Billboard JAPAN


Special Contents

<コラム>JUJUのベストアルバム『YOUR STORY』~4枚のディスクから繰り出されるそれぞれの物語とは



top

 JUJUのベストアルバム『YOUR STORY』が4月8日にリリースされた。詳細は本編に譲るが、本作はTheater RED / Theater PURPLE / Theater PINK / Theater BLUE と各DISCにテーマを設けた4枚組となっており、一人一人の女性の物語を紡ぐベストアルバム。それぞれの時を歩んできた大人たちのこれまで、そしてこれからの強く生きてゆく日々に寄り添えるような作品になれたら…という願いがタイトルに込められている。ただ一方で、『YOUR STORY』を通して聴くと、2004年のデビュー以降、JUJUが様々なジャンルで活躍してきたことを実感するだろう。本作は『YOUR STORY』であるが、JUJUのSTORYでもあること。そのことをライターの森朋之に紐解いてもらった。

「リスナーが求めるものを歌う=自我を捨てる」ではない

CD
▲『YOUR STORY』

 JUJUのベストアルバム『YOUR STORY』が2020/4/20付のBillboard JAPAN 総合アルバム・チャートで1位を獲得した。

 2019年にデビュー15周年を迎えたJUJU。「シネマ・コンプレックス“Theater JUJU”」をコンセプトに、「Theater RED」「Theater PURPLE」「Theater PINK」「Theater BLUE」のCD4枚組(各盤に未発表曲・新録曲を1曲ずつ収録)で構成された本作には、さまざまな愛の形を豊かな物語とともに描き出す歌詞、R&B、ソウル、ジャズ、ハウス、EDM、歌謡曲などのテイストを取り入れた音楽性、そして、“歌を歌う=ストーリーテリングでありたい”という彼女のスタイルが濃密に描かれている。16年間の軌跡が刻まれたスーパーベスト『YOUR STORY』を軸にしながら、これまでのキャリアを紐解いてみたい。

 名実ともに音楽シーンを代表する女性シンガーの一人となったJUJUだが、そのキャリアは決して順風満帆ではなかった。物心がついた頃から周囲の大人たちの影響で様々な音楽に触れ、特にジャズに惹かれていたという彼女は、18歳のときに単身NYに渡り、ジャズシンガーを目指してーー”JUJU”というアーティスト名が、ウェイン・ショーターの名盤『JUJU』に由来しているのは有名な話だーー活動をスタートさせた。同じくNY在住のDJ、クリエイターとともに少しずつ活動の幅を広げ、ジャズ、R&B、ヒップホップなど多彩な音楽を吸収してきた彼女は、2004年にシングル『光の中へ』でメジャーデビュー。当初はまったく注目されなかったが、約2年間の制作期間を経てリリースされた『奇跡を望むなら...』(2006年)のロングヒットにより、ブレイクのきっかけを掴んだ。


▲JUJU「奇跡を望むなら...」

 この頃からJUJUは、シンガーとしてのスタイルを少しずつ明確にしはじめる。“リスナーが求めているものを歌いたい”そして“楽曲を一つの物語として捉え、ストーリーテラーとして歌う”。この二つのポイントをはっきりと意識したことで彼女の歌は幅広い層に受け入れられ、「素直になれたら」(JUJU feat.Spontania)、「明日がくるなら(with JAY'ED)」などのヒット曲を次々と生み出すことになる。


▲JUJU feat.Spontania「素直になれたら feat. Spontania」


▲JUJU「明日がくるなら(with JAY'ED)」

 ここで記しておきたいのは、“リスナーが求めるものを歌う””ストーリーテラーとして歌う”というスタンスは(“シンガーとしての自我を捨てる”ということではなく)、彼女の個性を存分に発揮できる選択だったということだ。前述した通りJUJUは、幼いときから幅広い音楽に触れて育ってきた。その中心にあるのがジャズであることは間違いないが、ソウル、R&Bから歌謡曲まで、様々な音楽を好み、歌ってきたことがシンガーとしての下地になっているのだ。以前の取材で彼女は「ストレス発散はカラオケ」と言っていたが、“歌うことが好き”というピュアなモチベーションはおそらく、いまもまったく変わっていないのだと思う。

 ブレイク以降もJUJUは、ストーリーテラーという立ち位置をしっかりと保ちながら、貪欲に音楽性を広げてきた。“JUJUといえば、切ないバラード”というイメージを持っている方も多いだろうが、彼女の楽曲にはR&B、ソウル、ハウス、EDMなどきわめて幅広いテイストが取り入れられている。松尾潔、亀田誠治、川口大輔、Jeff Miyahara、UTAといったプロデューサー/クリエイターとともに練り上げられたそのスタイルは、“海外のポップミュージックを日本語の歌に結びつける”というこの国のポピュラーミュージックの伝統に根ざしているとも言えるだろう。


▲JUJU「この夜を止めてよ」

 さらに特筆すべきは、彼女自身のルーツとつながる活動も積極的に行っていることだ。その一つが、ジャズのカバーアルバム『DELICIOUS』シリーズ。第一弾の『DELICIOUS』(2011年)では「Night and Day」、「Lush Life」といった名曲を取り上げ、ジャズシンガーとしての資質を証明した。松尾潔がプロデュースを手がけ、島健、渡辺香津美、菊地成孔などが参加した本作のヒットは、そのキャリアにとって大きな意義を持っていると思う。



 もう一つはJ-POPのカバーアルバム『Request』シリーズ。ファンのリクエストをもとに選曲した同シリーズは、まさに“リスナーが求めるものを聴きたい”というスタイルの具現化だと言っていい。同時に本作は、シンガーとしての根本的な実力、表現力の豊かさの証明にもつながった。2015年夏に東京・国立代々木競技場 第一体育館で行われたライブ【ジュジュ苑 10th Anniversary Special】で筆者は、年配の男性客が「やっぱり歌が上手い歌手はいいねえ」とシミジミ話しているのを耳にしたが、どんなタイプの楽曲も歌いこなし、聴衆に「いいねえ」と言わせられるシンガーは本当に稀だと思う。



NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 4枚のディスクが表現しているものとは
  3. Next >

4枚のディスクが表現しているものとは

 歌い手、語り部に徹することで、ボーカリストとしての技術と表現力を開花させ、唯一無二の存在となったJUJU。その現時点における集大成が、現在ヒット中のベストアルバム『YOUR STORY』だ。では、改めて本作の内容を紹介しよう。

 「やさしさで溢れるように」「明日がくるなら(with JAY’ED)」などの代表曲を収めた「Theater RED」は、大きな愛、普遍的な愛を描いた楽曲が中心。オーセンティックなバラードナンバーが多く、シンガー・JUJUのスケール感と豊かな奥行を持った表現力を堪能できる。新曲「あざみ」もまた、ピアノと歌を中心としたバラード。愛する人との夢のような時間、痛みを伴う別れなど、さまざまな経験を重ねながら、それでも運命の人との出会いを信じる。そんな切実な思いをノスタルジックなメロディとともに描いた「あざみ」は、「Theater RED」の本質をしっかりと射抜いている。もちろん、16年のキャリアのなかで積み上げてきた表現を惜しみなく注ぎ込んだボーカルも絶品だ。



 思うようにならない恋愛、行き場のない感情を想起させる楽曲を中心に構成された「Theater PURPLE」には、「この夜を止めてよ」「さよならの代わりに」といった哀切な思いを反映したナンバーが並ぶ。切なさ、痛み、苦しみを感じながらも、どうしても“好き”という思いを止めることができない――聴き手のなかで映像やストーリーが鮮やかに映し出され、それぞれの記憶と重なる「Theater PURPLE」の世界は、まさにJUJUの真骨頂だ。新曲「Woman In Love」は、タイトル通り、愛のなかに生きる女性の姿を綴ったバラード。<もし愛に形があるとしたら きっとあなたの姿をしてると>に象徴される美しくも切ないリリックは、松尾潔のペンによるもの。「この夜を止めてよ」「ラストシーン」などの名曲を生み出してきた“JUJU×松尾潔”による最新曲だ。



 ヒットチューン「素直になれたら」(JUJU feat.Spontania)から始まる「Theater PINK」は、好きな人に対するピュアな感情、恋愛中のドキドキ感などをストレートに表現した楽曲が印象的。80'S的なエレクトロ・トラックを取り入れた「PLAYBACK」、恋の始まりをビビッドに描いた歌詞、EDM的なサウンドがひとつになった「Hold me, Hold you」など、最新のダンスミュージックのエッセンスを感じさせる楽曲も、「Theater PINK」の特徴だろう。新曲「Stop Motion」は、<ハチャメチャにもっと楽しんで>な夏のシーンを切り取ったダンストラック。ネオソウル経由のビート、歌のグルーヴをそのまま体感できるアレンジも秀逸だ。



 そして4枚目の「Theater BLUE」には、日常と格闘しながら、しっかりと前を向いて進んでいこうとする意志を感じさせる楽曲が並んでいる。ブレイクのきっかけとなった「奇跡を望むなら...」、ディスコとロックを融合させたサウンドによって自らの新たなスタイルを切り開いた「Hot Stuff」、平井堅の提供曲で、吉田羊との共演が実現した「かわいそうだよね(with HITSUJI)」など、JUJUのキャリアにとって大きな意味を持つ楽曲も多い。ラストを飾るのは、最新シングル『STAYIN’ ALIVE』は、ファンク・リバイバルの流れを汲むアッパーチューン。<一度きりの今なんだから/命枯れるまで逃さないでチャンス>というラインからは、デビュー16年目を超えて、さらに先に進もうとする彼女の意志が伝わってくるようだ。


▲JUJU「STAYIN' ALIVE」

 『YOUR STORY』というタイトル通り、本作に収録されているのは、聴き手が自分自身の物語として受けとり、強い共感を得ることができる楽曲ばかり。“Theater JUJU”が上映する4つの作品を、いちばんリラックスできる場所で堪能してほしいと思う。




Text by 森朋之

JUJU「YOUR STORY」

YOUR STORY

2020/04/08 RELEASE
AICL-3865/8 ¥ 3,960(税込)

詳細・購入はこちら

関連キーワード

TAG

関連商品

俺のRequest
JUJU「俺のRequest」

2020/10/21

[CD]

¥2,900(税込)

YOUR STORY
JUJU「YOUR STORY」

2020/04/08

[CD]

¥3,960(税込)

YOUR STORY
JUJU「YOUR STORY」

2020/04/08

[CD]

¥5,280(税込)

STAYIN’ ALIVE
JUJU「STAYIN’ ALIVE」

2020/02/26

[CD]

¥2,500(税込)

STAYIN’ ALIVE
JUJU「STAYIN’ ALIVE」

2020/02/26

[CD]

¥1,280(税込)

ミライ
JUJU「ミライ」

2019/03/06

[CD]

¥2,037(税込)

ミライ
JUJU「ミライ」

2019/03/06

[CD]

¥1,304(税込)

メトロ
JUJU「メトロ」

2018/10/31

[CD]

¥2,037(税込)

メトロ
JUJU「メトロ」

2018/10/31

[CD]

¥1,304(税込)

JUJU「I」

2018/02/21

[CD]

¥4,180(税込)

JUJU「I」

2018/02/21

[CD]

¥3,300(税込)

東京
JUJU「東京」

2018/01/24

[CD]

¥2,037(税込)

東京
JUJU「東京」

2018/01/24

[CD]

¥1,304(税込)

いいわけ
JUJU「いいわけ」

2017/10/11

[CD]

¥2,037(税込)

WHAT YOU WANT
JUJU「WHAT YOU WANT」

2015/12/09

[CD]

¥3,300(税込)

WHAT YOU WANT
JUJU「WHAT YOU WANT」

2015/12/09

[CD]

¥4,180(税込)

What You Want
JUJU「What You Want」

2015/11/18

[CD]

¥1,282(税込)

What You Want
JUJU「What You Want」

2015/11/18

[CD]

¥2,037(税込)

WITH YOU
JUJU「WITH YOU」

2015/09/23

[CD]

¥2,037(税込)

WITH YOU
JUJU「WITH YOU」

2015/09/23

[CD]

¥1,282(税込)

誰にも言えない恋のうた
(V.A.) globe JUJU m-flo loves YOSHIKA BENI 柴咲コウ 杏里 工藤静香「誰にも言えない恋のうた」

2015/09/16

[CD]

¥2,420(税込)

PLAYBACK
JUJU「PLAYBACK」

2015/07/08

[CD]

¥1,282(税込)

PLAYBACK
JUJU「PLAYBACK」

2015/07/08

[CD]

¥2,037(税込)

JUJU BEST VIDEO CLIPS
JUJU「JUJU BEST VIDEO CLIPS」

2015/03/25

[Blu-ray Disc]

¥7,028(税込)

ラストシーン
JUJU「ラストシーン」

2014/09/17

[CD]

¥2,037(税込)

ラストシーン
JUJU「ラストシーン」

2014/09/17

[CD]

¥1,282(税込)

DOOR
JUJU「DOOR」

2014/03/05

[CD]

¥3,300(税込)

DOOR
JUJU「DOOR」

2014/03/05

[CD]

¥4,180(税込)

Door/Hot Stuff
JUJU「Door/Hot Stuff」

2014/02/19

[CD]

¥1,781(税込)

Door/Hot Stuff
JUJU「Door/Hot Stuff」

2014/02/19

[CD]

¥1,282(税込)

GIFT
JUJU「GIFT」

2013/12/11

[CD]

¥2,640(税込)

守ってあげたい
JUJU「守ってあげたい」

2013/11/20

[CD]

¥1,282(税込)

Distance
JUJU「Distance」

2013/09/18

[CD]

¥1,282(税込)

YOU
JUJU「YOU」

2013/02/06

[CD]

¥3,353(税込)

Wonderful Life
JUJU「Wonderful Life」

2013/02/06

[CD]

¥3,353(税込)

What’s Love?
JUJU「What’s Love?」

2013/02/06

[CD]

¥3,353(税込)

Request
JUJU「Request」

2013/02/06

[CD]

¥2,828(税込)

JUJU
JUJU「JUJU」

2013/02/06

[CD]

¥3,353(税込)

DELICIOUS
JUJU「DELICIOUS」

2013/02/06

[CD]

¥3,353(税込)

YOU/BELOVED
JUJU「YOU/BELOVED」

2011/08/31

[CD]

¥1,068(税込)

YOU
JUJU「YOU」

2011/07/13

[CD]

¥3,204(税込)

また明日...
JUJU「また明日...」

2011/06/01

[CD]

¥1,282(税込)

さよならの代わりに/願い
JUJU「さよならの代わりに/願い」

2011/04/06

[CD]

¥1,282(税込)

この夜を止めてよ
JUJU「この夜を止めてよ」

2010/11/17

[CD]

¥1,282(税込)

YOUR STORY
JUJU「YOUR STORY」

2020/04/08

[CD]

¥3,960(税込)

YOUR STORY
JUJU「YOUR STORY」

2020/04/08

[CD]

¥5,280(税込)

STAYIN’ ALIVE
JUJU「STAYIN’ ALIVE」

2020/02/26

[CD]

¥2,500(税込)

STAYIN’ ALIVE
JUJU「STAYIN’ ALIVE」

2020/02/26

[CD]

¥1,280(税込)

ミライ
JUJU「ミライ」

2019/03/06

[CD]

¥2,037(税込)

ミライ
JUJU「ミライ」

2019/03/06

[CD]

¥1,304(税込)

メトロ
JUJU「メトロ」

2018/10/31

[CD]

¥2,037(税込)

メトロ
JUJU「メトロ」

2018/10/31

[CD]

¥1,304(税込)

東京
JUJU「東京」

2018/01/24

[CD]

¥2,037(税込)

東京
JUJU「東京」

2018/01/24

[CD]

¥1,304(税込)

いいわけ
JUJU「いいわけ」

2017/10/11

[CD]

¥2,037(税込)

いいわけ
JUJU「いいわけ」

2017/10/11

[CD]

¥1,304(税込)

Because of You
JUJU「Because of You」

2017/03/22

[CD]

¥1,304(税込)

Because of You
JUJU「Because of You」

2017/03/22

[CD]

¥2,037(税込)

TIMELESS
JUJU「TIMELESS」

2016/03/09

[CD]

¥2,547(税込)

What You Want
JUJU「What You Want」

2015/11/18

[CD]

¥1,282(税込)

What You Want
JUJU「What You Want」

2015/11/18

[CD]

¥2,037(税込)

WITH YOU
JUJU「WITH YOU」

2015/09/23

[CD]

¥2,037(税込)

WITH YOU
JUJU「WITH YOU」

2015/09/23

[CD]

¥1,282(税込)

誰にも言えない恋のうた
(V.A.) globe JUJU m-flo loves YOSHIKA BENI 柴咲コウ 杏里 工藤静香「誰にも言えない恋のうた」

2015/09/16

[CD]

¥2,420(税込)

PLAYBACK
JUJU「PLAYBACK」

2015/07/08

[CD]

¥1,282(税込)

PLAYBACK
JUJU「PLAYBACK」

2015/07/08

[CD]

¥2,037(税込)

JUJU BEST VIDEO CLIPS
JUJU「JUJU BEST VIDEO CLIPS」

2015/03/25

[Blu-ray Disc]

¥7,028(税込)

ラストシーン
JUJU「ラストシーン」

2014/09/17

[CD]

¥2,037(税込)

ラストシーン
JUJU「ラストシーン」

2014/09/17

[CD]

¥1,282(税込)

DOOR
JUJU「DOOR」

2014/03/05

[CD]

¥3,300(税込)

DOOR
JUJU「DOOR」

2014/03/05

[CD]

¥4,180(税込)

Door/Hot Stuff
JUJU「Door/Hot Stuff」

2014/02/19

[CD]

¥1,781(税込)

Door/Hot Stuff
JUJU「Door/Hot Stuff」

2014/02/19

[CD]

¥1,282(税込)

GIFT
JUJU「GIFT」

2013/12/11

[CD]

¥2,640(税込)

守ってあげたい
JUJU「守ってあげたい」

2013/11/20

[CD]

¥1,282(税込)

YOU
JUJU「YOU」

2013/02/06

[CD]

¥3,353(税込)

Wonderful Life
JUJU「Wonderful Life」

2013/02/06

[CD]

¥3,353(税込)

What’s Love?
JUJU「What’s Love?」

2013/02/06

[CD]

¥3,353(税込)

Request
JUJU「Request」

2013/02/06

[CD]

¥2,828(税込)

JUJU
JUJU「JUJU」

2013/02/06

[CD]

¥3,353(税込)

DELICIOUS
JUJU「DELICIOUS」

2013/02/06

[CD]

¥3,353(税込)

ただいま
JUJU「ただいま」

2012/06/13

[CD]

¥1,781(税込)

ただいま
JUJU「ただいま」

2012/06/13

[CD]

¥1,282(税込)

DELICIOUS
JUJU「DELICIOUS」

2011/11/30

[CD]

¥3,204(税込)

永遠はただの一秒から
JAY’ED × JUJU「永遠はただの一秒から」

2011/10/19

[CD]

¥1,047(税込)

YOU/BELOVED
JUJU「YOU/BELOVED」

2011/08/31

[CD]

¥1,068(税込)

YOU
JUJU「YOU」

2011/07/13

[CD]

¥3,204(税込)

また明日...
JUJU「また明日...」

2011/06/01

[CD]

¥1,282(税込)

Request
JUJU「Request」

2010/09/29

[CD]

¥2,619(税込)

JUJU
JUJU「JUJU」

2010/03/17

[CD]

¥3,204(税込)

JUJU
JUJU「JUJU」

2010/03/17

[CD]

¥3,981(税込)

アイのうた3
(オムニバス) JUJU feat.Spontania FUNKY MONKEY BABYS BENI 青山テルマ ET-KING WISE Hi-Fi CAMP「アイのうた3」

2009/12/16

[CD]

¥2,409(税込)

PRESENT
JUJU「PRESENT」

2009/11/25

[CD]

¥1,282(税込)

ロマンティック・クリスマス
(オムニバス) JUJU 中山美穂 松田聖子 今井美樹 岡村孝子 MAX 矢井田瞳&恋バスBAND with 小田和正「ロマンティック・クリスマス」

2009/11/11

[CD]

¥3,300(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    50セント、一転してトランプ大統領再選支持を撤回

  2. 2

    LiSA、「炎」が米ビルボード・グローバル・チャートTOP10入り

  3. 3

    2020年【ロックの殿堂】入り記念式典、豪華アーティスト勢揃いの予告映像解禁

  4. 4

    ハリー・スタイルズ、地元英マンチェスターに新設されるアリーナ開発に携わる

  5. 5

    ビッケブランカ VS 岡崎体育、コミカルで仲の良いMVメイキング映像を公開

HOT IMAGES

注目の画像