Billboard JAPAN


Special Contents

Do As Infinity 『The Best of Do As Infinity』インタビュー

Do As Infinity 『The Best of Do As Infinity』 インタビュー

 亀田誠治との生共演もあった特殊な周年ライブ、15周年目でベストアルバム『The Best of Do As Infinity』をリリースした理由と意味などについて語ってもらいつつ、15周年目以降のDoAsへツーマンライブ企画の提案をさせてもらった。その名前の通り、無限大に広がるDoAsの未来に胸膨らむスペシャルインタビュー、ぜひご覧下さい。

自分たちの生き様を示唆することが出来る

Do As Infinity「ETERNAL FLAME」MV
▲Do As Infinity「ETERNAL FLAME」MV

--舞浜アンフィシアターにて開催された14周年ライブ。亀田誠治との生共演、再び。自分たちの中ではあのライブにどんな印象を?

大渡 亮:ウチらであの特殊な会場でのライブを構築する。そのことについて「大丈夫なのかな?」っていう気持ちはあったんですけど、意外なことにいざライブをやってみると、あの円形ステージを楽しみながら、お客さんと共に創り上げられたんじゃないかなと感じて。逆に自負心が残ったかな。正直、ヘッドセットでワイヤレスでイヤモニという環境で、トランスミッター3つぶら下げてライブやることなんてなかったんで、その違和感を楽しめた。お客さんが近い分だけ自分の細かい感情も体で表現することができたし。

伴 都美子:毎年9/29に周年ライブをやらせてもらってますけど、ファン感謝祭みたいな感覚があって。本当に「ありがとう」っていう気持ちをステージでお届けできたらなって思ってました。そこへ更にまた亀田さんも参加してくださるっていう。すごく贅沢なライブでしたね。

--シルク・ドゥ・ソレイユも使用するような空間でプログレナンバー「ETERNAL FLAME」が披露されたのは、個人的に衝撃でした。しかもメンバーに亀田誠治がいるという。

大渡 亮:「ETERNAL FLAME」は封印じゃないですけど、正直「この曲はもうやるときってないんじゃないか?」って思っていた曲なんですよ。壮大な曲だったり、大作をやるときは「科学の夜」や「空想旅団」をやるし。だけど、あの特殊な会場だったら「ETERNAL FLAME」はアリだなっていう。説得力が増すと思ったんです。結果、すごく楽しかった(笑)。演奏しながら「良い曲だな」って思ったし、新たな発見というか。

--あの曲のファンとしては嬉しい限りです。

大渡 亮:一度でっかい会場で「ETERNAL FLAME」をやったときに、意外とバタバタとミスしちゃったり、同期がズレちゃったりしたんですよ。でも今回は同期を背負わないで、人力でやってみたら「なんだ、これで良かったんじゃん」みたいな。リベンジマッチに勝てた感じですよね。

伴 都美子:あの曲をやると場面も変わるし、英語詞ですけどメッセージ的に熱いものが込められているので、「もうやらない」ってなるのは勿体ないなって思っていて。でも今回人力で再現できたので、今後もまた出来るんじゃない?って。封印する必要がなくなったというか。なので、やってよかったです。

--Do As Infinityが「ETERNAL FLAME」的なアプローチをやってきたって重要なんですよね。Do Asがただ分かりやすくポップミュージックを歌ってきた存在じゃないことを再認識できる。

大渡 亮:なるほどね。マニアックだもんね(笑)。

--また、英詞がステージ前に浮かび上がり、幻想的な光の中で歌われた「Yesterday & Today」は、あの日のハイライトと言っても過言ではないほど感動的でした。

Do As Infinity「Yesterday & Today」MV
▲Do As Infinity「Yesterday & Today」MV

大渡 亮:みんなそう言ってくれているんだけど、残念ながら僕らは観ることができなかったので(笑)。有り難いけど……ちょっと観たかったな。

--ああいう映画的なストーリーをライブで組みやすいのも、Do As Infinityの特徴ですよね。とにかく曲がドラマティックなので、演出も自ずと力が入るというか。どう思いますか?

大渡 亮:そうだと思います。DoAsは小曲というよりは雄大な曲が意外と多いですからね。ライブでは、真ん中にそういう曲を選んで配置してるんで、演出も「力入れるならここだろう!」っていう風になるんじゃないですかね。

伴 都美子:今回もあの真ん中の3曲(14.ETERNAL FLAME~15.NEED YOUR LOVE~16.Yesterday & Today)は見事な演出だったと思います。その中で歌うのはワクワクしますよ。

--14年も音楽活動を続けていると、いろいろマンネリも生じて当然だと思うんですけど、それでもまだ新しいアプローチを続けていくって簡単なことじゃないですよね?

大渡 亮:そこはウチの場合は出逢いがデカくてね。そういう楽曲に出逢える、もしくはそういう楽曲をタイミングよくオーダーできる。でもそれはマンネリにならないような意識をスタッフや僕らが持っているからなんでしょうね。マンネリというか……ウチららしい感じ、雰囲気は熟知しているつもりなんで、それが底辺にありながらの新しいアプローチが出来たらいいなって思ってます。

--そんな14周年ライブで発表された、元旦リリースの2枚組ベストアルバム『The Best of Do As Infinity』なんですが、そもそもこのタイミングでベストアルバムを出そうと思ったのは?

伴 都美子:オリジナルアルバムを通算10枚出したので、このタイミングがいいのかなって。内容も再結成前の曲も飲み込みつつ、親切なものになったんじゃないかって思います。

大渡 亮:2009年、再結成後初アルバム『ETERNAL FLAME』から『EIGHT』『TIME MACHINE』『Do As Infinity X』と、オリジナルアルバムを4枚出してる訳で。「このタイミングでベストか」と思いつつも、この辺で「再結成後はいいや」と思ってきた人たちの為にも、まとめてひとつの作品にしたら……食指が動くんじゃないかなと思ったんだよね。最近の自分たちの生き様を示唆することが出来るなとも思ったし。なので、ベストって言うと消極的なイメージがあるかもしれないけど、僕らはすごくポジティブに作業していった感じですね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「科学の夜」や「空想旅団」を知らないのは勿体ない
  3. Next >
「科学の夜」や「空想旅団」を知らないのは勿体ない

--新しいリスナーと会えるきっかけになればいいなと?

大渡 亮:「なんだ、再結成後、意外と格好良いことやってんじゃん?」っていう風に思ってほしいな。最近の僕らも聴いてくれている方々は、新曲を。あとリマスターした楽曲陣を楽しんで頂ければ幸いです。

--前回のベスト。2005年の『Do The A-side』はシングルをリリース順に聴かせる内用でしたが、今回は各楽曲の配置に相当拘ってますよね。

大渡 亮:新曲はそれぞれのディスクのトップに入れたかったんですよね。世代的にそういうベスト盤を聴いて育ってきたので、作戦としては少しいやらしい感じなんですけど(笑)。だけど、そうすることで、新曲がオマケじゃなく、ベストに恥じない選ばれた楽曲として携えることができるかなって。ケツに入れちゃうと、どうしてもオマケ感が出ちゃうので。

--ボーナストラック的な扱いに見えちゃいますからね。

大渡 亮:あとは、みんなで何を入れるべきか考えて。やっぱり再結成後の曲を中心にしたかったんで、15周年にかけて各ディスク15曲ずつにしようとか、そういう外枠が決まっていったところで、再結成後のシングルが何曲あるか数えて。じゃあ、再結成前の曲は10曲だな、みたいな。で、僕ら2人とディレクターの徳田さんでそれぞれリストアップして「シングル曲は……やっぱそうだよね。じゃあ、アルバム曲はどれにする?」みたいな感じで決めていきました。どうしても外せない曲はそれぞれ3曲ぐらいずつあって、それが反映されているので、民主的かつ相対的に決めていった感じ。で、散らばっている曲たちを一応僕がまとめさせて頂いたんだけど、新旧のコラボレーションがなかなか良い雰囲気を出す瞬間もあって。

--旧譜っていわゆるヒット曲を入れられるだけ入れようという発想になりがちじゃないですか。でもこのベストには「科学の夜」や「空想旅団」といったアルバム曲があって。ファン以外のライトリスナーにはこれらも新曲と等しい訳じゃないですか。「え、こんな凄い曲やってたの?」っていう。

大渡 亮:「科学の夜」や「空想旅団」を知らないのは勿体ないって、自分らも胸張って言えるので。知らないと思うけど、重要な曲があるっていうのは今回表現したかったんでしょうね。やっぱりこの2曲は軽く通過できないというか、すごく大事にしている曲でもあるので、ベスト出すんだったら入るべきだろうなって。それは2人もディレクターも一緒の見解。あと、特筆すべきはリマスターですよ。

--あの時代の曲が明らかに違う音になっていると。

Do As Infinity「陽のあたる坂道」MV
▲Do As Infinity「陽のあたる坂道」MV

大渡 亮:初期の作品がちゃんとリマスターされて「陽のあたる坂道」とかすごくよくなってる。これは嬉しいですよ。例えば、あるアーティストの日本盤を買って聴いた時に、なんかもっさりしてて聴きづらい音というか、中低域が溜まる音というか、起伏が浅い音だなと思った事があって。でもアルバム自体は良かったので、しばらくして洋盤を買ってみたら、そっちはめちゃくちゃ起伏があって、縦が感じられるんですよ。って、俺みたいな面倒くさい奴はそうやって感じるから、旧譜をもう一回出す機会があるんだったら、絶対そういう形でリリースしたいと思ってて。

--また、15周年記念としてのリリースということですが、15周年を迎えること自体にはどんな感慨を持たれていますか?

伴 都美子:15年…………やってますねぇ。

一同:(笑)

大渡 亮:奇跡だね。

伴 都美子:そうだね。

大渡 亮:解散して、復活して、まだ動いてるんだから。

伴 都美子:有り得ないことが続いたグループだなって。自分たちだけじゃ有り得なかったね。

--Do As Infinityの歴史って他に類を見ないですよね。解散から3年で再結成して、再結成後もコンスタントにオリジナルアルバムを出し続けて。再結成したバンドって最初は派手に動きますけど、あとはソロに戻ったり、たまにフェス出たりツアーやったりぐらいで、DoAsみたいに動き続けないですからね。

大渡 亮:それが出来てるってことは有り難いことです。

伴 都美子:皆さんのおかげです。

--まぁでも決してラクな15年ではなかったですよね。

大渡 亮:ラクっちゃラクですよ。

伴 都美子:アハハハ!

--ちゃんと楽しんでこれた?

大渡 亮:そういうことですよ。大変かもしれないけど、意外とスムーズに事は動いているから。ちゃんと自分たちの身の丈をわきまえてやれてるんじゃないかな。そんなに規模をデカくして、大盤振る舞いで何かやりたいタイプでもないので。

伴 都美子:大変なことも多かれ少なかれあるけど、ちゃんとそれを向き合ってやってきてるという充実感がある。

--それが15周年を迎えられる要因?

大渡 亮:あとは、適度な他力本願。

一同:(笑)

大渡 亮:それはウチらの真骨頂です。

--具体的に言うと?

大渡 亮:具体的も何も存在自体が他力本願。ビバ、他力本願。でもね、それってなかなか出来ないんですよ。それを出来るのがこのグループの特徴だと思う。才能ある人たちがたくさん集まってきてくれるし、この上ない。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 71歳になっても歌い続けている伴ちゃんの隣で
  3. Next >
71歳になっても歌い続けている伴ちゃんの隣で

--あと、2度目の解散はもうないだろうというところで……

伴 都美子:2度目の解散はないですね。

大渡 亮:まぁお休みはあると思いますよ。伴ちゃんのお子さんも生まれてくる訳なんで。でも解散はないですね。

--ということは、DoAsって人生から切り離せないものになった訳じゃないですか。

大渡 亮:そりゃそうっスよ。だって、15年やってる訳ですからね。そこまで続いて、それをちょっとの理由で手放すって気持ちにはもうなれない。

伴 都美子:大丈夫です。「解散はないので、安心してください」と書いておいてください(笑)。

--一生続いていくグループ。

ポール・マッカートニー - NEW(歌詞・日本語訳付)
▲ポール・マッカートニー - NEW(歌詞・日本語訳付)MV

大渡 亮:それが出来たら良いッスよね! さっきも話していたんだけど、ストーンズも来日するし、ポール・マッカートニーも2時間45分やる訳ですよ。71歳で37曲ですよ。そういう姿を見てると刺激受けますよね。先輩がそこまでやってるのに、40超えたぐらいの俺が弱音を吐く訳にはいかん、みたいな。そういう勇気や元気をイギリス人からもらいましたね。ポール、めちゃくちゃ良かった!

--71歳になっても歌い続けている伴ちゃんの隣でギターを弾きたい?

大渡 亮:良いじゃないですか。

伴 都美子:いくつ? そのとき。

大渡 亮:77か8です。

--今のチャーリー・ワッツ(ローリング・ストーンズのドラマー(72歳))より年上ですよ。そんな前代未聞のグループになる為にも、DoAsがこれからどんなアプローチをしたら面白いか。勝手に考えてみたんですけど、この場で提案させて頂いてもよろしいですか?

大渡 亮:どうぞ!

--ライブイベントやフェスって自分のお目当てしか観ない人も多いじゃないですか。だったら、ガチンコのツーマンライブを定期的に開催してほしいなと。例えば、○○○○×Do As Infinityみたいな感じで。何なら“vs”というワードを使ってもいいかもしれない。どうです?

大渡 亮:海外ではダブルヘッドライナーってよくやってるし、最近そのパッケージで日本にも来るしね。ちょっと前だけど、ホワイトスネイクとデフ・レパードとか。キッスとエアロスミスがやったり。

--あと、募集してもいいですよね。Do As Infinityとツーマンしたいバンド集まれ!的な。メジャー、インディーズ、アマチュア問わず。面白いと思ったらどんどん対バンしていく。会場は決して大きくなくてもいいと思うんですよね。2人の中でツーマンライブしてみたいアーティストやバンドっていますか?

マキシマム ザ ホルモン「予襲復讐」PV
▲マキシマム ザ ホルモン「予襲復讐」MV

伴 都美子:…………マキシマム ザ ホルモンとかは、全然違う感じだから難しいよね?

--いや、絶対面白いですよ(笑)。先方も「え、Do As Infinity!? やってみたい!」ってなる可能性はあるかと。

大渡 亮:八代亜紀とマーティ・フリードマン(ex.メガデス)が一緒にやったりする時代だからな。あれも面白かったし。積極的に検討してみます。

伴 都美子:刺激受けそう!

大渡 亮:俺たちにとって良さそうだよね! 他の人たちのやり方に触れる良い機会になると思うし。

Music Video

Do As Infinity「The Best of Do As Infinity」

The Best of Do As Infinity

2014/01/01 RELEASE
AVCD-38821/2 ¥ 3,240(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.believe in you
  2. 02.アリアドネの糸
  3. 03.Special
  4. 04.陽のあたる坂道
  5. 05.誓い
  6. 06.柊
  7. 07.TIME MACHINE
  8. 08.本日ハ晴天ナリ
  9. 09.JIDAISHIN
  10. 10.Desire
  11. 11.ナイター
  12. 12.遠くまで
  13. 13.生まれゆくものたちへ
  14. 14.黄昏
  15. 15.空想旅団
Disc02
  1. 01.風花便り
  2. 02.ヨアケハチカイ
  3. 03.Timeless
  4. 04.Hand in Hand
  5. 05.深い森
  6. 06.1/100
  7. 07.冒険者たち
  8. 08.Week!
  9. 09.ワンダフルライフ
  10. 10.最後のGAME
  11. 11.恋歌
  12. 12.HARUKA
  13. 13.君がいない未来
  14. 14.科学の夜
  15. 15.Yesterday & Today

関連キーワード

TAG

黄昏
Do As Infinity「黄昏」
2011/11/16
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ
アリアドネの糸
Do As Infinity「アリアドネの糸」
2011/09/07
[CD]
¥1,337(税込)
購入画面へ
アリアドネの糸
Do As Infinity「アリアドネの糸」
2011/09/07
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
誓い
Do As Infinity「誓い」
2011/07/27
[CD]
¥1,337(税込)
購入画面へ
誓い
Do As Infinity「誓い」
2011/07/27
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ
誓い
Do As Infinity「誓い」
2011/07/27
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ
EIGHT
Do As Infinity「EIGHT」
2011/01/19
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
EIGHT
Do As Infinity「EIGHT」
2011/01/19
[CD]
¥4,104(税込)
購入画面へ
∞2
Do As Infinity「∞2」
2010/06/16
[CD]
¥1,337(税込)
購入画面へ
NEED YOUR LOVE
Do As Infinity「NEED YOUR LOVE」
2008/11/10
[CD]
¥2,057(税込)
購入画面へ
GATES OF HEAVEN
Do As Infinity「GATES OF HEAVEN」
2008/11/10
[CD]
¥2,057(税込)
購入画面へ
TRUE SONG
Do As Infinity「TRUE SONG」
2008/11/10
[CD]
¥2,057(税込)
購入画面へ
DEEP FOREST
Do As Infinity「DEEP FOREST」
2008/11/10
[CD]
¥2,057(税込)
購入画面へ
NEW WORLD
Do As Infinity「NEW WORLD」
2008/11/10
[CD]
¥2,057(税込)
購入画面へ
BREAK OF DAWN
Do As Infinity「BREAK OF DAWN」
2008/11/10
[CD]
¥2,057(税込)
購入画面へ
夢路
伴都美子「夢路」
2006/11/29
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
閃光
伴都美子「閃光」
2006/09/27
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
-Premier-
Do As Infinity「-Premier-」
2006/09/20
[DVD]
¥3,065(税込)
購入画面へ
For the future
Do As Infinity「For the future」
2005/01/19
[CD]
¥514(税込)
購入画面へ
For the future
Do As Infinity「For the future」
2005/01/19
[CD]
¥1,337(税込)
購入画面へ
楽園
Do As Infinity「楽園」
2004/12/15
[CD]
¥514(税込)
購入画面へ
楽園
Do As Infinity「楽園」
2004/12/15
[CD]
¥1,337(税込)
購入画面へ
ドラマニア 2 Second Season
(オムニバス) 中島美嘉 Do As Infinity UA スガシカオ 光永亮太 花*花 松たか子「ドラマニア 2 Second Season」
2004/12/15
[CD]
¥3,465(税込)
購入画面へ
Do The B-side
Do As Infinity「Do The B-side」
2004/09/23
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
キーボードの片山敦夫と、ギターの斎藤誠が『がらくた』の中から好きな曲をピックアップし制作秘話などを語る―。
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
曲作りやプロデュースのときでも、脳裏に浮かぶ映像がヒントになる
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
ワン・トゥー・テン・ホールディングス
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
「今この瞬間をどう生きるか」
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
「今までとは違った表現や歌詞の内容も違うメッセージの楽曲を作っていきたい」
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
シーンへの本格的な復帰を果たした21世紀最高のロック・バンドの魅力に迫る
フェニックス 来日インタビュー
フェニックス 来日インタビュー
トマ&クリスチャンが語るライブ体験と尽きないチャレンジ精神。
新世代ジャズとテラス・マーティン ~来日直前インタビュー&プレイリスト
新世代ジャズとテラス・マーティン ~来日直前インタビュー&プレイリスト
なぜいまテラス・マーティンに注目すべきなのか

Chartsmore