Billboard JAPAN


Special Contents

Hilcrhyme(ヒルクライム)8thアルバム『Hilcrhyme』インタビュー



Hilcrhyme(ヒルクライム)8thアルバム『Hilcrhyme』インタビュー

「10年目のHilcrhymeを聴いてほしい」

 突然の活動休止~日比谷野外大音楽堂にひとりで立った再始動ライブ【One Man】を経て、デビュー10周年イヤーに突入したHilcrhyme。何があろうと音楽を諦めなかった理由、もうひとつのデビュー作と言っても過言ではないアルバム『Hilcrhyme』に込めた想い、聴けなくなった楽曲たちを再び鳴らし、ここから新たなストーリーを紡いでいく意思。そのすべてをTOCが真摯に語ってくれた。Hilcrhymeを知る全ての人々へ。

野音にひとりで立った再始動ライブ「これはみんなで作っていけるな」

--今年でデビュー10周年突入。ここまでHilcrhymeを続けて来れたことにはどんな感慨を持たれていますか?

Hilcrhyme、決意のニューアルバム「Hilcrhyme」ティザー第1弾
Hilcrhyme、決意のニューアルバム「Hilcrhyme」ティザー第1弾

TOC:……本当にいろいろなことがあった10年でした。インディーズで1枚しか出してないし、メジャーデビューから最初のヒットまでも早かったし、経歴だけ見たらとんとん拍子でブレイクした印象を持たれると思うんですが、実は下積み時代は長かったりして。ザッツメジャーな世界に踏み入れてからもヒット曲に悩まされる時期があったし、それでも日本武道館をソールドアウトさせて「間違ってなかった」と確信したり……そうやって紆余曲折ありながらも続けて来れたのは、月並みな言葉ですけど、ファンの人に支えてもらってきたからだと思いますね。それゆえの10周年。

--Hilcrhymeのようにデビュー早々にブレイクすると、それこそヒット曲の呪縛に縛られたり、それゆえの重圧があったり、思い通りに活動できずリタイアする人たちも少なくない訳ですが、辞めようと思うことは一度もなかったのでしょうか?

TOC:自分に重圧をいちばん与えていたのは自分自身で、それが良く作用するときもあれば悪く作用するときもあったと思うんですけど、それはもうナチュラルに受け止められるようになりました。やっと最近になってからなんですけど。それほどヒット曲を持つということは大きいことなので。ただ「辞めよう」と思ったことは全くなかったですね。新潟県で「音楽で食っていく」ということは夢物語なので……いや、夢のまた夢みたいな(笑)。実際、新潟でそれが出来ている人なんて少ししかいない。だから「せっかく掴んだモノを離したくない」と強く思っていたし、必死にしがみついている感覚もあったし、でも今はそれすらも楽しめている。そういう立ち位置にいることを。新潟に住んで活動していることを。

--その意識まで自分を持っていけると強いですよね。

TOC:「若い世代にこの背中を見せたい」というマインドにもなってきたし、まだまだ「上の世代に噛み付いていきたい」とも思っていますし、年齢も含めていろんな意味で中堅なので(笑)、その状況を楽しんでいますね。

--その中堅の位置から楽しめるようになった音楽シーンにおいて、自分はどんな存在でありたいなと思っているんでしょう?

Hilcrhyme(ヒルクライム)8thアルバム『Hilcrhyme』インタビュー

TOC:僕はリスナーとして国民的なヒット曲を浴びてきた世代なので、あの現象に音楽の可能性を無限大に感じていたし、僕が目指す道はそちらのつもりでいますね。例えば、バンドシーンやラップシーンのパイを奪いに行くとか、アイドルのシーンに参戦するとか、そういう動きをしていく自分よりかは、おじいちゃんおばあちゃん世代から子供まで口ずさめる曲を追求していく自分でありたい。それがいちばん上手くいったのが「春夏秋冬」や「大丈夫」の時期なんです……

--その姿勢は今回の8thアルバム『Hilcrhyme』まで一貫されていますよね。

TOC:一貫してます! それは間違いないです。そこに尽きますね、本当に。万人に感動や共感を与えたい。それがHilcrhymeはもちろん「ラップで食っていこう」と志したときからの、一生ブレることのないテーマですね。

--そのテーマに影響を与えた存在って具体的に誰だったりするんですか?

TOC:すごく分かりやすいですよ。 槇原敬之さんとかMr.Childrenとか……そういう国民的ヒットを持っている人たちの曲を聴いて育ったから、それをラップでやろうとしているだけなんですよ。単純に「ラップという歌唱法が俺には合っている」と大学生のときに気付いて、それを小さい頃に聴いていた自分のルーツとすり合わせていったら、他にやっている人がいなかったからどんどん楽しくなっていって。独壇場だし、まわりと比較せずどこまでも突き詰められるから、まだまだやりたいことはあるし。だから今この歳になってギターを覚え始めていたりするんですよ(笑)。このモチベーションも10年間続けてこられた要因だと思います。

--そうして生まれるHilcrhymeの歌を求めてくれるファンもいる訳ですしね。

TOC:僕が「Hilcrhymeで作ろう、Hilcrhymeを歌おう」と思えば、もうどんな形であろうとHilcrhymeになる。それはこの1年で実感しました。そこに関してはファンの人も信じてくれているし、僕も信じているし、すごく良い関係値をこの10年で築けたと思います。ついて来てくれるかどうか不安になることもあったんですが、アルバムの反応だったり、ツアーの動員だったりを見ている限り「ついて来てくれている」と感じるし、同時に「ひとりになってどんなもんなんだ?」と僕が試されているような状況でもあるんですけど、それは軽々と越えていきたいと思っていますね。

--その想いが大きく芽生えたきっかけにもなったであろう、昨年9月2日、日比谷野外大音楽堂にひとりで立った再始動ライブ【One Man】。どんな一日になりました?

TOC:本当に特別な一日でしたね。……一言では語り尽くせないですけど、良いライブが出来たなと思っています。で、現実的な話「ひとりで出来る」と確信できた。自信はあったんですけど、それをお客さんがどう受け止めてくれるのか。そもそも「求めているのか、求めていないのか」が分からない状況でしたが、実際にやってみたら「これはみんなで作っていけるな」と思えたんです。あと、スタッフもHilcrhymeに対して愛情を持ってくれているので、そういう人たちがまわりに居てくれるから「やっていける」と思えたところもありますね。

NEXT PAGE
  1. この曲だけは「あの一件と向き合って書こう」と思ったんです
  2. Next >
アーティスト&ジャケット写真

Hilcrhyme(ヒルクライム)8thアルバム『Hilcrhyme』インタビュー Hilcrhyme(ヒルクライム)8thアルバム『Hilcrhyme』インタビュー Hilcrhyme(ヒルクライム)8thアルバム『Hilcrhyme』インタビュー Hilcrhyme(ヒルクライム)8thアルバム『Hilcrhyme』インタビュー Hilcrhyme(ヒルクライム)8thアルバム『Hilcrhyme』インタビュー


この曲だけは「あの一件と向き合って書こう」と思ったんです

--孤独じゃない?

Hilcrhyme(ヒルクライム)8thアルバム『Hilcrhyme』インタビュー

TOC:全く孤独だとは思わないですね。新潟に離れて住んでいるけれど、全然思わないです。曲が出来て、それをみんなに聴かせたら盛り上がってくれて、それがどんどん仕事として進んでいって……毎日楽しいですね。だから独りだとは思わないです。

--ちなみに、野音で再始動するまではどんな心境だったんですか?

TOC:うーん……いろんな念がありましたね。ある意味「不謹慎」とも捉えられかねないタイミングだったし……楽曲の配信停止からの解放はまだしばらく先になると思うんですけど、ライブに関しては自分が出来るのであればやるべきだと僕は思ったので。で、やると決めてから新曲を3曲ぐらい作ったんですが、それがいちばん大変でした。そもそも「ひとりで曲を作れるのか?」という事がいちばん心配だったんですけど、それも何とかクリアーできましたね。ライブ制作に関しては、演出、MC、ミックスと元々自分が考えていたので、そこは心配なく出来ました。ただ、ひとつ大きく変化したのは、ひとりでステージに立つようになって視線がぜんぶ僕のところに集中するという事です。その野音を終えて思ったのは、僕が必死に立ち直っていく、Hilcrhymeが頑張っていこうとしている、その姿を見て元気になってほしい、そういう感情が生まれるようになりましたね。それほど背負うモノが大きくなったということだと思います。

--生き様も含めて注目される存在になった。ある意味、昭和のスター的というか、楽曲やステージのみならず、あらゆる言動が「何をやってるんだ」はたまた「凄いな」と評価される立場になってきている。

TOC:そうなりたいと思っています。新潟県って……また新潟の話になっちゃうんですけど(笑)、大人物が多いんですよ。上杉謙信とか田中角栄とか日本を動かしてきてたレベルの人が多くて、その人たちに共通して言えるのは「生き様が格好良い」ということなんです。やっぱりそれに憧れますし、そう在りたいなと思うし、そういう姿を見せたいなと思うようになってきて。それが音楽にどう反映されるのか今はまだ分からないんですけど、生き方について考えるようになりましたね。

--その感覚は早くも今作『Hilcrhyme』に反映されていると思います。大きな人生の分岐点に立った人が正しくあろうとする、ここからまた踏み出していこうとする生き様が1曲目「Hill Climb」から乗っかっている。ゆえにアルバムタイトルも『Hilcrhyme』にしたのだと思うのですが、実際はどんな流れで決まったのでしょう?

Hilcrhyme(ヒルクライム)8thアルバム『Hilcrhyme』インタビュー
▲『Hilcrhyme』通常盤ジャケット

TOC:「Hill Climb」は、去年7月に出したEPよりも前に出来ていたんですけど、「すごく大事な曲になりそうだから、アルバムに取っておこう」と思ったんです。で、「アルバムの1曲目に入れたい」と思っていて、それがそのまんまアルバムタイトルになりました。スタッフに「『Hilcrhyme』と名付けるならここしかないだろう」と言われて「たしかに、腹括らなきゃいけないな」と思ったんです。アルバムを今後出すとしたら『リサイタル』とか『MESSAGE』とか『RISING』みたいに今まで通りワンワードで、アルバム単体のコンセプトを決めて作っていくと思うんですね。でも今回はそのコンセプトが『Hilcrhyme』で良いんじゃないかと。それぐらい、この1年間でいろんなことがあったので、十分にアルバムのテーマとして成り立つと思ったんですよね。

--そのきっかけとなった「Hill Climb」が生まれた経緯も教えて下さい。

TOC:A&Rから「“ショウ・マスト・ゴー・オン=それでもショーは続いていく”というテーマ」の提案があって、それで書いたらすごく良い詞が書けたんです。サビではヒップホップの王道のラインを利用していて、一部を「Hill」に変えて、メロディーを付けてHilcrhymeらしく落とし込んでいるんですけど、僕はヒップホップもルーツだし、J-POPもルーツだから、すごくHilcrhymeを象徴した良い曲になったと思っています。あと、当時の心情をさらけ出して書いています。この曲だけは「あの一件と向き合って書こう」と思ったんです。余計なことは言わず、綺麗に、ポジティブにしたかったから「去っていくのはもう慣れたけど 失ったって訳じゃないよな」とかは良い歌詞が書けたなと思いましたね。

--「ポジティブにしたい」という感覚は自然と芽生えたんですか?

Hilcrhyme(ヒルクライム)8thアルバム『Hilcrhyme』インタビュー
▲ブックレット全身写真

TOC:そうですね。否定的に捉えず、肯定的に「ひとりになった」ってことを捉えようと思っているから。今の僕はひとりであることを最大限に楽しもうとしているんです。もちろん前も楽しかったけど、今はまた違う楽しみがHilcrhymeにはあるから。

--どんなユニットでも形を変えることはあって、その度に「昔のほうが良かった」と言う人はいるし、ゆえに今を否定する人もいますけど、今を否定しちゃったらその歴史ごと丸ごと否定することになっちゃいますからね。

TOC:本当にそうですよね。

--だから今を最高にしようとしなきゃいけない。

TOC:そういう意味でも今回の『Hilcrhyme』は良い作品になったと思います。とても秀逸な作家さんたちにサポートしてもらっているので、音もとにかく良いですし、本当に「自分が望んでいるモノはこれ!」というラップのアルバムになりました。だから今楽しいんです。ミュージシャン人生10年目にしてこんなに楽しめているのは、もちろん紆余曲折があったからだと思うし、良い音楽が作れているからだと思いますね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 駆けつけるんじゃなくて「俺と居たときのことを思い出せ」
  3. Next >
アーティスト&ジャケット写真

Hilcrhyme(ヒルクライム)8thアルバム『Hilcrhyme』インタビュー Hilcrhyme(ヒルクライム)8thアルバム『Hilcrhyme』インタビュー Hilcrhyme(ヒルクライム)8thアルバム『Hilcrhyme』インタビュー Hilcrhyme(ヒルクライム)8thアルバム『Hilcrhyme』インタビュー Hilcrhyme(ヒルクライム)8thアルバム『Hilcrhyme』インタビュー


駆けつけるんじゃなくて「俺と居たときのことを思い出せ」

--今作『Hilcrhyme』には多種多様なメッセージが込められていますが、クライマックスを飾る「Good Luck」「アフターストーリー 2019」は目頭が熱くなる流れとなっております。まず「Good Luck」のような楽曲をこの機会に残そうと思った、その理由と経緯を教えてもらえますか?

Hilcrhyme(ヒルクライム) - 「Good Luck」~LIVE Blu-ray/DVD 『Hilcrhyme LIVE 2018「One Man」』より
Hilcrhyme(ヒルクライム) - 「Good Luck」~LIVE Blu-ray/DVD 『Hilcrhyme LIVE 2018「One Man」』より

TOC:活動休止後いちばん最初に作った詞であり、トラックだったと思うんですけど……やっぱり残しておきたかったというか、当時はあまりにもネガティブな、負の感情が生まれやすかったので、こういうポジティブな想いを詞に残しておかないと心のバランスが保てない。そういう感覚で最初は作っていて。でも歌には出来ても言葉には出来なかったんですよ。この詞をそのまんまインタビューとかで喋れるかと言われたら、俺は喋りたくないし、喋らない。ただ、歌にすることは出来るし、歌にするんだったら良い思い出を切り取っていきたかったというか……。Hilcrhymeに「友よ」という人気曲があるんですけど、それは友達に向けて歌った門出を祝う曲なんですが、それと「Good Luck」は方向性は違えど同じところがあって、友に向かって放っている歌。何かあったとき、駆けつけるんじゃなくて「俺と居たときのことを思い出せ」とか……離れながらも「見てるぞ」という曲を残したかったんですよね。

--それこそ「幸運を祈る」と手を振るような。

TOC:本当にそうですね。

--そのあと「アフターストーリー 2019」でまだ物語は終わらないと提示する流れにこそ、HilcrhymeやTOCの生き様があると感じました。

TOC:ここの曲順が逆だったら台無しですからね。絶対に「アフターストーリー 2019」でポジティブに終わらせたかったんです。マイナー調な「Good Luck」だとアルバムが悲しい気持ちで終わっちゃう。それは絶対に避けたかったし、ずっとこの先も続いていく物語というか「この先もHilcrhymeは続いていく」という意思表示をしたかった。

--元々「アフターストーリー」は「春夏秋冬」の8年後を歌った曲ですけど、このアルバムの最後に収められている「アフターストーリー 2019」は意味合いが大きく変わっていますよね。

TOC:完全に変わっていますね。「春夏秋冬」の8年後を歌った曲ではなくなっているかもしれない。

--Hilcrhymeの人生観そのものになっているように感じます。そんな今作『Hilcrhyme』を完成させた今はどんな心境になっていますか?

Hilcrhyme(ヒルクライム)8thアルバム『Hilcrhyme』インタビュー
▲『Hilcrhyme』初回盤ジャケット

TOC:完成直後は不思議な感覚でしたね。「やりきった!」というよりは「まだ行けるな!」という気持ちのほうが強かったです。欲を言えば、もう1,2曲ぐらい新曲を入れたかったぐらいなので。ただ、今回のオリジナルアルバムに関しては「2019」とタイトルに付いている曲たち(「Magic Time 2019」「恋の炎2019」「涙の種、幸せの花 2019」「アフターストーリー 2019」)、言うならば聴けなくなった曲たちを聴かせる為に再び世に出す。そういう目的もあったので、この割り合いでちょうど良かったと納得しているんですけど……「まだまだ出せる!」という気持ちもありますね。

--その「まだ行けるな!」「まだまだ出せる!」という状態に仕上げる為のアルバムでもあったんじゃないですか?

TOC:そうですね! 1回地盤を固めつつ、ちゃんと最新のHilcrhymeも出しつつ、あらゆる面でHilcrhymeの姿勢を示せたアルバムになっていると思います。「2019」が付いている曲は「今までのHilcrhymeをもう1回鳴らして行く」という意思だし、新譜に関しては「今後のHilcrhymeはこういう姿勢で攻めて行く」という意思だし、すごく良い意味合いのアルバムが出来たと思います。

--8thアルバムですけど、1stアルバム感もありますよね。

TOC:まさに! 1stアルバム『リサイタル』を参考にして、何回も繰り返し聴いて作ったんです。あのデビュー作はすごく良く出来たと思っていたんですよ。制作時間もたくさんあったし、本当に集中して良いモノを作ることが出来たなって。元々明確なコンセプトのあるアルバムが大好きで、あれはHilcrhyme交響楽団として「誰に何を言われようと俺たちは自分たちの音を鳴らすんだ」っていう意味で『リサイタル』と名付けているんです。今回のアルバム『Hilcrhyme』はそれになぞらえて作ったところはありますね。

--では、最後に、今後のHilcrhymeに注目させたい皆さんへメッセージを。

TOC:改めてHilcrhymeを聴いてほしいです。この一言が全世代に通用するように動いていきます。入り口はラジオでもツイッターでもWEBニュースでも何でもいいので、そこから終着地点である『Hilcrhyme』に辿り着けるようにルートを作っていくので、10年目のHilcrhymeを聴いてほしいなと思います。

Interviewer:平賀哲雄

Hilcrhyme、決意のニューアルバム「Hilcrhyme」ティザー第1弾
アーティスト&ジャケット写真

Hilcrhyme(ヒルクライム)8thアルバム『Hilcrhyme』インタビュー Hilcrhyme(ヒルクライム)8thアルバム『Hilcrhyme』インタビュー Hilcrhyme(ヒルクライム)8thアルバム『Hilcrhyme』インタビュー Hilcrhyme(ヒルクライム)8thアルバム『Hilcrhyme』インタビュー Hilcrhyme(ヒルクライム)8thアルバム『Hilcrhyme』インタビュー

Hilcrhyme「Hilcrhyme」

Hilcrhyme

2019/01/30 RELEASE
POCE-12109 ¥ 3,672(税込)

詳細・購入はこちら

関連キーワード

TAG

関連商品

One Man
Hilcrhyme「One Man」

2018/07/04

[CD]

¥2,160(税込)

SHOWCASE
TOC「SHOWCASE」

2018/01/31

[CD]

¥2,000(税込)

SHOWCASE
TOC「SHOWCASE」

2018/01/31

[CD]

¥3,550(税込)

涙の種、幸せの花
Hilcrhyme「涙の種、幸せの花」

2017/11/22

[CD]

¥1,188(税込)

SIDE BY SIDE
Hilcrhyme「SIDE BY SIDE」

2017/06/21

[CD]

¥3,440(税込)

REVIVAL
Hilcrhyme「REVIVAL」

2017/06/21

[CD]

¥2,900(税込)

FIVE ZERO ONE
HILCRHYME「FIVE ZERO ONE」

2017/06/21

[CD]

¥3,200(税込)

LIKE A NOVEL
HILCRHYME「LIKE A NOVEL」

2017/06/21

[CD]

¥3,200(税込)

RISING
Hilcrhyme「RISING」

2017/06/21

[CD]

¥3,000(税込)

YUKIDOKE
ヒルクライム「YUKIDOKE」

2015/02/25

[CD]

¥1,188(税込)

YUKIDOKE
ヒルクライム「YUKIDOKE」

2015/02/25

[CD]

¥1,836(税込)

IN PHASE
TOC「IN PHASE」

2014/11/26

[CD]

¥3,002(税込)

IN PHASE
TOC「IN PHASE」

2014/11/26

[CD]

¥2,138(税込)

IN PHASE
TOC「IN PHASE」

2014/11/26

[CD]

¥3,002(税込)

想送歌
ヒルクライム「想送歌」

2013/01/23

[CD]

¥1,296(税込)

想送歌
ヒルクライム「想送歌」

2013/01/23

[CD]

¥1,728(税込)

LIKE A NOVEL
HILCRHYME「LIKE A NOVEL」

2012/11/28

[CD]

¥3,146(税込)

LIKE A NOVEL
HILCRHYME「LIKE A NOVEL」

2012/11/28

[CD]

¥3,703(税込)

Kaleidoscope
HILCRHYME「Kaleidoscope」

2012/11/07

[CD]

¥2,037(税込)

ジグソーパズル
ヒルクライム「ジグソーパズル」

2012/09/12

[CD]

¥1,296(税込)

ジグソーパズル
ヒルクライム「ジグソーパズル」

2012/09/12

[CD]

¥1,728(税込)

RISING TOUR 2012
ヒルクライム「RISING TOUR 2012」

2012/06/27

[DVD]

¥5,122(税込)

Hilcrhyme「蛍」

2012/06/27

[CD]

¥1,296(税込)

Hilcrhyme「蛍」

2012/06/27

[CD]

¥1,728(税込)

ライジング
ヒルクライム「ライジング」

2011/12/07

[CD]

¥3,394(税込)

ライジング
ヒルクライム「ライジング」

2011/12/07

[CD]

¥2,880(税込)

パーソナルCOLOR
Hilcrhyme「パーソナルCOLOR」

2011/09/07

[CD]

¥1,028(税込)

パーソナルCOLOR
Hilcrhyme「パーソナルCOLOR」

2011/09/07

[CD]

¥1,543(税込)

no one
Hilcrhyme「no one」

2011/06/29

[CD]

¥1,028(税込)

no one
Hilcrhyme「no one」

2011/06/29

[CD]

¥1,543(税込)

着ラブ2
(V.A.) 福山雅治 Hilcrhyme KG mihimaru GT lecca ナオト・インティライミ Juliet「着ラブ2」

2011/05/04

[CD]

¥2,365(税込)

臆病な狼
ヒルクライム「臆病な狼」

2011/02/23

[CD]

¥1,028(税込)

臆病な狼
ヒルクライム「臆病な狼」

2011/02/23

[CD]

¥1,543(税込)

恋のうた WINTER BEST
(オムニバス) Hilcrhyme BENI mihimaru GT Spontania feat.AZU 柴咲コウ BoA MINMI「恋のうた WINTER BEST」

2010/12/01

[CD]

¥2,365(税込)

MESSAGE
Hilcrhyme「MESSAGE」

2010/11/24

[CD]

¥2,880(税込)

MESSAGE
Hilcrhyme「MESSAGE」

2010/11/24

[CD]

¥3,394(税込)

トラヴェルマシン
ヒルクライム「トラヴェルマシン」

2010/09/22

[CD]

¥1,543(税込)

トラヴェルマシン
ヒルクライム「トラヴェルマシン」

2010/09/22

[CD]

¥1,028(税込)

恋のうた 泣きラブ
(オムニバス) ヒルクライム mihimaru GT with SOFFet 東方神起 スピッツ 大塚愛 m-flo loves YOSHIKA BENI「恋のうた 泣きラブ」

2010/06/30

[CD]

¥2,365(税込)

SUN ~リメイクベスト1~
Hilcrhyme「SUN ~リメイクベスト1~」

2019/06/12

[CD]

¥3,240(税込)

Hilcrhyme
Hilcrhyme「Hilcrhyme」

2019/01/30

[CD]

¥3,672(税込)

Hilcrhyme
Hilcrhyme「Hilcrhyme」

2019/01/30

[CD]

¥3,240(税込)

One Man
Hilcrhyme「One Man」

2018/07/04

[CD]

¥2,160(税込)

SHOWCASE
TOC「SHOWCASE」

2018/01/31

[CD]

¥2,000(税込)

SHOWCASE
TOC「SHOWCASE」

2018/01/31

[CD]

¥3,550(税込)

涙の種、幸せの花
Hilcrhyme「涙の種、幸せの花」

2017/11/22

[CD]

¥1,188(税込)

涙の種、幸せの花
Hilcrhyme「涙の種、幸せの花」

2017/11/22

[CD]

¥1,836(税込)

恋の炎
Hilcrhyme「恋の炎」

2017/10/18

[CD]

¥1,350(税込)

恋の炎
Hilcrhyme「恋の炎」

2017/10/18

[CD]

¥3,240(税込)

SIDE BY SIDE
Hilcrhyme「SIDE BY SIDE」

2017/06/21

[CD]

¥3,440(税込)

REVIVAL
Hilcrhyme「REVIVAL」

2017/06/21

[CD]

¥2,900(税込)

FIVE ZERO ONE
HILCRHYME「FIVE ZERO ONE」

2017/06/21

[CD]

¥3,200(税込)

LIKE A NOVEL
HILCRHYME「LIKE A NOVEL」

2017/06/21

[CD]

¥3,200(税込)

RISING
Hilcrhyme「RISING」

2017/06/21

[CD]

¥3,000(税込)

MESSAGE
Hilcrhyme「MESSAGE」

2017/06/21

[CD]

¥3,000(税込)

リサイタル
ヒルクライム「リサイタル」

2017/06/21

[CD]

¥3,000(税込)

BEST 2006-2016
Hilcrhyme「BEST 2006-2016」

2017/04/05

[CD]

¥3,370(税込)

過呼吸
TOC「過呼吸」

2016/08/31

[CD]

¥1,836(税込)

パラレル・ワールド
Hilcrhyme「パラレル・ワールド」

2016/06/29

[CD]

¥1,188(税込)

パラレル・ワールド
Hilcrhyme「パラレル・ワールド」

2016/06/29

[CD]

¥1,836(税込)

YUKIDOKE
ヒルクライム「YUKIDOKE」

2015/02/25

[CD]

¥1,188(税込)

YUKIDOKE
ヒルクライム「YUKIDOKE」

2015/02/25

[CD]

¥1,836(税込)

IN PHASE
TOC「IN PHASE」

2014/11/26

[CD]

¥3,002(税込)

IN PHASE
TOC「IN PHASE」

2014/11/26

[CD]

¥2,138(税込)

IN PHASE
TOC「IN PHASE」

2014/11/26

[CD]

¥3,002(税込)

IN PHASE
TOC「IN PHASE」

2014/11/26

[CD]

¥2,138(税込)

FLOWER BLOOM
HILCRHYME「FLOWER BLOOM」

2014/08/13

[CD]

¥1,300(税込)

FLOWER BLOOM
HILCRHYME「FLOWER BLOOM」

2014/08/13

[CD]

¥1,730(税込)

想送歌
ヒルクライム「想送歌」

2013/01/23

[CD]

¥1,296(税込)

想送歌
ヒルクライム「想送歌」

2013/01/23

[CD]

¥1,728(税込)

LIKE A NOVEL
HILCRHYME「LIKE A NOVEL」

2012/11/28

[CD]

¥3,146(税込)

LIKE A NOVEL
HILCRHYME「LIKE A NOVEL」

2012/11/28

[CD]

¥3,703(税込)

Kaleidoscope
HILCRHYME「Kaleidoscope」

2012/11/07

[CD]

¥2,037(税込)

ジグソーパズル
ヒルクライム「ジグソーパズル」

2012/09/12

[CD]

¥1,296(税込)

ジグソーパズル
ヒルクライム「ジグソーパズル」

2012/09/12

[CD]

¥1,728(税込)

RISING TOUR 2012
ヒルクライム「RISING TOUR 2012」

2012/06/27

[DVD]

¥5,122(税込)

Hilcrhyme「蛍」

2012/06/27

[CD]

¥1,296(税込)

ライジング
ヒルクライム「ライジング」

2011/12/07

[CD]

¥3,394(税込)

ライジング
ヒルクライム「ライジング」

2011/12/07

[CD]

¥2,880(税込)

パーソナルCOLOR
Hilcrhyme「パーソナルCOLOR」

2011/09/07

[CD]

¥1,028(税込)

パーソナルCOLOR
Hilcrhyme「パーソナルCOLOR」

2011/09/07

[CD]

¥1,543(税込)

no one
Hilcrhyme「no one」

2011/06/29

[CD]

¥1,028(税込)

no one
Hilcrhyme「no one」

2011/06/29

[CD]

¥1,543(税込)

着ラブ2
(V.A.) 福山雅治 Hilcrhyme KG mihimaru GT lecca ナオト・インティライミ Juliet「着ラブ2」

2011/05/04

[CD]

¥2,365(税込)

臆病な狼
ヒルクライム「臆病な狼」

2011/02/23

[CD]

¥1,028(税込)

臆病な狼
ヒルクライム「臆病な狼」

2011/02/23

[CD]

¥1,543(税込)

恋のうた WINTER BEST
(オムニバス) Hilcrhyme BENI mihimaru GT Spontania feat.AZU 柴咲コウ BoA MINMI「恋のうた WINTER BEST」

2010/12/01

[CD]

¥2,365(税込)

MESSAGE
Hilcrhyme「MESSAGE」

2010/11/24

[CD]

¥2,880(税込)

MESSAGE
Hilcrhyme「MESSAGE」

2010/11/24

[CD]

¥3,394(税込)

トラヴェルマシン
ヒルクライム「トラヴェルマシン」

2010/09/22

[CD]

¥1,543(税込)

トラヴェルマシン
ヒルクライム「トラヴェルマシン」

2010/09/22

[CD]

¥1,028(税込)

恋のうた 泣きラブ
(オムニバス) ヒルクライム mihimaru GT with SOFFet 東方神起 スピッツ 大塚愛 m-flo loves YOSHIKA BENI「恋のうた 泣きラブ」

2010/06/30

[CD]

¥2,365(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【先ヨミ・デジタル】THE YELLOW MONKEY 19年ぶりアルバム『9999』が9,647DLで首位独走中 富士葵/乃木坂46が続く

  2. 2

    BTS (防弾少年団)、エド・シーラン参加の新曲を初パフォーマンス

  3. 3

    フレディー・マーキュリーのセクシャリティーや死に至るまでの秘話を告白、特番が6月に放送

  4. 4

    【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「Lemon」が5週ぶり33度目の首位に、HIROOMI TOSAKAは2曲がトップ10内に

  5. 5

    Perfume 【コーチェラ】1週目レポート到着、2週目は4/22午後4時より配信

HOT IMAGES

注目の画像