Billboard JAPAN


Special Contents

Da-iCE『BACK TO BACK』インタビュー “原点回帰”で改めて向き合うJ-POP、実力派ダンス&ボーカルグループの真髄とは



Da-iCEインタビュー

 今年の6月にベスト・アルバム『Da-iCE BEST』を発売し、25都市31公演の自身最大級の全国ツアーを完逐したDa-iCE。渋谷の小さなライブハウスから活動をスタートさせ、2014年にメジャー・デビューしたDa-iCEの真骨頂は何といっても、4 オクターブを誇るツインボーカルと、クールに華麗に、そしてダイナミックに魅了するパフォーマンス力の高さだ。彼らが12月18日に発売する最新シングル『BACK TO BACK』は、2020年に結成10周年目という新たな幕開けを前に“原点回帰”する、5人にとって大切な作品となった。
 その表題曲は、着々とキャリアを積んできた彼らがさらなる高みを目指す意気込みが込められた渾身のダンスナンバーだ。この曲はパフォーマーの工藤大輝がスウェーデン・ストックホルムで現地のトラックメーカーAlbin Nordqvistと共作した楽曲で、他メンバーとスタッフによる次期シングル候補のコンペにメンバーには内緒で提出した結果、満場一致で“一番かっこいい”と勝ち抜いた楽曲でもある。また同シングルにはボーカル兼パフォーマーの花村想太が作詞した「Damn it!」と、同じくボーカル兼パフォーマーの大野雄大が作詞した「Only for you」、そして、シンガーソングライターさかいゆうが楽曲提供した「VELVET EYES」がカップリングとして収録されている。ダンス&ボーカルシーンでの今後の躍進に期待が高まるDa-iCEに、J-POPへのこだわりやニュー・シングル『BACK TO BACK』について語ってもらった。

左から:岩岡徹(パフォーマー)、花村想太(ボーカル兼パフォーマー)、和田颯(パフォーマー)、大野雄大(ボーカル兼パフォーマー)、工藤大輝(パフォーマー)

それぞれが“らしさ”を追求した3曲

――表題曲「BACK TO BACK」はDa-iCEの原点回帰の曲ということですが、なぜこのタイミングで原点回帰なのでしょうか?

工藤大輝(以下:工藤):『Da-iCE BEST』を出した後のシングル曲なので、Da-iCE第2章の1曲目というイメージなんです。いいタイミングなので、ここで原点回帰しようと思いました。

――2019年の始めには曲が出来上がっていたんですよね。その時はまだベスト・アルバムも発売されていなかったと思うのですが……。

工藤:曲だけ先に出来ていたので、原点回帰の思いは、歌詞に詰めました。曲自体は、今のDa-iCEに欲しいライブチューンを具現化した感じです。コール&レスポンスをしながら煽りもできて、かつダンスもがっつり踊れる曲が、あるようでなかったので、時間が短いライブイベントの時にも、大活躍してくれる1曲になればと考えてます。


――たしかに、イベントで盛り上がりそうな気がします。それにしてもこの曲の振り付けが難しすぎませんか?

工藤:そうですね。僕らは常に前作を上回り続けているので、最新作が1番難しいっていうのはあります。

和田颯(以下:和田):毎回難しいと思いながら、過去の作品を振り返ってもどれも難しいよね。

岩岡徹(以下:岩岡):全部難しい。

花村想太(以下:花村):でも「BACK TO BACK」に関しては、半分が体力勝負やな。

大野雄大(以下:大野):すごいパワーを使うダンスで、全力で短距離走を走り切ったくらいになるよね。

工藤:初披露フリーライブのとき、体力的にキツすぎてびっくりしたもん(笑)。

花村:「歌えねぇ」って思った。(大野に)諦めかけませんでした?

大野:わかる! 絶対にキツいってわかってるのに、最初から全力でやっちゃって、途中で「やっぱりダメだったじゃん」って(笑)。久しぶりにフラっとしちゃったもん。


――想像以上にハードなんですね。2曲目の「Damn it!」は花村さんが作詞されたんですよね。

大野:タイトルの意味、天邪鬼だっけ?

花村:違いますよ(笑)。「クソ!」とか「悔しい!」っていう意味のスラングです。スタッフさんと考えてタイトルを付けたんですけど、わりと汚い言葉らしいですね。

大野:字幕で洋画を観てると、よく出てくるよね。「Damn it!」って。

花村:そうなん? 僕、吹き替え派やから……。

――ちなみに元のタイトルは何だったんでしょうか?

花村:「でも…」でした。「Damn it!」のほうが、歌詞のイメージが伝わりやすくなったので、変えてよかったなって思ってます。


――花村さんは歌詞のギミックや日本語にこだわりが強いイメージがあるのですが、実際どうですか?

花村:そうかもしれないです。柔らかい言葉を使いつつ、強い意味を持たせることができるのが日本語の面白さだと僕は思っていて、最近すごいって思ったのは、中島美嘉さんの「雪の華」のDメロ。<もし、君を失ったとしたなら 星になって君を照らすだろう>って綺麗な歌詞なんですけど、読解するとすごく怖いことを歌ってるんですよ。<失ったとしたなら>ってことは、別れたならってことじゃないですか。そして<星になって>ってことは、要するに自分で命を絶ってしまうってことですよね。要約すると、「別れたら死ぬで」ってことなんすよ。それをこんな綺麗に表現できるのは、日本語のすごさですよね。

――たしかに。そういうこだわりが「Damn it!」にも込められているのでしょうか?

花村:そうですね。「Damn it!」のテーマは、“裏腹な自分”なんです。日本人って「怒ってないよ」って言っていても、実は怒ってたり、「別にいいよ」って言っておきながらムカついてたりするじゃないですか。言葉が全てじゃないというか、そういう日本人らしさが入ってるかもしれません。

――そして3曲目に、大野さん作詞の「Only for you」が収録されていますが、この曲の柔らかい表現に、すごく大野さんらしさを感じました。

大野:本当ですか!? 実はかなり苦戦したんですよ。(2020年1月から放送のTVアニメ)『宝石商リチャード氏の謎鑑定』のエンディングテーマということで、いろいろ考えちゃって……。作者の方とも内容のすり合わせをして、友情の側面を強くしたほうがいいなとは思ったんですけど、デモを聴いたときに温かいイメージが浮かんだので、家族への愛や感謝を綴ってみたり、思い切ってバースデーソングにしてみたりしたんですけど、あんまりピンと来ず……。何度も書き直してこのかたちになりました。友達以上、恋人未満の同性の絆を僕なりに探してみました。


NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. MVからDa-iCEらしさを感じて欲しい
  3. Next >

MVからDa-iCEらしさを感じて欲しい

――どの曲もとても素敵に仕上がっていますよね。事前に「BACK TO BACK」と「Damn it!」のミュージックビデオを観させてもらったのですが、この2つは2日間で撮影されたそうですね!

花村:40時間くらいぶっ通しでしたよね(笑)。

大野:ほぼ無睡眠だったから、ナチュラルハイだったもん。オフショットの映像を観たけど、全然記憶になかった(笑)。

工藤:可能なら2度とやりたくないです(笑)! ツアーの合間に撮影したので、けっこうハードなスケジュールでした。

―「BACK TO BACK」のMVは、「I'll be back」を意識して作られたように感じたのですが、実際いかがでしょうか?

工藤:ガチガチに寄せたわけではないんですけど、なんとなく衣装合わせの時にそういう方向に寄せた記憶はあります。

和田:赤色を抜きましたよね。

岩岡:ちょっと大人な、黒白をテーマにしてるよね。


――具体的なテーマもあったんですか?

工藤:ダンスが激しく難しいよね。

和田:とんでもないですね。

工藤:それが引き立つ作品になるように意識しました。カット割りも多めにして、目まぐるしくシーンが変わる作品になってます。


――2番のサビの<この指止まれ>で、花村さんが小指を出すところいいですよね。

花村:実はあれ、間違えたんです(笑)。結果的に小指が採用されていたので、よかったです!

大野:あれは、指切りげんまんの小指っていう意味?

花村:そうそう、そういうニュアンス(笑)。これから先も約束しようぜ、上に行こうぜっていう意味で。

工藤:俺は1ミリもそんなつもりで、歌詞書いてないんだけどな……。


――(笑)。「Damn it!」はファンの方々と撮影されたそうですが、現場は大騒ぎにならなかったですか?

花村:みなさん女優でしたね。もうちょっとキャーキャーしてくれてもよかったんですけどね~(笑)。

工藤:みんな、MVに映るっていうプロ意識がすごかったよね。僕らが現れても、そこまでワー! とかキャー! ってならなかったし(笑)。

大野:逆にスタッフさんが「それでは、メンバーの登場です!」って気を使ってました(笑)。

岩岡:僕たち、期待しすぎちゃったね(笑)。

――6面(Da-iCEのファンの呼称)だからこそのチームワークですね。衣装もスーツをきっちり着こなしていて、カッコよかったです。

花村:最初はイケてるサラリーマンの1日を追うっていう設定だったんですけど、Da-iCEらしくないって話になって前日に変わったんです(笑)。コミカルな曲調に合わせるために無理やりダメ社員にしたんだよね。

工藤:すごい顔を披露しちゃったもんな~。

大野:あれは、ズルいよ!

花村:終盤で雄大君が椅子から転げ落ちるシーンまでは、大輝君が全部持ってっちゃっていますもん。いつもと立場が逆。

工藤:たまにはいいじゃん(笑)。想太の歌詞がキャッチーだから、自然といつものDa-iCEの雰囲気が出たんだよ。僕らのことを知らない人も「Damn it!」のMVを見る可能性があるから、MVを見て和気あいあいとした空気を感じ取ってもらえたら嬉しいです。


――2日間の撮影、本当にお疲れ様でした。ハプニングもなくスムーズに終わってよかったですね。

岩岡:渋谷で撮影したんですけど、そこもスムーズすぎるくらい、ハプニングなく終わりました。

工藤:俺はスムーズじゃないほうがよかったんだけどな。「え、あれDa-iCEじゃない?」ってなってほしかった(笑)。女の子が「あっ!」って言ったから、気づいてくれたのかと思ったら「YouTuberじゃない?」って……。どこがやねん(笑)!

花村:僕ら、少し前にセンター街で「WELCOME!」のMV撮影をした時は居酒屋の店員さんにキャッチされましたからね(笑)。めちゃくちゃメイクして、派手な衣装を着ていたのに「お兄さんたち、お酒飲みません?」って(笑)。

一同:ハハハ(笑)!

岩岡:カメラマンさんも一緒にいるんですよ。

花村:スタッフさんもいっぱいいたのにね(笑)。道行く人が小声で「誰? 誰?」って言ってるのが聞こえたんですよ。

大野:心の中で「う~、お! れ!」ってやってた。

花村:それが実際にできたらハート強すぎでしょ(笑)!

――Da-iCEのみなさん、本当に面白いですよね。この空気が記事になっても伝わってほしいです。

工藤:生で見るとより面白いと思うので、ぜひライブに来てください。

岩岡:さすがに僕らはこれが毎日なので年1のペースでいいです。もうお腹いっぱいですね(笑)。


NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. Da-iCEが向き合うJ-POP
  3. Next >

Da-iCEが向き合うJ-POP

――2020年には結成10年目を迎えますね。

岩岡:もう10年なんだ。

花村:よく続きましたね。

工藤:奇跡だわ。

――現時点で、2020年の展望などありますか?

工藤:1月10日から開催されるアリーナ公演【Da-iCE BEST TOUR 2020 -SPECIAL EDITION-】をいい形でやりきることですね。場所を確保してくださるのはスタッフさんですけど、会場を埋めていいライブをするのは僕たちがやるべきことなので、そこに向けて、しっかりと調整していきたいと思います。

――以前別のインタビューで「J-POPを発信して時代の架橋になりたい」と発言されていたように、Da-iCEって“J-POP”に、こだわりを持っているグループだと思うんですが、K-POPやUSっぽいサウンドの楽曲もありますよね。Da-iCEにとって“J-POPらしさ”ってどんなところだと思いますか?

工藤:起承転結がしっかりあって、歌として成立してるところですかね。J-POPの特徴である「A・B・サビ」っていう展開をあまり崩さなければ、サウンドは攻めてもいいと思っています。あとは、歌として成立するメロディーラインになっていること。J-POPのお約束に乗っ取りつつ、音的には攻めた作品になるように意識してます。


――「BACK TO BACK」がスウェーデンで制作されたところも攻めてると思いました。

工藤:実はスウェーデンって、J-POPと関わりが深いんですよ。僕らだけでなく、ダンスボーカルグループには、スウェーデンの作家さんが手掛けられた曲が多いんです。僕らが目指しているものと、スウェーデンの作家さんが作る音は親和性が高いんでしょうね。

――面白いですね。パフォーマンスにおいても、“J-POPらしさ”を意識されていますか?

大野:昔から大切しているのは、聴き取りやすいように発音することと言葉の意味をメロディーに乗せて伝えること。音の踏み方は、そこまで意識してないですね。

――音の踏み方を意識しないというのは、あまり譜割り通りには歌わないということでしょうか?

大野:カラオケの採点ゲームであれば、リズムや音程が安定している方が点数が高いと思うんです。でも、僕たちが向き合っているのは機械じゃなくて人なので、歌詞の意味や楽曲のイメージを伝えるのに、音の踏み方は最優先事項ではないかなって思っています。粗削りな部分こそ個性になったりもしますし。

――花村さんはいかがでしょうか?

花村:歌いだしの母音と子音の塩梅は、作詞をするときに気を付けてます。日本語を活かしたメロディーになるように意識してますかね。聴き取りやすくカッコいいものがいいですよね。

――ダンスの面で“J-POPらしさ”を意識することもありますか?

岩岡:ただ音に乗って踊るのではなく、歌詞の世界観を体でも表現することですかね。歌詞を大切にするということが、僕らの核の1つでもあると思うので。

和田:その通りだね。2人が歌ってくれる言葉を、どれだけ伝えられるかっていうのを気にしながら踊っています。表情ひとつをとっても、ちゃんと届けていきたいですね。

――みなさんのこだわりがあって、Da-iCEの“J-POPらしさ”が形成されてることがよくわかります。

工藤:あくまで僕らが自分たちを分別するならJ-POPだと思っているだけなので、感じ方はみなさんに任せます! 正直、僕たちは自分たちのジャンルや見え方にこだわりがないんですよ。受け手の方が僕らをアイドルだと思えばアイドルだし、アーティストだと思えばアーティスト。エンターテイメントは、受け手によって全てが決まるものですから。100人いたら100通りの感じ方があっていいので、Da-iCEから何かを感じ取ってもらえたらそれが1番嬉しいです。


Da-iCE サイン入りポラロイド写真を抽選で1名様にプレゼント!

写真

応募〆切:2019年12月25日(水)正午までに、Billboard JAPANの公式twitterアカウント(@Billboard_JAPAN)をフォロー&ハッシュタグ#BTOB_BillboardJPでツイートした読者の中から抽選で1名様に取材時に撮影したサイン入りポラロイド写真をプレゼント!下記注意事項を必ず確認の上、ふるってご応募下さい!

・応募締め切りは、2019年12月25日(水)正午までとなります。
・当選者の方には、@Billboard_JAPANよりDMを送ります。当選時に@Billboard_JAPANをフォローされていない場合、当選は無効となります。

アザーカット

工藤大輝 岩岡徹 花村想太 大野雄大 和田颯

関連キーワード

TAG

関連商品

Da-iCE BEST
Da-iCE「Da-iCE BEST」

2019/06/06

[CD]

¥7,028(税込)

Da-iCE BEST
Da-iCE「Da-iCE BEST」

2019/06/06

[CD]

¥6,112(税込)

雲を抜けた青空
Da-iCE「雲を抜けた青空」

2018/11/21

[CD]

¥1,222(税込)

雲を抜けた青空
Da-iCE「雲を抜けた青空」

2018/11/21

[CD]

¥2,343(税込)

雲を抜けた青空
Da-iCE「雲を抜けた青空」

2018/11/21

[CD]

¥1,834(税込)

BET
Da-iCE「BET」

2018/08/08

[CD]

¥2,343(税込)

BET
Da-iCE「BET」

2018/08/08

[CD]

¥4,176(税込)

BET
Da-iCE「BET」

2018/08/08

[CD]

¥4,685(税込)

FAKESHOW
Da-iCE「FAKESHOW」

2018/05/30

[CD]

¥1,222(税込)

NEXT PHASE
Da-iCE「NEXT PHASE」

2017/01/25

[CD]

¥3,035(税込)

NEXT PHASE
Da-iCE「NEXT PHASE」

2017/01/25

[CD]

¥2,190(税込)

NEXT PHASE
Da-iCE「NEXT PHASE」

2017/01/25

[CD]

¥2,190(税込)

NEXT PHASE
Da-iCE「NEXT PHASE」

2017/01/25

[CD]

¥2,190(税込)

NEXT PHASE
Da-iCE「NEXT PHASE」

2017/01/25

[CD]

¥4,584(税込)

NEXT PHASE
Da-iCE「NEXT PHASE」

2017/01/25

[CD]

¥4,176(税込)

NEXT PHASE
Da-iCE「NEXT PHASE」

2017/01/25

[CD]

¥4,685(税込)

恋ごころ
Da-iCE「恋ごころ」

2016/11/02

[CD]

¥1,100(税込)

恋ごころ
Da-iCE「恋ごころ」

2016/11/02

[CD]

¥1,100(税込)

恋ごころ
Da-iCE「恋ごころ」

2016/11/02

[CD]

¥1,100(税込)

恋ごころ
Da-iCE「恋ごころ」

2016/11/02

[CD]

¥1,100(税込)

恋ごころ
Da-iCE「恋ごころ」

2016/11/02

[CD]

¥1,100(税込)

恋ごころ
Da-iCE「恋ごころ」

2016/11/02

[CD]

¥1,100(税込)

恋ごころ
Da-iCE「恋ごころ」

2016/11/02

[CD]

¥1,100(税込)

恋ごころ
Da-iCE「恋ごころ」

2016/11/02

[CD]

¥2,526(税込)

恋ごころ
Da-iCE「恋ごころ」

2016/11/02

[CD]

¥1,650(税込)

パラダイブ
Da-iCE「パラダイブ」

2016/07/20

[CD]

¥1,100(税込)

パラダイブ
Da-iCE「パラダイブ」

2016/07/20

[CD]

¥1,100(税込)

パラダイブ
Da-iCE「パラダイブ」

2016/07/20

[CD]

¥1,100(税込)

パラダイブ
Da-iCE「パラダイブ」

2016/07/20

[CD]

¥1,100(税込)

パラダイブ
Da-iCE「パラダイブ」

2016/07/20

[CD]

¥1,100(税込)

パラダイブ
Da-iCE「パラダイブ」

2016/07/20

[CD]

¥1,100(税込)

パラダイブ
Da-iCE「パラダイブ」

2016/07/20

[CD]

¥2,740(税込)

パラダイブ
Da-iCE「パラダイブ」

2016/07/20

[CD]

¥1,650(税込)

WATCH OUT
Da-iCE「WATCH OUT」

2016/04/06

[CD]

¥1,100(税込)

WATCH OUT
Da-iCE「WATCH OUT」

2016/04/06

[CD]

¥1,100(税込)

WATCH OUT
Da-iCE「WATCH OUT」

2016/04/06

[CD]

¥1,100(税込)

WATCH OUT
Da-iCE「WATCH OUT」

2016/04/06

[CD]

¥1,100(税込)

WATCH OUT
Da-iCE「WATCH OUT」

2016/04/06

[CD]

¥1,100(税込)

WATCH OUT
Da-iCE「WATCH OUT」

2016/04/06

[CD]

¥1,100(税込)

EVERY SEASON
Da-iCE「EVERY SEASON」

2016/01/06

[CD]

¥2,190(税込)

EVERY SEASON
Da-iCE「EVERY SEASON」

2016/01/06

[CD]

¥4,980(税込)

EVERY SEASON
Da-iCE「EVERY SEASON」

2016/01/06

[CD]

¥4,100(税込)

EVERY SEASON
Da-iCE「EVERY SEASON」

2016/01/06

[CD]

¥4,685(税込)

HELLO
Da-iCE「HELLO」

2015/11/04

[CD]

¥1,100(税込)

HELLO
Da-iCE「HELLO」

2015/11/04

[CD]

¥1,100(税込)

HELLO
Da-iCE「HELLO」

2015/11/04

[CD]

¥1,080(税込)

HELLO
Da-iCE「HELLO」

2015/11/04

[CD]

¥1,080(税込)

HELLO
Da-iCE「HELLO」

2015/11/04

[CD]

¥1,100(税込)

HELLO
Da-iCE「HELLO」

2015/11/04

[CD]

¥1,100(税込)

HELLO
Da-iCE「HELLO」

2015/11/04

[CD]

¥1,650(税込)

HELLO
Da-iCE「HELLO」

2015/11/04

[CD]

¥1,650(税込)

エビバディ
Da-iCE「エビバディ」

2015/08/12

[CD]

¥1,100(税込)

エビバディ
Da-iCE「エビバディ」

2015/08/12

[CD]

¥1,100(税込)

エビバディ
Da-iCE「エビバディ」

2015/08/12

[CD]

¥1,100(税込)

エビバディ
Da-iCE「エビバディ」

2015/08/12

[CD]

¥1,100(税込)

エビバディ
Da-iCE「エビバディ」

2015/08/12

[CD]

¥1,100(税込)

エビバディ
Da-iCE「エビバディ」

2015/08/12

[CD]

¥1,100(税込)

エビバディ
Da-iCE「エビバディ」

2015/08/12

[CD]

¥1,650(税込)

エビバディ
Da-iCE「エビバディ」

2015/08/12

[CD]

¥1,650(税込)

BILLION DREAMS
Da-iCE「BILLION DREAMS」

2015/04/15

[CD]

¥1,100(税込)

BILLION DREAMS
Da-iCE「BILLION DREAMS」

2015/04/15

[CD]

¥1,100(税込)

BILLION DREAMS
Da-iCE「BILLION DREAMS」

2015/04/15

[CD]

¥1,080(税込)

BILLION DREAMS
Da-iCE「BILLION DREAMS」

2015/04/15

[CD]

¥1,100(税込)

BILLION DREAMS
Da-iCE「BILLION DREAMS」

2015/04/15

[CD]

¥1,080(税込)

BILLION DREAMS
Da-iCE「BILLION DREAMS」

2015/04/15

[CD]

¥1,100(税込)

BILLION DREAMS
Da-iCE「BILLION DREAMS」

2015/04/15

[CD]

¥1,650(税込)

もう一度だけ
Da-iCE「もう一度だけ」

2015/01/07

[CD]

¥1,100(税込)

もう一度だけ
Da-iCE「もう一度だけ」

2015/01/07

[CD]

¥1,650(税込)

FIGHT BACK
Da-iCE「FIGHT BACK」

2014/10/15

[CD]

¥3,035(税込)

FIGHT BACK
Da-iCE「FIGHT BACK」

2014/10/15

[CD]

¥2,178(税込)

FIGHT BACK
Da-iCE「FIGHT BACK」

2014/10/15

[CD]

¥4,176(税込)

FIGHT BACK
Da-iCE「FIGHT BACK」

2014/10/15

[CD]

¥4,176(税込)

ハッシュ ハッシュ
Da-iCE「ハッシュ ハッシュ」

2014/08/27

[CD]

¥1,100(税込)

ハッシュ ハッシュ
Da-iCE「ハッシュ ハッシュ」

2014/08/27

[CD]

¥1,650(税込)

TOKI
Da-iCE「TOKI」

2014/04/09

[CD]

¥1,100(税込)

TOKI
Da-iCE「TOKI」

2014/04/09

[CD]

¥1,650(税込)

SHOUT IT OUT
Da-iCE「SHOUT IT OUT」

2014/01/15

[CD]

¥1,100(税込)

SHOUT IT OUT
Da-iCE「SHOUT IT OUT」

2014/01/15

[CD]

¥1,650(税込)

I’ll be back
Da-iCE「I’ll be back」

2013/06/05

[CD]

¥3,143(税込)

I’ll be back
Da-iCE「I’ll be back」

2013/06/05

[CD]

¥1,572(税込)

I’ll be back
Da-iCE「I’ll be back」

2013/06/05

[CD]

¥1,047(税込)

BACK TO BACK
Da-iCE「BACK TO BACK」

2019/12/18

[CD]

¥1,430(税込)

BACK TO BACK
Da-iCE「BACK TO BACK」

2019/12/18

[CD]

¥2,420(税込)

BACK TO BACK
Da-iCE「BACK TO BACK」

2019/12/18

[CD]

¥1,980(税込)

Da-iCE BEST
Da-iCE「Da-iCE BEST」

2019/06/06

[CD]

¥7,028(税込)

Da-iCE BEST
Da-iCE「Da-iCE BEST」

2019/06/06

[CD]

¥6,112(税込)

雲を抜けた青空
Da-iCE「雲を抜けた青空」

2018/11/21

[CD]

¥1,222(税込)

雲を抜けた青空
Da-iCE「雲を抜けた青空」

2018/11/21

[CD]

¥2,343(税込)

雲を抜けた青空
Da-iCE「雲を抜けた青空」

2018/11/21

[CD]

¥1,834(税込)

BET
Da-iCE「BET」

2018/08/08

[CD]

¥2,343(税込)

BET
Da-iCE「BET」

2018/08/08

[CD]

¥4,176(税込)

BET
Da-iCE「BET」

2018/08/08

[CD]

¥4,685(税込)

FAKESHOW
Da-iCE「FAKESHOW」

2018/05/30

[CD]

¥1,222(税込)

君色
Da-iCE「君色」

2017/08/30

[CD]

¥1,100(税込)

君色
Da-iCE「君色」

2017/08/30

[CD]

¥1,650(税込)

NEXT PHASE
Da-iCE「NEXT PHASE」

2017/01/25

[CD]

¥3,035(税込)

NEXT PHASE
Da-iCE「NEXT PHASE」

2017/01/25

[CD]

¥2,190(税込)

NEXT PHASE
Da-iCE「NEXT PHASE」

2017/01/25

[CD]

¥2,190(税込)

NEXT PHASE
Da-iCE「NEXT PHASE」

2017/01/25

[CD]

¥2,190(税込)

NEXT PHASE
Da-iCE「NEXT PHASE」

2017/01/25

[CD]

¥4,584(税込)

NEXT PHASE
Da-iCE「NEXT PHASE」

2017/01/25

[CD]

¥4,176(税込)

NEXT PHASE
Da-iCE「NEXT PHASE」

2017/01/25

[CD]

¥4,685(税込)

恋ごころ
Da-iCE「恋ごころ」

2016/11/02

[CD]

¥1,100(税込)

恋ごころ
Da-iCE「恋ごころ」

2016/11/02

[CD]

¥1,100(税込)

恋ごころ
Da-iCE「恋ごころ」

2016/11/02

[CD]

¥1,100(税込)

恋ごころ
Da-iCE「恋ごころ」

2016/11/02

[CD]

¥1,100(税込)

恋ごころ
Da-iCE「恋ごころ」

2016/11/02

[CD]

¥1,100(税込)

恋ごころ
Da-iCE「恋ごころ」

2016/11/02

[CD]

¥1,100(税込)

恋ごころ
Da-iCE「恋ごころ」

2016/11/02

[CD]

¥1,100(税込)

恋ごころ
Da-iCE「恋ごころ」

2016/11/02

[CD]

¥2,526(税込)

恋ごころ
Da-iCE「恋ごころ」

2016/11/02

[CD]

¥1,650(税込)

パラダイブ
Da-iCE「パラダイブ」

2016/07/20

[CD]

¥1,100(税込)

パラダイブ
Da-iCE「パラダイブ」

2016/07/20

[CD]

¥1,100(税込)

パラダイブ
Da-iCE「パラダイブ」

2016/07/20

[CD]

¥1,100(税込)

パラダイブ
Da-iCE「パラダイブ」

2016/07/20

[CD]

¥1,100(税込)

パラダイブ
Da-iCE「パラダイブ」

2016/07/20

[CD]

¥1,100(税込)

パラダイブ
Da-iCE「パラダイブ」

2016/07/20

[CD]

¥1,100(税込)

パラダイブ
Da-iCE「パラダイブ」

2016/07/20

[CD]

¥2,740(税込)

パラダイブ
Da-iCE「パラダイブ」

2016/07/20

[CD]

¥1,650(税込)

WATCH OUT
Da-iCE「WATCH OUT」

2016/04/06

[CD]

¥1,100(税込)

WATCH OUT
Da-iCE「WATCH OUT」

2016/04/06

[CD]

¥1,100(税込)

WATCH OUT
Da-iCE「WATCH OUT」

2016/04/06

[CD]

¥1,100(税込)

WATCH OUT
Da-iCE「WATCH OUT」

2016/04/06

[CD]

¥1,100(税込)

WATCH OUT
Da-iCE「WATCH OUT」

2016/04/06

[CD]

¥1,100(税込)

WATCH OUT
Da-iCE「WATCH OUT」

2016/04/06

[CD]

¥1,100(税込)

EVERY SEASON
Da-iCE「EVERY SEASON」

2016/01/06

[CD]

¥2,190(税込)

EVERY SEASON
Da-iCE「EVERY SEASON」

2016/01/06

[CD]

¥4,980(税込)

EVERY SEASON
Da-iCE「EVERY SEASON」

2016/01/06

[CD]

¥4,100(税込)

EVERY SEASON
Da-iCE「EVERY SEASON」

2016/01/06

[CD]

¥4,685(税込)

HELLO
Da-iCE「HELLO」

2015/11/04

[CD]

¥1,100(税込)

HELLO
Da-iCE「HELLO」

2015/11/04

[CD]

¥1,100(税込)

HELLO
Da-iCE「HELLO」

2015/11/04

[CD]

¥1,080(税込)

HELLO
Da-iCE「HELLO」

2015/11/04

[CD]

¥1,080(税込)

HELLO
Da-iCE「HELLO」

2015/11/04

[CD]

¥1,100(税込)

HELLO
Da-iCE「HELLO」

2015/11/04

[CD]

¥1,100(税込)

HELLO
Da-iCE「HELLO」

2015/11/04

[CD]

¥1,650(税込)

HELLO
Da-iCE「HELLO」

2015/11/04

[CD]

¥1,650(税込)

エビバディ
Da-iCE「エビバディ」

2015/08/12

[CD]

¥1,100(税込)

エビバディ
Da-iCE「エビバディ」

2015/08/12

[CD]

¥1,100(税込)

エビバディ
Da-iCE「エビバディ」

2015/08/12

[CD]

¥1,100(税込)

エビバディ
Da-iCE「エビバディ」

2015/08/12

[CD]

¥1,100(税込)

エビバディ
Da-iCE「エビバディ」

2015/08/12

[CD]

¥1,100(税込)

エビバディ
Da-iCE「エビバディ」

2015/08/12

[CD]

¥1,100(税込)

エビバディ
Da-iCE「エビバディ」

2015/08/12

[CD]

¥1,650(税込)

エビバディ
Da-iCE「エビバディ」

2015/08/12

[CD]

¥1,650(税込)

BILLION DREAMS
Da-iCE「BILLION DREAMS」

2015/04/15

[CD]

¥1,100(税込)

BILLION DREAMS
Da-iCE「BILLION DREAMS」

2015/04/15

[CD]

¥1,100(税込)

BILLION DREAMS
Da-iCE「BILLION DREAMS」

2015/04/15

[CD]

¥1,080(税込)

BILLION DREAMS
Da-iCE「BILLION DREAMS」

2015/04/15

[CD]

¥1,100(税込)

BILLION DREAMS
Da-iCE「BILLION DREAMS」

2015/04/15

[CD]

¥1,650(税込)

もう一度だけ
Da-iCE「もう一度だけ」

2015/01/07

[CD]

¥1,100(税込)

もう一度だけ
Da-iCE「もう一度だけ」

2015/01/07

[CD]

¥1,650(税込)

FIGHT BACK
Da-iCE「FIGHT BACK」

2014/10/15

[CD]

¥4,176(税込)

FIGHT BACK
Da-iCE「FIGHT BACK」

2014/10/15

[CD]

¥4,176(税込)

ハッシュ ハッシュ
Da-iCE「ハッシュ ハッシュ」

2014/08/27

[CD]

¥1,100(税込)

ハッシュ ハッシュ
Da-iCE「ハッシュ ハッシュ」

2014/08/27

[CD]

¥1,650(税込)

TOKI
Da-iCE「TOKI」

2014/04/09

[CD]

¥1,100(税込)

TOKI
Da-iCE「TOKI」

2014/04/09

[CD]

¥1,650(税込)

SHOUT IT OUT
Da-iCE「SHOUT IT OUT」

2014/01/15

[CD]

¥1,100(税込)

SHOUT IT OUT
Da-iCE「SHOUT IT OUT」

2014/01/15

[CD]

¥1,650(税込)

I’ll be back
Da-iCE「I’ll be back」

2013/06/05

[CD]

¥3,143(税込)

I’ll be back
Da-iCE「I’ll be back」

2013/06/05

[CD]

¥1,572(税込)

I’ll be back
Da-iCE「I’ll be back」

2013/06/05

[CD]

¥1,047(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード】SixTONES vs Snow Man『Imitation Rain / D.D.』が776,836枚でSGセールス首位獲得 2位と24,600枚差

  2. 2

    <ライブレポート>藤井フミヤが紡ぎ出す2時間の物語 西本智実との3年ぶりのステージで、時空を超えた愛を歌う

  3. 3

    <インタビュー>岩田剛典、映画『AI崩壊』では「“人間味”みたいな部分をできるだけ削ぎ落とした」

  4. 4

    【深ヨミ】新時代の男性アイドルグループとなるか? 嵐/King&Prince/SixTONES/Snow Manを比較

  5. 5

    【ビルボード】NCT DREAM『THE DREAM』が51,733枚を売り上げてALセールス首位獲得 King Gnu/MISIAが続く

SPECIAL

インタビュー・タイムマシン

more

more

HOT IMAGES

注目の画像