Billboard JAPAN


Special Contents

Salley 『赤い靴』インタビュー

Salley 『赤い靴』 インタビュー

 ボーカル・作詞担当のうららと、ギター・作曲・アレンジメントを手掛ける上口浩平の2人からなる、クロスオーバーミュージックユニット Salley。J-POPにアイリッシュサウンドを融合させた音楽スタイルは、アイルランドのロックバンド クランベリーズを彷彿させ、“和製クランベリーズ”とも称されている。そんな2人が、5月29日にシングル『赤い靴』でメジャーデビュー。“赤い靴を食べる”MVも話題となっている今、Salleyの実態を知るべくインタビューを敢行した。

「幸せだなぁ~」って思う。毎日寝る前に「幸せだなぁ~」って。

Salley(サリー)/赤い靴(Short ver.)
▲Salley(サリー)/赤い靴(Short ver.)

--唐突ですが、赤い靴を食べる気分はいかがでした?

うらら(vo):アハハハ! あの赤い靴はひとつしか用意されていなくて、失敗が許されないっていう状況で。皆さんからは「気にせずに食べてね」って言われたんですけど、めちゃくちゃ気にしてて。すっごい緊張した(笑)!

--結構、衝撃的な映像ですよね。靴にナイフを入れる不可解さが頭に残る。自分たちでは、あのPVにどんな印象を?

うらら:歌詞の世界観をとても見事に表現してくれていると思っていて。逃げても逃げても、逃げられない赤い靴の呪いがあって。でも逃げられないんだったら、もう食べちゃえ!っていう発想。どうしようもないんだったら取り込んでしまおうっていう考え方が、すごく私は共感できるというか、自分の考えている通りになったなと思いました。

上口浩平(g):楽曲が聴いてて気持ち良いサウンド。だけど、歌詞はちょっとドロっとしている。爽やかだけじゃなくて、ちょっと怪しい雰囲気を漂わしているんですけど、映像でもその質感とか雰囲気を上手いこと出してくれたので、自分たちにも「Salleyってこんな感じじゃない?」って提示してもらえた感覚があって。

うらら:こちらから何かリクエストした訳じゃないんですよ。だから「なんでここまで!?」っていう感動がありました。

--ちなみに映像と言えば、デビュー曲「赤い靴」はアニメ『トリコ』エンディング主題歌でもあります。自分たちの曲が、人気アニメと共に地上波でオンエアされていること自体には、どんなことを感じていますか?

うらら:小さい頃はやっぱりアニメをよく観てて、その頃のアニメ主題歌って今でもずっと好きだったりするんですね。カラオケ行けば「アニメソング縛りで」とか言って楽しんだり。だから『トリコ』を観ている小さい子が大人になっても「あ、この曲、懐かしいね。『トリコ』の歌だったよね」とか言ってカラオケで歌ったりするのかなって思うと、鳥肌が立つ。「残っていくんだな~」みたいな、そういう想いがあります。

上口浩平:なかなか普通じゃ考えられないことですからね。なので、たた単純に作曲者としても嬉しいというか。Salleyを組むまでしばらく“作って、はいおしまい”って自分の中で完結していたものが、うららに歌ってもらって、その曲がアニメ主題歌になって、いろんなところに広まっていく。それって音楽としてあるべき姿じゃないですか。「あ、この曲、良いね」って人が広げてくれる流れに自分の曲を乗せてもらえたことは、すごく嬉しいですね。「幸せだなぁ~」って思う。

--とてもキャッチーな曲ですけど、アイリッシュ系の大人びた音も入っていたりするじゃないですか。これを子供が口ずさみながら学校とか通ってたら、格好良いですよね。随分憂いのある小学生だな、みたいな。

一同:(笑)

うらら:今ってアニソンの世界って凄いことになってますよね、文化として。その中でこの曲はそんなに「アニメソング!」って感じではないので、この曲がその聴いた子の音楽を好きになるキッカケになったりしたら嬉しい。

上口浩平:あと、その子が成長して、改めて聴いたときに「あ、こういう聴きどころもあったんだ」って、もう一回好きになってもらえたら嬉しいですよね。

うらら:「やっぱり良い曲だったじゃん!」とかね。

--その『赤い靴』でメジャーデビューする訳ですが、今現在の心境を聞かせてもらえますか。

うらら:やっと時間湧いてきたなっていう感じで。いろんな楽曲の制作をずっとしていたので、イマイチ実感みたいなものが無かったんですけど、ここ最近、急に目まぐるしく回り出したというか。友達から「今、聴いたよ!」ってメールが入ったりとか、いろんな人から「応援してるよ」って連絡もらったりとかして、「あ、私、本当に世に出て行くんだ」っていう実感がすごく出てきた。あと、プレッシャーはずっとあります。もちろんスタッフの方とか、Salleyに関わる全ての方に対して感じるんですけど、上口くんに対しては、私を一番最初に見出した人なので、何か私がヘマをして……例えば、急に喉が潰れたりして、上手く転がらなくなったらどうしよう?って思うことはあります。

上口浩平:自分が「メジャーデビューしたいな」って思い始めたのは、高校1年生ぐらいなので「やっとできる」みたいな感じなんです。もちろん僕もプレッシャーはあるんですけど、まずこういうプレッシャーを感じられる人って少ないと思うので、有り難いことだなって。毎日寝る前に「幸せだなぁ~」って。

--今日2回目ですね。

一同:(笑)

--では、そのメジャーデビューに至までのストーリーも教えて頂きたいんですが、まずうららさん。音楽に目覚めたきっかけって何だったんでしょう?

うらら:これと言ったキッカケはなくて、気付いたら家の中にずっと音楽が流れていたんです。親が流してるレコードであったりとか、姉が聴いているラジオであったりとか。ご飯食べるときテレビ観ちゃダメな家だったんですけど、その代わりにラジオやCDは流してもOKだったりして。あと、姉とカラオケで一緒に歌ったり、踊ったりしていたので、自然と音楽を好きになっていて。

--そこからどのような流れでデビューを目指すんですか?

うらら:地元の大阪から東京に出てくる直前で「本格的にやろう」と決心するんですけど、それは周りの友達が就活始めたりとか、結婚決まったりとかして。自分はその人たちと同じような人生を歩むヴィジョンが全く浮かばなくて、多分そっちに行ったら自分の場合はダメになるって思ったんです。精神的に参っちゃうじゃないですけど。それで「自分は何がやりたいのか」考えたとき、やっぱり歌しかないだろうなって。

--それでまずは上京と。

うらら:そうです。何のアテもないけど、東京行かないと何も始まらないかなと思って……でもそのタイミングで震災が起きてしまって、親が「今行くことないんじゃない?」って言ってきて。当時は東京から大阪へ帰ってきてる人もたくさんいたので。ただ、その危険を避けて何もせずに生き長らえることを自分はしなくていいと思い、「いや、何がなんでも東京に行って、私は歌をやるって決めたんだから」と宣言をして……飛び出してきました(笑)。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「可愛らしい娘がいるなぁ。あの娘だったらいいのになぁ」
  3. Next >
「可愛らしい娘がいるなぁ。あの娘だったらいいのになぁ」

--そもそも「歌の道へ進む」って理解されることじゃないですもんね。「何言ってんだ?」ってなる。

うらら:そうなりましたね。特に私はその為に大学を辞めると言ったので。大学の友達から「保険として大学は出ておいた方がいいんじゃない?」って言われたりもしていたんですけど、保険を用意したら甘えができる。「音楽で失敗したって就職すればいいや。大卒だし」っていう風にはなりたくなかったので。

--音楽の仕事にもいろいろ選択肢はありますけど、歌を選んだのは?

うらら:ずっと好きでライブとかもやってたし、それで褒められることもあったんですけど、私は「上手い人なんてゴマンといる」って逃げてたんです。でも大学のときにバンドサークルに入って「うららちゃんが歌うと全然違う」って言われたり、後輩たちが「うららさん、格好良いです」みたいなことを言ってくれて、「やっぱりこのステージからは離れたくない」とは思っていて。

--その時期はどんな曲を歌ってたんですか?

うらら:オリジナルではオーガニック系。アコースティックギターと歌だけ、みたいな。あと、初期のYUKIさんとか、aikoさんとか、UAさんがやっていたAJICOとか、コピーしていました。

--続いて、上口さんが音楽に目覚めたきっかけは?

上口浩平:小さい頃から兄貴が洋楽をよく聴いてたんで、MTVとかを横で一緒に観たりとかしてて。中学1年生ぐらいに友達がギター始めるってなって、「じゃあ、自分も始める」って楽器を持ち出すんですけど、ちょうどそのタイミングで兄貴が大学の軽音楽部でTHE YELLOW MONKEYとかをカバーしてて。それのバンドスコアを全部もらって、サッカー部だったんですけど、時間見つけてはギター弾いてましたね。よく耳コピとかもしてて、音楽チャンネルから流れてくるリフものとか。

--何かの影響や衝撃で始めた訳ではないんですね。

上口浩平:ではないですね。強いて言えば、友達が急に始めるって言い出したので、先に大人になられた感じがして、悔しくて。

--(笑)

上口浩平:それでギターを買う訳ですけど、そのときに『LOVE LOVEあいしてる』っていう番組がやってて、「パイプライン」を演奏していたんですよ。それが格好良いなと思った記憶はあります。ギター買って一番最初に耳コピしたにも「パイプライン」ですし。

--8年間活動したバンドではどんな音楽をやっていたんでしょう?

上口浩平:ギターロック。ライブでは頭振ってみたいな感じで、楽しくやらせてもらってました。でもボーカルと楽器隊が衝突してしまって。原因としては、僕が作詞作曲もアレンジも全部やっちゃってて、「この曲格好良いだろう? こんな感じにしたいんだ!」っていうのが前提でバンドが動いていたので、そのボーカルの良いところを多分阻害したんですよね。で、ボーカルが戦意喪失しちゃって、それが解散まで行ってしまって。

--それでも音楽を続けようと思ったのは?

上口浩平:うららと似てるんですけど、自分も音楽しかないなと思って。自分の武器ってなんだろうと思ったときに、ギターと作曲とアレンジであると発見することができて。だったら自分はその立場で歌う人を探そうと、上京してボーカル探しを始めるんですけど。

--どのような経緯でうららさんを見つけたんですか?

上口浩平:最初はサポートギターとか、いろいろお仕事やらせてもらっていたんですけど、だんだんフラストレーションが溜まってきて、自分の音楽やりたいなって。それでいろんな人に相談してたら「女性ボーカルがいいんじゃない?」って言ってくれて。それがしっくり来たので、アホのひとつ覚えじゃないですけど、メンバー募集の掲示板に書き込んだり、ライブハウスに足運んだり、YouTube観たり、ひたすら女性ボーカルを探していたら、共通の知り合いが「大阪から上京した女の子がいて、ライブやるから観においでよ」って誘ってくれて、観に行ったらうららがいたんです。で、歌声聴いたら、自分がやりたい音楽にすごく合いそうで。ギターの弾き語りだったんですけど、女の子のギターってたどたどしかったりするじゃないですか。でもうららは女の子なりに芯のある音も出していたんですよね。それで「一緒にどうですか?」って。

--ハニカんでますけど。

うらら:いや、女の子のギターじゃないって言われるのかなって思って(笑)。

上口浩平:で、家帰って5曲ぐらい音源を送ったら、うらら的に良いなと思う曲がいくつかあったみたいで。とりあえず歌を乗せてみよう、みたいな感じで始まりました。

うらら:上口くんから送られてきた音源がすごく作り込まれていたんですよ。曲が完璧に完成していたので、この人だったら多分間違いないと。それで「とりあえずはこの人についていってみよう」みたいな。

--音楽性の第一印象は分かったんですが、人としての第一印象はどうだったんでしょう?

うらら:私は全く事前情報がない中で会ったので、ただただ「背が高くてボーッとした人だなぁ」って。

一同:(笑)

上口浩平:僕もうららという名前しか教えてもらってなかったので、顔は知らなかったんです。で、失礼な話、それまでいろんな女性ボーカルの方と会ってきて「写真と違うじゃねーか」みたいな感じの人も……まぁ音楽なんで関係ないと言えば関係ないんですけど(笑)、ルックスも大切じゃないですか。で、その日、ライブハウスに行ったら、受付かどこかでうららが休憩してて「あ、可愛らしい娘がいるなぁ。あの娘だったらいいのになぁ」って思っていて。そしたら、ステージに出てきたのがその娘だったので「あ、よかったよかった」って。

--そのとき、Salleyでやりたいと思った音楽ってどんなものだったの?

上口浩平:僕はポップスをやりたいと思っていて。ただ、普通にポップスをやっても、たくさん活躍している方がいらっしゃいますし、同じことをやっても面白くないかなと思ったので、民族楽器的な質感、旋律が混ざっているものをやったら聴き触りとして面白いかなと思って。で、うららと会ったとき、すごく透明感のある綺麗な声だと思ったんで、アイルランド系の楽器とか入れたらハマると思ったんですよね。で、なんとなく曲が出来てきて、ビクターとかウチの事務所の人間も良い反応を示してくれて、そのやってみたいことを話したら、ディレクターも面白がってくれたんです。そこから具体化していった。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 高層マンションで……冷蔵庫開けたら、全部バドワイザー
  3. Next >
高層マンションで……冷蔵庫開けたら、全部バドワイザー

--2人が出逢ってからメジャーデビューが決まるまでは早かった?

うらら:1年なかったんです。

上口浩平:前のバンドのマネージャーがSalleyのマネージャーをやってくれているんですけど、バンド解散後も「頑張ってるのか?」みたいな感じで声をかけてくれていて。で、うららと出逢って、曲を聴いてもらったら気に入ってくれて、バンド時代にビクターのインディーズレーベルにいたこともあって、ビクターの方にも聴いてもらったら好印象だったんです。で、そこからはトントン拍子で。

うらら:この速度は想定外だったんですけど、どこかで「やっぱりな」という気持ちもあって。どれだけ反対されても「ここで行くんだ」って決めていて、上口くんの曲を聴いたとき「この人、本気だな」って分かったし、やっぱり東京に呼ばれてたんだなって。

--そのSalleyのメジャーデビュー作を「赤い靴」にしようと思ったのは?

うらら:最初はこれがメジャーデビューシングルになると思ってなくて、候補にも入ってなかったんです。イマイチ大人の方に引っ掛からなくて、お蔵入りになってたんですよ。でも私はそのとき自分の思っていたことを全部吐き出せたし、メロディーラインも4つ打ちの感じもすごく好きだったんで、「この曲ダメなのか、残念だな」って思ってたんです。そしたら数ヶ月後に急に上口くんが「もう1回「赤い靴」をリアレンジしよう」って言ってきて、結果的にその新しい「赤い靴」が「すっごい良い曲あるじゃん」みたいな感じになったんで、すごく嬉しくて。諦めないって大事なんだなと思いましたね。

上口浩平:ただ、最初は戸惑っていたんですよ。「こんな変えるんですか!?」みたいな感じで(笑)。

うらら:思い入れのある曲だったので! でも今はすっごい好きですね。

上口浩平:とりあえず派手になったので。

うらら:最初がすっごい地味だったんですよ(笑)。その振れ幅は凄かった。

--この曲の「手を引いて連れてってよ おいていかないで」というフレーズは、どんな心境やイメージから生まれたんでしょう?

うらら:聴く人によって解釈は違っていいと思うんですけど、自分は「音楽やりたい」って東京出てきて。当時はみんな就職したり、家庭を持ったりして、ちゃんとした大人の一員になっていて、でも私だけがちゃんとした職も持たず、すごく夢見がちなことを言ってるなって自分でも分かってたんです。だから「周りは関係ないよ。自分は自分がしたいことをするんだから」ってすごく言い聞かせていたと思うんですよ。それでふとしたときに、自分だけおいていかれているような気がして……。そういう気持ちのときに書いたものですね。

--なるほど。

うらら:この曲の歌詞は歌い出しから順番に書いてるんですけど、最初はすごく強がってるというか、気付いてるけど気付いていないフリをしている感じで。でも歌詞が進むにつれ、どんどんどんどん「やっぱり自分はおいていかれている」と思ってしまい、孤独感や焦燥感が全面に出てくる。曲の中で強がりが剥がれていって、最終的に弱い部分が出ちゃう。自分でも予想していなかったんですけど、書いていくうちにこうなってましたね。あと、この歌詞は本当にどんな状況にも当てはまると思うんで。

--具体的に言うと?

うらら:例えば、今ってSNSとかで周りの情報が目に飛び込んできちゃう。「今日、みんなで遊んでましたー」って写メが載ってて、「いやいや、呼ばれてない」とか(笑)。今の社会にそういうことって多いと思うんですよ。現代的な孤独。それがこの曲の中にはあるかなって。

--この曲、どんな風に世に響いていってほしいなと思いますか?

うらら:「気持ち良いな」とか「ノリが良い曲だな」とか、それぐらいの入口で全然良いと思うんですけど、誰にも言えない孤独を抱えている人の力になれたら嬉しいですね。

上口浩平:毎回サビでコード進行変えたりとか、抽象的な音の響きを入れたりとか、アレンジ的にボリューミーなんですけど、サラッと聴ける。アコギで弾き語っても気持ち良いものになってると思うので……YouTubeとかにアップしてほしいな。

--何を?

うらら:歌ってみた、弾いてみた?

一同:(笑)

--ちなみに今作の資料には「Salleyは、間違いなくJ-POPシーンに新たなる歴史を残すアーティストと我々は確信している」と、ビクターさんからのコメントが記されていますけど、いわゆるシーンに衝撃を与えたいとか、傷跡を残したい的な野心はあったりするの?

上口浩平:野心かどうかは分からないんですけど、名曲ってあるじゃないですか。こうしてメジャーデビューして、世に自分たちの楽曲を送れる立場にいる以上、やっぱりみんなの記憶に刻まれるような楽曲は作りたい。ただ、花火みたいなインパクトだけの楽曲じゃなくて、ちゃんと光り続けるというか、いろんな世代を超えて「良い曲だよね」って言われる楽曲を作れるようになりたいとは思います。

うらら:今っていろんなジャンルの曲を聴く人がいると思うし、ひとつのジャンルしか聴かない人もいると思うんですけど、その中でもSalleyの曲がパッと流れたときに「この曲良いね」って言ってもらえる。ポップスとしての意味をちゃんと持ってる、みんなに愛される曲を発信していけたらいいなって。

--Salleyが音楽活動を通して、叶えたい夢や目標ってどんなものだったりするんでしょう?

うらら:ごめんなさい、まだ全然見えない(笑)。目の前のことを一生懸命やるのに精一杯なんですよ。

上口浩平:僕は高層マンションで……冷蔵庫開けたら、全部バドワイザー。

一同:(爆笑)

--なんでバドワイザーなんですか(笑)。

うらら:ワインセラーぐらいにしておきなよ。

上口浩平:じゃあ、家にワインセラー。

--「じゃあ」っ言っちゃった。

上口浩平:(笑)。真面目な話、まだライブを全然経験できてないので、フェスとかに出てもバシッと格好良く決められるアーティストになりたいです。

うらら:失礼になるかもしれないんですけど、小さなライブハウスより大きい会場で歌えるようになりたいって昔から思っていたので、そうなれるように頑張りたいです。aikoさんみたいに大阪城ホールとかでやりたい。

上口浩平:志は大きく持ちましょう。僕も早くバドワイザーで冷蔵庫を埋めたい。

--高層マンションはもういいんだ!?

うらら:誕生日あたりで実現しましょう(笑)。

Music Video

Salley「赤い靴」

赤い靴

2013/05/29 RELEASE
VICL-36770 ¥ 1,080(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.赤い靴
  2. 02.call
  3. 03.Down by the Salley Gardens
  4. 04.赤い靴 (instrumental)

関連キーワード

TAG

関連商品

Clear
Salley「Clear」

2017/02/08

[CD]

¥3,240(税込)

Clear
Salley「Clear」

2017/02/08

[CD]

¥3,780(税込)

エメラルド
Salley「エメラルド」

2015/07/08

[CD]

¥3,240(税込)

エメラルド
Salley「エメラルド」

2015/07/08

[CD]

¥3,780(税込)

冬が来る
Salley「冬が来る」

2014/11/12

[CD]

¥1,080(税込)

冬が来る
Salley「冬が来る」

2014/11/12

[CD]

¥1,728(税込)

フューシャ
Salley「フューシャ」

2014/04/09

[CD]

¥3,240(税込)

フューシャ
Salley「フューシャ」

2014/04/09

[CD]

¥3,780(税込)

あたしをみつけて
Salley「あたしをみつけて」

2014/03/05

[CD]

¥864(税込)

あたしをみつけて
Salley「あたしをみつけて」

2014/03/05

[CD]

¥1,620(税込)

あたしをみつけて
Salley「あたしをみつけて」

2014/03/05

[CD]

¥1,080(税込)

その先の景色を
Salley「その先の景色を」

2013/10/02

[CD]

¥823(税込)

その先の景色を
Salley「その先の景色を」

2013/10/02

[CD]

¥1,543(税込)

その先の景色を
Salley「その先の景色を」

2013/10/02

[CD]

¥1,080(税込)

赤い靴
Salley「赤い靴」

2013/05/29

[CD]

¥823(税込)

赤い靴
Salley「赤い靴」

2013/05/29

[CD]

¥1,543(税込)

赤い靴
Salley「赤い靴」

2013/05/29

[CD]

¥1,080(税込)

Clear
Salley「Clear」

2017/02/08

[CD]

¥3,240(税込)

Clear
Salley「Clear」

2017/02/08

[CD]

¥3,780(税込)

エメラルド
Salley「エメラルド」

2015/07/08

[CD]

¥3,240(税込)

エメラルド
Salley「エメラルド」

2015/07/08

[CD]

¥3,780(税込)

冬が来る
Salley「冬が来る」

2014/11/12

[CD]

¥1,080(税込)

冬が来る
Salley「冬が来る」

2014/11/12

[CD]

¥1,728(税込)

フューシャ
Salley「フューシャ」

2014/04/09

[CD]

¥3,240(税込)

フューシャ
Salley「フューシャ」

2014/04/09

[CD]

¥3,780(税込)

あたしをみつけて
Salley「あたしをみつけて」

2014/03/05

[CD]

¥864(税込)

あたしをみつけて
Salley「あたしをみつけて」

2014/03/05

[CD]

¥1,620(税込)

あたしをみつけて
Salley「あたしをみつけて」

2014/03/05

[CD]

¥1,080(税込)

その先の景色を
Salley「その先の景色を」

2013/10/02

[CD]

¥823(税込)

その先の景色を
Salley「その先の景色を」

2013/10/02

[CD]

¥1,543(税込)

その先の景色を
Salley「その先の景色を」

2013/10/02

[CD]

¥1,080(税込)

赤い靴
Salley「赤い靴」

2013/05/29

[CD]

¥823(税込)

赤い靴
Salley「赤い靴」

2013/05/29

[CD]

¥1,543(税込)

赤い靴
Salley「赤い靴」

2013/05/29

[CD]

¥1,080(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    音楽家・星野源を真面目に研究する特別企画がFM OH!でオンエア決定。当日は本人からのコメントも

  2. 2

    【ビルボード】Little Glee Monster『FLAVA』が43,428枚でアルバムセールス首位、2位&3位は359枚差の接戦に

  3. 3

    【ビルボード】V6の『Super Powers/Right Now』が87,435枚でシングルセールス首位、宇多田『Face My Fears』は5位に

  4. 4

    エリック・クラプトン3年ぶり来日公演決定 武道館5公演

  5. 5

    あいみょん、2/18武道館公演が即日完売 新たに対バン&ワンマンツアー発表も

HOT IMAGES

注目の画像