Billboard JAPAN


Special Contents

コン・ファンク・シャン 来日記念特集~数々のダンス・クラシックを生んだスーパー・グループの軌跡

top

 「Ffun」や「Got To Be Enough」、そして「Too Tight」の文字通りタイトで軽快なファンク・ビート。往年のファンク・ブームを代表するグループであるコン・ファンク・シャンのサウンドは、いつだって聴く者の心を熱くさせてくれる。70年代だけでなく、ザップやリック・ジェームスらと並んで80年代以降のファンク・シーンを活性化させた彼らが今年も来日し、東京では盛り上がり必死のカウントダウン・ショーを行う。ここでは、数々のダンス・クラシックを生み出したスーパー・グループの軌跡を紐解いてみよう。
 来日を間近に控える彼らのギターとヴォーカルを務めるマイケル・クーパーから、ビデオメッセージも到着したので、こちらも要チェック。

 コン・ファンク・シャンの歴史は、1969年まで遡る。米国カリフォルニア州ヴァレーホのハイスクールの同級生だった、ヴォーカリストのマイケル・クーパーとドラマーのルイス・マッコールを中心に結成。当初は、プロジェクト・ソウルというグループ名を名乗っており、1971年までには、ベースのセドリック・マーティン、キーボードのダニー・トーマス、トランペットのカール・フラー、サックスのポール・ハレルといったオリジナル・メンバーが揃っていた。そして、その後トロンボーンやキーボードもプレイするヴォーカリスト、フェルトン・パイレーツが加入したことで、彼らのサウンドが完成した。

 1973年にメンフィスに移ったプロジェクト・ソウルは、スタックス・レコードの看板グループだったソウル・チルドレンのバック・バンドに起用される。その活躍ぶりが注目され、同年にインディ・レーベルからアルバム『Organized Con Funk Shun』をリリース。その翌年には、正式にバンド名をコン・ファンク・シャンに変更した。地道に活動を続けていたコン・ファンク・シャンは、ファンク・ブームの流れに乗って1976年にマーキュリーと契約。アルバム『Con Funk Shun』で華々しくメジャー・デビューを飾った。翌1977年には、シングル「Ffun」が大ヒット。ビルボードのR&Bチャートで1位を獲得し、Hot100でも23位にまで上昇。彼らの最大のヒットとなり、一躍人気ファンク・バンドとしての地位を固めた。


▲ 「Ffun」(Live)


▲ 「Too Tight」(Live)

CD
▲『キャンディ』

 その後も、「Shake And Dance With Me」(1978年)、「Chase Me」(1979年)、「Got To Be Enough」(1980年)、「Too Tight」(1981年)、「Baby I'm Hooked」(1983年)、「Electric Lady」(1985年)といったスマッシュヒットをコンスタントに連発。アルバムも『Secrets』(1977年)、『Candy』(1979年)、『Spirit Of Love』(1980年)、『To The Max』(1982年)、『Electric Lady』(1985年)など、いわゆるファンク・マニアにはおなじみの傑作を残した。しかし、1986年のアルバム『Burning Love』はヒットしたものの、メイン・ヴォーカリストだったフェルトン・パイレーツ抜きで制作され、あっという間に失速。活動休止となった。

CD
▲『スピリット・
オブ・ラヴ』

 コン・ファンク・シャンのサウンドの特徴は、軽快なファンク・ビートとポップなメロディの融合だろう。70年代末から80年代にかけてのディスコ・ブームにリンクし、とにかく踊りたくなるダンサブルなビートを多数生み出した。いわゆるディスコ・クラシックといわれるナンバーは、1980年前後に数多く作られている。その一方で、ミディアムやスローなバラードを得意としたのも彼らの持ち味だ。当時のディスコ・ビートを取り入れた旬のサウンドとは違って、往年のソウル・マナーを汲んだメロディやハーモニーこそ、ソウル・ファンにも高く評価されている要因である。

 また、彼らの活動休止以降の90年代からは、盛んにヒップホップのサンプリング・ネタとして取り上げられていったことも、非常に重要である。ウィル・スミスの「Y'all Know」(1997年)、トレイ・ソングスの「Cheat On You」(2005年)、ドレイクの「AM 2 PM」(2006年)、リル・ウェインの「Kush」(2008年)、トロ・イ・モワの「Sweet」(2011年)など、挙げていくときりがないが、現代のヒップホップやR&Bのシーンにおいても、コン・ファンク・シャンのサウンドは有効であることの証拠である。

 こういったある種のリバイバルも手伝って、2015年にはなんと29年ぶりのスタジオ録音アルバム『More Than Love』を発表し、復活してファンを狂喜させた。そして、ライヴもコンスタントに行い、日本でも定番となりつつある。この冬もビルボードライブ公演が決定しており、会場をホットに盛り上げてくれるはず。ぜひこの機会に、ファンクのレジェンドを堪能していただきたい。

 

マイケル・クーパー from コン・ファンク・シャンから来日公演へ向けたビデオメッセージ



関連キーワード

TAG

関連商品

アー・ウィー・クール
マイケル・クーパー「アー・ウィー・クール」

2015/08/10

[CD]

¥2,380(税込)

キャンディ
コン・ファンク・シャン「キャンディ」

2015/05/13

[CD]

¥1,080(税込)

タッチ
コン・ファンク・シャン「タッチ」

2015/03/04

[CD]

¥1,080(税込)

スピリット・オブ・ラヴ
コン・ファンク・シャン「スピリット・オブ・ラヴ」

2015/03/04

[CD]

¥1,080(税込)

ラヴシャイン
コン・ファンク・シャン「ラヴシャイン」

2014/09/24

[CD]

¥1,080(税込)

シークレッツ
コン・ファンク・シャン「シークレッツ」

2014/09/24

[CD]

¥1,080(税込)

タッチ
コン・ファンク・シャン「タッチ」

2012/10/17

[CD]

¥1,851(税込)

キャンディ
コン・ファンク・シャン「キャンディ」

2008/08/20

[CD]

¥1,646(税込)

ラヴシャイン
コン・ファンク・シャン「ラヴシャイン」

2008/08/20

[CD]

¥1,646(税込)

シークレッツ
コン・ファンク・シャン「シークレッツ」

2008/08/20

[CD]

¥1,646(税込)

タッチ
コン・ファンク・シャン「タッチ」

2008/07/23

[CD]

¥1,646(税込)

コン・ファンク・シャン
コン・ファンク・シャン「コン・ファンク・シャン」

2005/06/25

[CD]

¥1,234(税込)

ダンス・クラシックス NOW!Ⅱ
(オムニバス) バナナラマ コン・ファンク・シャン リック・ジェームス ソルト・ン・ペパ クール&ザ・ギャング ダズ・バンド ピーチズ&ハーブ「ダンス・クラシックス NOW!Ⅱ」

1996/06/10

[CD]

¥2,621(税込)

ベスト&レア・トラックス
コン・ファンク・シャン「ベスト&レア・トラックス」

1993/07/25

[CD]

¥2,621(税込)

タッチ
コン・ファンク・シャン「タッチ」

2015/03/04

[CD]

¥1,080(税込)

スピリット・オブ・ラヴ
コン・ファンク・シャン「スピリット・オブ・ラヴ」

2015/03/04

[CD]

¥1,080(税込)

ラヴシャイン
コン・ファンク・シャン「ラヴシャイン」

2014/09/24

[CD]

¥1,080(税込)

シークレッツ
コン・ファンク・シャン「シークレッツ」

2014/09/24

[CD]

¥1,080(税込)

タッチ
コン・ファンク・シャン「タッチ」

2012/10/17

[CD]

¥1,851(税込)

キャンディ
コン・ファンク・シャン「キャンディ」

2008/08/20

[CD]

¥1,646(税込)

ラヴシャイン
コン・ファンク・シャン「ラヴシャイン」

2008/08/20

[CD]

¥1,646(税込)

シークレッツ
コン・ファンク・シャン「シークレッツ」

2008/08/20

[CD]

¥1,646(税込)

タッチ
コン・ファンク・シャン「タッチ」

2008/07/23

[CD]

¥1,646(税込)

コン・ファンク・シャン
コン・ファンク・シャン「コン・ファンク・シャン」

2005/06/25

[CD]

¥1,234(税込)

ベスト&レア・トラックス
コン・ファンク・シャン「ベスト&レア・トラックス」

1993/07/25

[CD]

¥2,621(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    安室奈美恵 ラストドームツアー開幕

  2. 2

    SHINee、日本活動の集大成となるドームツアーが開幕 メンバー5人でレコーディングした新曲も披露

  3. 3

    【ラ・フォル・ジュルネ】2018年テーマは“モンド・ヌーヴォー 新しい世界へ”丸の内・池袋エリアで開催

  4. 4

    ガールズグループの頂点?! TWICEの圧倒的な強さの秘訣【Chart insight of insight】

  5. 5

    BTSが米ビルボード表紙に、カミラ初ソロ・ツアー発表、ドレイク新曲が3週目の首位:今週の洋楽まとめニュース

SPECIAL

インタビュー・タイムマシン

more

more

HOT IMAGES

注目の画像