Billboard JAPAN


Special Contents

上半期ビルボードジャパンチャート

2013上半期チャート

 今年も上半期のビルボードジャパンチャートを公開。開催が発表された【Billboard JAPAN Music Awards 2013】でのチャート部門の行方を占うだけでなく、国民的関心事となったAKB48の総選挙投票券入りの「さよならクロール」や大御所のベスト盤を抑えてアルバムチャートで上半期首位を獲得したMr.Childrenの『[(an imitation)blood orange]』など、この上半期どんな作品が世間を賑わせたのか注目してほしい。集計期間:2012年11月19日~2013年5月26日

【Billboard JAPAN Music Awards 2013】

上半期アーティストポイントランキング

hot100

激動するシーンを乗り越え、昨年同様AKB48が1位、嵐が2位獲得!

 昨年に引き続きAKB48が「さよならクロール」(64116.58ポイント)で1位ターン。3位「So long!」(53693.34ポイント)、4位「永遠プレッシャー」(48577.77ポイント)と今年も好調な結果となった。昨年は1位「真夏のSounds good!」(102822.85ポイント)、2位「GIVE ME FIVE!」(97501.64ポイント)、7位「上からマリコ」(49770.58ポイント)と、同じく3曲をトップ10に送り込み、順位を上げてきていることからも、今年も盤石の強さを見せている。ただし、総合ポイントが昨年よりも下回っているのは、エアプレイ・ポイントが昨年よりも少ないためで、セールス・ポイントで他作品を圧倒している図式は変わらないものの、下半期のエアプレイの動き次第で順位の入れ替わりも有り得るという、予断を許さない展開だ。

 同じく2位となった嵐は、2位「Calling」(54898.97ポイント)、13位「Breathless」(31760.34ポイント)の2曲をHot100に送り込んだ。昨年は、3位「ワイルドアットハート」(70064.42ポイント)、4位「Face Down」(59727.79ポイント)となり、こちらもAKB48同様、エアプレイ・ポイントが落ち込んできており、チャートの顔ぶれからも明らかな通り、シーンが大きく変わりつつあることがうかがえる。

 昨年「つけまつける」で上半期チャート21位に留まった、きゃりーぱみゅぱみゅが、今年度では「にんじゃりばんばん」で5位を獲得し、デジタルが強く、パッケージ・セールスよりもエアプレイが支える図式は変わらないものの、デジタルとパッケージでの獲得ポイント数が倍増して大きく順位を伸ばしている。また、同じく昨年「僕と花」で55位だったサカナクションが「ミュージック」で6位となり、昨年28位「君に逢いたかった」から7位「恋する季節」でジャンプ・アップしたナオト・インティライミや、100位「猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」」から「サラバ、愛しき悲しみたちよ」で11位につけたももいろクローバーZ、なんと昨年100位圏外だったゴールデンボンバーが「女々しくて」で15位、などなど、次のシーンを担うアーティストが軒並み順位を上げてきているのが顕著となる上半期Hot100となった。

1位 さよならクロール

さよならクロール

AKB48
¥1,600(税込)
KIZM-213/4
2013/05/22 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 Calling

Calling


¥1,200(税込)
JACA-5354
2013/03/06 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 So long!

So long!

AKB48
¥1,600(税込)
KIZM-195/6
2013/02/20 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

4位:永遠プレッシャー AKB48
5位:にんじゃりばんばん きゃりーぱみゅぱみゅ
6位:ミュージック サカナクション
7位:恋する季節 ナオト・インティライミ
8位:コール・ミー・メイビー カーリー・レイ・ジェプセン
9位:私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない テイラー・スウィフト
10位:誕生日には真白な百合を 福山雅治
11位:サラバ、愛しき悲しみたちよ ももいろクローバーZ
12位:スーツ・アンド・タイ feat.JAY-Z ジャスティン・ティンバーレイク
13位:Breathless 嵐
14位:チョコの奴隷 SKE48
15位:女々しくて ゴールデンボンバー
16位:ロックド・アウト・オブ・ヘヴン ブルーノ・マーズ
17位:リヴ・ホワイル・ウィアー・ヤング ワン・ダイレクション
18位:MONSTERS The MONSTERS
19位:Mistake! SMAP
20位:スペクトラム feat.マシュー・コーマ ゼッド


アルバム

ミスチル、ユーミンを抑え、またも1位獲得!

 アルバムチャートではベスト・アルバムが軒並み上位を占めるのが通例だったが、今年はベスト・アルバムのリリース・ラッシュが一旦の落ち着きを見せ、オリジナル・アルバムが上位に入る、新たなシーンの幕開きを予感させる順位となっている。それでも、昨年のベスト2作によるワンツー・フィニッシュに引き続き、Mr.Childrenが『[(an imitation)blood orange]』で1位折り返しとなり、アルバム・アーティストの面目躍如たる結果だ。
 
 それでも、11月にリリースされて以降、ロング・セールスを続ける松任谷由実や、解散ライヴが注目されたFUNKY MONKEY BABYS、いきものがかりやYUIなど、ベスト・アルバムは安定したセールスをマークしている。

 その一方で、5位のももいろクローバーZ『5TH DIMENSION』、7位にONE OK ROCK『人生×僕=』、14位サカナクション『sakanaction』など、オリジナル・アルバムで勝負したアーティストが上位に食い込み、昨年とは様相が違った、次代を予感させるラインナップとなった。

1位 [(an imitation)blood orange]

[(an imitation)blood orange]

Mr.Children
¥3,059(税込)
TFCC86420
2012/11/28 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 松任谷由実 40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。

日本の恋と、ユーミンと。

松任谷由実
¥3,600(税込)
TOCT-29103/5
2012/11/20 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 EXILE BEST HITS-LOVE SIDE/SOUL SIDE-

EXILE BEST HITS-LOVE SIDE/SOUL SIDE-

EXILE
¥6,980(税込)
RZCD-59275/6
2012/12/05 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

4位:ファンキーモンキーベイビーズ LAST BEST FUNKY MONKEY BABYS
5位:5TH DIMENSION ももいろクローバーZ
6位:Goodいくぜ! Kis-My-Ft2
7位:人生×僕= ONE OK ROCK
8位:TIME 東方神起
9位:GIRLS' GENERATION II~Girls & Peace~ 少女時代
10位:てっぺんとったんで! NMB48
11位:バラー丼 いきものがかり
12位:GREEN GARDEN POP YUI
13位:ORANGE GARDEN POP YUI
14位:sakanaction サカナクション
15位:テイク・ミー・ホーム ワン・ダイレクション
16位:LAND ゆず
17位:THE ONE UVERworld
18位:Super Best Records-15th Celebration- MISIA
19位:ザ・パスト・マスターズ vol.1 ゴールデンボンバー
20位:MIRACLE 三代目 J Soul Brothers


シングル

AKB勢とジャニーズ勢の一騎打ちとなったシングル・セールスをAKB48が制す

  アイドルが軒並み上位を占めるシングル・セールス・チャート。昨年の上半期ではAKB、SKE、NMBなどAKB勢が多くを占めていたが、嵐とキスマイを筆頭に男性アイドルが躍進、特にキスマイは昨年の「SHE!HER!HER!」11位から、7位「My Resistance-タシカナモノ-/運命Girl」に躍進、ポスト嵐の座を確かなものとしつつある。そして、ももいろクローバーZ「サラバ、愛しき悲しみたちよ」が17位でターンし、アイドル・マーケットの一角を確保したと言える勢いを誇っている。

 また、ここでもゴールデンボンバーが昨年61位「酔わせてモヒート」から12位「Dance My Generation」へ順位を上げ、非アイドル勢の先頭を切る好調な結果を上げている。

1位 さよならクロール

さよならクロール

AKB48
¥1,600(税込)
KIZM-213/4
2013/05/22 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 Calling×Breathless

Calling×Breathless


¥1,470(税込)
JACA-5350/1
2013/03/06 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 So Long!

So Long!

AKB48
¥1,600(税込)
KIZM-90195/6
2013/02/20 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

4位:永遠プレッシャー AKB48
5位:Breathless×Calling 嵐
6位:チョコの奴隷 SKE48
7位:My Resistance-タシカナモノ-/運命Girl Kis-My-Ft2
8位:へそ曲がり/ここにしかない景色 関ジャニ∞[エイト]
9位:キ・ス・ウ・マ・イ~KISS YOUR MIND~/S.O.S(Smile On Smile) Kis-My-Ft2
10位:ミステリー ヴァージン 山田涼介
11位:EXPOSE KAT-TUN
12位:Dance My Generation ゴールデンボンバー
13位:MONSTERS The MONSTERS
14位:誕生日には真白な百合を/Get the groove 福山雅治
15位:FACE to Face KAT-TUN
16位:Preserved Roses T.M.Revolution×水樹奈々
17位:サラバ、愛しき悲しみたちよ ももいろクローバーZ
18位:スキ!スキ!スキップ! HKT48
19位:ここにしかない景色/へそ曲がり 関ジャニ∞[エイト]
20位:Mistake!/Battery SMAP


エアプレイ

サカナクション躍進、男性ボーカル強し!

 きゃりーぱみゅぱみゅの9位まで、なんと8位まで男性ボーカルが占める波乱の展開を見せた上半期エアプレイ・チャート。1位マドンナ、2位ピクシー・ロット、3位家入レオだった昨年とは全くシーンが様変わりしたことを示す結果となった。特に、昨年上半期では46位に留まったサカナクションが3位に食い込み、日本勢としてはトップに輝き、シーンを反映するのがセールスよりも早いラジオでは、すでに10年代を牽引するバンドとして評価が定まった感のある位置に付けている。

 また、世界的なEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)シーンの若きプリンスであるゼッドが2位ターン、日本でも定着するかどうか注目される。

1位 スーツ・アンド・タイ feat.JAY-Z

スーツ・アンド・タイ feat.JAY-Z

ジャスティン・ティンバーレイク
¥2,310(税込)
SICP-3790
2013/03/20 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 スペクトラム feat.マシュー・コーマ

スペクトラム feat.マシュー・コーマ

ゼッド
¥2,300(税込)
UICS-1261
2013/02/27 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 ミュージック

ミュージック

サカナクション
¥500(税込)
VICL-36754
2013/01/23 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

4位:ビコーズ・ウィ・キャン ボン・ジョヴィ
5位:グラッド・ユー・ケイム ザ・ウォンテッド
6位:恋する季節 ナオト・インティライミ
7位:ロックド・アウト・オブ・ヘヴン ブルーノ・マーズ
8位:誕生日には真白な百合を 福山雅治
9位:にんじゃりばんばん きゃりーぱみゅぱみゅ
10位:イッツ・ア・ビューティフル・デイ マイケル・ブーブレ
11位:ダイ・ヤング ケシャ
12位:Mistake! SMAP
13位:ハウ・ウィ・ドゥ(パーティー) リタ・オラ
14位:Shooting Star CREAM
15位:マジックカラー AMIAYA
16位:ゲット・ラッキー feat.ファレル・ウィリアムス ダフト・パンク
17位:Message 家入レオ
18位:Dear Heaven 塩ノ谷早耶香
19位:REASON ゆず
20位:Yin Yang 桑田佳祐


アニメ

予想を越えたゆずとSEKAI NO OWARI

 昨年11月に『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の主題歌として映画公開と同時に配信リリースされた宇多田ヒカルの「桜流し」が上半期首位で折り返すと予想されていたHot Animationチャートだが、結果はゆずが起用された『HUNTER×HUNTER』のエンディングテーマ「REASON」が首位に。こちらは制作に前山田健一も参加したことでも話題となり、テレビ版だけでなく、劇場版でも主題歌として使用され、エアプレイ、セールス、デジタルと着実にポイントを積み上げた。

 そして、2位には『映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』の主題歌としてバンド初のアニメタイアップ曲となったSEKAI NO OWARIの「RPG」がチャートイン。現在のバンドの勢いを表すようにチャートイン5週と少ない回数でも各ポイントを大きく稼いだ。「桜流し」は3位となったが、シングルのパッケージリリースがなく、デジタルとエアプレイポイントのみとなったことが要因だろう。

 アニソン界で最強コラボと絶賛され、莫大な製作費のミュージックビデオも注目されたT.M.Revolution ×水樹奈々の「Preserved Roses」もチャートイン回数3週ながら4位と好記録をマーク。主題歌となった『革命機ヴァルヴレイヴ』も様々なメディアで取り上げられ人気を獲得している。残す上半期に開始されるアニメ番組や、リリースされるタイトルがどんなチャートアクションも見せるのか期待したい。

1位 REASON

REASON

ゆず
¥900(税込)
SNCC-89926
2013/01/09 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 RPG

RPG

SEKAI NO OWARI
¥1,260(税込)
TFCC-89428
2013/05/01 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 桜流し

桜流し

宇多田ヒカル
¥500(税込)
VICL-36754
2013/01/23 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

4位:Preserved Roses T.M.Revolution ×水樹奈々
5位:未来のミュージアム Perfume
6位:キミに100パーセント きゃりーぱみゅぱみゅ
7位:赤い靴 Salley
8位:ワンモアタイム 斉藤和義
9位:BLOODY STREAM Coda
10位:バッド・レピュテーション アヴリル・ラヴィーン
11位:サクラミツツキ SPYAIR
12位:V.I.P シド
13位:sister's noise fripSide
14位:reunion ClariS
15位:マジLOVE2000% ST☆RISH
16位:グッバイ・アイザック 秦基博
17位:この涙を君に捧ぐ NO NAME
18位:ジョジョ~その血の運命(さだめ)~ 富永TOMMY弘明
19位:INNOCENCE 藍井エイル
20位:名前のない怪物 EGOIST


アニメ

カーリーとテイラーのロングヒット曲対決

 国内洋楽チャートはカーリー・レイ・ジェプセンの「コール・ミー・メイビー」が上半期首位を獲得。全米で昨年6月に9週連続Hot 100首位をキープした大ヒット曲として9月に国内盤がリリースされ、下半期にエアプレイ、デジタルと大きくポイントを稼ぎ昨年の年間チャートでは2位を記録。2013年度に突入してもCM楽曲として起用されたことや、4月に実施されたiTunesでの期間限定150円ダウンロードで勢いを加速させ好結果を残した。

 僅差で2位となったテイラー・スウィフトの「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない」も昨年下半期からロングテールヒットを続けている。こちらもiTunes期間限定セール対象楽曲で、フジテレビ系で放送中の人気番組『テラスハウス』のテーマ曲として起用されたことで注目度が高まった。

 今回の上半期チャートでは、4位のブルーノ・マーズ「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」、5位のワン・ダイレクション「リヴ・ホワイル・ウィアー・ヤング」など、昨年リリースされた作品が毎週チャートインを重ねて上位をマークしている。エアプレイでのポイントは大きいが、デジタルポイントの比率が昨年に比べ飛躍的に上がっており、ダウンロード購入するユーザーの増加やiTunesが実施した期間限定セールの影響力を感じる結果となった。

1位 コール・ミー・メイビー

コール・ミー・メイビー

カーリー・レイ・ジェプセン
¥1,980(税込)
UICS-9133
2012/09/19 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない

私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない

テイラー・スウィフト
¥2,300(税込)
POCS-24004
2012/10/24 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 スーツ・アンド・タイ feat.JAY-Z

スーツ・アンド・タイ feat.JAY-Z

ジャスティン・ティンバーレイク
¥2,310(税込)
SICP-3790
2013/03/20 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

4位:ロックド・アウト・オブ・ヘヴン ブルーノ・マーズ
5位:リヴ・ホワイル・ウィアー・ヤング ワン・ダイレクション
6位:スペクトラム feat.マシュー・コーマ ゼッド
7位:ビコーズ・ウィ・キャン ボン・ジョヴィ
8位:グラッド・ユー・ケイム ザ・ウォンテッド
9位:ダイ・ヤング ケシャ
10位:イッツ・ア・ビューティフル・デイ マイケル・ブーブレ
11位:ハウ・ウィ・ドゥ(パーティー) リタ・オラ
12位:ゲット・ラッキー feat.ファレル・ウィリアムス ダフト・パンク
13位:キス・ユー ワン・ダイレクション
14位:ガール・オン・ファイア アリシア・キーズ
15位:ドゥ・イット・ライク・ザット~恋の合言葉~ リッキー・リー
16位:スクリーム・アンド・シャウト feat.ブリトニー・スピアーズ ウィル・アイ・アム
17位:ニュークリア デスティニーズ・チャイルド
18位:ネヴァー・グローイング・アップ アヴリル・ラヴィーン
19位:伝説のヤングマン~ウィー・アー・ヤング~ feat.ジャネール・モネイ ファン.
20位:ワン・ウェイ・オア・アナザー(ティーンエイジ・キックス) ワン・ダイレクション

インディーズ

ゴールデンボンバー圧倒、ベスト・アルバム隆盛のトレンドがインディーズにも

 昨年上半期で4タイトルをインディーズ100位までに送り込む活躍を見せ、下半期以降の活躍を十分に予感させたゴールデンボンバーが、今年上半期ではなんと7タイトルをランクインさせ、他作品を圧倒して、ワンツー・フィニッシュで上半期をターンした。それを矢沢永吉とMONGOL800のベスト・アルバムが追う展開で、特に5月に発売された矢沢永吉はまだまだセールスを伸ばす勢いで、ゴールデンボンバーを追い落とすことになるか、下半期が終わるまで予想のつかない展開だ。

 また、10位以下であるものの、『うたの☆プリンスさまっ』関連作品10タイトルが100位圏内にランクインし、昨年の2タイトルから大きな躍進を見せた。アニメ系のタイトルがマーケットを拡大しつつある現状を反映したこの結果が、エアプレイ・ポイントも含む総合チャートのHot100まで波及するか、今後を占う下半期のチャート・アクションに注目だ。

1位 Dance My Generation

Dance My Generation

ゴールデンボンバー
¥1,000(税込)
EAZZ-101
2013/01/01 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 ザ・パスト・マスターズ vol.1

ザ・パスト・マスターズ vol.1

ゴールデンボンバー
¥2,310(税込)
EAZZ-105
2013/04/24 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 矢沢永吉「ALL TIME BEST ALBUM」

矢沢永吉「ALL TIME BEST ALBUM」

矢沢永吉
¥4,200(税込)
GRRC-39/42
2013/05/15 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

4位:800BEST-simple is the BEST!!- MONGOL800
5位:女々しくて ゴールデンボンバー
6位:The Independent King AK-69
7位:Best Wishes Ken Yokoyama
8位:ザ・ゴールデンベスト~Pressure ゴールデンボンバー
9位:GOOD MORNING OKINAWA MONGOL800
10位:Dawn Over the Clover Field 槇原敬之
11位:うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE2000%アイドルソング 一十木音也(寺島拓篤)
11位:うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE2000%アイドルソング 来栖翔(下野紘)
13位:うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE2000%アイドルソング 聖川真斗(鈴村健一)
14位:うたの☆プリンスさまっ♪シャッフルユニットCD 那月(谷山紀章)&トキヤ(宮野真守)
15位:輪郭 DIR EN GREY
16位:うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE2000%アイドルソング 神宮寺レン(諏訪部順一)
17位:THE UNRAVELING DIR EN GREY
18位:アイリス 96猫
19位:CHIKU-TAKU/ゴーイング マイ ウェイ! LinQ
20位:Happy Go Lucky!ドキドキ!プリキュア/この空の向こう 黒沢ともよ,吉田仁美


クラシック

『交響曲≪HIROSHIMA≫』が首位独走中

 現在、全国ツアーが軒並みソールドアウトという飛ぶ鳥を落とす勢いの、孤高の作曲家・佐村河内守による『交響曲第一番《HIROSHIMA》』が、2位以下に圧倒的な差を付け、上半期クラシックチャートを制した。本作は、2012年11月~12月にNHK総合『情報LIVEただイマ!』等で特集されたのをきっかけに、再ブレイク。2012年12月3日付チャートで1位獲得以降、約半年間5位以内をキープし続けている。

 また、2位の『辻井伸行 plays 花は咲く』も、初登場2012年10月29日付チャートで一位獲得以降20位以内にチャートインしており健闘中。また、村上春樹の新作「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」で話題となったラザール・ベルマン『リスト:巡礼の年全曲』が11位にチャートインし、同じく村上春樹と小澤征爾の対談をもとにアルバム化された『『小澤征爾さんと、音楽について話をする』で聴いたクラシック』が5位にチャートインしている点にも注目だ。

1位 佐村河内守 作曲:交響曲第1番《HIROSHIMA》

佐村河内守 作曲:交響曲第1番《HIROSHIMA》

大友直人,東京交響楽団
¥2,940(税込)
COCQ-84901
2011/07/20 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 辻井伸行 plays 花は咲く

辻井伸行 plays 花は咲く

辻井伸行
¥1,500(税込)
AVCL-25770
2012/10/17 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 シャコンヌ~佐村河内守弦楽作品集

シャコンヌ~佐村河内守弦楽作品集

大谷康子,藤井一興,大谷康子弦楽四重奏団
¥2,940(税込)
COCQ-84928
2012/01/18 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

4位:イーハトーヴ交響曲 冨田勲
5位:『小澤征爾さんと、音楽について話をする』で聴いたクラシック 小澤征爾
6位:emiri best 宮本笑里
7位:日本の歌~花は咲く 森麻季
8位:交響組曲「ドラゴンクエストX」目覚めし五つの種族 すぎやまこういち,東京都交響楽団
9位:0歳からの育脳クラシック (オムニバス)
10位:ニュー・サウンズ・イン・ブラス 2013 東京佼成ウインドオーケストラ
11位:リスト:巡礼の年全曲 ラザール・ベルマン
12位:アダージョ・カラヤン DX ヘルベルト・フォン・カラヤン
13位:Re-Cycle 村治佳織ベスト 村治佳織
14位:神様のカルテ~辻井伸行自作集 辻井伸行
15位:リサイタル 五嶋龍
16位:モーツァルト・アルバム 辻井伸行
17位:浅田真央スケーティング・ミュージック2012-13 (クラシック)
18位:ふるさと~日本のうた 幸田浩子
19位:ベスト・クラシック100 プレミアム (クラシック)
20位:愛のクライスラー 千住真理子


ジャズ

1位から4位まで、国内アーティストがランクイン

今年の上半期ジャズ・チャートは国内アーティストが健闘し、合計13組が20位以内を占める結果となった。一位は、八代亜紀による初の本格ジャズ・アルバム『夜のアルバム』。発売から5週連続1位という快挙を成し遂げ、上半期の首位を獲得した。なお、本アルバムは、マレーシアのiTunes Store Jazz Top Albumsチャートで1位(10月26日付)を獲得するなど、アジア各国iTunes Store(R)ジャズ・チャートでも、軒並み上位にチャートインし、国内外のジャズ・チャートを席巻した。

 T-SQUARE SUPER BANDの『Smile』は、4月24日リリースで、5回のチャートインという少ない回数にも関わらず、現在2位。今月には発売記念ツアーも控えており、今後の躍進が期待される。3位以下は、接戦を繰り広げており、山中千尋『アフター・アワーズ2』や上原ひろみザ・トリオ・プロジェクト『MOVE』 等、昨年リリースされた作品たちが、長期にわたってセールスを続けている。

1位 夜のアルバム

夜のアルバム

八代亜紀
¥3,150(税込)
UCCJ-2105/4
2012/10/10 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 Smile

Smile

T-SQUARE SUPER BAND
¥3,980(税込)
VRCL-10109/10
2013/04/24 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 アフター・アワーズ2

アフター・アワーズ2

山中千尋
¥3,800(税込)
UCCJ-9127
2012/12/05 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

4位:MOVE 上原ひろみザ・トリオ・プロジェクト
5位:コンプリート・アムステルダム・コンサート 1960 マイルス・デイヴィス
6位:ザ・ベスト・オブ・ジャズ II (オムニバス)
7位:セ・ラ・ヴィ 寺井尚子
8位:Jazz en Rose SHANTI
9位:ザ・ベスト・オブ・ジャズ (オムニバス)
10位:LIFTOFF 2012-LIVE CD- カシオペアサード
11位:アーバン・ストリーム 小林香織
12位:THE BEATLES 10 サージェント・ツゲイズ・オンリー・ワン・クラブ・バンド
13位:メリー・クリスマス、ベイビー ロッド・スチュワート
14位:REBEL indigo jam unit
15位:サムホエア キース・ジャレット・トリオ
16位:ジャズ・ザ・ベスト~ビッグ・ヒッツ&オールスターズ~ (オムニバス)
17位:Jazztronik Studio Live Best Jazztronik
18位:虹曲~T-SQUARE plays T & THE SQUARE SPECIAL~ T-SQUARE
19位:A LA MODE 川口千里
20位:フー・イズ・ジス・ビッチ、エニウェイ? マリーナ・ショウ


サントラ

映画に引き続き、サウンドトラックも大ヒット

 日本におけるミュージカル映画の興行収入ランキングで歴代1位の成績を記録し、アカデミー賞3部門受賞、ゴールデン・グローブ賞も3部門受賞という快挙を成し遂げた『レ・ミゼラブル』が、サウンドトラック・チャートにおいても首位に輝いた。2012年12月26日にリリースされた『レ・ミゼラブル~サウンドトラック』は11週連続1位を獲得し、今も10位圏内にチャートイン。続いて3月に発売された同作のデラックス・エディションも発売以降、3位以内をキープし、上半期では2位につけた。

 昨年のイヤー・エンドチャートで1位を獲得した、人気声優達がディズニー楽曲をカヴァーする声の王子様シリーズは、3位と17位を獲得し、新しい形のディズニー音楽として、安定した人気を集めている。韓流ドラマは、最高が6位の『シークレット・ガーデンOST』。下半期の話題作登場に期待したい。

1位 レ・ミゼラブル~サウンドトラック

レ・ミゼラブル~サウンドトラック


¥2,548(税込)
UICP-1146
2012/12/26 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 レ・ミゼラブル~サウンドトラック<デラックス・エディション>

レ・ミゼラブル~サウンドトラック<デラックス・エディション>


¥3,500(税込)
UICP-1151/2
2013/03/20 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 Disney 声の王子様 東京ディズニーリゾート 30周年記念盤

Disney 声の王子様 東京ディズニーリゾート 30周年記念盤


¥3,780(税込)
AVCW-12943/4
2013/03/27 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

4位:ビクトリアス:サウンドトラック
5位:東京ディズニーリゾート アニバーサリー・テーマソングス
6位:シークレット・ガーデンOST
7位:「シュガーマン 奇跡に愛された男」オリジナル・サウンドトラック
8位:「オレのことスキでしょ。」日本版
9位:東京ディズニーランド ハピネス・イズ・ヒア
10位:シュガー・ラッシュ オリジナル・サウンドトラック
11位:「ワイルド・スピード MEGA MAX」オリジナル・サウンドトラック
12位:イ・サン
13位:サウンド・オブ・ミュージック
14位:韓国ドラマ「王女の男」オリジナル・サウンドトラック
15位:ビッグ愛は奇跡 Original Sound Track
16位:「007/スカイフォール」オリジナル・サウンドトラック
17位:ディズニー声の王子様第2章~Love Stories~Deluxe Edition
18位:ディズニー・ベスト日本語版
19位:ディズニーベビー英語歌で聴く赤ちゃんとお母さんのための音楽おやすみタイム用
20位:ベスト・オブ・ボンド 007 50YEARS-50TRACKS


アダルト

男性アーティストが上位独占、昨年と真逆の結果に

 R35以上を対象とした番組でオンエアされた楽曲の放送回数から算出しているアダルト・コンテンポラリー・チャートでは、国内エアプレイチャート同様、ジャスティン・ティンバーレイクに軍配が上がった。同じく国内エアプレイで3位を獲得しているサカナクションも、本チャートで2位を獲得するなど、両者とも幅広い年代に支持されていることが明らかになった。

 逆に、国内洋楽チャートを賑わせているザ・ウォンテッドは100位以内にランキングされなかったことから、圧倒的に若年層に支持されていることがうかがえる。また、昨年の上半期チャートでは1位から5位までが全て女性アーティストだったのに対し、今年は1位から5位が全員男性と、全く異なる結果に。日本人女性アーティストにおいては、20位以内には、きゃりーぱみゅぱみゅ、ただ一人という結果になった。

1位 スーツ・アンド・タイ feat.JAY-Z

スーツ・アンド・タイ feat.JAY-Z

ジャスティン・ティンバーレイク
¥2,310(税込)
SICP-3790
2013/03/20 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

2位 ミュージック

ミュージック

サカナクション
¥500(税込)
VICL-36754
2013/01/23 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

3位 ビコーズ・ウィ・キャン

ビコーズ・ウィ・キャン

ボン・ジョヴィ
¥1,260(税込)
UICL-5029
2013/02/20 RELEASE
詳細・購入はこちらから>>

4位:ロックド・アウト・オブ・ヘヴン ブルーノ・マーズ
5位:イッツ・ア・ビューティフル・デイ マイケル・ブーブレ
6位:ニュークリア デスティニーズ・チャイルド
7位:スペクトラム feat.マシュー・コーマ ゼッド
8位:ダイ・ヤング ケシャ
9位:スクリーム・アンド・シャウト feat.ブリトニー・スピアーズ ウィル・アイ・アム
10位:にんじゃりばんばん きゃりーぱみゅぱみゅ
11位:私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない テイラー・スウィフト
12位:ウィ・ラフ・ウィ・ダンス・ウィ・クライ feat.ライナス・ノーダ ラスマス・フェイバー
13位:恋する季節 ナオト・インティライミ
14位:ゲット・ラッキー feat.ファレル・ウィリアムス ダフト・パンク
15位:リヴ・ホワイル・ウィアー・ヤング ワン・ダイレクション
16位:誕生日には真白な百合を 福山雅治
17位:クリスマス・イブ 山下達郎
18位:ガール・オン・ファイア アリシア・キーズ
19位:Yin Yang 桑田佳祐
20位:ホエア・アー・ウィー・ナウ? デヴィッド・ボウイ


関連キーワード

TAG

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    milet、ドラマ『偽装不倫』主題歌を担当する新人シンガーソングライターの初ワンマン決定

  2. 2

    【ビルボード】米津玄師「海の幽霊」が首位奪還、BUMP「月虹」/LiSA「紅蓮華」と接戦見せる

  3. 3

    BTSのV、話題沸騰中のフィルターで老け顔に

  4. 4

    【ビルボード】Official髭男dism「Pretender」史上初500万回超えでストリーミング8連覇 King Gnu「白日」は総再生回数5000万回突破

  5. 5

    Billboard Japan Hot 100

HOT IMAGES

注目の画像