Billboard JAPAN


Special Contents

<コラム>緑黄色社会『SINGALONG』に見たポップ・アーティストとして矜持 2020年駆け抜けた夏



インタビュー

“歌”にフォーカスした『SINGALONG』

 気づけば10月。そろそろ音楽シーンを賑わせた“今年の1枚”を振り返り始めてもいい時期かもしれない。新型コロナウイルスが猛威を振るい、とりわけエンタメ市場は大打撃を受けた1年だったとはいえ、音楽が鳴りやむことはなく、ヒット・チャートにもしっかり“今年の音楽”が入ってきている。緑黄色社会が4月に配信リリースした最新アルバム『SINGALONG』も、今年の音楽シーンを賑わせた1枚だった。

 『SINGALONG』はその名の通り、このバンドの最大の武器である“歌”にフォーカスしたアルバムだ。ドラマ『G線上のあなたと私』主題歌「sabotage」では、しなやかで力強いハイトーン、アニメ『僕のヒーローアカデミア』エンディングテーマ「Shout Baby」では、感情のアップダウンを緻密にコントロールする表現力。インディーズ時代から高い歌唱力で注目を集めていたフロントマン、長屋晴子(Gt/Vo)のヴォーカリストとしてのさらなる成長を窺い知ることができる。



緑黄色社会 『Shout Baby』Music Video


 また、小林壱誓(Gt/Cho)、peppe(Key/Cho)、穴見真吾(Ba/Cho)の3人もコーラス参加した「愛のかたち」、ライブではオーディエンスの大合唱も起こりそうなアンセム「あのころ見た光」など、長屋のヴォーカルに焦点を当てるだけではなく、もっと広い視点で“歌”と向き合った作品としても解釈できる。トオミヨウ、横山裕章といった、J-POPの第一線で活躍するアレンジャー陣の参加も大きい。

 本来なら4月22日にフィジカルとデジタルの両媒体でリリースされる予定だった本作も、ご存じの通り、コロナの影響でCDリリースのみ9月30日に延期された。デジタルとフィジカルが5か月差でリリースされるという異例の施策となったわけだが、セールスは好調。Billboard JAPANのダウンロード・チャートでは、5月4日付で初登場3位を獲得し、3週連続のトップ10入りを果たした。また、現時点で25週連続のチャートインとなっており、第1波以降もロングテールで売上を積み上げている。一方、9月30日にリリースされたCDは、初週10,679枚を売り上げて7位をマークし、こちらも好調な滑り出しを見せた。

リョクシャカの駆け抜けた夏

 こうした商業的な成功の背景には、バンドがイレギュラーな事態にも屈せず、むしろ状況に適応する形で活動を続けてきた、この半年間の歩みがある。

 4月には、YouTubeの一発撮りチャンネル『THE FIRST TAKE』に2度にわたって登場。小林と穴見のWアコースティック・ギターによる「Shout Baby」、peppeのピアノ伴奏による「sabotage」を披露し、長屋の大迫力なヴォーカルを切り取った。“歌”がテーマの新作をリリースした緑黄色社会にとって、『THE FIRST TAKE』ほど相性の良いメディアはない。しかも人気チャンネルなだけあって、その影響力は絶大だ。



緑黄色社会 - sabotage / THE FIRST TAKE


 6月には、「Mela!」を使用した『Mela!Mela!キレキレダンス』の動画をTikTokで公開。ダンス経験のある小林が振り付けを担当したもので、中日ドラゴンズのマスコットキャラクター、ドアラが“キレキレダンス”を披露している。

 また、8月には、日本テレビ系『スッキリ』の新プロジェクト『ひとつになろう!ダンスONEプロジェクト~高校生ダンス部応援企画~』で「Mela !」がテーマ曲に選ばれ、バブリーダンスでお馴染みのakaneによる振り付けが披露された。「Mela!」を起用した一連のダンス施策は、とりわけ若年層を中心として、リョクシャカの名を広く認知させる結果となり、長期的な『SINGALONG』の売れ行きにも大きく貢献したと思われる。



 さらにバンドは7月24日、配信ライブ【SINGALONG tour 2020 -夏を生きる-】を開催し、その際に初披露した新曲「夏を生きる」を同月31日に配信リリース。<君の続きが見たい 逞しくあれ>とポジティブなメッセージを送る、リョクシャカ初のサマーチューンだ。ヴァイオリンをフィーチャーし、壮大なサウンドスケープを描くアレンジは、『SINGALONG』以降の新機軸を感じさせる仕上がりで、バンドの確かな成長を浮き彫りにするものとなっている。

 そして9月30日、『SINGALONG』はCDリリースを迎えた。ライブ映像を収録したBlu-ray付きの初回生産限定盤、CDのみの通常盤に加え、新たに追加された“初回生産限定夏を生きた盤”も展開。「夏を生きる」や「Mela! (夏を生きたRemix)」、前述の配信ライブの音源などを収めたDisc 2が付属している。

 サブスク全盛の時代でCDを売っていくには、どうしても“音楽が聴ける”以外の付加価値が必要になってくる。『SINGALONG』の場合は“リョクシャカの駆け抜けた夏”がそれだ。多くのアーティストが水面下での活動を余儀なくされた2020年上半期。しかしリョクシャカは、大衆に呼びかけることを止めなかった。そんなポップ・アーティストとしての矜持が、この『SINGALONG』という名盤を通し、日本中をシンガロングさせる結果に結びついたのだ。



緑黄色社会 『夏を生きる』– SINGALONG tour 2020 -夏を生きる- 2020.7.24



Text by Takuto Ueda

緑黄色社会「SINGALONG」

SINGALONG

2020/09/30 RELEASE
ESCL-5443/4 ¥ 3,900(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.SINGALONG
  2. 02.sabotage
  3. 03.Mela!
  4. 04.想い人
  5. 05.inori
  6. 06.Shout Baby
  7. 07.スカーレット
  8. 08.一歩
  9. 09.愛のかたち
  10. 10.幸せ
  11. 11.Brand New World
  12. 12.あのころ見た光
  13. 13.冬の朝

関連キーワード

TAG

関連商品

SINGALONG
緑黄色社会「SINGALONG」

2020/09/30

[CD]

¥3,900(税込)

SINGALONG
緑黄色社会「SINGALONG」

2020/09/30

[CD]

¥4,500(税込)

SINGALONG
緑黄色社会「SINGALONG」

2020/09/30

[CD]

¥3,300(税込)

Shout Baby
緑黄色社会「Shout Baby」

2020/02/19

[CD]

¥1,100(税込)

Shout Baby
緑黄色社会「Shout Baby」

2020/02/19

[CD]

¥1,650(税込)

sabotage
緑黄色社会「sabotage」

2019/11/06

[CD]

¥1,100(税込)

sabotage
緑黄色社会「sabotage」

2019/11/06

[CD]

¥1,430(税込)

幸せ -EP-
緑黄色社会「幸せ -EP-」

2019/05/29

[CD]

¥2,852(税込)

幸せ -EP-
緑黄色社会「幸せ -EP-」

2019/05/29

[CD]

¥1,324(税込)

溢れた水の行方
緑黄色社会「溢れた水の行方」

2018/11/07

[CD]

¥2,037(税込)

緑黄色社会
緑黄色社会「緑黄色社会」

2018/03/14

[CD]

¥2,750(税込)

SINGALONG
緑黄色社会「SINGALONG」

2020/09/30

[CD]

¥3,900(税込)

SINGALONG
緑黄色社会「SINGALONG」

2020/09/30

[CD]

¥4,500(税込)

SINGALONG
緑黄色社会「SINGALONG」

2020/09/30

[CD]

¥3,300(税込)

Shout Baby
緑黄色社会「Shout Baby」

2020/02/19

[CD]

¥1,100(税込)

Shout Baby
緑黄色社会「Shout Baby」

2020/02/19

[CD]

¥1,650(税込)

sabotage
緑黄色社会「sabotage」

2019/11/06

[CD]

¥1,100(税込)

sabotage
緑黄色社会「sabotage」

2019/11/06

[CD]

¥1,430(税込)

幸せ -EP-
緑黄色社会「幸せ -EP-」

2019/05/29

[CD]

¥2,852(税込)

幸せ -EP-
緑黄色社会「幸せ -EP-」

2019/05/29

[CD]

¥1,324(税込)

溢れた水の行方
緑黄色社会「溢れた水の行方」

2018/11/07

[CD]

¥2,037(税込)

緑黄色社会
緑黄色社会「緑黄色社会」

2018/03/14

[CD]

¥2,750(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    藤井 風、初の武道館ライブが終了&新曲「へでもねーよ」「青春病」を2曲同時リリース

  2. 2

    Snow Man『KISSIN' MY LIPS / Stories』がデビュー作に続きミリオン達成

  3. 3

    【ビルボード】LiSA「炎」「紅蓮華」が総合1・2フィニッシュ

  4. 4

    May J.、15周年イヤー幕開けにベスト・アルバムをリリース

  5. 5

    Uru、アニメ『半妖の夜叉姫』ノンクレジット・エンディングムービーを公開

HOT IMAGES

注目の画像