Billboard JAPAN


Special Contents

安室奈美恵 『Uncontrolled』インタビュー

安室奈美恵 アルバム『Uncontrolled』 インタビュー

 カリスマ的な人気を誇るティーン・アイドル時代を経て、一人の自立したシンガー&エンターテイナーへ。音楽性を大胆に進化させながら、エッジとポップを行き来する唯一無二のスタイルを貫き、そのクールな歌とダンスで表現し続けてきた安室奈美恵。国内外の気鋭クリエイター勢が参加したニューアルバム『Uncontrolled』にみる、デビュー以来の変わらぬ思いと、その20年の軌跡。

小室哲哉プロデュースからの独立以降

--ニューアルバム『Uncontrolled』は、オリジナルアルバムとしては、前作『PAST<FUTURE』から約2年半ぶりの作品となるわけですが。

安室奈美恵:本当は今年が始まってすぐアルバムに向けて動き始めてたんです。去年の時点で楽曲も準備してたし、今年はサクサク行けちゃうねって言ってたのに、結局ぎりぎりの完成になっちゃいましたね。いつもアルバム・タイトルはみんなでアイディアを出していく感じなんですけど、ピンと来るものがなくて、私もなかなか首をタテに振らない、みたいな(笑)。

--そこに、『Uncontrolled』というタイトルがついに出てきた、と。

安室奈美恵:あ、これで決まったねって。すごくいいタイトルだと思うんです。

--それはつまり、『Uncontrolled』(=抑制されていない、自由な)と言う言葉に、自分の中でも思い当たる節があったということなんでしょうか?

安室奈美恵:この20年間の自分を思ったときに、なるほどなって納得しちゃった言葉だったというか。すごいわがままを言ってるときもあるし、ほんとに自由にさせてもらっちゃってるから、本当、この一言だなって思ってます。

--だからこそ、音楽やスタイルを大胆に変化させたり進化させながら歩んでこれた、と。

安室奈美恵:そういうのって、思っててもなかなか出来なかったり、やらせてもらえなかったりすることも多いと思うんです。なので、やらせてもらえてる私は本当にラッキーだと思うし、だからこそ、結果はちゃんと出したいなと思ってます。じゃないと単なるわがままになっちゃうから。

--小室哲哉さんのプロデュースから独立して以降、その傾向が顕著になった印象もありますよね。

安室奈美恵:もともとは、「歌う楽曲を自分で選んでみれば?」って提案してもらったのがきっかけだったんです。小室さん楽曲だった頃は、用意してもらった楽曲の世界観に飛び込んでいく感じで、決められたものをどう表現するかっていう、吸収の時期だったというか。逆にアウトプットがあまり出来なかった分、歌う楽曲を自分で決められるってことが当時はとにかく嬉しくて。ただそれを具現化していくうえで、人にそれを伝えることがいかに難しいかをまだ知らなかったので、そこは大変でしたね。今でも人に何かを伝えることはあんまり得意じゃないんですけど、当時はどう伝えればどういう楽曲と出会えるのかが漠然としかわからなくて。そこは今でもなかなかうまく伝えられないところなんですけどね。自分で決める=それに伴う責任っていうところでも悩みました。でも、自分で決めたことで失敗したのなら、自分で責任をとればいい。自分がしたことで誰かが失敗するのなら、どうすればいいんだろうってほんとに悩んじゃうけど、自分に返ってくるんなら次で巻き返せばいいやって。そういう意味では、ラクなのかなとは思いましたけどね。

--ただ、10代で築いたものがあまりに大きかったことへのプレッシャーや、当時すぐに大きな結果が出たわけではなかったことからも、かなり葛藤された時期もあったんじゃないかと思うんです。

安室奈美恵:そこは悩んだし、どうすればいいかわからなかったし、結果を出す方法も見つからなかったし。それでもう、ランキングもセールスの枚数も安室奈美恵っていう名前も、いろんなことを気にせず作りたいってところでSUITE CHICをやらせてもらったんです。それで意外といろんなものが吹っ切れたというか。ああだこうだと考えたり、細かいことは抜きにして、今自分が楽しいと思うこと、歌いたいと思うもの、ほんとに自分がやりたいことを自由に形にすればいいんだなって思ったらすごいラクになったんです。

--自由と引き換えなら、多少のリスクは怖くない、と。

安室奈美恵:別に怖くないっていうわけではないんですけどね。ただ、こういう仕事にリスクがあるのは当然だったりするっていうことは、ちょっとは理解してるっていうか。例えば何か発言するにしても、みんな自分の発言にリスクを感じたりすることがあると思うんです。でも私の場合は、そうすることで自分が好きなことを思いっきり表現出来るんだったらリスクをおそれずに伝えたいって思うんです。ただそこで結果が出ないと単なるわがままになってしまうから、そこはどうやればちゃんと結果が出るか考えるべきだとは思うんです。周りの人の判断にお任せする部分もあれば、自分で判断して考える場合もある。(自由に自分のペースを貫くということは)それが出来るかどうかってことなのかなって思いますけどね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. こんな歌手になりたいって思ってもらえる人に
  3. Next >
こんな歌手になりたいって思ってもらえる人に

--確かにそうですね。仮に迷ったり葛藤したとき、指針にしているものって何かありますか?

安室奈美恵:自分がデビューした時に、見てくれた人に、こんな歌手になりたいって思ってもらえる人になりたいなっていう目標は、20年間変わってないですね。デビュー前からもう、ジャネット・ジャクソンやポーラ・アブドゥールとかアンヴォーグとか、自分の好きなアーティストみたいな歌手になりたいっていう、そこをめがけて一直線でした。どこのステージで歌いたいとかっていう具体的なイメージとかはなくて、歌うこと、歌の練習をすることがとにかく楽しくて、ただ漠然と同じ養成所に通っていたみんなでデビューしたいっていう思いだけでしたから。

--今でもジャネットは好き?

安室奈美恵:今でも大好きです。男性アーティストよりも女性アーティストの方が好きですね。シーラEも、普通にビデオで見てた人と一緒にコンサートやれた時はもうほんとに夢みたいでしたね。

--ジャネットやシーラEからインスパイアされたタフでクールな女性像……最新のエレクトロポップやダンスミュージックの要素がたっぷりと詰まった『Uncontrolled』の根本にあるのもそういう、“強い女性のイメージ”ですよね。

安室奈美恵:どんな人にも弱い部分はあるけど、強く歩いて行ける人はカッコいいなって思うんです。なので、そういう女性のイメージを歌手としての安室奈美恵で表現出来たらいいなって思ってます。でも実際には、強いがゆえの弱さってあると思うし、あんまり強く歩いて行かれちゃうと、たくまし過ぎて恋愛の妨げにもなるだろうし(笑)。でも歌手の安室奈美恵としてそれを表現する分にはアリというか。強さを表現することで、自分の中でもいろんなものが発散出来るし、見てくれる人にも、ライヴを見てスカッとしたとかって言ってもらえたらすごい嬉しい。そこまで強い女性にはなれないけど、なった気分で聞いててすっきりする感じでもいいかなって思うんです。

--今年でデビュー20周年、というところはアルバムを作るうえで意識しましたか?

安室奈美恵:なるべく私自身は意識しないようにしてましたね。今回もとくにコンセプトとかはなくて、いいと思う曲、歌いたい曲を選んでいった感じなんです。今年ははっちゃけられたらなっていうか、楽しめるときには思い切り楽しめるような、とにかくアガるアルバムになったと思います。

--現実問題として、楽しいことよりそうじゃないことの方が多かったりもするわけですし……。

安室奈美恵:それって多分、アガってるときよりも落ちてるときの方が印象に残りやすいから、落ちてるときの方が多い気がするんじゃないかなって。でも『Uncontrolled』を聞いて気持ちをアゲてもらえたら嬉しいですよね。

--いつもどういうところを基準にして楽曲を選ぶんですか?

安室奈美恵:私は歌を歌う人だから、曲(トラック)を聞いた印象だけでは選ばないんですよね、最初は。歌った感じとか、メロディを聞いた感じとか、「あ、この言葉カッコいいな」とか、そういうところで決めたりするから、自分が歌ってるところが想像できないものは、やっぱりどういうタイミングで何回デモを聞いてもピンと来ない。それは不思議だなって思います。

--今回、T-Kura&michico、Nao'ymt、大沢伸一といった現在の安室奈美恵サウンドに欠かせない面々に加えて、新たに海外のクラブ系アーティストも制作陣に名を連ねていらっしゃいますよね。安室さん自身も、ポップシーンやクラブミュージックのトレンドはこまめにチェックしているタイプ?

安室奈美恵:私自身は積極的にいろんな音楽を探ったりするタイプではないんです。その分、スタッフとか、いろんなものを見てたり聞いてたりする人から提案してもらうと、「今までこれはカテゴリーになかったけど、こんな感じだとまたすごいいいかも」って思えることもあるし。そういう流れがいい感じに出来てるってとこはありますよね。

--ああ、その流れが絶妙だからこそ、結果的にカッティングエッジな部分とポップな部分のバランスが取れてるのかもしれない。

安室奈美恵:そうなんですかね? でもただ目新しければいいってことはなくて、自分に合わないものは絶対選ばないし、ないものははっきりないっていいます。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 20年やってきたっていう、達成感があればいいな
  3. Next >
20年やってきたっていう、達成感があればいいな

--ちなみに今回は海外のクリエイターが制作陣に加わったこともあってか、全編英語詞の楽曲も数曲あったりと、英語詞率が高めだったのも印象的でした。これは海外のリスナーを意識した部分もあったのでしょうか?

安室奈美恵:そういうことはとくになくて。英語の方がサウンド的にしっくりくるなと思ったので、言語のしばりもなくして自由に考えてみた結果、英語詞が多くなったっていう感じなんです。

--「Hot Girls」や、WOWOW 欧州サッカーテーマソングでもある「ONLY YOU」はまさにそういう新境地ナンバーですよね。

安室奈美恵:「Hot Girls」とか「ONLY YOU」って、声もわりとローな感じだし、初めてのタイプの曲でもあったので、どういう感じで聞いてもらえるのかなって思いながら作ってたというか。自分の中では、好き嫌いがわかれそうかなっていうか、探り探りだったんですよね。

--「Hot Girls」はコーラスの部分にもドキッとしますからね。

安室奈美恵:そういうのも、「やりました!」っていう感じではなく、さらっとやれた感じがよかったなって思いますね。

--こういうセクシーなトライをさらっとできるというのも、今まで積み重ねてきたキャリアがあるからこそというか。

安室奈美恵:音楽に年齢は関係ないかなっていう感覚があるんですよね。10代の頃とかだと、恋愛経験もそんなにないのにすごい大人っぽい曲を歌ってみたりとか、ちょっと背伸びをしてみたりすると思うんです。で、今はやっと年齢が楽曲の雰囲気に追いついてきたわけですけど、だからといってここから音楽的に老けていくわけじゃないというか。今ってきっと、音楽的にもいちばんいろんなことができる年齢だと思うんですよね。そういう感じをずっと保っていけたらいいなって思いますね。

--実際、今の30代の女性は見た目も中身も若いですよね。

安室奈美恵:そうですよね。10代の頃って、30代だともう落ち着いちゃってるのかなって思ってたけど、実際はいちばん勢いがある世代なのかなって思うんですよね。みんなエネルギッシュだし、心身ともに若いし。

--とはいえ、アルバムにも収録されている美バラード「Love Story」でも歌われているように、仕事や恋にいちばん悩んだりもする年代でしょうし、現実にはそれに加えて家事なんかもしなきゃいけないわけですから。

安室奈美恵:ほんと、忙しい(笑)。うまくやるには2つぐらいが限界ですよね。だけど、もうちょっと上の世代の方を見ててもすごく若々しくて綺麗な方がたくさんいらっしゃるから、まだまだこれからだなって思っちゃう。そういう先輩方がいらっしゃるおかげで、これからも全然がんばれるというか、大丈夫だなって思う。

--その分だと、これからも音楽面で守りに入ることはなさそうですよね。まず今後の攻めの一歩として、デビュー日にあたる9月16日に沖縄で開催されるデビュー20周年記念スペシャルライブ【namie amuro 20th ANNIVERSARY LIVE in OKINAWA】では、これまでコラボをしたAI、川畑要(CHEMISTRY)、土屋アンナ、Zeebra、VERBAL(m-flo)、Mummy-D(RHYMESTER)の6組の方がゲストとして共演参加。ゲストを招いてのライブってこれが初の試みですよね。

安室奈美恵:そうですね。どうなっちゃうんでしょうね(笑)。ゲストの方々がいらっしゃるだけできっとすごい盛り上がると思うんですけどね。

--さらに、11月からの初の5大ドームツアー【namie amuro 5大ドームTOUR 2012 ~20th Anniversary Best~】では、一部のセットリストがファンの方からの楽曲投票で決まるそうですが。

安室奈美恵:私もどんな楽曲が選ばれるかわからないので、楽しみなんです。最近、ライブに備えて昔の曲を聞いたりしてるんですけど、小室さんてやっぱりすごいなって思ったのが、最近の楽曲と並べて聴いてもうまく混ざるんですよね。

--確かに最近のエレクトロポップと小室さんの音楽って、どこか近しい部分もあるのかもしれないですね。

安室奈美恵:ね? 私自身、もともとそういう小室さんの作る音がほんとに好きなんだろうな、なるほどなって思いました。

--デビューして20年……長かったのか、それともあっという間だったのか……実際に20年を振り返る楽曲をステージ上で歌うことで、改めて実感する思いもきっとあるでしょうね。

安室奈美恵:あらためてデビューして20年だなって考えると、全然20年もやってきた感覚がないところもあるんですけど、デビュー当時となると、結構昔のことだなっていう感覚もあって……。だから実際ステージに立ってみるまで、どう感じるのかわからないところもありますね。ただ、20年やってきたっていう、達成感があればいいなって思います。

Interviewer:早川加奈子

Namie Amuro「Uncontrolled」

Uncontrolled

2012/06/27 RELEASE
AVCD-38522 ¥ 4,104(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.In The Spotlight (TOKYO)
  2. 02.NAKED
  3. 03.GO ROUND (’N ROUND ’N ROUND)
  4. 04.Sit! Stay! Wait! Down!
  5. 05.Hot Girls
  6. 06.Break It
  7. 07.Get Myself Back
  8. 08.Love Story
  9. 09.Let’s Go
  10. 10.SINGING “YEAH-OH”
  11. 11.Fight Together
  12. 12.ONLY YOU
  13. 13.Tempest

関連キーワード

TAG

関連商品

Finally
Namie Amuro「Finally」

2017/11/08

[CD]

¥3,780(税込)

Finally
Namie Amuro「Finally」

2017/11/08

[CD]

¥5,184(税込)

Finally
Namie Amuro「Finally」

2017/11/08

[CD]

¥4,644(税込)

Just You and I
NAMIE AMURO「Just You and I」

2017/05/31

[CD]

¥1,080(税込)

Just You and I
NAMIE AMURO「Just You and I」

2017/05/31

[CD]

¥1,620(税込)

Hero
NAMIE AMURO「Hero」

2016/07/27

[CD]

¥1,080(税込)

Hero
NAMIE AMURO「Hero」

2016/07/27

[CD]

¥1,944(税込)

Mint
Namie Amuro「Mint」

2016/05/18

[CD]

¥1,080(税込)

Mint
Namie Amuro「Mint」

2016/05/18

[CD]

¥1,620(税込)

Red Carpet
NAMIE AMURO「Red Carpet」

2015/12/02

[CD]

¥1,080(税込)

Red Carpet
NAMIE AMURO「Red Carpet」

2015/12/02

[CD]

¥1,620(税込)

_genic
namie amuro「_genic」

2015/06/10

[CD]

¥3,240(税込)

_genic
namie amuro「_genic」

2015/06/10

[CD]

¥4,536(税込)

_genic
namie amuro「_genic」

2015/06/10

[CD]

¥4,104(税込)

_genic
namie amuro「_genic」

2015/06/10

[CD]

¥3,240(税込)

_genic
namie amuro「_genic」

2015/06/10

[CD]

¥4,536(税込)

_genic
namie amuro「_genic」

2015/06/10

[CD]

¥4,104(税込)

Ballada
安室奈美恵「Ballada」

2014/06/04

[CD]

¥3,132(税込)

Ballada
安室奈美恵「Ballada」

2014/06/04

[CD]

¥4,536(税込)

Ballada
安室奈美恵「Ballada」

2014/06/04

[CD]

¥4,104(税込)

グロテスク feat.安室奈美恵
平井堅 安室奈美恵「グロテスク feat.安室奈美恵」

2014/04/02

[CD]

¥1,296(税込)

グロテスク feat.安室奈美恵
平井堅 安室奈美恵「グロテスク feat.安室奈美恵」

2014/04/02

[CD]

¥1,728(税込)

グロテスク feat.安室奈美恵
平井堅 安室奈美恵「グロテスク feat.安室奈美恵」

2014/04/02

[CD]

¥1,728(税込)

Queen of Hip Pop
NAMIE AMURO「Queen of Hip Pop」

2012/09/16

[CD]

¥1,543(税込)

STYLE
NAMIE AMURO「STYLE」

2012/09/16

[CD]

¥1,543(税込)

break the rules
namie amuro「break the rules」

2012/09/16

[CD]

¥1,543(税込)

GENIUS 2000
NAMIE AMURO「GENIUS 2000」

2012/09/16

[CD]

¥1,543(税込)

181920
NAMIE AMURO「181920」

2012/09/16

[CD]

¥1,543(税込)

Concentration 20
Namie Amuro「Concentration 20」

2012/09/16

[CD]

¥1,543(税込)

SWEET 19 BLUES
NAMIE AMURO「SWEET 19 BLUES」

2012/09/16

[CD]

¥1,543(税込)

Uncontrolled
Namie Amuro「Uncontrolled」

2012/06/27

[CD]

¥3,240(税込)

Uncontrolled
Namie Amuro「Uncontrolled」

2012/06/27

[CD]

¥4,104(税込)

Go Round/YEAH-OH
Namie Amuro「Go Round/YEAH-OH」

2012/03/21

[CD]

¥1,080(税込)

Finally
Namie Amuro「Finally」

2017/11/08

[CD]

¥3,780(税込)

Finally
Namie Amuro「Finally」

2017/11/08

[CD]

¥5,184(税込)

Finally
Namie Amuro「Finally」

2017/11/08

[CD]

¥4,644(税込)

Hero
NAMIE AMURO「Hero」

2016/07/27

[CD]

¥1,080(税込)

Hero
NAMIE AMURO「Hero」

2016/07/27

[CD]

¥1,944(税込)

Mint
Namie Amuro「Mint」

2016/05/18

[CD]

¥1,080(税込)

Mint
Namie Amuro「Mint」

2016/05/18

[CD]

¥1,620(税込)

_genic
namie amuro「_genic」

2015/06/10

[CD]

¥3,240(税込)

_genic
namie amuro「_genic」

2015/06/10

[CD]

¥4,536(税込)

_genic
namie amuro「_genic」

2015/06/10

[CD]

¥4,104(税込)

_genic
namie amuro「_genic」

2015/06/10

[CD]

¥3,240(税込)

_genic
namie amuro「_genic」

2015/06/10

[CD]

¥4,536(税込)

_genic
namie amuro「_genic」

2015/06/10

[CD]

¥4,104(税込)

Ballada
安室奈美恵「Ballada」

2014/06/04

[CD]

¥3,132(税込)

Ballada
安室奈美恵「Ballada」

2014/06/04

[CD]

¥4,536(税込)

Ballada
安室奈美恵「Ballada」

2014/06/04

[CD]

¥4,104(税込)

TSUKI
NAMIE AMURO「TSUKI」

2014/01/29

[CD]

¥1,944(税込)

LOVE□うた
(V.A.) 絢香 安室奈美恵 木村カエラ 一青窈 福井舞 BoA BONNIE PINK「LOVE□うた」

2013/10/02

[CD]

¥2,571(税込)

FEEL
Namie Amuro「FEEL」

2013/07/10

[CD]

¥3,146(税込)

FEEL
Namie Amuro「FEEL」

2013/07/10

[CD]

¥4,536(税込)

FEEL
Namie Amuro「FEEL」

2013/07/10

[CD]

¥4,104(税込)

Past<Future
安室奈美恵「Past<Future」

2012/09/16

[CD]

¥1,543(税込)

BEST FICTION
安室奈美恵「BEST FICTION」

2012/09/16

[CD]

¥1,543(税込)

PLAY
NAMIE AMURO「PLAY」

2012/09/16

[CD]

¥1,543(税込)

break the rules
namie amuro「break the rules」

2012/09/16

[CD]

¥1,543(税込)

GENIUS 2000
NAMIE AMURO「GENIUS 2000」

2012/09/16

[CD]

¥1,543(税込)

181920
NAMIE AMURO「181920」

2012/09/16

[CD]

¥1,543(税込)

Concentration 20
Namie Amuro「Concentration 20」

2012/09/16

[CD]

¥1,543(税込)

SWEET 19 BLUES
NAMIE AMURO「SWEET 19 BLUES」

2012/09/16

[CD]

¥1,543(税込)

Uncontrolled
Namie Amuro「Uncontrolled」

2012/06/27

[CD]

¥3,240(税込)

FAKE feat.安室奈美恵
AI 安室奈美恵「FAKE feat.安室奈美恵」

2010/03/31

[CD]

¥1,440(税込)

Past<Future
安室奈美恵「Past<Future」

2009/12/16

[CD]

¥3,146(税込)

Past<Future
安室奈美恵「Past<Future」

2009/12/16

[CD]

¥4,104(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    6ix9ine(シックスナイン)再び逮捕、有罪なら終身刑も

  2. 2

    DREAMS COME TRUE、30周年前夜祭ツアーで朝ドラ『まんぷく』主題歌を初披露

  3. 3

    テイラー・スウィフト、【レピュテーション・ツアー】初日のセットリストが明らかに

  4. 4

    【ビルボード】乃木坂46『帰り道は遠回りしたくなる』が1,103,609枚を売り上げ週間シングル・セールス首位獲得

  5. 5

    竹内まりや、初のファンミーティングで2500人を魅了

SPECIAL

インタビュー・タイムマシン

more

more

HOT IMAGES

注目の画像