Billboard JAPAN


Special Contents

柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー

柴田淳『Billboard Live 2013』 インタビュー

 しばじゅんの動向をツイッターでチェックしている人はご存知だと思うが、彼女は体調を崩して病院のお世話になっていた。何故にダウンしてしまったのだろうか。また、その休養中にテレビで観ていて励まされたという浅田真央の姿に何を感じたのか。自身のミュージックライフと照らし合わせながら語ってもらった。そして復活を果たした直後にドロップされるライブCD『Billboard Live 2013』や、今後の動向についても言及。毎度のことながら赤裸々トークとなっているが、この先、しばじゅんはどこへ向かっていくのか。気になる人はぜひご覧頂きたい。

ソチ五輪の浅田真央を観ていて「あ、私はまだまだだな」

柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー

--ここはスタジオです。何かの制作に取り掛かっているんでしょうか?

柴田淳:いや、まだなんですけど、この『Billboard Live 2013』のプロモーションが終わったら、オリジナルアルバムの制作に入る流れです。

--すぐ取り掛かれそうなんですか?

柴田淳:うーん。この1年半ぐらい走りっぱなしだったので、燃え尽き症候群じゃないんですけど、ある一定の方向の伝えたいものは伝えきったな、っていうところがあるんで、これからどういう風にしていくかは考えていて。今までは、例えば恋をしていたら、その恋に対していくらでも書けていたんですけど、ここまで歳を重ねてくると、新しい方向に行かなきゃなって気持ちと、行きたい気持ちと、あるのかな?っていう気持ちと……

--あるのかな、というのは?

柴田淳:新しい世界が。そこが不安でもあって。創作が始まっていない今の時期って必ずそうなんだけど、出来るかどうか分からなくて不安でいっぱいになる。ピアノの前にまだ座ってないので、何が出てくるか分からなくて。それが楽しみでもあるんですけどね。

--最近のツイッターを見ていたら……

柴田淳:ツイッター、やっぱり見てるんだ!? もう変なことしか書いてないから(笑)。

--しばらく病院のお世話になっていたみたいで。「もう半月以上寝たきりだ」みたいなツイートも見かけましたが。

柴田淳:結局、約1ヵ月ですね。

--今はもう復活してきてるんですか?

柴田淳:一昨日ぐらいから復活して、ようやく良くなってきました。体調が思わしくないとテンションもそんなに高くないので、対応するのが難しい仕事もあったんですけど。やっぱりね、ずっと止まらないで走り続けて、無心になってやっていたから、こうなるよなっていうか。去年の暮れぐらいにようやく仕事が落ち着いて、ちょっと休みがあって。で、お正月明けに今作『Billboard Live 2013』のジャケットとか音源のミックスがあって、それが終わった瞬間にバタン!って。

柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー

--電池が切れたんですね。

柴田淳:気が抜けた瞬間に、1年半分の無理が全部来たなと思って。

--そこまで気付かないうちに自分を追い込んでいた。

柴田淳:気付いてはいたんですけど! もう走るしかなかったっていう。それでしんどかったんですけど、「病気だ」っていう言い訳ができたので、自信持って毎日寝ていられるのはすっごい幸せで!

--(笑)

柴田淳:健康なときにダラダラしていると「私、何やってんだ?」って思っちゃうけど、この1ヵ月は「病気なんだ!」っていうので、ようやくお休みをもらえたような気分でした。

--先程「終わった瞬間にバタン!」と表現されましたけど、本当にぶっ倒れた感じだったんですか?

柴田淳:ジャケットの確認作業で、一番最後の色校を見たのが1月30日だったんですよ。31日の朝にゴホンゴホンして「え? おかしいな」と思って、こじらせる前に病院行って薬をもらったんですが、その薬が全然効かなくて、3日間で一気に悪化して、どうしようもなくなって。だけど、年間スケジュールとかの打ち合わせをスタッフとしていなかったので、マスクしながら、熱を帯びながら打ち合わせをして。でも予定が決まるとやっぱり安心するので、また寝込んでっていう。で、最終的に体調崩した原因が分かったので、そこから一気に回復して今に至る。

柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー

--そういう状態になることは今までなかったの?

柴田淳:ここまで頑張ったことがなかったから、以前はガス抜きできていたんじゃないですかね。ストレスはあっても体力的には休めていたりとか。でもこの1年半ぐらいは精神的にかなり追いつめられていたので。「病は気から」っていうけど、本当に“健康第一”って“心第一”なんだなと思いました。心で体は壊れていく。

--休養中、見る人が結構ギョッとするようなツイートもしていましたよね。

柴田淳:ツイートばっかり見てる(笑)。ツイッターはさ、流れていくものだから!

--いやいや、しばじゅんのは目立つから!「全部忘れました。全部捨てました。全部消しました。全部潰しました。全部埋めました。全部焼きました。全部飛びました。全部切りました。全部殺しました……」って。完全にホラーですよ!

柴田淳:そういうのを書くと、みんなリツイートしてくれるかなと思って!

--あれ、計算なの?

柴田淳:全然計算ですよ! リツイート数で満足感を得てる。みんながギョッとする、ハッとするものを書くと……みんな振り向いてくれるかな?って(笑)。

--どれだけ寂しがりやなんですか(笑)。

柴田淳:自分の曲もそうだけど、ギョッとする曲を書いて振り向かせたいというか、聴く人の心模様がどうなっても構わないから、インパクトを残したい。って思うところはちょっとあって。そういうのかな?

--だったらいいんですけど。あと、ソチ五輪の浅田真央に励まされている様子が印象的でした。

柴田淳:励まされましたね。凄いプレッシャーの中で潰れても、一日で復活してベストを尽くしたっていう、あのタフさ。引きずらない強さ。だから精神面は全然弱い人じゃないんですよ。本番に弱い人でもない。ただ、あんなタフな人でも、自分の心と体のバランスを取るのが難しいほどの舞台なんだなって。ショートプログラムの後は放心状態だったじゃないですか。人が茫然自失する顔ってこういう顔なんだっていうのも分かったし、それぐらい究極のところで生きてる姿を見たときに「あ、私はまだまだだな」と思って(笑)。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. そしたら「ずっとライブやっていたい」とか言い出して!
  3. Next >
インタビュー写真

柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー 柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー 柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー 柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー 柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー 柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー 柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー 柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー

そしたら「ずっとライブやっていたい」とか言い出して!

柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー

--自分も心身共に衰弱していたけれども。

柴田淳:うん。彼女だってスケート靴を24時間履いてる訳じゃなくて、きっとプライベートでもいろいろあったりするのに、フィギュアスケートの現状や実態の記事を読んでると、真央ちゃんがクリアーするごとにルール改正が必ずあるらしく……。でもそれをことごとく乗り越えてきちゃってる。「いやぁー、私の頑張りなんてまだまだだなぁ」って思いますよ。尊敬します。凄い人だなって思います。だから日本だけじゃなく海外のメディアも、得点とかじゃなく“真の実力”というところで彼女を評価してる。

--あれは痛快でしたよね。

柴田淳:どの国の実況も日本の実況と同じようにリスペクトしていて。「あ、みんなちゃんと分かってるんだ」って思って。得点に左右されてない。観ている人はちゃんと見てる。世界はちゃんと見てる。って思うと、それで十分。本当に「メダルなんてどうでもいい」って言えちゃうぐらいの事を成し遂げた人ですよね。

--全世界の人間にガツンと影響を与える、感涙させる、鼓舞させられる力って音楽にもあると思うんですが、あの日の浅田真央は、どんな世界的アーティストでも敵わないレベルでしたよね。

柴田淳:本当にそう思う。天才少女のリプニツカヤとかもリスペクトしているのは浅田真央だったりして、やっぱり分かってる人は分かってるんだなぁって。音楽もそうで、造られた人気とか、造られた数字とかあると思うけど、やっぱり本物って分かるんだなぁって。

--メダリストそっちのけで主役になってましたからね。

柴田淳:全部持ってちゃった。名誉ってそういうことだと思うんですよね。だからメダルが無くても今の彼女は充実してるはずだし。記憶に残る演技ができたかどうかで評価したら、ダントツだった。あれはもう競争を超えちゃってましたよね。金メダリストも銀メダリストもあんまり嬉しくなかったと思う(笑)。

--真央ちゃんの方がスポットライトを浴びてました。音楽でも見たいですよね、真央ちゃんみたいな痛快劇。

柴田淳:フェスとかはあるんじゃないですか。大トリは大御所なんだけど、その前に無名のバンドが凄いライブで全部持っていっちゃったり。そういうのはありそうですよね。役者さんでもそうだと思うんですけど、主役が目立つと思いきや、脇役が全部持っていっちゃうとかあるじゃないですか。

--しばじゅんが好きな堺雅人さんもそうですよね。大河ドラマ『新選組!』の頃はまだ脇役だったけど、彼の演じる山南敬助が切腹する回だけ、年末に再放送される事態になったり。

柴田淳:そうそう! まぁ堺雅人さんは今や主役ですけど、ずっとそういう脇役に徹しているタイプとか好きかも。

--自分はどうなんですか?

柴田淳:私? 考えたことないなぁ。私はね、ずーっと今のポジションだから、フィギュアスケートの選手に例えるとしたら、メダルや賞は獲れないんだけど「必ず出てくるよね、この人」って思われるタイプじゃない?(笑)。メダルとか獲って派手に盛り上がってる人がどんどん引退していって、どんどん入れ替わっていくんだけど「この人、ずっといるよね?」みたいな! 私のファンの人たちは、もうそういう風に捉えてると思う。ちょっと同情入ってるもん!

柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー

--同情って(笑)。

柴田淳:愛着湧いて、音楽越えて愛してくれちゃってたり。まぁでもハッとさせたいですよね、表現者は。ヒットが出たとしても、常に予想つかない人ではありたいなって思う。「柴田淳ってこうだよね」って、ある一定の法則を世の中に定着させるのも今まではひとつのポイントだったんですよ。「失恋と言えば、柴田淳」みたいな。でもその中でも「いつも同じ曲だよね」って思われたくなくて。「しばじゅん、これから何をしでかすんだろう?」っていう存在ではいたい。

--昨年秋【Blue Note & Billboard Live Tour2013】を開催し、最終公演のBillboard Live TOKYOで「本当に憧れていたステージ」と喜びを噛みしめていましたが、そもそも何故あのタイミングで実現しようと思ったんでしょうか?

柴田淳:その前の年にリリースした『COVER 70's』で認められたので。それまではキャンペーンしなければラジオで曲がかからない。お店回りしていても私がいる間しか流れなくて、私が帰った瞬間に別の人のCDに変わっちゃう。働きかけないと私の音楽が世の中に流れていかない状況が10年以上あった中で、カバーをリリースしたときは、プロモーションしてないのにラジオから流れてくる経験をして。で、私はシンガーソングライターになりたくてなった訳じゃなく、ボーカリストになりたかったんだけど、ボーカルだけじゃオーディションに受からなかったから、やむを得ず始めたんです。

--作詞作曲を?

柴田淳:うん。だからボーカルでは認められないっていう気持ちがあって。でもカバーは、私の曲じゃないから私はボーカルに徹するだけ。っていうものに対して評価を得たというのは、私をボーカリストとして認めてくれた証かなって思ったんです。で、さらにプロモーションしてないのにラジオでかかる、各所で取り上げられる。っていうのが、小さいながらもヒットなのかなって思ったら、ようやくデビューできたような気分になったんですよ。

--10年以上やってきてるけれども、そこで思えたんだ?

柴田淳:買う人がいつも一緒というのは、家族の中で、身内の中でやっているようで、世の中に提示している感がなかったんですよね。だからカバーを出して、私のファンじゃない人も買っていくっていうのが不思議で不思議で。そこで自信が一気についたんですよね。ありのままでも大丈夫っていう。

--なるほど。それでBlue NoteやBillboard Liveだったんですね。

柴田淳:そこでやる気が出ちゃったんですよ。で、ノってる状態のままオリジナルアルバム『あなたと見た夢 君のいない朝』を作って、私にとってはすごくディープなものが作れて、その後のツアーも憧れのミュージシャンたちと廻れて、なおかつ自信を持ったまま臨んだので、怯えて歌うステージじゃなくて、ようやくお客さんを見ながら歌えるステージができて。そしたら「ずっとライブやっていたい」とか言い出して!

柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー

--かつてはあんなにライブを嫌がっていた人が(笑)。

柴田淳:そうなんです! なので、自分で提案したことでもあったんですよ。ただ、ステージがステージだったし、「やっていい」って言われたからやっていい場所なのかなとも思って。自分が学生時代、物凄く緊張しながら行った箱だったので……ここで柴田淳のポップスを歌うの?って思ったりとか、自分で提案しながらもどうなのかなって思ってたら、もう走り出してて。すごくドタバタしながら始まったんですよ。で、これまで歌ったことがない形の場所なので、PAさんとの連携プレイも難しかったし、お客さんが入る前と後の変わりようが半端なかったですし、正直言って物凄く難しかったんですよね。

--柴田淳のメインスペースはホールサイズですからね。

柴田淳:ホールツアーはそれなりに場数を踏んでいるので、DVDにするときとかもそんなに納得いかないことはないんです。音の他に映像も一緒に観ますし。ですが今回はライブDVDではなくライブCDなんです。CDは聴覚のみで感じる世界になるので、ずっと恐ろしいなぁって思ったりしてたんですけど、「ライブCD、今まで出したことないんですよね」ってうっかり言ってしまったら、ビクターさんが飛びついてきて(笑)。

--そりゃそうですよ。

柴田淳:まぁでも「初めてのBillboard Liveは、こんなステージだったんだ」っていう記録物として手にとってほしいなって。何十年後か……ずっと歌い続けているとは思うので、私がそのステージにこなれてるぐらい、ジャズとか歌えるようになっていたとしたら、そのときに「一番最初はこんなだったんだ」って振り返ってほしい。作品として聴くというより、思い出のアルバムとして。あと、チケットが取れなかった人には「こんなに緊張してるんだ。こんなにいつもと違うんだぁ」って楽しんでもらいたい。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. チケット取れなかったことが「悔しい」って思ってもらえる人
  3. Next >
インタビュー写真

柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー 柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー 柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー 柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー 柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー 柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー 柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー 柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー

チケット取れなかったことが「悔しい」って思ってもらえる人

柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー

--あと、あのライブの見どころとしては、今作のジャケット写真にもなってるセクシードレスですよ。ここ数年、急に背中やデコルテをオープンするようになった印象なんですけど。

柴田淳:いや、たまたま(笑)。日頃、自分でドレスを集めていて、タンスの肥やしになっていたドレスがいっぱいあって! それで、第一部に着た「ピンク・レディー」って呼んでるドレスなんかは、大きなステージ用に買ったままお蔵入りしていたんですね。でも家族に「大きなステージは素材とか細かいところまでは分からないけど、小さいステージは本物を着ないと本当に恥ずかしいんだから」って言われたことを思い出して、「着るならここだ!」って。でも下着をつけるかつけないかとか、試行錯誤しながら着ましたね。あとは、やっぱり1年間の疲れが最終日ぐらいに出始めていたのか、ずっとツルツルだったお肌が最終日ぐらいに怪しくて、背中、ギリギリ大丈夫で終わったんですけど!

--ちょっと遅かったら……

柴田淳:見せられなかったかも(笑)。それぐらい体にガタが来始めていて。あとね、やっぱり歳を重ねると、痩せても「そこが痩せたいんじゃなくてさ!」っていう、痩せてほしいところが痩せなくて、痩せたくないところが痩せちゃうので、ああいうドレスを着るのは、いろいろ考えないといけないなって思ってきましたね。衣装って本当に難しい。

--あと、最近はカバーアルバムにライブアルバムと、新たな試みが多いですけど、毎年オリジナルアルバム1作を出すだけでも命懸けの人なのに、これは凄いことですよね。

柴田淳:超ヘヴィですよ! だってカバーアルバムを10月にリリースして、オリジナルアルバムを翌年3月に出すなんて有り得ないよ! とか思って(笑)。でもそれに異を唱える頭がなかったんです、そのときは。決めたことはやる、っていう変な意地があって。「プロだったら絶対〆切守る」みたいな。そうやって格好付けていたんだけど、体を壊さないと出来ないこととか、現実的に無茶なことだったら、ちゃんと「無理です」って言うこともプロだなって、この無謀な1年半で痛い目に遭って思った。スケジュール的にキツいことが良いことじゃない。って分かったから、ちゃんと仕事を選んでいきたいと思ってます。だからもうね、正直言って1年ぐらい休みたい。

--(笑)。とは言え、ルーチンでは飽きられてしまうし、動かないと忘れられてしまうし、売れないと振り向いてもらえないし、かと言って売れる為の音楽を作りたくてやってる訳じゃないし、だったらそもそもデビューしてないし……そういう葛藤のループをもう10年以上やってるんですよね、きっと。

柴田淳:そうなんです。でも私以上にスタッフの人が怯えているのかなって。何かしないと、例えばライブとかしないと、ファンが減っちゃうって。でも私のファンってライブやらないと消えていっちゃうような人たちじゃないから。あと、大量生産すればいいってもんでもないし、やっぱり納得いったものを長く広く伝えていきたい。まだ伝えきれないうちに新しいものを作るんじゃなく、タイトルばっかり増やすんじゃなく、ひとつひとつ時間かけて売ろうよっていう(笑)。本音を言えば、ひとつを何年もかけて届けたいなって。そんなに一瞬で価値が下がるものだとは思わないので。

--たしかに、柴田淳の作品って発売週だけ聴いてサヨナラじゃない。逆に言えば、一瞬だけスパークするタイプの曲は作れないじゃないですか。

柴田淳:作れない。本当に作れない!

--でも何年も聴けるアルバムを作れるんですよ。

柴田淳:スルメソング。でもそれはデビュー当時から言われてて。「リリース、早いよ」って。当時は1年間でシングル3枚、アルバム1枚だったんですよ。まだ聴き込んでないうちに新しいものが出てしまう。「新曲は嬉しいけど、もっとゆっくりでもいい」ってファンの人には言われてて。だからもうちょっとゆとりを持ってできたらいいなと思うんですけど、それはやっぱり竹内まりやさんとか、何年経っても必ず待っててくれるレベルにならないと、忘れ去られちゃうのはたしかにある。地位が築けてないので。ただ、質を落としてまでたくさんやりたくはないんですよ。ライブもいい加減なものを10個やるんだったら、良いものを1個やりたい。ライブをいつでもやってる、毎日やってる人にはなりたくないなって。チケット取れなかったことが「悔しい」って思ってもらえる人になりたい。

柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー

--今作『Billboard Live 2013』のリリース後は、どんなスケジュールになっているんですか?

柴田淳:秋ぐらいまでにオリジナルアルバムを出して……なんでこんなタイトなんだろう?と思うんだけど、でもそこが一年で一番頑張らなきゃいけないところなんだよね。あとのキャンペーン……こういうインタビューとかは、私の中ではお茶してる感じ! 友達とお茶してる感じ(笑)。

--きっとそうなんだろうなと思って、10年近くインタビューさせて頂いております(笑)。

柴田淳:制作が仕事だとすると、もうここは仕事じゃないんですよね。楽しいっていうか!

--でもすぐ修羅場ですよ。

柴田淳:そうなんですよね……まぁでも秋には出せるようにして、あとはファンクラブで弾き語りツアーとかやりたいなぁ。小さいところを廻りたい。Billboard Liveみたいな由緒正しき小さいところは、私の中ではそんな何度も軽々しくやっていい場所ではないので、普通のライブハウス。で、弾き語りはトラウマがあるし、下手くそなんだけど、ファンの人だったらそれでも喜んでくれるから(笑)。まず身内の中でトレーニングして、あとは私の伴奏でファンの人が歌うとか、ふれあいも込みで。

--通常のツアーは緊張感張りつめた中でやってますからね。それこそクラシックコンサートみたいに。

柴田淳:だからそういうマイペースに楽しめるステージもやれたらなって。あとは、ロックアルバムを作ってみたいとか、それこそロックフェスとか憧れるのでもっと出ていきたいし……何でもやりたい!

--何でもやりたい?

柴田淳:変わりたい!

--(笑)。10代の女子ですか。

柴田淳:よく言われる。ロックアルバム作りたいとか、次はギターを弾きたいとか言うと「ロックに目覚めた中学生みたい」って。

--今日の話を聞いてると、今後何が起きるか分かりませんね。

柴田淳:何が起きるか分からないから楽しみでもあり……本当にここからって感じ。何にも分からない。

--だから「次のアルバムはどうなりそうですか?」って聞いたところで……

柴田淳:分かんない(笑)! だからそれが出来上がったとき、どんな会話をするのかなぁ~って思って。それがまた楽しみ。

--では、またそのときにお会いできればと思います。

柴田淳:ぜひ! お会いできるように頑張ります。

Hair&Make-up:清水 恵美子(maroonbrand)
Styling:樋口 秋香(Swing inc.)
衣装協力:fur fur/Balcony and Bed

インタビュー写真

柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー 柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー 柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー 柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー 柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー 柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー 柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー 柴田淳『Billboard Live 2013』インタビュー

柴田淳「柴田淳 ビルボードライブ 2013」

柴田淳 ビルボードライブ 2013

2014/03/05 RELEASE
VICL-64140 ¥ 3,024(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.あなたの名前
  2. 02.真夜中のチョコレート
  3. 03.メロディ
  4. 04.ひとり歩き
  5. 05.ハーブティー
  6. 06.月光浴
  7. 07.道
  8. 08.月の窓
  9. 09.キャッチボール
  10. 10.今夜、君の声が聞きたい
  11. 11.おやすみなさい。またあとで…

関連キーワード

TAG

関連商品

ブライニクル
柴田淳「ブライニクル」

2018/10/31

[CD]

¥3,240(税込)

ブライニクル
柴田淳「ブライニクル」

2018/10/31

[CD]

¥4,320(税込)

私は幸せ
柴田淳「私は幸せ」

2017/09/20

[CD]

¥3,240(税込)

私は幸せ
柴田淳「私は幸せ」

2017/09/20

[CD]

¥4,320(税込)

バビルサの牙
柴田淳「バビルサの牙」

2014/12/17

[CD]

¥3,888(税込)

バビルサの牙
柴田淳「バビルサの牙」

2014/12/17

[CD]

¥3,240(税込)

親愛なる君へ
柴田淳「親愛なる君へ」

2008/06/18

[CD]

¥3,132(税込)

ふたり
柴田淳「ふたり」

2008/05/28

[CD]

¥1,188(税込)

カラフル
柴田淳「カラフル」

2007/09/12

[CD]

¥1,188(税込)

カラフル
柴田淳「カラフル」

2007/09/12

[CD]

¥1,728(税込)

しば裏
柴田淳「しば裏」

2007/03/14

[CD]

¥3,086(税込)

しば裏
柴田淳「しば裏」

2007/03/14

[CD]

¥3,086(税込)

月夜の雨
柴田淳「月夜の雨」

2007/02/21

[CD]

¥3,132(税込)

月夜の雨
柴田淳「月夜の雨」

2007/02/21

[CD]

¥3,780(税込)

HIROMI
柴田淳「HIROMI」

2007/01/11

[CD]

¥1,188(税込)

HIROMI
柴田淳「HIROMI」

2007/01/11

[CD]

¥1,728(税込)

紅蓮の月
柴田淳「紅蓮の月」

2006/07/26

[CD]

¥1,188(税込)

花吹雪
柴田淳「花吹雪」

2006/04/19

[CD]

¥1,188(税込)

花吹雪
柴田淳「花吹雪」

2006/04/19

[CD]

¥1,512(税込)

恋につまずいたら。
(オムニバス) 古内東子 柴田淳 加藤いづみ 今井美樹 岡本真夜 岡村孝子 川村結花「恋につまずいたら。」

2005/10/26

[CD]

¥2,376(税込)

ため息
柴田淳「ため息」

2003/02/26

[CD]

¥3,132(税込)

オールトの雲
柴田淳「オールトの雲」

2002/03/20

[CD]

¥3,132(税込)

オールトの雲
柴田淳「オールトの雲」

2002/03/20

[CD]

¥3,132(税込)

それでも来た道
柴田淳「それでも来た道」

2002/02/20

[CD]

¥1,188(税込)

ぼくの味方
柴田淳「ぼくの味方」

2001/10/31

[CD]

¥1,188(税込)

ブライニクル
柴田淳「ブライニクル」

2018/10/31

[CD]

¥3,240(税込)

ブライニクル
柴田淳「ブライニクル」

2018/10/31

[CD]

¥4,320(税込)

私は幸せ
柴田淳「私は幸せ」

2017/09/20

[CD]

¥3,240(税込)

バビルサの牙
柴田淳「バビルサの牙」

2014/12/17

[CD]

¥3,888(税込)

バビルサの牙
柴田淳「バビルサの牙」

2014/12/17

[CD]

¥3,240(税込)

あなたと見た夢 君のいない朝
柴田淳「あなたと見た夢 君のいない朝」

2013/03/27

[CD]

¥3,888(税込)

COVER 70’s
柴田淳「COVER 70’s」

2012/10/31

[CD]

¥2,880(税込)

COVER 70’s
柴田淳「COVER 70’s」

2012/10/31

[CD]

¥3,394(税込)

ゴーストライター
柴田淳「ゴーストライター」

2009/11/04

[CD]

¥3,132(税込)

Love Letter
柴田淳「Love Letter」

2009/10/07

[CD]

¥1,188(税込)

親愛なる君へ
柴田淳「親愛なる君へ」

2008/06/18

[CD]

¥3,132(税込)

ふたり
柴田淳「ふたり」

2008/05/28

[CD]

¥1,188(税込)

カラフル
柴田淳「カラフル」

2007/09/12

[CD]

¥1,188(税込)

カラフル
柴田淳「カラフル」

2007/09/12

[CD]

¥1,728(税込)

しば裏
柴田淳「しば裏」

2007/03/14

[CD]

¥3,086(税込)

しば裏
柴田淳「しば裏」

2007/03/14

[CD]

¥3,086(税込)

月夜の雨
柴田淳「月夜の雨」

2007/02/21

[CD]

¥3,132(税込)

月夜の雨
柴田淳「月夜の雨」

2007/02/21

[CD]

¥3,780(税込)

HIROMI
柴田淳「HIROMI」

2007/01/11

[CD]

¥1,188(税込)

HIROMI
柴田淳「HIROMI」

2007/01/11

[CD]

¥1,728(税込)

紅蓮の月
柴田淳「紅蓮の月」

2006/07/26

[CD]

¥1,188(税込)

花吹雪
柴田淳「花吹雪」

2006/04/19

[CD]

¥1,188(税込)

わたし
柴田淳「わたし」

2005/03/30

[CD]

¥3,132(税込)

わたし
柴田淳「わたし」

2005/03/30

[CD]

¥3,132(税込)

ひとり
柴田淳「ひとり」

2004/02/25

[CD]

¥3,132(税込)

ひとり
柴田淳「ひとり」

2004/02/25

[CD]

¥3,132(税込)

ため息
柴田淳「ため息」

2003/02/26

[CD]

¥3,132(税込)

オールトの雲
柴田淳「オールトの雲」

2002/03/20

[CD]

¥3,132(税込)

オールトの雲
柴田淳「オールトの雲」

2002/03/20

[CD]

¥3,132(税込)

それでも来た道
柴田淳「それでも来た道」

2002/02/20

[CD]

¥1,188(税込)

ぼくの味方
柴田淳「ぼくの味方」

2001/10/31

[CD]

¥1,188(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    ビルボードジャパン 2018年 年間ランキング発表~【HOT 100】は米津玄師「Lemon」、【Hot Albums】は安室奈美恵『Finally』が首位

  2. 2

    Billboard Japan Hot Animation Year End 2018

  3. 3

    BTS (防弾少年団)のシュガ、エド・シーランとのコラボを示唆

  4. 4

    米津玄師 Billboard JAPAN HOT100 of the Year 2018 受賞記念インタビュー ―「Lemon」によってまた一つ自由になれたような気がします

  5. 5

    【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「Lemon」が22度目の首位、映画ヒットのクイーンも動画&DLともに上昇

HOT IMAGES

注目の画像