Billboard JAPAN


Special Contents

iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談

SUPER☆GiRLS 『avex iDOL Street 統括プロデューサー 樋口竜雄×Billboard JAPAN編集長 平賀哲雄 スペシャル対談』 インタビュー

avex iDOL Street 統括プロデューサー 樋口竜雄
×
Billboard JAPAN編集長 平賀哲雄

SUPER☆GiRLSをはじめ、Cheeky ParadeやGEMを擁するavexのアイドル専門レーベル iDOL Streetが、6月11日にチームをあげて初の武道館公演に挑戦する。
そこで今回は、iDOL Streetの統括プロデューサー 樋口竜雄氏と、モーニング娘。を追い続ける編集長 平賀哲雄のスペシャル対談を実施。モーニング娘。田中れいなの卒業公演を見届けた直後に場を設けた。

生粋のアイドルヲタとして知られ、アイドルファンサイトのフォーマットを作ったとさえ言われる氏の恐るべき遍歴から、SUPER☆GiRLS結成時のコンセプト。モーニング娘。への深い愛情や、王道を目指す者としての挑戦まで。多岐に渡って語り合ってもらった。

田中れいなの卒業公演と、スパガのツアー最終公演

iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談
▲iDOL Street
ストリート生 浅川梨奈

樋口竜雄:……鞘師(里保)さんって確か広島のアクターズスクール出身ですよね? 今日見たらちょっとファンになりました(笑)。

平賀哲雄:鞘師は実際に見ると好きになっちゃうんです(笑)。

樋口:彼女はモーニング娘。さんのことが好きで、このグループのためにがんばりたいって想いが凄く伝わってくる。うちだとiDOL Street ストリート生でGEMのメンバー候補の浅川(梨奈)に近いというか。
浅川は元々スパガが大好きで、いまだにレッスンの時に生写真のファイルを持ってきてたりするんですよ(笑)。天性のアイドル性、努力家、そのグループに対する愛情と、まったく一緒ではないと思いますが同じ匂いを感じますね。

--さて、先ほどお二人が観てきたモーニング娘。田中れいなの卒業公演はいかがでしたか?

モーニング娘。 『ブレインストーミング』
▲モーニング娘。 『ブレインストーミング』

平賀:歴代のモーニング娘。のメンバーの卒業公演の中では、おそらく一番ウェットじゃなかった。すでに活動がスタートしているれいなのロックバンド LoVendoЯのこともありましたけど、彼女の生き様が反映されている公演だったと思います。前々から“泣けない”と言ってましたし、実際に最後まで涙を見せず“おつかれいな!”とかっこよく去っていった(笑)。

樋口:今日の公演は、すごく構成がシンプルで見やすかったです。卒業セレモニーも流れができていて安心して見れましたし。でも、モーニング娘。さんだからこそ、歴代受け継がれてきた曲をもっとやっていいとは思いましたね。確かに違和感があると思うんですよ、黄金期(※1)の曲をやるのは。誰一人当時の現役がいない時の楽曲を今のメンバーにパート割りをしてやるのは不自然かもしれない。ただ、“モーニング娘。”というハコが受け継がれている以上、黄金期の曲をやれるのはモーニング娘。さんだけですよね。

握手会をやっていなかったのに何十万枚も売った曲って、もの凄いパワーがある。僕らの時代の感覚からすると、握手会はハワイのファンクラブツアーに行かなきゃ参加できなくて、20万円かかったんだぞ、と(笑)。20万でハワイに行って、初めてその距離なんですよ! 今は今で全然良いんですけど、当時とは価値観がちょっと違う。

平賀:樋口さんはハワイも行かれたんですか?

iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談
▲iDOL Street 樋口竜雄

樋口:僕はあやや(松浦亜弥)さんだけ。もちろん20万コースです。そういう相場はAKB48さんの握手会で変わったし、今の時代のやり方になりましたよね。例えば昔は、ライブの最前列には出席確認みたいな意味合いもあったんですよ、“俺は今日も来てるよ!”っていう。ピカピカ光らせて目立とうとするのも、そういう意味があった。“地方も全部回りますよ”って覚えて欲しかったんです。でも、今は握手会で覚えてもらえますよね。

平賀:まあ、ことモーニング娘。の卒業公演に関していえば、そのメンバーのキャラクターや生き様がちゃんと反映されているかどうか。モーニング娘。は卒業セレモニーを必ずやるんですけど、それは伝統というか特有の卒業公演で、(高橋)愛ちゃんとかガキさん(新垣里沙)の場合は涙々なわけですよ、本人たちも泣いてるし。
けど、今日のれいなは泣かなかった。それはあの子がモーニング娘。に加入してから今日までの中で見せてきた生き様だし、れいなだからそうなった。そういうものをこれからも見たいと思いますね。

樋口:僕、武道館でモーニング娘。さんを見るのはたぶん2回目なんですよ。1回目は、本当に初めてモーニング娘。さんを初めて観た時で、市井紗耶香さんが卒業で、4期生の加護(亜依)ちゃん辻(希美)ちゃん、石川(梨華)さんと吉澤(ひとみ)さんが入った時でしたね。

SUPER☆GiRLS / 常夏ハイタッチ(Short ver.)
▲SUPER☆GiRLS / 常夏ハイタッチ(Short ver.)

--また、今回の企画のために先日、SUPER☆GiRLSのツアー最終公演を取材させてもらいましたが、平賀さんはどう見ましたか?

平賀:一つは、ハロプロに近い世界観をもの凄く感じた。現代アイドルの王道だったり古典だったり、ど真ん中のアイドルはこういうものだっていう。お客さんのあたたかさとか、現場のノリ。ステージセットとかも雰囲気が凄く近しいなって。もちろんオリジナリティを感じる所はたくさんあるんですけど、一番最初に感じたのはそこです。

で、もう一つは、それを作り上げたのが、かつてハロプロの現場にいてあややのファンサイトを作っていた一人のヲタであるという恐ろしさ(笑)。僕は以前に樋口さんと会った時に「僕は松浦亜弥のファンサイトを作ってまして、いわゆるファンサイトのフォーマットを作ったのは僕なんです」って言われた衝撃が大きいんです(笑)。
AKB48は秋元康さんだし、モーニング娘。はつんく♂さんだし、ももクロを作った川上さんだってヲタじゃないですよね? この規模で樋口さんみたいなスタンスの人って日本史上初なんじゃないかな(笑)。ヲタから神と崇められてもおかしくないと思うんですよ。

樋口:僕は最初からあややファンだと明かして今の会社に入りましたし、そのファンサイトを構築、運営の仕方をまとめた仕様書を用意してプレゼンして入社したんですよ。そこから5年くらい経って、ようやくアイドルをやろうってタイミングがやってきて。協力的な上司や役員がいっぱいいたから、タイアップとか色んなものが成立したんです。それは確かに前代未聞で、アクティヴに捉えるなら“好きでやり続ければこういうことができるよ”って。

--SUPER☆GiRLSのメンバーよりも樋口さんが夢を叶えてるんですよね(笑)。

樋口:そうかもしれないです(笑)。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 樋口竜雄氏のヲタ遍歴
  3. Next >
インタビュー写真

iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談 iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談 iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談 iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談 iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談 iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談 iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談

樋口竜雄氏のヲタ遍歴

iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談
▲iDOL Street 樋口竜雄、編集長 平賀哲雄(左から)

--で、そんな樋口さんが初めて買ったCDは、小5のときの中山美穂「You're My Only Shinin' Star」だったそうで。

平賀:角松敏生がプロデュースした曲でしたっけ?

樋口:そうですそうです。

--そこからCoCoとかribbonとかにはまって、千葉麗子にはまって、桜っ子クラブに行って、SPEEDではファンサイトも作ったと。

平賀:東京パフォーマンスドールも好きだったんですよね?

樋口:僕、ギリギリでおニャン子(クラブ)世代ではないんですよ。アイドルとしては中山美穂さんで初めてハマッて、そのあとWinkさんにいって、乙女塾さんにいくんです。で、乙女塾さんの1期生から永作博美さんと松野有里巳さん、そして3期生から佐藤愛子さんが抜擢されてribbonさんが結成される。彼女たちを追うようになって、日比谷野音から中野、渋公っていうアイドルの鉄板が刷り込まれていって、次は千葉麗子さんにいくんですけど……。

平賀:千葉麗子は『殿様のフェロモン』を見て、かわいい子だな~って思ってました。

樋口:『恐竜戦隊ジュウレンジャー』という戦隊モノでピンクをやっていたんですけど、僕がファンになった時はもう最終回だった。追いかけたいなと思って、そこから千葉麗子さんが準レギュラー的に出ていたニッポン放送『伊集院光のOh!デカナイト』を聞いてたら伊集院光さんを大好きになって、ずっとラジオを聞くようになるんですよ。毎日、文化放送の『キッチュ! 夜マゲドンの奇蹟』とどっちを聞くかで凄い悩んだりとか(笑)。で、そのあとに桜っ子クラブさくら組さんに行くのは、菅野美穂さんが好きだったからで。菅野美穂さんも伊集院さんのラジオで知名度を上げましたね。

平賀:持田真樹もいましたよね。

樋口:土曜日に西武園ゆうえんちから生放送していた『桜っ子クラブ』にSMAPさんと一緒に出演してたんですけど、当時僕は野球部だったのでビデオで予約録画して。グラウンドで練習してるのに、桜っ子クラブが気になるっていう生活を続けてました(笑)。

--周囲の人たちは樋口さんがヲタだったことを知ってたんですか?

樋口:そのころから原宿のアイドルグッズ屋に超詳しくて!(笑) オタクだオタクだって教室でも言われてましたし、アイドルの生写真を筆箱とかに入れたりしてて、よくチャカされましたね。でも、学級委員長をやってたし野球部もやってたので、ギャップみたいなことで帳消しにされていた部分はあると思います。ギリギリで相殺してました(笑)。

アイドルの適正人数が12人の理由

SUPER☆GiRLS / プリプリSUMMERキッス
▲SUPER☆GiRLS / プリプリ♥SUMMERキッス

--そんな樋口さんはSUPER☆GiRLSのメンバーを選ぶ上で、モーニング娘。を参考にした所が多かったそうですね。

樋口:2009年の秋くらいに、社長と副社長へのプレゼンを経て、メンバー決定直前の2010年の5月、4~50人いる会議で「こんなグループになります」というプレゼンしたんですよ。当時、僕はBeeTVを担当していたので、オーディションの経過などを番組にしてファンの方に見せながらグループを作りたいと。そこで“ゼロから生み出す、育てるアイドル”っていうキーワードを作って、人数感を説明するためにモーニング娘。さんの黄金期を題材にしたシルエットを12人分並べた資料を作ったんですよ。
当時、シドニーオリンピック中継のテーマソングに「I WISH」が起用されていた彼女たちを見せながら、これがベストだと。上が20歳くらいで下は中学生というレンジで、中学生は4人まで。高校生は主力なので5人、そしてお姉さんが2~3人くらい。

平賀:大体11~12人くらいがいいと。

iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談
▲iDOL Street 樋口竜雄

樋口:僕の中でのアイドルの適正人数は12人という結論にたどりつきました。例えば12って、割れる数字が多いんですよ。2でも3でも4でも6でも割れるから、フォーメーションを組みやすい。そしてもう一つ、雑誌の表紙やジャケットなどを見た時に覚えてもらえるギリギリかなって。AKB48さんの選抜は16人で区切りますけど、その時にブレイクしてたアルバム『神曲たち』のジャケ写は12人なんですよ。それを社長に見せながら“これが一番いいバランスなんです”って。

--アイドルグループにおけるセンターポジションはどう捉えていますか?

樋口:昔からありますよね。ribbonさんだって1stシングルの時のセンターは松野さんなんですよ。でも、3rdの『あのコによろしく』からは永作さんになる。

平賀:飽きさせないためのセンター替えを、運営が意図的にしたのはモーニング娘。が最初ですよね。

樋口:うちは難しいんですよね。前島(亜美)とは言っているんですけど、今回の恋★水着のCMで真ん中にいるのは最近人気上昇中で握手会も売り切れ続出の(笑)田中美麗です。そのときそのときでの「顔」、というのも必要です。

iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談 iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談
▲SUPER☆GiRLS 田中美麗、八坂沙織(左から)

平賀:この間、戸田でライブを観ていた時に、ユニット曲「夢中マテリアル」の美麗ちゃんが凄いかっこいいと思ったんですよ。メイクや衣装もハマッてるし、動きも機敏で輝いて見えた。でも、スパガ全員が揃った時に、彼女はちょっと省エネ系な動きになる(笑)。彼女がもし、エモーショナルなダンスや歌をやったら、凄いアイドルになるのになって勝手に思ってるんです。持っている素材が素晴らしいので。

もし、美麗ちゃんにそこが備わったら、あの子がセンターに立つことを誰も文句言えないと思います。その分、リーダーの八坂(沙織)さんって「プリプリ■SUMMERキッス」の時とか、おしりの振りが凄く良いんですよ。気合いが入ってるし、ああいうリーダーは好きですね。モーニング娘。でいうとガキさん的な。エースではないけど、動きとかダンスに関しては努力や根性とかで何とかしようとする。

樋口:あの公演の時は、確かに他のスタッフも“今日は八坂が良い”って話してましたね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. モーニング娘。とは歴史が違うから勝っちゃいけない
  3. Next >
インタビュー写真

iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談 iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談 iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談 iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談 iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談 iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談 iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談

モーニング娘。とは歴史が違うから勝っちゃいけない

モーニング娘。 「One・Two・Three」 (MV)
▲モーニング娘。 「One・Two・Three」 (MV)

平賀:そういえば去年、シングル『プリプリ■SUMMERキッス』で、モーニング娘。のシングル『One・Two・Three / The 摩天楼ショー』と1位を争ってましたよね。

樋口:僕はハロヲタだからモーニング娘。さんの1位をおびやかしただけでも大金星でしたね。勝っちゃいけないですし……

平賀:“勝っちゃいけない”って凄いですね(笑)。

樋口:『プリプリ■SUMMERキッス』は5枚目でしたけど、『One・Two・Three / The 摩天楼ショー』は記念すべき50枚目ですからね。歴史が違います。宣伝展開もすごかったです。それに向こうはこのタイミングで、今までやってこなかった施策を全部開放したんですよ。結果、僕らの初週が7万で向こうが9万くらい。モーニング娘。さんの49枚目は1万台だったので、全体的に上がったことが嬉しかったんです。
実際、今5~10万枚のレンジを目指しているのがモーニング娘。さんとももいろクローバーZさんとSUPER☆GiRLSなんですよ。ただ、一つ大きく違うのは、ももクロさんは握手会をやっていないんです。

--かつて秋元康さんはモーニング娘。に対し、人気絶頂のメンバーを卒業させてしまうのは失敗だと話していたことがありましたよね。SUPER☆GiRLSは結成当初から2名のメンバーが卒業、脱退しましたが、増員はしていません。これは今後も変わらないのでしょうか?

iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談
▲iDOL Street 樋口竜雄、編集長 平賀哲雄(左から)

樋口:これは「夢の引力」の歌詞などにも散りばめられているんですけど、12という数字にこだわっている所はあります。いなくなってもマイクの番号は空けていたりとか。あの2人の分もあってスパガだと、ファンも思っている。新たに加入させると拒否反応が出ちゃうかなって、ずっとやってこなかったんです。

ただ、最近の反応だったり、1年に一人ずつ抜けてることを考えると、そろそろ入れてもいいのかなって思う時はありますよ。一人の活動としてステップアップの卒業をするメンバーが居てもいいのかな、とか。

平賀:確かに秋元さんはそう言ったのかもしれないですけど、その代わりに永久機関としてのモーニング娘。を作り上げた。卒業したメンバーが舞台女優やバンドをできる仕事を、ある程度与えている。メンバーが納得して卒業していける流れは作ったのかなって。

それに推しがいなくなったらファンを辞めることもあるんだろうけど、その子が作り上げて残していったものを応援し続けようって意思とか姿勢に変わる瞬間が、モーニング娘。界隈にはあるんですよ。だから今でも高橋愛を追っている感覚が僕にはあるし、れいなや道重が辞めるまでは応援し続けたい。そして、あの子たちによって育てられたメンバーの行く末も見守りたい、っていう感覚にさせられるんです。

iDOL Street 初の武道館公演で見たいもの、見せたいもの

SUPER☆GiRLS / PAN-PAKA-PAN!
▲SUPER☆GiRLS / PAN-PAKA-PAN!

--そして6月11日には、SUPER☆GiRLSをはじめiDOL Streetにとって初の武道館公演【SUPER☆GiRLS 生誕3周年記念SP アイドルストリートカーニバル 日本武道館 ~超絶少女たちの挑戦2013~】が開催されます。

樋口:ありがたいことに、“SUPER☆GiRLSはホールが似合うね”って言われるようになってきたんですよ。ステージに幅がある方がフォーメーションとかパフォーマンスが映えると言われたので、人数がいるからこそできるステージにしたいとは思いますね。

--ただ、スパガは過去に青年館公演が集客不足で中止になる屈辱がありました。そして昨年秋には『IDOL☆J@M』の投票イベントで後輩に負けるという悔しい想いもした。そういう意味では今回の武道館も、無謀な挑戦とも言えますよね。

iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談
▲iDOL Street 樋口竜雄、編集長 平賀哲雄(左から)

樋口:本当に無謀という表現が合っていて、普通に無謀なんですよ。でも、じゃあ動員数100%が見込めるクラスの会場でやればいいのかって言っても、興行的に安心でも意味がない。もうチケットを手売りしてでも、とにかく来てくださいっていうのを ―――それこそデビュー前の握手会で、メンバー数よりもお客さんの方が少なかったころと同じ想いをしていいと思うんです。

僕はつんく♂さんや秋元さんのようにクリエイターではないし、自分で会社をやっているわけでもないから、みんなでやるしかない。武道館はきっと埋まらないってみんな思っているんでしょうけど何とか成立する所まで行ったし、みんなで作り上げた感になればいいなって。みんなが発狂するように“何で1枚でも多く売らないんだ!?”となっていることの方がいいのかなって前向きに思ってます。

--でも、現代は急激な情報化や音楽業界全体の苦戦もあって、非常に短いスパンで結果をファンからも求められてしまいますよね。

樋口:そう! 本当にそういうことを言いたい!(笑) Twitterで凄い言われるんですよ、“iDOL Streetはもうヤバい”とか“地方でやるって言ってたのに全然来ない”とか。答えを早く求めようとするのは時代的なものだと思うし、リアル&レスポンスっていう僕が勝手に言ってる言葉もそうです。ブログやTwitterにすぐレスポンスするのもそうだし、消費があまりにも激しすぎる。
でも、ハロープロジェクト!さんの15年目に対して、うちはまだ3年目で歴史がないんですよ。最初の3年が5~6年後に芽を出したり評価されれたりすることもあるから、1年とか1日だけでそれを言われちゃうと、返信はできますけど長くなっちゃうしなー……って(苦笑)。

平賀:今の話を聞くと、スパガが辿ろうとしている道は、やっぱりハローの道と近しいものがありますよね。今でこそモーニング娘。の曲は時代を捉えていますけど、一時はそういう所と関係なく在り続けることに専念していましたよね。

樋口:ただ、スパガがビジネススキームを10年15年続けるためには、絶対的なヒット曲がほしいんですよ。10~12年目くらいの一番苦しかった時期、アイドル氷河期だった時代もあり続けたモーニング娘。さんの功績は凄く大きくて、セールス面で苦戦してもやり続けてきた。その体力はヒット曲があってこそなんです。AKB48さんだってやっぱり「会いたかった」か「ヘビーローテーション」じゃないですか。フックになる曲が必要なんですよ。カラオケでも延々歌われるような。

--「MAX!乙女心」と「女子力←パラダイス」は、やり方次第ではヒット曲になり得る2曲だと思ってました。

樋口:「MAX!乙女心」と「女子力←パラダイス」は“絶対にこれだ!”って、制作ディレクターも当時改心の手ごたえで作った曲です。結果的に「MAX!乙女心」はYouTubeで580万回再生されるし、「女子力←パラダイス」も300万回再生されてる。アイドルソングとしてテッパン的要素を兼ね備えた楽曲でした。今度の「常夏ハイタッチ」もその要素はふんだんにある、継承している、ザッツアイドルソングですよ。

平賀:スパガはあくまで王道のアイドルで行くんですか?

樋口:ももクロさんとかBABYMETALさんとかみんなが変化球をやり始めたら、直球のラインだけ空いてたんですよ。ど真ん中ストレートで勝負しようっていうハロプロさんに次ぐ存在が、うちしかないんじゃないかと本気で思っています。いわゆるアイドル歌謡のポップスソングだからファンがかけ合いをしやすかったりするし、作り衣装でマネたくなるものを狙っている。そしてビジュアルはかわいくて一生懸命やってる感じがアイドルの王道なんです。

--平賀さんはiDOL Streetの初武道館に何を期待しますか。

iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談
▲編集長 平賀哲雄

平賀:3年間やってきたものが何なのか。それはパフォーマンスを通してでも映像でもいいんですけど、ガッツリ知れるものになっていて欲しいですね。途中からだといつもそこで置いてけぼりにされちゃうから。王道の人たちってストーリーが確立されているとどこから入ったらいいかがわからないし、CDも買いにくいんですよ。

樋口:スパガはまったくのど素人たちが集まった所からの歴史が3年あるので、振り返るものはありますし、映像の演出も入れようと思っています。たぶん、一見さんも歴史を知れる映像を差し込んで、昔の曲をパフォーマンスすることで伝わるんじゃないかなって。
それにCheeky Paradeはスパガのオーディションに落ちた子たちだし、iDOL Street ストリート3期生はスパガが道を切り拓いたから実施できたオーディションに、スパガが好きで受けに来た子たちなんです。GEMの誕生も含めて、歴史を一緒に体感してもらえる武道館になると思います。

平賀:……あと、SUPER☆GiRLSとモーニング娘。のライブでの激突はいつか見たいですね。ハロプロ村で育ったヲタがいつの間にかいなくなったと思っていたら、iDOL Street村を作って敬意を表しつつ挑んでるわけですから(笑)。それにモーニング娘。だけなんですよね、ハロプロ以外の現場に出向いていかないのって。

--開放するタイミングがあるとすれば、道重が卒業した後ですかね?

樋口:だからここから1年くらいの中で変わっていくと思うんですよね。鎖国と言われ続けたハロプロさんが徐々にタイバン形式のアイドルイベントに出るということをし始めていったわけですから。

平賀:そこからのモーニング娘。は、たぶん面白いことになると思いますよ。

Music Video
インタビュー写真

iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談 iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談 iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談 iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談 iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談 iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談 iDOL Street 樋口竜雄×編集長 平賀哲雄 スペシャル対談

SUPER☆GiRLS「常夏ハイタッチ」

常夏ハイタッチ

2013/06/12 RELEASE
AVCD-39118 ¥ 1,944(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.常夏ハイタッチ
  2. 02.PAN-PAKA-PAN!

関連キーワード

TAG

関連商品

わがまま GiRLS ROAD
SUPER☆GiRLS「わがまま GiRLS ROAD」

2018/11/14

[CD]

¥1,000(税込)

わがまま GiRLS ROAD
SUPER☆GiRLS「わがまま GiRLS ROAD」

2018/11/14

[CD]

¥2,000(税込)

ばぶりんスカッシュ!
SUPER☆GiRLS「ばぶりんスカッシュ!」

2018/08/15

[CD]

¥1,000(税込)

ばぶりんスカッシュ!
SUPER☆GiRLS「ばぶりんスカッシュ!」

2018/08/15

[CD]

¥2,000(税込)

キラキラ☆Sunshine
SUPER☆GiRLS「キラキラ☆Sunshine」

2018/05/02

[CD]

¥1,000(税込)

キラキラ☆Sunshine
SUPER☆GiRLS「キラキラ☆Sunshine」

2018/05/02

[CD]

¥2,000(税込)

汗と涙のシンデレラストーリー
SUPER☆GiRLS「汗と涙のシンデレラストーリー」

2017/11/29

[CD]

¥1,000(税込)

汗と涙のシンデレラストーリー
SUPER☆GiRLS「汗と涙のシンデレラストーリー」

2017/11/29

[CD]

¥2,000(税込)

汗と涙のシンデレラストーリー
SUPER☆GiRLS「汗と涙のシンデレラストーリー」

2017/11/29

[CD]

¥1,800(税込)

スイート☆スマイル
SUPER☆GiRLS「スイート☆スマイル」

2017/04/26

[CD]

¥1,000(税込)

スイート☆スマイル
SUPER☆GiRLS「スイート☆スマイル」

2017/04/26

[CD]

¥2,160(税込)

恋☆煌メケーション!!!
SUPER☆GiRLS「恋☆煌メケーション!!!」

2016/12/21

[CD]

¥1,000(税込)

恋☆煌メケーション!!!
SUPER☆GiRLS「恋☆煌メケーション!!!」

2016/12/21

[CD]

¥2,160(税込)

ラブサマ!!!
SUPER☆GiRLS「ラブサマ!!!」

2016/08/31

[CD]

¥1,000(税込)

ラブサマ!!!
SUPER☆GiRLS「ラブサマ!!!」

2016/08/31

[CD]

¥2,160(税込)

SUPER★CASTLE
SUPER☆GiRLS「SUPER★CASTLE」

2016/03/09

[CD]

¥3,000(税込)

SUPER★CASTLE
SUPER☆GiRLS「SUPER★CASTLE」

2016/03/09

[CD]

¥6,499(税込)

イッチャって♪ヤッチャって♪
SUPER☆GiRLS「イッチャって♪ヤッチャって♪」

2015/08/19

[CD]

¥1,296(税込)

イッチャって♪ヤッチャって♪
SUPER☆GiRLS「イッチャって♪ヤッチャって♪」

2015/08/19

[CD]

¥2,160(税込)

ギラギラRevolution
SUPER☆GiRLS「ギラギラRevolution」

2015/02/18

[CD]

¥1,000(税込)

ギラギラRevolution
SUPER☆GiRLS「ギラギラRevolution」

2015/02/18

[CD]

¥1,296(税込)

ギラギラRevolution
SUPER☆GiRLS「ギラギラRevolution」

2015/02/18

[CD]

¥2,160(税込)

アッハッハ!~超絶爆笑音頭~
SUPER☆GiRLS「アッハッハ!~超絶爆笑音頭~」

2014/08/13

[CD]

¥1,296(税込)

Celebration
SUPER☆GiRLS「Celebration」

2013/02/20

[CD]

¥4,104(税込)

Celebration
SUPER☆GiRLS「Celebration」

2013/02/20

[CD]

¥6,685(税込)

赤い情熱
SUPER☆GiRLS「赤い情熱」

2012/10/24

[CD]

¥1,028(税込)

赤い情熱
SUPER☆GiRLS「赤い情熱」

2012/10/24

[CD]

¥1,296(税込)

赤い情熱
SUPER☆GiRLS「赤い情熱」

2012/10/24

[CD]

¥1,944(税込)

EveryBody JUMP!!
SUPER☆GiRLS「EveryBody JUMP!!」

2012/02/01

[CD]

¥2,571(税込)

EveryBody JUMP!!
SUPER☆GiRLS「EveryBody JUMP!!」

2012/02/01

[CD]

¥3,909(税込)

EveryBody JUMP!!
SUPER☆GiRLS「EveryBody JUMP!!」

2012/02/01

[CD]

¥6,685(税込)

女子力←パラダイス
SUPER☆GiRLS「女子力←パラダイス」

2011/10/05

[CD]

¥1,028(税込)

女子力←パラダイス
SUPER☆GiRLS「女子力←パラダイス」

2011/10/05

[CD]

¥1,543(税込)

女子力←パラダイス
SUPER☆GiRLS「女子力←パラダイス」

2011/10/05

[CD]

¥1,944(税込)

がんばって 青春
SUPER☆GiRLS「がんばって 青春」

2011/04/20

[CD]

¥1,440(税込)

がんばって 青春
SUPER☆GiRLS「がんばって 青春」

2011/04/20

[CD]

¥1,851(税込)

がんばって 青春
SUPER☆GiRLS「がんばって 青春」

2011/04/20

[CD]

¥1,851(税込)

超絶少女
SUPER☆GiRLS「超絶少女」

2010/12/22

[CD]

¥2,571(税込)

超絶少女
SUPER☆GiRLS「超絶少女」

2010/12/22

[CD]

¥3,909(税込)

超絶少女
SUPER☆GiRLS「超絶少女」

2010/12/22

[CD]

¥6,685(税込)

わがまま GiRLS ROAD
SUPER☆GiRLS「わがまま GiRLS ROAD」

2018/11/14

[CD]

¥1,000(税込)

わがまま GiRLS ROAD
SUPER☆GiRLS「わがまま GiRLS ROAD」

2018/11/14

[CD]

¥2,000(税込)

ばぶりんスカッシュ!
SUPER☆GiRLS「ばぶりんスカッシュ!」

2018/08/15

[CD]

¥1,000(税込)

ばぶりんスカッシュ!
SUPER☆GiRLS「ばぶりんスカッシュ!」

2018/08/15

[CD]

¥2,000(税込)

キラキラ☆Sunshine
SUPER☆GiRLS「キラキラ☆Sunshine」

2018/05/02

[CD]

¥1,000(税込)

キラキラ☆Sunshine
SUPER☆GiRLS「キラキラ☆Sunshine」

2018/05/02

[CD]

¥2,000(税込)

汗と涙のシンデレラストーリー
SUPER☆GiRLS「汗と涙のシンデレラストーリー」

2017/11/29

[CD]

¥1,000(税込)

汗と涙のシンデレラストーリー
SUPER☆GiRLS「汗と涙のシンデレラストーリー」

2017/11/29

[CD]

¥2,000(税込)

汗と涙のシンデレラストーリー
SUPER☆GiRLS「汗と涙のシンデレラストーリー」

2017/11/29

[CD]

¥1,800(税込)

スイート☆スマイル
SUPER☆GiRLS「スイート☆スマイル」

2017/04/26

[CD]

¥1,000(税込)

スイート☆スマイル
SUPER☆GiRLS「スイート☆スマイル」

2017/04/26

[CD]

¥2,160(税込)

恋☆煌メケーション!!!
SUPER☆GiRLS「恋☆煌メケーション!!!」

2016/12/21

[CD]

¥1,000(税込)

恋☆煌メケーション!!!
SUPER☆GiRLS「恋☆煌メケーション!!!」

2016/12/21

[CD]

¥2,160(税込)

ラブサマ!!!
SUPER☆GiRLS「ラブサマ!!!」

2016/08/31

[CD]

¥1,000(税込)

ラブサマ!!!
SUPER☆GiRLS「ラブサマ!!!」

2016/08/31

[CD]

¥2,160(税込)

SUPER★CASTLE
SUPER☆GiRLS「SUPER★CASTLE」

2016/03/09

[CD]

¥3,000(税込)

SUPER★CASTLE
SUPER☆GiRLS「SUPER★CASTLE」

2016/03/09

[CD]

¥6,499(税込)

イッチャって♪ヤッチャって♪
SUPER☆GiRLS「イッチャって♪ヤッチャって♪」

2015/08/19

[CD]

¥1,296(税込)

ギラギラRevolution
SUPER☆GiRLS「ギラギラRevolution」

2015/02/18

[CD]

¥1,296(税込)

ギラギラRevolution
SUPER☆GiRLS「ギラギラRevolution」

2015/02/18

[CD]

¥2,160(税込)

アッハッハ!~超絶爆笑音頭~
SUPER☆GiRLS「アッハッハ!~超絶爆笑音頭~」

2014/08/13

[CD]

¥1,296(税込)

花道!!ア~ンビシャス
SUPER☆GiRLS「花道!!ア~ンビシャス」

2014/05/14

[CD]

¥1,296(税込)

花道!!ア~ンビシャス
SUPER☆GiRLS「花道!!ア~ンビシャス」

2014/05/14

[CD]

¥2,160(税込)

空色のキセキ
SUPER☆GiRLS「空色のキセキ」

2014/02/12

[CD]

¥1,296(税込)

常夏ハイタッチ
SUPER☆GiRLS「常夏ハイタッチ」

2013/06/12

[CD]

¥1,944(税込)

常夏ハイタッチ
SUPER☆GiRLS「常夏ハイタッチ」

2013/06/12

[CD]

¥1,944(税込)

Celebration
SUPER☆GiRLS「Celebration」

2013/02/20

[CD]

¥2,571(税込)

Celebration
SUPER☆GiRLS「Celebration」

2013/02/20

[CD]

¥4,104(税込)

Celebration
SUPER☆GiRLS「Celebration」

2013/02/20

[CD]

¥6,685(税込)

赤い情熱
SUPER☆GiRLS「赤い情熱」

2012/10/24

[CD]

¥1,028(税込)

赤い情熱
SUPER☆GiRLS「赤い情熱」

2012/10/24

[CD]

¥1,296(税込)

赤い情熱
SUPER☆GiRLS「赤い情熱」

2012/10/24

[CD]

¥1,944(税込)

プリプリ□SUMMERキッス
SUPER☆GiRLS「プリプリ□SUMMERキッス」

2012/07/04

[CD]

¥1,944(税込)

プリプリ□SUMMERキッス
SUPER☆GiRLS「プリプリ□SUMMERキッス」

2012/07/04

[CD]

¥1,944(税込)

1,000,000☆スマイル
SUPER☆GiRLS「1,000,000☆スマイル」

2012/04/18

[CD]

¥1,028(税込)

女子力←パラダイス
SUPER☆GiRLS「女子力←パラダイス」

2011/10/05

[CD]

¥1,028(税込)

女子力←パラダイス
SUPER☆GiRLS「女子力←パラダイス」

2011/10/05

[CD]

¥1,543(税込)

女子力←パラダイス
SUPER☆GiRLS「女子力←パラダイス」

2011/10/05

[CD]

¥1,944(税込)

がんばって 青春
SUPER☆GiRLS「がんばって 青春」

2011/04/20

[CD]

¥1,440(税込)

がんばって 青春
SUPER☆GiRLS「がんばって 青春」

2011/04/20

[CD]

¥1,851(税込)

がんばって 青春
SUPER☆GiRLS「がんばって 青春」

2011/04/20

[CD]

¥1,851(税込)

超絶少女
SUPER☆GiRLS「超絶少女」

2010/12/22

[CD]

¥2,571(税込)

超絶少女
SUPER☆GiRLS「超絶少女」

2010/12/22

[CD]

¥3,909(税込)

超絶少女
SUPER☆GiRLS「超絶少女」

2010/12/22

[CD]

¥6,685(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    6ix9ine(シックスナイン)再び逮捕、有罪なら終身刑も

  2. 2

    DREAMS COME TRUE、30周年前夜祭ツアーで朝ドラ『まんぷく』主題歌を初披露

  3. 3

    テイラー・スウィフト、【レピュテーション・ツアー】初日のセットリストが明らかに

  4. 4

    【ビルボード】乃木坂46『帰り道は遠回りしたくなる』が1,103,609枚を売り上げ週間シングル・セールス首位獲得

  5. 5

    竹内まりや、初のファンミーティングで2500人を魅了

SPECIAL

インタビュー・タイムマシン

more

more

HOT IMAGES

注目の画像