Billboard JAPAN


Special Contents

モーニング娘。 『ワクテカ Take a chance』インタビュー

モーニング娘。 『ワクテカ Take a chance』 インタビュー

 取材半ばにまーちゃん暴走警報発令! 高橋愛号泣とは全く別ベクトルで想定外、用意していた話題をことごとく学校やお風呂の話にすり替えられていく新感覚インタビュー。鞘師里保も工藤遥も俺も誰も怪物をコントロールできませんでした(笑)。

 そんなおそらく伝説になるであろうハプニング(!?)に見舞われつつも、今回は前作『One・Two・Three/The 摩天楼ショー』のヒット、鞘師里保のエースと呼ばれることに対しての想い、工藤遥のプレッシャー、まーちゃんの重要性、新作『ワクテカ Take a chance』発売への意気込み、幼き天才3人の目標などについて語ってもらった。

鞘師里保、エースと呼ばれることへのプレッシャー

インタビュー写真

--道重さゆみリーダー就任後、新体制となって初のシングル『One・Two・Three/The 摩天楼ショー』。モーニング娘。にとって10年ぶりに初週10万枚突破したシングルになりましたが、どんなことを感じました?

鞘師里保:普段の2倍、3倍ぐらいの数字だったんですよね? 自分たちでは「10万枚」と言われても最初はよく分からなくて……。でも握手会とかでファンの人たちが「1位になれたらいいね」と言って下さったりしていたので、50枚目のシングルが周囲に期待されているって感じてはいたんですよ。初めてモーニング娘。のCDを買いに来てくれた人もいましたし、期待に応えたいっていつも以上に思っていました。

--そのシングルの精力的なプロモーションやヒットによって、モーニング娘。を再評価する声が増えました。雑誌の表紙などクローズアップされることも多くなっていますが、素直に嬉しい?

工藤遥:はい。50枚目のシングルが出るタイミングでモーニング娘。に居られることもすごく嬉しかったですし、田園都市線にひとりひとりのポスターが貼られたこともすごく嬉しくて。それを見る為だけに田園都市線を通ってから集合場所に向かったりして(笑)。

佐藤優樹:私は学校の子に「モーニング娘。ってこの頃、CDが目につくところにあるよね」って言われて、普通に「あ、本当?」って答えながらも「よっしゃー!」って心では思っていて。

--(笑)

佐藤優樹:それで、すぐに母に伝えたりして。あと、いろんなところにポスターを貼って頂けたので、それを「見たよ、まーちゃん!」「ほらほら、写真撮ったんだよ!」とかって言われると、「わーお!」って思うんですよ。学校がつまんない日でも、それを聞くとワクワクするというか、「やっほー!」って思うんですよ。普通に心から嬉しいんで、勉強もスラスラスラって出来たりとか。だから『One・Two・Three/The 摩天楼ショー』をこの10人体制でできて良かったなぁ~って思いました。心から、ぶわっって!

--めちゃくちゃ嬉しいのは伝わりました。その頃、新リーダーの道重さゆみは、いろんなプレッシャーもあってか、同作のリリースイベントで涙を流す場面もありましたが、後輩たちから見て今の道重さんはどんな風に映っているの?

インタビュー写真
▲鞘師里保

鞘師里保:最初はやっぱりプレッシャーを感じていたのか、それまでの弾けていた感じを見かけなくなっていたんですよ。そんな中で私たちのことをすごく見てくれていて、注意したりもしてくれている中で道重さんの心境がじわじわ伝わって、「しっかりしなきゃ。心配かけたくない」って思いました。あと、リリースイベントで中澤裕子さんに「しげちゃんはしげちゃんのままで良いんだよ」って言われて「嬉しかった。ほっとした」と言っているのを聞いて、みんなでみんなを支えたいなと思ったというか、誰かが困っていたら助けてあげられる。直接じゃなくても、どこかで助け合えるグループになれたら良いなって思いました。

--また、プレッシャーと言えば、モーニング娘。のエースとして紹介されること、ジャケットのセンターに立つことについて、鞘師さんはどんなことを感じていますか?

鞘師里保:そうですね。うーん……

--ぶっちゃけトークが聞きたいです。

鞘師里保:アハハ! 怖かったというか……「どうしよう?」って思ったりはしました。『One・Two・Three/The 摩天楼ショー』のときは「50枚目のシングルなのにここに立っていていいのか?」って思ったりしたんですけど、でもそういうプレッシャーが悪い面に転がったりするのが、今までの人生の経験上よくあるパターンだったので(笑)、今回は与えられたものに対してしっかり取り組もうと。気にせず、って言い方はおかしいですけど、あんまり負担と思わないように、冷静でいられるようにしました。

--勝手なイメージですが、鞘師さんって今のモーニング娘。において比較的図太くないメンバーだと思っていたんですよ。「え?私がセンター?」「え?私がリードボーカル?」みたいな感じでいちいち驚いて「どうしよう?」って悩み出すような……そこって実際のところどうなんでしょう?

鞘師里保:最初は、例えば曲の始まりの部分を歌わせてもらったり、コンサートの立ち位置が真ん中の方だったりしたら、純粋に「やったー!」って喜んでいたんですけど、次第に「どうしよう、どうしよう?」って思うようになってきて。でも今は焦ったら冷静になるように気を付けてます。あと、やっぱり田中(れいな)さんや道重さんと比べて経験不足な分、劣っている部分はたくさんあるんですけど、今は今なりに自分の持っているものをしっかり出して、胸を張って「今は精一杯でここまで出来ます!」っていうところを見せていきたい。

--そういう自分との戦いもあると思うんですけど、石田亜佑美のような分かり易くライバル視してくるメンバーもいる訳じゃないですか。そこは楽しめてるの? それとも「うわぁ、すごい食いついてくる。どうしよう?」みたいな感じなの?

鞘師里保:アハハ! 亜佑美ちゃんからは前までライバル視されていたんですけど、最近では「ライバル!と思ってバチバチした目では見てないです。今は落ち着きました」って言っていて(笑)。

※この件、石田亜佑美に確認したところ、「私は入ってきたときに「ダンスが得意です」って言っちゃったんですけど、鞘師さんの存在はやっぱり大きくて。もちろん“負けたくない”と思うところはあるんですけど、私のダンスでは敵わない。鞘師さんのダンスはただ激しいだけじゃなくて、綺麗な動きもできるし、そういう部分ではまだまだ全然追いつけないなって思うので、私はモーニング娘。としてダンスだけで頑張るんじゃなくて、歌や表情を含めたトータル的なパフォーマンス力をもっともっと上げていって「ダンスだけは得意です」って云う人にはならないようにしようと思いました」と答えてくれた。

鞘師里保:でも最初は凄いなって思いました。私は自分から「この人、ライバル」って思ったりすることはないんですけど、10期は前に出て行こうとする姿勢が凄くて。(佐藤)優樹ちゃんはガツガツしてないけど、いつも話題の中に出てくるメンバーになっているし。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 工藤遥の苛立ち「どれだけまーちゃんを嫌いに……」
  3. Next >
工藤遥の苛立ち「どれだけまーちゃんを嫌いに……」

インタビュー写真
▲佐藤優樹

--大先輩である田中れいなと肩を並べて歌うことに対してはどうですか?

鞘師里保:私、成長してるとは言われるんですけど、歌が上手いとは思われてないと思うんですよ。やっぱりまだまだ差があって、田中さんはレコーディングもスパッと良いテイクを録れたりするんです。私はいつもその倍の時間は必要とするので……田中さんは凄いなって思います。でも隣で歌っていて「嫌だな」っていう風には思われたくないので、自分ももっともっと上手くなりたいし、一緒に並んでも悪く目立ちたくないし、そこは頑張っていきたいと思ってます。

--そんな鞘師里保擁する9期は、10期にとってどんな存在だったりするんでしょう?

佐藤優樹:最初は分からないことが多いじゃないですか。そこで9期さんは10期が悪い道に進まないように、良い道に進むようにしてくれて。

工藤遥:最初の10期は4人ともバラバラだったし、私ももっとツンツンしていたんですよ。それであんまり上手くいってなかったんですけど、そういうときに9期さんは声をかけてくれたり、振りを憶えるのが遅いメンバーがいればいろいろ教えてくださって。なので、9期さんがいなかったら10期は相当厳しかっただろうなって思いますね。

--ただ、前回のインタビューでは、大槻ケンヂ原作の舞台【ステーシーズ 少女再殺歌劇】の裏側で9期vs10期ガチ闘争が起きたと聞きました。工藤さんや石田さんが生田(衣梨奈)さんと鈴木(香音)さんのミスを責めるという……そういう場面を見て、9期メンバーの一員としてはどんなことを感じるんですか?

佐藤優樹:いや……

--待って。まーちゃん、9期じゃないよね?

一同:(笑)

佐藤優樹:「何言ってんだよ、2人とも!」ってこっちは思うんですよ。

--待って待って待って。誰に対して?

佐藤優樹:くどぅー(工藤)とあゆみん(石田)に対して。「それ、言っていいの?」って思っちゃう。もう鳥肌と冷や汗ですよ。でもそれに対して生田さんは「ごめん、わかった」って冷静に応えてくれていて。

鞘師里保:でも度肝を抜かれました。ビックリした。まぁでも「10期だから言えるんだろうな」と思って見てました。さすがだなって。どういう意味での“さすが”かはよく分かんないんですけど(笑)。私もなんか言われるんじゃないかと思って冷や冷やしていました。

--その後の9期と10期の間には亀裂が入ったりしてないの?

工藤遥:しなかったです。

鞘師里保:10期はホクホクしてるし、ガツガツしてるし、極端なキャラが多いですけど、9期はそうじゃないのでなだらかに終わったというか。「凄かったね、10期」っていう話にはなりましたけど、そこから怒りに発展することもなかったし、注意された部分を素直に受け止めて「頑張らないとね」という感じで収まりました。

--その【ステーシーズ】で大きな役を担ったり、10期のUST番組では司会を務めたり、工藤さんも目立った存在になっていますけど、そういった部分でのプレッシャーとかはないの?

インタビュー写真
▲工藤遥

工藤遥:【ステーシーズ】に関しては、これだけ人数がいる中で、田中さん、鞘師さんに並ぶ役を頂けて本当に嬉しかったんですよ。せっかく10期の中から選んでもらったんだから頑張らなきゃとすっごい思ってましたし。でもドリューという役はかなり独特な女の子だったので難しくて、毎日毎日戦っていて。困っていたときには共演者の皆さん、田中さん、鞘師さんにも助けて頂きましたし、自分がドリューで精一杯になっているときにはるなん(飯窪春菜)とだーいし(石田)がダンスの面で注意してくれて。2人にもすごく助けられて、何とか千秋楽までやりきった感じですね。ただ、司会とかはやりたいタイプだから、いつも自分から「はいはいはい、やりたいです」って言ってます(笑)。

--そんな同期に対して、まーちゃんはどんな印象を持ってるの?

佐藤優樹:え? なんか、稽古中に泣いてました。

工藤遥:この人、稽古中に私のことバカにしてたんですよ!

佐藤優樹:バカにしてないよ。共演者の方に工藤遥ちゃんが「どうすればいいですか?」って隣で聞いていたんですよ。そしたらどんどんどんどん泣き出して。「死ぬほど頑張ってんだろうなぁ~」って心から応援できたというか。最初は【ステーシーズ】のポスターに田中さん、鞘師さん、くどぅーの3人が映っていて「私もこうなれるように頑張ろう」と思ったんですけど……

鞘師里保:頑張れよっ!

工藤遥:【ステーシーズ】頑張ってよ。

--頑張ってないの(笑)?

佐藤優樹:私もポスターに映りたいと思って、くどぅーのことがすっごい羨ましくて「もうっ!」って思っていたんですよ。でも稽古で心からの涙が出てるくどぅーを見ていたら、そんな想いが消えちゃって「くどぅー、頑張れ!」って。

鞘師里保:まーちゃんも頑張れ!

工藤遥:本当に!【ステーシーズ】の稽古でどれだけまーちゃんを嫌いになったことか……

一同:(爆笑)

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. まーちゃん不在で今のモーニング娘。はなかった
  3. Next >
まーちゃん不在で今のモーニング娘。はなかった

インタビュー写真

工藤遥:本当にいろいろあったんですよ、あの舞台に関しては。そうじゃなくても元々私が得意なタイプではなかったので、一緒に加入した時点で苦手意識は若干あったんです。でも半年以上経って仲良くなってきて、4人がまとまってきたときに【ステーシーズ】でまさかの出来事だったので。こんなにまーちゃんを……嫌っていうか、「こっちに来るな!」って思ったことはなかったです。

--どんな出来事があったの?

工藤遥:まーちゃんとはるなんはそんなにセリフがある役ではなかったんですけど、はるなんはその分、ダンスを頑張っていたんですよ。でもまーちゃんにはそうした姿勢が【ステーシーズ】の中で一切見られなかったんです。生田さんとホスピスの先生のやり取りのシーンがあって、そのリハーサルをみんなで観ていたんですけど、ひとりで控え室とかにいて。ガチでイライラしたのは、控え室でお菓子食べてたんですよ! 稽古中に! 私はまーちゃんにお菓子とか食べてないで、稽古にちゃんと参加してほしかった。

--まーちゃん、なんでお菓子食べちゃったの?

佐藤優樹:お腹が空いて……

一同:(爆笑)

工藤遥:腹立つ~!

佐藤優樹:いや、休憩だって言われたから「休憩だ。おやつ食べれる!」って思ったんですよ。私、単純なので。そしたら、みんな楽屋に帰ってこないからおかしいなと思っていたんです。で、おやつを食べてたらくどぅーに怒られちゃったんですけど、そのときは素直に「はい、わかりました」とは言えなくて「ふんっ!」ってしていました。

--よし、わかった。まーちゃんの良いところについて話そう。

鞘師里保:(笑)

--前回のインタビューで、まーちゃんが田中れいなにグイグイ絡んでいったおかげで、グループ全体のムードが良くなった話を聞いたんですが。

佐藤優樹:なんかのDVDマンガジーで……

工藤遥:マガジンね!

佐藤優樹:くどぅー、私、田中さん、光井さんの四角い関係で戦い(?)があったんですけど、そこで田中さんが「気に入った!大好きだよ」って言ってくれたんです。北海道の学校に帰ったとき「田中さん、どうだった? 怖かった?」って言われたりしていたんですけど、なんでみんなそんな風に聞いてくるのかなと思っていて、YouTubeで観たりしてもどこが怖いのか全然分からなくて。でもみんな「怖かった?」って聞いてくるから「そんなに怖いのかな?」ってずっと思っていたんですけど、そのDVDマ……

工藤遥:マガジン。

佐藤優樹:マガジンのときから、田中さんから話し掛けてくれたりとか、私から「田中さん!」ってかまってもらったりとかしていたら、どんどん普通に話せるようになりました。なので、きっかけは田中さんからなんです。話し掛けてくれたから、スッて行けた。ぷるぷるーん!って。

--でも、まーちゃんはハロプロの先輩に何の気負いもなく話し掛けるって聞いてますよ。

工藤遥:そこは凄いと思います。尊敬できます。

--先輩に怖さは感じないの?

佐藤優樹:学校の先輩は怖かったです。6年生が本当に怖くて。なんで怖いかと言うと、1年生が使って遊んでいたボールをバーン!ってやったりするんですよ。1年生はそれは信じられないと思って、6年生に対して「そういうことやめてください」ってみんなで言いに行ったんです。1組から5組まで全員集めて。そしたら6年生が泣いちゃって。私はボールを割られても、遊んでいるところを邪魔されても気にならない子だったから、その泣いているところを見たら可哀想になっちゃって、ぽつーんと1人で「すみません」って言いに行ったんです。そしたら、その6年生も謝ってくれたから、「あ、先輩って優しい」って分かって。

--まーちゃん、何の話をしてるの?

佐藤優樹:ボールの話です!

--それは分かります(笑)。俺はね、小学校じゃなくてハロプロの先輩について話を……

佐藤優樹:それで「おねえさんって優しい存在なんだな」と思って。私は妹2人だからしっかりしなきゃいけない立場だったんですよ。オムツを変えたりとか、面倒見たりとか、遊んであげたりとか、ご飯作ったりとか。でもモーニング娘。に入って、1番下になったんです。それで田中さんと仲良くなったら、田中さんのところに岡井千聖さん(℃-ute)とか夏焼雅さん(Berryz工房)たちがやってくるから、紹介してもらって話し掛けるようになったんですよ。なので、きっかけはすべて田中さんです。

--でも、まーちゃんの無邪気なキャラクターがあったから、先輩も仲良くしてくれたんだと思いますよ。だって、まーちゃんがいなかったら今のモーニング娘。ってもっと殺伐としていたと思うもん。グループとして成立していなかったかもしれない。

工藤遥:それはあると思います。だって、まーちゃんがいなかったら、こんなに田中さんとか道重さんと話せなかったですもん。私たち10期が入ったばっかりの頃は、まーちゃんが先輩に気安く近付いていくから、こっち的には恐ろしかったんですけど(笑)まーちゃんのこの天然過ぎるところが、おそらく先輩を惹き付けたというか、「面白い娘がいるぞ」ってなって、可愛がってもらえて、その波に乗って他の9期10期メンバーも先輩たちの中に行くようになって。だからまーちゃんが私たちを先輩たちと仲良くさせた部分は結構あると思います。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. お風呂を沸かせないまーちゃん、新メンに……
  3. Next >
お風呂を沸かせないまーちゃん、新メンに……

インタビュー写真
▲小田さくら

--そんなモーニング娘。に11期メンバーが加わりました。小田さくらさん。今のところ、どんな印象ですか?

佐藤優樹:はい! 私、一緒にホテルの2人部屋に泊まったんですけど、いろいろと分かりました。すごく優しい……なんて言うんですかね? あー、鞘師さんタイプだなって。

鞘師里保:ちょっと待って下さいね。適当すぎるでしょ!

佐藤優樹:(スルーして)私、お風呂にお湯を溜められないんですけど、自分からは頼めないから、部屋に入った瞬間からお風呂とは関係ない話をずっとしていたんですよ。そしたら「お風呂入りますか? 沸かしますか?」ってやっと言って下さったんですけど、私は「え? 沸かせるの?」って言っちゃったんですよ! で、「優樹さん、お風呂沸かせないんですか?」「あ、沸かせない訳じゃないけど……」みたいな。

--(笑)

インタビュー写真

佐藤優樹:それで「温度は何度が良いですか?」って聞かれたんですけど、私、今まで何度とかもくどぅーにやってもらっていたので、分かんないから「普通でいいよ」って言ったんです。そしたら小田さんが「普通って何度ですか?」って言うから、「どうしよう!?」と思って(笑)。でも「小田さんが好きな温度でいいよ」って……、私、本当に頑張ったんですよ! その会話! で、沸かしてくれたんですけど、私はその間に部屋の外に呼ばれて行っていたんです。そしたらもう冷たくなっちゃっていたので、シャワーだけ浴びて寝ました。だから小田さんはいちいち気を遣ってくれて、しっかりしていて、歌が上手くて……

--あのー……

インタビュー写真

佐藤優樹:一緒に泊まっていると「あ、こういう娘なんだ」っていうのが、中の中の中までわかります。

--そっか、そっか。いやぁ~、今日はすげーな。

一同:(爆笑)

--凄いよ、まーちゃん。僕ね、今日ね、考えてきた質問が半分以上残ってるんだけど、学校とお風呂の話を聞いていたら時間が来ちゃった(笑)。

スタッフ:(困惑しつつ)あと、5分ぐらいなら……

--よし、新曲の話をしよう。11期メンバーが決まったということで、今の10人にとっては最後の作品になるであろう『ワクテカ Take a chance』がリリースされる訳ですが。

鞘師里保:あの50枚目があったからこそ、今回の51枚目も「どうなるんだ?」っていう風に期待されてると思うんですよ。その注目されている中で、私たちがどんどんどんどん前に出て行くきっかけとなるシングルにしたいです。『ワクテカ Take a chance』なので、チャンスを自分たちで生かして行きたいなって。飯窪春菜ちゃんは1人でバラエティ番組に出たりしてるんですけど、そうやって注目されている間が私たちのチャンスだし。今は個性がかなり豊かだと思うんですよ。知ってもらえたら絶対面白いと思うので……

--面白いです。

鞘師里保:(笑)。だから『ワクテカ Take a chance』でまたいろんな人に知ってもらいたいなって。

--では、最後に、モーニング娘。のメンバーとしての目標、夢をそれぞれ聞かせて下さい。

鞘師里保:前に工藤遥ちゃんも言っていたんですけど、モーニング娘。がいたからこそ、今、アイドルがたくさん存在する。だからアイドルの原点として「やっぱりモーニング娘。だな」っていう風に世間の人から思われるようなグループになりたい。そういう意味では、今、個性豊かなメンバーは揃っているけど、さらに実力も兼ね揃えて、「うわ!」って驚かれるぐらいの人たちになりたいです。

工藤遥:私はこれから11期の小田ちゃんも入ってどんどんどんどん進化し続けるモーニング娘。に置いていかれないように。逆に引っ張っていけるぐらいの存在、立場になれるように頑張りたいなって思うんですけど、その為にももっともっと自分のキャラを明確に出していきたい。今は中学1年生だから何とも言えない部分はあるんですけど……これから身長も変わるだろうし。

--そういう年齢ですもんね(笑)。

工藤遥:でも見た目と中身の両方における成長っぷりを楽しんで……というか、見守って頂けたらなって思います。

--では、まーちゃん、お願いします。

佐藤優樹:はいっ! 小田さんって歌が上手くて入ってきたじゃないですか。私は今まで「鞘師さんとかあゆみんに負けないようにダンスと歌を頑張ります」って言ってきたんですけど、これからは後輩に私が抜かれないようにしなきゃいけないんですよ。ダンスも歌も。あと、表現とか、笑顔とか、怖い顔とか。

鞘師里保:怖い顔!?

--シリアスな顔もできるようになりたいんだよね(笑)。

佐藤優樹:格好良い顔。そういう表現力をどんどん身に付けたい。小田さんってどんどん成長していく娘だと思うんですよ。モーニング娘。に入ったことで歌ももっと上手くなっていったりとか。っていうのを誰かから聞いたので。

工藤遥:どういうこと!?

一同:(爆笑)

佐藤優樹:それを聞いたから、どんどん10期のレベルを高くして、小田さんに抜かされないように……バッってなんか抜かされる感じがするので。

工藤遥:今のままだとね。

佐藤優樹:9期さんみたいに「ここはダメだよ」って言える先輩になれるように頑張りたい。

--そうだね。その為にもお風呂の沸かし方は覚えた方がいいね。

佐藤優樹:え? この前、こっそり見て分かりましたよ。

--小田さんが沸かしてるところを?

佐藤優樹:はい!

--よし、頑張ろう。

一同:(笑)

Music Video

モーニング娘。「ワクテカ Take a chance」

ワクテカ Take a chance

2012/10/10 RELEASE
EPCE-5914 ¥ 1,080(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.ワクテカ Take a chance
  2. 02.Loveイノベーション
  3. 03.ワクテカ Take a chance (Instrumental)

関連キーワード

TAG

関連商品

プッチベスト19
(V.A.) ハロプロ・オールスターズ モーニング娘。20th モーニング娘。’18 アンジュルム Juice=Juice カントリー・ガールズ こぶしファクトリー「プッチベスト19」

2018/12/12

[CD]

¥2,500(税込)

プッチベスト19
(V.A.) ハロプロ・オールスターズ モーニング娘。20th モーニング娘。’18 アンジュルム Juice=Juice カントリー・ガールズ こぶしファクトリー「プッチベスト19」

2018/12/12

[Blu-ray Disc]

¥4,320(税込)

SAYUMINGLANDOLL~宿命~
道重さゆみ「SAYUMINGLANDOLL~宿命~」

2018/11/07

[Blu-ray Disc]

¥6,000(税込)

フラリ銀座/自由な国だから
モーニング娘。’18「フラリ銀座/自由な国だから」

2018/10/24

[CD]

¥1,080(税込)

二十歳のモーニング娘。
モーニング娘。20th「二十歳のモーニング娘。」

2018/02/07

[CD]

¥2,000(税込)

二十歳のモーニング娘。
モーニング娘。20th「二十歳のモーニング娘。」

2018/02/07

[CD]

¥4,000(税込)

SAYUMINGLANDOLL~再生~
道重さゆみ「SAYUMINGLANDOLL~再生~」

2017/12/20

[Blu-ray Disc]

¥6,000(税込)

プッチベスト18
(V.A.) ℃-ute モーニング娘。’17 アンジュルム Juice=Juice カントリー・ガールズ こぶしファクトリー つばきファクトリー「プッチベスト18」

2017/12/13

[CD]

¥2,500(税込)

プッチベスト18 Blu-ray Disc
(V.A.) ℃-ute モーニング娘。’17 アンジュルム Juice=Juice カントリー・ガールズ こぶしファクトリー つばきファクトリー「プッチベスト18 Blu-ray Disc」

2017/12/13

[Blu-ray Disc]

¥4,320(税込)

絶対彼女 feat.道重さゆみ
大森靖子 道重さゆみ「絶対彼女 feat.道重さゆみ」

2019/03/13

[CD]

¥1,296(税込)

絶対彼女 feat.道重さゆみ
大森靖子 道重さゆみ「絶対彼女 feat.道重さゆみ」

2019/03/13

[CD]

¥4,536(税込)

絶対彼女 feat.道重さゆみ
大森靖子 道重さゆみ「絶対彼女 feat.道重さゆみ」

2019/03/13

[CD]

¥3,024(税込)

プッチベスト19
(V.A.) ハロプロ・オールスターズ モーニング娘。20th モーニング娘。’18 アンジュルム Juice=Juice カントリー・ガールズ こぶしファクトリー「プッチベスト19」

2018/12/12

[CD]

¥2,500(税込)

プッチベスト19
(V.A.) ハロプロ・オールスターズ モーニング娘。20th モーニング娘。’18 アンジュルム Juice=Juice カントリー・ガールズ こぶしファクトリー「プッチベスト19」

2018/12/12

[Blu-ray Disc]

¥4,320(税込)

SAYUMINGLANDOLL~宿命~
道重さゆみ「SAYUMINGLANDOLL~宿命~」

2018/11/07

[Blu-ray Disc]

¥6,000(税込)

フラリ銀座/自由な国だから
モーニング娘。’18「フラリ銀座/自由な国だから」

2018/10/24

[CD]

¥1,080(税込)

フラリ銀座/自由な国だから
モーニング娘。’18「フラリ銀座/自由な国だから」

2018/10/24

[CD]

¥1,080(税込)

フラリ銀座/自由な国だから
モーニング娘。’18「フラリ銀座/自由な国だから」

2018/10/24

[CD]

¥1,836(税込)

フラリ銀座/自由な国だから
モーニング娘。’18「フラリ銀座/自由な国だから」

2018/10/24

[CD]

¥1,728(税込)

二十歳のモーニング娘。
モーニング娘。20th「二十歳のモーニング娘。」

2018/02/07

[CD]

¥2,000(税込)

二十歳のモーニング娘。
モーニング娘。20th「二十歳のモーニング娘。」

2018/02/07

[CD]

¥4,000(税込)

SAYUMINGLANDOLL~再生~
道重さゆみ「SAYUMINGLANDOLL~再生~」

2017/12/20

[Blu-ray Disc]

¥6,000(税込)

プッチベスト18
(V.A.) ℃-ute モーニング娘。’17 アンジュルム Juice=Juice カントリー・ガールズ こぶしファクトリー つばきファクトリー「プッチベスト18」

2017/12/13

[CD]

¥2,500(税込)

プッチベスト18 Blu-ray Disc
(V.A.) ℃-ute モーニング娘。’17 アンジュルム Juice=Juice カントリー・ガールズ こぶしファクトリー つばきファクトリー「プッチベスト18 Blu-ray Disc」

2017/12/13

[Blu-ray Disc]

¥4,320(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    『ボヘミアン・ラプソディ』、約876.7億円突破目前の世界的大ヒットに

  2. 2

    『エクスペクテーションズ』ビービー・レクサ(Album Review)

  3. 3

    【ビルボード】Little Glee Monster『FLAVA』が43,428枚でアルバムセールス首位、2位&3位は359枚差の接戦に

  4. 4

    バックストリート・ボーイズ、約70日間に及ぶ大規模なワールド・ツアーを発表

  5. 5

    欅坂46×ガム『Fit's』、メンバーデザインで全国発売

HOT IMAGES

注目の画像