Billboard JAPAN


Special Contents

「風のコトダマⅡ」開催記念 若村麻由美が選ぶ松本隆作詞の15曲



top

 2016年、好評を得た稀代の作詞家=松本隆の世界をめぐるスペシャルステージ【松本隆の世界 ~風のコトダマ~】。その第二弾、【「風のコトダマⅡ」~松本隆の裸にされた言葉たち~】が、7月に開催される。今回の「風のコトダマ」は、一昨年にも舞台となった東京(21日。ビルボードライブ東京)に加えて、石川・能登(15日)、京都(24日)でも開催。2016年は松本に加え、俳優の若村麻由美、ギタリストの村治佳織がオンステージし、トーク+朗読+音楽のセッションを盛り上げたが、今年は松本・若村と、ピアニストの清塚信也、この舞台のプロデューサーで横笛奏者の藤舎貴生が参加。松本隆の手掛けた往年のポップスから近年の作品まで、様々な角度からその言葉を“裸”にしていく。

 今回そんな3公演を前に俳優の若村麻由美にインタビュー。松本隆が作詞した作品の中から、特に思い入れの強い15曲を選んで貰った。その選曲、そして熱のこもったコメントからは、単なる共演者という域を超えて彼女が松本の作品からいかに影響を受けてきたのかが透けて見えるかのよう。特集の末尾では、その15曲からApple Music上で公開されている8曲で作成したプレイリストも作成したので、ぜひこちらも合わせて楽しんで欲しい。

若村麻由美が選ぶ「松本隆作詞の15曲」

01. 幸魂奇魂:CDアルバム『幸魂奇魂』より(訳:松本隆/作曲:藤舎貴生/朗読:若村麻由美&市川染五郎 改め 松本幸四郎)

松本作品に若村麻由美が初参加した記念作品。日本の神話「古事記」の現代語訳を語りと邦楽オーケストラで実現し、日本レコード大賞企画書を受賞。

02. 辻音楽師:CDアルバム『冬の旅』より(訳:松本隆 /作曲:シューベルト)

コンサートにゲスト出演した際、松本隆さんのリクエストでこの詩を即興朗読したところ、有難くも絶賛してくださり、翌年ビルボードライブ東京で、松本作品の歌詞を“詩”として語る、リーディングライブ『風のコトダマ』が誕生した。今月21日『風のコトダマII』を開催。

03. 風をあつめて:はっぴいえんど(作曲:細野晴臣)

何千曲もある松本作品の中から外せないのは、やっぱりコレ!歌を口ずさみながら歩く旅をしたくなる名曲。

04. 12月の雨の日:はっびいえんど(作曲:大滝詠一)

雨、風、水の匂い、都会の雑踏と孤独。半世紀近く前の作品だが今も新鮮に感じる言葉たち。松本作品に一番多く使われている単語は意外にも、“風”ではなく“雨”。だと思う。

05. 夏色のおもいで:チューリップ(作曲:財津和夫)

ストレートでシンプルで何度読んでもイイ! “君をさらってゆく風になりたいな、君をさらってゆく風になりたいよ”

06. 木綿のハンカチーフ:太田裕美(作曲:筒美京平)

当時8歳の私は意味もわからず熱唱していたが、少し大きくなってから男女の会話だった事に衝撃を受け、4番の歌詞に泣いた。

07. キャンディ:原田真二(作曲:原田真二)

毎週「ザ・ベストテン」にキャンディが選ばれるのを心待ちにするおませな10歳だった私が、いがらしゆみこの少女マンガ「キャンディ・キャンディ」との接点を見つけようとしていた事は…秘密(笑)。

08. 9月の雨 :太田裕美(筒美京平)

こども心に「生まれて初めて梅雨以外の雨を意識した」と感じた。哀しく冷たく美しい。

09. SEPTEMBER :竹内まりや(作曲:林哲司)

同じく9月という季節を特別に感じるようになったきっかけの作品。

10. A面で恋をして :ナイアガラトライアングル(作曲:大瀧詠一)

14歳だった私の年間ベスト1。小学生から中学生、高校生と、思い出を駆け抜けると、自分が“松本隆チルドレン”だった事を知る。

11. 君に、胸キュン。:YMO(作曲:細野晴臣)

当時16歳の女子高生だった私は、句読点のあるタイトルに胸キュンだった。

12. SWEET MEMORIES :松田聖子(作曲:大村雅朗)

同じ頃、大人の語り歌に背伸びしてときめいた。松本作品は乙女心も女心も至極!

13. 硝子の少年 :KinKi Kids(作曲:山下達郎)

誰もが通るピュアで危うい年頃。あの頃を思い出す。

14. ちょうちょ :クミコ(作曲:筒美京平)

映画を見た錯覚さえ覚える名作。

15. 冒険王:南佳孝(作曲:南佳孝)

この作品が大好きで2016年のリーディングライブ「風のコトダマ」ではラストを飾った。“密林に浮かぶ月〜もしも帰らなければ忘れてくれよ” この世界観が、風の詩人・松本隆の生き方なのではと感じる。

Apple Musicプレイリストも公開

若村さんに選んで貰った楽曲の中からApple Musicに公開されている曲でプレイリストを作成しました。詩人・松本隆と俳優・若村麻由美の共鳴点とも言える珠玉の名曲の数々をぜひプレイリストでも聴いてみてください。

Billboard JAPANのApple Musicプレイリストはこちらから>>>

関連キーワード

TAG

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    山崎まさよし/杏子/スキマスイッチら出演 【Augusta Camp 2018】オフィシャル・レポートが到着

  2. 2

    【ビルボード】東方神起『TOMORROW』が124,783枚を売り上げ週間アルバム・セールス首位獲得 安室奈美恵『Finally』は同2位にランク・アップ

  3. 3

    くるり、観客と共に作り上げた12回目の京都音博 ライブレポートが到着

  4. 4

    BTS (防弾少年団)、国連総会で世界の若者へスピーチ「自分の考えを表明してほしい」

  5. 5

    【深ヨミ】NEWS、ボイメン、MONSTA X それぞれの地域特性を検証

HOT IMAGES

注目の画像