Billboard JAPAN


Special Contents

MAO/d 『COLORS OF LOVE』 インタビュー

MAO/d 『COLORS OF LOVE』 インタビュー

 傳田真央改めMAO/dが約5年9ヶ月ぶりにBillboard JAPANに帰ってきました!長い期間、公の場から姿を消し、昨年の11月にMAO/dとしてのデビューを果たした彼女。この間に一体何を感じ、そして何が彼女を再び音楽へと駆り立てたのか?新作『COLORS OF LOVE』の話と共に、MAO/dの過去・現在・未来について語ってもらいました。

傳田真央とMAO/dの間の空白

--5年9ヶ月ぶりのインタビューになるんですが(笑)、このhotexpressと傳田真央改めMAO/dの間にあった空白をまずは埋めていきたいと思います。確か2002年に活動を休止されたと思うんですが。

MAO/d:そうですね。ライブとか、公式の場所での活動自体はお休みをして。それからしばらくは自分の内側を見つめる時期というか。一回気持ちをリセットしたいなと思っていて、旅に出たりとかしていましたね。ヨーロッパの方に行ったり、インドとかも行ったりして。

--なるほど。

MAO/d:当時は「私は歌しかない」みたいにあんまり思っていなくて。運命の流れに乗っていたら、歌手としてデビューすることになり、すごく恵まれていたと思うんですけど、周りの人たちの応援もあって、ライブやったりCD出したり。その中で、曲を作ってみたら「結構できるんだなぁ」とか、「こうやってみんなの前で歌ったら喜んでもらえるんだなぁ」とか。活動休止になったからといって「歌を辞めよう」とか、そんな大袈裟な感じにはならなくて。ちょっと気持ちをリセットして、自分の時間を過ごしていたって感じですかね。

きっと現代の人たちってすごく時間を大切にしているから、大切にするがあまり、何もしないとか、そういう時間の使い方に価値を見出している人は少ないかもしれないですけど、私の場合は、敢えてそういう時間を取ろうと思って。でもそういう時間を取って、ゼロの自分、内側から深いところの自分に長く触れている間に、改めて「あ、やっぱり私にとって歌って特別なことなんだな」っていうのをちゃんと再認識できたんです。なので、今考えると、そういう気持ちを、外からいろいろ言って頂いて感じるんじゃなくて、自分の内側から湧き出る形で、歌への特別な気持ちを再認識したかった時期だったのかなって思いますね。

--具体的には、何がもう一度音楽へとMAOさんを駆り立てたんでしょうね?

MAO/d:すごくシンプルなところから言うと、やっぱり歌をうたう回数が少なくなるじゃないですか。で、歌っていないと、エネルギーが有り余って仕方がないんですよ(笑)。「私ってすごくパワフルな人なんだ?」みたいな(笑)。時間があった分、吸収することはたくさん出来たんですね。いろいろなアーティストの音楽も忙しくしていたときより、すごく体に浸透させながら聴けたりとか、ライブを観に行っても余計な思考を止めた状態で感動できたりとか、映画観てても、旅に行っても、ガールズトークしてても、すごく吸収できて。でもそのいろいろ貰った分を還元するというか、いろんな人たち、いろんな出来事から貰ったエネルギーっていうのは、やっぱり違う誰かとか、地球とかに還元しないと、体のリズムが成り立たないんだなっていうことを身をもって体験して。それで「あ、そっか!だから歌うのか」って気付いたんです。

他の人がどれくらい、そういう日々の小さなことから刺激を受けたり、感動を感じたりするのか分かりませんけど、私の場合、それがちょっと人より数倍激しいのかなと。その分、歌を通して放出するというか、お返しする。歌っていうのはそのための道具なのかなって思いましたね。「体が歌いたがってしょうがない!」みたいな感じでした(笑)。

--そういうことに気付くと、自ずと歌に対する取り組み方も変わってきますよね。

MAO/d:そうですね。歌い出しの一瞬前の気持ちが、更に慎み深い気持ちになるというか。そういう感じはすごくありますね。一曲一曲、本当に大切に歌いたいし、それはどんなライブでも、どんな小さなパートのレコーディングでも、コーラスの言葉がないパートだとしても、その歌い出す前の一瞬、呼吸をしたときの慎み深い気持ちっていうのは、更に重みを持ちますね。

--ちなみにいつ頃から現在のMAO/dとしての活動の伏線みたいなモノが現れたんでしょうか?

MAO/d:4年前ぐらいになるのかな。「そろそろ歌をもう一度思いっきり歌っていきたいなぁ」っていう心境になっているときに、亀田誠治さんとの出逢いがあって。その出逢いについてよくインタビューで聞かれるんですけど、答えるのに非常に困るんです(笑)。あの、亀田誠治さんという方がいるのは、よく噂を耳にしていたので知っていたんです。男友達のミュージシャンとか、亀田さんに憧れている人がいっぱいいたので。で、ディズニーシーに遊びに行ってアリエルのショーを観ていたら、急に「亀田さん、亀田さん」って頭の中で回っちゃって、全然アリエル観れなくなっちゃって(笑)。

で、会社の方にメールをして、「亀田誠治さんという方がどうしても気になるんですけど」って言ったら、「MAOと亀田さんが一緒に何かを作ったらどうなるのか、すごく面白そうだね」って言ってくれて。それで亀田さんと会うまでの間にため込んでいた、いろんなデモテープというか、デモMDを亀田さんに聴いて頂いたら、とても気に入ってくださって。それで一緒に作品を作っていくことになったんです。

--なんでアリエル観ながら亀田誠治だったんですかね(笑)。

MAO/d:そこが不思議なんですけど(笑)。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 新しい始まり
  3. Next >
新しい始まり

--でも実際にお会いして、一緒に音楽を作っていく中で、亀田さんにはどんな印象を受けたりしましたか?

MAO/d:自然にアーティストの持っている良い部分を引き出すのが、本当に上手な方なんですよ。そこをすごくリスペクトしているんですけど、例えば、レコーディングとかでスタジオにいても、なんとなく楽しい内に「終わっちゃった」みたいな。そう言うと、聞こえは適当っぽいかもしれないですけど(笑)、実はそうではなくて、アーティストがリラックスした状態で、自然にその日その場にあるベストなモノを出す、以上。みたいな。そういう素晴らしさを亀田さんには教わりましたね。

昔の自分はもうちょっとツライやり方をしていたと思うんです。がむしゃらに頑張って頑張って、自分を追い込んで作るのが良いんだ!って。例えば、ライブとかでも「喉が張り裂けても、ここは感情を入れて、魂込めて、歌いきる!」みたいな美学とかあって、まぁそういうところが大切な瞬間もあると思いますし、自然にであればすごく素敵だと思うんですけど、それが不自然なときもあったなぁって。だから今はその現場その現場で、リラックスして、ハッピーな自分に持っていくことの大切さをすごく痛感していて。そういうときの自分に出せる力の大きさを感じています。昔の自分では分からなかったと思うんですけど。

--(笑)。亀田誠治さんプロデュースで作品をリリースする前に、ケツメイシのシングル『男女6人夏物語』に参加されていましたが、あれはどういった経緯から?

MAO/d:ケツメイシの皆さんとは、傳田真央時代から交流があって、本当に昔の話ですけど、一緒にツアーで全国のクラブを廻らせてもらったりとかしていて。その頃からお世話になっているんですけど、「もう一回MAO/dとして歌い始めよう」っていうときに、「ぜひ参加してほしい」とお話を頂いたので、歌わせて頂きました。で、2回ぐらい、夏フェスにケツメイシが出た際にも、その曲のときだけ登場させてもらって、一緒に歌ったりしたんですけど、すごく楽しかった。ステージドリンクがビールでした(笑)。

--そして2006年11月『VERY LOVE -0.5°C』で、MAO/dとしてデビューを飾ります。どんな気持ちになりました?

MAO/d:新たに活動を始められる喜びももちろんあったんですけど、そういう気持ちよりは「デビューした」っていう気持ちでしたね。「新たに」という言葉を付けるのを忘れるぐらい、ただ「行くぞ」「歌うぞ」っていう気持ちが強かった。本当に新人の気分。なので、インタビューとかも初々しく(笑)。歌の部分とかでは、積み重ねてきたモノが自然と染み出てると思うんですけど、歌以外のことになると、傳田真央としてデビューする前と変わらないぐらい、元に戻っちゃって、ラジオとかでも全然喋れないし。表に出ていなかった分、自分の内側の世界の中でずっと過ごしていた分、そういうところが苦手になっていて。今日は知ってる方が相手なので、すっごい普通に喋ってるんですけど(笑)。

--(笑)。そして今年の1月、MAO/d初のライブが東京と大阪で行われました。自分の中ではどんなライブとなりました?

MAO/d:これはね、本当に嬉しくて!・・・思い出すと泣きそうになるぐらい嬉しくて・・・。良いライブだったんですよね。バンドメンバーがそれぞれスペシャルなメンバーで、もちろん亀田さんにもベースを弾いて頂いたんですけど、フルの生バンドでライブをするっていうこと自体が初めてだったんですよ。昔はダンサーさんたちとパフォーマンスをしていたので。で、そんな素敵なバンドと共にライブをして「本当に全身全霊で歌うっていうのはこういうことなんだな」ってすごく感じられたし、「私はやっぱり歌う人なんだな」って思えた。やっぱり生バンドの人たちと一緒だと、音でのコミュニケーションが楽しめるんですよ。「そう来たんだ!じゃあ、私はこう行く」みたいな、言葉を交わさなくても、音によってヴァイヴスを感じ合って、ひとつの空間を作ったりお話ししたり出来る。で、そういう音のコミュニケーションでも楽しい気分にさせてもらったり、リラックスさせてもらったり、逆に攻撃的な気分にさせてもらったりとかして、その気分を歌に乗せてお客さんに伝えていく。そういう歌の在るべき場所とか、役割みたいなモノを更に感じられたライブだったので、これからもそこを大切にしながら、いろいろ勉強させてもらって、更にたくさんライブをやっていきたいなって思いました。

--ちょっとここでまた昔の話に少し戻りたいんですけど、僕は傳田真央のアルバム『Eternal Voice』が本当に名盤だと思っていて。今でも変わらずよく聴くアルバムなんですけど、MAOさん自身の中ではどんな作品になっていますか?

MAO/d:MAO/dになって新しくいろいろ曲作りとかはさせてもらってるんですけど、MAO節は傳田真央の時代から変わりなくあって。あの頃は、まぁ若かったし、自然と出来たモノを出してた感じだったんですけど、それでも『Eternal Voice』を聴くと、ちゃんと傳田真央の世界があるんだなぁって感じるんですよね。そこはちょっと大人になった自分が聴いても自信持てるところかな。もちろん自分が作ったメロディーラインもそうだし、歌のフロウとか、フェイクのフロウ、言葉とは関係ない声そのものっていうところでも“私”っていうものがあるなって感じます。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. COLORS OF LOVE
  3. Next >
COLORS OF LOVE

--で、今回のミニアルバム『COLORS OF LOVE』を聴いたときにですね、あの『Eternal Voice』の中に流れていた、すごく純粋に音楽が好きで、自分の部屋の鏡の前で気持ちよさそうに歌っちゃってる感じをね(笑)、感じたんですよ。本当にMAOさんの中から溢れ出てる音楽というか。自分ではどう思いますか?

MAO/d:そうですね。亀田さんとの曲作りとかレコーディングっていうのは、本当に自然体で臨めたんですね。良い意味で「こんな楽に歌っていいんだ」っていうことを教えてもらったんです。「ド頭からつるっとお願いします」っていうキーワードがあるんですけど(笑)、「ド頭からつるっとお願いします」で何度か歌ってもう終了みたいな。そういうリラックスした状態で作れたので、自然と自分が出たんじゃないかなって思いますね。すごく自由にのびのびと歌っていて、感情的になってキーを外したりしてるところも多少あったりするんですけど、そこよりは「今のテイク、のびのびと歌えたね。よし!」みたいなところを大切にしました。

--昔は本質というモノを出そうとしたときには、何が本質かどうかもよく分からない中で、必死にやるしかなかったところがあって。だけど、今は、亀田さんとの出逢いがあって、本質が自然体で出るようになってるんでしょうね。

MAO/d:そうですね~。『北風と太陽』の話じゃないですけど、頑張るっていうことのポイントが意外なところにあったりするっていうのを、この何年かの間で見つけられたのは、大きな事件だったかもしれないです。「大変だな」っていうときほど、一回客観的になって、まず自分がハッピーになってみる。問題点に焦点を絞って、そこをどう攻撃するのか?ではなく、そういうときほど、そこから離れて、「自分はハッピーかな?」「自分は笑顔かな?」とか、「優しい気持ちをもって接してるかな?」とか、そっちの方を大切に考えることで、意外と問題視していたことは問題じゃないことに気付いたりして。やっぱり歌からはそういうことを本当に学ばせてもらってますね。だからこれからもどんどん、そういう小さいんだけど大きな発見を歌から学んでいけるかなと思って、ワクワクしてます。

--では、アルバム『COLORS OF LOVE』の収録曲にも触れていきたいんですが、まず1曲目の『L.O.F.~LOVE or Friendship~』。イントロからアウトロまで、もうどこを切ってもMAO/dの魅力が溢れてる楽曲だと思うんですが、自身ではどんな印象や感想を?

MAO/d:この曲はコーラスがたくさん入ってるんですけど、私はコーラスワークが好きなので、結構手放しでコーラス始めたときは、亀田さんも「もうMAOちゃんの好きなようにやってください」って言ってて(笑)。コーラスをね、入れれば入れるほど、なんか、自分の念がたくさん入っていくような気がして、どんどん曲が可愛くなっていくんですよ(笑)。だから、私のコーラスの積み重ねの部分に込められている、念と言うとちょっと怖いけど(笑)、そういうバイブレーションの厚みも感じられるんじゃないかなって思う曲です。

あと、この曲の歌詞を書かせて頂いたんですけど、LOVE or Friendshipということで、「この好きって何の好き?」みたいな。「友達としてなの?それとも・・・始まっちゃうの?恋!」みたいな気持ちを歌った曲なんですけど、私の親友の実話なんですよ。その親友とガールズトークをしている中で恋バナをいっつも聞いてて、私はその親友が好きな男の子の方も知っていたんですね。だからちょっと映画監督みたいな気分で二人のことを見守ってたんですけど、外から見てればどう見てもお似合いで、お互い好きなんじゃん?って感じなのに、なかなか二人の距離が縮まらなくて「どっちなの?」みたいになってて。そんな彼女の想いを代筆したみたいな(笑)。なので、これを皆さんに聴いてもらうっていうのは、不思議な感じがしていて。

--今も、この曲に限らず、歌詞は実体験をありのままに昇華している感じなんですか?

MAO/d:そうなんですけど、昔は本当に自分の話しか書けなかったんですよ。若くて不器用だったのかもしれないんですけど。でもこの『L.O.F.~LOVE or Friendship~』で、実話だけど、私の体験ではない話にも挑戦できて。最近はそういうモノも書けるようになりましたね。年々、妄想が激しくなってるんですよ。

--自分で勝手に物語作って(笑)?

MAO/d:そうなんです。「あ、これを曲にしてみよう」っていう。

--ちなみにデビュー当時、MAOさんは「恋愛は本能で行け」という名言をウチのインタビューで残してるんですけど(笑)、今作には、本能だけじゃ行けない恋愛もありますよね。

MAO/d:歌詞ではそうかもしれないんですけど、プライベートでは、変わってないかも(笑)。ここ何年かのポリシーは「恋は分かりやすく」なんですよ。なので、あんまり変わってないですね(笑)。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 恋愛で進化する女
  3. Next >
恋愛で進化する女

--で、真面目な話、MAOさんって恋愛経験がそのまま歌詞における表現、もしかしたら歌における表現にも影響を与えてると思うんですよ。恋をしたり感じたりすればするほど、面白くなっていくアーティストっていうか。自分ではどう思います?

MAO/d:その通りです(笑)。自分で歌詞書いたり、メロディーを考えるときもそうなんですけど、やっぱりどうしてもテーマは“LOVE”なんですよ。なので、ラブソングはずっと歌っていきたいなと思いますね。でもこれからは、恋の“LOVE”だけじゃなくて、家族とかね、地球とか、もしかしたら宇宙とか、恋から更に広がったところでの“LOVE”も歌っていきたいなと思ってますね。普段から恋っていうものだけじゃない“LOVE”についても結構考えたりとか、感じたりとか、多分皆さんもすると思うんですけど、すごくそういうところを大切にしながら過ごしているので、歌でもそういうところを出していければいいなと思ってます。でも今回は、時期的にも12月ですからね、皆さん、いろいろワクワクしてくる時期だと思うので、全編、恋っ(笑)!!恋するあなたに聴いてほしいラブストーリーになってて、5曲ともそれぞれ違うシチュエーションのラブソングになっているので、今、どんな恋をしている人にも当てはまる曲が見つけられると思うんです。なので今回は、恋の“LOVE”を聴いてほしいです。

--あと、今こうして話してる笑顔な感じのMAOさんが顕著に表れてる曲が今作には収録されてて。3曲目の『Strawberry White』。キャラにピッタリだと思うんですけど、意外なことに可愛らしいハッピーチューンみたいなのって今まであんまり歌ってなかったですよね。で、歌声も他の曲とは完全に一線画いてる感じがあって。

MAO/d:『Strawberry White』は、私と亀田さんの中でも新たな発見があった曲で。「こういう声の場所、あったんだね」みたいな。私自身も発見で。さっきの話じゃないですけど、良い意味で肩の力の抜けた、やさしい声の部分がすごく出た曲だと思うんですよね。私は「ライブ、どうやってやるの?」っていうようなフルボリュームの曲が多くて。それは傳田真央時代からそうなんですけど、「どこで息するの?」みたいな。「そして更に踊っちゃうんだ?」みたいな曲が前から多いんですけど、『Strawberry White』では、穏やかな、ちょっと大人の可愛い女性の部分の声が出せたので、そういうところはすごく新しい発見で。気に入ってますね。ライブで披露してもみんなで一緒に歌って楽しくなれそうだし。毎年聴いてもらえるような曲になればいいなと思ってます。

--あと、今作のラストを飾る『Love of ETERNITY』。僕はこの曲にMAO/dの、この5年9ヶ月の間にあった出来事やそれから得た想いや力を感じたんですが、実際のところはどうですか?

MAO/d:その通りです、本当に。この曲は、作詞も作曲もさせて頂いてて、更にピアノも自分で弾いてるんですよ。で、結構この曲は発表するまでに順番待ちをしていて、愛情をたっぷり注ぎながら寝かされていた曲なんですけど、本当に4年越しぐらいで世に出るので、嬉しくて。最初はピアノだけで作った曲だったんですね。だからアレンジするときも本当にシンプルに亀田さんと進めていって。で、最初、ピアノと歌だけで始まるんですけど、そのピアノと歌っていうのは、私の原点なんです。今のところ、歌よりピアノをやっていた時間の方が長いので、ピアノっていうのは私にとってすごく大きな存在で。それと、もちろんこれからも私がやっていきたい歌。そのふたつで始まるシンプルな曲という部分でも、こうして世に出せるのが嬉しい。

この曲のレコーディングのときに、亀田さんとか、ドラムスの河村さんとお話ししていたんですけど、河村さんに「独特なピアノだね。すごく良いよ」って褒めて頂いて。そしたら亀田さんが「このピアノは真央ちゃんにしか弾けないから、ライブでは自分で弾いてくださいね」って言ってくれたんですけど、私、今まで人前でピアノを披露したことがなかったんで、ピアノの感想を聞かせて頂いたのがそのとき初めてだったんです。だから「あ、そうなんだ」って思って、自分で。確かに私、コードも知らないし、ずっと自分一人でピアノを弾いてきたので、自分一人で編み出した独特の世界観を持ってる・・・らしいんですよ(笑)。それを気付かせてくれた曲でもあるので、この曲をキッカケにこれからピアノの弾き語りにも挑戦したいなと思うし、曲作りでもどんどんピアノを使っていきたいなって思ってます。

--『Love of ETERNITY』の歌詞にはどんな想いを?

MAO/d:一晩で作ったんですけど、いきなりやってきまして、降りてきたモノをただ出していくだけの状態になって作った曲で。頭から歌詞とメロディとピアノが同時に出てきたんですよ。

--それは納得できる話ですね。今日の話にも出てきている、MAO/dの本質だったり想いだったりがそのまま出ている曲じゃないですか、この曲は。なので、この曲はこれから先、ファンにとってもそうですけど、MAO/d自身にとってのアンセムになるんじゃないかなって。それこそこの先何があっても、何度だって自分も奮い立たせてくれる曲というか。

MAO/d:ありがとうございます。そうだと思います。私が歌いたくなるときっていうのは、やっぱり壁にぶち当たったりしたときとか、もう一度ゼロの自分と向き合いたいときが多いので。もちろん「いぇーい!楽しい!歌いたい!」みたいなときもありますけど、本質的な歌の意味を考えたら『Love of ETERNITY』みたいな曲は自分自身にとっても大事な曲で。なので、気持ちを奮い立たせたかったり、愛っていうモノを改めて感じたいときに、この曲を聴いたり、歌ったりしたい。そういう重みのあるポジションの曲だなって感じています。好き(笑)!

--(笑)。では、最後に改めて聞かせて頂きたいんですが、MAO/dはこれから先、どんなアーティストであり、女性でありたいと思いますか?

MAO/d:私の歌を聴いてくれる皆さんに私の声のバイブレーション、声が醸し出す空気から、優しさとか愛情とか愛とか、そういうモノを感じ取ってもらえればいいなと思います。

MAO/d「COLORS OF LOVE」

COLORS OF LOVE

2007/12/05 RELEASE
AKCY-59002 ¥ 1,543(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.L.O.F. ~LOVE or Friendship~
  2. 02.Stillness time
  3. 03.Strawberry White
  4. 04.Believe Believe Believe
  5. 05.Love of ETERNITY

関連キーワード

TAG

関連商品

My Style
傳田真央「My Style」

2009/11/25

[CD]

¥1,234(税込)

泣きたくなるけど
傳田真央「泣きたくなるけど」

2009/07/01

[CD]

¥1,234(税込)

Bitter Sweet
傳田真央「Bitter Sweet」

2009/03/18

[CD]

¥1,234(税込)

君といたい feat.傳田真央
SPHERE 傳田真央「君といたい feat.傳田真央」

2009/01/14

[CD]

¥1,028(税込)

君といたい feat.傳田真央
SPHERE 傳田真央「君といたい feat.傳田真央」

2009/01/14

[CD]

¥1,543(税込)

Love for Sale
傳田真央「Love for Sale」

2017/03/08

[CD]

¥2,800(税込)

セミダブル
傳田真央「セミダブル」

2013/02/13

[CD]

¥3,086(税込)

I AM
傳田真央「I AM」

2009/12/09

[CD]

¥2,880(税込)

I AM
傳田真央「I AM」

2009/12/09

[CD]

¥2,880(税込)

My Style
傳田真央「My Style」

2009/11/25

[CD]

¥1,234(税込)

泣きたくなるけど
傳田真央「泣きたくなるけど」

2009/07/01

[CD]

¥1,234(税込)

Bitter Sweet
傳田真央「Bitter Sweet」

2009/03/18

[CD]

¥1,234(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    BTS (防弾少年団)のオンライン・データベース“ARMYPEDIA”のローンチが発表

  2. 2

    乃木坂46【7th YEAR BIRTHDAY LIVE】初日、西野七瀬がサプライズ登場

  3. 3

    【コラム】BLACKPINK、北米でライブ経験がないにも関わらず何故アリーナ・ツアーが決定したのか

  4. 4

    COMPLEX(吉川晃司&布袋寅泰)、サブスク解禁&ベスト盤のリイシュー決定

  5. 5

    BTS (防弾少年団)、【LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF】ワールド・ツアーの日程を発表 日本公演は大阪と静岡で開催

HOT IMAGES

注目の画像