Billboard JAPAN


Special

<インタビュー>Chara×HIMI ~ライブ共演を前に親子対談が実現。世代を超えた音楽のつながり、映画『ゾッキ』での主題歌デュエットを語る。



インタビュー

 デビュー30周年を9月に迎えるChara が、5月に【Chara Live 2021「私を離さないで」】を開催する。1991年のデビュー以降、唯一無二の個性で多くの名曲、名盤を生んできたChara。話題の映画『ゾッキ』の音楽監督を担当し、主題歌「私を離さないで」を息子であり佐藤緋美の名で俳優としても活動するHIMIと共作、初の親子デュエットが実現した。HIMIは、昨年、1st EP『STEM』で配信デビュー。millennium paradeのヴォーカルに起用されるなどアーティストとしても注目を集めている。CharaとHIMIの音楽をめぐる親子の関係はいかに育まれてきたのか、二人にたっぷり語ってもらった。

今はHIMIと同世代の若いミュージシャンがどんどん出てきているし、彼らがこれからのシーンを面白くしていくだろうから(Chara)

Chara:彼がHIMIとして音楽活動を始めてからは、同じ家の中でそれぞれが作曲やレコーディングをしている時間が増えてきて、ミュージシャン同士という感じがしてきましたね。

HIMI:もの心ついた頃から音楽はいつもあったから。楽器は小さいときに家にあったドラムを叩き始めたのが最初かな。父ちゃんのスタジオにもドラムがあったんです。

Chara:父ちゃんはハードコア、オルタネイティブ・ロックだったからね。

HIMI:そう。父ちゃんと母ちゃんは聴いてる音楽がまったく別だったんだけど、俺はどっちも聴いて育った。

Chara:私の記憶では、HIMIは子供の頃からマイケル・ジャクソンが好きで、高い声でよく歌っていたよ。

HIMI:歌うのは好きだったね。変声期の頃、お姉ちゃんが留学先から電話してきて、僕が出たら「今の声、誰?」って(笑)

Chara:姉のスーちゃん(SUMIRE)が驚いて泣いちゃったんですよ。本人は「風邪だよ」なんて照れていたけど。

――HIMIさんは反抗期はありましたか?


Chara:多少はあったけど、反抗期は子供の成長だと思うようにしたらずいぶん楽になったかな。ちょっとしたケンカは今もあるけど。

HIMI:そんなになかった方じゃないかな。音楽は父ちゃんの影響でパンクやレゲエも好きだったし、中学のバンドではグリーンデイのカヴァーもやったり、幅広く聴いてきたと思う。

Chara:スマパン(スマッシング・パンプキンズ)も好きだよね。そのうち、「母ちゃん、ジェームス・イハと一緒にやってたんだ」と気がついて。


▲(ジェームス・イハがプロデュースした)Chara「スカート」MV

HIMI:そうやって父ちゃんと母ちゃんが聴いていた音楽が自分の中で繋がっていった。それが面白かった。

――Charaさんのツアーやライブにも同行したことも?


Chara:ツアーにはあまり連れて行かなかったんだけど、東京のライブにはいつも来て、「開演まであと5分だよ」なんて舞台監督みたいなこと言ってたね(笑)。

HIMI:名越(由貴夫)くん、(高桑)圭、賢ちゃん(白根賢一)……小さい時はバンドのメンバーがよく一緒に遊んでくれたことを覚えている。

Chara:子供の頃からメンバーを知っているから、今もため口でね(笑)。この前も名越くんに「何かいいギター・フレーズ教えてよ」って。

HIMI:ギターは高校時代から弾き始めて、モデルの友だちと組んでいたバンドではドラマーだったんですけど、自分で歌い始めてからはギターにハマるようになって。

Chara:イケメンばかりのそのバンドもけっこう良かったよ。

HIMI:そのバンドではまだ歌っていなかったんだけど、たまたまライブで一度歌ってみたら、「イイじゃん?」って言われて、そこから歌もありだなと思うようになったことは大きいかな。

――HIMI名義でのデビューはどういう経緯だったんですか?


HIMI:音楽はずっと続けてきたので、そろそろ作品をリリースしたいと思って、レーベル〈ASILIS〉を立ち上げて、先ずは配信でリリースしていこうと。

Chara:私の知らないところで彼は自由にやっているんです。私がKing Gnuの常田大希くんのプロジェクト=millennium paradeにヴォーカルで参加した時も、すでにHIMIは仲良しだったもんね。

HIMI:そう。一緒にレーベルをやっている〈PERIMETRON〉のプロデューサー、西岡将太郎くんの事務所に遊びに行くようになって常田くんとも知り合った。その縁で、去年はmillennium parade の「Fly with me」のヴォーカルに呼んでもらって。常田くんに「エネルギーが欲しい」と言われて、プレッシャーはあったけど。

Chara:私はもうどうぞご自由にという感じですね。今はHIMIと同世代の若いミュージシャンがどんどん出てきているし、彼らがこれからのシーンを面白くしていくだろうからね。

HIMI:CharaさんもHIMIさんに刺激を受けることはありますか?

Chara:一緒に住んでいるから自然と刺激はもらっていると思うけど、私自身、最近はWONKや高木祥太くんのような自分より一世代、二世代下のミュージシャンとレコーディングしたり、ライブをしているので、HIMIの周りの仲間とも重なることもあって共有できることが多いんです。

HIMI:そうだね。お互いに情報交換できるのは大きいね。

Chara:自宅の作業部屋でそれぞれが音楽をつくりながら、『機材はちゃんと片付けてよ!』なんて小言を言ったり、英語が堪能な彼に歌詞の相談をしたりして過ごしているんです。

HIMI:母ちゃんが「寒い」と使わなくなった部屋を今は俺がRecの部屋にしていて、配信でリリースした曲の中には自宅でRecした曲もあるし、確かに環境には恵まれていると思う。


▲millennium parade - Fly with me

NEXT PAGE
  1. < Prev

  2. 「切ないけどエモいところは共通しているかも(HIMI)」
  3. Next >



切ないけどエモいところは共通しているかも(HIMI)

――HIMIさんが自分で曲をつくるようになったのは?


HIMI:曲をつくって残すようになったのはわりと最近なんですけど、即興で歌をつくるのは小さい頃から好きでしたね。

Chara:お母さんがミュージシャンの家庭に育つと自然とそうなるみたい。子育てのまっただ中で母ちゃんが曲をつくっているのを見ているから。

HIMI:まだリリースされる前の曲を家やクルマの中で繰り返し聴いているから、歌詞もいつの間にか覚えちゃったりしてね。

Chara:私の音楽をずっとそばで聴いているから、「この曲は前の方がよかったんじゃない?」とか鋭い指摘をされることもあって。

――お母さんの音楽をつくる現場を通してその楽しさを体感していった?


HIMI:そうですね。自分が音楽をつくるようになって、ますます楽しさは感じるようになったかな。モデルや俳優にチャレンジしながら音楽はずっと続けていたし、いつかはデビューしたいと思うようになりましたね。

Chara:若いうちは色んなことにチャレンジして、失敗したっていいと思って。 私自身がそうだったからね。母ちゃんは見守るだけ。

HIMI:母ちゃんの若い頃のライブ映像もけっこうヤバいもんね。

Chara:『KiSS』(1993)のことでしょ? VHSやLDでしか発売されなかった映像も今はYouTubeなんかで観ることができるから。ヤバいよね(笑)。

HIMI:自分が知らないことも周りが教えてくれるからね。

Chara:でも、母ちゃんは失敗して、閉じて、泣いてから、ちゃんと復活するんだよ(笑)。

HIMI:知ってる。それ大事だよね。

――2018年のCharaさんの生誕50年のライブでは誕生日プレゼントにHIMIさんが歌を披露したそうですね。


HIMI:あの時は、当時バズってたダニエル・シーザーの曲をカヴァーしたんだけど、音楽はジャンルを問わずいい声の持ち主で、“Feel”がある人が好きですね。

Chara:彼は年の割にマニアックなところがあって、誕生日プレゼントにリチャード・ボナと同じベースを欲しがったこともあった。最近はジャズ・ピアニストのアーマッド・ジャマルを教えてもらったり。


▲Ahmad Jamal - Soul Girl

HIMI:今は、興味を持ったら、YouTubeやサブスクでひたすら掘れるし。ジョン・メイヤーをきっかけにブルース・ギターにも興味が出てきて、彼が師事していた先生のYouTubeを観てさらにルーツをたどったり、同時にトム・ミッシュも聴いたり。

Chara:そういう意味ではいい時代だよね。私が教えたりしなくても彼はFeelがある音楽やミュージシャンと出会っているんだよね。

――2020年にスタートしたCharaさんがホストを務める配信プログラム「Rainbow Staircase」にもHIMIさんもギターやドラムで度々登場していましたね。


HIMI:1月の誕生日の配信には出演できなかったけど。一応、レギュラー・メンバーなんです。


▲Rainbow Staircase vol.3~Chara Birthday Special~DIGEST

Chara:コロナ禍でライブができない状況が続いて配信ライブを始めたんだけど、同じ家に楽器ができる家族がいるのは心強いよね。今年のバースデイ・ライブは“Rainbow Staircase合唱団”と称して、6人のハーモニーと井上薫さんの鍵盤でお届けしたんです。

HIMI:配信の終わった後に、僕がプレゼントにアリシア・キーズを歌い始めたら、みんながハモってくれていい感じだったね。

Chara:去年はコロナ禍ではあったけど、私はEP『Inner Peace』を、HIMIは新曲を配信で次々発表して、音楽を届けることができたのはよかった。『Inner Peace』は、ペギー・リーやランディ・ニューマン、「ムーン・リバー」などのカヴァーも含めたウィンターソング集で、聴き手に寄り添うような音楽にしたかったんです。

HIMI:俺は一か月に1曲のペースで新曲をリリースすることを目標にしていた。配信だとそれができるから。

Chara:そうやって去年はお互いにゆっくり、しっかり音楽を見つめ直すことができたと思う。


▲HIMI - What if (Music Video)

――この春には、Charaさんが音楽監督を務める映画『ゾッキ』の主題歌「私を離さないで」で、HIMIさんと初のデュエットが実現しましたね。


Chara:リリースするのは初めてだけど、HIMIとは家でセッションしたりしているから一緒に曲をつくるのも自然な流れでしたね。

HIMI:「サビを一緒につくろうよ」「いいよ」。そんな感じだったよね。

Chara:そう。映画は3人の監督・制作(竹中直人・山田孝之・齊藤 工)なんですが、原作と脚本を読んで、私なりに想像力を膨らませて曲にしてみました。

――親子で歌ってみていかがでしたか?


Chara:声の倍音が親子だからどこか似ているような気がして、思っていた以上にスムーズにいきましたね。彼の方が息が長く続くからこっちは大変なんだけど。

――HIMIさんの音楽性とも通じるものがあるのでは?


HIMI:そうですね。切ないけどエモいところは共通しているかもしれない。

Chara:確かに。『ゾッキ』のサウンドトラックには、Salyuやドレスコーズ 仲井戸“CHABO”麗市さんの書き下ろしの曲もあって、アルバムとしても聴き応えのある内容になっていると思うので、ぜひ聴いてほしいですね。


▲映画『ゾッキ』オリジナル・サウンドトラック クロスフェード映像

――5月には【Chara Live 2021「私を離さないで」】のステージが決まり、スペシャルゲストでHIMIさんも登場するとか。


Chara:去年はライブができなかったから、これを機会にHIMIと一緒にステージに出るのもいいかなと思って。HIMIもどんどんライブを積み重ねて、Feelを掴む時だから。

HIMI:そうだね。この前も知り合いのレストランでピアノとサックスを入れたライブをやって。それもいい雰囲気だったから、ビルボードライブは楽しみ。ビルボードのコリー・ヘンリーのライブもヤバかったし。

Chara:いつかは彼と同じフェスに出て、「母ちゃんも出るよ。HIMIのステージはどこ?」とか話したいし、対バンもいいかもしれないね。

HIMI:いいよ。楽しみにしてる。

インタビュー



(オリジナル・サウンドトラック) ドミコ ドレスコーズ Salyu Chara feat.HIMI 仲井戸“CHABO”麗市 quu AAAMYYY Feat.ermhoi,Julia Shortreed「映画『ゾッキ』オリジナル・サウンドトラック」

映画『ゾッキ』オリジナル・サウンドトラック

2021/03/31 RELEASE
PCCR-706 ¥ 2,200(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.なんていうか
  2. 02.ひとつも愛など
  3. 03.Face to Face -ゾッキver.-
  4. 04.私を離さないで
  5. 05.夏のカケラ
  6. 06.暗号
  7. 07.さりげなく
  8. 08.P.L.T
  9. 09.Baby I love you
  10. 10.ひとひかり
  11. 11.Down/Rain - 堕ちていく伴
  12. 12.Face to Face
  13. 13.Baby I love you (Instrumental)
  14. 14.私を離さないで (Instrumental)

関連商品

Secret Garden
Chara「Secret Garden」

2015/03/04

[CD]

¥3,300(税込)

Very Special
Chara「Very Special」

2014/06/11

[CD]

¥1,528(税込)

恋文
Chara「恋文」

2013/12/11

[CD]

¥1,068(税込)

JEWEL
Chara「JEWEL」

2013/11/13

[CD]

¥3,204(税込)

hug
Chara「hug」

2013/06/05

[CD]

¥1,068(税込)

MTV Unplugged Chara
Chara「MTV Unplugged Chara」

2013/02/27

[Blu-ray Disc]

¥5,007(税込)

Dark Candy
Chara「Dark Candy」

2012/11/07

[CD]

¥2,075(税込)

Very Special
Chara「Very Special」

2012/11/07

[CD]

¥2,037(税込)

CAROL
Chara「CAROL」

2012/11/07

[CD]

¥2,075(税込)

honey
Chara「honey」

2012/11/07

[CD]

¥2,037(税込)

UNION
Chara「UNION」

2012/11/07

[CD]

¥2,075(税込)

Cocoon
Chara「Cocoon」

2012/10/31

[CD]

¥3,204(税込)

Cocoon
Chara「Cocoon」

2012/10/31

[CD]

¥3,666(税込)

蝶々結び
Chara「蝶々結び」

2012/10/17

[CD]

¥1,068(税込)

蝶々結び
Chara「蝶々結び」

2012/10/17

[CD]

¥1,415(税込)

Secret Garden
Chara「Secret Garden」

2015/03/04

[CD]

¥3,300(税込)

Very Special
Chara「Very Special」

2014/06/11

[CD]

¥1,528(税込)

恋文
Chara「恋文」

2013/12/11

[CD]

¥1,068(税込)

JEWEL
Chara「JEWEL」

2013/11/13

[CD]

¥3,204(税込)

hug
Chara「hug」

2013/06/05

[CD]

¥1,068(税込)

MTV Unplugged Chara
Chara「MTV Unplugged Chara」

2013/02/27

[Blu-ray Disc]

¥5,007(税込)

Dark Candy
Chara「Dark Candy」

2012/11/07

[CD]

¥2,075(税込)

Very Special
Chara「Very Special」

2012/11/07

[CD]

¥2,037(税込)

CAROL
Chara「CAROL」

2012/11/07

[CD]

¥2,075(税込)

honey
Chara「honey」

2012/11/07

[CD]

¥2,037(税込)

UNION
Chara「UNION」

2012/11/07

[CD]

¥2,075(税込)

Cocoon
Chara「Cocoon」

2012/10/31

[CD]

¥3,204(税込)

Cocoon
Chara「Cocoon」

2012/10/31

[CD]

¥3,666(税込)

蝶々結び
Chara「蝶々結び」

2012/10/17

[CD]

¥1,068(税込)

蝶々結び
Chara「蝶々結び」

2012/10/17

[CD]

¥1,415(税込)

うたかた
Chara「うたかた」

2011/11/02

[CD]

¥2,200(税込)

Very Special
Chara「Very Special」

2011/01/26

[CD]

¥3,143(税込)

Very Special
Chara「Very Special」

2011/01/26

[CD]

¥3,981(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    <ライブレポート>Official髭男dism、ファンとメンバーが選んだ名曲揃いのFCライブ開催

  2. 2

    BTS、マクドナルドとのコラボを発表

  3. 3

    【ビルボード】櫻坂46『BAN』初週40万枚で2作連続シングル・セールス首位

  4. 4

    SEKAI NO OWARI、“香り”をコンセプトにしたニューアルバム『scent of memory』リリース決定

  5. 5

    BTS、ベストアルバム全7形態のジャケット写真&ニュービジュアルを公開

HOT IMAGES

注目の画像