Billboard JAPAN


Special Contents

傳田真央 『I AM』インタビュー

傳田真央 『I AM』 インタビュー

 10年目にして2ndオリジナルアルバムのリリース。通常のシーンのサイクルからすれば異例中の異例。しかもメジャーのど真ん中、今年最も大きな音楽ムーブメントとなった"セツナ系ラブソング"の歌い手として大きな注目を集める中でのリリースである。一度表舞台から姿を消した者に冷酷なはずのシーンへ、最高の笑顔と"女子力"でもって軽やかに舞い戻り、往年のファンのみならず日本中の女の子を虜にしつつある傳田真央。そんな彼女がこの上ない自信を持って世に放つ、切なさだけに収まらない『I AM』について、とっても嬉しそ~~~っ!に語ってもらった。

迷いや憧れ 解き放てる未来まで 歌い続けたい

--いきなり余談になってしまいますが、映画「THIS IS IT」を観たときのブログを読んで。かつて『Human Nature』をカバーしたぐらいのマイケル好きな傳田真央がね、あの映画を観て何を感じたのか聞きたかったんです。

傳田真央:2回観に行っちゃいましたよ。感動しましたね。元々マイコーはレジェンドだし、天使っぽいじゃないですか。人間離れしてるし。お役目があって地上に降りてきた感じがすごくしていたけど、あの映画を観て「やっぱりそうなんだなぁ」と思って。本当に身を削って、ちゃんとお役目を果たしたアーティストなんだなと感じました。あと、私たちが日頃「頑張らなきゃ」って思ってることと次元が違う、地球レベル、宇宙レベルで物事が考えられる人なのに、でも彼の音楽は誰もが楽しんでその世界に入れる。っていうのが本当に素晴らしいなと思っていて。身近にある素晴らしい芸術。それが……優しいって思った。

--そんな「THIS IS IT」が公開される少し前、傳田真央からもビッグニュースが幾つか届きました。まずセルフリメイク曲『耳もとにいるよ...~Ring the bells REPRISE~』の配信。そもそもあの曲をリメイクしようと思ったのは?

傳田真央:あの曲を作った二十歳前後の当時は、そんなに狙いもなく、本当に何気なく作った曲だったんですけど、何だかんだやりながら10年近くも歌い続けさせて頂いて。で、今年になってライブをたくさんやらせてもらってるんですけど、やっぱりこの曲はみんな歌ってくれるし、これだけの時間が経っても未だに愛してもらってるんだなぁって。振り返ってみればすごく大切な曲。で、音楽の聴き方も変化していく中で、最近は「着うたとかで『耳もとにいるよ...』出ないんですか?」って聞かれたり、リクエストをたくさんもらったりしていたんですよ。それで「今の街の風景とか、今のみんなの恋愛スタイルに合うような形でもう1回この曲を聴いてもらえたらな」って思って、リメイクをすることにしました。

--その生まれ変わった『耳もとにいるよ...』には、自身ではどんな印象や感想を?

傳田真央:最高潮(笑)。自分でもよく聴いちゃってます。2009年になって新しい傳田真央の作品をいろいろ追求させてもらってきて、本当にリアリティのある恋愛観だったりとか、どうすればみんなの生活の中に入り込んでいけるかとか考えて、歌詞とかも書き直させてもらって。今はみんなやっぱり携帯を通して恋愛してると思うんですけど、最初に私が『耳もとにいるよ...』を書いた当時はまだ携帯も白黒で(笑)。でもそのときにたまたま"携帯電話を通した遠距離恋愛"っていうテーマで曲を書いてて。で、今はその曲がよりリアルに響くような時代になってるんですよね。そして傳田真央のクリエーターとしてのスキルも2009年バージョンに更新されているということで、そこは遺憾なく発揮したいなと思って作ったのが、今回のバージョン。だから一言一言すごくリアルに書けたんじゃないかなって思ってるんですけど。

--その中でラストの「いつの日にか心に秘めた迷いや憧れ 解き放てる未来(とき)まで 歌い続けたい」というフレーズは変えずに歌ってるのが良くて。これ、今聴くと凄く重みを持った願いですよね。あの頃の真央ちゃんが今の傳田真央に向けて放った言葉のようにも聞こえるし。それを感じたとき涙を堪えるのが大変でした。

傳田真央:ほんと、不思議ですよね。今振り返ってみれば、二十歳ぐらいのときなんてすごく子供だし、全然何にも分かってない感じだったのに、よくこんな言葉を書いていたなって。二十歳の傳田真央さんが「しっかりしなさい」とか「ほらね!」って言っているような感じがする。で、この曲は2009年バージョンにパワーアップするべくいろいろリメイクしたんですけど「いつの日にか心に秘めた迷いや憧れ 解き放てる未来(とき)まで 歌い続けたい」の部分っていうのは、私も全然手を付けようと思わなかったし、誰もそこに手を付けようとしなかったんですよね。「この曲は元祖・携帯恋愛ソングだから、それを極めよう」みたいなことを言っていて、そう考えるとそこのフレーズって別に恋愛観のことじゃないし、アーティストとしてのスピリットの部分なんですよ。だからそこを自然に残していたことも不思議だなって思うし。

--あのフレーズは傳田真央に10年間変わらなかった信念があった証拠ですよ。

傳田真央:そうかもしれないですね。

--あと、あのフレーズに行く前のタメ。あれは反則です。

傳田真央:そこに気付きましたか(笑)。すごい。でも"間"ってすごく感動するんですよね。ライブで歌っててもあの一瞬でお客さんとお互いに噛み締める何かがある。心の目配せみたいな。

--で、こちらもアルバムにも収録される曲になりますが『My Style』。米倉涼子主演のドラマ「交渉人~THE NEGOTIATOR~」主題歌に大抜擢されたナンバーです。ブログのタイトルじゃないですけど、まさに"女子力"を歌った強い曲ですよね。

傳田真央:この曲の製作過程で傳田はまた更にいろいろ勉強させて頂いて、バージョンアップをしまして、更に最強に(笑)。最近物凄く「女子、女子」って1日10回以上口にしていて、ブログのタイトルも"女子力"にしちゃったりとか。数ヶ月前まではそんなの自分の毎日のテーマに全然無かったと思うんですけど、なんだかこう、最近は「女子、女子」言ってシャキっとしてますね。これまでも女の子たちの心に秘めた涙を見つめながら曲を書いたりしていたんですけど、今は「女子たちが日々こんな風にひたむきに頑張ってる!」みたいなところに対して男心が出ちゃう。燃えちゃう!みたいな(笑)。で、今回『My Style』の曲作りの話を頂いたときに、今まで私は切ない曲ばかり書いてきて"涙の女王"とか言って頂いてて、いかに切なさをリアルに描写するかとか、そういうのは結構いろいろ突き詰めてきていたんですけど、今回米倉涼子さん主演のドラマ「交渉人~THE NEGOTIATOR~」の主題歌ということで、ドラマのプロデューサー、その人も最強のウーマン、素敵最強女子なんですけど、その方に「今の時代を生きる女性たちは心が折れそうになりながらも毎日頑張ってる。そういう人たちが力強く明日も頑張れるような曲を書いて下さい。女性像としては米倉涼子さん。大人で強い、ブレない女性」というテーマを頂いて、その瞬間にちょっと「傳田ピンチ!」みたいな。

--(笑)。

傳田真央:涙を武器にできなくなったんですね。今までの自分の慣れてるスタイルが通用しなくなった。それで歌詞作りが大変で、時間もなくて、ドラマの主題歌だし、すごくプレッシャーもあって。ライブ活動もすごく忙しかったので、本当に眠れない日々が続く中で書いていたんですけど、その自分の辛さが曲にも反映されたかなと。まさにリアリティを持って曲が最強になった。最初は女子を応援するべく「頑張れ」って言いたいんだけど、例えば泣いている子に「大丈夫だよ、頑張ってね」ってただ言っても励ませないじゃないですか。だから悩んで。どうしても言葉が形だけになってしまったりとかして。でも最終的には新境地を見つけられました。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 私にグレーゾーンはない!
  3. Next >
私にグレーゾーンはない!

--リリックもトラックもこれまでの傳田真央とは一線を画す、ファイター系の曲になりましたよね。

傳田真央:そうですね。最初はアレンジも含め、もっともっと切ない曲だったんです。それで「もっと強くなれるはず、もっと強くなれるはず」と思って、どんどん輪郭をハッキリさせていって。また歌詞を書いていく中で、プライベートでもいろいろと事件が勃発して(笑)。ちなみに今回の事件は、本当にそれがなかったら『My Style』は完成させられなかったぐらい、影響力があったんです。私が「どうやったらこの歌詞に眼球を入れられるのか?」って煮詰まっているときに、友達に"フィアンセとお別れする"っていう重みのある別れがあって。で、彼女は2週間引きこもって泣いた後「彼に一発パンチをお見舞いして、自分の中の心のケジメを付けてきます」って彼のもとへ行ったんですよ。でもさすがにね、実際会って修羅場を迎えて、それは本当に辛いことだと思うし、どれだけ泣きはらして帰ってくるのかなと思って「どうやって慰めよう」ってすごく心配して待っていたんですよ。そしたら彼女は私の前に現れて、いきなりバン!って机を叩いて「私にグレーゾーンはない!」って言ったんです。

--おぉ~!

傳田真央:普通だったらね、あれこれたくさん愚痴をこぼして「あの時間は何だったの!?」って言うと思うんですけど、いきなり「私にグレーゾーンはない!」って。倒れましたよ、私は。「なんて女子って逞しいんだろう」って。私から見たら傷付けられたのは彼女なので。でもその逞しさは素晴らしいと思って、すごく感動して「女子の強さっていうのはこういうことなんだな」って。ケジメを付けられる力だったりとか、切り替えて乗り越えていこうとする力だったりとか、すごくピンチのときに女子は格好良かったりする。そのおかげで『My Style』にはすごく逞しい言葉がいっぱい出てきたんですよね。

--そんな『My Style』のリリース直後、とうとう出ます。10年目にして待望の2ndオリジナルアルバム『I AM』。どんな気分?

傳田真央:「一刻も早く聴いてもらいたい」っていう想いですね。今日もCDショップ周りをしていて、初めてアルバムについての直筆メッセージを書いたりしたんです。「これが傳田です。聴いてください」って。このアルバムはそう言い切れる作品になったなって。「歌に関してはここまで辿り着くことができた」って感じがします。他のことはあんまりちゃんとできないんですけど(笑)。長い時間の中で自分のことと向き合ったり、向き合えなかったり、失敗したり、泣いたり、上手くいかなかったり、苦手なモノもたくさん発見したり……しながらも、歌という道具があったから『I AM』と言い切れるモノを見つけられるところまで来られたな~と思って。それがすごく嬉しいです。

--いつ頃からそれが表現できる作品を目指すようになったの?

傳田真央:私はデビューしてから長い時間が経ってるんですけど、その中でわりと曖昧に"シンガー"という肩書きを捉えていた時間が結構長くて。好きだからやってるとか、得意だからやってるっていう感覚だったんですよね。でも2年前のクリスマスイヴに私の一番大好きなロックスターのコンサートがあって、観に行ったんです。中学生のときに心を救ってくれたロックスターなんですけど、そのコンサートの後に初めて握手してもらったんですね。で、勇気を出して自分のCDをお渡ししたんですけど、そのときに「あ、これが私っていう人間の名刺だ」ってすごく思って。やっと分かったんです。私がどうしてシンガーをやっているのか、CDを出しているのか。それは「私はこういうことを毎日の中で貫いて頑張っています」っていう、私自身を伝えることで。だから次に自分のアルバムを作るときには"I AM"というタイトルを付けようとそのときに思ったんです。ただ、いろいろ曲を作っていく中で、そう思えなかったら付けるのを止めようと思っていたんです。でも胸を張ってこのタイトルを付けることができた。

--その『I AM』が完成したときはどんな気持ちに?

傳田真央:いろんな方と一緒に曲を作ったりしていく中で、1曲1曲いろんな表情を持ったアルバムになっていったんですけど「そのいろいろがあって私だな。いろいろあってひとつの『I AM』だな」って。普段の傳田真央っぽくもあったりするし。あとは1曲1曲いろんな女子のラブストーリーになっているので、私自身、イチ女子としても、そのときそのときのテーマソングに浸って過ごしていきたいとも思うし、聴いてくれる皆さんにも今してる恋に合うテーマソングを見つけてもらえたらすごく嬉しいな。

--個人的にはどの新曲も今の傳田真央だから歌えるラブソングであると感じたんですが、その中でも『Breathe In Love』で歌ってる愛の強さや深さ、『BUTTERFLY』で歌ってる人の弱さは、まさにそうだなと思って。

傳田真央:なるほど。そうですよね。すごく対照的な2曲なんですけど、やっぱりいろんな恋愛観を表現する上での振り幅は広がったのかなって思います。『Breathe In Love』は思いっきり愛の中にいる楽曲になってて、『BUTTERFLY』はわりとロック的ダークサイド。失うモノはこれ以上何もない、みたいなモードになってる時間の歌だったりするので。

--強さだけでも弱さだけでも希望だけでも絶望だけでもない。その複雑さを明確に表現できてますよね。その複雑さがあるから、こんなにも泣けるし笑えるんだっていう、傳田真央の人生観みたいなモノまで感じます。

傳田真央:結果的にそうなったところはあるんですけど、1曲1曲の曲作りをするときにはすごく明確なヴィジョンがあったと思います。「この曲ではこういう心を切り取りたい。こういうリアリティを切り取りたい」って。歌詞を書くときって写真を撮る感覚に近くて、旅行先で綺麗な風景を見つけたら写真を撮りたくなる感じで、日々いろんなことを感じてる中での瞬間を切り取る。それを続けていく中でいろんなリアリティが集まってくるんです。で、今回はその曲たちを見つめながら「それが全部あるから傳田真央なんだ」「いろんな心の日があるから一人の人間なんだ。それが"I AM"なんだ」って気付かされるところもあって。それが今、自分に対してもみんなに対しても語りかけたいところです。いろんな心の時期があるし、上手くいってるとき、上手くいってないとき、普通のとき、普通すぎて面白くないとき、ドラマティック過ぎて痛々しいとき、いろんなときがあるんだけど、そのすべてがあるからひとつの"I AM"が輝く。

--あと『Bitter Sweet』と『泣きたくなるけど』がしっかりと軸になってくれているから、躊躇せずいろんなタイプの楽曲にチャレンジできてるし、その結果としてめちゃくちゃポップでカラフルなアルバムになってるのかなって。

傳田真央:そうですね。『Bitter Sweet』っていう曲はすごくターニングポイントになった曲で、活動としてもそうだし、曲としても大人になった傳田真央が見えたんですよね。新しい傳田真央のラブストーリーっていうモノを明確に教えてくれたので、私にとってはこの曲が2009年の代表曲だと思ってますし、そういう軸になった曲だからこそ、他の曲たちが自由に遊び回れたんだと思うし。あと『Bitter Sweet』では、私が一番長く接してきた楽器であるピアノを弾けたことも大きくて。ずっとピアノの才能は眠らせてきていて、一番身近なスタッフも「ピアノ弾けるの?」って(笑)知らないぐらいだったんですけど、それを初めて大フィーチャーしたのが『Bitter Sweet』なんです。で、この曲がきっかけになってピアノはほとんど自分で弾くようになったし、そのピアノサウンドが傳田真央の曲になくてはならないモノになって。続く『泣きたくなるけど』では、更にまたチェロまで弾いて。そういう自分のルーツになってる部分をやっと発揮できたりもしたので、その2曲っていうのは運命の楽曲でしたね。

ちなみに今回のアルバム、アートワークにもピアノが映ってるんですよ。別にピアノ弾き語りのアルバムではないんですけど、いつもピアノと共に曲を作ってきたし、ちっちゃい頃はいつもピアノの下に入って「落ち着く~」みたいな感じだったので。今でも実家帰ったら入るんですけど(笑)。なのでアートワークの話で「物をひとつ使おう」となったときに、真っ先に「ピアノ」って言って。あとブックレットの中の写真を撮るとき、ちょっと自然な写真を撮りたいって話になって、ピアノを弾いているところを撮った写真があるんですよ。私が勝手にピアノを弾いてるところをパシャパシャ撮ってもらってるんですけど、そのときに私はYEN TOWN BANDの曲を弾いたんです。高校時代にいつも弾き語りをしていた曲なんですけど。あの瞬間は「ここまで来た!」って思いました(笑)。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 待ってくれている人たちもたくさんいた
  3. Next >
待ってくれている人たちもたくさんいた

--また、これだけカラフルなアルバムだからこそ、声に対しても「こんな声も出せるの?」「これ全部、本当に傳田真央?」みたいな驚きも楽しめます。これはきっとレコーディングは過酷だっただろうけど楽しかっただろうなって。

傳田真央:レコーディング大好きで。私、オタクなんでしょうかね? オタク作業が大好きなんです。だからすごく緻密にマニアックに、ときどきマニアック注意報とか出されながらも(笑)ずーっと作業してるんですよ。歌い始めたらそんなに時間を掛けないんですけど、なんせコーラスの量が多いので。『ONEWAY Exp.』っていう曲では遂に自宅レコーディングしてしまいまして、一人で全部やったんです。「レッツゴー!」とか言いながら。それがすごく楽しかったんですけど、あんまりね、女子が一人で何でも出来ちゃうと可愛くないので(笑)バランスを見て成長していきたいと思ってます。

--でも今作を聴いてると、今まで出来なかったあれこれを全部形にしてみせた感がすごくあります。

傳田真央:そうですね。こういうことを実現させてもらえる環境に今なっているってことも、やっぱり"My Style"だと思うし、何か貫いてきた自分の説得力とかも少しは付いてきたのかなって。だから皆さんも自分の魅力、自分はこういうことができるんだってことを見つけていたら、それは遠慮することなく毎日言葉にしてみんなに伝えべき。「私、こんなことができて、こんなことがしたいの」って毎日言ってほしい。「でもこうだし……」とか思ってると何も動かないから、それが実現するかしないかはとりあえず置いておいて口に出して言ってほしい。

--そうして実際にいろいろ形にしていった楽曲の中で「よくぞ歌ってくれた!」と個人的にテンションが上がったのが『リトルメアリ』でした。レイ・チャールズの声が聞こえてきそうなイントロから、今までになかったシンプルだけど本当に詩的なリリックを歌い綴る、ソウルフルな傳田真央の声。染みました。

傳田真央:5,6年以上前の、とある悩ましい夜に(笑)一人暮らしの寂しい部屋で自分を慰めるかのように作った曲なんですけど。

--ちゃんとそういうシチュエーションから生まれてるんですね。

傳田真央:そう。何のためでもなく夜な夜な作った曲。家ではよくピアノ弾き語り会を一人で開催していたりとかもするんですけど(笑)そこから生まれたモノが今回作品になったので、それはすごく嬉しくて。タイトルも本当に何となくのイメージで『リトルメアリ』って付けていたんですけど、結局そのままにしちゃった。本当に個人的な、私的な曲。

--この手の曲って、普段歌ってない人が歌うと絶対に違和感あるじゃないですか。「あなたが歌う意味が分かりません」的な。でもこの曲はあまりにも声がハマってるから驚いて。でもその真相が分かりました。本当に孤独なときに作った訳ですね。

傳田真央:はい(笑)。

--で、この『リトルメアリ』の後に聴こえてくる『Someday』がまたね、曝け出しているし、深いところで共感できるし、前に向かわせてくれるし。決して派手な曲ではないんだけど、その分、強いメッセージに成り得る曲ですよね。

傳田真央:この曲もわりと『リトルメアリ』に近い感じで、家で何気なく作ったデモの切れ端みたいな感じだったんですけど、それを敢えて「私はこういう感じで日々曲を作っているよ」っていうのを感じて頂ければなと思い、ほとんど手を加えずに入れて。で、すごく短い曲で。いつもだったらこの後に大サビを付けたり、イントロも付けたりするんですけど、真央ルームの感じをそのまま最後に入れたかったんですよね。それで"つづく"っていう感じが出ればなって。あとアルバムの最初と最後はプロデュースも作詞も作曲も自分一人で手掛けたモノにしたいなぁと思って。

--そんな待望のニューアルバムも生み出せた2009年。傳田真央にとってどんな1年になりました?

傳田真央:へんてこな言い方だけど、やっと傳田真央を傳田真央のモノにできた年でしたね。私、ボーッとしていたから、本当は待ってくれている人たちもたくさんいたのに、私自身が傳田真央っていうモノを掴んでなかったところがすごくあって。だから今年1年でググッと傳田真央と傳田真央が統合されたような感じがありますね。自分をしっかり自分のモノにできた。それがどうしてできたかって言ったら、自分を見つめてくれているみんなの心があったから。だから頑張ることができた。本当に皆さんには感謝します。

--そして来年2月5日には恵比寿LIQUID ROOMで初ワンマンライブが開催されます!これが決まったときは相当嬉しかったんじゃない?

傳田真央:嬉しかったですね~。今までライブで10曲以上とか歌うこともなかったし「あ、傳田真央さんってそうだったんだ?」って自分で自分にツッコミを入れたぐらいで(笑)。さっきもお話ししたように、傳田真央の世界っていうのは、いろんな女の子の心情があって、いろんな表情が本当はある。でもライブの時間が短いと代表作やシングル曲だけを歌って終わっちゃうんですよね。それがワンマンライブであれば、一人で部屋にいるときの女の子の姿だったり、街を歩いているときの女の子の姿だったり、永遠の愛の中にいるときだったり、みんなを羨ましく思って暗闇の中から光を薄目で見ているようなときだったり、いろんなシチュエーションを表現できるし、お客さんもいろんな気持ちを体験できると思うんです。で、その全部が集まってひとつの"I AM"だっていうことを2月のワンマンでは表現できるかなと思って。それは嬉しいですね。でも曲によってキャラ変えが激しいのでしっかり練習しなきゃなって(笑)。あ、平賀さんも来てください。

--もちろんです。まぁでも10年前に好きになったアーティストのワンマンを10年後に観るってなかなかないよ。

傳田真央:(笑)。本当ですよね!

--10年前からファンだった人もきっと来ると思うんですけど、どんな気持ちになっちゃうか多分自分で分からないでしょうね。

傳田真央:どんな感じなんでしょうね? 私も想像付かないもんなぁ。

--どんなセットリストにするのかはこれから決めていくんでしょうけど、今回のニューアルバムの曲はもちろんですし、ずっと歌われたくて待っている曲もあるだろうし。

傳田真央:そうそう!

--何にしても、僕は傳田真央が泣くに一票、投票します。

傳田真央:やめてくださいっ(笑)! いや、でも泣かない! 最強になったはずなので泣かないです。

--分かりました。今の言葉、そのまま載せますんで。

傳田真央:ヤバイヤバイ! でも泣かない!(予定)。

--(笑)。いや、泣いたら何らかのことはやってもらいますんで。ちょっと企画練っておきます。

傳田真央:ハハハハハ!ヤバイなぁ。

--さて、そんなワンマンも控えている2010年は、傳田真央にとってどんな1年にしたい?

傳田真央:2009年は傳田真央としての曲を作ったり歌ったりするステージ、「ここだ!」っていう場所を見つけることができたので、来年はその場所にしっかり立って、更に輝けるように、更に皆さんに歌が届くように、新しい曲作りをしていきたいと思っています。

傳田真央「I AM」

I AM

2009/12/09 RELEASE
UPCH-9534 ¥ 2,880(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.Always Love
  2. 02.Bitter Sweet
  3. 03.Zutto
  4. 04.泣きたくなるけど
  5. 05.晴れ時々雨
  6. 06.Let it go
  7. 07.Breathe In Love
  8. 08.Be My Hero
  9. 09.ONEWAY Exp.
  10. 10.Butterfly
  11. 11.My Style
  12. 12.リトルメアリ
  13. 13.Someday
  14. 14.耳もとにいるよ... ~Ring the bells REPRISE~ (Bonus)

関連キーワード

TAG

関連商品

My Style
傳田真央「My Style」

2009/11/25

[CD]

¥1,234(税込)

泣きたくなるけど
傳田真央「泣きたくなるけど」

2009/07/01

[CD]

¥1,234(税込)

Bitter Sweet
傳田真央「Bitter Sweet」

2009/03/18

[CD]

¥1,234(税込)

君といたい feat.傳田真央
SPHERE 傳田真央「君といたい feat.傳田真央」

2009/01/14

[CD]

¥1,028(税込)

君といたい feat.傳田真央
SPHERE 傳田真央「君といたい feat.傳田真央」

2009/01/14

[CD]

¥1,543(税込)

COLORS OF LOVE
MAO/d「COLORS OF LOVE」

2007/12/05

[CD]

¥1,543(税込)

Love for Sale
傳田真央「Love for Sale」

2017/03/08

[CD]

¥2,800(税込)

セミダブル
傳田真央「セミダブル」

2013/02/13

[CD]

¥3,086(税込)

I AM
傳田真央「I AM」

2009/12/09

[CD]

¥2,880(税込)

I AM
傳田真央「I AM」

2009/12/09

[CD]

¥2,880(税込)

My Style
傳田真央「My Style」

2009/11/25

[CD]

¥1,234(税込)

泣きたくなるけど
傳田真央「泣きたくなるけど」

2009/07/01

[CD]

¥1,234(税込)

Bitter Sweet
傳田真央「Bitter Sweet」

2009/03/18

[CD]

¥1,234(税込)

君といたい feat.傳田真央
SPHERE 傳田真央「君といたい feat.傳田真央」

2009/01/14

[CD]

¥1,028(税込)

君といたい feat.傳田真央
SPHERE 傳田真央「君といたい feat.傳田真央」

2009/01/14

[CD]

¥1,543(税込)

COLORS OF LOVE
MAO/d「COLORS OF LOVE」

2007/12/05

[CD]

¥1,543(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    コブクロ、全国ツアー初日に海外公演を発表&ライブ音源配信もスタート

  2. 2

    Billboard Japan Hot 100

  3. 3

    BTS (防弾少年団)、『ザ・シンプソンズ』に登場

  4. 4

    UNISON SQUARE GARDENのB面集ベスト&トリビュート盤リリース、9mm/クリープハイプ/SKY-HI/スカパラら参加

  5. 5

    【ビルボード】1,404,936枚を売り上げたAKB48「ジワるDAYS」総合首位獲得 BUMP OF CHICKEN「Aurora」ダウンロード1位で総合5位に初登場

HOT IMAGES

注目の画像