Billboard JAPAN


Special Contents

ビルボードジャパン 年間ランキング2020発表~【HOT 100】はYOASOBI「夜に駆ける」、【HOT Albums】は米津玄師『STRAY SHEEP』が獲得

ランキング2020


 【ビルボードジャパン 年間チャート2020】が決定。世界中が新型コロナウイルスの感染流行という、未曾有の危機に襲われた2020年。音楽業界にとっても非常に苦しい1年となったが、そんな中でも従来の地上波発信型、メディア・ミックス型、音楽フェス発信型に加え、TikTokとYouTube、SNS、ストリーミングによるヒットのパターンが日本でも確立されるという新しい動きも見られた。

 総合ソングチャート【HOT 100】、総合アルバム・チャート【HOT Albums】、さらに【HOT 100】と【HOT Albums】のポイントを合算したアーティスト・ランキング【TOP Artists】など、各種チャートを解説とともに発表する。

※集計期間:2019年11月25日(月)~2020年11月22日(日)

HOT 100

YOASOBI「夜に駆ける」史上初のCDリリースなしで年間総合首位を獲得

 2020年年間Billboard JAPAN総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”で、YOASOBIの「夜に駆ける」が総合首位を獲得した。年間チャート発表開始以来、初めてシングル盤をリリースしていない楽曲が総合1位となった。



▲ 「夜に駆ける」MV / YOASOBI


 「夜に駆ける」はTikTokでのバズが誘因となり、3月頃からストリーミングと動画再生でポイントが急上昇してHOT 100にチャートインを果たした。続いて5月「ハルジオン」、7月「たぶん」、9月「群青」の連続デジタルリリースが高ポイント維持に大きく寄与したことに加え、アーティスト自身からのSNSでの発信やYouTube人気プログラム『THE HOME TAKE』での歌唱など、ネットの積極的な活用による後押しも効果を発揮、上半期首位のOfficial髭男dismの「Pretender」を10月に累計ポイントで逆転した。1位となったストリーミング指標では既報通り2.7億再生を突破、同じく1位の動画再生では1億再生を突破と、総合首位に大きく貢献した。

 Official髭男dismの「Pretender」は、上半期首位から惜しくも2位となった。Official髭男dismは、100位圏内に11曲(昨年は6曲)を送り込み、「Pretender」を代表とする楽曲先行の認知の拡大からアーティストへの認知拡大へとフェーズが移行、着実にファン層を拡大した。3位のLiSA「紅蓮華」は昨年末の音楽特番での露出を皮切りに、今年を通じて全国的に盛り上がった『鬼滅の刃』ブームと共にコンスタントにポイントを積み上げ、昨年26位から大きくジャンプアップした。10月リリースの『劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編』の主題歌「炎」は早くも総合9位に登場しており、来年も訴求力は維持されるだろう。



▲ 「Pretender」MV / Official髭男dism


 全くの無名から大きく躍進した瑛人の「香水」は総合6位に。こちらもTikTokで4月頃からバズが起き、ストリーミングと動画再生が牽引して高ポイントを維持した。コロナ禍の影響に伴うカラオケ指標データの取得休止から明けた7月にカラオケ1位となり、その後10月最終週に「紅蓮華」に奪還されるまで14週連続1位を守った。YouTubeでの歌ってみた動画が多数投稿されたことからも、今年歌ってみたくなる楽曲のひとつとなった。



▲ 「香水」MV / 瑛人


 コロナ禍により、2月下旬のライブの中止や延期に始まって、音楽業界も非常に苦しい状況が続いている。そのなかで今年は、従来の地上波発信型、メディア・ミックス型、音楽フェス発信型に加え、TikTokとYouTube、SNS、ストリーミングが連動して新しいヒットが生み出されるパターンが日本でも確立された。ストリーミング市場の拡大と定着に伴い、これらのヒット・パターンが加速することは確実で、来る2021年度は、新人を多数輩出した今年度チャート以上に、メジャー、インディー問わず新たなアーティストの登場が期待される。

#1


「夜に駆ける」
YOASOBI



#2


「Pretender」
Official髭男dism



#3


「紅蓮華」
LiSA

1

#4「I LOVE...」
Official髭男dism

1

#5「白日」
King Gnu

1

#6「香水」
瑛人

1

#7「宿命」
Official髭男dism


1

#8「マリーゴールド」
あいみょん

1

#9「炎」
LiSA

1

#10「裸の心」
あいみょん



インタビュー抜粋

「とても嬉しいです。もちろんたくさんの方に届いてくれたらいいなという気持ちで作りましたけど、まさかそこまで聴いていただける楽曲になるとは思ってもみなかったので。自分の予想をはるかに超えてくれました」ーAyase
「年間チャートは1年間の集大成だと思うので、本当に多くの方の耳に「夜に駆ける」を届けられたことが実感できて嬉しいです。上位に入った最初の頃は正直、一時的な盛り上がりかもなとも思っていたので、ずっとチャートインし続けてくれて驚きました」ーikura

▲ TOP


HOT Albums

米津玄師『STRAY SHEEP』が3冠で堂々の首位

 2020年年間Billboard JAPAN総合アルバム・チャート“HOT Albums”で、米津玄師の『STRAY SHEEP』が1位を獲得した。

 2020年8月にリリースされた米津玄師『STRAY SHEEP』は、12月4日現在で、CDセールスで147万枚、ダウンロードで18万DLを突破。CDセールス、ダウンロード、ルックアップ(PCへのCD読み取り回数)の3指標すべてで1位を記録した。これは、CDセールス、ダウンロード、ルックアップの3指標による年間総合アルバム・チャートの発表を開始した2015年以降、初めてのこととなる。



▲ 米津玄師 5th Album「STRAY SHEEP」クロスフェード


 また、年間総合アルバム・チャートだけでなく、年間ダウンロード・アルバム・チャートおよび年間アルバム・セールス・チャートでも1位を獲得し、合わせて3冠獲得を達成した。アルバム3部門の制覇は、Billboard JAPANが年間ランキングでダウンロード・アルバム・チャートの発表を始めた2017年以降で初となる。

 2017年以降、本チャートでは安室奈美恵『Finally』(2017年と2018年で1位)や嵐『5×20 All the BEST!! 1999-2019』(2019年1位)といったベスト・アルバムが1位を獲得してきたが、2020年はベスト盤ではない『STRAY SHEEP』が獲得することになった。これは、2016年の宇多田ヒカル『Fantome』以来となる。さらに、トップ10を見てみてもベスト盤はチャートインしていない結果となった(最も上位のベスト盤は、15位のJUJU『YOUR STORY』)。

 ベスト盤というヒット曲が収録されていることが明確な作品はセールスに繋がりやすく、これまでも年間チャートでは上位に来ることが多かった。しかしここ数年はストリーミング・サービスの浸透もあり、今どの曲がヒットしているのかが世間的に認知されるようになってきた。そして、そのヒットした曲がアルバムに収録されていることが認知されるとセールスに繋がるといった流れが出来あがりつつあることが、このトップ10を見ると分かるだろう。『STRAY SHEEP』に収録されている「Lemon」や「馬と鹿」、「感電」もさることながら、2位のKing Gnuの『CEREMONY』に収録される「白日」や「Teenager Forever」、「飛行艇」、2020年で活動を休止することも影響にあるものの、3位の『This is 嵐』に収録の「カイト」や「BRAVE」、「Turning Up」、4位のBTS『MAP OF THE SOUL : 7 ~ THE JOURNEY ~』に収録の「Stay Gold」、「Boy With Luv -Japanese ver.-」、5位のOfficial髭男dismの『Traveler』に収録の「Pretender」、「宿命」などといった曲がその最たる例といえる。



▲ King Gnu 3rd ALBUM 「CEREMONY」Teaser Movie

 2位の『CEREMONY』、5位の『Traveler』、8位のあいみょん『おいしいパスタがあると聞いて』など、2018年や2019年にストリーミングでヒットしたアーティストがアルバムというフォーマットで結果を出した2020年の本チャート。しかし、2020年はストリーミングのみならず、TikTokやYouTubeなどのヒットが目立った年だった。そこで話題となったアーティストは現状、楽曲がヒットしている状況と言えるだろう。「香水」でヒットした瑛人が2021年1月1日に1stオリジナル・アルバム『すっからかん』をリリースするが、そのようなアーティストが2021年、アルバムという形でどのような結果を残すのか、早くも注目だ。

#1


『STRAY SHEEP』
米津玄師



#2


『CEREMONY』
King Gnu



#3


『This is 嵐』

1

#4『MAP OF THE SOUL : 7 ~ THE JOURNEY ~』
BTS

1

#5『Traveler』
Official髭男dism

1

#6『L&』
King & Prince

1

#7『Make you happy』
NiziU


1

#8『おいしいパスタがあると聞いて』
あいみょん

1

#9『24H』
SEVENTEEN

1

#10『MAP OF THE SOUL : 7』
BTS



インタビュー抜粋

「これだけたくさんの人に自分の音楽が聴かれるようになったことが不思議です。今はただ感謝の気持ちを伝えたいです」ー米津玄師

▲ TOP


TOP Artists

Official髭男dismが上半期に続き総合首位

 2020年年間Billboard JAPANトップ・アーティスト・チャート“TOP Artists”で、上半期に引き続きOfficial髭男dismが総合首位を獲得した。

 総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”では、Official髭男dismは100位以内に11曲、全順位では32曲がチャートインし、総合アルバム・チャート“HOT Albums”では、100位以内に3タイトル、全順位では8タイトルが合算対象となった。HOT 100の11曲のうち、8曲が2019年または2020年にリリースされた楽曲で、HOT Albumsでは3タイトルのうち2タイトルがそれに該当する。2019年以降、大きく飛躍を遂げたことが窺える結果だ。



▲ 「I LOVE...」MV / Official髭男dism


 では同2位の米津玄師と3位のKing Gnuの場合はどうだろうか。米津玄師の場合、HOT 100では100位以内に4曲、全順位では42曲がチャートイン。HOT Albumsでは100位内に3タイトル、全順位では6タイトルが合算対象と、ヒゲダンと異なりHOT 100での合算対象曲が非常に多い。HOT 100での5曲のうち、2019年または2020年にリリースされた楽曲は3曲、HOT Albumsでは、3タイトルのうち1タイトルが該当。今回の総合2位は8月にリリースされた『STRAY SHEEP』がフィジカル、デジタル共に売れ続けていることが大きいとはいえ、2018年より以前にリリースされた楽曲またはアルバムもまた訴求力を維持している。

 またKing Gnuの場合、HOT 100では5曲、全順位では31曲で、その内25曲が2019年もしくは2020年にリリースされている。HOT Albumsでは、100位以内に3タイトル全てがチャートインしていて、うち1タイトルの『Tokyo Rendez-Vous』のみ2017年リリースとなる。ヒゲダン同様に2019年以降に飛躍していることが分かる。



▲ 「白日」MV / King Gnu


 これらから、楽曲がヒットし、続いてアーティストが認知されていくのがフロントラインの王道パターンとすれば、米津玄師はアーティストとしての認知が進み、ニュー・アルバムが大ヒットというプロセスを辿っていて、Official髭男dismとKing Gnuは、共にアーティスト認知のフェーズに既にあり、来るべきニュー・アルバムの大ヒットが期待される状況にある。

 このパターンに則って、前年39位から7位にジャンプアップしたLiSAを見てみよう。LiSA名義のみに絞ると、HOT 100では、100位以内に2曲、全順位で25曲が合算対象で、この2年でリリースされた楽曲はそのなかで17曲。HOT Albumsでは、100位以内に1タイトル、合算対象では3タイトルで、うち1タイトルが2020年リリースで、他は2018年リリースのベスト盤だった。これらから、楽曲認知のフェーズを過ぎて、ヒゲダンやKing Gnu同様に次のニュー・アルバムの大ヒットが期待される状況にLiSAがあることがチャートからも明らかだ。

 ではHOT 100で首位を獲得し、当チャート8位に初登場したYOASOBIとなると、HOT 100の100位圏内には4曲、全順位では7曲、全て2020年リリースまたは2021年リリース予定で、アルバムはまだリリースされていない。とすると楽曲認知からアーティスト認知へのプロセスにあることが分かる。では同10位(前年15位)のMrs. GREEN APPLEではどうか。HOT 100の100位圏内には5曲、全順位では28曲、この2年でリリースされた楽曲は12曲。HOT Albumsでは100位圏内には2タイトル、全順位では5タイトルで、100位圏内の2タイトルが共にこの2年でリリースされている。これらから、Mrs. GREEN APPLEはアーティストの認知のフェーズにあり、アルバムをコンスタントにヒットさせるアーティスト・パワーを既に備えていることがわかる。

 このように、YOASOBIのような新人、Mrs. GREEN APPLEに代表される中堅、米津玄師のようなフロントラインなどなど、それぞれのフェーズにあるアーティストが入り乱れるチャートとなった2020年。他指標に影響し得る総合ポイント牽引のトリガーとなったストリーミングがコンテンツ・マーケット全体を押し上げつつあり、ますます活性化の兆しが見えてきた。コロナ禍によりライブ・マーケットの縮小が余儀なくされる今日からアフター・コロナへ向けて、ヒット・チャートを賑わせる多様なアーティスト達がライブ・シーンを再び盛り上げる明日がきっと来ることだろう。

#1


Official髭男dism



#2


米津玄師



#3


King Gnu

#4 あいみょん
#5 BTS
#6 
#7 LiSA
#8 YOASOBI
#9 TWICE
#10 Mrs. GREEN APPLE
#11 SixTONES
#12 Snow Man
#13 back number
#14 ヨルシカ
#15 NiziU
#16 菅田将暉
#17 瑛人
#18 JO1
#19 ONE OK ROCK
#20 King & Prince



インタビュー抜粋

「自分たちの音楽を1曲だけでなく、いくつもを沢山の方が聞いてくださっている事が本当に嬉しいです。感謝の気持ちを胸に、さらなる楽曲制作に励んでいこうと思います」ーOfficial髭男dism

▲ TOP

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. その他の年間チャートへ
  3. Next >



HOT Animation

人気止まらぬ『鬼滅の刃』 LiSA「紅蓮華」が堂々1位

 2020年年間Billboard JAPAN総合アニメソング・チャート“HOT Animation”で、TVアニメ『鬼滅の刃』のオープニング曲であるLiSAの「紅蓮華」が1位に輝いた。

 今年の【ユーキャン新語・流行語大賞】のトップ10に選出されるなど、昨年から続く『鬼滅の刃』ブームに合わせて、本曲も非常に高い人気をキープし、ストリーミング・ダウンロード・カラオケ・ラジオ1位、動画再生・ルックアップ2位、CDセールス・Twitter 4位と、全指標で高ポイントを稼いだ。この1年間を振り返ると、初出場した【第70回紅白歌合戦】といった年末年始のメディア出演後のタイミングで自己最高ポイントを記録した後、原作マンガの連載が最終回を迎えた5月下旬に、その“鬼滅ロス”からか、再び大きくポイントを伸ばした。極め付きは『劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編』で、劇場公開とともに自己最高ポイントを更新するという、3度のブーストを記録した。「紅蓮華」は1年の間に38回も1位に輝き、その連続首位記録は、本アニメチャートで最多となる16週をマークするなど、まさに2020年のアニメチャートを彩ったNo.1楽曲と言える。



▲ 「紅蓮華」MV / LiSA


 続く年間2位には『無限列車編』の主題歌であるLiSAの「炎」が早くもチャートイン。リリースからわずか1か月半しか経っていないものの、フィジカル・デジタル両面で高い人気を誇り、全指標がトップ10に入るという、圧倒的な人気を見せつけた。映画は公開45日間で2,053万人動員、興行収入275億円突破で国内歴代興収ランキング第2位(11月30日時点)と、空前の大ヒットを記録していることから、映画とセットで「炎」もまだまだ勢いがある。

 そして年間3位にはOfficial髭男dismの「イエスタデイ」がチャートイン。本曲は2019年9月に公開された映画『HELLO WORLD』の主題歌で、シングル発売されていないため、フィジカル・ポイントがないが、動画再生1位、ストリーミング・カラオケ2位、ダウンロード5位と、2位以下を大きく離した動画再生のポイントが追い風となって、トップ3に入り込んだ。年間4位にはCDセールス・ルックアップ・Twitterで1位を獲得したSixTONESの「NAVIGATOR」(TVアニメ『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』オープニング)が登場。SixTONESは11月11日にリリースしたばかりの「NEW ERA」(TVアニメ『半妖の夜叉姫』オープニング)が8位に入っており、主にフィジカル・ポイントとTwitterが下支えになっている。



▲ 「イエスタデイ」MV / Official髭男dism


 ストリーミング・動画再生・カラオケ3位、ダウンロード6位を記録して年間5位に入ったMrs. GREEN APPLEの「インフェルノ」(TVアニメ『炎炎ノ消防隊』オープニング)も、「紅蓮華」同様、1年を通して人気をキープした楽曲だ。大森元貴(Vo. / Gt.)がアニメのために書き下ろしたという本楽曲は、作品にマッチした歌詞とオープニングにふさわしい迫力のあるサウンドが好評を得ている。

 本年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、おうち時間が増えたことで、動画配信サービスを利用してアニメ作品を楽しんだ人も多いはず。その“おうち時間”を少しでも楽しく過ごせるようにと、2006年に放送されたTVアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』で涼宮ハルヒの声を担当した平野綾が「#お家で全力ハレ晴レユカイ」というハッシュタグとともに投稿したダンス動画が大きな話題に。それに挑戦するユーザーやダンス動画が多く生まれ、「ハレ晴レユカイ」は14年も前の楽曲だが、Twitter 10位、動画再生15位で年間49位に入った。また、2020年の音楽ヒットが多く生まれたTikTokで人気に火がついたナナヲアカリの「チューリングラブ feat. Sou」(TVアニメ『理系が恋に落ちたので証明してみた。』エンディング)は、動画再生9位、ストリーミング23位で年間22位にチャートインと、トレンドがチャートに反映された。

 また、年間トップ20内には16位にEveの「廻廻奇譚」(TVアニメ『呪術廻戦』オープニング)、19位に菅田将暉の「虹」(映画『STAND BY ME ドラえもん2』主題歌)と、現在オンエア・劇場公開中の最新曲が早くも入っている。特に『呪術廻戦』は、現在『週刊少年ジャンプ』で連載中の原作マンガが「面白い」と話題で、原作とアニメの人気に合わせて楽曲も高い支持を得ている。「紅蓮華」や「インフェルノ」のようなロングヒットとなるか、今後の動きに注目したい。



インタビュー抜粋

「たくさんの方に作品と共にお楽しみいただいてとても嬉しく思います」ーLiSA

▲ TOP


Download Songs

LiSA「紅蓮華」が圧巻の首位、リリースから約1か月半の「炎」は年間3位に

 2020年年間Billboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”で、LiSAの「紅蓮華」が圧巻の首位に輝いた。

 TVアニメ『鬼滅の刃』のオープニングテーマに起用されている「紅蓮華」は、2019年4月22日に先行配信された後、5月6日付“Download Songs”で首位デビューを果たしており、昨年の11月18日付チャートを除き、トップ20圏内をキープし続けるモンスター・ヒットとなっている。2019年の年間チャートでは惜しくもトップ10入りを逃して11位についたが、今年の上半期チャートでは2位へ浮上。10月16日に公開となった『劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編』の記録的ヒットに後押しされ、下半期もその勢いをキープし続けて、“Download Songs”年間チャートで念願の首位獲得を果たした。

 加えてLiSAは、前述の映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌である「炎」を年間3位へ送り込んでいる。今年10月12日に配信開始となった同曲は、初週に144,446ダウンロードを売り上げてNo.1デビュー。デビューから3週にわたり10万DL越えで首位をキープし続けて、リリースからわずか1.5か月で年間3位をマークすることとなった。



▲ 「炎」MV / LiSA


 今年の“Download Songs”上半期チャートで1位に輝いたOfficial髭男dismの「I LOVE...」は年間2位を獲得。今年2月にリリースされた曲ということもあり、1位の「紅蓮華」との差は30万DLほどあるが、上半期の健闘により上位を維持することとなった。なお、Official髭男dismは、同曲以外にも「Pretender」(4位)、「宿命」(16位)、「115万キロのフィルム」(19位)など、計9曲を年間トップ100へ送り込んだ。

 昨年の“Download Songs”年間チャートで10位についていたKing Gnuの「白日」は、今年5位へ大きくジャンプアップした。2019年2月22日に配信された「白日」は、年間トップ10入りした中で最も古い曲だが、今年の初頭に同曲が収録されたアルバム『CEREMONY』がリリースされたことで再び注目度が高まり、今年の上半期チャートでは4位につき、年間チャートでもトップ5にランクインすることとなった。

 なお、今年の年間“Download Songs”100位のトータル・ポイントを合算すると1,381,290ポイントとなり、昨年の1,537,889から156,599ポイントほどダウンとなっている。これはストリーミングが浸透してDL全体の売上が下がってきていることに加え、新型コロナウイルスの影響でリリース・タイトルが減ったことなどが要因と考えられる。

▲ TOP


Download Albums

米津玄師『STRAY SHEEP』が制す

 2020年の年間Billboard JAPANダウンロード・アルバム・チャート“Download Albums” で、米津玄師の『STRAY SHEEP』が首位を獲得した。

 本作は2020年8月5日に発売された米津玄師の通算5枚目となるアルバムだ。初週でBillboard JAPANチャート集計史上、最多ダウンロード数となる105,263ダウンロード(DL)を売り上げ、初登場1位に。その後もリリース以降トップ10内をキープし続け、通算5回のダウンロード・アルバム首位を獲得。2020年11月22日集計分までで累計185,825DLを記録するなどロングヒットとなり、本年間チャートを制した。さらに米津玄師は13位に『BOOTLEG』、50位に『YANKEE』、96位に『Bremen』とトップ100内に4作がチャートインを果たしている。

 続く2位はNiziUの『Make you happy』が獲得。NiziUは、日韓合同オーディション・プロジェクト「Nizi Project」から誕生した9人組グローバル・ガールズグループで、本作はプレデビュー・アルバム。初週ダウンロード数は米津の『STRAY SHEEP』に次ぐ81,167DLで、初週で首位に立った。その後も通算2度の首位を獲得し、累計チャートイン回数は21回、113,615DLを売り上げ、年間2位を獲得した。



▲ 「Make you happy」MV / NiziU


 そして3位はKing Gnuの『CEREMONY』。本作は2020年1月にリリースされたKing Gnuの3作目のフル・アルバムで、King Gnuは本チャート8位に『Sympa』、23位に『Tokyo Rendez-Vous』と、これまでの全フル・アルバムがチャートインしている。

 そのほか、2019年の年間ダウンロード・アルバムで77位を獲得したビリー・アイリッシュの『ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?』が、2020年は9位に。本作は、2019年3月に発売されたビリー・アイリッシュのデビュー・アルバムで、2020年の【第62回グラミー賞授賞式】で主要4部門を独占するという快挙を成し遂げ、2020年2月に日本では初となるダウンロード・アルバム首位に。その後、計42回のチャートインを果たし、トップ10入りを果たした。

▲ TOP


Streaming Songs

YOASOBI「夜に駆ける」2.7億回再生で首位、Rin音/ Novelbright/ yamaら若手もチャートイン

 2020年年間Billboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”で、YOASOBIの「夜に駆ける」が首位を獲得した。

 「夜に駆ける」は、小説投稿サイト『monogatary.com』発の“小説を音楽にするユニット”として始動したYOASOBIのデビュー曲。原作小説は星野舞夜による『タナトスの誘惑』で、ミュージックビデオは藍にいなが手掛けた。2019年12月15日に配信リリースされた同曲の本格的なブレイクは約4か月後、当チャートでは3月23付に91位でデビューしている。背景にあるのは春先から拡大し始めたTikTokの影響力で、SNSユーザーを起点としたバイラル・ヒットを経由し、ストリーミング・サービスやYouTubeなどのプラットフォームを横断して訴求したことがチャート・アクションからも窺える。当チャートにおける首位獲得回数は15週で、年間の再生回数は275,142,806回を記録した。

 続く2位はOfficial髭男dismの「Pretender」で、再生回数は266,370,645回を記録。同曲は2019年の年間“Streaming Songs”でも2位をマークしており、改めて根強い人気を示した。バンドはほかにも、4位に「I LOVE...」、7位に「宿命」、8位に「115万キロのフィルム」、9位に「イエスタデイ」を送り込んでおり、トップ100内では最多の11曲がエントリー。1曲のメガヒットが過去曲の掘り返しを促し、さらには以降の新曲のプレゼンスも底上げするという、ストリーミング時代特有のヒット・モデルを体現し、国民的アーティスト“ヒゲダン”としての人気を牽引した楽曲だといえるだろう。

 3位には、同じく2019年からロングヒットしているKing Gnuの「白日」がエントリー。2019年の年間“Streaming Songs”では3位に入っており、こちらも2年連続で同じ順位をマークした。そして4位のOfficial髭男dism「I LOVE...」を挟み、5位に入ったのはLiSAの「紅蓮華」。2019年4月に放送開始されたTVアニメ『鬼滅の刃』のオープニングテーマで、10月に公開された映画『劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編』主題歌の「炎」の社会現象的なヒットとも連動し、11月9日付には週間再生回数のピークを更新するなど、とりわけ2020年後半の加速が目覚ましかった。なお、10月12日に配信された「炎」は早くも18位に入っており、次年度集計の半期および年間チャートへの上位入りにも期待できそうだ。

 1位の「夜に駆ける」や6位の瑛人「香水」など、2020年はTikTokやYouTubeなどの動画プラットフォームを起点としたヒットが多く生まれた。トップ10以下では、21位のRin音「snow jam」、22位のNovelbrightの「Walking with you」、24位のyama「春を告げる」などがそれにあたる。これらはTikTok上のUGC(ユーザー生成コンテンツ)がミームなどで拡散し、加速度的にリスナー層を拡げていった楽曲で、TuneCore JapanやThe Orchard Japanなど、インディペンデント・アーティスト向けの音楽ディストリビューション・サービスを活用している点も共通している。また、20位のDISH//「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」がまさしくそうであるように、YouTubeの一発撮りチャンネル『THE FIRST TAKE』の人気がチャートに与える影響力も大きかった。



▲ 「snow jam」MV / Rin音



▲ 「Walking with you」MV / Novelbright



▲ 「春を告げる」MV / yama


 振り返れば2019年までのストリーミング・サービスでは、あいみょん、King Gnu、Mrs. GREEN APPLEなどを筆頭に、フェスやライブハウスのシーンを賑わせた若手アーティストのブレイクスルーが目立っていたが、2020年はコロナ禍の影響でリアルイベントが開催できず、代わりにSNS、動画プラットフォーム、ストリーミング・サービスといったような、オンライン上のメディアを複合的に駆使できるアーティストが次々に台頭してきた。こうしたデジタル・ネイティブな姿勢は今後も定石であり続けるだろうが、一方で少しずつではあるものの、リアルイベント復活の兆しも見え始めており、現行型と旧来型のヒット・モデルの共生や相乗効果、そして、その先に生まれるかもしれない新しいエコシステムが、2021年の注目すべき動きかもしれない。

▲ TOP


TOP Singles Sales

AKB48が5年連続で首位獲得
乃木坂46、Snow Man、SixTONESが続く

 2020年年間Billboard JAPANシングル・セールス・チャート“TOP Singles Sales”は、AKB48の『失恋、ありがとう』が首位を獲得した。

 『失恋、ありがとう』は3月18日にリリースされたメジャー57枚目のシングルで、1,433,594枚のセールスを記録した。AKB48は、2016年以降、5年連続で年間TOP Singles Salesの首位に立っている。



▲ 「失恋、ありがとう」MV / AKB48


 続く2位は乃木坂46の『しあわせの保護色』で、1,194,304枚を売り上げた。AKB48と乃木坂46は、2019年は2グループでトップ5を独占していたのだが、今年は新型コロナウィルスの影響もあり、リリース自体がそれぞれ1枚に留まりトップ2を占めるに留まった。



▲ 「しあわせの保護色」MV / 乃木坂46


 そして、3位から6位を独占したのが1月22日に同時デビューしたジャニーズの2組、Snow ManとSixTONESで、3位のSnow Man vs SixTONES 『D.D. / Imitation Rain』は1,058,682枚、4位のSnow Manの『KISSIN’ MY LIPS / Stories』は1,016,081枚でミリオン越えを達成した。SixTONES vs Snow Manの『Imitation Rain / D.D.』は943,337枚を売り上げ5位、そしてSixTONESの『NAVIGATOR』は739,446枚を売り上げ6位を獲得。今後を期待させる華々しいデビュー・イヤーとなった。

▲ TOP


TOP Albums Sales

米津玄師『STRAY SHEEP』が圧倒的首位、嵐は3週で2位に

 2020年年間Billboard JAPANアルバム・セールス・チャート“TOP Albums Sales”で、米津玄師の『STRAY SHEEP』が1位に輝いた。

 『STRAY SHEEP』には「Lemon」、「パプリカ」、「馬と鹿」など数々のヒット曲が収録されているとあって、幅広い層のファンに支持され、発売週から4週連続で1位を獲得。その後も10週にわたってトップ10をキープし続け、年間1位を勝ち取った。発売週に881,576枚を売り上げたこの作品は2週目にミリオンを突破し、1,475,062枚まで売上を伸ばして2020年年間のアルバム・セールスにおいて唯一のミリオンセラーとなっている。



▲ 「Lemon」MV / 米津玄師


 続く2位は2020年末に活動休止を控える嵐の『This is 嵐』が獲得した。嵐は昨年オールタイム・ベスト・アルバム『5×20 All the BEST!! 1999-2019』で2019年の年間Billboard JAPANアルバム・セールス・チャートの1位を獲得したが、2020年はオリジナル・アルバムで、発売からわずか3週での年間チャート2位獲得を果たした。



▲ 「Turning Up」MV / 嵐


 3位はBTSの『MAP OF THE SOUL : 7 ~ THE JOURNEY ~』が獲得。本作は前作『FACE YOURSELF』から約2年3か月ぶりとなる日本4thアルバムで「Stay Gold」、「Your eyes tell」など、総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”に長くチャートインしている楽曲が多数収録されている。初週で580,555枚を売り上げただけでなく、その後も674,168枚まで売上を積み上げて3位を獲得した。

 2019年は1位から3位はすべてアイドルグループ(1位 嵐、2位 King & Prince、3位 乃木坂46)だったが、2020年はそれぞれタイプの異なるアーティストが名を連ねる結果となった。

 また、2019年はトップ10にベスト盤が2作品チャートインしていたが、2020年はトップ10にベスト盤は入っておらず、人気楽曲が収録されたオリジナル・アルバムが上位を占めている。2020年前半にコロナ禍によるCD発売延期が相次ぎ、ライブツアーやイベントなどが例年通りに行えない状況は現在も続いている。2019年の年間と比較するとアルバムの発売商品数は約14%減少し、上位100作品の売上枚数も約13%の減少となった。

▲ TOP

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 作詞・作曲家 年間ランキング
  3. Next >



ビルボードジャパンが提供するチャート分析ツール<Chart insight>に
作詞・作曲情報が追加

 本データは、シンクパワーが保有する作詞家作曲家データを利用。各チャートの順位と同様に、Chart insight非会員は20位まで、Chart insight PRO(個人会員)は100位まで、Chart insight BIZ(法人会員)は全順位の作詞家/作曲家情報を閲覧することができる。

TOP Lyricists

年間作詞者ランキングは藤原聡が1位 
米津玄師が続く

 2020年の年間Billboard JAPAN作詞家チャート“TOP Lyricists”で、藤原聡(Official髭男dism)が1位に輝いた。

 本チャートは、総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”の中から作詞家にフォーカスしたランキングだ。2020年上半期“TOP Lyricists”で1位を獲得し、その後も首位をキープし続けた藤原聡は、ラジオ、ダウンロード、ストリーミング、動画再生で4冠を獲得した。またHOT 100では、2019年にリリースされた「Pretender」や「宿命」、「イエスタデイ」、2020年リリースの「I LOVE...」や「HELLO」など、藤原聡が作詞を担当した作品が計11曲チャートインした。Official髭男dismは、“TOP Artists”でも1位を獲得しており、2020年はOfficial髭男dismが日本全国に浸透した1年だったに違いない。



▲ 「HELLO」MV / Official髭男dism


 2位の米津玄師はトップ100位圏内に「感電」を初め、Foorinの「パプリカ」や菅田将暉「まちがいさがし」、嵐「カイト」といった提供楽曲がチャートイン。ルックアップでは、坂道シリーズやジャニーズを抑え、1位に上り詰めている。また、8月にリリースされたアルバム『STRAY SHEEP』がCDセールスでミリオンを突破したことや、全曲ストリーミング解禁、「感電」のミュージックビデオの再生回数が1億を突破するなど話題も多かった影響か、米津は唯一、全指標でトップ10入りを果たした。



▲ 「感電」MV / 米津玄師


 トップ10の中でも注目したいのは、HOT 100で「夜に駆ける」が1位を獲得した、YOASOBIのAyaseが6位に登場したことだ。Ayaseが作詞を担当した楽曲はトップ100位圏内に4曲チャートインしているが、「夜に駆ける」だけでもストリーミングと動画再生で2冠を取っており、大きなポイントになっている。さらに、YOASOBIは“TOP Artists”で8位に登場し、21年度の活躍に期待が膨らむ。

▲ TOP


TOP Composers

藤原聡、米津玄師が1・2フィニッシュ 
Ayaseがトップ10内にジャンプアップ

 2020年の年間Billboard JAPAN作曲家チャート“TOP Composers”で、藤原聡(Official髭男dism)が1位に輝いた。

 本チャートは、総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”の中から作曲家にフォーカスしたランキングだ。作詞家チャート “TOP Lyricists”でも1・2位と同様に藤原聡、米津玄師が並んだ。YOASOBIのAyaseは「夜に駆ける」や「ハルジオン」を筆頭に、2020年上半期の同ランキングで21位から5位へ、梶浦由記も「炎」でポイントを獲得し、87位から11位へ一気に躍進。また、10位の8s(瑛人「香水」)、15位のJ.Y.PARK THE ASIAN SOUL / Lee Hae Sol(NiziU「Make you happy」)や16位のDavid Stewart / Jessica Agombar(BTS「Dynamite」)など、2020年を賑わせた楽曲の作曲者は、一タイトルだけで上位に登場しているのが目立った。



▲ 「Dynamite」MV / BTS


 2020年の特徴は、YOASOBIや瑛人もそうだが、TikTokから火がついたアーティストの作曲者が登場してきたことが挙げられる。100位圏内には、23位のくじら(yama「春を告げる」)、39位の雄大 / 勇太朗(Novelbright 「Walking with you」)、41位のRhymeTube(Rin音「snow jam」)、62位のもさを。(「ぎゅっと。」「きらきら」)など、多くの新人が頭角を現した。これはコロナ禍により、ステイホームで音楽に触れる機会やSNSを見る時間が増えたことも要因の一つだと考えられる。K-POPの再熱やボカロPの浮上が巻き起こる中、2021年もTikTok発アーティストは増えていくだろう。今後“JAPAN HOT 100”にどう影響が出ていくのか注目だ。



▲ 「ぎゅっと。」MV / もさを。


▲ TOP

関連商品

Universe
Official髭男dism「Universe」

2021/02/24

[CD]

¥770(税込)

Universe
Official髭男dism「Universe」

2021/02/24

[CD]

¥4,950(税込)

Universe
Official髭男dism「Universe」

2021/02/24

[CD]

¥4,950(税込)

THE BOOK
YOASOBI「THE BOOK」

2021/01/06

[CD]

¥4,950(税込)

HELLO EP
Official髭男dism「HELLO EP」

2020/08/05

[CD]

¥1,650(税込)

HELLO EP
Official髭男dism「HELLO EP」

2020/08/05

[CD]

¥3,300(税込)

Traveler
Official髭男dism「Traveler」

2019/10/09

[CD]

¥3,080(税込)

馬と鹿
米津玄師「馬と鹿」

2019/09/11

[CD]

¥1,100(税込)

馬と鹿
米津玄師「馬と鹿」

2019/09/11

[CD]

¥1,650(税込)

馬と鹿
米津玄師「馬と鹿」

2019/09/11

[CD]

¥2,090(税込)

宿命
Official髭男dism「宿命」

2019/07/31

[CD]

¥770(税込)

Stand By You EP
Official髭男dism「Stand By You EP」

2018/10/17

[CD]

¥2,420(税込)

エスカパレード
Official髭男dism「エスカパレード」

2018/04/11

[CD]

¥3,080(税込)

ノーダウト
Official髭男dism「ノーダウト」

2018/04/11

[CD]

¥550(税込)

エスカパレード
Official髭男dism「エスカパレード」

2018/04/11

[CD]

¥3,080(税込)

エスカパレード
Official髭男dism「エスカパレード」

2018/04/11

[CD]

¥3,850(税込)

Lemon
米津玄師「Lemon」

2018/03/14

[CD]

¥1,320(税込)

Lemon
米津玄師「Lemon」

2018/03/14

[CD]

¥2,090(税込)

Lemon
米津玄師「Lemon」

2018/03/14

[CD]

¥2,200(税込)

BOOTLEG
米津玄師「BOOTLEG」

2017/11/01

[CD]

¥3,300(税込)

BOOTLEG
米津玄師「BOOTLEG」

2017/11/01

[CD]

¥4,070(税込)

BOOTLEG
米津玄師「BOOTLEG」

2017/11/01

[CD]

¥4,950(税込)

diorama
米津玄師「diorama」

2017/07/05

[CD]

¥3,080(税込)

ピースサイン
米津玄師「ピースサイン」

2017/06/21

[CD]

¥1,320(税込)

ピースサイン
米津玄師「ピースサイン」

2017/06/21

[CD]

¥1,650(税込)

ピースサイン
米津玄師「ピースサイン」

2017/06/21

[CD]

¥2,090(税込)

レポート
Official髭男dism「レポート」

2017/04/19

[CD]

¥2,241(税込)

orion
米津玄師「orion」

2017/02/15

[CD]

¥1,320(税込)

orion
米津玄師「orion」

2017/02/15

[CD]

¥1,870(税込)

orion
米津玄師「orion」

2017/02/15

[CD]

¥1,870(税込)

What’s Going On?
Official髭男dism「What’s Going On?」

2016/11/02

[CD]

¥1,760(税込)

What’s Going On?
Official髭男dism「What’s Going On?」

2016/11/02

[CD]

¥2,200(税込)

LOSER/ナンバーナイン
米津玄師「LOSER/ナンバーナイン」

2016/09/28

[CD]

¥1,320(税込)

LOSER/ナンバーナイン
米津玄師「LOSER/ナンバーナイン」

2016/09/28

[CD]

¥1,980(税込)

LOSER/ナンバーナイン
米津玄師「LOSER/ナンバーナイン」

2016/09/28

[CD]

¥2,145(税込)

Bremen
米津玄師「Bremen」

2015/10/07

[CD]

¥3,300(税込)

Bremen
米津玄師「Bremen」

2015/10/07

[CD]

¥3,564(税込)

Bremen
米津玄師「Bremen」

2015/10/07

[CD]

¥4,212(税込)

アンビリーバーズ
米津玄師「アンビリーバーズ」

2015/09/02

[CD]

¥1,210(税込)

アンビリーバーズ
米津玄師「アンビリーバーズ」

2015/09/02

[CD]

¥1,728(税込)

アンビリーバーズ
米津玄師「アンビリーバーズ」

2015/09/02

[CD]

¥1,620(税込)

ラブとピースは君の中
Official髭男dism「ラブとピースは君の中」

2015/04/22

[CD]

¥1,980(税込)

Flowerwall
米津玄師「Flowerwall」

2015/01/14

[CD]

¥1,210(税込)

Flowerwall
米津玄師「Flowerwall」

2015/01/14

[CD]

¥2,090(税込)

YANKEE
米津玄師「YANKEE」

2014/04/23

[CD]

¥3,564(税込)

YANKEE
米津玄師「YANKEE」

2014/04/23

[CD]

¥4,400(税込)

YANKEE
米津玄師「YANKEE」

2014/04/23

[CD]

¥3,036(税込)

サンタマリア
米津玄師「サンタマリア」

2013/05/29

[CD]

¥1,320(税込)

サンタマリア
米津玄師「サンタマリア」

2013/05/29

[CD]

¥1,760(税込)

diorama
米津玄師「diorama」

2012/05/16

[CD]

¥2,619(税込)

Universe
Official髭男dism「Universe」

2021/02/24

[CD]

¥770(税込)

Universe
Official髭男dism「Universe」

2021/02/24

[CD]

¥4,950(税込)

Universe
Official髭男dism「Universe」

2021/02/24

[CD]

¥4,950(税込)

THE BOOK
YOASOBI「THE BOOK」

2021/01/06

[CD]

¥4,950(税込)

HELLO EP
Official髭男dism「HELLO EP」

2020/08/05

[CD]

¥1,650(税込)

HELLO EP
Official髭男dism「HELLO EP」

2020/08/05

[CD]

¥3,300(税込)

I LOVE...
Official髭男dism「I LOVE...」

2020/02/12

[CD]

¥770(税込)

Traveler
Official髭男dism「Traveler」

2019/10/09

[CD]

¥5,500(税込)

Traveler
Official髭男dism「Traveler」

2019/10/09

[CD]

¥5,500(税込)

Traveler
Official髭男dism「Traveler」

2019/10/09

[CD]

¥3,080(税込)

馬と鹿
米津玄師「馬と鹿」

2019/09/11

[CD]

¥1,100(税込)

馬と鹿
米津玄師「馬と鹿」

2019/09/11

[CD]

¥1,650(税込)

馬と鹿
米津玄師「馬と鹿」

2019/09/11

[CD]

¥2,090(税込)

宿命
Official髭男dism「宿命」

2019/07/31

[CD]

¥770(税込)

Pretender
Official髭男dism「Pretender」

2019/05/15

[CD]

¥1,100(税込)

Pretender
Official髭男dism「Pretender」

2019/05/15

[CD]

¥2,750(税込)

Stand By You EP
Official髭男dism「Stand By You EP」

2018/10/17

[CD]

¥2,420(税込)

エスカパレード
Official髭男dism「エスカパレード」

2018/04/11

[CD]

¥3,080(税込)

ノーダウト
Official髭男dism「ノーダウト」

2018/04/11

[CD]

¥550(税込)

エスカパレード
Official髭男dism「エスカパレード」

2018/04/11

[CD]

¥3,080(税込)

エスカパレード
Official髭男dism「エスカパレード」

2018/04/11

[CD]

¥3,850(税込)

Lemon
米津玄師「Lemon」

2018/03/14

[CD]

¥1,320(税込)

Lemon
米津玄師「Lemon」

2018/03/14

[CD]

¥2,090(税込)

Lemon
米津玄師「Lemon」

2018/03/14

[CD]

¥2,200(税込)

BOOTLEG
米津玄師「BOOTLEG」

2017/11/01

[CD]

¥3,300(税込)

BOOTLEG
米津玄師「BOOTLEG」

2017/11/01

[CD]

¥4,070(税込)

BOOTLEG
米津玄師「BOOTLEG」

2017/11/01

[CD]

¥4,950(税込)

diorama
米津玄師「diorama」

2017/07/05

[CD]

¥3,080(税込)

ピースサイン
米津玄師「ピースサイン」

2017/06/21

[CD]

¥1,320(税込)

ピースサイン
米津玄師「ピースサイン」

2017/06/21

[CD]

¥1,650(税込)

ピースサイン
米津玄師「ピースサイン」

2017/06/21

[CD]

¥2,090(税込)

レポート
Official髭男dism「レポート」

2017/04/19

[CD]

¥2,241(税込)

orion
米津玄師「orion」

2017/02/15

[CD]

¥1,320(税込)

orion
米津玄師「orion」

2017/02/15

[CD]

¥1,870(税込)

orion
米津玄師「orion」

2017/02/15

[CD]

¥1,870(税込)

What’s Going On?
Official髭男dism「What’s Going On?」

2016/11/02

[CD]

¥1,760(税込)

What’s Going On?
Official髭男dism「What’s Going On?」

2016/11/02

[CD]

¥2,200(税込)

LOSER/ナンバーナイン
米津玄師「LOSER/ナンバーナイン」

2016/09/28

[CD]

¥1,320(税込)

LOSER/ナンバーナイン
米津玄師「LOSER/ナンバーナイン」

2016/09/28

[CD]

¥1,980(税込)

LOSER/ナンバーナイン
米津玄師「LOSER/ナンバーナイン」

2016/09/28

[CD]

¥2,145(税込)

Bremen
米津玄師「Bremen」

2015/10/07

[CD]

¥3,300(税込)

Bremen
米津玄師「Bremen」

2015/10/07

[CD]

¥3,564(税込)

Bremen
米津玄師「Bremen」

2015/10/07

[CD]

¥4,212(税込)

アンビリーバーズ
米津玄師「アンビリーバーズ」

2015/09/02

[CD]

¥1,210(税込)

アンビリーバーズ
米津玄師「アンビリーバーズ」

2015/09/02

[CD]

¥1,728(税込)

アンビリーバーズ
米津玄師「アンビリーバーズ」

2015/09/02

[CD]

¥1,620(税込)

ラブとピースは君の中
Official髭男dism「ラブとピースは君の中」

2015/04/22

[CD]

¥1,980(税込)

Flowerwall
米津玄師「Flowerwall」

2015/01/14

[CD]

¥1,210(税込)

Flowerwall
米津玄師「Flowerwall」

2015/01/14

[CD]

¥2,090(税込)

YANKEE
米津玄師「YANKEE」

2014/04/23

[CD]

¥3,564(税込)

YANKEE
米津玄師「YANKEE」

2014/04/23

[CD]

¥4,400(税込)

サンタマリア
米津玄師「サンタマリア」

2013/05/29

[CD]

¥1,320(税込)

サンタマリア
米津玄師「サンタマリア」

2013/05/29

[CD]

¥1,760(税込)

diorama
米津玄師「diorama」

2012/05/16

[CD]

¥2,619(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【深ヨミ】SixTONESのファーストアルバム『1ST』発売によるシングルセールスへの波及を検証

  2. 2

    【ビルボード】ヒプノシスマイク最新作『Straight Outta Rhyme Anima』が40,579枚でALセールス首位 SixTONES『1ST』ハーフミリオン突破

  3. 3

    これぞ2021年型ヒット?! 「うっせえわ」と叫ぶAdoの衝撃

  4. 4

    【ビルボード】ジャニーズWEST『週刊うまくいく曜日』が227,615枚でSGセールス首位

  5. 5

    フィル・スペクターが81歳で死去、全米ソング・チャートを賑わせたベスト40曲をランキング

HOT IMAGES

注目の画像