ラ・ラ・ランド』に出演、楽曲提供、エグゼクティブ・プロデューサーも務めるジョン・レジェンドの魅力に迫る
音楽、映画、その他の幅広い領域で活躍するジョン・レジェンドとは
BiS『Re:STUPiD』アヤ・エイトプリンス(美人担当)単独インタビュー
BiS『Re:STUPiD』アヤ・エイトプリンス(美人担当)単独インタビュー
「BiSと言えば、プー・ルイとアヤだよね」って言われるようになりたい
チームしゃちほこ インタビュー
チームしゃちほこ インタビュー
“VICTORY YEAR”を振り返り
メンバーの卒業を経験し5人になって初めてリリースされる2ndアルバム『おわりとはじまり』について
『プリンスとパープル・レイン 音楽と映画を融合させた歴史的名盤の舞台裏 』刊行記念特集
『プリンスとパープル・レイン 音楽と映画を融合させた歴史的名盤の舞台裏 』刊行記念特集
映画『パープル・レイン』の謎に迫ったドキュメンタリー本が発売。その概要と魅力をDU BOOKSが語ってもらった。
ACIDMAN 20周年記念『愛を両手に』インタビュー
ACIDMAN 20周年記念『愛を両手に』インタビュー
祖母の死から紡がれた新曲「愛を両手に」完成
生命や宇宙を表現してきた20年―――
SCANDAL 結成10周年ベストアルバム『SCANDAL』インタビュー
SCANDAL 結成10周年ベストアルバム『SCANDAL』インタビュー
どんなにネガティブな声や視線にも怯まず、
バンドシーン全体を唸らせる存在になるまで―――
大塚 愛『私』インタビュー
大塚 愛『私』インタビュー
転職? もう辞める? 新たなスタンダードソング誕生!?
切実な状況を爆笑トークでお届けする新感覚インタビュー

Chartsmore