Billboard JAPAN


Special Contents

凛として時雨『#5』インタビュー



凛として時雨『#5』インタビュー

 2018年2月14日、凛として時雨がニューアルバム『#5』をリリースした。前作『i'mperfect』から約5年ぶりとなる今作には、ラストを飾る表題曲「#5」をはじめ、テレビ東京系ドラマ24『下北沢ダイハード』のオープニングテーマに起用されたシングル曲「DIE meets HARD」、先駆けてミュージックビデオが公開された「Chocolate Passion」など計10曲が収録される。

 デモ盤を『#1』『#2』『#3』と続け、2005年11月に鮮烈なインディーズ1stアルバム『#4』を世に放ってから約12年。いまバンドは再び「#」を冠したわけだが、単純な原点回帰というわけではなく、TK(vo,g)、345(b)、ピエール中野(dr)という3人だからこそ奏でられるバンドサウンドと、近年の幻想的な面がバランスよく織り交ぜられた作品に仕上がった。

 今回のインタビューでは、ここ5年間のバンド活動や、すべての作詞・作曲・ミックスを手がけるTKの精神面にも触れつつ、結成15周年を経て人々に届けられた『#5』の内部に迫った。

5年ぶりっていうのを聞いて、そうなんだって

凛として時雨『#5』インタビュー

--去年12月30日に【COUNTDOWN JAPAN 17/18】のEARTH STAGEに出演されました。8年ぶりということもあって、Twitterでトレンド入りするなど話題になってましたけど、久しぶりのライブはいかがでしたか?

TK:あんまりフェスには出ないので、懐かしい感覚はありました。

ピエール中野:でもいつも通りでしたね。あんなに人が来てくれたことには驚きましたけど。一番大きなステージだったし、久しぶりの出演だったんで。ただステージに立ったらめちゃくちゃ人がいて、こんなに待っててくれてたんだと思ってすごい嬉しかったです。ちなみに僕、カウントダウンには出演で3日間も通ってたんですよ。

345:運営の人みたい(笑)。3日間はすごいね。

--中野さんは31日にDJもやられましたね。最後に「Chocolate Passion」を流されたとか。新曲をバンドでやらずにDJでやるってサディスティックだなと思うんですけど。

ピエール中野:サービスのつもりだったんですけどね(笑)。前にもロッキンのDJで新曲解禁みたいなことをして、あとは自分のイベントでもやったり。DJで新曲をかけるっていうことはわりとします。今回は「Chocolate Passion」をかけて、そのまま袖にはけたので反応はわからなかったんですけど、SNS上で盛り上がってたのでよかったです。

--ちなみに『#5』のリリース日はバレンタインデーですが、「Chocolate Passion」というタイトルは……?

TK:偶然なのでびっくりしました。あとから知って。

ピエール中野:いや、わかってやってるでしょ!

--フルアルバムは5年ぶりですし、ファンの方にとっては思い出深いバレンタインデーになると思います。もともとリリースペースが早いバンドではないですが、ここまで長い期間は日本では珍しいですよね。

TK:あくまで結果的にですけどね。そのあいだに『Best of Tornado』というベストアルバムとか、シングルもミニアルバムもリリースしていたので。たまたまフルアルバムっていうプロダクトが5年空いちゃったという感じです。いつもは2年半くらいのタームになることが多いんですけど。

345:私もフルアルバムが5年ぶりっていうのを聞いて、そうなんだって思ったくらいで。びっくりしたよね。

ピエール中野:うん。特に意識はしてなかったので。


マインドの部分は意外とちゃんと音に影響する

--制作はいつごろから始めたんですか?

TK:僕は2016年から制作していて、それを二人に渡し始めたのが2017年の頭くらい。ニューヨークでマスタリングしたのが11月末ですね。

--TKさんは海外にはよく行かれてる印象がありますが、向こうで音を形にすることも増えていますよね。ベストアルバムのマスタリングはロンドンでしたし、バンドとしてもミニアルバム『es or s』はベルリンでレコーディングされてました。

TK:昔、一人でベルリンに行ってソロの「tokio」っていうピアノの曲を作って録ってきたんですけど、その録音データを日本で聴いたときに、空気感ってちゃんと音に入るんだって初めて感じて。だからベルリンにはバンドでも行きたいなとはずっと思ってたんです。

--それが『es or s』で実現したわけですね。

TK:町並みを楽しめるのはスタジオとホテルの行き帰りくらいなんですけど(笑)、それだけでも音に向かう自分たちの意識っていうのは違いますし、鳴る音もぜんぜん違うんですよ。もちろんスタジオ自体が違うので、当たり前は当たり前なんですけど、この音好きだなっていう音が鳴ってくれる。特にベースとドラムに関しては、日本では出ない野太さだったりが出てくれたんで、全体の音像も変わっていく感じがありました。例えばドラムブースもすごい狭いところなんですけど、破裂するように響きながらも、ぜんぜん耳に痛くない音だったり。出てくる音が違うと演奏も自然と変わってくるんです。

ピエール中野:楽器のレンタル会社のメンテナンスも完璧だったんですよ。有名な会社らしいんですけど、手入れがちゃんとしてたから、叩いた瞬間にぜんぜん違う感覚がありましたね。

TK:つまり単純に海外がいいっていうか、そこのスタジオに自分たちが合ってたっていうのが正しいかもしれないし、ミックスする音が変わってくるのも、細かいところだと電圧とかいろいろ要因はあるんですよね。でも自分たちがそこの音とか景色に向き合うことによって、図らずとも意識に変化があるっていうのが一番大きいのかな。マインドの部分は意外とちゃんと音に影響するんですよ。

NEXT PAGE
  1. なにかに向かって走っていったわけでもない
  2. Next >
アーティスト写真

凛として時雨『#5』インタビュー 凛として時雨『#5』インタビュー 凛として時雨『#5』インタビュー 凛として時雨『#5』インタビュー 凛として時雨『#5』インタビュー


なにかに向かって走っていったわけでもない

凛として時雨『#5』インタビュー

--『#5』のミックスはすべてTKさんが手がけていますね。

TK:はい。今回はそうですね。

--前作『i'mperfect』ではエンジニアの方を多くお呼びしていましたが。

TK:やっぱり自分だからこそ失ってしまうものもあって。一人よがりでミックスするだけじゃダメだと思っているので、曲によってはプロのエンジニアさんへお願いするようにしてるんです。プロフェッショナルな人は365日ほとんどレコーディングしてるわけで、そういう人と、自分のプロジェクトでしかレコーディングしない僕とでは持ってるノウハウが違いますから。持っていない僕だから作れる音もありますけど、ちゃんとした知識を持った人と仕事をすることによって、バンドにとっても大きなステップアップになるだろうなって考えてます。でも今回は時間もかけましたし、曲作りとミックスがいつもより密接に同時進行していたので頼み忘れました(笑)。

ピエール中野:僕は外部の仕事でいろんなエンジニアの方と仕事をすることがあるんですけど、その人たちも「凛として時雨ってメンバーが録ってるんでしょ? あの音は作れない」って言ってて。だからいま北嶋くんが話した「プロフェッショナルな人と~」っていうところを話すと、「やっぱりそういうことか! 本当にすごいから伝えといて」ってなるんですよ。

TK:嬉しいですね。まあ、独特な音ではありますよね。

--『#5』は全体的にギターを前面に押し出すというより、ベースとドラムを特に強調しているように聞こえました。

TK:小さくしてるつもりはないんですが、自分の音があんまり好きじゃないんですかね(笑)。音を目立たせるべきところではちゃんと出しますけど、楽曲をどう聴かせるかという意識で自然とバランスは決まってきます。

--なるほど。3人の出す音がいつも以上に際立ってるように思います。ただ、「Serial Number Of Turbo」という全編にアコースティックギターが入った曲もあったり、これまでやってきたアプローチを使いつつ、近年の幻想的な面もバランスよく織り交ぜた作品だなと。そもそも最初から『#5』にしようと決めて制作に取り掛かったんですか?

TK:いえ、曲がけっこう出揃ってからですね。僕は仮タイトルとして挙げたんですけど、中野くんも「ちょうどそんなことを思ってた」って。だからなにかに向かって走っていったわけでもないですし、「これがあるから『#5』だよね」っていうのもなかったんですけど、確固たるものがないなかで浮かんでくるっていうのは、まあ一番、タイトルとしては純粋な決め方だと思って。それで『#5』に決めました。


いつの間にかどんどんハマっていく

--歌詞には郷愁的な意味合いを感じた部分も多かったんですけど。例えば『#4』の「TK in the 夕景」をはじめ、TKさんの書く歌詞にはこれまでにも「夕景」という言葉が多く出てきますが、『#5』では「Serial Number Of Turbo」や「#5」で使われています。これも意識していたわけではない?

TK:もともとノスタルジックなものっていうのは、自分のなかにあるテーマの一つでもあって。例えば「夕景」っていう言葉は、イギリスで見た景色なんかを思い浮かべてよく使ってたんですけど、「Serial Number Of Turbo」の<あの頃の夕景と一緒に踊りたいなんてね>っていう歌詞も、あのときに見たものがいま目の前に現れてくれたらっていうのを意識して書きました。ただ『#4』っていうものを特別にっていうわけではなく、そのとき自分が見たものっていう意味合いです。

--個人的に気になった歌詞は「Chocolate Passion」で。TKさんの書く一人称と二人称って同一性があるというか、「僕」=「君」に近い感じがしてるんですが、この曲って二者の区別がすごく明白じゃないですか。歌詞を見ただけでTKさんと345さんの歌うパートがだいたいわかるくらい。

TK:この曲に関してはわりとちゃんと書き分けました。いつもはメロディ優先で作ることが多いので、僕と同じ目線で345が歌うっていうことの方が多いんですけど。だから対比してるっていう意味でいうと、「Chocolate Passion」は確かに珍しい方かもしれませんね。

345:またすごい歌詞が来たなって思いました(笑)。なんというか、妖艶な感じの歌詞なので、私にはないものだから、歌えるかな?という緊張感もありつつ。でも、そういう歌詞がいい違和感を生み出すことも多いんですよね。昔からなんですけど、これを歌うのかって思いながら、いつの間にかどんどんハマっていくっていう。

--中野さんもたまに声を入れられるじゃないですか。あれ叩きながら歌うのって大変そうだなっていつも思うんですが。

ピエール中野:いや、叩きながら歌うことはないですよ(笑)。レコーディングで遊びながら入れることがあるっていう。

TK: C-C-Bみたいなことはやってないよね(笑)。

--あ、そっか。そうですよね(笑)。

ピエール中野:えっ……僕に聞きたいことってそれですか(笑)? いや、いいんですけど。絶対カットしないでくださいよ。書き足しますよ(笑)。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 多面性みたいなものは自分の根本にある
  3. Next >
アーティスト写真

凛として時雨『#5』インタビュー 凛として時雨『#5』インタビュー 凛として時雨『#5』インタビュー 凛として時雨『#5』インタビュー 凛として時雨『#5』インタビュー


多面性みたいなものは自分の根本にある

凛として時雨『#5』インタビュー

--TKさんはそもそも誰か特定の人だったり、特定じゃなくても他者を思って曲を作ることってあるんでしょうか?

TK:特定の人っていうのはあんまりないですけど、いろんな要素を掛け合わせたりはします。誰かと誰かで思ったことを一つにしたり、先ほど「僕」=「君」とおっしゃいましたけど、「君」って言ってるものが「傍観してる自分」だったり。もちろんその逆もあって、いろいろなものがイコールで繋がってるので、頭の中で入れ替わったりします。

--それこそ「傍観」という曲もありますね。この曲では<僕になりすましてる自分>と歌われていて。

TK:「二重人格」っていう言葉で一括りにはできないですけど、自分のなかに潜って見つけた言葉とかメロディっていうものと、潜っていない状態の自分っていうのは本当に同じものなのかわからない。こういう多面性みたいなものは自分の根本にあるものではあって、だから言葉とかメロディの説明が上手くできないんですけど、それが時雨というバンドのなかでも出てきたりしますね。

--ちなみに長年TKさんと一緒にいるお二人から見て、「自分のなかに潜っていない状態」のTKさんってどういう人だと思いますか?

ピエール中野:わかんないです。わかんない。

345:すごい社交的だよね。

TK:でも社交性が高ければ高いほど危ない風に見られるっていう。「いま目の前で笑ってるけど、あの曲を書いてる人なんだよな?」っていう視線をひしひしと感じます。

ピエール中野:大丈夫だよ(笑)。音楽的な才能はもちろん、人として超面白いですけどね。お笑いも好きだし。

TK:人を笑わせるってことがすごいってことに気づいたんです。昔から好きで見てたんですけど、その素晴らしさに気づいた。よくよく考えたらすごいことだなって。

--お笑いといえば、ピースの又吉直樹さんとも対談されてましたね(http://bit.ly/2nUK9oj)。その対談でもTKさんは「自分のなかに入り込んだ時に、そこに生まれた誰かが、自分の意識の向こう側でなにか発言をしていたり、なにかの記憶が生まれていたりして。」と語られていて。

TK:はい。

--私はこれを読んで、ニーチェの「怪物と闘う者は、その過程で自らが怪物と化さぬよう心せよ。おまえが長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくおまえを見返すのだ。」という名言を思い出したんですが、TKさんは自分の意識の向こう側に耳を傾けることが怖くなることってないんですか?

TK:怖くなること……怖くなることはないですけど、その声に耳を傾けてこぼさないようにしないとっていうのはあります。自分のなかに潜っていって、伝えたい言葉とか書きたいメロディっていうのを見つけるっていうのが、常にできるわけではないので。例えば歌詞を途中まで書いて、そのあと書き足そうとすると、できないことがあるんですよ。引き出しの場所がわからなくなっちゃって。そういうときは苦労しますけど、だからこそ、自分っていう人間が何人もいるのかなっていう歌詞も多くなったりします。

--とはいえ、先ほどの「Chocolate Passion」もそうですけど、外と内の線引きが分かりやすくなってきたというか、自己も他者もぜんぶ一緒くただったものの区別が少しつくようになったというか。はたから見ているとそう感じられましたが、ご自身ではいかがでしょう?

TK:基本的にメロディはずっとポップにしたいって思ってきたんですけど、言葉も徐々に、ダイレクトに伝わるようにっていうのは考えたりしてますね。ただ、伝えすぎないようにっていうところは意識してるというか。あんまり意味を詰め込みすぎると、言葉のスピード感が鈍くなる印象を抱いていて。言葉をデザインとして置いておく方が、楽器と一体化するときもあったりするんです。

--なるほど。

TK:だから、すごい剥き出しなところと、そうじゃないところのコントラストが強いっていうか、そこの使い分けは明確になってきていますね。言葉の質感っていうのは作品ごとによって如実に変わるかもしれないです。音に比べると。


ライブでどこまで再現、表現できるのか

--ちなみに以前から「いつ曲が作れなくなるかわからない」とおっしゃっておりますが、いまでも同じように思われますか?

TK:はい。なんかこう、常にそうです。アルバムを作り終えたいまが一番、そんな風に思ってますけど(笑)。自分自身が空っぽになるところまでやって、いま自分が持ってるものを全部詰め込むのがアルバム作りだったりするので、もう最後かもしれないなって。基本的にボツ曲もストックもないですし。ただ、まだメロディって自分の中に残ってるのかな、伝えたい言葉ってあるのかなっていうところからいつもスタートするので、それをこれからも繰り返していくんだろうなとは思います。

--その繰り返しで昨年には結成15周年を迎えられたわけですけど、私は「ten to ten」という曲がバンドと重なって。この曲では<まだ始まらないよ 終わりもしないよ>と歌われていて、最後は<伝えようのないこの虚しさも 時と雨が繋いで消し去っていく>と時雨を彷彿させるフレーズで締めくくられる。点と点を繋いでいって気づいたら15年経っていたという感じなのかなと。

345:そうですね。やっぱりあんまり意識はしてなくて、周りの人から「15周年です」って言われるから、昔のことを思い出す機会があるっていうくらい。それで、こんなことがあったなーっていう話になったり。

ピエール中野:「周年だぞー!」みたいなのはないね。そもそも15周年はもう過ぎたから(笑)。

--そうですよね(笑)。ちなみに2018年はメジャーデビュー10周年とのことです。

ピエール中野:あー……すごいですね。

345:感情がない(笑)。「あー……」って(笑)。

TK:アニバーサリー的なことって、毎年なにかしらあるんですよ(笑)。

ピエール中野:メジャーデビュー10周年か。なんかやる? でもツアーあるね。

--3月からですね。このツアーも普段通りの感覚で?

TK:はい。普通にアルバムのツアーっていう。

ピエール中野:ただ、今回の作品は非常にテクニカルな内容になってるので。演奏していて普通に難しいので、それをライブでどこまで再現、表現できるのかっていうのは試される感じがしますね。そういう意味でかなり気合は入ってます。

Interviewer:佐藤悠香

凛として時雨『#5』インタビュー

アーティスト写真

凛として時雨『#5』インタビュー 凛として時雨『#5』インタビュー 凛として時雨『#5』インタビュー 凛として時雨『#5』インタビュー 凛として時雨『#5』インタビュー

凛として時雨「#5」

#5

2018/02/14 RELEASE
AICL-3479/80 ¥ 4,212(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.Ultra Overcorrection
  2. 02.Chocolate Passion
  3. 03.Tornado Minority
  4. 04.Who’s WhoFO
  5. 05.EneMe
  6. 06.ten to ten
  7. 07.Serial Number Of Turbo
  8. 08.DIE meets HARD
  9. 09.High Energy Vacuum
  10. 10.#5

関連商品

#5
凛として時雨「#5」

2018/02/14

[CD]

¥3,240(税込)

#5
凛として時雨「#5」

2018/02/14

[CD]

¥4,212(税込)

DIE meets HARD
凛として時雨「DIE meets HARD」

2017/08/23

[CD]

¥1,728(税込)

DIE meets HARD
凛として時雨「DIE meets HARD」

2017/08/23

[CD]

¥1,296(税込)

white noise
TK from 凛として時雨「white noise」

2016/09/28

[CD]

¥3,240(税込)

white noise
TK from 凛として時雨「white noise」

2016/09/28

[CD]

¥3,888(税込)

white noise
TK from 凛として時雨「white noise」

2016/09/28

[CD]

¥5,400(税込)

Signal
TK from 凛として時雨「Signal」

2016/09/07

[CD]

¥1,404(税込)

Signal
TK from 凛として時雨「Signal」

2016/09/07

[CD]

¥1,296(税込)

Secret Sensation
TK from 凛として時雨「Secret Sensation」

2016/03/02

[CD]

¥1,620(税込)

Secret Sensation
TK from 凛として時雨「Secret Sensation」

2016/03/02

[CD]

¥2,160(税込)

es or s
凛として時雨「es or s」

2015/09/02

[CD]

¥1,998(税込)

unravel
TK from 凛として時雨「unravel」

2014/07/23

[CD]

¥1,404(税込)

unravel
TK from 凛として時雨「unravel」

2014/07/23

[CD]

¥1,296(税込)

unravel
TK from 凛として時雨「unravel」

2014/07/23

[CD]

¥2,160(税込)

contrast
TK from 凛として時雨「contrast」

2014/03/05

[CD]

¥1,620(税込)

contrast
TK from 凛として時雨「contrast」

2014/03/05

[CD]

¥2,160(税込)

Feeling your UFO
凛として時雨「Feeling your UFO」

2006/07/19

[CD]

¥1,543(税込)

#4
凛として時雨「#4」

2005/11/09

[CD]

¥2,057(税込)

#5
凛として時雨「#5」

2018/02/14

[CD]

¥3,240(税込)

#5
凛として時雨「#5」

2018/02/14

[CD]

¥4,212(税込)

DIE meets HARD
凛として時雨「DIE meets HARD」

2017/08/23

[CD]

¥1,728(税込)

DIE meets HARD
凛として時雨「DIE meets HARD」

2017/08/23

[CD]

¥1,296(税込)

white noise
TK from 凛として時雨「white noise」

2016/09/28

[CD]

¥3,240(税込)

white noise
TK from 凛として時雨「white noise」

2016/09/28

[CD]

¥3,888(税込)

white noise
TK from 凛として時雨「white noise」

2016/09/28

[CD]

¥5,400(税込)

Signal
TK from 凛として時雨「Signal」

2016/09/07

[CD]

¥1,404(税込)

Signal
TK from 凛として時雨「Signal」

2016/09/07

[CD]

¥1,296(税込)

Secret Sensation
TK from 凛として時雨「Secret Sensation」

2016/03/02

[CD]

¥1,620(税込)

Secret Sensation
TK from 凛として時雨「Secret Sensation」

2016/03/02

[CD]

¥2,160(税込)

es or s
凛として時雨「es or s」

2015/09/02

[CD]

¥1,998(税込)

Best of Tornado
凛として時雨「Best of Tornado」

2015/01/14

[CD]

¥3,024(税込)

Best of Tornado
凛として時雨「Best of Tornado」

2015/01/14

[CD]

¥4,536(税込)

Best of Tornado
凛として時雨「Best of Tornado」

2015/01/14

[CD]

¥8,100(税込)

unravel
TK from 凛として時雨「unravel」

2014/07/23

[CD]

¥1,404(税込)

unravel
TK from 凛として時雨「unravel」

2014/07/23

[CD]

¥1,296(税込)

unravel
TK from 凛として時雨「unravel」

2014/07/23

[CD]

¥2,160(税込)

contrast
TK from 凛として時雨「contrast」

2014/03/05

[CD]

¥1,620(税込)

contrast
TK from 凛として時雨「contrast」

2014/03/05

[CD]

¥2,160(税込)

abnormalize
凛として時雨「abnormalize」

2012/11/14

[CD]

¥1,512(税込)

abnormalize
凛として時雨「abnormalize」

2012/11/14

[CD]

¥1,080(税込)

flowering
TK from 凛として時雨「flowering」

2012/06/27

[CD]

¥3,146(税込)

Feeling your UFO
凛として時雨「Feeling your UFO」

2006/07/19

[CD]

¥1,543(税込)

#4
凛として時雨「#4」

2005/11/09

[CD]

¥2,057(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    香取慎吾の海外初個展、稲垣吾郎&草なぎ剛も現地に駆けつけエール

  2. 2

    【先ヨミ速報】AKB48『センチメンタルトレイン』が1,551,061枚を売り上げミリオン突破

  3. 3

    【ビルボード】15.9万枚を売り上げたNEWS「「生きろ」」が3冠で総合首位獲得 安室奈美恵100位内に9曲チャートイン

  4. 4

    安室奈美恵の最後の2日間――Huluドキュメンタリー最終回はラストライブ&花火ショーの貴重映像

  5. 5

    ブルーノ/ジャスティン/ケイティ/デュア・リパら大物も直面する、海外アーティストの中国での活動&ツアー事情

HOT IMAGES

注目の画像