Billboard JAPAN


Special Contents

Do As Infinity『To Know You』インタビュー



Do As Infinity 『To Know You』 インタビュー

 世界中で熱狂を生んでいるDo As Infinityの今。

 南米ツアーや台湾で待ち続けたファン達の愛~海外で熱烈歓迎されてる要因、アニメ『進撃の巨人』や『ガンダムUC』等でお馴染み澤野弘之とのコラボ作第2弾『To Know You』、伴 都美子にとっての「唯一の真実」や名曲「あいのうた」について等々ガッツリ語って頂きました。あの伝説のハーレーの行方についても!?

海外での熱烈歓迎「純粋をたくさん受け取った感じ……感無量でした」

Do As Infinity『To Know You』インタビュー

--今夏は初の南米ツアー【Latin America Tour 2017】がありました。メキシコ、アルゼンチン、ブラジル、チリと廻ってみていかがでしたか?

伴 都美子:「行ってよかったなぁ」という気持ちと「無事に帰ってこれてよかったなぁ」という気持ち。4ヶ国、前半ふたつがワンマンで、後半ふたつがイベントだったんですけど、感無量というか……すごく達成感がありました。

大渡 亮:やっぱり遠いね(笑)。日本から17時間。ライブだけじゃなく移動もメインイベントみたいな。でも行った先々で本当に良くして頂いて、歓迎されて、胸いっぱいの2週間でありました。過酷な旅をみんなで乗り越えた先に、そういうピュアな素晴らしき歓迎をしてもらえたというね。

--旅というより冒険みたいな感覚もあった?

大渡 亮:そうですね。ただ、南米と言うとカントリーサイドのイメージがあるじゃないですか。メキシコ、アルゼンチン、ブラジル、チリ、すべてNHKとかBSでやっているような旅番組のイメージ。「あれ? ここの国の人はロバに乗ってるんじゃないの?」みたいな。東京で例えると「あれ? 東京タワーの下にサムライ歩いてるんじゃないの?」みたいな植え付けられたイメージがあるじゃないですか。でも僕らが行った場所はどこもシティでした。特にアルゼンチンとチリに関しては、ヨーロッパと変わらない都市で驚きましたね。

--そもそもどういった経緯で南米へ行くことになったんですか?

Do As Infinity / 真実の詩(Shinjitsu no Uta)
Do As Infinity / 真実の詩(Shinjitsu no Uta)

伴 都美子:やはり日本のアニメが向こうで人気というところがあって、私たちは『犬夜叉』のテーマ曲をいくつか担当させて頂いた経緯で、それで南米でも認知されているところが大きかったんだと思います。それで実際に行ってライブをしてみたら、ラテン気質なのか、鼓膜が破れるんじゃないかと思ったぐらい、悲鳴に近い歓声があって。イントロから物凄いリアクションで、私が歌い出したらみんなも大合唱みたいな。それは日本ではなかなか味わえない体験でしたね。地球の裏側で、まさかチリにも私たちの曲を知っている人がいて、一緒に歌ってくれるなんて。あと、Meet&Greetを4ヶ国それぞれでやったんですけど……ね?

大渡 亮:泣いて喜んでくれたりして。

伴 都美子:もらい泣きしちゃいましたよ。

大渡 亮:純粋をたくさん受け取った感じ……感無量でしたね。

伴 都美子:この先ツラいことがあったら思い出します。皆さんの顔を。それぐらい大きな体験でした。

--南米各国のファンからすると、Do As Infinityが今回初めて自分たちの国に来てくれたというのは、極論を言えば、ずっと待っていたビートルズが来日したぐらいの感覚だったんですかね?

大渡 亮:そこまでは言えないけど(笑)、似たような歓迎ぶりだったと思います。

伴 都美子:これまで何度もお話を頂いていたので。

大渡 亮:解散前から数えると、(※Do As Infinityは2005年に一度解散している。2008年夏に再結成&再始動)5,6回誘われていたんです。それで今回ようやく実現して……やっぱり異国でライブするというのは良いですね。この上ない刺激があります。お客さんのリアクションだったりもそうなんですけど、道中の街の雰囲気だったり、文化だったり、そういうものに触れるというのはやっぱりエキサイティング。

伴 都美子:スムーズに行かないこともいっぱいあったもんね。

大渡 亮:入国手続きとかね。

伴 都美子:「待つのも仕事」みたいな。会場入っても電源が入れられなかったりね。

--日本のライブ会場ではあたりまえのようにあるものが……

大渡 亮:なかったり。そういうアクシデントもたくさんありました。

--どう対処したんですか?

大渡 亮:待つ。

一同:(笑)

大渡 亮:用意してあったものが粗悪で使えなくて、街のホームセンターに買いに行くんだけど、でもまだ開いてなかったりして、開くまで待つみたいな。海外あるある。

--でも言葉も環境も全く違う異国で生きている人たちが、Do As Infinityの歌や音楽に共鳴して熱狂してくれている。その光景を見たときはどんな感覚だったんですか?

大渡 亮:正直、不思議な感じでした。「こんな遠くの国の人たちが俺たちのことを知ってるんだ?」と。それはもちろん嬉しいことだけど、不思議な感覚でしたね。

伴 都美子:本当に「音楽に国境はないんだなぁ」と心底思ったし……「生きててよかった」としみじみ感じました。

--その後、台湾でもライブされていましたよね。反応はどうだったんでしょう?

Do As Infinity / Tangerine Dream
Do As Infinity / Tangerine Dream

大渡 亮:アンコールのときにアカペラでお客さん全員が「Tangerine Dream」(※デビューシングル)を歌ってくれたんです。ひとり音頭を取った女の子がいて、事前にみんなにビラを配っていたみたいなんだけど、僕らがステージを一度捌けたら「いつの日か~♪」って台湾のファンがみんなで歌うんですよ。

伴 都美子:それで「いつ出よう?」みたいな(笑)。

大渡 亮:ずっとリピートで歌ってくれてるから(笑)。それで途中で出て行って、嬉しかったから僕らもギターと歌だけで「Tangerine Dream」を演奏して。

伴 都美子:その後に予定していたアンコールの曲も歌って「ありがとうございました!」と捌けて、みんなで「おつかれ!おつかれ!」缶ビールプシューッ!みたいな感じだったんだけど、まだお客さんは帰らないんですよ。それで「こりゃ帰れないぞ! 何かやらないと収拾つかない!」となり、「ふたりで何かやれる曲あるかな?」とその場で考えて「遠雷」をふたりでやったんです。そういうハプニングというか予期せぬ出来事もあって、嬉しかったね~。

--その「まだ帰らないでくれ!」「もっと歌ってほしい!」という初期衝動とも言える熱量が海外ではまだまだ生まれるということですよね。Do As Infinityとその音楽を待っている人が世界中に存在している。

大渡 亮:今回の台湾でのライブには、日本からも50名ほど観に来てくれていて。その人たちはその光景を見て嬉しかったんじゃないかな。

NEXT PAGE
  1. 澤野弘之とのコラボ第2弾「今作は発案が2曲とも伴ちゃんなんです」
  2. Next >
インタビュー写真

Do As Infinity『To Know You』インタビュー Do As Infinity『To Know You』インタビュー Do As Infinity『To Know You』インタビュー


澤野弘之とのコラボ第2弾「今作は発案が2曲とも伴ちゃんなんです」

Do As Infinity『To Know You』インタビュー

--自分たちの大好きなものが、海外で圧倒的に受け入れられている光景を目の当たりにした訳ですからね。

大渡 亮:「外国で俺たちのインフィニティが求められているぜ」という現実。あと、一体感とかね。日本のお客さんは俺たち以上に嬉しかったんじゃないかな。

--その後もジャカルタやシンガポールと海外遠征が続いていきますが、初上陸の地で続々とライブが出来ている現状にはどんな感慨を?

伴 都美子:ジャカルタにはファンクラブのようなグループがあって、そこからメッセージももらえるので「待ってくれている人がいる」というのは嬉しいし、やっぱり海外へ歌いに行くというのは楽しみですよね。

大渡 亮:今年各国へご挨拶に行って、良ければ来年も呼んでもらえたりして、例えばアジアでひとつのサーキットが廻れるような感じになったら良いなと思いますね。

伴 都美子:海外にファンが居るというのは知っていたんだけど、今年はここまで大きなうねりというか、いろんなチャンスが発生している気がして……

--比喩じゃなく文字通り世界が広がっていますからね。

伴 都美子:私たちの音楽は、流行り廃りとかじゃなく自分たちの音を追及して残してきた。という自覚があるんですけど、それが受け入れられていると思うとまた喜びもひとしおです。単純に私たちの音楽を楽しんでくれているというのは、ただただ嬉しい。

--亮さんは、Do As Infinityの音楽がアジアや南米で受け入れられている要因。もちろん大きなきっかけはアニメだと思うんですが、音楽的にはどんなところにあると思いますか?

Do As Infinity / 深い森(Fukai Mori)
Do As Infinity / 深い森(Fukai Mori)

大渡 亮:やっぱり良いタイミングでアニメの曲をやらせてもらえたことはデカい。それがないと海外ではなかなかライブ出来ないんですよ。例えば細々とワンマンとかやるんだったら持ち出しで可能だと思うんですけど、フェスに呼ばれるとか、大きな枠の中のひとつとして呼ばれる為にはアニメという特急券が必要なんですよね。どのジャンルを見てもそう思います。ただアニメをきっかけにしてお客さんは掘ったりもするので、そこでアニメの曲以外が受け入れられる可能性はあって。俺たちの場合は、洋楽っぽいことを最初からやっていた。それも海外のリスナーに楽しんでもらえている要因だと思います。僕はJ-POPのことは全然知らないし、ダサいと思って拒否していた時期もあったぐらいで。今は全部受け入れられるんですけど、当時は「そんなダサいの、やりたくねぇ」と思っていたし、とにかく「洋楽っぽくしたい」と思っていた。もしかしたらそういうのも影響しているのかもしれない。

--そんな海外での展開も楽しみなDo As Infinityですが、この度、澤野弘之(※ドラマ『医龍』やアニメ『進撃の巨人』『機動戦士ガンダムUC』等の音楽でも知られる)サウンドプロデュース第2弾シングル『To Know You』が完成しました。澤野さんと二作連続でご一緒してみて、どんな手応えを感じていたりしますか?

Do As Infinity / Alive -Music Video- Sound Produced by 澤野弘之(Hiroyuki Sawano)
Do As Infinity / Alive -Music Video- Sound Produced by 澤野弘之(Hiroyuki Sawano)

大渡 亮:とりあえず今制作段階のものも入れて5曲、単純に曲が良い。ご一緒するきっかけになった最初の「Alive」のデモテープから「僕らがやってきたサウンドとこんなに近いことをやっている人がいるんだ?」「この人がこういう曲を作るとこんなに良いものになるんだ?」と手応えを感じていたので……「やっと出逢えた」みたいな感じなんですかね。作曲家が作ったグループから始まっていて(※デビュー時は、作曲や編曲を手掛けるサウンドプロデューサー・長尾大含む3人組だった)、でもデビュー1年で作曲家がしたんですけど、それ以来だと思うんですよ。同じ目線でやれるパートナーが見つかったのは。これまで優秀な作家さんたちにたくさん助けてもらったんですけど、俺たちの方向性にまで示唆するような感じではなかったんですよ。それが今は一貫して同じパートナーがライターやアレンジャーを務めてくれることによって、ひとつの流れみたいなものが構築できている。

--伴ちゃんは、澤野さんとご一緒してみてどんなことを感じていますか?

伴 都美子:最初は正直、腰が重かったんです。

--そもそも新しい人と何かするのが苦手なんですよね?

伴 都美子:私は石橋を叩くタイプだから(笑)。ただよくよく考えてみると、私は映画が好き。そしてサントラが好きでよく聴いていて、オーケストラコンサートへも行ったりしているんですね。澤野さんがやっている音楽もそれに近いんじゃないかなと感じまして、それで今回第2弾シングルを作る上ですごくポジティブになれたんです。で、今回「こういう感じにしたい」と伝えたらすぐ応えて形にしてくれて、そのスピード感も凄かったし……改めて凄い人だなと思いました。タッグを組ませてもらえて本当に有り難い。

大渡 亮:補足をすると、スタッフが劇伴で有名な澤野さんに声をかけて、澤野さんに実際に会ったら「やりたい」と言ってくれていて。それから、「短編小説や映画みたいなシナリオを作るんで、それをまず見てほしい」と。俺はまずその熱量みたいなものを買って、今までにない流れではあったんだけど、肯定的にそれを受け入れたんです。でも伴ちゃんはその作り方自体に難色を示していて(笑)クエスチョンだらけになっていたんです。

伴 都美子:クエスチョンがなかなか取れなかったんだよね。

大渡 亮:それで伴ちゃんだけ立ち止まっていて、周りがシンクロしていくことに疎外感を感じて、ひとりで「フン!フン!」みたいな感じになって(笑)。

伴 都美子:正直気持ちがついていってなかった。

大渡 亮:それで「プロフェッショナルでビジネスやるというのは、こういうことなんだよ」と言っても分かんなくて(笑)。なんだけど、前作『Alive / Iron Hornet』の「Iron Hornet」を聴いてから「良いかも」となったんです。

伴 都美子:上がってきた曲を聴いたら「あ、なんか格好良い」と思って。で、さっきお話した考えに至ったんです。私は映画が好き、サントラも好き、オーケストラも好き、ピアノも好き……と考えていたら着地できたというか、気持ちの整理が出来たんですよね。

--楽曲の力によって納得するところが伴ちゃんらしいなと思います。

大渡 亮:今は彼女の中でちゃんと合点がいってる感じなので、そこからの飛躍が凄いですよ。モチベーションが上がりまくってる。逆に周りが「待ってぇー!」となっている感じ(笑)。頼もしい限りですよね。

--そうして生まれた新シングル『To Know You』。お二人の中ではどんな作品を目指して制作されたんでしょうか?

Do As Infinity / To Know You -TOKYO ART CITY by NAKED 映像コラボレーション- Sound Produced by 澤野弘之
Do As Infinity / To Know You -TOKYO ART CITY by NAKED 映像コラボレーション- Sound Produced by 澤野弘之

伴 都美子:前作がわりとダークな楽曲だったので、今回はとにかくワクワクしたかったんですよ。明るめな曲を求めていて。じゃあ、どういうものが良いのか考えて、打ち合わせのときに「こういうものが作りたい」と具体案をお伝えして。

大渡 亮:今作は発案が2曲とも伴ちゃんなんですよ。それで僕らも「そんな手があったか」という良い意味での驚きがあって、「じゃあ、これを澤野さんにリクエストする材料にしよう」と。それだけイメージがしっかりしていたこともあって作業しやすかったのか、すぐにそのアイデアを汲んだ作品が1週間もしないうちに届いて、「なんて仕事が出来る男なんだろう」とそのとき思いましたね。すべてを汲み取った作品。2曲目の「唯一の真実」も「ピアノとアコギと歌だけで成立して、アカペラで始まる曲で」みたいな感じでリクエストしたら、見事にこちらのイメージを形にしてくれて「なんてクレバーな男なんだ」と思いましたし、彼が評価されている理由はこういうところにあるんだろうなと。澤野さんのことは存じていなかったんですけど、ご一緒してみて実力を知りました。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 唯一の真実「私が母に向けて書いたものなんです」~ハーレーの行方
  3. Next >
インタビュー写真

Do As Infinity『To Know You』インタビュー Do As Infinity『To Know You』インタビュー Do As Infinity『To Know You』インタビュー


唯一の真実「私が母に向けて書いたものなんです」~ハーレーの行方

Do As Infinity『To Know You』インタビュー

伴 都美子:あと、この曲の歌詞は“東京”をテーマにしているんですけど、作家さんに自分の“東京”のイメージをお伝えして。私は地方出身者で、飛行機に乗って、羽田に降りて、都内に向かっていくときに見えるビル街と東京タワーとレインボーブリッジ、あの上京したときに見た光景と気持ちをいまだに思い出すし、好きな景色なんですよね。という話もしましたし、歌詞の具体的なイメージとしては、主人公の女の子が海外から東京へ来るんですけど、そのときのワクワク感みたいなものを取り入れてもらいたかったんです。そんな私の気持ちを汲み取って下さった、素晴らしい言葉たち。

大渡 亮:良い歌詞だよね。

伴 都美子:うん。泣きそうなぐらい。

大渡 亮:なので、本当に発案から形になるまですべて高次元でコラボレートできている作品なんですよ。ミュージックビデオでクリエイティヴカンパニー NAKED Inc.さんとコラボレートしている感じも「あれがなかったらこの作品は完成しなかった」と言えるぐらい、高次元でのマッチングになっていますし。

--また、2曲目「唯一の真実」。作詞:伴 都美子となっていますが、こちらはどんな想いがあって紡いでいったものなんでしょうか?

伴 都美子:「ステージ上に亮くんと私、そして澤野さん。この3人だけの画が浮かぶような曲ってどうだろう?」と提案して、上がってきたデモを聴いて……その時点で静かな感動を覚えました。それで冒頭の二行の歌詞がふわっと浮かんできて「書いてみよう」と思ったんです。

大渡 亮:「歌詞どうしよっか?」と話していたら「これは私が書きたいの!」と伴ちゃんが言い出して。「じゃあ、お願いします」と。そしたら、パーソナルな内容ではあるけど、曲の雰囲気とのマッチングが良かったんで、そんなにちゃちゃもいれず。とっても良い歌詞だと思いますよ。

--今このタイミングでこうしたパーソナルな歌を形にしたいと思ったのは?

伴 都美子:うーん……きっと命を生み落としたから。そうでなかったら感じられなかったこともあるでしょうし。この曲は“命の旅”がテーマになっているんですけど、私が母に向けて書いたものなんです。

大渡 亮:お母さんに聴かせてあげたいよね。送れば?

伴 都美子:じゃあ、送ろうかな。

大渡 亮:ちゃんと「私とあなたのことを書きました」と言って送るんだよ? じゃないと「あー、また新しいやつ出たのね」って封も開けない可能性あるから(笑)。

伴 都美子:ハハハハ!

大渡 亮:そのまま仏壇に飾られちゃうから。

一同:(笑)

伴 都美子:送ってみようかね。ま、とにかくそういうことがテーマで。私「自分という人間はどこから来たんだろう?」とか考えるんですよ。母親がいて、父親がいて、その母親がいて、父親がいて……そうやって考えると命の歴史って凄いなと思いますし、「この人いなかったら、私は今いなかったんだ」と思いますし、壮大ですよね。

--その中で伴ちゃんが“唯一の真実”と思ったものは何だったんですか?

伴 都美子:あなたの子であること。それは抗いようのない真実だから。子供の面倒見ていると「あ、お母さんの表情に似てるなぁ」「誰かに似てると思ったらお母さんじゃん!」みたいなこともあって「あぁ、こんな風にも影響するんだな」と思ったり……と言いながら、実は私は両親と暮らしたことがなくて。叔母さん家の一員として育ててもらって、ちっちゃいときからいろんなことに敏感というか、気にしぃだったんですよね。でもそれがあって、今があって……そうやってぐるぐるぐるぐる考えた末に出てくるものは、やっぱり感謝の気持ちでしかない。それに尽きますね。生んでくれてありがとう。育ててくれてありがとう。いろいろあったけど、おかげで今がある。否定していた思春期もありましたけど、何とか生きてこられたし、そして母になりました。

--その人生の中で、Do As Infinityはどんな存在になっているんですか?

伴 都美子:Do Asは何だろうね? 自分のアイデンティティでもあるし、もうひとつのホームでもあるし、家族でもある。私を私として証明してくれる存在です。

--そして今作には「あいのうた [2 of Us] 」がボーナストラックとして収録されています。ファンクラブイベントで披露されていましたよね?

大渡 亮:あのファンクラブイベントで初めて披露したんですよ。でもそのときはレコーディングする話はなかったんです。で、4,5曲候補があって「どの曲も良いなぁ」と思っている中で「「あいのうた」はどう?」という提案もあり、このタイミングで入れるのは良いかもしれないなと思って。良く仕上がったと思います。この曲に関しては違うアレンジだったり、違うジャンルに落とし込むというアイデアは正直なかった。リフとか全てが高次元で出来ているんで、それを壊す作業はしませんでした。今回は原曲をアコースティックにする上で、メロディーがより際立つようなコード感を持たせる必要があるなと思ったので、そこは新しく表現してあります。

伴 都美子:この曲はもう完全に自分に染み付いてますね。何も考えなくても歌えてしまう。自分の体の一部じゃないけど、それぐらいの曲ですね。

--そんな30枚目のシングル『To Know You』ですが、今作のリリース後はどんな展開を見据えていたりするんでしょう?

大渡 亮:この流れのままアルバムを1枚作りたいなと思っています。その前にもう1枚シングルを出したいと思っているんですけど、それは攻めた感じというか、格好良い伴ちゃんが見えるんじゃないかな。ひょっとしたらまたハーレーに乗るかもしれない!

--おぉー!

伴 都美子:乗るかなぁ? 教習所行かないと乗り方を思い出せない(笑)。

--最後に乗ったのはいつなんですか? 作品としては「TAO」のMVが最後?

Do As Infinity / TAO
Do As Infinity / TAO

大渡 亮:あれはハーレーを車に積んであるんです。

--えぇ!? ショック(笑)。

伴 都美子:ハハハハハ!

大渡 亮:何でも喋っちゃう!

--では、相当前になるんじゃないですか?

伴 都美子:最後に乗ったの、いつなんだろう? しばらく会社に置いておいた気がする。

大渡 亮:今はエイベックス新社屋の支柱になってます。

一同:(爆笑)

Interviewer:平賀哲雄
Photo:Jumpei Yamada

Do As Infinity / To Know You -TOKYO ART CITY by NAKED 映像コラボレーション- Sound Produced by 澤野弘之
インタビュー写真

Do As Infinity『To Know You』インタビュー Do As Infinity『To Know You』インタビュー Do As Infinity『To Know You』インタビュー

Do As Infinity「To Know You」

To Know You

2017/09/27 RELEASE
AVCD-83917 ¥ 1,944(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.To Know You
  2. 02.唯一の真実
  3. 03.To Know You (Instrumental)
  4. 04.唯一の真実 (Instrumental)
Disc02
  1. 01.To Know You -Music Video-

関連キーワード

TAG

化身の獣
Do As Infinity「化身の獣」
2017/12/06
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
化身の獣
Do As Infinity「化身の獣」
2017/12/06
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
To Know You
Do As Infinity「To Know You」
2017/09/27
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
Do As Infinity Ⅹ
Do As Infinity「Do As Infinity Ⅹ」
2012/10/10
[CD]
¥5,132(税込)
購入画面へ
DEEP FOREST
Do As Infinity「DEEP FOREST」
2012/03/21
[CD]
¥1,512(税込)
購入画面へ
TIME MACHINE
Do As Infinity「TIME MACHINE」
2012/02/29
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
TIME MACHINE
Do As Infinity「TIME MACHINE」
2012/02/29
[CD]
¥5,132(税込)
購入画面へ
ONE SCENE LOVE SO BITTER
(V.A.) Every Little Thing Do As Infinity globe TRF 相川七瀬 TK PRESENTS 華原朋美「ONE SCENE LOVE SO BITTER」
2012/02/29
[CD]
¥2,880(税込)
購入画面へ
黄昏
Do As Infinity「黄昏」
2011/11/16
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ
アリアドネの糸
Do As Infinity「アリアドネの糸」
2011/09/07
[CD]
¥1,337(税込)
購入画面へ
アリアドネの糸
Do As Infinity「アリアドネの糸」
2011/09/07
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
誓い
Do As Infinity「誓い」
2011/07/27
[CD]
¥1,337(税込)
購入画面へ
誓い
Do As Infinity「誓い」
2011/07/27
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ
誓い
Do As Infinity「誓い」
2011/07/27
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ
EIGHT
Do As Infinity「EIGHT」
2011/01/19
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
Van.
伴都美子「Van.」
2008/12/10
[CD]
¥4,104(税込)
購入画面へ
Do The Best
Do As Infinity「Do The Best」
2008/11/10
[CD]
¥2,057(税込)
購入画面へ
NEED YOUR LOVE
Do As Infinity「NEED YOUR LOVE」
2008/11/10
[CD]
¥2,057(税込)
購入画面へ
GATES OF HEAVEN
Do As Infinity「GATES OF HEAVEN」
2008/11/10
[CD]
¥2,057(税込)
購入画面へ
TRUE SONG
Do As Infinity「TRUE SONG」
2008/11/10
[CD]
¥2,057(税込)
購入画面へ
DEEP FOREST
Do As Infinity「DEEP FOREST」
2008/11/10
[CD]
¥2,057(税込)
購入画面へ
NEW WORLD
Do As Infinity「NEW WORLD」
2008/11/10
[CD]
¥2,057(税込)
購入画面へ
BREAK OF DAWN
Do As Infinity「BREAK OF DAWN」
2008/11/10
[CD]
¥2,057(税込)
購入画面へ
MUSIC FLOWER
土屋公平 伴都美子 大黒摩季 中島美嘉 浦嶋りんこ 島津ナディア 勝手にしやがれ DJ HASEBE「MUSIC FLOWER」
2008/10/15
[CD]
¥1,050(税込)
購入画面へ
東京日和
伴都美子「東京日和」
2008/06/18
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
東京日和
伴都美子「東京日和」
2008/06/18
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
VOICE 2 ~cover lovers rock~
伴都美子「VOICE 2 ~cover lovers rock~」
2008/03/05
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
For the future
Do As Infinity「For the future」
2005/01/19
[CD]
¥1,337(税込)
購入画面へ
楽園
Do As Infinity「楽園」
2004/12/15
[CD]
¥514(税込)
購入画面へ
楽園
Do As Infinity「楽園」
2004/12/15
[CD]
¥1,337(税込)
購入画面へ

Chartsmore