Billboard JAPAN


Special Contents

コン・ファンク・シャン 来日記念特集~数々のダンス・クラシックを生んだスーパー・グループの軌跡

top

 「Ffun」や「Got To Be Enough」、そして「Too Tight」の文字通りタイトで軽快なファンク・ビート。往年のファンク・ブームを代表するグループであるコン・ファンク・シャンのサウンドは、いつだって聴く者の心を熱くさせてくれる。70年代だけでなく、ザップやリック・ジェームスらと並んで80年代以降のファンク・シーンを活性化させた彼らが今年も来日し、東京では盛り上がり必死のカウントダウン・ショーを行う。ここでは、数々のダンス・クラシックを生み出したスーパー・グループの軌跡を紐解いてみよう。
 来日を間近に控える彼らのギターとヴォーカルを務めるマイケル・クーパーから、ビデオメッセージも到着したので、こちらも要チェック。

 コン・ファンク・シャンの歴史は、1969年まで遡る。米国カリフォルニア州ヴァレーホのハイスクールの同級生だった、ヴォーカリストのマイケル・クーパーとドラマーのルイス・マッコールを中心に結成。当初は、プロジェクト・ソウルというグループ名を名乗っており、1971年までには、ベースのセドリック・マーティン、キーボードのダニー・トーマス、トランペットのカール・フラー、サックスのポール・ハレルといったオリジナル・メンバーが揃っていた。そして、その後トロンボーンやキーボードもプレイするヴォーカリスト、フェルトン・パイレーツが加入したことで、彼らのサウンドが完成した。

 1973年にメンフィスに移ったプロジェクト・ソウルは、スタックス・レコードの看板グループだったソウル・チルドレンのバック・バンドに起用される。その活躍ぶりが注目され、同年にインディ・レーベルからアルバム『Organized Con Funk Shun』をリリース。その翌年には、正式にバンド名をコン・ファンク・シャンに変更した。地道に活動を続けていたコン・ファンク・シャンは、ファンク・ブームの流れに乗って1976年にマーキュリーと契約。アルバム『Con Funk Shun』で華々しくメジャー・デビューを飾った。翌1977年には、シングル「Ffun」が大ヒット。ビルボードのR&Bチャートで1位を獲得し、Hot100でも23位にまで上昇。彼らの最大のヒットとなり、一躍人気ファンク・バンドとしての地位を固めた。


▲ 「Ffun」(Live)


▲ 「Too Tight」(Live)

CD
▲『キャンディ』

 その後も、「Shake And Dance With Me」(1978年)、「Chase Me」(1979年)、「Got To Be Enough」(1980年)、「Too Tight」(1981年)、「Baby I'm Hooked」(1983年)、「Electric Lady」(1985年)といったスマッシュヒットをコンスタントに連発。アルバムも『Secrets』(1977年)、『Candy』(1979年)、『Spirit Of Love』(1980年)、『To The Max』(1982年)、『Electric Lady』(1985年)など、いわゆるファンク・マニアにはおなじみの傑作を残した。しかし、1986年のアルバム『Burning Love』はヒットしたものの、メイン・ヴォーカリストだったフェルトン・パイレーツ抜きで制作され、あっという間に失速。活動休止となった。

CD
▲『スピリット・
オブ・ラヴ』

 コン・ファンク・シャンのサウンドの特徴は、軽快なファンク・ビートとポップなメロディの融合だろう。70年代末から80年代にかけてのディスコ・ブームにリンクし、とにかく踊りたくなるダンサブルなビートを多数生み出した。いわゆるディスコ・クラシックといわれるナンバーは、1980年前後に数多く作られている。その一方で、ミディアムやスローなバラードを得意としたのも彼らの持ち味だ。当時のディスコ・ビートを取り入れた旬のサウンドとは違って、往年のソウル・マナーを汲んだメロディやハーモニーこそ、ソウル・ファンにも高く評価されている要因である。

 また、彼らの活動休止以降の90年代からは、盛んにヒップホップのサンプリング・ネタとして取り上げられていったことも、非常に重要である。ウィル・スミスの「Y'all Know」(1997年)、トレイ・ソングスの「Cheat On You」(2005年)、ドレイクの「AM 2 PM」(2006年)、リル・ウェインの「Kush」(2008年)、トロ・イ・モワの「Sweet」(2011年)など、挙げていくときりがないが、現代のヒップホップやR&Bのシーンにおいても、コン・ファンク・シャンのサウンドは有効であることの証拠である。

 こういったある種のリバイバルも手伝って、2015年にはなんと29年ぶりのスタジオ録音アルバム『More Than Love』を発表し、復活してファンを狂喜させた。そして、ライヴもコンスタントに行い、日本でも定番となりつつある。この冬もビルボードライブ公演が決定しており、会場をホットに盛り上げてくれるはず。ぜひこの機会に、ファンクのレジェンドを堪能していただきたい。

 

マイケル・クーパー from コン・ファンク・シャンから来日公演へ向けたビデオメッセージ



関連キーワード

TAG

タッチ
コン・ファンク・シャン「タッチ」
2015/03/04
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
スピリット・オブ・ラヴ
コン・ファンク・シャン「スピリット・オブ・ラヴ」
2015/03/04
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
ラヴシャイン
コン・ファンク・シャン「ラヴシャイン」
2014/09/24
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
シークレッツ
コン・ファンク・シャン「シークレッツ」
2014/09/24
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
タッチ
コン・ファンク・シャン「タッチ」
2012/10/17
[CD]
¥1,851(税込)
購入画面へ
ディスコ アラフィフ スーパー・フリーク~ソウル&ファンキー
(オムニバス) リック・ジェームス コン・ファンク・シャン カーティス・ブロウ ヴァーノン・バーチ メリー・ジェーン・ガールズ ダズ・バンド セントラル・ライン「ディスコ アラフィフ スーパー・フリーク~ソウル&ファンキー」
2010/01/27
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
ディスコ アラフィフ スーパー・フリーク~ソウル&ファンキー
(オムニバス) リック・ジェームス コン・ファンク・シャン カーティス・ブロウ ヴァーノン・バーチ メリー・ジェーン・ガールズ ダズ・バンド セントラル・ライン「ディスコ アラフィフ スーパー・フリーク~ソウル&ファンキー」
2010/01/27
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
キャンディ
コン・ファンク・シャン「キャンディ」
2008/08/20
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
ラヴシャイン
コン・ファンク・シャン「ラヴシャイン」
2008/08/20
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
シークレッツ
コン・ファンク・シャン「シークレッツ」
2008/08/20
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
タッチ
コン・ファンク・シャン「タッチ」
2008/07/23
[CD]
¥1,646(税込)
購入画面へ
コン・ファンク・シャン
コン・ファンク・シャン「コン・ファンク・シャン」
2005/06/25
[CD]
¥1,234(税込)
購入画面へ
ベスト&レア・トラックス
コン・ファンク・シャン「ベスト&レア・トラックス」
1993/07/25
[CD]
¥2,621(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
ヒップホップ / ラップを世界に知らしめた伝説的ユニットが遂に来日!
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
モータウン黄金期を築いた世界一ソウルフルなギタリストからの返答は読みごたえあり
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
ジャネット・ケイ来日記念特集
ジャネット・ケイ来日記念特集
「Lovin' You」の大ヒットから40年…“ラヴァーズ・ロック”の女王のサクセス・ストーリーを追う。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。

Chartsmore