Billboard JAPAN


Special Contents

マンハッタン・ジャズ・クインテット来日記念特集~結成33周年を迎えたMJQの人気の秘密を探る

top

 結成33周年を迎えた人気ジャズ・バンド、“マンハッタン・ジャズ・クインテット(以下MJQ)”の来日ツアー『MJQジャパン・ツアー2017 ~スイングしなけりゃ意味ないね~』が9月に決定。9月9日の熊本県・大津町文化ホールを皮切りに国内10カ所で行われる。さらにMJQは、ジャズ界では前代未聞の3ヶ月連続新作アルバムをリリース。その第3弾『恋人よ我に帰れ』が8月23日発売される。30年以上のキャリアを誇り、今なお、不動の人気を誇るMJQの人気の秘密を探ってみよう。

1. マンハッタン・ジャズ・クインテットの誕生と評価

 記念すべきMJQの1作目『マンハッタン・ジャズ・クインテット』が吹き込まれたのは、 1984年7月11日のこと。たった一日で録音されたデビュー作は、発売されるや否や一大反響を巻き起こし、15万枚も売れた。日本のジャズ・ファンの心をがっちりと掴み、大人気となったのだ。結成当時のメンバーは、デビッド・マシューズ(p:当時41歳)、ルー・ソロフ(tp:40歳)、ジョージ・ヤング(ts:36歳)チャーネット・モフェット(b:17歳)、スティーブ・ガッド(ds:39歳)だった。当時のジャズ・シーンは、長老のカウント・ベイシーが亡くなり、革新的な演奏を続けてきたウェザー・リポートが解散した。1970年代に流行ったフュージョンも元気を失っていた。そんなとき、理屈抜きにスカッと本格的な4ビート・ジャズを演奏するMJQが登場したのだ。まさに時代が求めるジャズ・バンドだった。

 ジャズ評論家の第一人者である油井正一(1918-1998:享年79歳)は、このデビュー作を聴いて、ジャズ専門誌<スイングジャーナル>のディスクレビューに、『デビッド・マシューズは、ジャズという名のプールに小石を投げ、このさざ波は次の世紀まで波を立て続けて行くだろう』と記した。これには、驚いた。まだデビュー作の評価に、ここまで褒めて書くとは。さすが油井先生は、慧眼である。油井先生の予言はあたり、21世紀になってもMJQは活躍している。次いで1985年にリリースされたMJQの第2作『枯葉』は、なんと販売20万枚を記録した。ジャズ・ディスク大賞・最優秀CD賞を受賞し、MJQの名声が確立した。1986年になると、ベースは、エディ・ゴメス(当時41歳)に代わり、MJQはさらに強化された。



▲ 「Take The A Train」(Live)


2.MJQの新作は、3ヶ月連続発売の“パワフル・スイング三部作”

CD
▲『スイングしなけりゃ
意味ないね』

 結成33周年を迎えたMJQは、なんと6月、7月、8月と3ヶ月連続で新作アルバムをリリースする。タイトルは、『スイングしなけりゃ意味ないね』、『サム・スカンク・ファンク』、『恋人よ我に帰れ』で、MJQの通算31作目、32作目、33作目となる。

 今年は、ジャズが初めてレコードに録音されて100年目を迎えた。ジャズは、ニューオリンズで生まれ、世界中に広まった。演奏のスタイルは時代とともに変遷してきたが、いつもジャズは人々を楽しませ、励まし、困難な時代も乗り越えてきた。

CD
▲『サム・スカンク・
ファンク』

 そしてMJQは、2016年1月19日~23日の4日間で、なんと30曲も録音したのだからものスゴイ。今回は、ジャズレコード生誕100周年を祝うのに、相応しい名曲が厳選されている。選曲は、スタンダード、ラテン、ファンキーなど、ふるえるほど壮観で多彩だ。

CD
▲『恋人よ我に帰れ』

 例えばデューク・エリントンの「スイングしなけりゃ意味ないね」、デューク・ジョーダンの「危険な関係のブルース」、ルイ・アームストロングの「この素晴らしき世界」、ディズニーの「いつか王子様が」、コール・ポーターの「夜も昼も」、「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」、ジョージ・ガーシュウインの「アイ・ガット・リズム」、ビリー・ホリデイの「恋人よ我に帰れ」、「酒とバラの日々」、キューバの「キサス、キサス、キサス」、プエルトリコの「エル・クンパンチェロ」、メキシコの「ベサメ・ムーチョ」(「もっとキスして」という意味)、黒人霊歌の「ダウン・バイ・ザ・リバーサイド」、オードリー・ヘップバーンの「ムーン・リバー」、ジェームス・ブラウンの「ザ・チキン」(ジャコ・パストリアスの演奏でも有名)、ブレッカー・ブラザーズの「サム・スカンク・ファンク」、ウェザー・リポートとマンハッタン・トランスファーの「バードランド」、ジャコ・パストリアスの「ティーン・タウン」など魅力満載である。

 今回の来日公演では、この中から、一体どの曲を演奏してくれるのだろうか?今から楽しみである。新作の“パワフル・スイング三部作”『スイングしなけりゃ意味ないね』、『サム・スカンク・ファンク』、『恋人よ我に帰れ』を聴いて予習しておくのも楽しいだろう。MJQの真価は、ライブ演奏で発揮される。ビルボードライブ東京、ビルボードライブ大阪での演奏がとても待ち遠しい。

3.MJQの変わらない魅力の秘密

 MJQの最大の魅力は、リーダーであるデビッド・マシューズの高いアレンジ能力とMJQの高い演奏能力にある。アレンジは、デビッド・マシューズのジェームス・ブラウン時代(1970年から73年まで、マシューズはソウル・ミュージックの巨匠ジェームス・ブラウンのアレンジャーだった)のファンク、CTI時代(ドン・セベスキーと並ぶ作編曲家だった)のフュージョン、ポップス・サポート時代(サイモン&ガーファンクルやビリー・ジョエルたちのアレンジを手掛け、ベストセラーを続出した)のポップス、MJQでのジャズというこれらの全ての経験が巧みにバランスされ、MJQサウンドの個性となっている。また忘れてならないのが、MJQの最強のメンバーである。マイケル・ロドリゲス(tp)、クリス・ハンター(sax)の二大実力者が中心となり、極上のソロを展開していく。もちろんマシューズのピアノも良い。今作から、リズム・セクションが、新メンバーに変わった。ドラムは、米国サンディエゴ生まれのクリフ・アーモンド。ミシェル・カミロ・トリオ、マンハッタン・トランスファーのメンバーだった。日本の人気ロックバンド“くるり”のメンバーだった時期もある。ベースは、オーストリア、グラーツ生まれのハンス・グラヴィシュニク。名門、バークリー音楽大学で学んでいる。ボビー・ワトソン、メイナード・ファーガソン、チック・コリアのメンバーだった。さて、マシューズは、例えば「枯葉」など誰もが知っている名曲を更に魅力的にする。音に魔法をかけていると言ってもいいだろう。脂の乗った手練れの仕事ぶりだ。アレンジは精密、演出、即興的工夫にも怠りがない。すべての曲に、新たに作曲されたイントロが加わり、ソロの間には中間アンサンブルも加わる。MJQが織り成すアンサンブルは、エキサイティングかつダイナミックで他の追随を許さない。新リズム隊の驚異的なリズムのバネ感が緊迫感を醸し出し、トランペットのマイケル・ロドリゲスとサックスのクリス・ハンターが炎のようなソロや美しいバラード・ソロを取る。



▲ 「Autumn Leaves」(Live)


4.デビッド・マシューズの日本語会話の先生は、ジョン・レノンの先生

 さて、MJQのリーダー、デビッド・マシューズは、日本語がとても上手い。ビックリするぐらいうまい。ライブの時のMCは、ほぼ全部日本語で話す。だから私たち聴衆は自然と親しみを感じるのだ。マシューズが日本語を習ったのは、ニューヨークのベルリッツである。その先生は、ビートルズのジョン・レノン(1940-1980:享年40歳)に日本語を教えていた。マシューズは、日本が大好きで、勉強家で、耳もいいので、急速に話せるようになった。新宿西口にある「思い出横丁」に一人で行って、「熱燗と煮込み」とオーダーする。たまたま横に座った人とも気楽に話してしまう。そんなマシューズは、抜群の日本語会話能力と人柄を買われ、NHKの英会話番組「英語でしゃべらナイト」にもたびたび出演して人気を博した。

5.松田聖子のジャズCD『SEIKO JAZZ』のヒットの陰に、マシューズあり

 現在、日本のジャズ・チャートの上位でその存在を放っているのは、松田聖子の初のジャズ・アルバム『SEIKO JAZZ』である。この成功の陰に、MJQのリーダー、デビッド・マシューズがいる。松田聖子は、マシューズと全面的に手を組み、全曲のアレンジをマシューズに頼んだ。CDの中身は、ストリングス・オーケストラをバックに、聖子が愛するバート・バカラックの3曲、ボサノバの名曲3曲、映画の主題歌のスタンダード、そしてノラ・ジョーンズとバラエティに富んだ楽曲をジャズ・アレンジで聴かせてくれる。演奏には、MJQのメンバーも協力している。アルバムを聴くと驚かれるだろう。“見事なジャズ”である。松田聖子が、素晴らしいのだ。彼女は、すべての曲を深いレベルで理解している。デビュー当時から豊かなソウルを持っていたがさらに経験を積み、マシューズのバランスの良いアレンジと相まって、とても素敵なジャズ・アルバムを完成させたのだ。セルジオ・メンデスの「マシュ・ケ・ナダ」は、聖子の声が心地よい。続いて、すごく格好いいトランペット・ソロが流れるが、それを吹いているのは、MJQが誇る名トランペッターのマイケル・ロドリゲスである。アレンジも実に素晴らしく曲の終わり方も絶品である。



▲ 「追憶 / The way we were」MV


マンハッタン・ジャズ・クインテット デビッド・マシューズ マイケル・ロドリゲス クリス・ハンター ハンス・グラヴィシュニク クリフ・アーモンド「恋人よ我に帰れ」

恋人よ我に帰れ

2017/08/23 RELEASE
KICJ-767 ¥ 3,000(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.恋人よ我に帰れ
  2. 02.バードランド
  3. 03.ティーン・タウン
  4. 04.星に願いを
  5. 05.あなたと夜と音楽と
  6. 06.木の葉の子守唄
  7. 07.酒とバラの日々
  8. 08.明るい表通りで
  9. 09.ムーン・リバー
  10. 10.チーク・トゥ・チーク
リュブリャナ・コンサート - 1972
ビル・エヴァンス・イン・ユーゴスラヴィア ビル・エヴァンス エディ・ゴメス トニー・オクスリー「リュブリャナ・コンサート - 1972」
2018/02/21
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
ミスティック・ブリッジ
ベニー・ウォレス チック・コリア エディ・ゴメス ダニー・リッチモンド「ミスティック・ブリッジ」
2018/02/14
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
ジ・アルケミスト
アーニー・クリヴダ ギル・ゴールドスタイン エディ・ゴメス ボブ・モーゼス レイ・マンティラ「ジ・アルケミスト」
2018/01/17
[CD]
¥1,500(税込)
購入画面へ
Reminiscenza
佐々木優花 デヴィッド・マシューズ 井上智 増原巖 横山和明 ヤヒロトモヒロ「Reminiscenza」
2017/12/20
[CD]
¥3,000(税込)
購入画面へ
シューギー・ワナ・ブギー
デヴィッド・マシューズ ドン・グロルニク アンソニー・ジャクソン ウィル・リー アンディ・ニューマーク「シューギー・ワナ・ブギー」
2017/12/06
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
スペース/ジョージ・ベンソン・ライヴ
ジョージ・ベンソン デヴィッド・マシューズ ドン・グロルニク スティーヴ・ガッド エリック・ゲイル ウィルバー・バスコムJr. フレッド・ウェズリー フィル・アップチャーチ「スペース/ジョージ・ベンソン・ライヴ」
2017/12/06
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
セニョール・ブルース
アービー・グリーン デヴィッド・マシューズ ハーヴィー・シュワルツ ジム・マディソン ジョン・スコフィールド スー・エヴァンス グローヴァー・ワシントンJr. デヴィッド・トファニ「セニョール・ブルース」
2016/09/07
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
砂の惑星
デヴィッド・マシューズ ランディ・ブレッカー ウェイン・アンドレ デヴィッド・サンボーン グローヴァー・ワシントンJr. ルー・デル・ガトー デヴィッド・トファニ ゴージー・コッポラ「砂の惑星」
2016/09/07
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
サムシング・ユー・ガット
アート・ファーマー ユセフ・ラティーフ デヴィッド・マシューズ ハーヴィー・シュウルツ ジム・マディソン ハイラム・ブロック「サムシング・ユー・ガット」
2016/09/07
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
ア・シンプル・マター・オブ・コンヴィクション
ビル・エヴァンス エディ・ゴメス シェリー・マン「ア・シンプル・マター・オブ・コンヴィクション」
2016/07/27
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
妖精
チック・コリア エディ・ゴメス アンソニー・ジャクソン スティーヴ・ガッド ゲイル・モラン「妖精」
2016/07/06
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
ホワッツ・ニュー
ウォレス・ルーニー マーク・コーエン チャーネット・モフェット シンディ・ブラックマン「ホワッツ・ニュー」
2016/07/06
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
ビリー・ボーイ
デビッド・マシューズ・トリオ デビッド・マシューズ マイケル・ムーア デイブ・ウェックル「ビリー・ボーイ」
2015/12/09
[CD]
¥1,404(税込)
購入画面へ
モーメンタム VOL.2
ビル・エヴァンス エディ・ゴメス マーティ・モレル「モーメンタム VOL.2」
2015/12/02
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
モーメンタム VOL.1
ビル・エヴァンス エディ・ゴメス マーティ・モレル「モーメンタム VOL.1」
2015/12/02
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
オリジナル・ヴォイス
マンハッタン・ジャズ・クインテット ルー・ソロフ ジョージ・ヤング デビッド・マシューズ チャーネット・モフェット ビクター・ルイス「オリジナル・ヴォイス」
2015/05/27
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
アランフェス協奏曲
マンハッタン・ジャズ・クインテット ルー・ソロフ ジョージ・ヤング デビッド・マシューズ チャーネット・モフェット ビクター・ルイス エディ・ゴメス スティーブ・ガッド「アランフェス協奏曲」
2015/05/27
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
オータム・イン・ニューヨーク
マンハッタン・ジャズ・クインテット ルー・ソロフ ジョージ・ヤング デビッド・マシューズ チャーネット・モフェット ビクター・ルイス「オータム・イン・ニューヨーク」
2015/05/27
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
マンテカ
マンハッタン・ジャズ・クインテット ルー・ソロフ ジョージ・ヤング デビッド・マシューズ エディ・ゴメス ピーター・アースキン「マンテカ」
2015/05/27
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
ファンキー・ストラット
マンハッタン・ジャズ・クインテット ルー・ソロフ ジョージ・ヤング デビッド・マシューズ エディ・ゴメス ピーター・アースキン「ファンキー・ストラット」
2015/05/27
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
キャラバン
マンハッタン・ジャズ・クインテット ルー・ソロフ ジョージ・ヤング デビッド・マシューズ ジョン・パティトゥッチ デイブ・ウェックル「キャラバン」
2015/05/27
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
プレイズ・ブルーノート
マンハッタン・ジャズ・クインテット ルー・ソロフ ジョージ・ヤング デビッド・マシューズ ジョン・パティトゥッチ デイブ・ウェックル「プレイズ・ブルーノート」
2015/05/27
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
マイ・フェイバリット・シングス
マンハッタン・ジャズ・クインテット ルー・ソロフ ジョージ・ヤング デビッド・マシューズ エディ・ゴメス スティーブ・ガッド「マイ・フェイバリット・シングス」
2015/05/27
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
ザ・サイドワインダー
マンハッタン・ジャズ・クインテット ルー・ソロフ ジョージ・ヤング デビッド・マシューズ エディ・ゴメス スティーブ・ガッド「ザ・サイドワインダー」
2015/05/27
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
ライブ・アット・ピット・イン
マンハッタン・ジャズ・クインテット ルー・ソロフ ジョージ・ヤング デビッド・マシューズ エディ・ゴメス スティーブ・ガッド「ライブ・アット・ピット・イン」
2015/05/27
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
マイ・ファニー・バレンタイン
マンハッタン・ジャズ・クインテット ルー・ソロフ ジョージ・ヤング デビッド・マシューズ エディ・ゴメス スティーブ・ガッド「マイ・ファニー・バレンタイン」
2015/05/27
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
枯葉
マンハッタン・ジャズ・クインテット ルー・ソロフ ジョージ・ヤング デビッド・マシューズ チャーネット・モフェット スティーブ・ガッド「枯葉」
2015/05/27
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
クリス・ハンター
クリス・ハンター ハイラム・ブロック リチャード・ティー スティーヴ・ジョーダン アンソニー・ジャクソン ダリル・ジョーンズ クリフォード・カーター ジョー・ボナディオ「クリス・ハンター」
2015/03/25
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
枯葉 ライブ・イン・イタリー’69
ビル・エバンス・トリオ ビル・エバンス エディ・ゴメス マーティー・モレル「枯葉 ライブ・イン・イタリー’69」
2015/01/14
[CD]
¥1,500(税込)
購入画面へ
デルタ・レディ
アール・クルー&デビッド・マシューズ・オーケストラ デビッド・マシューズ ジョージ・ヤング デビッド・トファニ ロニー・キューバー サム・バーティス ジョー・シェプリー バート・コリンズ「デルタ・レディ」
2014/12/10
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
イエスタデイズ
ルー・ソロフ マイク・スターン チャーネット・モフェット エルビン・ジョーンズ「イエスタデイズ」
2014/12/10
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
ニューヨーク・ライナー
ニューヨーク・ライナー デビッド・マシューズ エリック・ゲイル ジョン・トロペイ デビッド・スピノザ ポール・シェイファー ニール・ジェイソン アラン・シュワルツバーグ「ニューヨーク・ライナー」
2014/12/10
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
ホワイ・ノット
ミシェール・カミロ ルー・ソロフ クリス・ハンター アンソニー・ジャクソン デイヴ・ウェックル サミー・フィガロア グアリオネス・アキーノ「ホワイ・ノット」
2014/12/10
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
新アランフエス協奏曲
ジム・ホール&デビッド・マシューズ・オーケストラ デビッド・マシューズ トム・ハレル ジョー・シェプリー サム・バーティス トニー・プライス フレッド・グリフィン デビッド・トファニ「新アランフエス協奏曲」
2014/12/10
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
グランド・コネクション
デビッド・マシューズ・オーケストラ with グローヴァー・ワシントンJr.&アール・クルー デビッド・マシューズ ジョージ・ヤング ジェリー・ナイウッド ロジャー・ローゼンバーグ ジョー・シュプリー ジョン・ガッチェル サム・バーティス「グランド・コネクション」
2014/12/10
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
グランド・クロス
グランド・クロス デビッド・マシューズ デビッド・サンボーン マイケル・ブレッカー ランディ・ブレッカー ラリー・カールトン ジョン・トロペイ クリフ・カーター「グランド・クロス」
2014/12/10
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
コズミック・シティ
デビッド・マシューズ&エレクトリック・バーズ デビッド・マシューズ デビッド・サンボーン マイク・マイニエリ ジェフ・ミロノフ クリフ・カーター マーク・イーガン アラン・シュワルツバーグ「コズミック・シティ」
2014/12/10
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
デジタル・ラヴ
デビッド・マシューズ&エレクトリック・バーズ デビッド・マシューズ マイク・マイニエリ マイケル・ブレッカー 大野俊三 ランディー・ブレッカー ジョン・ファディス 益田幹夫「デジタル・ラヴ」
2014/12/10
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
モントルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス +1
ビル・エヴァンス エディ・ゴメス ジャック・ディジョネット「モントルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス +1」
2014/11/26
[スーパーオーディオCD]
¥3,780(税込)
購入画面へ
ダウン・ストレッチ
エディ・ゴメス 本田竹曠 エリオット・ジグマンド「ダウン・ストレッチ」
2014/11/05
[CD]
¥2,500(税込)
購入画面へ
ブッシュマン・ソング
ジョン・スタッブルフィールド ジェリ・アレン チャーネット・モフェット ヴィクター・ルイス ミノ・シネル「ブッシュマン・ソング」
2014/10/15
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
スペシャル・エディション・オブ MJQ
マンハッタン・ジャズ・クインテット ルー・ソロフ ジョージ・ヤング ジョン・パティトゥッチ チャーネット・モフェット エディ・ゴメス デヴィッド・マシューズ スティーヴ・ガッド「スペシャル・エディション・オブ MJQ」
2014/10/08
[CD]
¥2,700(税込)
購入画面へ
OZONE
小曽根真 ゲイリー・バートン エディ・ゴメス「OZONE」
2014/09/24
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
ボレロ
マンハッタン・ジャズ・オーケストラ デビッド・マシューズ マイケル・ロドリゲス セネカ・ブラック ブライアン・パレスキ ジョン・ベイリー ジョン・フェチョック ラリー・ファレル「ボレロ」
2014/09/10
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
ホワッツ・ニュー
ビル・エヴァンス with ジェレミー・スタイグ エディ・ゴメス マーティ・モレル「ホワッツ・ニュー」
2014/08/13
[CD]
¥3,564(税込)
購入画面へ
アフリカン・エクスチェンジ・スチューデント
ケニー・ギャレット マルグリュー・ミラー チャーネット・モフェット ロン・カーター トニー・リーダス ルディ・バード ティト・オケイシオ スティーヴ・ソーントン「アフリカン・エクスチェンジ・スチューデント」
2014/02/26
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
音のギフトBOX ジャズ
(V.A.) デヴィッド・マシューズ フレンチ・ジャズ・トリオ マンハッタン・ジャズ・クインテット ランディ・ウォルドマン ブライアン・ブロンバーグ マル・ウォルドロン アラン・ブロードベント「音のギフトBOX ジャズ」
2013/12/11
[CD]
¥3,086(税込)
購入画面へ
ボルチモア
ニーナ・シモン デヴィッド・マシューズ アル・シャックマン ジェリー・フリードマン エリック・ゲイル ゲイリー・キング ウィル・リー ジム・マディソン「ボルチモア」
2013/12/11
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
モントルーⅡ
ビル・エヴァンス エディ・ゴメス マーティ・モレル「モントルーⅡ」
2013/12/11
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
トランス・ブルー
日野皓正 グラディ・テイト エディ・ゴメス ケニー・カークランド ジム・ホール David Nadian Barry Finclair Jan Mullen「トランス・ブルー」
2013/10/09
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
リヴィング・タイム
ビル・エヴァンス=ジョージ・ラッセル・オーケストラ ジョージ・ラッセル エディ・ゴメス マーティ・モレル ハワード・ジョンソン ロン・カーター スタンリー・クラーク トニー・ウィリアムス「リヴィング・タイム」
2013/10/09
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
ライヴ・イン・トーキョー
ビル・エヴァンス エディ・ゴメス マーティ・モレル「ライヴ・イン・トーキョー」
2013/10/09
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
ザ・ビル・エヴァンス・アルバム +3
ビル・エヴァンス エディ・ゴメス マーティ・モレル「ザ・ビル・エヴァンス・アルバム +3」
2013/10/09
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
風はジョビンのように
イリアーヌ エディ・ゴメス ジャック・デジョネット ナナ・ヴァスコンセロス「風はジョビンのように」
2013/07/24
[CD]
¥1,851(税込)
購入画面へ
ミスティック・ブリッジ
ベニー・ウォレス チック・コリア エディ・ゴメス ダニー・リッチモンド「ミスティック・ブリッジ」
2013/02/06
[CD]
¥2,484(税込)
購入画面へ
枯葉~ライヴ・アット・モンマルトル
ビル・エヴァンス エディ・ゴメス マーティ・モレル「枯葉~ライヴ・アット・モンマルトル」
2012/12/12
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
リ・パーソン・アイ・ニュー
ビル・エヴァンス エディ・ゴメス マーティ・モレル「リ・パーソン・アイ・ニュー」
2012/12/12
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
アイ・ウィル・セイ・グッドバイ +2
ビル・エヴァンス エディ・ゴメス エリオット・ジグムンド「アイ・ウィル・セイ・グッドバイ +2」
2012/12/12
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
いつか王子様が
マンハッタン・ジャズ・クインテット「いつか王子様が」
2012/08/22
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
カム・トゥゲザー
マンハッタン・ジャズ・クインテット「カム・トゥゲザー」
2012/08/22
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
A列車で行こう
マンハッタン・ジャズ・クインテット「A列車で行こう」
2012/08/22
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
ブルー・ボッサ
マンハッタン・ジャズ・クインテット「ブルー・ボッサ」
2012/08/22
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
アイ・ガット・リズム
マンハッタン・ジャズ・クインテット「アイ・ガット・リズム」
2012/08/22
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
ソロ・デビュー30周年となる桑田佳祐の代表曲が“今と同じリスニング環境”であると仮定したチャート分析。
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
「様々な制圧に自分の詩や音楽で立ち向かっていきたい」
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
彼らにしかなし得ない音楽を追求し続けるOAUに迫る。
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
「ハードロックと同じくらい私にとっては大切なんだ。」
LIVE HACKASONG
LIVE HACKASONG
“エンタテインメント体験の拡張”をテーマにしたロングランハッカソン。観覧席予約受付中
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
アーティストとしての活動する上での信念や思い描くビジョンを語る。
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
「どういうスタイルや姿勢で僕らが本を作っているのか、もっと知ってもらう必要がある」
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。

Chartsmore